5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

べぎらごんが詩をタイプしてやるっしょ。

1 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 20:16 ID:3IOobrP5
貴方が貴方ならば
ボクはボクであってアイツもアイツなんだ
だってボク等は三角関係

2 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 20:19 ID:3IOobrP5
明日が晴れればそれでいい
だから神様はテルテル坊主を作ったよ
みんなの為につくったよ

3 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 20:20 ID:3IOobrP5
ある朝テレビを見てました
いとしのあの子が出てました
だってだってだって・・・・・・
宇宙はボクの背中で死んでしまった

4 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 20:23 ID:3IOobrP5
チキチキドンチキチキドンチキドンチキチキドンドンドン
恋のリズムが変わってしまった・・・・

5 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 20:24 ID:3IOobrP5
ゴミ箱発見っ
「やっほーっ」て近づいてみたら
君とボクとの愛が愛が愛が入っていました

6 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 20:26 ID:3IOobrP5
真実じゃなく本当のことをじゃなく世界のことじゃなく俺のことじゃなく・・・・
貴方の貴方のことを聞きたいよ
でもそれはもうできなくなっちまったんだ
ボクは明日パリに行きます

7 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 20:29 ID:3IOobrP5
木が在りました
公園にありました
僕が居ました
僕自身にいました
ですから僕は貴方に言いたい
いや告げたい
ポツダム宣言と・・・・

8 :名前はいらない:03/07/27 20:37 ID:82oFfKPy
ポツダム宣言である必然性




が無い。






9 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:09 ID:3IOobrP5
世界が変わりました
そうすると何もかも変わりました
空が黒色になりました
海が赤くなりました
お星様が緑になりました
貴方が貴方じゃなくなりました
涙が出てまいりました…涙がでてきました…

10 :名前はいらない:03/07/27 21:12 ID:xkI1ZhAw
☆貴方のガス抜きサイトはこちらです(^−^)☆
http://endou.kir.jp/yuminet/link.html
http://endou.kir.jp/marimo/link.html

11 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:17 ID:3IOobrP5
四六時中太陽を見た
見まくったけど何も得られなかった
でもよく考えると俺は得ていた
太陽から大切なものを・・・・・・
紫外線

12 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:19 ID:3IOobrP5
じいちゃんがあの日僕に言ってくれたことはずっとずっと忘れない
だけど、こんなに世界がちっぽけだから
あの日の僕たちのこともやっぱりちっぽけだったんだろうか
ねぇ?じいちゃん

13 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:20 ID:3IOobrP5
ガラスの涙が貴方の頬を流れました
僕はできるだけ可愛そうな顔をしてあげました
同情いっぱいいっぱいしてあげました
貴方が大好きだから大好きだから
大好きな貴方の頬に血が流れていた

14 :名前はいらない:03/07/27 21:22 ID:ivHIi7AA
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★ 送料激安!  スピード発送!  商品豊富!   
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 激安DVDショップ 「GETDVDドットコム」 
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 今すぐアクセス Let’s Go!   急げ! 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

15 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:23 ID:3IOobrP5
僕はずっーと夢をもって生きていた
そう、生きていた
でもずっともちすぎたのか夢は壊れて何処かに逝ってしまった・・・・・

16 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:24 ID:3IOobrP5
「そうだ海へ行こう」
貴方の言ったそのけなげな言葉
I LOVE YOU

17 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:26 ID:3IOobrP5
一度だけのSEX
貴方のことを思ってる
僕は貴方が大好きです
でも、でも僕は僕自身大嫌いです
こんな僕を好きになってるでしょうか・・・・・

18 :名前はいらない:03/07/27 21:34 ID:VT5TFnR9
  腿  \_  |   _/
          彡彡彡
          ミミミミ クリトリス ★オナニー共和国です★
         ミミミミ / ̄ ̄ ̄ ̄
         ノ σ ヽ 尿道    ★貴方の見たい娘がイッパイ(^0^)★無修正★
  
       / / ゜ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
大陰唇 / //\\ \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄  ( ( 膣 ) ── 小陰唇★http://endou.kir.jp/akira/linkvp.html

      \ \\// /
         `   \/  '
\         *──肛門(アナル)
  \_____/\_____/

19 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:35 ID:3IOobrP5
雑草が生い茂っている
あぁ溜息が出る
あぁ溜息が出る・・・
あぁ溜息が出る・・・・・・
フルーツの様な甘い果実
僕は一度だけ見たことがあるんだ
15の夏・・・

20 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:37 ID:3IOobrP5
何故にこいつまで巻き込むのか
僕はわからない
失いかけてた自然の香りを
すっと鼻の穴から心臓まで吸う
元気になれるかは自分次第
僕は元気になりました

21 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:45 ID:3IOobrP5
ピーポーピーポー
警察がとうとうきた
ドキドキしている俺の心
間違いなく少年院送り
何をしたかは言えないが
これだけはいえる
俺は此処にっ今此処に立っているんだと

22 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:48 ID:3IOobrP5
カブトムシだー
うわー頭だけじゃんよー
えーほんとだー
うげーきもちわりぃなー
うんうん
えへへ
えへ
あはははは
っはあははは
・・・・・・・・・君といると楽しいよ・・・・だから
いつまでもいつまでも一緒にいよういつまでも

23 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/07/27 21:50 ID:3IOobrP5
泣き虫でごめんなさい
でも本当は泣き虫じゃないんだよ
なんてったって僕は男の子だもん

24 :名前はいらない:03/07/28 01:56 ID:2I8L0SPA
 石に彫ってくれる人がいたら、
 額に収めてくれる人がいたら、
 口ずさんでくれる人がいたら、
 買ってくれる人がいたら、
 立派な芸術だ……から、がんばってね。

25 :_:03/07/28 02:04 ID:JEeb8ag9
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

26 :山崎 渉:03/08/02 01:07 ID:8+jueK0E
(^^)

27 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 17:11 ID:t4/8TiRF
馬鹿なら馬鹿でいい!
でもこれだけは言いたい!
ふざけんな馬鹿野郎!

28 : はなまる ◆Ha7007BLEY :03/08/03 17:12 ID:/JqKi5kW
うるせー馬鹿!

29 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 17:15 ID:t4/8TiRF
花が咲きました
雨が降りました
世界が滅びました
お日様が壊れました
ずっとずっとある物だと思ってました

30 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 17:17 ID:t4/8TiRF
ああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
叫びたい!叫びたい!
喉からヘドが出るまで叫びたい!
むこうの貴方に届くまで叫びたい!
ああああああああああ!!!!
俺は立ちすくんでいたーーーーーー!

31 :_:03/08/03 17:18 ID:bCtDcQJY
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

32 : はなまる ◆Ha7007BLEY :03/08/03 17:46 ID:/JqKi5kW
うるせー馬鹿とかえしてくれたらいいのにいいいいいいいいいいいい
俺の部屋は暑くて脳が沸くから
もっと涼しげなあれだけど
ちがうんだあああああああああああ

33 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 17:48 ID:t4/8TiRF
生きたい!生きたい!あそこに行きたい!
僕たちが生まれた場所
でも悟ったんだ
サヨナラなんて僕は言わない

34 :名前はいらない:03/08/03 18:16 ID:oV4pOBKy
相手の名前だして叫んでみれや
気持ちもスッキリすっと思うべなー
ああああああぁぁぁぁぁ、よかマシっしょ
ああああああああぁぁぁぁ、はムダっしょ
どーせ仮名でも実名でも知ってるヤシなんざ居ないっしょ

35 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 18:54 ID:t4/8TiRF

あなたに会えたから僕はもう旅立ちます
あの暗い夜道へ何も持たずに旅だちます
なんだか心がむなしいです
でも行きます止めようなんて思わないで

36 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 18:55 ID:t4/8TiRF
失うものは何も無い
失うものは何も無い
失うものも何も無い
失うものも何も無い
だから貴方は泣いているの?

37 : はなまる ◆Ha7007BLEY :03/08/03 18:55 ID:/JqKi5kW
行くなよ
暑いから
シャワーでも浴びてくる
旅立ち
水に流して
排水溝にむかって叫ぼう

お代官様も悪でしたあああああああああ

38 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 18:57 ID:t4/8TiRF
懐かしい僕が立っています
あの懐かしい夕暮れが僕たちを待っていてくれてます
なにも変わってないんだ
だったら一発何かしたい


39 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 18:58 ID:t4/8TiRF
ヘレンケラーにありがとうって言いたい
だけど勇気ないし希望もないしで
僕はもうズタズタです

40 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 19:00 ID:t4/8TiRF
扇風機なんてぶっ壊しちまえ
地球なんてぶっ壊しちまえ
高層ビルなんてぶっ壊しちまえ
科学者の構想なんてぶっ壊しちまえ
世界の抗争なんてぶっ壊しちまえ
泣いて笑ってそしてぶっ壊しちまえ

41 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 19:00 ID:t4/8TiRF
very very ハッピーです
あなたは本当に幸せですか?
どうですか?
僕は不幸でした

42 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/03 19:03 ID:t4/8TiRF
坂道おりた瞬間お前が立っていた
だったら死ねばいい
俺だけが死ねばいい
皆すまなかった
皆すまんかった
迷惑かけて
すまんかった
本当にすいませんでした

43 : はなまる ◆Ha7007BLEY :03/08/03 19:11 ID:/JqKi5kW
ポジティブシンキングが地球を回してる
間違いない

44 :ねほん ◆FSnm09kHak :03/08/03 21:25 ID:3OXaXdCd
「025」
空に蒼い鳥を見つけたら
羽を千切って 可能性に架けて 未完成の半直線で私の虹を描いてくれるか

いやだよ
僕はスパゲッティーが大好きなんだ
可愛いボウズだな
いや やめてよ
俺はボクのスカートをめくる。

45 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:05 ID:9K4lSqrF
くそったれな世界なら
何したっていいじゃんよ
別にどうでもいいじゃんよ
でもお前はどうでもよくない
何処にも行かないでおくれ

46 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:09 ID:9K4lSqrF
あぁ何もない
普通に時間が過ぎて
小鳥が鳴いて
木が踊る
ボク等は何も無く
僕たちは泣く
広い世界で何ができるのか
そんなことを考えてるとなんだかなんだか
幸せかみ締めてるって思えた

47 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:18 ID:9K4lSqrF
僕の体から血が出ています
あなたの体から血が出ています
地球の裏側から血が出ています
お前ら全員血が出ています

48 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:21 ID:9K4lSqrF
黒い空から風が吹いています
貴方の吐息のほうが強いです
僕にとって強いです
斬り捨てゴメン

49 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:27 ID:9K4lSqrF
今夜も煙はお空の彼方へ
小さな島から大切な言葉を送ろう
届くのが遅くなったっていい
自分の言葉をお空の彼方へ

50 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:33 ID:9K4lSqrF
メロディを奏でたメロディ
音符は何にも言わないけど
口ずさむよ皆で歌うよ
火を囲んで秘密教えあおうよ
カッコなんかつけなくていい
ただ立ってるだけでいい
お前はここに立っているだけでいい

51 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:35 ID:9K4lSqrF
瞳が閉じればそれでいい
瞳が閉じたらそれでい
Fuck you
Fuck you
両手広げて掴もう自由

52 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:36 ID:9K4lSqrF
花火見に行きます
見に行きましょう
絶対ね
約束ね

53 :火尭烏 ◆lXZBPVO3GQ :03/08/05 20:39 ID:C2akoVlD
match in the gastank, boom boom!

54 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:41 ID:9K4lSqrF
貴方よ気づいて貴方よ
この日をぉ待ち続けてたから
気の利いたことしてあげなくていい
でも思うでも思う君、思う
You are Happy!
俺は死ねばいい


55 :名前はいらない:03/08/05 20:42 ID:QRyytEEa
援交女をビデオに収録
当然モザイクなし!
ちゃんと確認できるよ
http://www.cappuchinko.com/


56 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:43 ID:9K4lSqrF
泣かないで欲しい
ずっとずっと笑顔でいて欲しい
ミッキーマウスに助けてもらおう
こんな絶体絶命あっただろうか

57 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:46 ID:9K4lSqrF
その唇僕にください
一生に一度の頼み事です
ください

58 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:47 ID:9K4lSqrF
貴方が僕に言ってくれた言葉…
「ふざけんなっ!もやし食っとけ!」
死ぬまで忘れないよ…

59 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 20:59 ID:9K4lSqrF
何をしても失敗ばっかで
やるせねぇよ
だってそんなに痛くないから

60 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:03 ID:9K4lSqrF
此処においで
いっしょにおいで
愛しておいで
憎んでおいで
僕たちは風をあおいで

61 :名前はいらない:03/08/05 21:05 ID:0tSkrkuc
 あほか?

62 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:07 ID:9K4lSqrF
蟻のようにちっぽけで
でもありはちっぽけじゃなくて
どっちでもよくなってきて
僕はいつ何時にか忘れたけれど
横になって
貴方の足に横になって
瞼を閉じたり開いたりしていました
あなたがそれに気づいて
唱を唄ってくれました
キラキラ光る貴方と私
己の腕で
己の素手で
突き破っていけ!突き破っていけ!
未来へと続く一本道にある
障害物を
突き破っていけ!突き破っていけ!
こんなすばらしい日々が
僕をこうしてくれた

63 :GET! DVD:03/08/05 21:08 ID:fe3wIqI4
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆★☆★ 新商品 ゾク・ゾク 入荷 ☆★☆★☆
★☆                       
☆★ 送料激安!!  送料激安!!  送料激安!!
★☆      http://www.get-dvd.com.tw      
☆★  激安アダルトDVDショップ        
★☆    お買い得!! 1枚500円〜 急げ!   
☆★    インターネット初!「きたぐに割引」  
★☆    北海道・東北の皆様は送料も激安!   
☆★      http://www.get-dvd.com.tw      
★☆        スピード発送!        
☆★      http://www.get-dvd.com.tw      
★☆        商品が豊富!         
☆★      http://www.get-dvd.com.tw      
★☆                       
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

64 :名前はいらない:03/08/05 21:10 ID:6783ruVv
人と会うと何故か涙がでてくるんですよね。

65 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:11 ID:9K4lSqrF
トイレに駆け込んで
誰よりも早く急いで駆け込んで
ぶちまけたい!
ゲロを!
体液を!
自分自身の情けなさをぉ!
駄目なのはわかってる
駄目なのはわかっていた
それなのに僕が貴方に告白したのは
それなのに僕が貴方を好きになったのは
僕自身に未来が無かったから
貴方には未来があったからです


66 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:12 ID:9K4lSqrF
殺伐とした間
かなり時間が過ぎ去った
なんて暇だったんだ
でもこうして生きています
僕は

67 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:14 ID:9K4lSqrF
飲んで笑って死ねばいい!
腐って灰になって死ねばいい!
こんな胸の内がバレバレなんなら!
こんな青い空が晴れ晴れなんなら!
貴方と僕は死ねばいい!

68 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:17 ID:9K4lSqrF
戦争反対なのはわかっています!
戦争反対なのはわかっています!
だから何がしたいんですか?
ダカラナニヲシタインデスカ?
教えてくれるのなら助けます
手助けします
もっともっと世界が平和になれば
手助けなんてしなくていいのに!

69 :名前はいらない:03/08/05 21:18 ID:7EOVY2kA
さっさと氏ねよ。ふみふみ〜〜〜〜

70 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:21 ID:9K4lSqrF
Is that you are important for me a solution, and it is required!
If you love me whatever you If I love you whatever you It is fortunate!
It is very fortunate!!!

71 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:23 ID:9K4lSqrF
宇宙までとんでいけこの思い
馬鹿でもいいからこの思い
Teen!!!僕には解かっている
まだ君若いことが
Teen!!!僕には解かっている
まだ見ぬ君が若いことが

72 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:26 ID:9K4lSqrF
貴方に会いたくて
叫んでみました
血がでるまで叫んでみました
「貴方に会いたいです!マジ遭いたいです!!!!」
シンプルでも叫びたかったんです

73 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:28 ID:9K4lSqrF
電話が鳴っている
胸の鼓動
衝動!衝撃!激動!
魑魅魍魎だけど南無阿弥陀仏
ガムを噛んでるとなんだか
なんだか
かきくけこ

74 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:36 ID:9K4lSqrF
ありとあらゆる本望が
痛すぎるくらい伝わってくる
背筋がゾクゾクするくらい
痛すぎるくらい伝わってくる
あぁ泣き虫の僕にサヨウナラ

75 :3930:03/08/05 21:40 ID:BsUZYtX0
http://www.freepe.com/ii.cgi?furima0323


76 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/05 21:52 ID:9K4lSqrF
個性が無いっていわれてもいい
どうでもいいけどそんなこと
お前が好きだ

77 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 15:22 ID:yeawHTON
あぁナンカ泣きたい
でも歌おうぜ!馬鹿でもな!
でもな、でもなアイツにはこれっぽっちも届かないメロディ

78 :_:03/08/06 15:22 ID:RxFRYZHa
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

79 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 15:25 ID:yeawHTON
恥ずかしいけど叫んでやる
ををぉおぉぉぉぉぉぉぉおおお!!!!
一生生きてくれてありがとう
生死に一度精子に一度!!!

80 :spanpanpaaaan!:03/08/06 15:27 ID:/doVJQas
映画を撮れ映画を
心の中で
そうすればいつだってボクラは主人公だよね

81 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 15:28 ID:yeawHTON
赤い炎がユラユラ燃える
思いのこもった何よりも重い折鶴が・・・
そんなのどうだっていい!
祈りを捧げます!あの青い空に!
明日世界が滅びようとも僕たちは折り続けます!

82 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 15:33 ID:yeawHTON
豹柄の貴方ha今日も笑う
微笑みかけても何にも言わない何にも動かない

83 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:03 ID:yeawHTON
クソッタレが望むならカナズチでズタズタにしてあげたい!
クソッタレが叫ぶならクソッタレと叫んでやる!
もぉう泣かないでいい!
本当にお前が!クソッタレが好きなんならぁ!
別に俺はどうなっても構わない!
世界が枯れないように!枯れまくらないように!

84 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:04 ID:yeawHTON
がんばれがんばれがんばれ
俺たちがんばれ
甘ったれてるっていわれたっていい
頑張れ頑張れ頑張れ

85 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:05 ID:yeawHTON
紅色の色彩が吐血するまで滴っている
憎まれやすくて童貞だ!さらにはブサイクときたもんだ!
モテナイ俺らのサエナイ言葉
お前らに伝わっていますか?

86 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:07 ID:yeawHTON
抱けどされども死にそうだ
元気だしても空元気
海へ投げいれろ!
海へ投げいれろ!
ある朝の日常を!
投げ入れてやれ!

87 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:08 ID:yeawHTON
噛めば噛むほど何が出る?
カシューナッツカシューナッツ
噛めば噛むほど何が出る?
ドーナッツドーナッツ

88 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:10 ID:yeawHTON
空き缶に蹴りいれてみました
穴がぽかっり空いて馬鹿みたいに可笑しかった
俺らは笑っていた
何があろうとも
明日が無かろうとも
蟷螂のように!蟷螂のように!
蟷螂!蟷螂!蟷螂!蟷螂!
★☆KA・MA・KI・RI☆★

89 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:24 ID:yeawHTON
広がる宇宙を遮るものは何?
僕等の濃い恋を遮るものは何?
何故!!!!????
何故!!!!????
遮るものなど僕たちには喰らいません!!
ぶっ壊してやる!!
BROKENだ!クソッタレ!

90 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:30 ID:yeawHTON
車の音が遠くでして
ドアを叩く音が遠くでして
僕は気づいてドア開けた
そこには貴方が泣いてて突っ立ってて
涙も鼻水も唾液も垂れ流してて
両手をピンッとして僕を見つめながら突っ立ってて
目が合うたびに可愛そうに思えて
目が合う度に可哀想だった
僕は何を思ったのか両手を広げて突っ立った
貴方も気づいて両手を広げた
巣立ちする鳥のように
僕たちは抱きしめあった
胸の中から涙が流れた
吐きそうな位流れた
貴方も泣いていた
何でないてんのか解かんないけど泣いた
死ぬほど泣いた

91 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:31 ID:yeawHTON
丁度いいから大好きだから
貴方を憎むでしょう
die by the you

92 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:33 ID:yeawHTON
花びら舞蝶が羽ばたいて
電気流れて風吹いて
長い歴史を拭きながら

93 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/06 16:37 ID:yeawHTON
Days which struggle.
I gave a tight hug.
I give a tight hug and suit.
Ask yourself's heart. he likes you -- it is -- ?
What is necessary is just to die.
What is necessary is just to die.
What is necessary is just to die such days.
We are asking alive [ want to carry out what and / why ] ? God TEMEE.
Are you my God truly?
I do not know.
The flower of the lost love.

94 :あはは:03/08/07 11:30 ID:gl4k3vM4
で、誰も >>70 の英語に突っ込まないの?全行に誤りが
あるけど、特にひどいのが

Is that you are important for me a solution,

どこで覚えた英語なんだか(汗

95 : はなまる ◆Ha7007BLEY :03/08/07 11:33 ID:Qxj/B+zz
>>94
ネット英語
コレ

96 :名前はいらない:03/08/07 13:44 ID:+4rFrfQV
だったら日本語の詩だって誤りだらけさ>>94

97 :96:03/08/07 13:46 ID:+4rFrfQV
>>96スマソ語弊あり
だったら皆が書いてる日本語の詩だって誤りだらけさ>>94

98 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/09 12:52 ID:btEG9Awr
愛してるっていってくれたら
俺はもう死んでもいい
あぁ死にそうだ
本当におてくれるなんて思ってなかったから

99 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/09 12:55 ID:btEG9Awr
あと半年で俺は旅に出ます
何か願い事して旅に出ます
貴方が僕に願う願い事
僕が願う願い事と似ています
「どうしてだろう」
「教えてください」
それが僕の願い事ですから

100 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/09 12:56 ID:btEG9Awr
炎の中で
海の中で
森の中で
君の中で
僕は僕は泣いています
ずっとずっと泣いています
だってメリーゴーランド

101 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/09 12:58 ID:btEG9Awr
月で遊んでる子供たちに捧げるこの詩を
僕は死して捧げます
守ってあげたいけど手の届かないところにいる
子供たちが僕は!
僕は!僕自身が憎いです!
僕は僕を殺したくて憎くて!
それでもやっぱり愛してます
僕を!貴方を!子供たちを!愛しています!

102 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/09 12:59 ID:btEG9Awr
蟻が蟻であるならば
貴方は僕であろうとも
僕は本当に嬉しいです

103 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/09 13:00 ID:btEG9Awr
夜のパーティー抜け出して
抜け出して抜け出して!
貴方は僕に寄り添ってきた
どうもありがとう
寄り添ってくれて
でも早くパーティーに帰らないと
怒られちゃうよ?

104 :ねほん ◆FSnm09kHak :03/08/09 18:41 ID:0k6uY7SD
午後のクラウンド
届かない手で
瞳焼きついたうそつき
たこ焼きにソースかけてキミに届けにいく 信号渡る
歩道橋の上からつばを吐く

105 :ねほん ◆FSnm09kHak :03/08/09 18:43 ID:0k6uY7SD
「赤いグローブ」

唇でイヤホンこーど つまみ
この芽は明日を狙っている paroalto

そしてお前たちに指示され


106 :あさがお:03/08/09 19:42 ID:KRpWqnPm
http://elife.fam.cx/a010/



107 :名前はいらない:03/08/13 19:29 ID:jC2xAWLf
つるつる

108 :門田王国:03/08/13 19:43 ID:7+4Nf8z/
おっす!まっする!!


『酒好き」
いや やめて いや やめて
おれは、もう酔いの状態だ!
そんなあなたは、アルコール依存症 プルプル震えている.
(おちはないよ!♂)

109 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 21:14 ID:A6rWJGQh
粕などいらない
何もいらない
明日が晴れればそれでいい

110 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 21:16 ID:A6rWJGQh
失いかけてた希望の光
俺がこうだとツブヤイタ
「扉を開けようそこのトビラを」
「あぁ光が見えますもう消えます」
行かないで下さい
光と貴方…

111 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 21:19 ID:A6rWJGQh
叫びたくない
叫べない
叫んだところで何も求めるものは無い
何も得るものも無い
鎖で繋がれた若鳥達を
僕はただじっと眺めている
助けることはできないけれど
見守ってあげることはできます
あぁ叫びたい叫びたい

112 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 21:23 ID:A6rWJGQh
煙に紛れた情熱が
衝撃とともに僕に寄り添って来る
干乾びたこの足を
もぎっとってやってまで
走り続けるのか?
どうかもう止めてください
走るのを…
でもこれだけは止めないで下さい!
僕たちの恋を…

113 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 21:25 ID:A6rWJGQh
少なからず崩れてきている
溢れてきている
満ちて来ている
猫が泣いています
僕はもっと泣いています

114 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 21:29 ID:A6rWJGQh
Live The Fuck
そして貴方は灰になる
Kiss The Fuck
苦しい夜はもういらない
全員灰になれ
俺もお前も貴方も奴も!
皆灰になれ
灰になれ
色んなものがあるけれど
皆皆灰になれ

115 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 22:03 ID:A6rWJGQh
ありがとう
そして
さようなら
一つの願いが叶いますようにと・・・・・・

116 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 22:10 ID:A6rWJGQh
風にふかれても
血に塗れても
貴方と居るから俺は生きていられる
このコンクリートの壁は何?
あのアスリートの群れは何?
勝てなくて泣いていたよ

117 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 22:14 ID:A6rWJGQh
アイツ ラ ガ ボコボコ ニ ナル マエ ニ
僕等が自由でありますように
Hi ! You are Happy?
気になるものは全てなのさぁ
希望が見えると信じて
涙を拭いて其処に立っていた
Hi ! I'm Happy?
自分自身が解からない

118 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 22:23 ID:A6rWJGQh
肉片なんか奴らに売っちまえ
馬鹿らしいからどうでもいじゃねぇか
すんだことはどうでもいい
ふざけんな
行け!明日へ

119 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 22:26 ID:A6rWJGQh
飛行船に乗って
何処までも遠くへ
行けば逝くほど遠くへ
何にも無いけど僕等は乗って
遠くへ行きます何処までも

120 :Op:03/08/13 22:28 ID:jdMjTDjI
ちょっす 
 
泣きました
とりあえず泣きました
多分明日は雨かもね 

121 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 22:30 ID:A6rWJGQh
お前ら全員に告ぐ
ふざけんなぁ!クソッタレと
お前ら地球に告ぐ
ふざけんなぁ!でも青く
生き続けてください大好きです
貴方が欲しい
貴方が欲しい
だから青く

122 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 22:31 ID:A6rWJGQh
蛇に睨まれた
雲にも見放され
お星様にも見放され
告げ口叩く奴らにも見放された
そんなことドウだっていい
田舎育ちの僕にとっては

123 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 22:34 ID:A6rWJGQh
荒れ果てた地 果実 僕等
朽ち果てて始めて解かった貴方の言葉の意味
「貴方は私のことをどう思って、どう感じていて、どう叫んでいるの?」

124 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 22:35 ID:A6rWJGQh
図書館に本を見に行ったわけじゃなくて借りに行ったわけじゃなくて・・・・
いや、やっぱり借りに行くんだった・・・・・・
貴方を借りに行くんだった・・・・・・

125 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/13 22:39 ID:A6rWJGQh
恥ずかしがらずに此処に居る
必ずを僕等は此処に居る
本能 本能
体を上手に蹴りいれる
吐きたいぶちまけたい叫びたい
電脳 電脳
フーリガンが僕の幸


126 :山崎 渉:03/08/15 12:03 ID:jFO+cPAl
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

127 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/19 14:15 ID:XIRUyFS+
多少恥じて恥じまくる
そんなひと時は
僕等はもう死んでいる

128 :優輝:03/08/19 17:30 ID:6hfA4+40
すごい…。全部読んだけれど、ピンとくるものがひとつもない。
君は僕とはまったく反対の人だね。
突っ走ってください。そのまま。

129 :名前はいらない:03/08/19 19:10 ID:epUQ8MNJ
あはははは

130 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/20 23:27 ID:YdxhFn+V
炎に包まれ君は嘆く
さぁ海へ行こう
どうせこのまま此処に突っ立てても何も変わりゃぁしないから
こんな僕が手を差し伸べると貴方はそっと僕の手を取り
二人は海の遠くの向こうまで手を繋いだまま泳ぐ夢見たよ
枕はグッチョリ濡れていて…

131 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/20 23:28 ID:YdxhFn+V
へなちょこに生きてても
腐った生活しかしていなくとも
君がいるから 傍にいるから
泣くことはないでしょう
僕は泣くことはないでしょう

132 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/20 23:31 ID:YdxhFn+V
こんな日本をどう在るべきかなんて知らない
どうせそんなの僕等には関係ないから
愛じゃなく 恋じゃなく 今すぐ 君だけが 欲しい
明日へは戻れないから
貴方を僕は愛しています

133 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/20 23:32 ID:YdxhFn+V
頻繁に狂っています
僕はもう狂っています
あぁぁどーしようもない
広がる世界や海や心や太陽や虹が
どうしようもないんだ

134 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/20 23:42 ID:YdxhFn+V
初めて歩いた夜の学校
僕はまず空を見上げます
お星様がションボリ光ながら僕を睨んでいます…
「あぁお星様 たった一度でいいんです…
今、此処で僕がしていること……夜、学校にきて…
 真っ黒い空を見上げていることを……
 愛するあの娘へ伝えてくれませんか?
 僕が今している事をあの娘にもわかって欲しいほしいから……
 貴方はいつ居なくなるかわからないから……
 お星様もいつ居なくなるかわからないから…
 消えてしまう前に伝えてほしいんです………
 もしあの娘が気づいてくれたなら此処に来てくれるだろうか…………?
 あの娘が此処に来てくれたら何て言おうか……」  (続く)

135 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/20 23:50 ID:YdxhFn+V
>>134の続き)
「どうせ僕はクチごもってしまうだろう……
 あの娘がこんなに好きなのに…
 あの娘をこんなに想っているのに…
 あの娘を失うと泣いて泣いて泣きまくる自信だってあるのに………
 あぁお星様…僕は貴方に乗って…貴方に吸い込まれて何処か遠くに行きたい…
 もう消えてしまいたい…ドロドロになって溶けてしまってもいい…」
 
 お星様 お星様 今日の朝になれば どうせ 消えてしまうんだから

 明日の 夜には また違う お星様が 僕を 睨むんだから

 どうせ 消えるんだから 僕も ついて行きたい

 よし 出発だ まだ見ぬ 世界へ 消えてしまおう

 此処から 消えてしまおう 

 できることなら あの娘の 家に よって くれませんか?

136 :名前はいらない:03/08/21 00:45 ID:xDkfz6H+
続けろよ いくなってきた。
切実がある。真実がある。
法則に内包された真実。
大切なのはそれだ。

137 :名前はいらない:03/08/21 01:16 ID:wZt05JNO
もっと本を読むといいかもな。
んーなんつうか、大人にはもの足らん。語彙を増やせ。
言葉は道具だ。多く使いこなしゃもっと自分を出せる。
日本語は美しいぞ。溺れてみろ。とことん。



138 :名前はいらない:03/08/21 02:43 ID:MWTpp+3p
緑の水を
かけあう
子供達

139 :名前はいらない:03/08/21 14:15 ID:wJBav1rz
´*:;,. ★ 〜☆・:.,;* http://www.gals-cafe.tv ´*:;,. ★ 〜☆・:.,;*

夏なのにカノジョがいなくてこまってるそこのアナタ!

同じくカレシのいないなつきちゃんに会いにこないっ?

一週間の間、10分間はカクジツにさんごはあなたのもの♪

え?それ以上?それはぁ・・・えへっ(≧▽≦)~~*
アナタがなつきにもっと会いたくなってくれたら、かな☆
ここで待ってるから、必ず来てね!来てくれないなら…おしかけちゃうぞ♪
´*:;,. ★ 〜☆・:.,;* http://www.gals-cafe.tv ´*:;,. ★ 〜☆・:.,;*





140 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/21 19:23 ID:tPU3OHKa
闇が僕たちを包むから
明日はもう二度とやってこないと思った…
この時代に!この国に生まれ落ちた俺達!
最後笑って死ねる!そんな詩が歌いたい!
ダセぇ俺達はダサ過ぎる毎日を送って…
デッケェこと言う前に!やって見せろよ!
それが、それができりゃぁ立派な人間じゃないのかよ!


141 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/21 21:31 ID:tPU3OHKa
僕等は波に埋もれ
世界が壊れようとしてる
泣かないで 泣かないで
貴方はまだ泣かないで
瞳を閉じてみると
貴方は何処かに行こうとしている
焦らないで 立ち止まって ください
溺れるくらいに泣いてやる

142 :火尭烏 ◆lXZBPVO3GQ :03/08/21 22:34 ID:EXyDr2/5
『魔術師の子守唄』

地に落ちた昆虫の羽根を
手の平で今一度蘇らせるのは
難しい。

飛んで行ってしまった
籠の中の小鳥
多分、もう
帰っては
こない。

老いぼれた魔術師の歌う歌、
ひび割れたゴムのように
熱っぽい虚無を宿し
岩盤の冷えた穴倉に
火を注ぐ

燃えてしまった油、

解けてしまった答えは
もう二度と
帰っては
こない。

143 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/23 20:45 ID:sWQ6Tj+I
カビ生えたパンかじって
遠くで聞こえる鳥の声聞きながら
海見ていました
そしたら君が笑っていた

144 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/23 20:48 ID:sWQ6Tj+I
丸い宇宙の中で
何かが飛んでいた
胸の中にある気持ちを
決して恥じることはない
言いたいこと言えばいいじゃないか
でもそれが出来ないから今君はいる
絶望よりやっぱ幸せっしょ?

145 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/23 20:52 ID:sWQ6Tj+I
太ったポプラの木の下で
僕等は走った
貴方は何を笑っていたの?
泣くことはない笑ってればいい
砂浜で遊んだあの時代に
もう戻れないけど
僕等は進む事を覚えた

146 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/23 20:54 ID:sWQ6Tj+I
きしむ夕暮れ懐かしく
さよならなんて言いたくない
「お帰り」って言ってあげたい
けれども貴方は僕の前には
足跡ひとさず残していかなかった

147 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/23 20:56 ID:sWQ6Tj+I
僕の指はもう死んでいる
この瞬間貴方に会えたとしても
貴方が泣きぐずれそうになっても支えてあげれない
抱きしめる 夢 希望 青春 あの娘

148 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/23 20:58 ID:sWQ6Tj+I
ヲヲヲヲヲオオヲヲオオオヲオオヲオオオオオオオオ!!!
あー青春だな
パワフルにいけ何でも
粕でも馬鹿でも
パワフルにいけ
雑草みたいに

149 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/23 21:02 ID:sWQ6Tj+I
火花散るコンセント
傷ばかりの僕達
いつの日だけっか
煙草を吸ったね
太陽に隠れながら吸ったね
修学旅行で見た違うあの土地あの空気あの瞬間
STAND BY MEEEEE!!!!!

150 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/23 21:04 ID:sWQ6Tj+I
ずっと大切にしていた
君から貰ったストラップ
可愛いストラップ
ぶっ壊れたソレは何処にやったか忘れてしまった
後悔しっぱなし

151 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/23 21:11 ID:sWQ6Tj+I
開け糞野郎!この扉!
あの娘の家へと続く…
この命と引き換えに開けこの扉 届けこの思い

152 :もー靖:03/08/24 21:46 ID:pEj8w/Nm
一個の人でいいじゃないか
相手がないさまでいいじゃないか
自然なさまでいいじゃないか
一人の為に自分の力をつかっていいじゃないか
でも、決して独りになってはいけないよ

153 :もー靖:03/08/24 21:49 ID:pEj8w/Nm
なんて美しいんだ
なんて時めくんだ
この一瞬は決して真実味のないことじゃない
あぁ なりたい
僕はあなたの華になりたい

154 :もー靖:03/08/24 21:51 ID:pEj8w/Nm
好きですと好きだったじゃ意味の重さがちがう
僕のこと 僕のことを
忘れないで

155 :もー靖:03/08/24 21:53 ID:pEj8w/Nm
その顔
その笑顔
その髪型
その優しい目
ぜったい 絶対忘れない!
だってあなたは指名手配者

156 : :03/08/26 16:37 ID:z059LUij
痛いべぎらごんのスレはここですか?

157 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 16:40 ID:af4Kfmbs
世界の終わりがきても
僕等ははなれ離れじゃない
空き瓶に君が映ってる
綺麗だね
綺麗だね


158 : :03/08/26 16:41 ID:iN9ZzQBP
痛いもー靖のスレはここですか?

159 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 16:41 ID:af4Kfmbs
失いかけてたあの娘との思い出が
血の色に染まっていく
待つべきなのか向かうべきなのか
そんなこと解からない

160 : :03/08/26 16:42 ID:aPkLMdU8
  _,,.. -──‐- .、.._
                  ,.‐'"´
                ,‐´
              ./
             .,・'
            ,・'       _,,.. -──‐- .、.._
          ,・    ,. ‐'"´           ``'‐.、
           ./  ,l!.‐´l!,   (゚д゚)ウマー         \
           / ./l!.l l!.ll,                  `:、
        ././ ll! .l.ll! .ll,
        (_(,/⌒ヽll!.  ll,
       ┌(゚)ilヽ/l!.ll!)_ノ .ll,
      ,/ ”l! ̄i''l!~ l.   l!,
     _,.,/  ,/ _.,|' .l, !,._  .l!,     カサカサ・・・
        ,/    l,     i,,__
       _,,/     l,,_


161 : :03/08/26 16:43 ID:APk6oLq7
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


162 : :03/08/26 16:44 ID:Q9VtFoO+
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


163 : :03/08/26 16:45 ID:9k1CSars
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


164 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 16:45 ID:af4Kfmbs
「ありがとう さようなら」
「ありがとう さようなら」
瞳を閉じれば見えてた君がもういない
ピカピカ光るあのお星様もこんな最高の夜に光っていて幸せだろうよ
だから信じる
さよなら なんてもう言わない
「おかえり」っていってあげたい

165 : :03/08/26 16:45 ID:nnO8Rmp3
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


166 :クレクレ訓☆:03/08/26 16:47 ID:/bS1Cafv
おいぽおおお


167 :名前はいらない:03/08/26 16:47 ID:nnO8Rmp3

   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`) ちょっと気になったのでしばらくここに居さしてもらいますよ・・・
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U
   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)
  |    /
  と__)__) 旦


168 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 16:48 ID:af4Kfmbs
僕等はここだ!
聞こえてんのか!太陽じぃちゃん
そんだけデカいんなら
全部見えるだろう?
僕等は此処だ!

169 : :03/08/26 16:48 ID:Oq+fGJng
       し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  小 童    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   童 え
  学 貞    L_ /                /        ヽ  貞  |
  生 が    / '                '           i  !? マ
  ま 許    /                 /           く    ジ
  で さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!


170 : :03/08/26 16:49 ID:XyBMO0it
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


171 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 16:50 ID:af4Kfmbs
貴方を抱きしめたいから飛び立ちたい
どうしても飛べない僕は
いっしょうけんめい羽をはばたかせてみたけれど
飛べなかったんだ まだ若すぎたんだ
夢の中で僕等 手を繋いで飛んでいた

172 : :03/08/26 16:50 ID:UD1VgYkY
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


173 : :03/08/26 16:51 ID:akn+ejfn
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


174 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 16:53 ID:af4Kfmbs
明日は会えるかも
愛しい人よ
日々日々ヒビ割れてくるあの森が
ものがたってるじゃないか

175 :名前はいらない:03/08/26 16:54 ID:mAG7dlzR
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


176 : :03/08/26 16:54 ID:rHB3nnfK
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


177 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 17:00 ID:af4Kfmbs
朝 昼 晩 詩を書いて
朝 昼 晩 屁をこいて
貴方がいる幸せ考えてみた

178 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 17:03 ID:af4Kfmbs
時代はもう無い
今ここで時代をつくろうなんて
思ったことないし できっこない
胸のガラスが突き刺さって痛いよ
たから唄うのさ 傷以外何にもないから唄うのさ

179 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 17:04 ID:af4Kfmbs
上から道路見てみると
なんだか吸い込まれそうだ
今にも落ちて死んでしまいそうだ
もし僕が死んだなら
仮に僕が死んだら
その後世界はどうなっているんだろう

180 : :03/08/26 17:09 ID:rHB3nnfK
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ





181 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 17:11 ID:af4Kfmbs
君に出会えて本当によかった
今日でお別れだから言えるけど本当に会えてよかった
何十億といる地球の中で会って そして別れるなんて
これから何回あるだろう?
君が最後に僕に言ってくれた言葉
ずっとずっと忘れないです
「幸せでした 貴方といる間…
 二人が今からもずっと幸せでありますように」


182 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 17:14 ID:af4Kfmbs
誰も君の泣いてる姿なんか見たくない
君の手があり花となり
僕の希望となって散っていきました

183 :名前はいらない:03/08/26 17:16 ID:ZpVmHDh2
まあ、こんな日もある。
もちつけ。

184 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 17:18 ID:af4Kfmbs
黄色い朝日が夕暮れのようなオレンジに変わり
オレンジの夕日がドス黒い空に変わっていって
僕は考えるのでした
広い宇宙は僕等の宇宙
アンドロメダがあの娘で
僕はそれを眺めるのでした


185 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 17:41 ID:af4Kfmbs
もうこの体は僕じゃない
もうこの魂は僕じゃない
あぁ苦しみが僕であって
君は何でもないんだよ
僕が悲しみや憎しみであって
君は何でもないんだよ
振り返らないでいい
振り返るのは僕だけで充分だよ

186 : :03/08/26 17:42 ID:rHB3nnfK
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


187 : :03/08/26 17:43 ID:H0tDTA8y
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


188 : :03/08/26 17:44 ID:AK4u/PSx
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


189 : :03/08/26 17:45 ID:Sxn4997J
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


190 : :03/08/26 17:45 ID:LgsICAW9
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


191 : :03/08/26 17:46 ID:XdfrECe9
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


192 : :03/08/26 17:47 ID:Veo/xSoA
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


193 : :03/08/26 17:50 ID:08YJlVQe
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


194 : :03/08/26 17:51 ID:tBTDCjFv
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


195 : :03/08/26 17:51 ID:evkNn5Vp
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


196 : :03/08/26 17:52 ID:mBI2ExUi
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


197 :名前はいらない:03/08/26 17:52 ID:NSPDSqOm
>>185は好きだけどな。

198 : :03/08/26 17:53 ID:z2M/pOPR
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


199 : :03/08/26 17:54 ID:Ex5Tdxm1
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


200 : :03/08/26 17:55 ID:tbayrS71
 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


201 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 17:55 ID:af4Kfmbs
ヲヲヲヲオオオオッ!
叫びたい 叫びたいんだ
I LOVE YOU
叫びたい!I LOVE YOU !
叫びたく!
wowowowowoooooooo!!!
新しい貴方!
SONG!
叫びたい!叫びたいんだ!
I LOVE YOU!
愛し合う二人!溜息つくな!上を見ろ!
I LOVE YOU!
だったら叫べ!owowowoo!!

202 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 17:58 ID:af4Kfmbs
横になって君のこと考えていた…
あの娘は奴が好きなのか…
正直言うと奴が憎い…
拳握って僕泣いている…
ドア叩く音がして…
気づいたら君がいた…

203 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 18:02 ID:af4Kfmbs
真っ白いあの砂浜を
優しい君とテクテク歩いたらどんな気持ちであろうか
あの青い空は僕等の空
あの青い海は僕等の海
心 痛み そして 君 無く
僕 叫び そして 君 泣く
叫んで みた 君の 名前 
ハンドル片手にお気に入りのカセットテープ入れて
自慢げに僕 歌い
掛け替えのない君は夢の中へ



204 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 18:07 ID:af4Kfmbs
あぁ僕はベッドの上
この歴史変えることは出来るのだろうか
己の心に沈んだ
コウモリ ワニ うさぎ 蛇 生きている
こんなチッポケな僕も笑えるのだろうか?


205 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 18:09 ID:af4Kfmbs
滝が望むなら
僕等を流してくれ
社会が見えないくらいに
僕等を流してくれ
だけど空とあの娘が見えるとこに
できるならば流してほしい
歌おう 冒険の歌を歌おう

206 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 18:12 ID:af4Kfmbs
愛よりも
美しい夜よりも
サンタさんよりも
あの娘が隣にいてくれたなら
僕との間に林檎の木を埋めてあげたい

207 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/26 18:15 ID:af4Kfmbs
僕等はいずれいなくなる
悲しみくれる暇があるなら
あの娘に告白したい
ここではそんなこと言えるけれど
やっぱデキヤシネェノさ!そんなこと
あの娘と笑いたいだけなのに
何でこんなに苦しいのだろう

208 :じゃんけん:03/08/26 21:59 ID:bfwbg01O
オマエラ若いやつは 
知らない
何にも知らない
でも若いなんてそんなもんさ
いいじゃないか何にも知らなくて
いいじゃんいいじゃんいいじゃん
がむしゃらに前に進めばいいじゃん

209 :もち:03/08/26 22:09 ID:bfwbg01O
告る 告らないなんて
どーでもいいジャン
大切なのは自分の気持ち
でも告らなきゃ彼女はできないよ
いいじゃん男同士でちーちーぱっぱしてれば
馬鹿やローそんなことやめなよ





210 :名前はいらない:03/08/27 14:08 ID:SU1egpY/
吐き気を催す顔立ち
嫌いだと言うひと言が口に出せなくて
自分をいけてると思うずうずうしさ
さんざん振り回されて統合失調
二度と接触したくないと言う
気持ちにも気付かずひたすら
他人の縄張りへ割り込んでくる無神経さ
慰謝料を貰いたいくらいなのに
何故結婚してやらなくちゃいけないの
自分のしたことの責任にも気付かず
ただ自分の欲望を綴っている

211 :名前はいらない:03/08/27 14:29 ID:SU1egpY/
君には「ゆうこさん」がいるじゃないか。
私に言い寄ってこられても迷惑だよ。
精神年齢が幼稚なやつって。
偏差値と精神年齢は比例しないことが証明されている
君がいい見本だよ

212 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 14:45 ID:Feg9PTUY
僕は何故か何処にも居ない君を追って
僕は誰だか追って
「旅に出ましょう」
って行ってくれた

213 :名前はいらない:03/08/27 14:50 ID:SU1egpY/
私は最初から君が嫌いだったんだよ
嫌いだと口に出さなかったのは
私の良識
でも嫌いだと言わねば伝わらないこともある

214 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 14:54 ID:Feg9PTUY
今ここで悲しみくれるならば
明日ここであの娘に告白しよう
「あの紺色の空を見てみろよ 世界が僕等を包んでるみたいだろ?」
こうして僕は唄いました
明日ここであの娘に告白すると思う
思えば思うほど胸がチクチクするよ

215 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 14:58 ID:Feg9PTUY
窓を見るとデッケぇビルが仁王立ちしてて
貴方は寂しくは無いの?
その時あのメロディと僕だけが貴方を包んでた
あぁぁあぁぁぁああ…初めてのキスが僕だったからって
決して恥じることは無い…
今すぐ君だけが欲しい

216 :名前はいらない:03/08/27 14:59 ID:SU1egpY/
君は私を人形扱いする
女の子らしくないと
周りのやつを使っていじめる
本音を言うと
力ずくで叩く
どういうお人形が欲しいんだい?
また君のお人形になるのは真っ平だよ
君は私を力ずくで壊した
それは愛したからいいと思っている
私にも好きな人がいた
私にも未来があった
君は玩具をもてあそぶみたいに叩き壊した

さようなら

217 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 15:03 ID:Feg9PTUY
地獄で聞いたあの歌を
今 僕 ヘッドフォンで聞いている
感動なんてありゃぁしない
ある物は憎しみ悲しみ怨念苦しみ叫び血血血
今考えてることは誰にも理解して貰えないだろう
信じるものも無い尊敬するものも無い
愛する人もいなくて 蒼いカラスが鳴いてる
走ろう 走ろう いつまでも
走ろう 走ろう 涙が枯れるまで
いつまでも いつまでも いつまでも


218 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 15:10 ID:Feg9PTUY
遥か遠くに見える真っ白な雪景色
優しいその後ろ姿
海底に沈む宝石のようなその眼
立ち尽くす 僕は 足跡付けながら「永遠」まで歩く
僕雪踏 僕飛 貴方輝
僕たちは 手を繋いで
希望を見に走った


219 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 15:13 ID:Feg9PTUY
奥のほうまでジリジリ燃えてる
僕等の友情が奥で燃えている
あの星の光が示す様に
僕等の友情が燃えている
友よ歩んできた道に後悔は無い
孤独になるけど一人じゃない
友よ君も一人になってしまうんだね
だったら孤独なんかじゃない
歩んできた道に後悔は ない

220 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 15:15 ID:Feg9PTUY
オォオヲオォオォォオ!
あの作戦が月のように成功したなら
あぁどうか僕にあの娘をください
アァ…流れ星が綺麗だな…

221 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 15:20 ID:Feg9PTUY
歌を歌えっ!声高らか歌え!歌っ歌えっ!
どうして僕等歌わなくなったの
神様!僕は歌うよ!心ままに歌うよ!
この歌に心をこめて!世界中に届けて見せます!
そしたら何か変わるんじゃないかって!思えるから!
この歌に心をこめてぇ!糞どもに捧げてみます!
何も変わりはしないけど!皆が笑えるようになると思うから!

222 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 15:23 ID:Feg9PTUY
破格破綻立て!
慈善破壊立て!
男ども女ども童貞ども!皆 皆立て!
そして夢や希望を持て!いっぱい持て!
失敗したっていいから持ってみろ!
そして手を繋げ!そして叫べ!愛しあえ!
立て!立て!頑張れ!

223 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 16:35 ID:oqT+0LH7
始めてのキスはホントに
あなたの味がした
こんな 素晴らしい日々が
ちっぽけに思えるくらいの
キスだった

224 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 16:38 ID:oqT+0LH7
ひろい 宇宙の片隅で
ロンドンの風が立ちこみます
ゆっくりとでいいから生
き続けてください
死とは はかないものですから
ねぇ・・・あなたと生きていたい

225 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 16:44 ID:oqT+0LH7
立ちつくす 傷だらけの僕
血の色は 赤
かすむケモノ道
その先には君
光が あり
腕が ちぎれ
道路の真ん中で 僕
君を 待ってる  たとえ
バケモノが 僕等を待ち伏せしてても
ぶっ殺してやる! そんなバケモノ!
ついでに 僕等のなかに ひそむ バケモノも!
抱きしめたい   花束みたい
君のために    月のようだ
夕日 沈む    影現れ
君は消える    僕は泣いた・・・

226 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 16:49 ID:oqT+0LH7
あの気持ちは もう どこにもあるはずはない
あの娘が走ってる 映像見える
あぁ・・・ あぁ・・・ あぁぁ・・・
タメ息・・ ばかり出まくる・・・
歩んできた道に こ う か い はない
人が 人であり 世界は死んだ
あぁ・・・ もう あぁぁ・・・
はかない・・・全て・・・白黒・・・だ・・・


227 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 16:56 ID:Feg9PTUY
貴方が どうか かよわい
存在じゃないって信じてた
尊敬してたし
憧れだったし
それなのに儚いよ
お空を見上げてるのかぁ
本当の気持ちなはずが無い
だからこそ僕は貴方を好きになぁったぁ
別々の道歩んでゆく

228 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 16:58 ID:Feg9PTUY
荒れたけれどこの世界は
もう直らないと思っていたこの世界は
取り戻した…
愛を 人を 全ての物を 何もかも 貴方も 少年も 取り戻した
礼なんてされないだろう?この世界は
綺麗だろう?この世界は
初めてだろう?貴方の見るこんな綺麗な星空初めてだろう?

229 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 17:01 ID:Feg9PTUY
激烈したぁ生成の夏
赤い地の果て
朽ち果てまくる青い朝日がぁ
貧しいけれど けれど幸せぇ
仲間といる夏
殺しあう夏
自分自身がぁ激しく狂いぃ
吐けよ 吐 き ま く れ !

230 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 17:10 ID:Feg9PTUY
黄金時代な時代があったように
僕等にもそんな時代があったのだろう
変形自在 満月hello 原爆世界
テメェ等には棘があるぅぅぅぅううう!
香澄色の森の中で戦争があったように
宇宙でもそんな世界があったであろう
魑魅魍魎 夜にサヨウナラ 叫優楽性
君が笑うぅぅぅうううう!!
素晴らしいこのメロディに乗って今まで何処行ってたんだ
どうさ俺はもう一人で生きていられるから!
命綱は千切れそうなほど細く!柔らかい!
死んじまう!君いなきゃ!夜にサヨウナラ!

231 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 17:19 ID:Feg9PTUY
大きな船から小さな船が出たぁ
一斉に出まくったぁ今から何処へ行くのぉ?
今日は「D-デイ」運命の日 闘いが始まる
岸に着き 兵士倒れ 弾が横切る 兵士倒れ
兵士泣き 弾当たり 兵士泣き崩れたぁ…
あぁ何をやっているのかぁ
兵士泣き 兵士崩れてく
明日はどっちだ?誰か導いてくれ…
それが…本当のリーダーだったのさ
時代は遡る オマハの海

232 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 17:33 ID:Feg9PTUY
自由がある
俺にはある
他には何もないけど
自由がある
俺には ある
愛や 恋や 何もないけど

233 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 17:38 ID:Feg9PTUY
電撃すぐるだ俺すぐる
始めましてです 俺すぐる
電撃すぐるです 電 撃 
明日が晴れなら「電撃避雷針ビーム」
お空がいきなり雷起こすよ
明日が曇りなら「電撃希望の光アックス」
光を帯びた斧が雲を切り裂くんだ
明日が雨なら……ってもう飽きたよね?
僕には友達がいないし 作ろうってしたことないしさ
だから僕の友達はいない キッパリ答えれる理由には訳があるっ!のさ!
訳を話すと訳わかんなくなるから話しませんよ!ってこの文章が訳分かんないつーの★
それじゃぁBYE BYE

         
                                                  電撃すぐる

234 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 17:43 ID:Feg9PTUY
恋をしていると
何も見えなくなるよ
君だけは見たいのに…
何も見えないんだ…
恋をすると何だか何だか素晴らしいことがありそうだ…
街を歩いていても なんだかなんだかシャキッっとするんだ
こんな広い世界が小さく見えるのは恋の制だろうか
一日が短く感じるのは恋の制なんだろうか

235 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/27 17:51 ID:Feg9PTUY
昨日の夜はもう二度と忘れない だろう
初めて君の前で笑えたと思うから
学校で屋上で貴方と二人コッペパン食べたね…
僕は告白したとさ 淡青色の空の下で…
初めて笑った君の前で笑った…
「お星様が綺麗だね…こんなに暗いのに花って生きているんだね…
 僕も君がいなかったら…生きてはいなかっただろうから…」
僕は笑い続けただろ どうか僕の前では君も笑ってい続けてください
嗚呼…あぁ…あぁ…



236 :名前はいらない:03/08/28 10:55 ID:erLAJfI/
なんていうか、前から思っていたんだが詩に面白みとか雰囲気が足りてない。

237 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 15:22 ID:n9R1gtHv
貴方が貴方じゃないならば
そんな瞳を開くなら
どうかどうか二度とこない青洲に
僕等はもう遠すぎたあの日を
抱きしめてあげる

238 :名前はいらない:03/08/28 16:17 ID:ZhxoIGqd
またアク制限くらったのかwべぎらごんよ・・・w
by自由部屋の住民

239 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 21:28 ID:n9R1gtHv
あの素晴らしい世界をもう一度
あの素晴らしい恋をもう一度…
夢が叶うならば…あの娘を抱いてみたい…
光が満ちて そして笑って 僕等は手と手を繋ぎ
闇に埋れて迷った僕 泥だらけ絶望色の僕
夢が叶うならば…初めてのキスがしたい…
花が見えて みんな笑って 僕等は手と手を繋ぎ…

240 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 21:53 ID:n9R1gtHv
春の木漏れ日 地に反射し
太陽がサンサンと照らす
蟻の大群が散歩をしている
色 取り取りの 鳥達の 歌声が
バニラアイス溶け 手に掛かる ミルク色の…
この部屋は狂っていて そのうちぶっ壊れるだろう
十五月に花が咲き ビルの明かりが眩しいよ

241 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 22:00 ID:n9R1gtHv
あぁ1から数える時代だな
何にも僕には無かったなぁ
こんなにも浅く遠い
時代が 僕を また 飲み込むのだろう…

242 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 22:05 ID:n9R1gtHv
気取った恋の話なんかより
クソッタレの方が今聞きたい
若すぎるよ まだ僕達は
恋の話なんか聞きたくない
デッドストーブの君が好き
馬鹿みたいだろう…?
黄色い人気者の君が好き
嘘みたいだろぉう…?

あんなにこんなにもあの娘が好きなのにぃ
へっちゃらな顔ばかり見せるから駄目なのにぃ
ほら見ろ!奴等が!やってきたぞー!うわ〜!
嘘みたいだろぉぉぉぉぉう…

243 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 22:21 ID:n9R1gtHv
【Freeee DAM】

ロマンスが悲しみを
止めることは 無かったのだろう
あんなにも愛し合っていたのに
別れた後は何にもない
飛んでゆけ お前は自由だ
新しいリズムは形成され続けるのだろう


244 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 22:25 ID:n9R1gtHv
祈っているあいつ達は
笑い方を忘れてしまった
自爆して ゆく 初めは怖かったけど
慣れてきた 死ぬことに それが恐怖であって
それが 絶望であって
祈ろう 笑い方を取り戻そう
歌おぅ…歌唄おぅ…


245 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 22:30 ID:n9R1gtHv
雪が降って マッチの火が 消えた
空 海 森 全て全て全て白
あの娘の吐息も…白、清く儚く…
瞳を閉じた やがて 僕 空に舞う

246 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 22:51 ID:n9R1gtHv
翼生え 彼飛ぶ
fuck sky free …
願いを叫ぶなら…
願いを叫んだら…
空を軋ませようかぁ…
その時あのメロディと一緒に僕は消えよう…

247 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 22:54 ID:n9R1gtHv
あの娘は行ってしまうのだろう…
あの娘は行ってしまうんであろうぉ…
悲しみ堪えながら…僕等だけでも手を振ろう…

248 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 23:01 ID:n9R1gtHv
ハイウェイから響け轟けこの爆音
「過去」なんか蹴飛ばして 振り切って走れ 僕等の未来
頑張ろう また今度でいいから
明日は誰にでも来る
聞こえるかい 「明日は誰にでも 来るものなのさ」
だから諦めるんじゃねぇ また明日がんばりゃぁいい
挫折したって いいから 明日頑張れ!
頑張れ! 頑張れ! 頑張れ! 頑張れ! 頑張れ!

249 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 23:04 ID:n9R1gtHv
死んだ海に光を……ばら撒こう…
古い光は 今 光るから
死んだはずの世界は…酷く凍っていたけれど
アンドロメダが一言告げると世界に明るさ戻ってきました


250 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/28 23:10 ID:n9R1gtHv
The planet is turning for me.
me -- then, it will die -- hold out ?
hand At the point which went
The aurora curtain named tomorrow
It was waiting for me.

251 :政信 ◆Dg2TSJfebY :03/08/29 18:54 ID:JA+Xnlyk
深い夜の闇の淵で
僕達の明日を見つめよう
ここは過去と未来が交わる場所
君の夢と僕の現実が交差する所
君の頬を流れた涙が
闇に落ちて沈んでゆく

煌く銀河のしじまから
僕達の未来を見つめよう
ここは光と闇が交わる場所
君の想いと僕の憂いが交差する所
君の唇からこぼれたあきらめの吐息が
終わりの時間を蒼く映しだす

そうして

かすれた僕の言葉は
宇宙に熔けて飛んでいく
僕達は逢わない方が良かったのかもしれない
逢わない方が良かったのかもしれないね

儚くたたずむこの地球(ほし)に抱かれて
僕等はゆっくりと一つになろう

果てしない夜の闇の中で


252 :政信 ◆Dg2TSJfebY :03/08/29 19:11 ID:JA+Xnlyk


あなたへの想いは全部

箱に詰めてしまおう

ふたが開いて

中身がこぼれないように

薄いブルーのリボンをかけて

心の底にしまっておこう

そうして僕の最期の時に

そっと開くんだ

君と会うために・・・


253 :政信 ◆Dg2TSJfebY :03/08/29 19:26 ID:JA+Xnlyk


僕が欲しいのは

青空にかかる虹のかけら

茜色に染まるきれぎれの雲

闇にこぼれる星の雫

水面に映る月の影

霧の海にうかぶ銀の舟

雲にこぼれる天使の涙

そして

この世で一番大好きなあの娘・・・


254 :政信 ◆Dg2TSJfebY :03/08/29 19:39 ID:JA+Xnlyk
ほろ苦い記憶  1滴

せつない思い出  少々

懐かしい気持ち  ちょっぴり

夢みる心     スプーン1杯

混ぜて紅茶にたらしたら

どんな味になるんだろう?



255 :政信 ◆Dg2TSJfebY :03/08/29 19:46 ID:JA+Xnlyk


魔法をかけて

甘い夢見せて

星空のもっと高いところまで

君を連れて行って

君に触れて

三日月のベンチに腰掛けて

君の話を聞きたいな


12時に終わる夢でもかまわない

12時に終わる恋でもかまわないから


256 :政信 ◆Dg2TSJfebY :03/08/29 20:02 ID:3966gLwh
君と一緒なら
どんな事があっても負けない 平気でいられる
そんな想いの始まりさ

君への小さな恋心
いつの間にかひっそりと咲いた一輪の花
いまでは心の一面に咲いてるよ

いつ終わるのか解らない不安な旅
果てしない凍えた道
吹き荒れる嘆きの風

だけど 穏やかな春の日差しみたいなこの心があれば
隣に君がいてくれたなら
この心を抱きしめて明日へ
飛び立てそうな気がするよ


257 :すいません、おじゃまします:03/08/29 20:05 ID:j0d11uV0
   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)ここ通らないと行けないので、ちょっと通りますよ・・・
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U

258 :政信 ◆Dg2TSJfebY :03/08/29 20:40 ID:3966gLwh


僕の前では隠さないで

素顔のままの君をみせてね

君がどんな奴だとしても

僕はちっとも気にしないから

君の中の光も闇も

全部僕がが包んであげる

君が今までこさえた傷は

僕が撫でて癒してあげる

そうして羽をやすめたら

自由な大空へ飛び立とうよ


259 :政信 ◆Dg2TSJfebY :03/08/29 20:49 ID:A+rQIfLz
雨が降る日は

君もこの雨音を聴いていればいいと思う

晴れている日は

君の上にも青空が広がっていればいいと思う

星が降る夜は君もどこかで同じ星を

燃えるような夕焼け時は君も赤く染まる空を

僕と同じ気持ちで見ていればいいのに

そして

僕が君を想う時

君も僕を想ってくれますように


260 :政信 ◆Dg2TSJfebY :03/08/29 21:00 ID:A+rQIfLz

ただ時が流れただけなのに

なぜこんなにも不安になる

君がいることさえ曖昧だよ

だからもっとそばにきてよ

君の温もりだけが

確かなものだから



261 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/30 11:53 ID:u+43yZIu
いつの日だけっか 君が泣いたね
僕は永遠にこの娘を泣かせないと誓ってたはずなのに
どうしてだろう 涙出る
帰り道 缶ココアおごって あげたね
覚えてない だろうけど…
どうしてだろう 家まではそんなに遠くないはずなのに

262 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/30 11:57 ID:u+43yZIu
この世界に流した涙の分だけ
君が幸せになれるなら…
男どもは不幸でいいんだ 不幸で 不幸で
女どもが幸せなら それでいいんだ
女どもが幸せなら 男どもも幸せだろうから

263 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/30 11:59 ID:u+43yZIu
溶けてゆく雪の結晶
とろけてゆく蜂蜜の様
あの兵隊達は何処へいくのか
戦争はもう始まっている
僕の中で戦争が終わっていればそれでいい

264 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/30 12:02 ID:u+43yZIu
オオカミみたいな君が大好きさ
友よ どうか 忘れないで下さい
あの月が 貴方を照らすのでしょう
僕は涙流しながら 手を振るのでしょう


265 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/30 12:06 ID:u+43yZIu
不景気な世の中だからって
顔までしらけた面するんじゃねぇ!
他国がどうの こうのなんかで
日本!しらけた面すんじゃねぇさ!
始まる!パレードが!始まる!パレードがぁ!
日本!笑え!日本!明るくなれ!
楽しくなれたら いいのになぁ
楽しくやったらいいじゃねぇか!
大切な人追うよりも もっと やること残ってないか!?

266 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/30 22:27 ID:u+43yZIu
手が悴んで
指が凍って
僕はもう駄目なのか
ちっちゃいな 僕は この世界で
ちっちゃいな 僕の 痛みなんて

267 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/30 23:10 ID:u+43yZIu
僕だって君の事を愛したいし君に愛されたい
戦争おこせなくても テロを起こせなくても
愛することならできる 誰でもできるのさ
コノカラダ全てで君の全てが知りたいのさぁ
野薔薇が僕等を遮っても
奴等が僕等を見下しても
君を失うことは無い 君を見失うことはないんだぁ

268 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/30 23:13 ID:u+43yZIu
あぁ僕等は燃える
あぁぁ再起不能だ
あぁあぁ憎たらしいほど 奴が憎い
あの娘の 好きな男のアイツが…
ゼッテェ勝ってやる!ゼッテェ殴ってやる!
あの娘を泣かせたなら!あの娘が少しでも不幸な顔したら!
殴ってやるぅ…殴ってやるぅ…あぁ…あぁあ…

269 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/30 23:19 ID:u+43yZIu
飛べ 飛べ 飛べ
遠くまで 飛べ
今日の境目まで飛べ
sky 飛べ
明日へ…ドロップキック

270 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/08/30 23:21 ID:u+43yZIu
持ってゆけぇ…僕の命を…
持ってゆけぇ…君なら持ってゆけ…
殺してくれ…刺してくれぇ…
愛してくれ…愛する人よ…僕も愛すから…

271 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/02 19:37 ID:KgxkCg9R
影踏み あの娘の影ばかり追う僕
やっと踏んだと思ったら
やっと会えたと思ったら
そこにはあの娘いなくて
気づいたらひとりぼっちだった

272 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/02 19:41 ID:KgxkCg9R
まっ黄色だった 僕等の青春
狐色の教室で
君と僕 二人っきりだ
でも何故か 声が出ない 

273 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/02 19:46 ID:KgxkCg9R
崖っぷちから 見た あの空の雲
考える 僕は…
死んだら 生き返るのか…
死んだら 聞こえるのか…あの娘の声が…
だったらやっぱ 死ねないよ…
やっぱ絶対 死ぬわけないよ…


274 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/02 19:48 ID:KgxkCg9R
心を裸にして見ろよ
裸と裸が絡み合う
デッケぇ夢持ってるのか…
デッケぇ物しか持ってネェンじゃネェのか…
絡み合うんならぁ…誓い合え自分自身に!
絡み合うんならぁ…飛べ 飛べ 逝け!

275 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/02 19:50 ID:KgxkCg9R
玉砕しかけた僕の街
粉砕 粉砕
瞳から自由が垂れる
ナミダ 涙
俺の 夢は まだ 無い
俺の 夢は あの娘 かぁ!?
教えてくれ 教えてくれ あぁぁぁ!

276 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/02 19:56 ID:KgxkCg9R
ケツの穴に力をいれ 馬鹿だな 笑える
金色の帽子被って  見えるなぁ 聞こえる
時間が止まってくれるなら 
あの娘と目が合ったときにしてください
いつか必ずこの場所で 君と出遭えるんだぁ!
見えぬ あの娘が 聞こえる あの娘が
笑ってる 声が 聞こえる 何故に笑ってるの?
そんな事知るわけない 知りたくない やっぱ知りたい
馬鹿だな! 笑える! 見えない! 聞こえる!
馬鹿だな! 笑える! いつか この場所で! 

277 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/02 20:00 ID:KgxkCg9R
大好き 本当に大好き
本当言うと 何て言ったら分かんないけど
けど けど 好きなんだぁ
眩しい 太陽の光が ってどうでもいいか
太陽が 死んで この世界が真っ暗になっても
本当に大好きだから 君が好きだから
僕には何でもできる

278 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/03 22:49 ID:ix0CVnW4
ガラス越しに見たあの星月の夜
遠く空は離れていた
手よ届け あの空の向こう側まで
美しい夜
いく日々 ゆく日々 遠く
新しい 光が ある

279 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/03 22:53 ID:ix0CVnW4
退屈な授業 僕は校庭を見る
汗と血と青春が染み付いた校庭を
後ろを振り向くと君と目が合ったね
あの娘のことを思い時間がすぎる
白すぎるノート 風に揺れる
君の髪も 揺れる もどかしい 恋

280 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/03 22:59 ID:ix0CVnW4
見てごらん 見てごらん あの迷路を 見てごらん
出口が無い 偽りも無い 愛も無ければ 君もいない
あぁぁぁぁぁぁああ!叫びたくなる あぁぁぁ…
あぁぁぁあああああ!手を繋ぐぅぅうううううう!
君と!君と!君と!君と!
幼いころに見た あの迷路と 少し似ている様なきがする
銃に 弾を込めて 魂込めて 愛をこめて
君へと 突き進めぇ 直線 弾丸
君へと 歩み寄れぇぇええ 迷い子 迷宮


281 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/03 23:04 ID:ix0CVnW4
貴方がいる 硫黄色の 月
おおっきな おおっきな 大きな貴方
こんなに ちっぽけだなんて 思わなかっただろうよ 僕
あんなに 遠い存在なんて 思わなかったよ   月
闇世界で一人力強く 輝く 月
銀世界で一人震えてる 醜い 僕
貴方に照らされていたい ずっと ずっと
消えて しまうのか ずっと ずっと
アァァアアァァァアアアアアアアアアアアァァアァアァアァァァァアアア!!

282 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/03 23:09 ID:ix0CVnW4
吹雪く 外 寒く 
僕等 吹雪く この世界で 何ができるのか
生き抜くことか 愛すことか
温もりが教えてくれた 君のあの頬っぺ 忘れない
雪女は もう現れない 白雪コンコン 降り積もる
まだ見ぬ 世界が待ってる
だから 君が傍に 居て 手を繋ぎ アソコへ進もう

283 :政信◇:03/09/04 00:40 ID:T4dP9TCF
クールに生きようと

思ってることの半分しか

いわないと決めた

でも、そこには、、、

思ったことの半分しか言えない僕がいた

284 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/04 18:52 ID:kr+sieGh
赤の熱情 吐き出してしまえ
古い物ほどよく使うテメェの癖 治してやるから!
ラララララララララ 歌おうよ 
声を合わして 歌おうよ 空に届けよ 僕等の声よ
愛が無いなら叫べばいい 誰かが 聞いてるから
歌え 歌え 死ね 死んじまえ 
何も出来ない 俺なんか 死んでしまえばいい 
もしも 君が 止めてくれるのなら あァァァァァァァァァ嗚呼嗚呼!
叫ぶ! 叫ぶぅ! あぁぁぁぁ嗚呼あぁあ!


285 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/04 18:57 ID:kr+sieGh
雪降る夏の夕暮れ
教室 あの娘よ 居て下さい…
どうか どうか 神様 どうか…
あの娘がぁ 僕のことを…
一瞬でいいから!一秒でいいから…欲言えば…永遠に…
あの娘の頭の中に 僕という存在が あります様に…


286 :名前はいらない:03/09/04 19:08 ID:3xno4k5k
ボクワロボットニナルヨ
ロボットワツヨイヨ
ロボットワカタイヨ
ロボットハココロナイ
ミサイルモヘイチャラダヨ
ビームモヘイチャラダヨ
ドンドンヘイチャラデススンデイクヨ
マチヲコワシテススンデイクヨ
ミンナヲコワシテススンデイクヨ
ロボットダカラヘイチャラダヨ


287 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/04 21:18 ID:kr+sieGh
時間が経つのは遅いね
こんなに僕等の街 明るいのに
貴方が通る 僕は退ける
何やってんだ そうじゃないだろうよ
僕は 僕が 大嫌いだったし
僕は 自分自身 情けないと思ったし
この恋どうか 終わらないでおくれ
嘘つく ことできない それが僕のいい所だと 自分で思える
時間が経つのは 遅いような 遅いような …

288 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/04 21:23 ID:kr+sieGh
そうだったのかぁ やっとわかったぁ
青春の色 赤色で 君の瞳 ブルー なんだ
そうだったのかぁ やっと君の事わかった
地球は 僕たちのために 周ってるんだ
絶対 泣かせない自信ある 絶対 僕にしか分からないことある

289 :名前はいらない:03/09/04 21:27 ID:aJEUMp26

大人の時間ドットNET
http://www.otona-no-jikan.net



290 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/04 21:28 ID:kr+sieGh
激しく 燃ゆる 花火 みたく 
すぐに 終わってしまう 花火 みたく
僕等の 恋も 終わってしまうのかぁ
時代が先を抜く 奴等に殺されされる

291 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/06 22:48 ID:fZwRtxBo
今ここで明日は終わろうとしている
泣くな 泣かされるな でも自分で泣くなら泣け
あの娘が好きか?愛しているか?あの娘が好きなら好きと言え

292 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/13 19:16 ID:ExKQs7CH
悲しみ暮れる 明日は晴れる
記憶の片隅に 君立ってる
僕はもうすぐ死んでしまうの?どうか どうか 生きたいな
射手座 双子座 天秤座 あの娘 の 星座は何か
知りたいな 何も 知らないから 一つでいいから知りたいな
欲言うと 全て知りたい あの娘の 性格から 好きな奴とか
こんなこと 思ってる 僕は もうすぐ 死んでしまう

293 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/13 19:19 ID:ExKQs7CH
目が合った 心が通じた気がした
一瞬だけでも あの娘が 僕のことを
思ってた 気がするよ 涙出た
大粒の涙が 落ちたよ 湖になれよ
あの娘 万歳 けれども むなしいな
な ぜ か な  な み だ   で た

294 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/13 19:31 ID:ExKQs7CH
殺せ…自分自身の弱さを殺せっ…
ぶっ刺すナイフは…俺が貸してやるから…
消せ…無くせ…己の…敗北を…奴等を…消せ!
この世の中 全部複雑だ…憎め……
奴等をぉ…憎め……己自身を…憎んでからなぁ!

どうして赤い血出るのかな…死ぬのかな…あの娘を…
愛したいと思うのかッ!
温もりが僕にくれたぁ……血に染まった…真っ赤なあの赤い空…
死んでいるぅ……空まで…死んじゃうの?
決して…死にやがれ!枯れ果てた…朽ち果てた…
この世の中 何が在るのか…何も無い…探せ…ばいい…
死にかけのぉ…己がぁ…死にかけてた…あぁぁぁ…
どうしてぇ…悲涙が出るのかぁ…溺れるのかなぁ…あの娘思って…
其処に居てくれ…そして殺してくれ…そして愛してくれ…
2003年!後悔無い!だけど俺はあの娘をまだ愛している!
何年かに!あの娘が側に!僕の側に!居てほしいから!
   

295 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/13 19:44 ID:ExKQs7CH
don't worry!
悩むくらいなら足を一歩踏み出してる方がまだ生きてる気がする
Go to the tomorrow!!
面倒くさいと思うけれど!明日を見たいと思わないかぁ!?

後戻りは出来ない!後ろは燃えているから引き返せないッ!
爆弾BOMB世界中!ワールド! ゴー トゥ ザ トゥモロォー!
昔に戻りたいなんてもう思わないィ!

After you are waiting,
I go to tomorrow.
Even if the inside of the world turns to an enemy.
Since he likes you,
it is sufficient for me at once,
and I am not absent from.
Since he wants to see your smile,
I do not return.
you -- tomorrow -- I will go to see

296 :ぽんちょ:03/09/16 02:04 ID:imejDovS
君の事が好きだ…
この想いは深い海の底に沈めてしまおう…

そう決めたはずだった

でも君の笑顔を見ると 胸が苦しくて
やりきれなくて 切なくて…

また今夜も溢れ出る想いを涙に変えた…
 

297 :政信 ◆Dg2TSJfebY :03/09/20 16:30 ID:z00j0Gcd
保守

298 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/21 14:12 ID:b/skyBGW
苦しみや悲しみばかり 積もってゆく
青春なんて僕にはまだ経験無い
貴方よ 僕のほうを 見なよ
貴方と 青春を共に 知りたいから
あぁ…つらい…あぁ…やりきれねぇんだぁ…
いつも楽な方へと進み 辛い方には逃げる
そんな奴になって みたい
あぁ…つらい…あぁ…青春なんて無くなってしまえばいい!
Don't cry !泣く cryに死にそうだ…ああぁぁああ!

299 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/21 14:24 ID:b/skyBGW
熱情は一体何処へ消えてしまったのだろう
「ねぇ?今何しているの 君はぁぁ!」
セックスと愛と貴方と僕と…熱情と…キスと…抱きしめてやる!
複雑なこの世の中はもう腐ってしまったぁ…

触り始めた 君に触り始めた
「今 君は何考えているの 君はぁぁ!」
純粋で清純で処女で可愛くて…優しくて…愛してあげる!
「もう戻れないんだよ?処女にはぁ…」

いいのかい?いいのかい?本当に僕でいいのかい?
あぁ…いいのかい? 汚してしまっても大丈夫なのかい?
これが最後だ…いいのかい?

夏休み 殺される 君は僕に 殺される
できるだけ 優しくしてやる! 
今は誰も居ない 蝉の声だけ聞こえる
夏の あの午後… 



300 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/21 14:28 ID:b/skyBGW
僕等 ただ 二人で 歩いていた
今なら言えるはずだ
最初で最後になるハズもなく させない
好きだ 言ってやる 僕よ 己よ
言え! 言え! 言え! あぁぁぁぁぁあ!
好きと言えなくても この瞬間は素晴らしいに違いは無い
貴方のことしか頭の中に無いのだからぁ
そうさ僕等は奴等を敵に回してるかもしれないけれど
貴方のことしか頭に無いのだからぁぁ幸せだ

301 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/27 22:00 ID:yZxVGXtT
Hungry man Love story Hungry man Love story …
全ての花が 真っ黒で 幕は昇る 僕等の夕日も昇る
あの頃は何処に行ったのか How many days…
街は腐ってしまった 愛など何所にもねぇ
必ず終わりは来ない そうさせる How mani days !
俺等は間違っちゃいない Punk rock歌って ぶっ殺せ
そのロープを掴め さぁ 1 ! 2 ! 3 !
あの娘に近寄れ さぁ 泣くことはねぇからよぉ!


302 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/27 22:08 ID:yZxVGXtT
草木 根っ子から 潰せ
君 根っ子から 愛せ
Let's sing song ! Sing punk song !
水溜り模様 果実の様
葉は尊く僕の目の中に映り
空想の中には君がいて
僕等はただ並んで立っていて
話したり 手を繋いだり kiss したりすることなく
ただ突っ立っていて
この世の中なんか間違ってるな とか
僕は今の この時代に叫び続けてやるっ!
叫びたい奴は叫んどけ 死にたい奴は俺達の歌を聴け!
こんな腐った世の中でもきっといいことは有るのだから
可愛いあの娘と目が合えば俺は死にたいとか思わない!


303 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/27 22:13 ID:yZxVGXtT
炸裂 バージン ミクスチャァァァァァァァ!
やるには早い!高早すぎる!やるには早い!高早すぎる!
飲み込まれるな!恋という荒波に!
焦るな!バージン ミクスチャァァァァアアアア!

304 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/27 22:17 ID:yZxVGXtT
奇跡は書置き残さずして去ってしまった
えんどう豆のような音の粒が貴方のよう
自由や青春はいつ無くなったのかぁ
最近だと思う…100年前か…どうなのか…
えんどう豆のような音の粒があの娘のよう

305 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/27 22:23 ID:yZxVGXtT
魚は歩けないけれど泳げる
俺達は童貞だけど此処に立って歌ってる
約束だ 何でもいいからやると
青春の1ページ目に何でもいいから書き残せ
約束だぁぁぁぁクソッタレども!
青春のノートに可愛いあの娘の名前を書き残せるように…

306 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/27 22:28 ID:yZxVGXtT
平和 ダダダダダダダダダダダダダダダアアアアア!
助けないでくれ ダダダダダ!
消しゴムで消えるくらいの薄い友情ならジェイソンに裂かれちまえ
13日の金曜日 僕等はPunk Rockを歌う
もう無理かもしれない だからこそ歌う
13日の金曜日 今日は大量の血流れてもいい
そのかわり世界よ毎日 平和であれ!

307 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/27 22:42 ID:yZxVGXtT
メリケンサックを持った少年たち
笑えない世の中になったものだ
青春はこんなものなのか?
俺はこんな世の中から逃げたい
あぁ 逃げ出したい
メリケンサックよりナイフもて
ナイフで世の中切り裂け
そして自由と本当の青春を見よう
俺と一緒に見ようよ

308 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 20:15 ID:GbD4twuy
河に流す俺等の言葉
愛に溺れ死んでいく
そんな姿が勇ましし
80kmなんてすぐだ!Hey!Hey!走れ!
豚箱に篭る俺等の言葉
80kmくらいどうってことない!何も考えるな

309 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 20:25 ID:GbD4twuy
Plese COCOA SOMEBADY
Plese Redy Fuck !
電車は線路に沿って 僕の青春は貴方に沿って
Punk Rock 聞いて 泣いて 貴方思って
どす黒いFuck MAN! Everyone! 世界は皆Fuck MAN!
茜色のポストにミルク色の手紙入れる 中途半端な俺らの生き様
見てくれ!見てろ!目を離すなクソッタレ!

310 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 20:31 ID:GbD4twuy
花びら散った夢は絶望
デッドサンズグロリアス!ファックアウトグロリアス!
キルユーウィルユーアイヲンチュー!ユアーキャンノットセックス!
孤独の僕はもろくも滅びて
国まで滅びて世界は終わる
人が人で無くなり 文明終わり
破壊神が降りて来て
地球は紫陽花のようなムラサキ色に染まるでしょう

311 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 20:33 ID:GbD4twuy
ハンパじゃねぇ…この衝動
決して忘れること無い 大事なこと
それまで忘れるこの衝動
ハンパじゃねぇ…やべぇ衝動

312 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 20:37 ID:GbD4twuy
黒のコード切った 縁も切った 始まる 後悔というゲーム
裸で泳ぐプール 気持ちいい 始まる 後悔というゲーム
絶対許してもらおうなんて思わない だけどもゲームは終わらない
あぁ苦しい この気持ちを持ってる人は 他にもいっぱいいるはずなのに…
少なくとも…二人ね

313 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 20:49 ID:GbD4twuy
あぁ僕には何もない
秋のミッドナイトに空を見てみても何もない
あぁ神様…僕にお星さまさえも見せて貰えないの…
「でも ごらんよ 満月だよ 真丸の満月だ」
涙が一粒 夜の闇へと消えていった

314 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 21:12 ID:GbD4twuy
ちっちゃいなぁ 君はちっちゃいなぁ
可愛いなぁ 僕は面食いなんだぁ
優しいなぁ 人に優しく出来るなんて
可愛いなぁ 君はすごく可愛いなぁ
初めて話したなぁ 僕は物凄く緊張したんだ
やっと分かったんだぁ 僕は君に恋してる
分かったんだ 本当は分かってたんだ

315 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 21:14 ID:GbD4twuy
金属でできた地球儀回して遊んでるあの娘は愛しいあの娘
せっかく二人っきりになれたんだし一緒に何か話そうよ
それでも言葉が出ない 喉から頭から心から言葉が出てこない
早くしろ あの娘はもう 行ってしまうぞ あの娘はもう行ってしまった

316 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 21:19 ID:GbD4twuy
一晩中友達と語り明かした
好きな娘のこととかエッチな話
そういえばスニーカー初めて自分で買ったっけ
まぶた閉じると天の川が見えたよ


317 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 21:22 ID:GbD4twuy
駅で待ってる君 僕を待ってるんじゃないんだね
君がもし別れたなら…別れろって思ってる自分を軽蔑するけども…
もし君が今の彼氏と別れたなら…
駅で待ってる君を迎えに行くよ 

318 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 21:35 ID:GbD4twuy
冬 DAHHHHHHHHHHHHAAAAAA!!!!!!
雪原に飲み込まれろ夏よ俺等よ!声よ!渦潮よ!
秋 DAHHHHHHHAAAAァァァァァァァァ!!
晩秋はもう二度と来ないから絶対に放すな!手放すな!
夏 DAAAAAAAHHHHAAAAAAAA!!!!
蚊取り線香の匂いはぁばぁちゃんの匂いだった!
春 HAAAAAAAAAァァァァァァァ嗚呼ァァァァァァ!!!
お前等青春してますかァァァァァァ!!春夏秋冬青春!!!
魂を捕まえろ!死ぬな!季節は変わるんだから!お前も変われ!
ここは日本だ!太陽は燦燦で星空は点々でキラキラで!
さぁ魂を捕まえろ!死ぬな!季節は変わる!お前も変わる!
さぁ!もう明日になったぞ!一日って早いだろ?


319 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 21:47 ID:GbD4twuy
翼が欲しい ダッセェのでもいいから月まで飛べるような
そんな翼が欲しい
昔の人が歴史築いてるみたいなことは僕はできないけど
夢ならある 勇気もある そしたら 
扉を開けると天使が立ってたんだ

翼が欲しい 貴方のようなその翼が
「1に好きな子を愛しなさい 2に手を繋いで 3に一緒に目を閉じなさい
 きっと貴方は翼を羽ばたかせ愛する人と一緒に飛び立つことでしょう」

320 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 21:53 ID:GbD4twuy
笑わなくていい 無理しないでいい
笑わなくていい 無理しないでいい
笑わなくていい 無理をしないでいい
笑わなくていい 無理しないでいい
笑わなくていい 無理しないでいい
薄汚れた部屋で立ってる貴方は
砂漠に生えてる一本の花の様
笑わなくていい 無理しないでいい
笑わなくていい 無理しないでいい
笑わなくていい 笑いたいなら笑え
無理しないでいいんだ 大人になることは難しいものなんだから
笑わなくていい 無理しないでいい

321 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 22:00 ID:GbD4twuy
あの娘を抱きしめたいな 両手で俺の
両手で俺の両手で抱きしめたいな
一筋縄ではそりゃぁ上手くいくわけないさ
失敗を恐れるな 五分五分で充分だ
失敗を恐れるな 五分五分で充分だ
自分どうりにいくんなら誰も恋で涙流したりしない
自分自身を投げ捨てたら誰が君を拾ってくれるんだい?
あの娘が拾ってくれるわけ無いさ
あの娘は君が拾ってくれるのを待ってるんだ
失敗を恐れるな 五分五分で充分だ
失敗を恐れるな 3割結構 五分五分万歳
失敗を恐れるな 五分五分で充分だ
失敗を恐れるな あの娘が好きなら充分だ

322 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 22:16 ID:GbD4twuy
Punk rockに酔った俺達 何するか分からない
誰か 止めてくれ!!!!!!
HI HI HI ! HI HI HI !
777が揃った!!!!!コイン出てくると思ったら今まで聞いたこと無い音楽流れてきた
コイン10億枚より価値ある音楽が
それからだった!俺がPunk RoCkに酔う日々が続くのは…
部屋締め切れ!カーテンはブラインドにしろ!
愛せ!PUnK RoCKを愛せ!
誰か止めてくれ!止めれるもんなら!止めてみやがれ!
今!俺は!どんな情熱的にKISSしているカップルを止めるよりも止めにくい!
酔いしれろ!HI HI HI DAAAAA!!!
果実が潰れる音も俺には最高の音源に聞こえる!
ビンタの時の強烈な音!チェーンソーの殺戮音!
全て俺には最高の音源に聞こえる!止めてみやがれ!
今!俺は!PUnk ROCK!puNk rockをぉ!パンク ロックを愛している!
音楽界を俺はぁ!Oh fuck! ぶった斬る!KILL ! 制服は全裸だクソッタレ!

323 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 22:23 ID:GbD4twuy
自由は女神の上にある!自由は女神の上にある!
掴み取れ自由を自由を掴み取れ
まだまだ行けるはずだ俺達もまだ捨てたもんじゃない
まだまだ行けるはずだ俺達はまだ何も捨てちゃいない
挫ける位なら挫けとけ!死にそうな位なら死んだほうがマシだ!
希望があるなら…希望があるなら俺達もまだ捨てたもんじゃない
時計を見ろ 秒針に希望が!指を見ろ 爪に希望が!
遠くの遠くの遠くの方を見ろ!何所かに希望が!
まだまだ行けるはずだ俺達はまだ何も捨てちゃいない

324 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 22:26 ID:GbD4twuy
銀河の中に星はいくつ在るんだろう…
「きっと数えられる程度だろうよ」


325 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 22:29 ID:GbD4twuy
楽しめ今を!今年を!来年も!
楽しめ今を!今を!今を!
始まりのゴングなった さぁ!さぁ!楽しめ今を楽しめ!
楽な道に行くことが楽しさじゃないんだ
初めて分かった
楽しめ今を!今年を!来年も!
楽しもう!楽しもう!ENjoy the Now!

326 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 22:32 ID:GbD4twuy
終わりがきたんだね 僕たち終わりがきたんだね
終点ならいいけど途中下車だね
僕は泣かないけど

327 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 22:34 ID:GbD4twuy
僕は迷ってしまった
この森は人生って名前の森らしいけど
そんなことどうだっていいや
森を駆け巡る妖精はまるで君のようだった

328 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 22:51 ID:GbD4twuy
炎上直下!直撃!BOMB!
エレクトリック炎上直下!極震BOMB!
飛べる飛べる飛べるお前は飛べる
炎上直下!流石に飛べるお前は飛べる
炎上直下!炎上直下!煙筒硬化!
Suck force the Bomb!
チャック開いてて口から「チェッ」
チャック開いてて口から「チェッ」
チャック開いてて口から「チェッ」
Kill you kill you kill you kill Youth !
ノイズ酷い住宅路地裏 ノイズ酷い住宅路地裏
僕等 生まれ 育ち 炎上直下
ノイズ酷い住宅路地裏 ノイズ酷い住宅路地裏
そうだ決めた 僕等 煙筒硬化!
Kill you kill you kill you kill youth !
チャック開いてて口から「チェッ」チャック開いてて口から「チェッ」
ジャック抜いてノイズ酷い!ジャック抜いてノイズ酷い住宅路地裏!
僕等 生まれ 育った 路地裏
Kill you kill you kill you kill youth !
炎上直下!直撃!BOMB !炎上直下! 直撃だ! BOMB !
チャック開いて閉じて開けてチャック開けて閉じて壊して
炎上直下!直下!直撃!炸裂!ジャック抜いてノイズ醜い!

329 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 23:13 ID:GbD4twuy
ある日考えるよ僕は詩と死を考えるんだ
死ぬまでに一体どれだけこの世に詩を残せるのであろうか…僕は…
一体僕はどんな死に方をするのであろうか…
自分の死だけは詩にできない 死んだこと無いから
だからって死にたいとはこれっぽっちも…って言ったら嘘になるかもしれないけど
自殺しようなんて思ったことはない…
だけど僕は『世界の終わり』が来たらいいのに…とは思う
そうすれば孤独に死ぬ事無く…皆一緒に死ねるのだから…
僕は死ぬまでに一体どれだけ詩を書くんだろう…
そして幾つの詩が語り継がれるのだろう…所詮こんな詩だから語り継がれる詩なんてないだろうな…
でも僕は精一杯に心をこめて詩を書いている…こんな詩だけど心をこめて…だけどこの程度…
だからこそこの程度なのかもしれない…
そして僕の死は語り継がれるであろうか…死なんて語り継がれるものじゃないけど…歴史上の人物とかは語り継がれてる…
所詮こんな僕だから僕のダセェ死なんか語り継ぐ人はいないだろうな…
でも僕は精一杯に今生きている…本当一杯一杯…
僕はこんなダセェ詩しかかけない…お星様とか宇宙とかあの娘とか青春とか愛だの恋だのとか…
こんなダセェ詩でも記憶の片隅にチッポケに置いといてもらったら感謝感激です…

330 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 23:26 ID:GbD4twuy
泣かないで 耳を澄ませば自然に歌が聞こえてくるから
今夜もまた 僕等だけの合唱団が来てくれるよ
どうして泣いているのかは聞かない 君が目を閉じて耳を澄ましてる顔が可愛いから
どうして泣いているのかは聞かない 天使のような歌声を聞けばそんなチッポケな事忘れるだろうから
やがて歌声は消えて無くなり 僕等は手を繋いで笑ってた



331 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 23:34 ID:GbD4twuy
強く強く強く生きたい
貴方といれば強く生きれる
だけど自分だけで強く生きたい
じゃなきゃ死んでしまうんじゃないかと思うから…

332 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 23:36 ID:GbD4twuy
地球が汚れているみたいだ
どんな風にかよく知らないけど…
幸い僕等は汚れてないみたいだね

333 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/09/30 23:41 ID:GbD4twuy
ずっと遠くまで遠くまで水平線
あの娘と見たかった水平線 誘えなかったな
僕等の恋は平行線で……ずっとずっと交わらなくて…
あぁそうだよ あの娘は さくらんぼ が大好きだ

334 :年をとるごとにラブライフが良くなってきた:03/10/01 00:04 ID:Hm6vt62o
痴れ者のせいで全員がロールプレイング 解かんないと思うけど脳のキンダガーデン柵を膨張させマーケットを見れない自信 スレてイカれるが自然の正味
恵まれていると自負して「御賞賛」を外界から幻の誰かが来る決意に社稷の赤 炭の中の火消して天衣無縫に向け向き直る静か


335 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 00:17 ID:zhxMUDWT
本当のセックスなんて知らない
僕等は本当の青いあの空を知らなくって
本当の君をまだ知らなくって
本当は青い地球を知らない
「地球は丸かった」
なんて嘘なんだ


336 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 00:21 ID:zhxMUDWT
恥ずかしがるな 夢を持て
若者よ さぁ旅立ちの時だ
その扉を開けると錆び付いた社会が見えようとも
決して逃げ出すな 若者よ 夢を持て

337 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 00:40 ID:zhxMUDWT
歩んできた道に後悔はないかい?
自分に問いかけるんだ 外見は大人の子供な僕に
涙は拭かない 拭けば他のものまで拭き取られるような気がして

338 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 00:45 ID:zhxMUDWT
生きることを忘れただ死のうとする若者達
自殺する前に何を考えるのか
自分のこと?将来のこと?親のこと?愛しいあの娘のこと?
それだけ考えてることができるんならお前は立派な人だ
死ぬことはない

339 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 00:49 ID:zhxMUDWT
地を這う少女は処女で可愛くって人懐っこくて
僕等の銀世界にオーロラが掛かったね
消えてなくなる雪景色より
消えてなくなる君にありがとう

340 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 01:29 ID:zhxMUDWT
そんな!あほな!馬鹿な!
あの娘が消えてしまった!
うわああああ

341 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 18:54 ID:vvz84vxk
風船を殺す 真っ赤な風船にしてやる
SO Like ! SO Like !
人間なんて駄目な生き物だ
何やったって駄目な日だってある なんてったって駄目な生き物だから
残り物には福はない あるのはカビと異臭と貴方だけ

342 :名前はいらない:03/10/05 18:55 ID:WPWmKcps
★あなたのお悩み解決致します!!
●浮気素行調査
彼氏、彼女、妻、夫の浮気を調査致します!!
●別れさせ工作
あらゆる手段を使ってターゲットを別れさせます!!
●盗聴器盗撮機発見
あなたの部屋に誰かが仕掛けているかも!!
●行方調査
行方不明になっている家族の消息を調査致します!!
●電話番号から住所割り出し
一般電話、携帯から住所を割り出し致します!!
その他人生相談からどんなお悩みでも解決いたします!!
 直通  090−8505−3086
URL  http://www.h5.dion.ne.jp/~grobal/
メール  hentaimtt@k9.dion.ne.jp
   ■グローバル探偵事務所 



343 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 18:56 ID:vvz84vxk
愛する人を愛すにはどうすればいいか
神様に聞いてみる
「愛する人に聞いた方が早いでしょう」
そりゃぁそうだ

344 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:02 ID:vvz84vxk
準備はいいか!?Punk Rock が始まるぞ!YEH !
Kill the punk rock music ! Oh ! Bloke the earth !
Bomb Bomb music !Kill it music !
女よりSex! SexよりPunk Rock music !
LA LA LA LA LA LA listen to music
LA LA LA HA HA HA listen to sEx

345 :名前はいらない:03/10/05 19:03 ID:vjdmwVOG
>>343
そりゃ変だ。愛する人を愛す?

愛する人を愛さないことは出来ない
愛する人を愛すことは出来ない
既に愛しているのだから

愛さなきゃいけない人の間違いなのでは?

346 :名前はいらない:03/10/05 19:07 ID:vjdmwVOG
要するに愛してないんだよ

347 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:07 ID:vvz84vxk
君潰れそうなくらい君抱きしめる夢みた
朝目覚めたら夢精してた
君はどこか遠くに行ってしまった もう遭えないんだ
朝目覚めたら目から夢精してた
怒らないで聞いてください 奇跡は起こる訳ないんだ
だから僕は今もどこかで笑ってる君思いながら寝るんだ
朝目覚めたら夢精してた


348 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:11 ID:vvz84vxk
この世の一番星は あの娘が初めて見た星
ここから見ると星は コンペイトウより小さい
近くで見てみようか 僕がおぶってあげるから大丈夫

349 :名前はいらない:03/10/05 19:12 ID:vjdmwVOG
へ〜。夢精の経験はないな。。
そんなにしょっちゅう夢精するんですか?

350 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:13 ID:vvz84vxk
永遠に舐めてたいな あめ玉
永久に抱きしめたいな あの娘
コンビにで買った冷奴
あの娘と一緒に食べたいな

351 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:18 ID:vvz84vxk
普段は普段の君でいい
だけど僕の前では可愛い君でいてほしい
オナニーよりSEXより君が好き

352 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:23 ID:vvz84vxk
さぁここから出よう 抜け出そう
駆け抜けろ 風きって 走れ
さぁ!その前に青春が入ってる鞄を忘れるな
Give me you & youth ! Give me you & youth !
Don't stop myself ! 駆け抜けろ!
そこに君がいる限る 立ち止まらない


353 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:30 ID:vvz84vxk
あの娘は僕のあの娘
そうだあの娘は僕の物なんだ
そう思うと何か気が楽になった気がする
ちっぽけな考えだけどちっぽけな僕はこんなことじゃないと楽しく生きていけない
あぁそうだ冷蔵庫に食いかけのバレンタイデーチョコ入ってたっけ

354 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:33 ID:vvz84vxk
電流流れるくらいの衝撃的な恋
死にそうだ…胸が痛い…相当痛いよ…
だけどこの傷口からは血は出ないみたいだ
あの娘の子と思うと口から溜息が出た

355 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:33 ID:vvz84vxk
電流流れるくらいの衝撃的な恋
死にそうだ…胸が痛い…相当痛いよ…
だけどこの傷口からは血は出ないみたいだ
あの娘のこと思うと口から溜息が出た


356 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:35 ID:vvz84vxk
大阪土産を鉄道に乗って遠くのあの娘に捧げよう
郵便だと愛が腐ってしまう気がするから


357 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:38 ID:vvz84vxk
僕はたった今自由になったんだ
ふられて解かった気がするよ 恋は人を悲しませたり苦しめさせたり
楽しませたりするけど 本当の自分を出せなくなっちゃう気がするよ
だから僕は今からは本当の自分を出していくよ
ふられて解かった気がするんだ
だけど流石にこの夜は枕をグッチョリにさせそうだ

358 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:43 ID:vvz84vxk
ふと 思う
青春は童貞達が築き上げているもんじゃないかと…
軽軽しく童貞を捨てようと思わないほうがいい
僕は早くSEXしてみたい
矛盾した言葉が僕は大好きだ だから嫌われるのか


359 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:52 ID:vvz84vxk
絶対この修学旅行であの娘に告白するんだ
席の後ろはいとしのあの娘
嬉しい思いが裏腹に 僕は何も出来ない
あぁ…やるせないな
こんな時はオナニーしたいな
だけど今は修学旅行
最悪だな…俺自身が最悪だ…
どうでもいいけど
夜は もちろんエッチな話で盛り上がろう

360 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:55 ID:vvz84vxk
僕があの娘を愛してる割合は何%だろう
もちろん100%  って誰が上限決めたんだ!
そんな数学っぽいこと僕等の間には無いはずだ

361 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 19:58 ID:vvz84vxk
雪国メロディー 愛のメロディー
銀色に輝く 雪原の大地
メリークリスマス 僕等の街にサンタはこない
既に幸せな街にはサンタはこない

362 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/05 20:00 ID:vvz84vxk
海から聞こえる 真夏の歌
気温2度に聞く真夏の歌は心地よいものではなかったです

363 :ぼるじょあ ◆TWNWN1hrtQ :03/10/06 18:51 ID:+SqNKgTy
べぎらごんよ。
このスレにいったらどうなんだ( ゚Д゚)ゴルァ
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/compose/1065355694/l50

364 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/06 19:40 ID:JU3GXwgT
「あの星はきっと僕等の星だ」
僕は声高く言ったんだ
そうだ 君にだよ
こんな寒い夜は肉まんでも食べよう


365 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/06 19:47 ID:JU3GXwgT
ありったけの愛をこの箱に詰め込んで貴方に捧げる恋物語
クソッタレな風景に唾吐いて少年は歌う純情物語
地球は自転し公転し色を変えて僕等のせいにする悲しい宇宙の物語
こんな素晴らしくも尊く言い伝えられていく物語は
シャボン玉の様に段々消えてなくなり
僕等も段々消えて無くなりそうなんだ

366 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/06 19:50 ID:JU3GXwgT
人は人のために生きてるんじゃなく
人は自分のために生きている
人は自分のため 君も自分のため
僕は君のため あの星は僕等のため

367 :名前はいらない:03/10/06 19:50 ID:+SqNKgTy
>>1
http://www.kogalu.com/sou/girls/index2.htm
http://zone.cside.com/asobi/kiken/a/a2.htm
どっちの詩が好みかな?

368 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/06 19:52 ID:JU3GXwgT
不自由なことなんて何にも無いけど
なんだか心がちっぽけだ
好きな音楽聴いても 好きなことしても
心はちっとも踊らない
あの娘のことを思えば
もっともっと心がちっぽけになる気がするよ

369 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/06 19:59 ID:JU3GXwgT
僕はもう駄目になってしまったのか
誰でもいいから教えて欲しい
こんなに素晴らしい世界があるのに
僕はちっぽけな詩しかかけないみたいだな
僕はもう駄目になってしまったのか
死はもう僕の背後に迫ってきているのに
詩が書けない僕は死に身をゆだねるしかないのか…

370 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/06 20:06 ID:JU3GXwgT
ららららららら…
恋のらららら…
ららららららら…
ららら…らららら…
ららららららら…
恋のらららら…
ららららららららららららららららららら…らららぁ…
一筋の涙流れる…らららららら…らららららら…
青い空は…もう二度と…やってこないんだ…らららら…

貴方がもしもメロンなら…ハムには挟まない…らららら…らら…
貴方がもしもこの世界に…永遠に生きていてくれるなら…ぁ…
僕は泣く…そのとき僕は無く…貴方の声が聞こえる…

恋のららららららららららららららららららららら…
らららららららら…らららららららら…
恋のらららららららららららららららららららら…らららら…らら…ららららららら…
らららら…らららら…嗚呼ぁ…あぁぁぁぁ…あぁぁぁ…嗚呼ぁぁぁ…アァァァ…


371 :名前はいらない:03/10/07 22:04 ID:WE/u4znr
|  トムパムソンをお迎えに上がりました
\__  _________
     V
              凸\_________/,凸、
           ノ´⌒`ヽ三三三三三三三i三.ノ´⌒`ヽ、
         [二ノ´金`ヽ二]二二二二二二i仁ノ´劵`ヽニフ
           ,.-┴―┬┴┐鬨鬩鬨鬩鬨鬨鬩鬨
            /ΛΛ // Λ||L匳匳||卅||匳匯||匳||
        /_(゚д゚_//_゚Д゚,,)| |丗卅丗卅丗卅丗卅丗
  _,,,.-―''''"_,,,.-―''''"|コ ̄ ∪i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 i゛(}[王i王]I()0コ ―― |―――=|――――――――――〕
 |_∈口∋ ̄_l_l⌒l ノ       ノ      ___l⌒l_ソ
   ̄ ̄`ー' ̄ `ー' ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄`ー'   `ー'


372 :名前はいらない:03/10/07 22:06 ID:hOmDfEAo
トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/07 19:56 ID:RcjrnGgP
>>745
これだけ言って築かないなんて、これこそ。。。。不思議。
引篭もりなら引篭もりでいいけど
引篭もりをばかにするような発言は止めような
引篭もりだって好きで引篭もってるんじゃないと思うから…

離れている人のことがわかるかって?
衛星だよ!衛星!


373 :名前はいらない:03/10/07 22:07 ID:hOmDfEAo
トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/07 19:59 ID:RcjrnGgP
>>747
汁って響き汚い
>>748
学校いってますけど?
何がいいたいの?
日本人なのに日本語が不自由なんだね か…

ならお前も日本語間違えないようにしましょう!!!!

>ヒッキ―だから、まともに学校に行ってないんだね。
のヒッキ―  の伸ばし棒    ー  だよ?
>(ほろリ)  
リ  がカタカナになってるよ


( ´,_ゝ`)プッ


374 :名前はいらない:03/10/07 22:09 ID:hOmDfEAo
トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/07 20:00 ID:RcjrnGgP
>>752
お前も反応したくせに












下半身が  ( ´,_ゝ`)


375 :名前はいらない:03/10/07 22:10 ID:hOmDfEAo
まぁ思ってることPCに発散させてみろよ?
気持ちがすっきりするぞ?
きっと下手なオナニーよりもすっきりすると思うがな?( ´,_ゝ`)


376 :名前はいらない:03/10/07 22:10 ID:hOmDfEAo
774 :トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/07 20:14 ID:RcjrnGgP

↓エロ画像を装って俺にグロ画像を見せようとする奴↓


リロードしたらこれが書いてあって、必至にバックスペースで
グロ画像の張ってあるURL消してる奴

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


377 :名前はいらない:03/10/07 22:11 ID:hOmDfEAo
トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/07 20:19 ID:RcjrnGgP
>>780
流石に俺でもこれだけ言われたらショックだ……
ごめん…こんどからきおつけるよ…
皆ゴメンな…キモイってひさしぶりに言われたな…
ちょっとPCの前で呆然となったんで一旦反省してくるわ…
皆ゴメン…謝るわ…





















これでいいの?( ´,_ゝ`)


378 :名前はいらない:03/10/07 22:12 ID:PXLzg/qJ
トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/07 20:32 ID:RcjrnGgP
>>808
かけてねぇよ
外見で人を判断するとはよく聞いたものだが
文体で人を判断するなんて最低


379 :名前はいらない:03/10/07 22:13 ID:PXLzg/qJ
>>809
何が?
何か言い返してこいよ?
なにも言葉浮かばないんだろ?( ´,_ゝ`)
その時点でお前駄目だよ( ´,_ゝ`)
>>810
勇気が無くて見れない画像解説雑談スレPart75
>>811
チンコとか…もうネタ切れ?
自分で言っといてもうネタ切れ?
おもしろくない人だね かわいそう


380 :名前はいらない:03/10/09 01:11 ID:XruT3pKF
477 :トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/09 00:48 ID:Df606uFk
何でだろう
こんなに優しい人がいっぱいいるのに
煽ってるときとかは、正直皆うぜぇよって思ってた
あ、それと、俺を兄者って読んでくれてた人ありがとう
かなり嬉しかった
俺一人っ子だからさ…なんか嬉しかった




381 :名前はいらない:03/10/09 01:11 ID:XruT3pKF
467 :トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/09 00:44 ID:Df606uFk
ごめん
>>456
俺永い間2ちゃんやってきたけど
泣きそうになったの初めてだ
有り難う


382 :名前はいらない:03/10/09 01:11 ID:XruT3pKF
463 :トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/09 00:42 ID:Df606uFk
キモイキモイって言われるのは解かってた
だけど…まぁいちお書き込めなくなる前に
俺が今思ってることかいとこうかなって思ってな…
そりゃぁこの変わりようは誰でも引くよなw
自分でもわかるけど…俺が今言ってることとかが一人でいいから
1日くらい心に残って欲しいなと思う
何かいてんだろうか…


383 :名前はいらない:03/10/09 01:12 ID:XruT3pKF
451 名前:トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/09 00:38 ID:Df606uFk
>>445
確かに恥ずかしいなw
夜中に書いたラブレターは朝読み返せとはこの事かw
そうそう、煽りとかの時は俺 w これ使わないようにしてたんだよな
意味はないけどな なんか w コレ使うと何か俺の思ってる
釣り士(?)じゃないかなみたいな…


384 :名前はいらない:03/10/09 01:12 ID:XruT3pKF
443 名前:トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/09 00:35 ID:Df606uFk
許してもらえないのは解かってるけど
今ここで謝るわ ごめん


385 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/09 01:17 ID:fPcbYqw/
初めてわかった人の優しさ
僕は眼の中真っ赤にした
もうこれ以上はなにも言うことないから
残り時間は泣いておこうかな

386 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/09 01:20 ID:fPcbYqw/
あやまっても謝りきれない
僕は銀色の空を眺め
そして泣き 
僕の声はもう一生届かない

387 :名前はいらない:03/10/09 01:21 ID:IuhEVrS5
トムパンクス、いや、ここではベギラゴンか。失礼。
詩読ませてもらったよ。感動した!
こんないい詩書けるのか。しかも、次から次と。
感動したよ!かっこいいよ!
俺は、荒らしをしてるお前より、
ここで詩を書いているお前を見ていたい。
待ってるからな!

※俺はホモではないんで、あしからず。

388 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/09 01:28 ID:fPcbYqw/
月が沈むまでに
一筋の流れ星が見えたなら
きっと世界は平和であろう

389 :名前はいらない:03/10/09 01:37 ID:IuhEVrS5
本当の自分に戻ることができたみたいだね。
じゃあ俺も一つ

一しずくの涙
大粒の涙
滝のような涙
どの涙が一番想いが込められているのだろう
それは
そんなのは比べられない
涙は
気持ちは人それぞれで違うのだから
あなたの見せた涙は
とても輝いて見える

390 :名前はいらない:03/10/09 01:37 ID:XruT3pKF
552 名前:トムパンクス ◇CnxzxXGeTA :03/10/09 01:33 ID:???
自演なのに


なんだこれ?


391 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/09 01:49 ID:fPcbYqw/
貴方よ僕のことを聞いてくれないかい
クソッタレな僕のことなんてどうでもいいかい
見てみなよ  水溜りに僕等映ってる
さぁ 星空上映会だよ


392 :某詩人:03/10/09 01:52 ID:mKtRbdwa
やがて星屑に変わる
君は感じた全てを抱いて
また彷徨い・・・

電気信号の中に迷い込んだ
今はただ
流れ行く何かに抱かれて

やがて星屑に変わる・・・
今の君も

僕も


「嫌いじゃないぜ。」

393 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/09 01:56 ID:fPcbYqw/
人を煽ると 自分自身を煽った気がして
あやまりはしたけど あやまりきれなかったな
悲しみと後悔で潰れそうだ
最後の皆の言葉
ずっとずっと忘れない
皆のことも忘れない
悪いけど僕は粘着君だからね
そうは簡単に皆のことは忘れないよ

394 :名前はいらない:03/10/09 02:05 ID:IuhEVrS5
忘れられない
忘れてはいけないことがある
誰もがその事実と戦い
そして成長していく



395 :名前はいらない:03/10/09 03:07 ID:XruT3pKF
      ????
       ????     ?????????
      ???? ??  ???? ?????
     ??? ??????????????
   ????????? ??  ?????
   ????????      ???????
      ??? ???   ???  ??????
    ????????? ?????    ????????
    ????  ?????   ?????  ???????
  ?   ??? ????      ???
  ???  ???  ??
   ???  ?        ??????
    ?              ?????
                    ?
              ??????????
      ???????????  ??????
        ????      ????
              ?????
               ????
                ???
                ???
                ???
                ???
                ???
                ???
           ????????
            ??????
              ????



396 :名前はいらない:03/10/09 03:08 ID:XruT3pKF
          /∴∵∴∵∴∵∴∵∴\
         /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴\
        /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴\
       /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ \
      /∴∵∴∵∴∵∴/ ヽ   / ヽ ∴∵∴|
      /∴∵∴∵∴∵∴ | ● |  | ● | ∴∵∴|
      |∴∵∴∵∴∵∴ ヽ ノ  ヽ  ノ ∴∵∴|
      |∴∵∴∵∴/     / ̄ヽ    \ ∴.|
      |∴∵∴∵/  ‐‐--  ヽ_/  --‐‐ \ |
      |∴∵∴ /   ‐‐--    |   --‐‐   |
      |∴∵∴/    ‐‐--    |   --‐‐   |
      |∴∵∴|   \         |     /   |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |∵∴∵|    \_____|__/    / < おいおいおめーらここは
       \∵ |      \       /    /   |ドラえもんスレじゃねえのか?
        \ |        \__/    /     |
          \    ___       /      \_______
            \::/`ー---‐^ヽ____/
           / l:::      l     /
        _ /,--、l::::.      ノ    l
    ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l     \
   ,/   :::         i ̄ ̄  |      \
  /:::::::.        l:::    l:::::::   l        \
 l:::::::::::.   l:::    !::    |:::::::   l         \
 |:::::::::l::::  l:::    |::    l:::::     l           l
 |::::::::::l:::.   }:::   l:::::,r-----    l            l
 ヽ::::::::l::::   ト:;;;;;;;/-/__...........  /
../\::::`ー‐'  / l__l;;;;;;;;;;;/


397 :名前はいらない:03/10/09 03:15 ID:XruT3pKF

                 ▄█▀█▀█▄
               ▄█▀  █  ▀█▄
             ▄█▀         ▀█▄
             █             █
             █             █
             ▀█▄▄   █   ▄▄█▀
               █   ▄▀▄   █
               █  ▀   ▀  █
               █         █
               █         █
               █         █
               █         █
               █         █
               █         █
      ▄█▀▀▀▀█▄ █         █ ▄█▀▀▀▀█▄
   ▄█▀▀      ▀▀█         █▀▀      ▀▀█
  █▀                                ▀█
 █▀                                  ▀█
 █                 ▄█▄                █
 ▀█               █▀ ▀█              █▀
  ▀█▄           ▄█▀   ▀█▄          ▄█▀



398 :名前はいらない:03/10/09 08:17 ID:XruT3pKF

          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"




399 :名前はいらない:03/10/09 08:18 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



400 :名前はいらない:03/10/09 08:18 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



401 :名前はいらない:03/10/09 08:20 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



402 :名前はいらない:03/10/09 08:20 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



403 :名前はいらない:03/10/09 08:22 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



404 :名前はいらない:03/10/09 11:22 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


405 :名前はいらない:03/10/09 11:24 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


406 :名前はいらない:03/10/09 11:24 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


407 :名前はいらない:03/10/09 11:25 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


408 :名前はいらない:03/10/09 11:27 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


409 :名前はいらない:03/10/09 11:29 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


410 :名前はいらない:03/10/09 12:53 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


411 :名前はいらない:03/10/09 13:10 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


412 :名前はいらない:03/10/09 13:11 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


413 :名前はいらない:03/10/09 13:13 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


414 :名前はいらない:03/10/09 13:14 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


415 :名前はいらない:03/10/09 13:16 ID:XruT3pKF
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


416 :エロパンクス壱号機 ◆axNPftK0Sc :03/10/09 15:55 ID:ONd2jg5C
トム様お迎えに上がりました。

417 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/09 21:19 ID:dWwEVgMe
情けない自分が自分で憎いと思う
そんな僕でも君の事愛していいのかな
もしも君が好きなら僕も好きだ
だけど僕は自分でいうのもなんだけど
恥ずかしがりやだからさ
君の前ではこんなかっこいいこと言えないよ
こんな日は君のことを思って寝よう


418 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/09 21:22 ID:dWwEVgMe
僕の夜に希望の光は通っちゃいない
そんな こんな あんな みんな みんな 幸せであれ
僕以外のみんな 皆幸せであれ
みんなが幸せだからって僕は嫉妬したりしない
みんなが幸せなら僕も幸せだから

419 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/09 21:25 ID:dWwEVgMe
君が僕に『願い事』を言ってくれたなら
ありがとう
僕の『願い』は叶ったよ

420 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/09 21:28 ID:dWwEVgMe
今あの娘を逃せばもう駄目なのか
僕は一生童貞のままなのか
僕はあの娘のことを思いながら死んでいくのか
まぁそれでいいかもしれない
どうでもいい自慢話聞いてください
「僕は君以上に君をずっと見てるし考えてるし愛してるって自身がある」

421 :名前はいらない:03/10/09 23:07 ID:tCaRHz1K
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


422 :名前はいらない:03/10/09 23:08 ID:tCaRHz1K
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


423 :名前はいらない:03/10/09 23:09 ID:tCaRHz1K
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


424 :名前はいらない:03/10/09 23:09 ID:tCaRHz1K
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


425 :名前はいらない:03/10/09 23:10 ID:tCaRHz1K
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


426 :名前はいらない:03/10/09 23:28 ID:tCaRHz1K
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


427 :名前はいらない:03/10/09 23:29 ID:tCaRHz1K
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


428 :名前はいらない:03/10/09 23:30 ID:tCaRHz1K
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


429 :名前はいらない:03/10/09 23:31 ID:tCaRHz1K
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


430 :名前はいらない:03/10/09 23:32 ID:tCaRHz1K
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


431 :名前はいらない:03/10/09 23:47 ID:fh1S6KHG
考え事をしてるとき
落ち着きたいとき
ムシャクシャしてるとき
口が寂しいとき
暇なとき

そんなときは タバコを吸ってリラックス
さあ 今日もこぼオレを癒しておくれ

いつものようにタバコをくわえる
あれ?おかしいぞ。逆にくわえてしまったのか?

★※♀≒$F▼!!!

タバコと思っていたそれはタバスコだった・・・

432 :名前はいらない:03/10/10 03:08 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


433 :名前はいらない:03/10/10 03:09 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


434 :名前はいらない:03/10/10 03:10 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


435 :名前はいらない:03/10/10 03:10 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


436 :名前はいらない:03/10/10 03:11 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


437 :名前はいらない:03/10/10 03:11 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


438 :名前はいらない:03/10/10 11:46 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


439 :名前はいらない:03/10/10 11:46 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


440 :名前はいらない:03/10/10 11:48 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


441 :名前はいらない:03/10/10 11:48 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


442 :名前はいらない:03/10/10 11:49 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


443 :名前はいらない:03/10/10 11:50 ID:5Cy99F0M
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


444 :名前はいらない:03/10/10 11:52 ID:YFEznJTx
http://www.dff.jp/index.php

フリー募金とは、ネットユーザのあなたに一切負担なく、
代わりにスポンサー企業が募金を行う、
21世紀型の募金システムです。

募金ボタンをクリックするごとに、
スポンサー企業が1円を、NPO団体へ寄付します。

それぞれの社会貢献の目的に対して、1日1回
クリックできます。是非、毎日クリックしてください。
ぽちっとな〜♪

445 :名前はいらない:03/10/10 12:02 ID:eMrY8YBr
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


446 :名前はいらない:03/10/10 12:02 ID:eMrY8YBr
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


447 :名前はいらない:03/10/10 12:03 ID:eMrY8YBr
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


448 :名前はいらない:03/10/10 12:04 ID:zCKBM7l1
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


449 :名前はいらない:03/10/10 12:04 ID:zCKBM7l1
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


450 :名前はいらない:03/10/10 12:05 ID:zCKBM7l1
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


451 :名前はいらない:03/10/10 12:07 ID:zCKBM7l1
  ∧_∧      ∧_∧
     _( ´∀`)    (´∀` )
  三(⌒),    ノ⊃    ( >>1 )   糞スレは・・
     ̄/ /)  )      | |  |
    . 〈_)\_)      (__(___)

         ∧_∧  .∧_∧
         (  ´∀) (´∀` )
       ≡≡三 三ニ⌒) >>1 .)    立てんなって
        /  /)  )  ̄.| |  |
        〈__)__)  (__(___)

           ∧_∧  ,__ ∧_∧
          (    ´)ノ ):;:;)∀`)
          /    ̄,ノ'' >>1  )   言ったろうが
         C   /~ / /   /
         /   / 〉 (__(__./
         \__)\)
                      ヽ l //
            ∧_∧(⌒) ―― ★ ―――
            (    ) /|l  // | ヽ   ヴォケがーー!
           (/     ノl|ll / / |  ヽ
            (O  ノ 彡''   /  .|
            /  ./ 〉
            \__)_)


452 :名前はいらない:03/10/10 12:11 ID:9wvOEiSc
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


453 :名前はいらない:03/10/10 12:12 ID:9wvOEiSc
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


454 :名前はいらない:03/10/10 12:13 ID:9wvOEiSc
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


455 :名前はいらない:03/10/10 12:14 ID:9wvOEiSc
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


456 :名前はいらない:03/10/10 12:16 ID:9wvOEiSc
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


457 :名前はいらない:03/10/10 12:16 ID:9wvOEiSc
(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                   (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
        (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                      (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
  (( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                 (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

       (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ

(( へ(へ´∀`)へ カサカサ
                               (( へ(へ´∀`)へ カサカサ


458 :エロパンクス壱号機 ◆axNPftK0Sc :03/10/10 15:44 ID:X1bmZYGA
ID:9wvOEiSc
必死すぎ

459 :名前はいらない:03/10/11 00:12 ID:fui2Vga1







          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"




460 :名前はいらない:03/10/11 00:13 ID:fui2Vga1







          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"




461 :名前はいらない:03/10/11 00:13 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


462 :名前はいらない:03/10/11 00:16 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


463 :名前はいらない:03/10/11 00:17 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


464 :名前はいらない:03/10/11 00:19 ID:433ryKN8
芸のない糞がいるな・・・・。

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||ガチャ
 |:::::::::::::::||      || ,,―‐.                  r-、    _,--,、
 |:::::::::::::::||  ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
 |:::::::::::::::|| /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
 |:::::::::::::::||´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
 |:::::::::::::::|| . ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
 |:::::::::::::::|| 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
 |:::::::::::::::||'"     || ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
 |:::::::::::::::||      ||  ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
 |:::::::::::::::||      ||   ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
 |:::::::::::::::||      ||        `             ゙‐''"`        ゙'ー'"
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

これ位ひねろ。でなきゃ消えろ。

465 :名前はいらない:03/10/11 00:45 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


466 :名前はいらない:03/10/11 00:45 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


467 :名前はいらない:03/10/11 00:46 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


468 :名前はいらない:03/10/11 00:47 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


469 :名前はいらない:03/10/11 00:47 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


470 :エロパンクス壱号機 ◆axNPftK0Sc :03/10/11 00:50 ID:dJ0kC+4L
>>464
それもコピペじゃん

471 :名前はいらない:03/10/11 01:04 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


472 :名前はいらない:03/10/11 01:05 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


473 :無題男:03/10/11 01:06 ID:k/c8u34b
なにやら詩を感じる、む、むむむ

474 :名前はいらない:03/10/11 01:06 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


475 :名前はいらない:03/10/11 01:06 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


476 :名前はいらない:03/10/11 01:07 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


477 :無題男:03/10/11 01:10 ID:k/c8u34b
ペニスに流される〜

478 :名前はいらない:03/10/11 01:14 ID:433ryKN8
>>470
ビンゴ

479 :名前はいらない:03/10/11 01:24 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


480 :名前はいらない:03/10/11 01:24 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


481 :名前はいらない:03/10/11 01:25 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


482 :名前はいらない:03/10/11 01:25 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


483 :名前はいらない:03/10/11 01:26 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


484 :M:03/10/11 01:30 ID:Wo39w7r5
はさんで……恍惚のまにまに

485 :M:03/10/11 01:35 ID:Wo39w7r5
あなた
イジワルね
だって
やめちゃうんだもの
そんなん
ダメよー
ダメ

486 :M:03/10/11 02:19 ID:Wo39w7r5
ああっ!
イジワルよ
あなた
本当に
だって
放置プレイで
あたしを
晒すのだもの。。

487 :名前はいらない:03/10/11 02:25 ID:fui2Vga1
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


488 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/12 18:04 ID:XvaYNde7
こんなあんな僕等が世界中に轟くような
そんなあんな恋でできたなら
青春ができたなら
僕は幸せでしょう

489 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/12 20:06 ID:XvaYNde7
君に
ありがとうって言ってあげたい
君に
おかえりって言ってあげたい
今日 この夜は 僕等だけの
満月夜になると思うのさ

490 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/12 20:08 ID:XvaYNde7
銀河に浮遊する僕の夢
真冬の湖の上で僕等踊る
寒すぎる雪が優しすぎる君に掛かって
僕の心はポッカポカ

491 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/12 20:15 ID:XvaYNde7
いつのまにかどす黒い鎖で僕等は繋がれていたんだぁ…
あぁ…君と僕の恋物語…
いつの日か…この鎖が…赤い糸になろうか…
花のように君のようにずっとずっと僕等の恋心がぁ…
あぁ…綺麗で儚い…
きっと僕等…運命だったんだ…この宇宙で僕等が出会えたことはぁ…
運命だったんだぁ…

492 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/12 20:20 ID:XvaYNde7
決して忘れることの無い情熱は
在り来たりの言葉に掻き消されてぇ…
僕があの娘に告白したのに
時代の波に掻き消されたぁ…
僕はチンポコを…掻く…んだぁぁ…
もうどうにでもなれと思った…

この世界がもし平和であろうとも 僕には関係ないことでぇ…
僕が興味があることは ただ ただ ただ あの娘なわけで…
明日 世界が 消えてなくなろうとも 僕には関係ないのさぁ…決して…決して…

493 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/12 20:24 ID:XvaYNde7
恋という名の蜘蛛の巣に 蛾 みたいな俺が絡まっちまった
恋という名の蜘蛛の巣に てふてふ みたいな君が絡まっちまったようだ
もう一生逃れることは出来ない でも僕はなんだかなんだか幸せだ
もうすぐ蜘蛛に食われちまうと思うけど
なんだか なんだか 幸せだ

494 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/12 20:38 ID:XvaYNde7
プリンセスプリンセスプリンセスギャラクスィボンバー
     馬        鹿     だ 俺はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
     糞        だ     俺はぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁああああ
何にもできやしなかったぁ…俺はぁ…どうせ或る所で止まっちまうんだぁ…
青春ってなんなんだろう…青春ってどうなんだろう…
誰に教えてもらうんだぁ…ソンナコトァ…自分で考えろ馬鹿野郎っ!!!!

ファックサックセックスジャッヂメントアボンバーァァァァァァァッッ!!
     駄        目     だ俺はぁぁぁぁぁああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ
     死  に  そ  う     だ俺はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁァァァァァッッ!!!!
何にも分かっちゃいねぇさぁ…俺はぁ…わからねぇから人生面白いィィィ…
女の娘ってなんなんだろう…君ってなんなんだろおぉぉぉぉ…
誰に教えてもらうんだぁ…俺は知ってるはずだッ君の事をォォォォ!!!!君も俺の事をもっと知って欲しいィ!

一生のお願いだ 僕の夢で泣かないでください
一生のお願いだ ラララララララララララララ
一生のお願いだ 僕の彼女になってください
厚かましくても構わない…しつこくてもかまわない…
僕は君の事が好きです…君はどうなのか…知りたいッッ!
一生の思い出だ 僕の側に寄って来てくれた
一生の思い出だ 僕は夢で君の事を彼女にしてました
ラララララララララララ  ララララララララララララ
ララララララララララララ  ラララララララララララ
響け童貞の歌  響け童貞の歌    
        響      け       童     貞    な     僕     の     歌

495 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/12 20:44 ID:XvaYNde7
素晴らしい世界なんて見たことないさ
綺麗な夜景や星空なんて見たくもないさ
僕等はいつか 『終点』 に到着する
僕等はいづれ 『死点』 に着くのさ

結局どうせこんなものなのかな
人生は儚いものなのかな
なんにもなかったなぁ今日まで
ずっとずっとずっとずっと

496 :エロパンクス壱号機 ◆axNPftK0Sc :03/10/12 20:45 ID:CvYUN2mv
響け恋の歌

497 :エロパンクス壱号機 ◆axNPftK0Sc :03/10/12 20:46 ID:CvYUN2mv
ヘルスでも逝って来てくださいよ・・・

498 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/13 01:39 ID:Ro2QKp9Q
眺めた空には天の川が掛かってて
満月で餅ついてる兔達
輝く星空は僕たちの希望のよう
青のグラスは今ひび割れてしまったようだけど
僕等にゃ何も起こってないみたいだ
君が欲しい 君が居なきゃ…
僕等はまるで ☆星☆の様
お星様のよう 君と僕はお星様のよう
「君の全てと僕の全てを交換しておくれ
あぁそうだ…僕はこのコンペイトウおまけするからさ」
世界は僕等を見てニコッってしてくれた



499 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/13 01:42 ID:Ro2QKp9Q
うわああああぁ
酷く悲しく不滅の愛
清くて目隠しして君を待ってる
首を長くして 首を長くして
永遠に待っていようとも
永遠に待つことになろうとも
僕等はいずれ幸せになる
だから
首を長くして 首を永くして
永遠に待ち焦がれる

500 :名前はいらない:03/10/13 05:23 ID:nQoSizkF
500ゲット!
べぎらごん、トムパンクス見かけたけどキミなの?
たぶん違うと思うけど。
わからない人は気にしないでね。

501 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/13 16:17 ID:Sv6NPtOk
最後まで貴方を愛すと誓うから
永遠に貴方のことを愛しているから
僕等はもう 離れ離れじゃない
さぁ飛び出そう こんな暗くて狭い部屋から

502 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/13 16:28 ID:Sv6NPtOk
もう1日僕を生かせてはくれませんか?
神様 あぁ お星様 翼が溶けた小鳥さん
時間はチクタク 動き
鼓動もドクドク 動き出す

503 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/13 16:36 ID:Sv6NPtOk
泣き虫子供は聞いた
世界の泣き声が聞こえた
世界が平和であろうとも
僕等が平和じゃなければ
いつまでも世界は泣き止まない

504 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/13 16:40 ID:Sv6NPtOk
童貞の悲しみはぁ
童貞にしか分からない
童貞よ大志を抱け
童貞よ精子を尊え
童貞よ 童貞よ

505 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/13 16:41 ID:Sv6NPtOk
晴れ渡るこの日本で僕等は
愛しあったね 今日は幸いの日
ひび割れたこの世界中で
たったひとつの
ひび割れていない 愛

506 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/13 16:44 ID:Sv6NPtOk
何所へ行くのか
何所へ行くのか
君は何所へ行くのか
カラスの声が聞こえた
僕が「さよなら」って言ったのは聞こえた かい ?
聞こえなかったんなら そのほうが いいね

507 :名前はいらない:03/10/13 19:40 ID:We02fzHK
あなたは自分の子供が障害者になっても
共に支える覚悟がありますか
私は3週間ほど入院していました
コンクリートに囲まれた白い部屋で
50代と思われる女性が
もぐもぐとおやつを食べていました
もう入院して20年になるとか
統合失調症です
結婚して離婚したそうです
子供がひとり
施設に預けて育てたそうです
年に3、4回ほど顔を見せるんだとか
将来引き取ってくれると夢を見ていますが
たぶん一生病院暮らしでしょう
兄弟もいるそうですが
別家庭で見放されているようです
夏でも毎日同じ服を着ていて
病室で寝ている以外何もしない生活です

私の叔母は精神薄弱児を育てています
旦那は浮気して逃げました
テレビを見て奇声を上げたり
暴力を振るわれたり
寝れないと言うので夜中中車を走らせたりと言う生活です

あなたは自分のしたことがわかっているのですか
同室の女性はブツブツとひとりごとをときどきしゃべります
幻聴とおしゃべりしています

私の兄は将来私の面倒を見ません
私を永遠に愛せる覚悟があるなら電話をどうぞ


508 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/14 02:10 ID:diWKGQWO
僕等はずっとずっと永遠だ
たとえこの手と手が離れようとも
たとえあの月が海に沈んでしまおうとも
君と僕は永遠だ
あぁ愛しき貴方
「僕は貴方を愛することを
貴方自身に誓います」


509 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/14 21:19 ID:6t/vmjXh
青春の炎はちょっぴり切なくて
僕等の傷に深く入り込んできました
海より綺麗な君だけが
僕が落ち着けるたった一つの場所

510 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/14 21:21 ID:6t/vmjXh
教室であの娘のことを見ようとも
他のやつ等よりもどんなに多く見ようとも
あの永遠に暗い闇の向こうにある
青春の光は僕には届かないみたいだ

511 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/14 21:25 ID:6t/vmjXh
友と見た永遠の星空よ
ずっとずっと永遠であれ
儚い星空は 悲しい星空なんかじゃない
ずっとずっと永遠に
君と僕と星空と…
ずっとずっと永遠に…

512 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/14 21:30 ID:6t/vmjXh
もうこの世界はカラッポニなってしまったのかもしれない
僕等は空っぽな世界で生きている空っぽな人間なのかな?


「決して世界が空っぽであろうとも
貴方が空っぽなわけありません
貴方が空っぽでないのなら
世界も空っぽではありません」

親友のジョナサンはいつもいつもいい事言うんだ

513 :名前はいらない:03/10/14 21:32 ID:lHYpFrat
こんばんは、べぎらごん( ^^) _旦~~
いつも読ませてもらってるよ。

514 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/14 21:57 ID:6t/vmjXh
こんな世界に誰がしたのか
過去をせめてもしょうがないか
彷徨える森なんて無くなってしまった
僕等はかくれんぼがしたかったのに

515 :名前はいらない:03/10/14 22:09 ID:lHYpFrat
俺は荒らしはしないから。

516 :名前はいらない:03/10/15 18:09 ID:CpXcQch3
          ヽYvV/
      ,; ⌒ヽ、ノ  `ヽ、,,r'⌒ヽ
     ( (  )  /  \ (  ) )
      ミ / ,ィ・ニゝ、ィ・ニゝ、ミ'´
    ,;彡   .,,..rー''´(CiC)ヽミ;、     
    彡   /        .).    )ミ、
    彡  人 ヽ、 _,,;;r '^ヽ_ ,ィ/ミミ、
    彡彡 ヽ      ⌒ ノミミミ゙`
    /彡ミミ彡``ヽ  ー/シミジ    ノ7_,,, 、
  / (⌒、"⌒ソ⌒ヽ - イノ `、   ( ィ⌒ -'"",う
 /    ~''(_)(_)(_)(_)ソヽ-ィ    ヽ ノ   ,イ^
..|  _ヽ ツ     シ    ヽ     ヽ   ミ
.| /,ィ'"ジ     ミ     `    )   ,,彡
..|         ミ   FIGHTERS  i 彡'
 ミ、      ,;彡    || <(Ω)>||   |'"
   ミ、_,,,,,彡'"    \_YY_ノ   ノ



517 :名前はいらない:03/10/15 18:09 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



518 :名前はいらない:03/10/15 18:10 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



519 :名前はいらない:03/10/15 18:11 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



520 :名前はいらない:03/10/15 18:11 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



521 :名前はいらない:03/10/15 18:14 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



522 :名前はいらない:03/10/15 18:40 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



523 :名前はいらない:03/10/15 18:40 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



524 :名前はいらない:03/10/15 18:46 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



525 :名前はいらない:03/10/15 18:46 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



526 :名前はいらない:03/10/15 18:47 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



527 :名前はいらない:03/10/15 18:48 ID:CpXcQch3
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



528 :名前はいらない:03/10/16 22:45 ID:PJ6AZxAf
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


529 :名前はいらない:03/10/16 22:45 ID:PJ6AZxAf
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


530 :名前はいらない:03/10/16 22:45 ID:PJ6AZxAf
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


531 :名前はいらない:03/10/16 22:46 ID:PJ6AZxAf
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


532 :名前はいらない:03/10/16 22:47 ID:PJ6AZxAf
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


533 :名前はいらない:03/10/16 22:56 ID:52GpPGWy
トムパンクス、今日はどこで何をしてるんだろう(:_;)

534 :名前はいらない:03/10/17 19:53 ID:ct3zaFbj
トムパンクス、今日はどこで何をしてるんだろう(:_;)

535 :名前はいらない:03/10/18 20:44 ID:d2ZyWokz
トムパンクスこそ真の
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


536 :名前はいらない:03/10/18 20:46 ID:z8y81qA4
ID:ct3zaFbj こそ真の
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"


537 :クスクスクスクストムハンクス:03/10/19 14:27 ID:WdONZ8Oj
はぁ、どこにいるんだろう

538 :名前はいらない:03/10/19 23:58 ID:1MO1RNoR
トムパンクス、今日はどこで何をしてるんだろう(:_;)

539 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/20 22:53 ID:nNtNfTzj
元気かい?
僕は元気だ
さぁ飛び出そう
希望の道はそうは遠くはないから

540 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/20 22:54 ID:nNtNfTzj
性が僕等を暖かく染める
むなしく儚くそして尊く
僕等はセックスで生まれセックスで死ぬ

541 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/20 22:59 ID:nNtNfTzj
僕は始発に乗り遅れたみたいだ
またここで次の列車が来るまで待つみたいだ
始発には乗れはしなかったけどまだまだ列車はあるんだ
決して諦めることはない

青年よ そして 性年よ 列車は 待っていればきっとやってくる
だからじっと待つんだ  じっと じっと … だけどじっとしすぎて
眠ってしまっては いけないよ 次の列車も逃してしまっては
また途方もない時間 君達は またなくてはならない
だから じっと じっと 待つんだ そして 乗るんだ 列車に
終点の駅名は君達が決めるんだ

542 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/20 23:27 ID:nNtNfTzj
この炎は僕等の炎
決して消えることはない
あの娘は僕のことをどう思ってるとか
皆は僕のことを必要にしてるのかなんて考えようものなら
たちまち消えてしまうけど

543 :名前はいらない:03/10/21 00:47 ID:RcNH1Z6T
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



544 :名前はいらない:03/10/21 00:48 ID:RcNH1Z6T
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



545 :名前はいらない:03/10/21 00:48 ID:RcNH1Z6T
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



546 :名前はいらない:03/10/21 00:49 ID:RcNH1Z6T
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



547 :名前はいらない:03/10/21 00:49 ID:RcNH1Z6T
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



548 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/21 20:53 ID:JEkAb+Fe
花火は 僕等の 花火は
あの花火のように 赤く 青く そして 熱く 輝いている
そんな花火じゃないんだ

549 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/21 21:02 ID:JEkAb+Fe
あんな こんな そんな みんな どうなってしまったの
これは 全部 全部 全部 僕等の 物だ
みんな みんな みんな みんな みんな
黒くたたずむ大宇宙 紅く微笑むあの娘
やっぱ10月はとても寒いね 赤紅に咲く花は
どうか どうか 色褪せないで どうか どうか 枯れ落ちないで
世界は 地球は メリーゴーランドは 僕は 周っている
あの娘の周りを周っているんだ
真夜中に見た満月は とてもとても美しく とてもとても儚かった
今日もあの川は満潮だった 最近ずっとずっと満潮なんだ
独りぼっちの この暗い世の中で 何ができるか 若者達よ
せめて君だけでも明るく 紅く そして 愛しく
君だけが僕を包んでいてくれた

550 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/21 21:06 ID:JEkAb+Fe
走り始めろ 苦しむことはない 考える時間も無い
大きく 切なく ときには 慌ただしく
走るんだ 走るんだ 風を切り裂くんだ
僕等は皆 『切り裂きジャック』 だ
殺せ ぶっ殺せ 脳天を 衝天 だ
走れ 走れ 命乞いなぞせず ただ 走れ
人間なんて やれば なんとかできるんだから
人間なんて 誰だって 駄目なんだ

551 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/21 21:14 ID:JEkAb+Fe
どうして僕は自由を持ってないの
決して無いわけじゃないんだろうけど
どうして僕は悲しみばかり持ってるの
でも僕にはそれ以上のものがある
Humen Humen Humen Humen
悲しみがあるならきっと 僕はりっぱな人間なんだ
Humen Humen Humen Humen
星に成りたい 世界中を眺めていたいんだ

あぁ……空は必ず青いはずなんだ
あぁ……芝生は必ずグリーンなはずなんだ
あぁ……地球は必ず蒼いはずなんだぁ
あぁ……僕は必ずここで歌うんだ
君はぁ…君はぁ…君はぁ…ぁぁ…

552 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/21 21:25 ID:JEkAb+Fe
死んでいい人間なんていない
それが犯罪者であっても
死んでいい人間なんていないんだぁ
死んでいい人間なんているはずないのさ
人間は生きてるから人間なんだ
世界中のやつら全員 集まって 運動会 してみたいとは 思いませんかぁ…
あの素晴らしい朝日を 世界中のみんなで 見たいとはぁ…思いませんかぁ…
いつしか 僕は思った 生まれたときから わかってたぁ…
死んでいいわけがない 死んでいい人間なんて
必ずや いるわけ無いんだ いるわけ無いんだ
僕のこの叫びが世界中に伝わったとしたら
もう僕はやり残した事は あと少し
それまで僕はまだまだ
行き続けてやる   死んでいい人間なんていないんだぁ…
これっぽっちもいないんだぁぁぁぁぁぁぁ…ぁぁあ…あぁぁ…ぁぁ…




553 :名前はいらない:03/10/21 21:32 ID:pH51/cH1
眠れない夜
そんな夜は星を数えてみよう
ほら・・・
星達のララバイが聞こえるから・・・


554 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/21 21:35 ID:JEkAb+Fe
初雪が恋しくて 初雪が恋しくて あの娘まで恋しくて
胸が苦しいんだ 死にそうなんだ
あの娘に初恋したんだ 初恋は初めての恋なのか…
僕は違うと 思うんだ
新しく好きになった人でも初恋って言えばいいのではないか
別に初恋は初めて恋心をいだいた ときのこと じゃないんじゃないかぁ
あの娘が好きだ 好き過ぎるんだ 胸が潰れてグチャグチャになりそうなんだ
この痛みに効くせめてものの薬なんだ 君が最初で最後の僕の薬なんだ
けれど お星様 何故 僕の 思い が あの娘に 届かないんだろう 

555 :名前はいらない:03/10/22 00:47 ID:ZhZUROab
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



556 :名前はいらない:03/10/22 00:47 ID:ZhZUROab
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



557 :名前はいらない:03/10/22 00:48 ID:ZhZUROab
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



558 :名前はいらない:03/10/22 00:49 ID:ZhZUROab
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



559 :名前はいらない:03/10/22 00:50 ID:ZhZUROab
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



560 :名前はいらない:03/10/22 01:34 ID:ZhZUROab
トムパンクスもうflash鑑定スレに来ないでね。

561 :名前はいらない:03/10/22 01:39 ID:ZhZUROab
63 :トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/08 23:57 ID:ltwfsY4O
>>62
いやぁ哀れだなぁ俺…こうなるとは思わなかったよ…
これ本音な…マジで


64 :トムパンクス ◆CnxzxXGeTA :03/10/08 23:58 ID:ltwfsY4O
いまからあやまっても許してくれるわけ無いから
まぁ…自分がしたことに責任もって歯食いしばって耐えますわ



562 :名前はいらない:03/10/23 15:36 ID:53A6TfaC
トム・・・鑑定スレにはお前が必要な事がわかったよ・・・どうか・・


            FLA板勇気スレに来てください!

563 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/24 18:41 ID:MGs/uaMw
銀世界 湖は凍り虹となる
あの娘の部屋のカーテンはオーロラ
僕等はいづれ 星になる
ひとつひとつがピカピカ光ながら
一人一人 星になる

564 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/24 18:45 ID:MGs/uaMw
10月 悲しき 日々
風ばかり吹く 真冬の様
季節はとっくに変わってしまって
僕等もとっくに変わってしまって
それでも君は変わらないで
変わらないでください
まるで毎日毎日星空に昇る月の様に

565 :名前はいらない:03/10/24 18:55 ID:zYhOGhFp
てすつ

566 :FLOW ◆eDmP3DLCpQ :03/10/24 18:56 ID:zYhOGhFp
兄者何してるの?また何処かで話そうよ。

567 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/24 19:06 ID:MGs/uaMw
不思議な気持ちが押さえきれない
こんな衝動的な気持ちは何
あぁぁぁぁぁ…あの娘が好きなんだ
悲しき子供達が見た 流れ星に乗っている兔
あの娘の温もりが僕にくれたクリスマスプレゼントなんだ
もう泣くのはよそう
温かいココアでも飲もう
ずっといっしょだから


568 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/24 19:12 ID:MGs/uaMw
放課後に散らばってる 青春というなの欠片
みんな みんな 拾い集めて 形にしている
欠片が 足元に 落ちているの わかってた
でも僕は 拾わない 拾わないから取り残されたんだ
何か変わる気がして 本当はただ怖かっただけなんだ
YOUTH YOUTH 夕日が沈む やがて影も消える
YOUTH YOUTH 自転車に 乗って 走る 後ろに 君がいる
泣く 叫ぶ 熱く 熱く 熱く 熱く 強く 強く 抱きしめて あげる

569 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/24 20:22 ID:MvNh1PUI
悲しみ暮れて落ちこぼれている奴に何がある
悲しんでいる心か それとも好きな娘かぁ
それとも大事な 家族 とかか
自分自身かぁぁ…
さぁ帆を上げ 進め  北北東から希望の風だ
何が在るかはわからない  でも奴等は進むのさ



570 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/10/24 20:31 ID:MvNh1PUI
チラリズム  恋のリズム 沼に足が…ズムズムズムッ…
新しい 香ばしい 君の香りは ラベンダー 僕は ベランダ で 叫んダー
1,2,3 ダーッ! 僕はここダー!ここに立っているんダー!
悪を蹴るんダー 仮面ライダー キックダーッ
さぁ 踏ん張るんダー 


571 :FLOW ◆eDmP3DLCpQ :03/10/24 23:04 ID:zYhOGhFp
ピピピ、ピッチャーデニーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

572 :名前はいらない:03/10/25 00:56 ID:4u1bEu02
  ―┼― \/   ヽ   |_|_゙ ‐┼‐ヽ ―┼―  ヽ   ヽ _|_ 、 ―フ  / ̄\  .┼┼
   /―   /    ̄/  . | |    |   .―┼―  ̄/   |_   / / ヾ ―‐フ .| |  | .-┴┴- ・ ・ ・
   / ー  ヽ_  /´ヽ_ |,(ニlヽ  (ニl ̄) .(ニlヽ、 /´ヽ_ 、_) ./ 、/    (_  \| _/  |三|

 / /_/_ -┼-  -┬-
 ヽ/  / / -┼- ヒ |三| ・ ・ ・
  ム  、/  ヽ_   └┘
             ´ `
  ┼/\ ___  ヽ  _|_    ___  -┼-  ヽ  __  .―フ  /  フ ―┼―ヽ ┼
  ┼ .土    /  |_  |/―┐   /  ヽ .田   ̄/    /   ∠_ /|―┼- /\     h/
 .、|  口     \ 、_) /|.  〈_、  \ //|\ /´ヽ_  \  o_) | 、_| /   \  (_

 |二|_/_ | _|_ ―┼― ―┼― _|_、 -┼― ―フ \/  |     ├  ヽ
 |―| / /. |  |    /―   lニ|コ  / / ヾ  |/   ∠_  /   |      |  -―ヽ
. ┴┴ 、/  |, /   / ー- .-ヨヨ- ./ 、/   (フ ̄) .o_) ヽ_  ヽ_ノ (ニlヽ  _ノ
                    、|

 ______ ヽヽ     |         ________      |
        /     ――┼――        /   |     .   .―┼‐フ      
       /          |           /__ |          |/   
      /        .――┼――       /   /.|-―‐.       /|/ ̄ ̄ ̄\            
      |.            .|          / \ /  |          //|       |      
      ヽ.           |         /  ./  |          |       |    
       \_          \__ノ       ノ   ヽ__」      |     (二X 


573 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/01 19:38 ID:MyDoHQ6i
かわいくって優しくって僕が大好きな人があの娘なんだ
いつしかどんどん月日は流れそして悩みまくってた日々
遠く切なくそして儚く あの娘の後ろ髪をそっと目で追う僕がいた
いつしかあの娘を抱きしめてやりたいけど 僕は何もできやしない
後悔に浸る暇があるのなら 悲しみに暮れる暇があるんなら
あの娘のことをずっとずっと思いたい星月の夜

574 : ◆gMgxWbXgLI :03/11/01 21:05 ID:uyiy8Jyl
ティッシュ

575 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/02 23:20 ID:Uh89HYfJ
死にかけの明日が僕を呼んでる
どこまでも死なない今日に僕は生きていて立っていて
これっぽっちも明日のことなど考えない
そして時は流れ 幾多の死が人々に訪れ
僕の死はいつか考える
死にかけの明日はもう僕を呼ばない
銀河系にある死とはどこまで遠く大きいのか
アンドロメダが死ぬ時に 僕に死が訪れようとも
真っ赤な幕を下ろしているあの太陽が死ぬ時に 僕に死が訪れようとも 
世界が燃え尽きて灰になって死のうとも 無くなろうとも 
僕に死が訪れるのか 幾学的な確立なんだ 死なんて
死にかけたままの空は真っ赤で夕焼けで
僕はたまにそれを見て 睨み付けて涙を流すのさ


576 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/04 20:27 ID:VtoGy+YD
抱きしめた愛が壊れそうで苦しくて
教室の窓辺に映る君の横顔君のその瞳
真っ赤に鳴る 除夜の鐘

雪が降り積もる そこまではよかった
僕の想いは君に届いているのかぁ
背骨が張り裂けるくらいに君を想い
馬鹿らしいくらいに馬鹿に生きる

叫べばぁ叫んだだけ君がそこにいる
思えば思えば思えば僕は苦しくなっていくのさ

この素晴らしい世界にありがとうって告げたい
側には君がいて笑っていてくれる
クリスマスイブからもずっと僕は君を想い続けるのだろう…

577 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/04 21:02 ID:VtoGy+YD
神様が何を言おうとも 僕等は離れ離れじゃない 
他の連中が何を言おうとも 僕等が愛し合ってるのには変わりない
大丈夫 扉閉じると声は聞こえなくなるから 
お星様は殺される 赤ん坊にナイフで刺される
きっとこの世界中どこまでも僕等は通じ合える
携帯なんかいらない メールなんていらない
この世界中どこでも僕等は通じ合えるから

578 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 21:44 ID:cd7zKRSi
どこまでも遠く叶う夢がある
何所までがゴールなの 何所までが善なの
君と僕の恋はどこまでつづくのだろう
きっと永遠に どこまでも
きっと永遠に どこまでも続く恋心
君と僕はきっと永遠に ずっと ずっと 僕は 君を 愛すことが出来る

579 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 21:51 ID:cd7zKRSi
セックスが見えない
いったいいつセックスできるのかとか考えたり
童貞の僕は 大好きな君と 愛をいっしょにかみ締める時が来るって 信じてるのさ
心と裸とそして情熱が 僕等の愛執をもっと色鮮やかにするのさ
君と僕とそしてセックスが 僕等の愛をもっと華やかにするぅ…
君が他の男と話してるのを僕は聞きたくないから
耳を両手で塞ぎこむのさぁ…


580 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 21:56 ID:cd7zKRSi
もう僕は君の泣き顔なんか 絶対に見たくない
決して嬉し泣きでもぉ…絶対…
本当の気持ち持ってるなら それを胸に抱きしめ
愛しき人に両手で渡してあげればいい…恥じることはない…
きっと想いは伝わる…文化のように…永遠に…愛しき人に…
どうか どうか ずっと 笑って 僕を 見ていて ください 

581 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 22:06 ID:cd7zKRSi
デトロイトに咲く 真白タンポポ
人々に勇気を 愛を 授ける
こんな言い伝えが この花にはある
デトロイトに咲く真白タンポポ

温もりは錆びる事無く 人々に与えてくれた
この花はきっと希望なんだ
いつも独りぼっちで 咲いてた 
あの花は もう 二度と咲くことは無い

花は朽ち果て やがてデトロイトは灰になる
きっといつかは また花が咲くことを信じて
タンポポが人々に与えたものは
思った以上に あぁぁぁぁぁ…

あの花はいつか咲くことだろう
あの花はいつか必ず…
あの花は僕等に与えてくれた
真白いタンポポはいつか必ず いつか必ず きっと 咲くことだろう
信じてる 信じてる いつか必ず…

582 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 22:19 ID:cd7zKRSi
精子は何よりも小さく 誰よりも強く 
禁断のお話
卵子は誰よりも優しく 好きな人の匂いがするんだ
人間のお話
男と女の関係を持った二人が 
お互い 体で 愛を わかちあった 
真っ暗い 夜でも 二人の愛で 眩しかった
二人は 二人だけで 合体したんだ
今夜はコンドーム着けない
男から輩出された 希望の光 やがて 愛情を注ぐことになる
子供になるための精子達が泳ぐ 彼女の中を
彼女の中は真っ暗で温かかった まるでマンハッタンの夜景みたい
ただりつくのは一人だけ 強く たくましい 精子
やがて精子が卵子に近づくのさ
精子と卵子と彼と彼女は合体したんだ 合体したんだ
今夜は いつもより 彼女が いちだんと 優しく見える
男と女と精子と卵子の愛物語

583 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :03/11/05 22:20 ID:y8nuo/sA
いおなずん!!

584 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 22:24 ID:cd7zKRSi
1 2 3 6 7 8 !
朝まで続くのさ 
3 2 8 6 3 5 !
きっといつまでも続くのさ
2455556
2
45411551

55767433000445321145667

やがて やがて 終わりは きたる
不思議なくらい 静まり返る 不思議なくらい
もう みんな は ぁぁ … ぁぁぁぁぁ…

585 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 22:34 ID:cd7zKRSi
はぁ… はぁ… 息が続かないぃ…
俺はもう 死んじまうのかぁ
いつの日だろう 世界なんて早く終わって 俺ともども全て死ねばいいと思ってたぁ…
だけど人は死に際になるとどうしてこんなに変わるのかぁ…

俺はまだ 終わっちゃいけない 今  今 思ったのさ
俺はまだ 終わらせない 必ずや 行き続けてやる
遣り残したことが 走馬灯のように 頭の中を メリーゴーランド
涙が出る どうしてだろ 昨日まで 死ねばいいのにって思ってたはずなのに
どうしてだろう 涙が出る 後悔しっぱなし もっと早く気づけばよかった
もっと早く せめて あと一日でも早く気づいてれば 俺は 
こんな事になってないかもしれない 後悔しっぱなしだ…

どうにかして 生きれないものか そんなこと考える 余裕もなくなってきた
俺は今から 死にます よろしく
俺は死にます 今から よろしくな
後悔? しまくりだぁ
もっとはやく気づけばよかったなんて 人には
言わないでおくれ  俺は誰に 話してるんだ
あぁぁぁぁ…誰でもいい
叫びたい…息が続くまで…叫びたい…アァァァァァアアアアアア!!!!!

586 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 22:44 ID:cd7zKRSi
グリーン…グリィィィィン…グリーン…グリーン…
グリーン…グリィン…グリィン…グレムリン…
グリーン…グリーン…グリン…グリンッ…グリーン…
グリーンー…クリーン…グリーン…アァァ…グリーン…
green…グリーン…グリンッ…グリーン…ララララ…
グリーン…グリーン…グリーン…グリーン…
緑のグリーン…始まりのグリーン…
グリーンで始まり…グリーンで終わる
グリーン…グリーン…クリーン…ダーリン…ララララ…
グリーン…緑のこの世界で…僕等はきっと…グリーン…
グリーン…グレムリン…グリーン…グリンッ…ダーリン…きっと…グリーン…
GREEN…GREEN…グリーン…グリィィィィィン…アァァ…グーリン…
グリーン…君は…グリコーゲン…リンリンリン…電話が…鳴り止まない…リンリンリン…
グリーン…グリンッ…グリーン…グリーン…グリーン…ララララララララララララ…

587 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 22:52 ID:cd7zKRSi
素晴らしい日々 きっとどこかで君は生まれた
朝か夜かそんなのどうでもいい 君が生まれたことに変わりは無い
目とか瞳とか口とか顔とかそんなのじゃなくて
君がいるからそれだけでいいんだ…
テクニカルノックアウト きみに 恋してる
テクニカルノックアウト ララララララ
TKO TKO 恋のTKO
TOUSAN KASAN OSSAN
T      K     O
父さん 母さん   おっさん

恋のTKO
素晴らしいなこれは
恋のTKO
君にTKO
僕はTKO
あぁぁ…
 
恋       の       T          K              O

          

588 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 23:13 ID:cd7zKRSi
恋のTKO
TKO

テクニカルノックアウト  君に 恋してる


TKO  TKO  TKO   TKO

TANOSHIMIYA KOIHA OWATTESHIMATTA

楽しみや      恋は     終わってしまった




終わるはずが無い!!!!!!!!!
ララララララらアラララララララ

恋のTKO
TKO
恋のTKO
君は僕を君は僕を君は僕をTKO

589 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 23:21 ID:cd7zKRSi
色づき始めた 空に 願いを込める
熱くなり始めた 君の性器に 僕の願いを込める  ぶち込める
君の 性器から涙が出ている 今は 21世紀
滞りなく 広がる 無限の 大宇宙のようだ
冷めることも無く ただ 熱くなる 君の性器  今はぁぁぁ…21世紀…
ぶちまける 僕の 全てを 君の中に
ぶちまけろ 君の 全てを 僕の胸に
ただ わかって欲しいのは 一つだけ
君の 顔と体と性器と性格と髪と瞳とぉぉぉ…全て愛してるってことを…

590 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/05 23:36 ID:cd7zKRSi
あの娘の裸体はどうなっているのか
この世で一番不思議なことぉ…
きっといつか 僕があの娘の彼氏になったときまで
この不思議は続くのだろ 
ピラミッドの不思議よりも不可思議
天文学的な数字がきっと出るんだろう
あの娘の裸体 妄想したい
だけど やっぱり できやしない
あの娘の裸体 不思議な裸体 僕が求めている裸体
どうして 男の上半身全裸はちっとも恥ずかしくないのに
どうして 女の子の上半身全裸は何故か恥ずかしいのだろう
これも 第二の不思議なのかなぁ
僕の考える不思議って 何で全部 裸関係なんだろう…
これも 不思議 だ…
第三の不思議だ…解けないナゾ…だけどぉ…

ナゾは…解けないから…ナゾって言うんだな…

591 :名前はいらない:03/11/06 00:05 ID:9ylxtqqW
トムパン糞とかいう電波が汚物をまき散らしているスレはここですか

592 :名前はいらない:03/11/06 00:06 ID:9ylxtqqW
                  .ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    l8'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .と     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

593 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/06 00:15 ID:1b3klq8e
憧れのあの娘は今もどこかで輝いてる
黄昏る 僕はこの世界で 君のこと思い鬱になる
奇跡なんて起こらない 奇跡なんてあるはず無い
自分自身がよく知っている 僕はあの娘が好きだ

594 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/06 00:23 ID:1b3klq8e
冬の晩 窓を見ると 天使達が舞い降りている
12月の24日 クリスマスイブ 君を乗せてドライブ
来年もまたここで一緒に過ごせたらいいね
僕のプレゼントはそれでいい
雪が降る真白な星空の下で僕等は来年もまた会いたい 

595 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/06 00:25 ID:1b3klq8e
灯台下暗し 何で僕は 君に気づかなかったんだろう

596 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/06 00:31 ID:1b3klq8e
どこまでも青く滅びる牙城破壊
大きな世界で小さな僕等は
今 セックス している
僕等は恋の渦に巻き込まれてしまった
    恋の渦      というより        恋の蟻地獄
もう二度と元には戻れない
軽い呪いみたいなものさ

君はもう二度と処女には戻れない
君はもう二度と処女には戻れない
世界が変わる それでもいいのか
僕はもちろん 君を受け入れる
君はもう二度と処女には戻れない
もしも神様が戻れると言おうとも
君はもう二度と処女には    戻れない
今 僕等は セックスしている

597 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/06 00:38 ID:1b3klq8e
冬に僕等は花火をする
とびっきり綺麗なぁ…
真っ白いマシュマロゲレンデで花火をしたい
星空に負けないくらいの綺麗なァァァ…

アンドロメダで君に告白する夢見た
そのときも僕等の後ろでは子供達が花火していた

マイアミで見た 真っ青な海をいつか僕は
君に見せてあげたくて 今 花火している

雰囲気にのまれ 北風に吹かれて 君の髪はなびく
真白な風景で僕は君にキスした


598 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/06 00:43 ID:1b3klq8e
あの娘に会った
透明な僕の血は逆流

あの娘が去る
僕の瞳は無意識にあの娘を追う

あの娘が微笑む
胸の中にある気持ちが高鳴る

あの娘が泣く
何も出来ない

あの娘が無く
僕も無く

あの娘が死ぬ
そして灰になる



599 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/06 00:44 ID:1b3klq8e
深呼吸すると自分自身の中に潜む邪悪な魔物が出ていく気がする

600 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/06 00:52 ID:1b3klq8e
星になる 星になる
灰になり 星になる
一人一人は集まって

天の川になる…

約束したよね
二人とも星になったら 天の川 で待ち合わせようって…

僕は君のためなら何年でも何百年でも待っていられるから
僕が初めに星になって待ってるよ 天の川で…
ずっとずっと待ってる 途中で消えてしまうかもしれないけれど…

601 :名前はいらない:03/11/09 16:26 ID:PWn+IWiQ
           ∧_∧____   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ___  (´∀` ,) //| < [問題] このクソスレの>>1の正体は?
    <──<\⊂ へ ∩)//|||   \__________________
    \.  \,>'(_)i'''i~~,,,,/
──┐  ̄|| ̄(_) ̄~||~ ̄
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
━━< 問題:  このクソスレの>>1の正体は?                    >━━
    \_____________________________/
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
━━< A: 引きこもり(童貞)         B:ドキュソフリーター(童貞)       >━━
     \___________/  \_______________/
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
━━< C:中卒塗装工(童貞)        D:リアル厨房(童貞) 長期欠席中   >━━
    \___________/  \_______________/


602 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/09 18:53 ID:y1GeGRYu
全てが白くぶっ壊れたこの雪世界中
恋人達は寄り添っている
真っ暗闇に照らされてる僕達は
好きな人の事想いながらずっとずっと雪景色を見る
飽きる事無く 飽きるはずも無く …

603 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/09 18:56 ID:y1GeGRYu
時間を失った星空はずっとずっと輝く
時間を失った僕達はずっとずっと愛し合う
もろくも消えるオーロラは 笑顔で消えてなくなりました
三日月の夜 手袋をした黒猫は その笑顔を見て 眠りについた

604 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/09 19:00 ID:y1GeGRYu
もう一度見たい あの景色 
さらば 愛しき日々 僕は帰らない さらば 愛しき友
あの風に乗って君のいるとこまで行きたいよ

そんなに遠いはずはない
世界なんてどうせちっぽけだ
会えない分けない 
だから僕は泣いてるんだ
きっときっと会えるんだから
だから
泣いているんだ
決して寂しいから泣いてるんじゃない…決して…

605 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/09 19:06 ID:y1GeGRYu
続けあの光に 希望の光に 
きっとあの先には 君の宝物があるはずだ
気づけあの娘に 心から愛しているあの娘に
「どうせ俺」 じゃなく 「俺だからこそ」
自由だけが自由じゃない 

606 :我輩も猫でありンス:03/11/09 19:07 ID:1ynHNf7f
いつか見たあの青空を、君達に残してやれるだろうか・トオサンは・・

607 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/09 19:10 ID:y1GeGRYu
揺るがせ 大地を 海を 空を …
馬鹿な冬にありがとう 僕は君にありがとう

歪んできた きっとこうなるって思ってた
あぁぁ…二度と鎖から 解き放たれる日は来ない…
ゆっくり進む ムカツクほど ゆっくりな
この空間で
僕は
僕は
僕は僕は僕は僕は
どうでもいいこと考えて
どうでもいいこと思い出して
どうにでもなれと思った

608 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/09 20:50 ID:y1GeGRYu
時流れ背中に感じ 僕はただそこに立っている
世界が闇に隠れようとも 君だけはいつでも見つけられる
ホコリまみれの空 夕暮れはどす黒く
傷だらけの僕 それでもきっと歌うだろ

609 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/09 20:54 ID:y1GeGRYu
紫色に染まった この部屋は
君の香りがいつまでも…
早く染まりたい 君色に染まりたい
洗濯しても嵐にまきこまれようとも色褪せしないような…

胸は焦がれ いばらの下で僕等は 泣いている
この部屋からは君の香りが消えていかないように…

610 :.わむて ◆wamuteW7DE :03/11/09 20:56 ID:tkIPzDD2
   ____.       ____        _      _ _
  |___ | _   |__  |    __| |__  / / \\
   __/ /_/ / ..    / /    |__  __|  |  |   \\
  /┌┐      ̄/   /_  ̄\   __| |__   \ \__ ̄
  \└┘/ ̄/ / ̄   _  \  |  |__  __|    |__  \
    ̄ ̄  / /   /_ \_/ /     _| |_.         \ .\
         ̄    \\\  /    |┌┐._ \        /  /
              .\ ̄./.     |└┘|  \/     /_/
                 ̄        ̄ ̄          ̄

611 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/09 20:57 ID:y1GeGRYu
ひとりぼっちな貴方
黄昏てる貴方
夜空の下 いつも一人で 泣いているのを知っているんだ
けれど僕は知っている 誰よりもこのことを  

          

               『孤独な星のほうが綺麗ってこともある』               









 

612 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/09 21:11 ID:y1GeGRYu
あの真っ青な山をみなよ
STAND BY ME 青い 青い 真っ青な STAND BY ME
RA RA RA RA RA
ステンドバイミー…

613 :名前はいらない:03/11/09 23:22 ID:4emihJVk
詩のタイプがかわってきたね

614 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 19:25 ID:GyCYNchC
あの荒野を突き抜けろ 広く真っ赤な そして 若者達がいる
BOYS & GIRLS Don't worry ! Yeh song for you ...
適当に突っ立っててても何も変わりはしない 
ポケットの中にはビスケットと希望
胸は焦がれて 死ぬまで駆け抜ける
叫ぼう あの娘の 名前
誰も聞いちゃいないさ

615 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 19:29 ID:GyCYNchC
秋の光に起こされた その名は B・ジョニー
朝飯は昨日の残りのホットケーキ
冷めてまずいし レンジで温めようとしたその時
突然の停電 世界が真っ暗
蜂蜜の匂いだけがする 黒秋の朝
フッと窓をみると外まで真っ暗
街中大停電 Oh Fuck you !

616 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 19:32 ID:GyCYNchC
ガラララララ バララララ 彼女はバニラの匂いがほのかにするんだ
愛とか平和とかより 彼女の匂いは最高だ
寒い中 僕は 独りぼっちで ビデオを 返しに 街をでる
イチョウが落ちてて ますます秋色

617 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 19:39 ID:GyCYNchC
ファックユーメン This Human
アイラブユー  This Woman
噴水近くで君誰かを待ってる
今日は SUNY DAY
毎日がイラつく
そんな日は STADY DAY

席に座れば ケツに血走る 画鋲 かよ
Oh Fuck ! So Fuck ! 痛みをじっと堪えて
『また明日が来るから』 と 自分を押さえつける
そんな日は Fucking DAY





618 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 19:42 ID:GyCYNchC
彩られた鳥たちの声が聞こえる
鮮やかな虹の色彩 僕は永遠に君を愛す
ここはアメリカ 自由の国
女神は永遠に消えない希望の炎 と 今日までの歴史の書かれた本を持っている


619 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 19:47 ID:GyCYNchC
ン ンン ンンンン ン ンン ンンンンン
太陽は死んじまった 月曜の夜の僕等の街
ンンンンンンンン レッツ トゥギェザー
幸運にも ここではまだ あの歌が聞こえる
色褪せることの無い歌
受け継がれる 何代にも何代にも…
そしてまた新しく歌は生まれる
これほどまでに自然界に似た物も無いだろう

620 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 19:54 ID:GyCYNchC
The name of me who love you
The man who can see
Black you who hid in the sun
I etc. am surely eternal
It is God if you please
Please watch me etc


621 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 19:57 ID:GyCYNchC
ダッダダー ダッダダー ダッダダッ ダダダー
バナナにまつわる話しようと思ったけど
忘れちまった
君がこんなに可愛いから

622 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 20:10 ID:GyCYNchC
ヒーローなんていない
NO HEROES NO HEROES
いたら既に助けに来てくれてるはずだから
『心の中にいる?』 聞いちゃいねぇよそんなことぁ!

623 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 20:14 ID:GyCYNchC
君が泣いてる
誰のせいか 
僕は夢の中で夢を見た

624 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 22:44 ID:GyCYNchC
Believe to me ! Believe to me !
いつからか俺たちは飛べるようになった
さぁ夢見る世界へ行こう
手と手を取ってさ
自分を信じろ そうすれば 誰でも 飛べるんだ
信じれば 誰でも夢叶う

625 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 22:46 ID:GyCYNchC
愛こそ全て
LOVE IS HEART♡ LOVE IS YOU★ LOVE IS HEART♥
明日こそ希望
目で見て感じろ
遠くを見つめれば君がいる

626 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 22:50 ID:GyCYNchC
冬の蝉
いつまで生きるの?
いつまで鳴いてるの?
雪だるまの上に蝉
もし もし もし
返事が無い
もしもしもし
返事が無い

627 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 22:54 ID:GyCYNchC
あぁぁ…何もかもが死んでるみたいだ…
もちろん自分もだ…
悲しみや苦しみを乗り越えられなかったやつらはみんな死んで…消えて…灰になる…
駄目なのかもしれない…いや…駄目なんだ…
最後だけFUCK…一度だけFUCK…僕等だけのFUCK…一生で一度のFUCK…
あぁぁぁぁ…吐き出しそうだ…
こんな死んでる世界で…僕は死んでいる…Let' try Die…あぁぁ…
一度だけのFUCK…死に物狂いのFUCK…もうどうでもいいんだ…

628 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 22:57 ID:GyCYNchC
胸焦がれた川蝉の声
いつか幸運がきますようにと…流れ星にお願いしていた…
そのときは気づかなかった…
流れ星が目の前に流れてることほど幸運なことはないって…

629 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 23:05 ID:GyCYNchC
ダタタタタタ ダタタタタタタタタタタ
ダタータダタータダタータダタータ
ワワーワワーワワー人造人間ー
人造人間の性欲…
きっと俺等と同じか…それともそれ以上か…
アァァァァァァァァアァ…フーウーウー…フーウーウー…
人造人間に性器あるのかぁァァ…
だって意味ねぇじゃんんん…フーウーウー…アイラブユー…ウーウーウー…
The sexual desire of a robot…The sexual desire of a robot…フーウーウー…イェェェィ…
A robot is just the strongest ROBOT FUCK YOU !
ダタタタタタ ! ダララアララ…ァァァ…オォォォフー…サバババアラ…サバババラ…アララビュラララ…
アジェスト…ホールドオンミー…人造人間…チェチェチェチェ…ウオォーォォォォ…ウォォォ…

630 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 23:07 ID:GyCYNchC
Although everybody sees by the prejudiced eye
I am fortunate now
Since you are a gorilla how much
Such and others who goes away cannot be found

631 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 23:12 ID:GyCYNchC
バラバラに砕け散った希望
引っ切り無しに訪れる悪夢
もうどうにもならない
逃げたい 逃げたところで追いつかれちまう
こうして自殺志願者は増えていく
WELCOME HAPPY WORLD ! ようこそ幸せな世界へ!
HAPPY WORLDに逝くのはいいけれど
やり残した事は無いかい?
さよならの挨拶はしたかい?
好きな娘に別れの挨拶したかい?

632 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 23:14 ID:GyCYNchC
ROKENROLL ROKENROLL ROKKENNRRROOOOOLL!!!
SUTDY NITGHT SUTUDY NITGHT !!!!!!!!!!!!!!!!
よくもここまで愛せたものだ
君を自分をそして歌を ROCK を

633 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/10 23:54 ID:GyCYNchC
僕達は幸せになるため夜空を眺めて涙を流す
この涙は決して拭かない

634 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/11 20:02 ID:+xgigLf7
駆け抜けるあの青春を
FUCKIN YOUTH ! 滑り込みでセーフを狙え
緑の風が僕の体を切り裂く 夢や希望や現実が僕の心を強くする
Yeh ! FUCKIN YOUTH REMEMBER FUCKIN SHOCK !
Yeh ! MAKING YOUTH ! FUCKIN YOUTH !
ONE, TWO, THREE ! YOUTH IS YOU !
希望の炎を持って あの洞窟を突き進め 
逆流のナイフを持って イバラ道を突き進め
MY WAY IS YOUTH ! MY WAY MAKING OF ME !

635 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/11 20:05 ID:+xgigLf7
三日月の雫 レモンの雫 君の目から雫
果実のようだ 君の涙は 果実のようだ 甘い甘い甘い…
背中で感じることのできる愛 そして 愛 愛と愛
愛と愛があれば何もいらない
君の瞳から涙 愛と愛だけじゃ足りないのか
全てを知っていたはず 君の全てを
でも心の奥底から 君の事を僕は本当に知っていたのか
それとも知ろうとしなかったのか 
君の目から雫が零れ落ちる

636 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/11 20:12 ID:+xgigLf7
マフラーで隠れてる君の笑顔
オーバードライブの効いたギターの音色
なにかもどかしくて それでいて最高
欲情が一人歩き HORRY NIGHT
白ウサギ雪    damn... X-ma's fucking !
あぁぁぁぁぁ…何もかもが輝いて僕等を見守っていてくれる
Aaaahhhhh…全ては進化し続ける でも君だけはそのままで
AAhhhhhhh!!!!ahhhhhhhhhhhh!!!!!

637 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/11 20:18 ID:+xgigLf7
くだらない言葉より
飾り飾った言葉より
「好き」 この一言の方が皆欲しいはずなんだ
誰だって人から愛されたいと思う
           『愛されるより愛したい』
愛したいって思ってる人間だって愛されたいのさ
きっときっと ずっとずっと

638 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/11 20:23 ID:+xgigLf7
龍の背に乗って僕等はどこまでもこの広大な青い空を泳ぎます
この愛と希望と僕等を背負った龍と共に
下を覗くと ぐっ っと吸い込まれそうになる
下を覗くと 僕等の街だ 幸せの街 そんな街の上を僕等は泳ぎます
この愛と希望と僕等を背負った龍と共に
後ろを振り返ると あの娘が笑ってる
後ろを振り返ると 雲が遠くへ離れてる あの娘が笑ってる 
あの茜色の夕日まであと少しだ

639 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/11 21:03 ID:+xgigLf7
チェンジェーズ チェンジェーズ
アァァァァァァ!!!!
アイアム チェンジェーズ!
エイトフォー アイゴーイング チェンジェーズ アイゴーイング チェンジェーズ

640 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/12 23:10 ID:bL70pfkq
雨に打たれようとも 風に吹かれようとも
空っぽのこの世界で僕は歌いまくるさクソッタレ
パンクロック!ゴォウ!
君の肉声が僕の心に突き刺さる 
降り積もる雪は 僕の心を真白にする
パンクロック!ゴォウ!
アァァアアアアアアアア…!!!!

641 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/12 23:12 ID:bL70pfkq
光抱いて I HAVE A HOPE
この世の中でぶっ殺してくれ この世の中でぶっ殺してくれ
腐食していく日本 腐食していく僕のナイフ
未来さえ切り開けないほど腐食した

642 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/12 23:16 ID:bL70pfkq
この地球のどこかで誰かが笑って死んでいる
行方知らずの魂は 星巡り 宇宙を漂う
どす黒の魂が 俺の魂で あぁ…綺麗な星だ
瞳を閉じると…気づいた…僕はもう死んでいる…
手のひらで遠いあの娘に手を振って
いつまでも忘れないように脳裏に焼き付けた

643 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/12 23:21 ID:bL70pfkq
いつまで待っても青春は帰ってこない
できることなら 何所へも行かずこのままで 
君の後姿を見ていたい
でも 青春は いつかは無くなり 永遠の炎の中に燃えて消えて無くなってしまう
キスもセックスもあの娘を抱きしめてもいない
できることなら青春よもう一度

644 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/12 23:24 ID:bL70pfkq
ごらんよ満月だ 
天の川に指輪を落とした貴方
流れ流れて何所へ行くのか…
僕等はずっと流れ流れて…
きっときっとどこまでも…果てなく続く…星空のアマゾン川

645 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/12 23:27 ID:bL70pfkq
もう泣かないって決めたのに
いつまでたっても僕は泣いている
泣き虫なんていやなのに
僕は泣いている シクシクシクって具合に
涙を溜めて 流すまでの間僕はずっと考える
涙を溜めてる間 僕は君の事を考える
君の事を僕は君の事を考えてる
そしてまた涙は流れ落ち シクシク泣く僕を温かく包んでくれる君
僕は君の事を涙流しながら考えるのでした

646 :名前はいらない:03/11/13 03:19 ID:hwPeFiWm
>>610
物質のわむて?

647 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 18:16 ID:CN5dxDNv
君の瞳に僕は殺され
果てしない地獄を彷徨う
外は雨雲で覆われて
果てしない光さえ届かない

どうか 君が僕に言ってくれた
言葉 ずっと忘れない

648 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 18:18 ID:CN5dxDNv
ポリエステルで 包まれた恋
すぐさま 燃える 燃ゆる
水をかければ 焼け石に水
恋心は加速し続ける
僕の恋心は すぐには冷めない

永遠か....永遠.....永遠か......

649 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 18:22 ID:CN5dxDNv
透明な指先には赤スギル血が流れた
この街には 虹が無い 人々の 希望さえも無い
あの朝よ もう一度… あの朝は もう二度と…
干乾びた この世界 水をあげよう
元には戻らないけど…… あの 朝よ もう一度…

650 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :03/11/13 18:23 ID:M909CdYT
よくもまあこんなにアイデアが続くもんだな・・・・・・まるでマシンガンだね。

651 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 18:23 ID:CN5dxDNv
make after the world
make The my HOPE
Don't cry for you This is Blue Bird ! Fuck You !
Only two ......Taking YOU & I !

652 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 18:30 ID:CN5dxDNv
ライジング サン ァァァァァァアァァァァァあああああああああああああ…
あぁぁ…あぁ…あァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアッ!
孤独と情熱と…アアァァァァァあああああアアアアアアアアアア!!!!!!あああぁぁぁぁ!!!
あ・あ・あ・あ・あぁぁぁ…
ラ・ラ・ラ・ラ・ラァァァァァァァアァアアアアア…!
もう 駄目だ 駄目なんだ…ヤル気が出ない…!
こんな 死んだ クソッタレな 世界で 叫ぶ 叫びまくるんだァァァァァアアアアア!!!!!
あ・ア・アアアアアアアアアアアアアアアアああああああぁぁうああああ!!!
ガララララララアアア!!!!
ララララララララライジングサン!!! もう一度 僕の前に
ラララララライジングサンッ!!!!  ファックユー! ファックMeeeeeeeeeeeee!!!!!
うぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああ!!!!
ダアアアアアアアアアアアアアアア!!!
アアアア・アアアアアアアアアア
ああーああーああああぁ…
ぶぁぁぁぁぁあぁぁぁーガーァァゥゥァァァァァ!!!!!

653 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 18:36 ID:CN5dxDNv
無情な時計の針は限りなく進む
止まってはくれない 死ぬまであとどれ位か…
時々考えてしまう自分がいて それでいて あぁぁ…
本当に死にそうと思う事がある
そんなときは緑色の森を見つめて 途方に暮れる
翼を持ってる鳥たちは群れで森から飛び立つ
群れの後ろに乗り遅れた小鳥がいる
あれが自分なんだと考えたりもする

僕という存在が消えてなくなるその日も
錆び付いた時計の針は限りなく進む

654 :  :03/11/13 18:40 ID:cHtNGy9g
つーか大半は他サイトから持ってきてアレンジしたパクリだろ アヒャヒャヒャヒャ

655 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 18:44 ID:CN5dxDNv
へべれけに落ちていく 僕の上から下へ落ちていく
雨粒か白雪か原爆か株価か世界か君か…
何もかもが僕に背を向け落ちていく
垂直落下 加速していく 男女が…老若男女が落ちていく まるでスコール 人間スコール
何も無い世界 何も無い世界まで落ちていく
世界までが僕を残して落ちていく
落ちる…落ちた先は…落ちた先はまた落ちるのであろう…
落ちて落ちて落ちたこの世 この世まで落ちるこの世
矛盾した世界 矛盾まで落ちていく
銀河まで僕を残して落ちていく…
何もかもが無くなって 僕だけになったと思ったら
『何もかもが無くなった』が落ちていく…

656 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 18:51 ID:CN5dxDNv
早漏を直すには 我慢か 気合か 女のテクか
Fuck SOULOW ! FUCK soulow !
セックスしても早漏だから なぜか終わったあと謝っちまう
オナニーで我慢しまくるって練習なら 相当した
薬も飲んだ 英語ではドラッグか そんなこたぁどうでもいい

いままで希望なんて持ってなかった だから生活も腐ってた 腐り果ててた…
でも今は 『脱早漏』 って希望を持っている
僕が唯一『早漏』に感謝したいことだ

657 :名前はいらない:03/11/13 19:04 ID:djU0prLq
http://www6.ocn.ne.jp/~pebble/midi/faraway.mid

658 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 19:21 ID:CN5dxDNv
窓の中の僕は 淡い日差しに当たり微笑む
温かな夕暮れ下で おかしな君との思い出を…
駆らんな君は 優しい季節を呼ぶ
水玉模様のグラスに季節が溶ける

659 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 19:24 ID:CN5dxDNv
言葉が出ない 
愛しい人の前では
こんなに近づいているのに…あぁ…
風に乗って 踊る髪
初めての香りが僕の心を空っぽにする


660 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 19:28 ID:CN5dxDNv
僕等の恋は のぞみ200系
線路に乗れば止まる事は無く進む
僕等の恋は 進行形
今も同じ空見て話してる

こんな素晴らしい日々が 僕なんかにあっていいのか
きっといいのだろう 神様がくれた 一生に一度の僕へのプレゼントなんだから


661 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 19:29 ID:CN5dxDNv
想像はかすかに
外れたみたいだけど
まぁたいしたことはないさ

662 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 19:39 ID:CN5dxDNv
アイソビリーブゴファインディサイセィミアゲイン
ストップタイムアウナウ
ハウメニデイズ
ハウメニタイムズ
スィゼィゴウアウトゼッツゴーナウェーイ
イッツスットプゴットハゥナウェーイ
イッツスットプゴットハゥナウェーイ


663 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 19:43 ID:CN5dxDNv
晴天の空から punk rock が聞こえる
PUNK ROCK SHOW TIME ! PUNK ROCK SHOW TIME !
肉の塊が世界を破壊に導く
PUNK ROCK SONG 1, 2. 3 GO !
鼻血が逆さまに流れ 晴天へ
真っ赤な空は僕等の空
真っ赤なほっぺは僕のもの

664 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 19:47 ID:CN5dxDNv
速過ぎる 石飛礫 避けれるはずも無く 顔面にぶち当たる
暗いだろ 寒いだろ 焚き火をして 小さなキャンプファイヤー 
皆で囲め 炎を 希望を 日本を 囲め
プリティーな君は 僕と一緒に キャンプファイヤーを抜け出し
秘密の場所で 皆の知らないその場所で 星空の下でキスをする

665 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 19:48 ID:CN5dxDNv
昨日と同じ飯  流石に飽きるに決まってる
昨日と同じ風景 前までは大好きだったけど…
昨日と同じ貴方 いつまでたっても僕は好き 抱きしめたい 欲言えばセックスしたい

666 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 19:56 ID:CN5dxDNv
遅すぎる初体験
愛のあるセックスしたいとか童貞の時ほざいてたら
そりゃぁ遅くなるに決まってる
I & Doutei The too late first sexual intercourse
SEX with LOVE....? trivial !!!!!!!

667 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 19:59 ID:CN5dxDNv
あぁ…泣かないで泣かないで…夕暮れ時の貴方
世界が暗くなるのは太陽のせいじゃない…全て僕のせいなんだから

668 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:05 ID:CN5dxDNv
ララララホリデイズ
ララララホリディズ
君の奥の方にはカーテンが閉まってる ここ何年間か開けてないみたい
真っ黒いカーテンだ 君は今 何を思いながら…あぁ…
そっとカーテンを開けようとすると 鋭い爪が現れる
ずっとカーテンを開けないままでいる君 真黒だ真黒 暗黒 銀河の大宇宙 
星めぐりのカーテンに変えてあげようとしたら 悲しい涙が零れる 君の瞳から…
僕は一生君の側にいるよ どす黒いこのカーテンを君が永遠に開ける日が来るまで

669 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:08 ID:CN5dxDNv
テンションを上げよう
見てみろ みんな しょけてらぁ 雨雲も寄せ付けない晴天日にするために
みんな歌う 湿気てる毎日をカラッカラにするために
時には悲しい曲を歌いたい時だってある
それでテンションを低くする どうせ低くするんなら 極限まで低くなれ
そしたら 間違いなく 次こそテンション最高潮だから

670 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:12 ID:CN5dxDNv
僕の心は BLUE-BULE-BLUE そして 黒
可愛らしい君さえ見えないよ
暗すぎるから 希望の光さえ見えない
炎天下の空の下でも 寒気がする
目を閉じて 腐って

671 :名前はいらない:03/11/13 20:18 ID:xwnkjQcc
age

672 :名前はいらない:03/11/13 20:19 ID:TjJ6kZs0
まちがえた

673 :名前はいらない:03/11/13 20:21 ID:TjJ6kZs0
オナニー

674 :名前はいらない:03/11/13 20:21 ID:TjJ6kZs0

ついでに

675 :ついでに:03/11/13 20:23 ID:abAXwcFl
オマンコ(爆笑

676 :ついでに:03/11/13 20:24 ID:abAXwcFl

クンニ(爆笑

677 :名前はいらない:03/11/13 20:28 ID:QtUsW5jL
なんなんだかなぁ(w

678 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:28 ID:CN5dxDNv
汽笛が鳴る 死んだ魂たちは駆け込む
銀河行きの銀河鉄道 終点:天の川
みんなに別れを告げて星になる

679 :名前はいらない:03/11/13 20:29 ID:QtUsW5jL
なんでもないだよな(w

680 :名前はいらない:03/11/13 20:32 ID:Z0ri388w
荒らし??

681 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:32 ID:CN5dxDNv
不思議だ 僕は君を愛している
それは不思議でも何でもないんだ

僕は君に出会ってそして君を愛している
この偶然 確立にすると幾学的な数値が出るはずだ
未確認飛行物体とかそんなものよりも
      『僕が君に出会ってそして君を愛する』
よっぽど不思議なんじゃないか

682 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:34 ID:CN5dxDNv
人生楽しくない あんまり
神様 僕の質問聞いてくれはしないか
僕はいつ性体験できるのか
セックスできるのか 童貞紛失できるのか
まだ見ぬ未来に朝日は昇る

683 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:37 ID:CN5dxDNv
どこかで僕等はまた出会う
それまで互いを支え合おう

また出合ったら 夜まで話そう
今日までの出来事を語り明かそう

いつかかならず出会えるから
涙を流す必要なんて無さスギル


684 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:44 ID:CN5dxDNv
Wake up ! It has a large dream .......
It is 『 man 』 useless also in whom
Voice of the boy who can be heard from a distance......
I pay no attention
completely AN EVIL SPIRIT like

685 :名前はいらない:03/11/13 20:46 ID:LoVBbKSd
>>680 いいえ。
いかいかだか、都立だか、クロラだかさんが
興奮しているだけのようです。
ひさしぶりに粘着に叩かれたようなので・・。


686 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:49 ID:CN5dxDNv
愛さえあれば何もいらない
くだらねぇ 吐いちまいてぇ…
愛と平和 LOVE & PEACE
It's trivial ! I want to breathe out !!

愛とか平和とかよりも
今すぐ君だけが欲しい
I want you Love and peace something

687 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:52 ID:CN5dxDNv
LUCKY 777
始まる 死のスロット デスゲーム
LOVE 696
始まる 性のスロット 69ゲーム

FUCK YOU ! ANDERSTAND ?


688 :名前はいらない:03/11/13 20:53 ID:54MiZMLf
>>680
イカイカのage荒らしやめたようだよ。もう飽きたらしい。(笑

689 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 20:55 ID:CN5dxDNv
ラララララララ 抱きしめておくれ
僕の心に『棘』刺さる 張り裂けそうに痛い 激痛 あぁ…死ぬのか…
この『棘』を『恋』に変えることのできるのは貴方だけ
心に刺さった『棘』が『恋』に変われば 『恋心』

690 :名前はいらない:03/11/13 20:58 ID:cQGY/jcv

     ヽ       j   .す
  う    ゙,      l.    ご
  ざ    !      ',     く
  い    ',        ',    :
  で    ト-、,,_    l
  す    !   `ヽ、 ヽ、    _
   :    /      ヽ、`゙γ'´
      /         \
      !   ト,       ヽ
ヽ__  ___ノ ,!   | | ト,       ゙、
  レ'゙ ,イ ./|!  .リ | リ ! .|! | ト|ト}
 ,イ ,/ ./〃/ / | / .リ/ //イ|.リ
// //ノノ  //゙ ノ'////|.リ/
´彡'゙,∠-‐一彡〃 ト.、,,,,,,,,,,,レ゙
二ニ-‐'''"´      /`二、゙゙7
,,ァ''7;伝 `        {.7ぎ゙`7゙
  ゞ‐゙''  ,. ,. ,.  l`'''゙" ,'
  〃〃"      !   |
              !  l
 !       (....、 ,ノ  !
 j        `'゙´  ,'
     ー--===ァ   /
      _ _   ./
\     ` ̄   ,/
  ` .、       /
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、
    `゙三厂´


691 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 23:11 ID:CN5dxDNv
僕はピエロ サーカス団の一員
皆に怖がられても いつも笑顔で ニコニコ笑顔で…
でもピエロにだって泣きたいときだってある
狭いこの部屋の隅でたたずむ僕がいた
明るい部屋の中で暗いところといったらココしかなかったから

692 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 23:16 ID:CN5dxDNv
This country Love is .....
アァァ…Yeh.....SAY FOR YOU 赤カラスだらけの湖で
天使達が水浴びしてる まるで地獄で見た天国の絵
彩られた虹だらけのこの湖で 色鮮やかな鳥たちが羽ばたく
LOVE IS ♥ YOU is I

693 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 23:21 ID:CN5dxDNv
高層ビルばかりの僕等の街に
貴方が舞い降りてきたなら 
きっとテロ以上にでっかいことが起こるはず

僕にそっと貴方が寄り添ってきてくれたなら
きっとゲロ以上に臭い言葉(セリフ)を言い放つ

貴方は危険な物 取り扱いには充分気をつけないといけない

694 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/13 23:29 ID:CN5dxDNv
Uhhh....Uhhh.....Ahhh.....Uh.....いつか.....必ず.....
Uhhh.....I am Hero ....いつか必ず君をその檻籠から助け出してみせる
Uhhh.....I am Hero ....いつか You say thanks !
Uhhh.....I am Hero ....いつかNew story making for you 君のために

何所からかジングル・ベルが聞こえる 
いつか聞かせたいこのメロディ....You say thanks !
Rarara .....you Don't cry....you Don't cry cry cry cry cry.....uhhh....
Uhhh.....I am Hero ....いつかNEW STORY MAKING FOR YOU KIMIのために

695 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 12:20 ID:wiPcvspZ
純情 君の笑顔で 僕は雪解け 春満開になる…
光が可愛らしい君の 君の顔に 溶けていく
緑の中のロンリネス 感じすぎて 涙が出る

696 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 12:22 ID:wiPcvspZ
水色 オーロラ 宇宙に台風の目 
黒い大穴 白い大穴
何も聞こえない 真空の時
宇宙で砂嵐 貴方と愛し合う
天からの贈り物 貴方という存在

697 :名前はいらない:03/11/14 12:23 ID:Ztn5Kia7
流 行 り の 歌 の 聞 き す ぎ は 死 ね 。

698 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 12:27 ID:wiPcvspZ
駄目なんだ 死からは逃れることはできない
皆 いつかは死んで 星になる いつかは消えて 無くなる 
そして 星空の一員となって 合唱 ラララ
星空の合唱団は歌う 未来を託した若者達に

699 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 12:33 ID:wiPcvspZ
君の心臓の音 低い重低音 大地を揺るがす 君の生きてる証
セックスする僕等の下で 悪魔が微笑む
何所まで続くか 何時まで続くか 愛のイトナミ 君の生きてる証
大好きなのさ 君が 僕は あぁ…

クソッタレは 吐き出しちまえぇ クソッタレナ僕はクソッタレを吐く
死ぬまで 生きていられるだろうか 何所まで続くのか

700 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 12:38 ID:wiPcvspZ
Fuck you men Fuck YOU & ME サクラ サク 桜 チル
心地よい風が 僕等の青春の炎を … あぁ…桜咲く…
僕の体は君とニコチンでできている 煙大好きな僕
桜よりも煙よりも もっともっと 君が好き

701 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 12:45 ID:wiPcvspZ
健気な君はどうか 僕の側まで近づいておくれ
神様 一度だけの 願い
僕とあの娘を赤い糸で繋いでおくれ
一生ほどけない様に 二人で一緒に赤い糸結ぼうね
張り裂けそうな僕の想い どうか どこかに ぶちまけたい

702 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 12:54 ID:wiPcvspZ
Ai end Point ! Listen to my Voice ...Listen to my Heart ....
A cry can be heard from the bottom of its heart
It can do, if it does ! It is not only going to do all....
It can fly in the sky ! Freedom can be held

703 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 12:57 ID:wiPcvspZ
The fellow who wants to die needs to look at dark red empty
Since there is a fellow who is looking at same sky by the same thought
Courage should come out I should not wish to die !
Is there any person who was together and who can say and consider?

704 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:00 ID:wiPcvspZ
ここからなんだ 人生なんて 今始まったようなもんだ
若者達よ 大志を抱け クソッタレッ! 自分を切りつけるナイフなんて捨てちまえ
やってみなきゃ 何も わからない そんなこんな 真赤な血だけが横切るこんな世界に誰がした!

705 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:04 ID:wiPcvspZ
残酷な天使達が言った

「君は 素晴らしい だから もう いいんだよ 無理しないで」

ねぇ…どうして…

706 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:09 ID:wiPcvspZ
あぁぁぁぁぁ…俺の幸せは誰のものでもない
ただこうやって ただこうやって 世界が変わりゆくのを見ているだけ
イヤホン耳にあてて 好きな音楽を聴いてるだけ
綺麗な星空が満開なのに 瞼閉じたり
雑誌開いてオナニーしたり
あの娘のことをずっと考えていたり…


707 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:18 ID:wiPcvspZ
自分自身に自信がみなぎるのを感じ
埃まみれの空 それでも僕は笑うだろう

708 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:21 ID:wiPcvspZ
Oh REAVEN BLACK BIRD RARARA GARARARARA
TAKING HOME FUCKIN WORLD 行方知らずの奴等
CONTRY ROAD TAKING HOME THE CONTRY ROAD

709 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:30 ID:wiPcvspZ
涙流す雲行きが怪しい
今夜は雨か 涙か 曇りか 明かりか
天から地へと 眩い光が 草木は天に向かって育つ
Stand By Me ....雨雲から北風吹けば雪雲…
Stand By Me ....Fuckin Stand By Me

710 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:33 ID:wiPcvspZ
天が舞い降りて 鳥たちは 何処へ
海が膨張して 魚達は 何処へ
僕が変わり始めて 君は何処へ

711 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:41 ID:wiPcvspZ
君は僕の脳を鳴らす
混沌した世界は いつかは消えてなくなる
夜空を駆ける流れ星を 永遠に願いが叶えれるようにと シャッターを押す

712 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:49 ID:wiPcvspZ
ぶっ殺せ この世をぉ 自分自身に住み着いている魔物をぉ…
あぁぁぁ…殺さない限り…この時代に未来はやってこないんだぁ…
逆に殺されようともぉ…逆に食い殺されようともぉ…
未来がやってこないんなら…死んでいるのと同じだ…そうだろ…

713 :名前はいらない:03/11/14 13:49 ID:Ztn5Kia7
>天から地へと 眩い光が
>夜空を駆ける流れ星を

完全なる歌詞中毒ですな

714 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:53 ID:wiPcvspZ
虚しくても…独りぼっちでも…どこかにあの娘がいるから…
あぁ…僕は生きている…
手の平には 腐った血 と 干乾びた涙
孤独も案外楽しいもんだ でもやっぱり寂しさからは耐えられないけれど

715 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:55 ID:wiPcvspZ
緑色のコンクリートに真赤な薔薇
いつか踏まれる いつかは枯れる
いつまで 真赤でいられるか
見届けてやりたい
もしも空からトマホークミサルイ落ちてこようとも
大丈夫 受け止めて見せるさ 体中で

716 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:57 ID:wiPcvspZ
銀色に染まる僕等の街は
まるで北極世界 氷山一角
透明な雪の結晶 世界はたちまち幸せ色

717 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 13:59 ID:wiPcvspZ
雪降る今夜
君を迎えにゆくよ

718 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:04 ID:wiPcvspZ
1990年のことか…僕は君に恋をした…
胸は時めいていた…青い光に照らされたビー玉よりもずっと時めいていた…
時には胸が苦しい時もあった…まるでイバラが体中に撒きついたように…

ホワイトメリークリスマス…アレから何年が過ぎただろう…今年の冬に僕は君に…
前からずっと言おうって思ってた…
今まで有り難う…そしてホワイトメリークリスマス…

719 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:06 ID:wiPcvspZ
幸せを噛み締め…幸せを噛み締め…
死んでいく僕は 幸せを噛み締め…噛み締め…
血が出るほど……幸せを噛み締め…

720 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:08 ID:wiPcvspZ
僕等のBABY
僕と君がハーフ&ハーフ
まるでPIZZAのよう…

721 :名前はいらない:03/11/14 14:11 ID:zBIMRaty
さっきから見てみリャくだらねぇ作品ばかりじゃネーかUZEEEEEEEEEEEEEE

722 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:13 ID:wiPcvspZ
紅葉の季節に西瓜を貪り食う子供達…
君へ3月に「誕生日おめでとう」って言ってしまった俺…
クリスマスに年賀状送るじぃちゃん…
夏が過ぎたら春が来る…冬が過ぎれば秋が来る…

季節なんて…ただの線路でしかない…
毎年毎年…いつもいつも…同じ線路を通り…同じ駅を同じ順番で停車する『季節』
時には脱線してみるのもありかもな…でも誕生日間違えるのはあやまるよ

723 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:14 ID:wiPcvspZ
紅葉の季節に西瓜を貪り食う子供達…
君へ3月に「誕生日おめでとう」って言ってしまった俺…
クリスマスに年賀状送るじぃちゃん…
夏が過ぎたら春が来る…冬が過ぎれば秋が来る…

季節なんて…ただの線路でしかない…
毎年毎年…いつもいつも…同じ線路を通り…同じ駅を同じ順番で停車する『季節』
時には脱線してみるのもありかもな…でも誕生日間違えたのは謝るよ…


724 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:16 ID:wiPcvspZ
声高らかに歌えよ馬鹿ども
馬鹿なら馬鹿のままで馬鹿らしく歌え
馬鹿を誇りに馬鹿みたいにでかい声で歌え

725 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:18 ID:wiPcvspZ
こんなに素晴らしい日々が 在ろうとは…
知らな過ぎたようだ…まだまだ青二才…
腐った日々や臭い日々ばかり過ごしてきた俺は…
素晴らしい日々が在ったなんて…本当に素晴らしいことだ…

726 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:23 ID:wiPcvspZ
生と死か…精子なんて…生と死しかない…
生き残るか生き残らないか…BABYになって…彼女のホワイトホールから頭を出すのか…
精子なんて…生と死しかないんだ…
だからこそ精子は儚く強い生き物…そんな精子から生まれた僕は…弱く醜い生き物なのか…

727 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:28 ID:wiPcvspZ
別の自分が居る ドッペルゲンガーって訳じゃなく…
自分の中に自分がいる…まったく別の自分自身が…
自分の中に居る自分はタイミング悪く出現する
自分の中に居る自分は時にはもう一人の自分…今は俺だ…時には俺の悩みを聞いてくれる…
なんでも話せる良き友であると同時に…タイミングの悪い悪魔…そして自分自身である

728 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:35 ID:wiPcvspZ
ワーワーワーワールドォーオンマイファックミー
『そして君にチェックメイト』 相変わらず クセーンダヨ ゲロが出る
『君の瞳に乾杯』 瞳に保険かける神経どうかしてるぜ fuck you
『Love & Peace』 愛と平和ってかぁ…一生言ってろよ fuck here !
全てが馬鹿らしい どうでもいい さらには醜くも見える
グラスに水を入れて 花を刺す ブスッっと

729 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:40 ID:wiPcvspZ
頭上には可笑しなメリーゴーラウンド
首がない馬 足のない馬 焼け焦げた馬
ゾッと体に流れる 血の気のない寒気
遠くから赤ん坊の泣き声
周りからは からくり人形 がナイフを持って僕に近づいてくる
ここは夢か地獄か現実か…
どこかに穴はないだろうか
潜りたい 凄まじく 潜りたい 逃げ出したい 

730 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:44 ID:wiPcvspZ
俺らの未来 映し出す未来 スピーカから鳴り響く 軽快な超高音
皆が経験したことある 晴天日での朝礼 fuck you ! 隣の奴倒れちまったじゃねーか!
貧血気味の奴は…あぁぁぁ…ラララ…

731 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/14 14:49 ID:wiPcvspZ
もちろんだけど君が好き
凄まじく愛している 凄まじく抱きしめてやる
もちろんだけど君が好き
君の全てを知っている フランスパンが大好物ってことも
もちろんだけど君が好きさ
遥か彼方まできっと…
もちろんだけど君が好きさ
愛してるよ…


732 :名前はいらない:03/11/14 22:04 ID:ikcffnDK
何も知らない 僕はいつか 眠り続けるから
誰も届かない 夢の中で 溺れて
君のそばへ 沈んで・・・

733 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/15 00:19 ID:UBZfxUe7
クリスマスツリー 雪積もり ホワイトツリー
まるで 紋白蝶 君は まるで 天使のよう
外は寒いけど 君が居るから 君の温もりが僕を…Uhhh

734 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/16 16:45 ID:MxWlcDjB
逆流する太陽光 僕等はぁ…魂だ…
機械が人間を利用する時代に 誰がしたぁ…あぁ…
この…灰色に染め上げられた…世界に誰が生きるというのかぁ…
いつも追われ…自分の時間が持てないお前に…誰がした…

735 :名前はいらない:03/11/16 18:05 ID:G8E6NAxn
詩で誘惑しようと思うならもっとマシなの書けよ。

736 :名前はいらない:03/11/16 19:28 ID:vlkYcpXl
いやいや このスレを見ると
元気が出るぞ
「これよりはマシだな」って

737 :名前はいらない:03/11/16 19:33 ID:fJ9DQvG0
>>736
禿同

738 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/16 20:53 ID:MxWlcDjB
まだ見ぬ世界に 何があるのか
君は見た 素晴らしい世界を
僕は見た 銀世界 鋼色を

739 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/16 20:55 ID:MxWlcDjB
ぶっ壊れた道に 花を咲かせよう
哀れな心に 花を咲かせよう
咲かせる役は君 僕は君を包む役

740 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/16 20:55 ID:MxWlcDjB
あぁぁ…時間が止まる
あぁぁ…雨が止む
あぁぁ…fuck fuck fuck

741 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/16 21:00 ID:MxWlcDjB
a gain ! rarara will be going !
いつからmy soul happy !
君のyour vice ! bye bye bye そこから始まる good bye !

742 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/16 21:02 ID:MxWlcDjB
砂浜で始まったカーニバル
カモメとヤドカリの合唱団がオープニングを飾る
始まって早々いきなりの雨
天気予報では晴天だったのに…
しぶしぶ明日に変更の砂浜カーニバル

743 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/16 21:04 ID:MxWlcDjB
校舎裏で 先輩に呼び出され
金を巻き上げられて ボコボコに殴られまくられ
傷だらけの俺 fuckin school everyday .....

744 :名前はいらない:03/11/16 21:15 ID:CVOTgTvY
ちったー推敲して書けよなー

745 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/16 21:27 ID:MxWlcDjB
真っ暗闇で一人たたずむ
黄昏ることもできない
What is LOVE ? 愛を感じたことがない

走り出す 骨人形
君は白くて美しい
走り出す 骨人形
真白いその体は他にはない何かがある
走り出す 骨人形 
MOST MOST MOST LOVE

金色にはなれない
皆には怖がられる
What is LOVE ? 愛を感じたことがない

走り出す 骨人形
君は白くて美しい
走り出す 骨人形
もう止まらない 止まれば愛は…
走り出す 骨人形
愛を探しに 走る白い勇者

746 :名前はいらない:03/11/16 21:30 ID:aVIj60cw
蝉時雨
北の尋ねの
新芽かな

747 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/16 22:04 ID:MxWlcDjB
終わり無き 恋の炎
君が変われば 世界も変わる
君をずっと 胸の中に
仕舞い込んで しまわぬ様に

真夜中に商店街を歩けば
君がいて 僕は手を振る
必ず君をいつか幸せにするから
どうかどうか 僕と一緒に居て下さい


748 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/16 22:14 ID:MxWlcDjB
MAKE ME MAKE YOU
周りが僕等を煽ろうともぉ
MAKE LOVE MAKE A HAPPY
幸せなんだから関係ない

空から落ちてきた君 少しだけ泣いていた
僕が受け止めようとすると 君は少し笑顔になった

MAKE ME MAKE YOU
さらば愛しき人よぉ
HELLO...... GOOD BYE !
どうか幸せであれ....

空から落ちてきた君 少しだけ光ってた
僕が受け止めようとすると 君はぁ星になった

夢の中で僕等はずっと 愛し合って 笑いあって
手と手を繋ぎいつまでも 星が浮かんだ黒い海を見上げるのさ

749 :名前はいらない:03/11/17 15:28 ID:vGEmDIzX
空に星が瞬く夜 カーテンの
隙間から 火星をじっと眺めた
何億光年前に誕生したのだろう
君に寄り添いながら
そっと肩を抱いてみた
切ないからそっと唇を重ねてみた

750 :名前はいらない:03/11/17 15:32 ID:vGEmDIzX
唇から伝わってくる君の体温は冷たくて
僕の心で暖めてみる
君はかすかに笑いながら レンジでチンよ
などと冗談ぽく言うけれど
君の涙の行方を追ってみる

751 :名前はいらない:03/11/17 16:15 ID:vGEmDIzX
べぎらこん、私を陥れての結果がフリーターかよ( ´,_ゝ`)

752 :名前はいらない:03/11/17 16:23 ID:vGEmDIzX
僕等は同じ時代に生まれた
時代はほんのちょっぴり窮屈で
はみだしてゆく若者で群れていた
僕は窮屈だからと君を壊したりしない
君の柔らかな髪をなでてみる
子猫を可愛がるように 君のご機嫌を損ねない
すると君はほんのちょっと心を許して
僕に寄り添ってくれる
まるで小さな花が摘まれるのを許すように

753 :名前はいらない:03/11/17 16:29 ID:vGEmDIzX
僕は本当なら薔薇が欲しかった
真っ赤で誰から見ても華やかな花
ところが君は小さな花だった
そこら辺に咲いている花だった
僕は急いで君を薔薇に仕立て上げた
ところが君は泣き出した
君はちいさなちいさな花だった
薔薇でいることに耐え切れず
僕はそのとき君の痛みがわからなかった
ただ君を真っ赤にすればいいやと思っていたんだ

754 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/18 22:38 ID:XDmtLITH
遥か彼方まできっと 忘れられない君を…
夕暮れにトマッタ赤とんぼ 真赤な太陽より大きく美しい
作られた日常…遥か彼方を見つめていると
何もかも忘れるようで…地平線を見つめていると…意識がだんだん薄れていく気がする

755 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/18 22:43 ID:XDmtLITH
マジで速い 奴の剛速球
空振り三振なんてまっぴらさ
精一杯にバットを振った彼 
センターライナーfuck you
一塁 回って 二塁 止まり

マジで速い 彼の得意の足
音よりも速い自信がある
精一杯に地面蹴り上げ
砂埃舞う fuck you
三塁セーフ 盗塁成功
焦ったキャッチャー 送球ミス
三塁回って ホームベース

756 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/18 22:47 ID:XDmtLITH
僕等の青いスポーツカー まるで深海の青
風に乗ってどこまでも… 水平線の向こうまで…
虹色に輝く 奴等のスポーツカー
まるでカメレオンだ あっはははっ! 

757 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/21 18:06 ID:2oH+EM90
fucking world fucking the end
the end of the world
It can fight to the future
The way which finally is not
Since it is the way of hope


758 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/22 18:14 ID:TFbp4Y+/
今日はもう終わりか
明日からか
明日は無いのに

759 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/24 13:02 ID:kklNp2SP
苦しみながら死ぬのは嫌だから
可愛い君の事を思いながら 死ぬのさ
分からないで欲しい この苦しさを この居た堪れなさを
君はいづれ誰かに愛され そして傷ついて また誰かに愛されて そして死んでいく
そのときまで僕のことを 覚えているのでしょうか 
どこまでも遠く青い この空を 覚えているのでしょうか

760 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/24 20:45 ID:kklNp2SP
君を愛して幾十年
時には喧嘩もしたけどな
やっぱ幸せだったよな

761 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/24 20:47 ID:kklNp2SP
錆び付いた空を飛べるか 試してみたい 今でも思う
いつまでたっても僕等は輝いてる 金色ゴールド眩しい輝き
死ぬまで輝いてやるって
ぜってぇ

762 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/24 20:49 ID:kklNp2SP
ありがとう
どこまでも続く 死への一本道
ありがとう
ずっと永遠に支えてくれてる友人よ
ありがとう
愛しき人よ 
そして ごめん
僕の歩調は早かったみたい

763 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/24 20:50 ID:kklNp2SP
実験室で僕等はキスをした
まるで何かの実験みたいに

764 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/24 20:56 ID:kklNp2SP
世界に緑色の幕が降りる
炎が僕の街をおかしくしている
ぶっ殺されたジェイソンは
てめぇの腸食って そして死んでいく
墓から帰った溝鼠 ガラスの破片がグサグサと
愛する人の瞳に映る 反吐の出そうな紋白蝶
太陽囲んで屯する北風達
仕舞い込んでみろよ 夢のまた夢を
振るいあがる 戦士たち 何を考えなにを信じて殺すのか
夕暮れ時に見た 明日への階段 150段
苦し紛れに書いた君への手紙 英語でレター
時めく胸に終わりを継げて 束縛する世界に罅をいれ
腐り始めた鎖を腐らせ 腐った世界にサヨナラだ

765 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/24 20:58 ID:kklNp2SP
運命は変えられない
人を好きになれば変えれるなんて
嘘の中の嘘であって 変えれるはずが無い
俺が見てきた中で 運命を変えた奴なんて いやぁしない

766 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 00:01 ID:Gyzg7Cev
真夜中 野草の中でオルゴールの音色が響く
風が冷たくなって 天から貴方
二人は抱きしめあって 愛し合って 目と目を合わせ いつまでも

こんな日々が いつまでも続くなんて思ってない
冬の恋心なんて 誰にも分からない
だけど 今は貴方を愛す いつも いつでも 側にいるから

767 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 00:04 ID:Gyzg7Cev
胸が壊れそう 死にそうだ
君の事を思う 僕は限界に近づく
加速する僕の恋心 君に向かって一直線に
10年経とうと色褪せることは無い
好きなんだ 君が ずっと ずっと ずっと

768 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 00:07 ID:Gyzg7Cev
いくらでもいくらでも嘘をついてやる
君のためなら罪だって犯せる
もっともっと 僕に いろんなことを言っていいのに
正直に話して欲しいのに
こんな儚い思いは君の目の前で水泡になって消えていく

769 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 00:12 ID:Gyzg7Cev
僕は宝物を見つけた
永遠に光り 可愛らしい貴方を

貴方は言った
「夢を見た 真赤な血が出るまで君とキスをした夢
 すごく痛かった でもそれ以上に嬉しかった」

770 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 00:28 ID:Gyzg7Cev
背中から翼が生えてる貴方
その冷たい鉄の翼は 今でも成長しているんだ
貴方は泣いている 翼を千切ろうと 千切ろうと 千切れない 無駄な嘆き
僕も精一杯 手伝う 千切ろうと 千切ろうと 千切れない 貴方は嘆く

その鉄の翼は 貴方を自由に飛ばさせてくれる
だけど
その鉄の翼は 貴方が人じゃなくなってしまうんだ

自由の翼は悲しみの翼へ
貴方はいつからか僕から離れ そして 人を殺す 殺戮マシーンへ

いつからか 君を 永遠に愛すと誓った 
背中に翼が生えた時からなんだろうか
君と出合ったときからか
君は永遠に人を殺す 僕は永遠に君を愛す
僕が君を忘れることは無い きっとじゃなくて絶対に

771 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 00:34 ID:Gyzg7Cev
果てしなく進む 今何時?
歌でも歌いながら突き進め
「疲れた 立ち止まって 飯にしよう」
僕の言うことなんて 皆聞こえちゃいない

果てしなく進む 今何所?
目的地点なんかとっくに忘れてる
誰かが叫んだ 「もうそろそろ 止めにしないか?」
僕は思った 「突き進むのに意味があるって」

このとき思ったんだ 「人生も 目標なんて 在るはずも無いのに 僕等は 突き進んでいる」
目標はある って言う奴もいるけど 嘘つけ クソッタレ! 

クソッタレは言い過ぎたぁ…

772 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 00:44 ID:Gyzg7Cev
音楽の授業は眠たくなる
何故だろうな
これが分かればノーベル賞いけるかな
よし 挑戦してみるか

773 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 00:55 ID:Gyzg7Cev
駅の汚いトイレで小便をする俺
便器の前に立つと 目の前に真赤な光り まるで赤血球
俺の性器が立つと 尿道を通り真黄色の尿が綺麗な弧を描く

溜まりに溜まっていたからか…
尿が弧を描くなら 俺の眼も弧を描く
隣の奴のも確認し 勝ったと思い 再び俺の眼は弧を描く

用事が済んだら銀色のチャックを閉める
閉め忘れると とんでもなく 恥ずかしい思いにされる 魔性のチャック
きちんと閉めたら 口笛吹きながら手を洗う
俺のお気に入りは 中島美嘉の雪の華 冬にぴったりのナンバーだ

ふと何か下半身に違和感残して トイレを後に…

残尿か… 残尿か… 残尿か… 残尿かぁ… 残尿かぁ…
駅のホームで泣き崩れる


774 :名前はいらない:03/11/25 01:02 ID:eG3UDE0/
>>770
最終兵器彼女?

775 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 01:05 ID:Gyzg7Cev
映画を全て見たことない
初めから終わりまで…

どんなに見たかった映画でも 全て見れない
睡魔が襲ってくるんだ…急に…まるでサイレンのない空襲みたいに…

ポップコーンはもちろん 予告の時点で空っぽだ
だからもう1つ買ってくる すると映画は始まってる いつもこうだ…

映画の途中 トイレに行く奴がいる
大きな引戸を開けると 真っ白い光りが入ってくる
みんなの視線は画面から 光りへと…
僕はすでに眠っている

776 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 01:13 ID:Gyzg7Cev
バス停で可愛いあの娘がバスを待つ ついでに俺も待ってて欲しいな
なんて馬鹿なことを考えながら俺は下校する 徒歩で…

女の子って自分でスカート短くしてるってことは見られたいってわけか…?
なんてちょいとエロいことをひょいと考える 性欲満点のお年頃

あの娘が近くを通ると いい匂いがするなぁ 秋風の匂いか?
なんてカッコいいこと言ってみる あほだなぁ俺…

「君が好きだ 付き合ってくれっ…」
いま正念場だから話し掛けないでくれ


777 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 01:14 ID:Gyzg7Cev
筋肉と肉まん どっちが欲しい?
俺は迷わずこう答えた
君が欲しい

778 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 01:23 ID:Gyzg7Cev
俺は旅に出る
チョコレートと君の写真と希望を持って…
途中に魔物に襲われるかもしれない…
その時はキッチンにあったこの包丁でブスッっと刺してやる
ブスッ じゃねぇな ザクッ ってね

俺は旅に出る
何もかも 0 の状態で…もちろん金もな…毛も…
目的地はイタリアのベニス…水の都だ…
ベニスの水は 透き通ってるらしい… シースルーみたいに…
俺の瞳には もうベニスしか見えない…
明日…旅発つ…僕はベニスに…
最後の晩…振るい起つ…僕のペニスは君へ…

779 :名前はいらない:03/11/25 18:33 ID:mmzpTzCY
少しじゃないじゃん

780 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 22:20 ID:16zJideG
僕等は二人とも 好きになる 二人のことを 好きになる
寄り添って 抱き合って … 望むのは 君だけ … 君っていう存在…
瞳からは涙

781 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/25 22:21 ID:16zJideG
君は言う
「手を繋ごう」って
僕は言った
「ちょっと冷たくてもいい?」

782 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/26 01:46 ID:QshntBD3
愛に感情なんてあるはずないんだから
せめて僕等には感情あって欲しいよね

783 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 18:47 ID:k3VLOG28
俺達の旅はこれからだ
今から投げ出してどうする
希望を持て 夢を 大志を
百発百中だ

784 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:19 ID:k3VLOG28
昇る昇る満月
光る夜に さようなら

785 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:20 ID:k3VLOG28
出かけるよ お弁当もって
貴方の写真もって
そして
そして
出かけるよ

786 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:22 ID:k3VLOG28
玉砕しかけた僕等は
この街で生まれ そして 死ぬ
右手をかざした 愛しい人は
涙を流し 僕に言う

787 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:24 ID:k3VLOG28
僕等は恋人同士
S極 N極みたいに引かれ合ってく
グイグイグイグイと

788 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:27 ID:k3VLOG28
はじめまして 僕は君の中に住む 寄生虫
はじめまして 僕は君のすぐ側にいる 寄生虫

増殖しまくり 栗を剥いてクリ 天津甘栗

可哀想だ 死にそうだ クリームソーダ

はじめまして 僕は君の中に住む 寄生虫

可愛くて 優しくて それでいて 寄生虫

寄生虫は人間には恋していけないのか
寄生虫はただ人間に寄生するしかないのか

寄生虫の世紀末 寄生虫の世紀末 ガッツ石松

789 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:31 ID:k3VLOG28
線路上で牛がひかれてるぅぅぅぅぅ
僕は君の笑顔にひかれてるぅぅぅぅぅ
僕は君の尻にひかれてるぅぅぅぅぅ
押戸のドアがひかれてるぅぅぅぅぅ
彼は彼女にひかれてるぅぅぅぅぅ
彼は彼女に引っ叩かれてるぅぅぅぅぅ
華は灰色に枯れてるぅぅぅぅぅ



790 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:32 ID:k3VLOG28
彼女の喘ぎ声
愛しいハミング
生ぬるい彼女の肌を触って 一言つぶやく

「荒れてるね」

言えるはずがない 金も希望もない 実は彼女もいない

791 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:34 ID:k3VLOG28
初めてキスをした

瞬間 時間が止まったかのよう
瞬間 彼女のことをすごく大切にしようと思った
瞬間 僕の心と彼女の心 ひとつになった

792 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:38 ID:k3VLOG28
桜の木の影で ひとやすみ
スカートがなびいてる 春風で
穏やかに過ぎてく 時間だけ
ニギヤカな笑い声 遠くから聞こえる
僕は見る 隣にいるのは 好きな人
ニコって笑う 笑顔
目線は 風でなびく スカートへ

793 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:40 ID:k3VLOG28
閉じこもり 考え事をしながら 過ごす日々 僕等のこと
籠の中の鳥たちは いつしか 自分達の力で抜け出すのさ

794 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 19:41 ID:k3VLOG28
舞い降りるはずの 大魔王
降臨する前に 殺され もう すでに ここへは こない
日本海溝に沈んだ 大きな 死体は
いつしか 憎しみの塊へ

795 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 20:11 ID:k3VLOG28
今夜はもう眠らない
君がいるから 側にいるから

眠たいなら寝ていいよ
明日起きても 僕はずっとここにいるから
ずっと 離れ離れにはならないから

796 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 20:13 ID:k3VLOG28
そろそろ青春の季節か
うぜぇ季節になったな
そろそろ時間だ
待ち合わせの場所は もうすぐだ

797 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 20:14 ID:k3VLOG28
アラララマダカァァァァ!
愛なんて 溶けて どこかに いっちまうんだぁぁぁぁぁあぁ!!
時が流れるのは 怖いぐらいに早い!
埃かぶさったこの街に 風の息吹を!
今!今!鍵穴に鍵を差込みぃ!

798 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 20:15 ID:k3VLOG28
何が在るのか 扉の向こうには


      なんにもありゃぁしねぇ

 
              あるのは空間だけ




   空間だけ

                   

799 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 20:18 ID:k3VLOG28
夢なんてどこかに忘れてきてしまった
いつからか 夢なんて持たなくなった
自分でもどこに忘れたのかわからない

きっとこのままにしていたら
その夢だれかに取られてしまうんじゃないか
なんて
心配する暇あったら…

また新しい夢持てばいいさ
なんて
馬鹿な考えする暇あったら…




忘れ物を取りに行け 誰よりも早く そして たくましく

800 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 20:35 ID:k3VLOG28
どこか遠くへ行きたいな
君と一緒にどこまでも
途中にサクランボの木を植えよう

801 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 21:17 ID:k3VLOG28
君のこと想い 僕の夜はふけていく
君のこと想い 僕の右手は動き出す
やがて亀頭から発射される精子
やがて我口から発射される言葉

「性欲に勝つには僕は若すぎた」

802 :名前はいらない:03/11/29 21:20 ID:a9P4PfpF
五月蝿い
五月蝿い

私は君を愛しちゃいない
君も私を愛しちゃいない

これは明白なことだ

私の脳みそに文句ある?

803 :名前はいらない:03/11/29 21:22 ID:a9P4PfpF
君は私に勝っていたいだけなのだ

私の頭脳は君の頭脳をはじき出す

君は私を愛しちゃいない

804 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 21:32 ID:k3VLOG28
そしてなにもかもが壊れ始めた
世界も
星も
そして
君も

もう止まらない 破壊回路
もう止まらない 破壊回路
もう止まらない 破壊回路

805 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 21:33 ID:k3VLOG28
煮るなり焼くなりどうかしろ!



これを聞いてホッとした


まだ生きてるんだって

806 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 21:34 ID:k3VLOG28
そろそろ終わるんだ って
思ったけど
やっぱり長いや
ずっと長い

807 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 21:35 ID:k3VLOG28
白いむ 眠れない街
紫いむ 人間うおぉう

808 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 21:37 ID:k3VLOG28
君が見た お日様ほど 輝いてる ものはない
君がもし死んだら 星になる 
そのときは お日様よりも 輝いて欲しい

見つけやすいから…見つけたらすぐ…僕も…すぐ…星になる…迎えに逝く…

809 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 21:40 ID:k3VLOG28
森の奥底に住む 紫式部
僕の心の中に住む 悪魔魔人
税金を まけてくれ どうにかしてくれお兄ちゃん
税金を まけてくれ どうにかしてくれ紫式部

810 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 22:14 ID:k3VLOG28
CD 回る 回る 割る 割る 悪
リズムが変われば
世界がきっと変わるから

音飛びが激しい 激しすぎる
音とBEATが激しい 激しすぎる

死ぬまで一生 回るCD
死ぬまでグルグル 回るCD

811 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 22:34 ID:k3VLOG28
oioioioioi!
oioioioioioioioooooooi!
hold you forever....

812 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 22:45 ID:k3VLOG28
向かうは明日へ 
無何有は明日へ
ムルアカは明日へ
アヘササエアクリスクリスクリススターイェィ
Do it ドン イット プリーズ 牧草地!

向かうは明日へ
歯向かう奴へ
テルミー ビブウアァ
WEEEEEE

813 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 22:45 ID:k3VLOG28
ummm.......
um...
don't worry I am Bob.....

814 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 22:53 ID:k3VLOG28
エロ本見て 僕のポコチンは勃起中
AVを鑑賞中 観察中 モザイク除去中
僕の女の子は君だけ 僕のポコチンはエノキダケ
僕の夢はデッケー 君と付き合うことダッケー?
頭の中で妄想中 目の前で脱ぎ始める女の子
泣きながら脱いでるから 僕は言う
「ストップ!」
ダセー クセー これってセーフ?
オナニーしながら考える 将来のこと 今日見たパンチラのこと 君の事
もっと考えていたいのに ポコチンは言うこと聞いてはくれない
ドピュッっと ビチャッと タラーリと

815 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 22:57 ID:k3VLOG28
女の子の体ってどうなってんのか 誰か教えてくれ
気になって 夜も眠れない
そんな日はオナニーに限る
けれどもそれもひと時の快楽
次の日はまた訪れる疑問
毎日 毎日 僕は疑問に思うのさ
そんな夜の後の朝には
涙で枕がグッチョリ 
そんな夜の後の朝には
夢精で布団がビッチャリ (パリパリ)

816 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:00 ID:k3VLOG28
逃げれるだけ逃げちまおう
俺が一緒に逃げてやる
手を繋いでやるから安心しろ
途中休憩するからな
うぅん…そうだな
あの大きな木まで走ろうか
そしたら休憩しよう

817 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:04 ID:k3VLOG28
粒々粒々粒々粒々粒々粒々粒々粒々
粒々グリーンピース緑緑緑緑緑緑粒々緑粒々粒々粒々粒
粒々付コンドーム粒々粒々緑緑ピンク緑緑発光緑緑緑粒々粒
粒々粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒々
粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒
粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒
粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒
粒粒粒粒粒粒粒粒粒々粒々粒々粒々粒々粒粒粒粒粒粒粒粒
粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒々粒々粒々物々物々物々物々粒
粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒物々粒々粒々粒々粒粒粒
粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒粒

818 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:06 ID:k3VLOG28
目を閉じたら 腐っちまう
ファックユー デトロイト 腐っちまう
目を閉じれば君が真白に立ってる
目を閉じて妄想すると僕の前立腺が立ってきた
やべっ

819 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:07 ID:k3VLOG28
どれくらい君のこと考えてんだろう…
きっと忘れれば楽になれるのに…
でもそれ以上に後悔するから…

820 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:09 ID:k3VLOG28
夕暮れ 青空に溶けて やがて 夕暮れ
白雪 まっサラに溶けて やがて 春 青春かな


821 :名前はいらない:03/11/29 23:09 ID:C064pKAc
助けて 気持ちが悪い

822 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:14 ID:k3VLOG28
人間なんて皆孤独なんだ
だれも自分の思ってることを100%分かってはくれない
かならず自分の思考を相手は相手自信で訳してしまう
必ず 必ず 必ず

でもそうやって文化は築かれていく
古人の文化を子孫がそのまま 100% そのままのことをすれば
進化なんてするはずがない

100%分からない それでいいんだ 孤独なんだ 人間なんて 進化はするけど 完成は無いんだから

823 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:20 ID:k3VLOG28
What nobody teaches is taught to you
"I LOVE YOU"
Probably, I love you most in the man who has loved you until now
eternal.....Until you die.....

824 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:32 ID:k3VLOG28
A highway is run at high speed !
It is quicker than whom !
his name is Mr.Friday !
All the power that it has for those who love can be taken out !
It does not do its best why? Those who love are immediately near !
To the extent that it runs too much fast and is likely to melt !
to the extent that speed appearance is carried out too much and it cannot stop !
The best can be taken out because of those who love !
And it is if it meets those who love ....
It can cry like this !!!
"It loves...."
Even stinking language ! Tell yourself to those who love !
To a those who love sake ! To a those who love sake !
To a those who love sake ! To a those who love sake !

825 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:38 ID:k3VLOG28
Weak wings .......
A transitory dream......
The melody not arriving....
that this thought reaches you .....
I etc. am not separate even if the end of the world comes....
I think that a surely good night comes tonight
No, it is made to do so !

826 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:44 ID:k3VLOG28
You who are hiding in the wooden back
"coming out a coming" I call it
You said like this with smile
"It is shameful when it is before you....Therefore, useless here ?"
"Natural ! But I want to also look at your red cheek....."
She laughs....Similarly it is me......

827 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:47 ID:k3VLOG28
What is love ? What is I ? It has a sex with love ?
Are wrong ....... Time can be regained !!!!

828 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:54 ID:k3VLOG28
He says "I want gold, time, and honor"
Ok... The fist of one shot is given to you !!!

NO ! NO ! NO !!!

829 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/29 23:59 ID:k3VLOG28
Oh GOD !
Since it is good, please put light only in now to me .....
It has loved each other....
But since only a few is dark, each other face cannot be seen.....

Oh GOD !
Please make my love eternal......

830 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 00:01 ID:1NZqnKso
Music can be listened to !
Since the sound of heavy low-pitched sound is always excited !
A beat is made hot !
Flame blazing up Explosion within a brain !!!!!!!!!!

831 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 00:03 ID:1NZqnKso
初めから終わりまで世界を見てきた
そんなの嘘だ嘘に決まってる
だから僕は胸はって

「嘘だろそれ」って言ってやる

って普通のことだけどね

832 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 00:07 ID:1NZqnKso
I am pierced. A prickle on the body
It is painful. Terrible It is painful. Terrible !
I am heard before I die !
I want you to make a deep-blue sky..... And the rainbow has started empty.....
Children are laughing under a rainbow......This is a one-time wish in a lifetime....


833 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 00:11 ID:1NZqnKso
In a drain pipe, it is sewage
In a urethra, it is urine
Water beautiful in a river
It is the most important although it is natural
I want you to understand taking advantage of this opportunity

834 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 00:24 ID:1NZqnKso
女の前では何もできない それの何が悪いんだ (男の子だもん)
開き直りって言われるよ それの何が悪いんだ (ぱっくマンコのようにね)
fuck you って人から言われるよ それの何が悪いんだ (悪いだろ)
童貞だけど脳内では彼女いるよ それの何が悪いんだ (可哀想)
不良どもに絡まれて怖いから金を上げたよ それの何が悪いんだ (よりによって2000円札)
先生たちに言われたよ 「お前はもう手遅れだ」って それの何が悪いんだ (がんばれよぉ)
周りは彼女いるけれど 俺は孤独のライダーさ それの何が悪いんだ (カッコワりぃライダーだな)
煙草は肺がんになるので吸いません それの何が悪いんだ (禁煙パイポで煙草ごっことかしてたくせに)
友達にも敬語 「すいません」 それの何が悪いんだ (礼儀正しいじゃないか)
骨なんて一ヶ月単位で折るよ それの何が悪いんだ (カルシウムが死ぬほど欲しいお年頃)
生おっぱいを見たことない それの何が悪いんだ (母親のはあるけど興奮するわけねぇだろ バーカ)
バーカって言ってごめんなさい それの何が悪いんだ (馬鹿は馬鹿の上に馬鹿を作らない)
親のすねかじりだよ それの何が悪いんだ (親の弁慶の泣き所かじり)
こんな素晴らしい空の何が悪いんだ (なにも悪くない…強いて言えば 美しすぎ ってとこか)


835 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 00:27 ID:1NZqnKso
ララララランランランンンラン
ランランランランドォビュドビュドビュッピュピャピャッピャッピャ
キュルキュルピーピーポポポイヒョイ
ベニッチュブリュックヌックルシャイ

836 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 00:29 ID:1NZqnKso
アーアーアーアーyeh !
ンーガーガーガーピー プツッ
プープープープープー
アヒャヒャヒャヒャ
ニヤニヤ
ヌッコロスゾ
プッ

837 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 00:31 ID:1NZqnKso
キェチャップってなんだか赤い
真っ赤だ
まるでトマトみたいだ
あぁ…原料がトマトか…トマト…トマト…トマト…おぉ!できた!





                 『トマト』








838 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 15:11 ID:nCjjbVih
大切な人はいるか
守ってあげたいって思える人はいるか
がんばれ がんばれ がんばれ君よ
そして幸あれ 幸せであれ

839 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 15:17 ID:nCjjbVih
僕等の街は夜になると花が咲く
当たり前のことだと思ってた
全て 全て
親に愛されることも
君が僕の隣に居ることも
全て 全て 当たり前だと

840 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 15:19 ID:nCjjbVih
銀色の塊が火花を散らす
彼女の笑顔に火が吹いた
こびりつく太陽
黒焦げの毒の月
鳥たちは焼き絶たれ
カブトムシたちは悲鳴を上げる

841 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 15:20 ID:nCjjbVih
石段蹴飛ばして
約束の場所まで突っ切る俺
もう二度と合えないから
今日だけでも会いたい

842 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 15:22 ID:nCjjbVih
狂った人形は人を殺す 殺人マスィーン
誰が何を言おうと もう止められない
止めようとしない 殺人マスィィーン

843 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 15:24 ID:nCjjbVih
拍手の音か 彼には雑音に聞こえる
腐った彼は 誰から見ても ミステリー
違った彼は 魅力的な男 男から見てもだ


844 :FLOW ◆eDmP3DLCpQ :03/11/30 22:10 ID:QY0m9KGP
兄者の正体は

























ぴゅーっと吹くジャガーのポギー

845 :名前はいらない:03/11/30 22:15 ID:bqMXzqLc
>>844
上手い喩えだな

846 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/11/30 22:44 ID:nCjjbVih
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1070195775/というURLがある
僕が僕自身をさらけ出すアドレス
全く別の 全く別の 全く別の 全く別の 僕のアドレス

847 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/12/05 17:21 ID:ZGCrpW3h
悲しみ超える 遠すぎた橋を越える
歌を歌いながら 君のために夜を待つ
もうすぐ君が来ると思うから 僕は全然寒くなんか無い

848 :名前はいらない:03/12/12 18:54 ID:vWFfCqCq
( ゚д゚)、ペッ


849 :名前はいらない:03/12/15 08:14 ID:RXaO+Kf4
(  ゚,_ゝ゚)

850 :名前はいらない:03/12/15 19:32 ID:ASdEZJqc
この気持ちが僕の気持ちなんだ
雪よりも早く溶けちゃう君に ありがとう っていいたくて
手を差し伸べた先には希望の光
君の温もりとその笑顔だけはずっとずっと忘れないように
心にナイフで切り刻んだ 
十五夜のお月様と僕は 君をいつまでも見守って
君がくじけそうになったら 僕はどうにかしてやる
そして そして いつか君が戻ってきたら
おかえり っていってあげたい

851 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/12/15 19:33 ID:ASdEZJqc
黄色くないよ 本当だよ
怖くなんてないよ 本当だよ
泣かなくていいよ 本当だよ
全てが 全部 本当だよ

僕の気持ちも永遠に

852 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/12/15 19:36 ID:ASdEZJqc
広いまっさらな空で 子供たちが騒いでる 遊んでる ぅぅぅううぅぅぅぅ…
手短にお願いしていたのに ずっと長く長く長く長く 長く 長く 長く
ララララ ラララ ラララララララララ ラララ ララララララララララララララララ
緑の丘で 雪が降り積もり 生野菜だけが 僕を包んでいる
餃子だって君だってララララ 僕を ラララ 包んでる

853 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/12/17 18:44 ID:BBJgh+va
魂が道を教えてくれる 緑色の森でかくれんぼ
僕たちは いつかは きっと 離れ離れになるんだ
どうか どうか どうか いつまでも 覚えて いたい
どうか ずっと 遥か彼方まで 君への想いが届けば いいのに

854 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/12/17 18:47 ID:BBJgh+va
砂が駆け落ちる 真冬の 午後の 晩の 夜
月は蒼く 雪は黒く 僕らの恋は 凄く グロく
平気な様子 本当は 恐怖で胸が死にそうなんだ

逢えなくて 凍える 雪の夜 
独りぼっちで 歌う ジングルベル
空から 天使が ほんのり微かに 

855 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/12/17 18:50 ID:BBJgh+va
広い宇宙で 何が起こっているのか
僕は知るわけない だけど知りたい すげぇ…
だけど 知りたい すげぇ だけど 知りたい すげぇ
貴方が 今何をしているのか
僕は知るわけない 知ろうとしてる 知ろうとしてる
貴方はまるで 宝箱 でも いつまでたっても 手に届かない宝箱

856 :名前はいらない:03/12/22 11:31 ID:kQwx0s4/
何か
かわいそう
とっても

857 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/12/22 16:33 ID:c3eO/St8
真黒に染まった夕暮れは
僕等の青春を熱くする
綺麗に染まった貴方は
僕の心を惑わせる
どうか生き続けたい
死ぬまで生き続けたい
貴方と笑い そして別れ
そして僕は貴方の前で歌うよ
大声で 大声で 声が枯れるまで

858 :べぎらごん ◆7qWtDarCw. :03/12/27 00:35 ID:UnEd15JF
僕は何かを失ってしまったみたいだ
愛か 恋か
希望か 明かりか
黒く染まる夕暮れ時に見た
真っ赤なあの娘のその笑顔が
でっかく僕を彩った

859 :長嶋:03/12/27 00:54 ID:574kzsoS
セコムしてますか?

860 :ヨクヨー:03/12/27 00:59 ID:PFEUcQDY
ワラタ

861 :名前はいらない:03/12/27 13:26 ID:IIz2AM7S
そんなことでワラタきみにワラタ

862 :名前はいらない:03/12/27 13:34 ID:yPNwavVi
キミとの時間が多すぎて 疲れたなんて言っちゃった 
そんなあたしに 神様が与えた罰は
空を切る手の冷たさで

こんなに 近くにいたのに 近すぎて見えなかった
あの頃の 最初のドキドキは
どこに消えてしまったの?


この手から 離したくなくて 
ずっと握ってた 小さな卵は
強く握りしめすぎて 割れてしまったの


ごめんなさいだなんて 何度言ったって
きっとキミには 聞こえないよね
でももしあたしの声が まだキミに届くなら
お願い 聞いて欲しい
ごめんなさいなんかじゃなくて 今一番言いたいこと

キミがまだ好き

863 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

337 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)