5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

詩が書けません

1 :名前はいらない:03/10/16 01:13 ID:KAQ1lkw7
詩が好きで、色々読むんですが、全然書けません。
書けたらきっともっと世界が広がるだろうな…、
色々考えも広がるだろうにな…と思うのに、
頭のなかで取りとめも無い言葉が空回りするのに、
紙やキーボードに向かうと全く「無」になってしまいます。
どうすればいいでしょうか?
ちなみに:今まで詩を書いたことは一回もありません。

2 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/10/16 01:23 ID:IWde4RPo
>>1
お気に入りの詩人の全くの模倣からはじめてみてはどうでしょうか?
なんで私はこの詩が好きなのか?ということを考えてから、その原因を究明したならば
その形を真似して書いてみるといいのでは?


3 :てす ◆QwaM9H3lKA :03/10/16 02:12 ID:JwrHUYY4
 詩人ほど、言葉に気を付ける人もいないが
逆に、、詩人ほど言葉が単なる意味の皿で、その上に乗せられる意味
の限界と、その皿から落ちた意味の方向性の無責任さを知っている



4 :名前はいらない:03/10/16 02:13 ID:8fzlbEQb
>>1
俺は最初詩を書こうと思って書いたんじゃなくて
自分が心の中で思ってることをそのまま言葉にしてノートに書いた。
その日に思ったことをその日に書く。そうしないと忘れてしまうだろうし
なんか何かに書いておかないとこのままじゃもったいない気がして。
それにこれが何年後かに何か役に立つかもしれないと思って。
で最近やっと詩というものを書けるようになった気がする。




5 ::03/10/16 02:23 ID:SqBMaQcf
詩てなんじゃい?詩てなんじゃい?それぞれの見解なんぞいらん。
海が海であるように。
川が川であるように。
詩とは何か?
教えてください。俺には解らない。

6 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/10/16 02:27 ID:IWde4RPo
辞書だと、

(1)文学の形式の一。一定の韻律などを有し、美的感動を凝縮して表現したもの。内容的にはギリシャ以来抒情詩・叙事詩・劇詩に大別され、近代にはいって定型を廃した自由詩・散文詩が盛んとなった。

こういうことらしい。
>美的感動を凝縮して表現したもの


7 ::03/10/16 02:29 ID:KAQ1lkw7
レスありがとうございます。
「詩とは」…ですか。
漠然とした書き方だったので悪かったのかもしれませんが、
詩(だと私が思うもの)に限らず、「〜について」という文しか
書けないんです。
なんというか、それは詩ではないだろうな…と。
なんだかんだいって、心から書こうとすることすらしなかったのかなあと思います。
何か書けるか、考えてみます。
なんだか、わやくちゃな文ですね…。

8 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/10/16 02:32 ID:IWde4RPo
>>7
>「〜について」という文しか
>書けないんです。

〜についてというのは、ある対象を客観的に分析・解釈・観察する文章しか書けないということですか?

9 ::03/10/16 02:36 ID:KAQ1lkw7
文を書こうと思うときは大体書評とかレポート(書かされているものですね)とかしかなくて、
純粋な楽しみとしての文は(詩も含め)頭の中から表彰に現れてはくれません…。

10 ::03/10/16 02:36 ID:KAQ1lkw7
表象ですね。誤字すいません。

11 ::03/10/16 02:43 ID:SqBMaQcf
詩はどこからやってくるんだー?
教えてください。辞書なら俺も持っているぞー!

12 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/10/16 02:44 ID:IWde4RPo
>>10
今手もとにあるもの、
パソコン以外のなにかを観察して、
それをできるだけ明細に自分の言葉で、しつこく描写してみたら?
椅子でも鏡でも、灰皿でも、スピーカーでも。なんでもいい。


13 ::03/10/16 02:50 ID:SqBMaQcf
「ポトスの描写」
明るい方が班の模様が美しく、またよく伸びている。鉢は白。受け皿も白。

14 :名前はいらない:03/10/16 02:51 ID:8fzlbEQb
>>10
例えば今は深夜だよね。この時間はどんな気持ちになる?
夜の空を見ると何を想像する?
遠くで輝く星、切なく照らす月…

>>11
ほんと詩ってなんだろうね。俺もなんかわかんなくなってきた。

15 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/10/16 02:54 ID:IWde4RPo
たとえば椅子の影ばかり描写してもいいし。
たとえばスピーカーの微妙な振動を描写してもいいし。
見すぎたらたとえば、椅子のうえに林檎が見えてきたり、
急に動きだしたりすると思うんだけど。あるいは小人が踊りだしたり。
もちろん空想上で。そんなかんじで書いてみたら。こうしたら綺麗だとか、勝手にでっち上げるの。

詩とは、ある部分で、でっちあげ である(?)
1+1=2にも美しさはあるけれど、
1+1=インコ(断定)みたいなアクロバティックなものも詩だと思う。

抒情詩を書くならば、音楽的を文字化するような感じで書くといいと思います。

16 ::03/10/16 02:55 ID:SqBMaQcf
「時計の描写」
黄色の丸い壁掛け時計で、1から12まで数字が円に記してある。長い針は10と11の間を、短い針は3を差し、あと細い針が秒単位で、動いている。

17 ::03/10/16 03:02 ID:SqBMaQcf
>>14
夜空を見て想像する試み。

暗い。髪の毛を束ねた、例えば黒髪を結った紫式部の後ろ姿の髪。
月は丸い。今夜は出てないけど、もし月明かりが部屋にこぼれても、僕には掃除出来ないだろう。掃除が出来るのは朝だけだ。

18 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/10/16 03:07 ID:IWde4RPo
>>14
星を掴もうとして
ピサの斜塔から飛び降りた男に
ぼくはなりたかった

19 ::03/10/16 03:08 ID:KAQ1lkw7
深夜は自分をほおっておいてくれる…
夜は清潔、どこまで行っても隔てはなくならない

でも同じ闇だからって
身体を意識してはいけない
口の奥のその奥の
内臓の闇が内側から
身体を筒にしていくから

私を暗闇が食いつぶしてしまわないように
今は外だけ見ておこう

私を見つめなおすのは
隙間から日が差す森の中で


…なんかこうやって場があると書けてしまうものなんですね…
不思議な感じでした。書いてると止まらなくなってしまいそうですこしどきどきしました。
アドバイスありがとうございます。書くことが出来そうな気になりました。

20 ::03/10/16 03:08 ID:SqBMaQcf
紫式部はもういない。大昔にお空へ帰ってしまった。ならば、今夜のこの夜空の暗さは、紫式部が寝ていて髪の毛を広げているのかもしれない。朝が来れば紫式部もむっくり起き出すだろう。月は出てない。出られないのか?どけっ!紫式部よ。月がみたいんだ。

21 ::03/10/16 03:12 ID:SqBMaQcf
>>19
素晴らしい!

22 :てす ◆QwaM9H3lKA :03/10/16 03:14 ID:JwrHUYY4
私を見つめなおすのは
隙間から日が差す森の中で
・・・素晴らしい表現力だわ
なんだ詩が書けないなんてネタ?

23 ::03/10/16 03:15 ID:KAQ1lkw7
なんかすごい書いてて不安でしょうがない感じがしました…。
こういう時感想をいただくのってとっても嬉しいことなんだと思いました。
ありがとうございます。

24 ::03/10/16 03:17 ID:KAQ1lkw7
ネタではないです。
きっと今まで勇気というか何かが足りなかったのだろうと今は思ってます。
ここに書き込んでよかったなあと思います。
本当にアドバイスありがとうございます。

25 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/10/16 03:17 ID:IWde4RPo
詩とは すこしのどきどき である!
「すこしのどきどき」ってのは本当に重要だと思います。
緊張感が伝わってくる詩は、まったく素晴らしいものだと思うのです。

美とはほどよい緊張なのです!



26 :なみなみお ◆mCFk32Woec :03/10/16 03:20 ID:IWde4RPo
しかし>>19さんの詩を読むと、ネタだと思ってしまうほど綺麗でした。
ほんとこれからもいい詩を読ませてください。
また来ます!

27 ::03/10/16 03:23 ID:SqBMaQcf
無数の星のひとつを見つめてごらんなさい。
どの星だって、空の中心のつもりでいるんだから。
無数の人から自分を見つめてごらんなさい。
どんな人だって、世界の中心でいるつもりなんだから。

28 ::03/10/16 03:24 ID:SqBMaQcf
のーっ!

浮いてしまった!

29 ::03/10/16 03:31 ID:KAQ1lkw7
初めて詩(だと自分で思えるもの)を書いた記念ということで、お気に入りの詩集を読み返してみました。
気持ちが張り詰めているのか、今までとは又(内容的にも大きさとしても)違った感じ方をしました。
今まで漫然と見ていたこの詩板もとても楽しめそうです。
しつこいかもしれませんが、本当に、本当に、皆さんありがとうございました。

30 :名前はいらない:03/10/16 03:40 ID:vLL8/RM+
誰のなんていう詩集?

31 ::03/10/16 03:44 ID:KAQ1lkw7
谷川俊太郎さんです。
ミーハーと言われるかもしれませんがやっぱり…
詩が好きになったきっかけの人なので。
ハルキ文庫の谷川俊太郎詩集です。
よろしければ>>30さんの好きな詩人の方など教えてもらえますか?

32 ::03/10/16 03:52 ID:SqBMaQcf
谷川俊太郎はいい。俺は大好きだ!でも一番好きなのは、高村光太郎が好きだ。横槍→
ブスッ

33 :てす ◆QwaM9H3lKA :03/10/16 07:00 ID:SvpZ+XS/
白昼夢

 風邪で昼過ぎまで寝て、何となく熱っぽいまま、ママがいなくなっていた。
 ママやママや、ママは何処?

 洗面所に残る、女の乱れた匂い。
 ママはここで一体何をしていたの?
 女一人で何をしていたの?

 風邪を患い、肺の奥に残るタンを、私は洗面台に吐き出した。
 うす黄色の中に、微かに混じる血。

 ママの出した体液に、私のタンが絡まり、焦れったく溶け合って
 誘い合った。

 便器の中に、微熱の重みに誘われて、白みがかった尿をした。
 ママがまだ流していなかった、閉経前の血と、一緒くたに溶け合って
 焦れったかった。

 ママよママ、私はこのまま、ずっと女の子でいたかったの。
 微熱と懺悔の中で、きっと女の子でいたかったの。

34 :しはす:03/10/16 11:32 ID:CJRcK9eE
>>1
1様あなたはもう詩をかいています。
1の詩はとても素直に詩をかきたいという想いがつたわってくるいい詩です。
1様の素直でまっすぐな心情をどんどんのばしていってください。

35 :名前はいらない:03/11/29 22:54 ID:0NNw8ijg
この空間が嫌いだ
いつまでこの生活
そう・・・
これは変えられない運命

36 :名前はいらない:03/11/29 23:27 ID:HvjluXZM
書いた一作目が、あの詩とは。羨ましい。
僕なんか、書き始めた頃のいま読み返したらただの日記だからな。

37 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :03/12/03 21:02 ID:h0f2Rrnh
『こいつはいわば鼓の唖でね――モノになったら、大物だよ。』

つまりこういうわけだ。

38 :名前はいらない:04/02/04 12:37 ID:oamdzrX0
>>37
うむ。

39 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/03/13 07:59 ID:hhqvBalF
1さん元気?

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)