5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

君のセンス5段階+αで評価するよ!! v4.0.1

1 :名前はいらない:04/01/05 00:17 ID:UTfhrzfy
Aランクを目指して詩を書き込もう。
評価者も自由参加OK。

A:プロ並み。出版社にもってけ。
B:言葉の狩人。
C:光るモノを感じる。
D:素人。
E:まずは日本語の勉強を。

[Part1] http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1044726628/l50
[Part2] http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1068131368/l50
[ v3.0 ] http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1070906842/l50

2 :抑揚:04/01/05 00:17 ID:UTfhrzfy
2ずさ

3 :てす:04/01/05 00:18 ID:db52/0z3


4 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/05 00:20 ID:5kvMi6k2
>>1 乙

今年はきっとカープが優勝する(前スレ 1000より
けど 日本シリーズには勝てないというのがオチ

5 :名前はいらない:04/01/05 00:31 ID:IbXZ+a9s
ジクジク、ジクジク
傷が痛む
ジュクジュク、ジュクジュク
掻き毟ったら汁が出た
シクシク、シクシク
傷が痛む、カナシイヨ
掻き毟ったら、涙が出た
傷からしみ出る臭い汁
この目からしみ出る辛い水
どちらも同じ水
どちらも汚い、この身の廃水
ジワジワ、ジワジワ
水が出る

6 :名前はいらない:04/01/05 00:35 ID:IbXZ+a9s
前スレ末で未評価なの、どうします?

7 :名前はいらない:04/01/05 00:42 ID:LI7f9bsZ
といいつつ投稿したのでつか、、。

私は、志願されたものにならば評価すべき(したい)と思っております。


8 :抑揚:04/01/05 00:48 ID:UTfhrzfy
>>5
D;シブガキ隊かと思った。

9 :◆tr.t4dJfuU :04/01/05 01:04 ID:fJmWD5ph
出戻りが意見するのもなんだが、ここに書かれた詩を全部評価するのは難しいと思う。
批評に対する意見を越えた罵りや反抗も大事だか、批評家の態度もあまりよくない。いつまでたっても詩は成長を止め、凝り固まった反抗。
評価者も自分の美化するに骨折っている。だからスルーされた詩は仕方ないと思う。スルー詩は再度直訴するかするべきだ。あと題名のない詩は悲しい。


10 :HAWAI:04/01/05 02:50 ID:SccRyGLk
<マネキンさん>
ショーウインドゥーの中にとても素敵な洋服を着たマネキンさんがいた。
僕はマネキンさんに言ったよ。
「君、素敵な洋服をきているね。でも好きで着ているわけじゃないよね。
 その服を脱いで僕にくれないか?きっと君より上手に着こなしてみせるよ」と
するとマネキンさんは言ったね。
「たしかに私は好き好んでこれを着ているわけじゃない。でも裸になった私を誰が見てくれるんだい?
 ダメだ、この洋服は渡せないよ。」と
「そうか、わかった。それではお店で買うことにしよう。」
僕はゆっくりと店内に入った。
ハウスマヌカンの「いらっしゃいませ」と
マネキンさんの「まいどあり」が
同時に僕の耳に飛び込んできた。
不思議とわるくない。




11 :毒草:04/01/05 07:32 ID:vyI5wHKY
『英雄と殺人鬼』

平和が訪れれば
英雄もただの殺人鬼

死刑台にのったかつての
英雄は涙を流す

彼は知らなかった
一度 権力と言う魔物の上にのったなら
おりてはいけないと

おりたら魔物に食われると

彼は叫んだ
自分は英雄じゃなかったのか?


かつての英雄に花を投げた少女
今は殺人鬼に石をなげた

それを見ながら
今も昔も英雄でありつづける男は笑った


12 :名前はいらない:04/01/05 13:28 ID:V7WG7mFJ
キャベツ畑で アゲハの幼虫を拾った
幼虫はいつか 成長してサナギになった
ある日サナギは 蝶になった
僕が虫かごの蓋を開けると
蝶はどこかへ飛んで行き
二度と帰ってこなかった

君が自由に飛ぶ姿を 見たかっただけなのに


門の手前で 羽をケガしたスズメを拾った
ケガは治り 部屋の中を飛び回っていた
ある日スズメは外を見つめていた
僕は窓を開けなかったけど
だけどふとしたスキに
スズメはどこかへ飛んでった

君のこと大事にしようと思ってただけなのに


僕には君しかいなかったのに
愛なら売るほどあったのに

からっぽになった虫かごは
燃えないゴミの日に捨てた



13 :名前はいらない:04/01/05 14:10 ID:ZV2kTgOp
すごい情報ですね・・・

http://www.google.com/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB+%E6%9C%80%E5%BC%B7&lr=

14 ::04/01/05 15:52 ID:IunIrNfK
[H SAD SONG FOR...]

私はね
アナタ達の様に護もられる事を当たり前と感じ
愛する人を護もるのが当たり前だと感じられないの。
だから
アナタ達の輪には
異色を放つ私を受け入れる器なんて無い…

何時も独りで
誰からも傷付けられたくないから
距離を置き
逆に傷付ける事で安堵を覚えた。

此れがどれだけ辛い選択だったか
…解る?
アナタ達は自分の身を無意識に護もるため
自己防衛が働いて
自分に共感出来ない者を寄ってタカって消そうと
傷付ける。
私はアナタ達を傷付けたくないから
自らの身体に傷付ける。
何で解ってくれないの…?
私には此の生き方しか出来ないって。
責めるだけが愛?
口先だけの慈しむ姿が優しさ?
笑わせないでよ!!

15 :逢夢:04/01/05 16:02 ID:IunIrNfK
[世界に一つのダイヤ]

大切なものってのは崩れて初めてわかるもの。
崩れる前に気づきたかった。
わかってても素直になれなかった自分が悪いのだけれど。
別に仮面被ってた訳じゃないよ。

ほんとにただ… 純粋に君を失いたくなかったんだ。裏目にでたけどね。

本当に大切だから本当の自分見られて逃げられたくなかったんだ。

だからほんとは大好きなのにプイってあっち向いてた。
今度見つけた時は離さないよ。 世界中、宇宙が敵でもね、それだけ価値のある君を見つけたから。
やっと見つけたダイヤだから。

16 :逢夢:04/01/05 16:06 ID:IunIrNfK
ども〜!雛SANの友人の逢夢と申します!
今回が初投稿death!
ついでに私のも評価お願いしますm(_ _)m

17 :名前はいらない:04/01/05 18:59 ID:qmZ6Lpw7
「開放された世界」

まぶしいから
額の上に手を広げた
広がる大空
フライングヴァルチャー
温度を上げていく血液
体を焼く紫外線
地平線を越えて
視界は広がる

開放された世界
誰にも邪魔されない
開放された世界
誰にも邪魔できない




18 :   ◆BLNBXTBKxU :04/01/05 19:04 ID:EbAwtdR+
をーをー新スレ立ったのね…。初代スレから糞作品を貶してる俺様はすごいな 前スレの未評価作品は不良債券として放置pu

>>10
D  マネキン?てめぇ「ザ・キムチ」の製作はどぅなってんだよ こいつは電信柱でもなんでも話せるんか くだらんわボケ詩ね 

>>11
D-  3、4連目なんだかなんだこりゃ??なんなら今すぐ靖国神社を放火しに逝けやボケ ってか誰だよこいつくだらんわ詩ねヘタレ

>>12
C- 友達おらんのかこいつ。愛なら売るほどって全然理由になってねぇよ、そこまで言うなら公園のホームレスでも介護してろチビ

>>14
C つーかキショイぞ藻前。「逆に傷付ける事」って相手かてめぇかどっちだよ 解かりたくもねぇぇ しっかし汚ねぇ作品だな(ゲラゲラ

>>15
E タイトルはSMAPの朴李か?つーか1行目から激しく異議ありなんだが馬鹿かおまえ??「大好きなのにプイって…」激しくキショ!!
ダイヤなり表現の自由だが根拠なり提示しろやもぅ言い放題だろコラ。>>14と比べどっちもキショイ つーかセンスねぇよ藻前詩ねやヘタレ


なにもはじまらないよるーに なにかをさけんでじぶんをーこわせー!! おーおおーおおーつなー

19 :   ◆BLNBXTBKxU :04/01/05 19:07 ID:EbAwtdR+
>>17
D つーか邪魔する気にもならんよ(プッ 感想は「あっそうですか」だ あーそんなんじゃだめだめ消えてイイよ シッシ

20 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/05 20:13 ID:uOoIoDZP
『タイム』
いつからか僕らは暗闇に入り込んだみたい
前後左右 上下 全部真っ暗だ
歩いていく事さえ 怖くて
座り込んで すすり泣いた

もう 君はいないの?
きっと見つけたんだろう
勇気の欠片

僕も見つけなきゃ 勇気の欠片
おもむろに出した マッチ
一本一本根元まで燃やしながら出口を探す

君はどうやって
見つけたの?
勇気の欠片

あなただってもう 手にしてるよ。勇気の欠片。
大きな岩を乗り越えるたびに立てた目印の旗
転んで擦りむいた傷口から滴るあなたの歩いた印
もう欠片なんてものじゃないよ

暗闇抜けて辿りついたのは 
タイムの花畑


21 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/05 20:15 ID:uOoIoDZP
タイム(thyme)ってのは花だからな
麝香草の類ね
花言葉は勇気ね

22 :しんしん:04/01/05 22:53 ID:pcmcpF13
>>20
ランプとダイヤモンドをごっちゃにして
薄めた感じ
あまりにもバンプの影響うけすぎだよ
きのせいかな?

23 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/05 22:58 ID:7OhDcnjg
>>22気のせいだよw

でも見方によっちゃそう見えるか?
こいつの花言葉知ってばっと書いた詩だしねぇ

24 :しんしん:04/01/05 23:02 ID:pcmcpF13
きのせいならいいさw
softの感性はすきだよ
ちかいうちスレたてるから遊びにきてな
俺の詩もよんでってな

25 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/05 23:12 ID:7OhDcnjg
>>24
サンクス
絶対遊びに逝ってやるぜ

26 :抑揚:04/01/05 23:50 ID:UTfhrzfy
「択一」

退屈というセンスの芸術を認めない頭なら傍らにピストルがある

27 :抑揚:04/01/05 23:53 ID:UTfhrzfy
「錯視」

客観と言う目は己の対極でしかないがそれで全てか

28 :抑揚:04/01/05 23:55 ID:UTfhrzfy
「そして自己」

抗えぬモノを知った所でそれに抗えない事に気付くのが遅れた

29 :しんしん:04/01/06 00:02 ID:BOgCmCmc
今夜スレつくる予定
暇なら抑揚もきてな

30 :名前はいらない:04/01/06 14:32 ID:s1RDNpgz
から からから
ちつじょをしらぬ
つかいかた 銃の

黒土
走り抜けるに硬すぎて
たったっ、が くずおれていく 足
ぶっぱなす マシンガン
羽音は誰を撃ち殺す

から からから
はりさける ぬけるさむぞら
誕生日には似合わない
みあげてばかり いた

足元
いくえにも眠られるトキ のひめい
節々、が ばらばらなアーミーも埋まり
ならされた地平線
ファンデーション石畳
できあがる大通り
ふりかえる ほりかえす
したり顔 まぬけな未来

行き止まり 骨かさね
残された 割りつくされた窓ガラス
こなごなにして こなにして
から からから 空々々空
なにもない

没する とこしえに

31 :名前はいらない:04/01/06 14:48 ID:Fw5OLcxG
「ドーナッツマン」

触れるもの全てに棘を感じて

地面の立ち方をいつの間にか忘れてしまった

なに信じれば 魂をみることが出来るのだろう

君がきえてビー玉になった僕の星で

おもちゃのマーチは いつまでも進むよ

32 :   ◆BLNBXTBKxU :04/01/06 15:18 ID:2dLyO1LX
 iーー- ,,-ーーーーー、-ーつ
 と、 , ´ ・("▼)・ ヽノ
   .>  ,,,-ーーー-、.<
  (   /〆ノハヾヽヽ )
   ゝ((((*^ ヮ ^))ノ < なんだか糞作品のオンパレードだな貴様ら 詩ねやチビ供
   〆(⌒)-ーー-(⌒)
   ( i⌒ヽ,   i⌒ヽ,
   ヽゝ、__ノー-ーゝ、__ノ

33 :僕☆厨房☆初心者☆ :04/01/06 15:49 ID:mLQ92tw+
できれば評価をお願いします。

【ポタージュ】

暖かいポタージュの缶が@本ポケットの中に。
ちょうど見つけた小さなベンチに腰を掛けて
【さぁ、今日もまたゆっくりと飲み始めるとしようか】
思った以上に熱くて
不意に吐き出したため息が白くなって分散した
僕はね、やっと寒い冬に気づく事ができた
ため息が冬なんだって教教えてくれたんだょ

我ながら遅い
我ながら鈍い感覚

なぁポタージュ
僕が飲み干すまで、どうか冷めないでいてね。

苦笑いのコーンポタージュは暖かいスチール缶の穴から白い蒸気をだした。
それと同時に出したため息は僕の上で白くなって、また消えようとしている。

34 :名前はいらない:04/01/06 15:54 ID:QI/0LmI6
かわいい…

35 :名前はいらない:04/01/06 15:56 ID:QI/0LmI6
34です
かわいいのは32のAA

36 :抑揚:04/01/06 16:05 ID:E88xNKrd
>>32
いい加減に低レベルに合わせる事の難しさを悟れクマゴロシ!!
-----------------
「ダルセーニョ」

どこよココ なんでどうして
だってさっきまで ってえぇー
あそこに居たのに 今はココ
ありえねー
掘ったらなんかでてくるかな
ザクザク ザクザク カキーン

あ!ええつち!

ってどこよココ なんでどうして
-----------------
評価者様の降臨お待ちしております


37 :ダンデライオン:04/01/06 16:52 ID:CKE86q2P
『勇次へ』
昨日久し振りに神戸に行った
勇次お前に会いに…
お前のバイク
今も動いてるぞ
聞こえるかこの音
俺はお前のバイクでいろんなところに
いった…風を浴び
光を集め
もう10年になるんだな…
少しは大人になれたのかな俺
勇次…俺はまた風を浴びる旅に出る
光を集める旅
勇次…お前の魂を抱いて

またここに帰ってくるぞ




しょうもないの書いてすんません
評価お願いします

38 :名前はいらない:04/01/06 17:32 ID:IN06EoJX
理由なく乗り込んだ
奇妙に揺れる船で
安定した心を保とうと
毒で身体を抑える

黒く光る水は
必要なき運命を映す
過去は今もロープで結ばれたまま
未来は重荷に耐え切れず先を急ぐ

貴方は全ての
体温を振り払い
凍えるような静かな
海底に身を沈める

黒く光る水に
意味なき運命を映す
過去は今も答えは見出せずに
未来と共有するなど出来る筈もない

黒く光る水は
今度は何を映すのだろう

39 :   ◆BLNBXTBKxU :04/01/06 22:53 ID:2dLyO1LX
なんだかさぁ暫く作詞活動から離れてたから批評すんのも忘れちゃったYO まぁウリの全盛期はこのスレでパート2くらいか
歌詞作るにしても才能無くなってきたわ、そろそろこの板から猿頃かね そして半角&虹板でエロ画像でも収集すっかハァハァ

>>26-28
んん?なんでちゅかこれは?迷子君でちゅか?( ´∀` )プッ

>>30
C- ぬをーなんだか意味ありげな作品やな 「ならされた地平線」なり世界観が全然伝わってこないのが致命的だ罠
窓ガラスをこなごなにしたのは黒土かYO!!ファンタジーを創造してるわりには薄いな「まぬけな未来」なり説明を要求
わるーけどさ、別にこんなんなら誰にでも作れるし例え作品が良くてもB評価やれんよ。ウリは全然面白いとも思わんし

>>31
D 意味わかんねーーよ 精神分裂病患者の語録かこれは、くだらんわ半分市ね

>>33
D+ この類いの作品に共通する事だが「何故ポタージュなのか?」別に紅茶でもなんでもえーやろと思うのはウリだけか?
全く生かされておらんな。ポタージュ言うなら関連付けろよ。しかもタイトルにしてやがる。まぁ良作とは認定できんなのぅ
「教教えてくれたんだょ」は新たな2ch語か?「思った以上に熱くて」→「どうか冷めないでいてね。 」って飲むの遅せぇYO

>>36
E なして掘ることになんねんのアンタ あ!ええつち! …。  糞UZEEEEEEEE 悪霊退散!!悪霊退散!!

>>37
D- 「風を浴び 光を集め」馬鹿じゃね〜のか藻前腹痛てぇ〜(ゲラゲラ しっかし面白杉だわこの作品hahahahaha(ゲラブッチョ 


40 :名前はいらない:04/01/06 23:57 ID:cK9Vit23
「摩耶」

レールキャノン正射!!
第七艦隊、出撃!
ドドドドドドドド!!
ミサイル発射!!

「司令官殿、命令をください!」
叱咤激励をする、その役回りを果たす制服軍人
両雄再び、あいまみゆ
雌雄を決するのは、はたしてどっちだ!?

敵軍1万、わが軍2万
少数を以って、大群を制するなどという
虚妄などは、毛頭ない
はずだった

「われはすでに勝てり」
敵軍からの入電だった
サレンダーせよ、という
わが軍は、敗北を喫した

41 :名前はいらない:04/01/07 00:10 ID:mSsDgDU8
>>40
D

42 :名前はいらない:04/01/07 00:18 ID:89ATcVCn
「プラットフォームと紅茶色の視界」

「もっと」
口にしようとして
ポケットに手を伸ばして 黙る

午前3時 煙草の白さだけ ぷかぷかして
すっては 吐き出す作業に 義務の感がして
色濃い敗け方のように 私の肺は 灰色に咳こむ

 つぶやきは雨音に黙れと言い 戯れは
 くりかえしながら人は それでも人は、気付かないのか、
 単にふりをしているのかもしれない
 それで了承しているのかもしれない、と思うと煙草の煙はちいさくなって

「もしも」
そう口にして だが流される事があるだろうか、
語ることばの 実は稚拙としか言えない自分の、
なお まごうことなき 昼間に咲く星の色した夢が。

煙草は丸くなって 団子状で
そして喉でつっかかって
いつのまにか声を失って
それでも気付かないふりをして、 そんな風に
1_の狂いもなく正確に奏でる時計がこの世にあるように
そんな風に 関係が裏返る事を、 否定するしか能の無い私は

 いや否定せねばならぬ姿勢なのかもしれない
 それで脅えた目に無感動を映しているしているのかもしれない、ああ 煙草は無くならなくて

長さが永さに
移ろい果てることのみ覚える

43 :名前はいらない:04/01/07 01:34 ID:AlQ14LHP
腹の中には何か違和感
時々何かが動く気配
触って見れば歪んでる
妙な塊 妙な塊

私の養分全部吸収
腹突き破って出てきたものは
ゆがんだ肉片 奇声をあげる
私をエサにしお前は生きる

むさぼり続ける私のお前

44 :名前はいらない:04/01/07 02:13 ID:W8fnlYKr
潮騒が鳴り響いてたから

雨音を聴き逃したんでしょう。

そうして涙の落ちる音さえ

随分と聴き逃したんでしょう。

45 :名前はいらない:04/01/07 02:20 ID:jm4MECC1
詩をText読み上げソフトで、読ませてみました。
結構ほんとに人が読んでるみたいで、おすすめ

http://age.tubo.80.kg/upl2/img/895.mp3

46 :名前はいらない:04/01/07 03:23 ID:gr7CyFiL
夢に続きがあるのなら
今がまさしくそれだと思う
もしかすると
僕が恐れる死というものは
夢から覚めることではないか?
いつかきっと来る終わり
この現実が夢ならば
夢の後には何がある?
考えるのはもうよそう
景色が僕を通り過ぎる
はて
こんな夢をいつか見た気が
確かもうすぐ目が覚める
地面が、近づく

47 :ホノルル:04/01/07 05:25 ID:aieEcpIZ
<魁!オレンジロードT>
男ならば誰しも通る道
2コ上の先輩で鎮目くんというひとがいる
鎮目くんは本当に喧嘩が強い
まず相手の攻撃をすべて受ける
そしてボコボコにやられた後
1発で相手をやっつける。
鎮目君とつるんでオレンジロードを歩いているときは
たとえ相手が何人いても
僕は殴られたことがない
すべて相手の攻撃を鎮目君が1人で受けてくれたからだ
きっと鎮目君はボロボロにやられてからじゃないと
相手を憎く思えないのだろう。
そんなやさしい所を僕は1番尊敬している


48 :ホノルル:04/01/07 05:38 ID:aieEcpIZ
<魁!オレンジロードU>
男ならば誰しも通る道
昔からそんな喧嘩をしている鎮目君は
本当に打たれ強い
いくら大きなダメージをおっても
絶対に立ち上がってくる
逆にいつも鎮目君とつるんでオレンジロードを歩いている僕は
どんどん打たれ弱くなっている。
昔は平気だったのに今は殴られるのが怖い。
それが今の僕の1番の悩みなんだ。


49 :ホノルル:04/01/07 05:54 ID:aieEcpIZ
<魁!オレンジロードU>
男ならば誰しも通る道
この道を歩いてゆくかぎり
いつかは鎮目君を倒さなければならない。
こんな僕が殴られることを恐れない鎮目君に
勝てるだろうか 
「腹筋きたえなよー」彼女が言った。
腹筋をきたえることで少しでも打たれ強く
なればいいと考えた上での助言なのだろう
ありがたい だがしかし
そのとき僕はまったく逆の事を考えていた。


50 :ホノルル:04/01/07 05:58 ID:aieEcpIZ
49訂正です。
<魁!オレンジロードU>
     ▽
<魁!オレンジロードV>

51 :人間のクズ:04/01/07 07:27 ID:djOhWXSG
「鬱病」
もう10日も歯を磨いていない
僕は鬱病 何もやる気にならない
見上げているのはヤニで汚れた空
1日4度の飯を食い 肥えた醜い体を横たえている
僕は今部屋に一人 音を立てるのは重さに軋むベッドだけ
僕からはもはや軋む音さえ出てはこない

小鳥は飛び去り巣は落ちて
落ちた巣は腐るのみ
腹の中には膿がたまり
もはや人の形も忘れている
鬱病全ては鬱病のせい
誰か鬱病をかき出して
鬱病の所為で僕はこんなになった

遠くを歩くおじさんがねじれて見える
僕は真っ直ぐ立ってるはずなのに
バイバイ鬱病僕はもう限界だw

52 :名前はいらない:04/01/07 17:13 ID:6EhyD8tZ
無量寿経

千手観音、聖マリア、大日如来、大明神、大菩薩、阿弥陀如来、三面六臂
南無阿弥陀仏、南無妙法蓮華経……
0と∞、言語、false religion、白蓮の上に現出せる釈迦
「天上天下唯我独尊」
白檀の仏壇の観音開きを開く、後輪燦爛、極楽浄土へ招聘され、
+と−は等しく、0と∞は等しい、金銀瑠璃の仏冠、光輪、日輪と月輪
南無帰命頂礼、如来香、安息香、蘭麝、麝香 神々しく、仏は顕れる
私の中の仏性の中の神性の中のあなたの中のプラジュニャー
明もなく、無明もなく、その両方でもなければ、その両方でないのでもない
1001の菩薩と、7つの如来と、2億3000万年後の仏陀と

53 :名前はいらない:04/01/07 17:36 ID:qSecjfzw
>>52
ただの宗教活動とみなされても仕方がない詩。
評価されるためには自分の精神が生み出したものを
ミックスさせてみたらどうだろう。
例えば、相田みつおは根底に宗教の思想があるが
評価されるのは自分自身の言葉で語っているから
自分が経験したこと
自分が思っていること
宗教の言葉を借りなくとも
自分自身の精神を語ることは出来るだろう
宗教とはただ信じること
信じるだけでは自分の言葉は生まれない
自分が生きて経験して思ったことを言葉にする
詩にするそこに詩の醍醐味があるのだと思う

「やかん」をみてどう思ったか、どう感じたか
手始めにこういうことからしてみてはどうだろう

詩の基礎ともいえることなので
コバルトの「あなたの詩私の詩」の入門編あたりを読んでみたらどうだろう
きっと勉強になると思う

54 :蜜柑:04/01/07 18:55 ID:QKtvB2Sq
唇を舐めて、咬んで、心拍数が上昇して、それと比例するように、また俺はお前から目を離せない。
離れようとすればするほど、お前の事考えて、嘘ついては抱きついて、突き放しては、またお前の元へ戻ってくる。

キスの音は、次第に旋律を刻んだ。
それは俺の中で繰り返し流れている、お前が弾いたあの曲に似ていた。
酷く苦しくて、酷く哀しげで、でもどこか、強く離してくれない、あの曲に。

脳内で織り成されるその曲と、音と、旋律と、
お前の体温と、唇と、瞳と、瞼と、
俺の感情と旋律と旋律と、作り出される色は、
俺の中でグルグルと渦を作って、混ざって、掻き乱されては、消えてゆく。
それが消えて行けば、また新しい旋律が生まれ、それにまた感情が混ざってゆく、これの繰り返しだ。

今という刹那の、今という確かな色を作って俺達は感情の海に溺れる。
他の誰にも聞こえない、俺達の唄を、叫び続けている。

55 :名前はいらない:04/01/07 19:00 ID:6EhyD8tZ
>>53
だって、人間だもの(相田みつを)

56 :名前はいらない:04/01/07 19:14 ID:6EhyD8tZ
>>53
仰せのとおりでございますだ
評言・批評・評価、まことにありがとうございました
拙作・愚作には勿体ないです〜
その評論は、真に正鵠を射ているのではないでしょうか? 参考にいたします〜

57 :名前はいらない:04/01/07 19:16 ID:6EhyD8tZ
>>55-56
馴れ合いって言われちゃう

58 :名前はいらない:04/01/07 21:59 ID:Dfn55hhm
   「学ラン」
。。。昔の筆跡が俺を呼んだ・・・気がした

「フタを開けたら学ラン着てる俺が見えるだろ?」
「よぉくのぞきこんでもぐりこんでみろよ、さぁ。」
・・・俺は何もわからないまま触れた。


・・・ドクン・・・   近づいてくる。


 昔の俺が息をのみこむ音がきこえる。
その後から金属人間達の群れがおしよせてくる。
  ごおごご・・ごぉ・・・
   ・・・不思議やなぁ・・・
      「息」するって、こういうことやったんか・・・


59 :名前はいらない:04/01/07 22:00 ID:Dfn55hhm
(うえの続き)
   昔の俺が空を見上げようとしたとき。
   俺は目からなんだかわからない涙をおっことしてしまって
   昔の俺に気づかれそうになったから俺はあわてて首を引っ込めてフタをしめた。
   

  俺はほんのゆうべのことみたいに腹の上で
  じゃらじゃらサイフをころがした。

   なんだか むずがゆくなって 逃げられないように
   くちの中 ラムネ菓子を噛み砕いた。

 がしん  がしん  がしん

     いつのまにか目がさめたら 俺は、息、してるかな?

   かみくだく音で気づいた。

   「あ・・・俺、息をしてる・・・・・・・・?」

60 :名前はいらない:04/01/07 22:20 ID:dPl2w3J0
『昨年』

肩に 雪が

誰かが履いた靴を見て
誰かの夢を見て育つ子供
とサンタ・ブゥツ
真っ青なサンタ・ブゥツ

雪のポスター
徹底的に
剥がす ように

その子を詰め込めて
(だれかのゆめをみて)

トナカイとかは 多分 必要ない

61 :漏れ、才能無いでつか?:04/01/08 00:45 ID:iICsi9PT
 幼い頃の夢を見た
 夜気の名残に濡れる草
 視界を染める薄い蒼
 始まりの気配に慄いて

 幼い頃の夢を見た
 肌に伝わる陽光の
 熱と目覚めの赤い色
 戻れぬ深みを垣間見て

 幼い頃の夢を見た
 時を彷徨う旅人の
 路傍に向けた空虚の目
 その意味すらも測れずに

 幼い頃の夢を見た
 翳る日差しの優しさに
 この身を預けた一刹那
 失うものを手に入れて

 幼い頃の夢を見た
 焼けた空の紅い雲
 ざわめく草木を滑る風
 迷いと焦燥を引き連れて
 
 そう遠くない夢を見る
 始まりと同じ蒼の闇
 晩秋の波は刻々と
 得たもの全て引いて行く


62 ::04/01/08 03:15 ID:ypgFgkHP
>>18
アナタは何様ですか?
私の悪口なら幾らでも言ってくれて構わないけど、
逢夢ちんについては許せない…。
アナタはただ、自分の理解が及ばない人間を疎み、
排除したがってるだけでしょ?
だから、下品で直情的なレスしか付ける事が出来ないんですね(笑)。
そんなもの、評価とは言えませんよ(爆笑)。
そんなに私達を馬鹿にしたいんなら何処がどう悪いのかを、
もっと具体的且つ論理的に説明して下さいね〜(笑)。

63 :◆tr.t4dJfuU :04/01/08 03:32 ID:DOXUl3XR
|-゚)チラッ

詩に関係した会話で、意見したり誉めたり讃え合ったりして、でもそれを馴れ合いと言われちゃ辛いだろうな。投稿者や評価者の成長を欲するにあたり馴れないは無視できない。気持ちよく詩作する為にも、馴れ合いは必要だと思うな。

64 :名前はいらない:04/01/08 03:56 ID:hHroep7p
入り込む余地はなく
繋がる線も見当たらない。

諦めろと囁く声。

もがく腕は空回り
割れた爪に悲鳴する。

諦めろと囁く声。

折れる心に椹木して
沈む気持ちを蹴り上げる。

翳む景色に涙して
血反吐を吐いてくずおれる。

仕方がないよと囁く声。

確か聴いた覚えがある。

諦めろと囁いた声。

何も出来ずに退いて

悔しさ惨めさそこそこに

これだけやれば十分と

満足してる俺の声。

65 :名前はいらない:04/01/08 04:49 ID:MlPmYb1x





>>39
君は才能ないから作詞なんてやめたほうがいいよ^^ムダだからw
いつまでもヒッキーしながらエロ画像あつめてなw

君の両親もかわいそうだよね〜こんな痛い息子に育っちゃって。。
子供の頃は期待してたんだろうな。
母さん泣かせるなよ、オイ。
いや泣かせろ!一瞬だけ。自殺すれば後々まで悲しませることはないからさ。

追伸、ご両親様
パソ取り上げてやってください。そうすれば早く自殺しますよ^^






66 :名前はいらない:04/01/08 08:27 ID:8keaKThl
読ませてもらいました
>>39
あんたが作る詩はさぞかしいいものなんだな
今度読ませてくれ俺が判断してやる
まぁカス作品期待してるよ


67 :名前はいらない:04/01/08 09:24 ID:XL0avALH
>>65が怖い
親なんか関係ないだろう

>>62>>66は「怒っている」というレスだからわかるけど
人間が他人に「自殺しろ」なんていうのは別問題だと思う


68 :抑揚:04/01/08 10:12 ID:03Gx5kCm
>>62
コテ名乗っってそういう発言するのは好ましくないな
実際にそのコテ名義の詩もヘボければ、>>62で言ってることも痛々しいし。

> アナタは何様ですか?
> 逢夢ちんについては許せない…。
> 下品で直情的なレスしか付ける事が出来ないんですね(笑)。
> もっと具体的且つ論理的に説明して下さいね〜(笑)。

こういうのを自分の事は棚に上げてと言います。
つーわけで、オレは前スレから君をウザイと思っていたが、黙ってたわけだ。
痛い奴とは真剣にやり合わないのが一番だとアドヴァイス。
今回は脊髄反射してしまうほどうざかったので書き込みしちゃうよオレ。

あ、ちなみに>>18のニダ野郎も大嫌いだがな。ギャハハハハハハ

69 :名前はいらない:04/01/08 11:15 ID:GMooRQfC
このスレも随分キチガイが紛れ込んできたな

70 :4th ◆HdqTLODCXU :04/01/08 12:35 ID:AkAEuOlX
>>62 ウザイ 誰にもバカにされたくなかったらリアルにも掲示板にも出てくるな

71 ::04/01/08 12:40 ID:DOXUl3XR
>>62
ガンガレ!


72 :抑揚:04/01/08 12:50 ID:03Gx5kCm
>>71
ガンファレ、敗者(ゲラ

73 ::04/01/08 13:07 ID:DOXUl3XR
(′ωヽ)
ショボン がくっ

74 ::04/01/08 13:09 ID:DOXUl3XR
>>62
ガンカレッ!

75 :名前はいらない:04/01/08 13:09 ID:BveNck8g
評価者の数が少ないって現状があるのは確かだけど、
もともと不特定多数の人に評価してもらうためのスレなんだから
多くの人が理解できる、共感できる詩を作るのが目標なんじゃないの?
自分の言いたい事を理解できないって理由で評価者に怒るんなら
評価を前提としてないスレに行った方がいいんじゃないかと。
良い作品ならたくさんの評価ももらえるわけだし

76 :しんしん:04/01/08 13:11 ID:/XvBTpjQ
おおっ修羅場ですな
まあ 詩を否定されて怒る気持ちがわからんでもない
魂こめた詩は けっこう己自信に近い存在だからね
まあ 必死さがつたわって 俺は君みたいな人間
嫌いでは無いぜ 何事にも冷めた顔してる奴よりはマシさ


77 ::04/01/08 13:16 ID:DOXUl3XR
どっちもどっちですな。ドングリコロコロ。

78 :しんしん:04/01/08 13:20 ID:/XvBTpjQ
若干 俺の方がデカいドングリなのは間違い無いw
言いたい事 自由に言える これ最高、、、、、己にとってな

79 ::04/01/08 13:41 ID:DOXUl3XR
一長一短
小さいのいい!
大きいのもいい!

80 :名前はいらない:04/01/08 14:53 ID:Fiqzw6US
>>62

>>14読んだけどねぇ…
>>18は詩を評価してるだけで貴女の悪口言ってる
訳じゃないよ。「汚ねぇ詩」というのも何だか分る気がする
自分自分自分ばかしで周囲全部見下してるみたいだし
「自分の理解が及ばない人間」というよりも理解したくもないのかも
>>62のレスも最高レベルの口汚さで人格全晒ししている
そんなに悔しいならここにいるヒマなコテ皆に>>14もう一回評価して
もらったら?そいで1番甘い(気に入った)評価くれる人探せば?

要点
怒ったってもう居ないんじゃねぇの?半角カナに帰って
カリカリすると肌が荒れるよ

81 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/08 17:20 ID:O1Gmc4mv
[騒音計]

止まない耳鳴
みょうちょうの鶏声
静かに集う野郎共

止まない耳鳴
みあげた茜色
祭り騒ぎで夜が明ける

止まない耳鳴
ないあわさる思想
討論戦争死者数名

止まない耳鳴
りくつ付ける今
来ない待ち人否定する

止まない耳鳴
わたしの言霊
観衆達の見守る画面

82 :倭国のヒース:04/01/08 17:35 ID:1emo/z36
ぼんやりと虚ろになる意識を 痛みによって引き寄せる
次第に色を失ってゆく視界を 鮮烈な赤で取り戻す

本当にそんななのか 貴方の精神は

もう痛さより そちらの方が有益性が優っているのか?

私には わからない 友人の奇行

でも彼女にとっては とても大きくて意味のあること
そんなんで確認すんなよ 生きてるってことを
食べたり寝たりヤったりして 楽しむことをしないの?

一度一度ずつ 2分の一の確立


83 :倭国のヒース:04/01/08 17:39 ID:1emo/z36
はじめまして。倭国のヒースといいます。駄詩ですが
評価していただけると幸いです。
それと、このスレでは評価人は決まっていないようですが、
私も、私が良いと思った詩を自分なりに評価させていただきたいのですが
よろしいでしょうか?

84 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/08 17:49 ID:rpP4O6hH
>>83
>>1読んでみ
誰が評価してもいいんだよ

85 :名前はいらない:04/01/08 18:43 ID:pQ1Coa2O
真紅の薔薇が咲きました

だけどあまりにも火の香りが漂って

炎のような私ではなく

奪われるために咲いたのではなく

ささげる為に燃えたということを

小さなかすみ草を添えたいのです

燃え尽きる恋ではなく

火の香りに混じる

白い幸せを届けるために

86 :名前はいらない:04/01/08 18:48 ID:hHroep7p
二本足で立つことは、非常にバランスが難しいと言う。
だから僕は誰かに寄り添う。常に支えを求めている。
ずっと、ずっと、手を離さないでくれ。
どうぞ、どうぞ、突き飛ばさないで。
一体どれくらいの時間が経っただろうか。
僕は未だにあのときのまま。
仰向けになり、寝転んだまま。
もう再び立つことなどはないのだろうか。
一人で立ち上がるには、二本足と云うものは不便すぎる。
僕がケモノであったなら。
そういや確かに近頃僕は、ある種ケモノじみていた。
誰かがここにやってくる。
僕の支えになってくれる?
誰かが僕の横に倒れた。
どうやら支えを失ったらしい。
これで僕とオナジだね。
そう、君とオンナジだ。
これはこれで、いいかも知れない。
無理に二本足で歩むこともあるまい。
ケモノと云うのも慣れてみれば、ひとつふたつの幸せもある。

87 :名前はいらない:04/01/08 18:49 ID:kCN7xBP7
>>82

Dかな・・・

全体的に俺は好きだけど「詩」か?見たいな感じ。
あと「有益性」のところででリズムが少しよくない。

88 :しんしん:04/01/08 19:20 ID:gSRbt6XL
最近 自スレでぬるま湯ばかりつかってるから
ふやけてきたな
ここは一丁 詩坂の羅生門に投稿すっか
アンダーバーや4TH、抑揚などの辛口評論家に
ブサッと斬ってほしいね
さてさて どんな鬼がでるかな、、、、、、、

89 :名前はいらない:04/01/08 19:54 ID:pQ1Coa2O
腕は何のためにあるの

唇は何のために使うの

あなたの瞳は何のためにあるの

あなたの指は

あなたの声は

私を抱きしめ唇を這わせる

90 :しんしん:04/01/08 19:57 ID:gSRbt6XL
#1
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

広いだけが取り柄のはらっぱで イモムシを見つけた
ノロノロともがく様が凄く僕に 似てる気がした
「緑色の葉の穴から見える小さな世界に少し飽きてきたんだろ?」
「空ばかり見てもしょうがないだろ、君には翼も無いしね」
自嘲気味に僕は呟いた

忙しく日々は過ぎるけど 何一つ僕は変われない
あのイモムシのような青い幻想なんて胸に抱いてさ

月日だけが流れた
自分自信を只 慰めるだけに
葉々の上のイモムシを探した


91 :しんしん:04/01/08 20:12 ID:gSRbt6XL
#2
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
彼の指定席だった 大きな葉
そこに在ったのは 無数の穴と
彼が残した 小さなヌケガラだけ

「やあ、何処を見てんだい?僕は空を飛んでんだよ
こんなにすてきな翼があるんだよ」
と、空から彼の声
「穴だらけの世界に何時までもいる訳にはいかないよね」
と、僕も呟いた

はらっぱからの帰り道 僕の心のイモムシを潰した
青くさい臭いがした
すると別れたはずのイモムシが
下卑た笑いを浮かべ言ったんだ
「やあ、これで君もはれて仲間入りだ
空を飛ぶのは辛いぜ、羽を死ぬまで動かさないと墜落しちまうぜ
羽を休める安全な場所なんて皆無に等しいんた゛」

最後に彼は僕に叫んだ
「ようこそ!自由の国へ!!」



92 :ノブ:04/01/08 21:49 ID:pZqc8RX2
何かとらわれてない?
今まで評価した人。よく考えてみて。
まずそいつの本当に表したい気持ちをもう@度探してみ。何回も何回も。詩は@回で見ちゃダメなんだょ。
俺は@回で得られる誘導的な詩なんか詩じゃぁないと思う。例えばひとつの文字だったり言葉使いにも大きな意味がある
書いてる側もよく見直してみ?きっと自分が好きな歌詞や詩に酷似してるよ
ただその型で文字や意味を変えただけだと気づくんじゃないかな

そんなん自分の詩じゃねぇただ単に新しく塗り絵してるだけ。

このレスをどう感じるか。それもまた人それぞれなんだろうけども。


93 :抑揚:04/01/08 21:56 ID:F/EfYbOo
>>92
機種依存文字使う奴は嫌い

94 :しんしん:04/01/08 22:20 ID:/p+NGYit
92>>
なんかわからんが 腹がたつ文だなw
おっとと 口がすべった
君自信を否定してるつもりはないよ
さてボンドでも見るか

95 :名前はいらない:04/01/08 22:32 ID:pZqc8RX2
>>93,94
ごめん。起こらせるつもりはなかったんだ。
基本的に読むしかできないんでm(_ _)m
気を悪くした人ごめんなさい。

96 :名前はいらない:04/01/08 22:34 ID:6O8r/7Ky
かなりの詩がスルーされてるな

97 :しんしん:04/01/08 22:39 ID:/p+NGYit
95>>
わりい
そんなにあやまんなよ
いじめっこみたいじゃないか
まあいいさ する〜された詩をひょうか するひと きぼん

98 :しんしん:04/01/08 23:02 ID:/p+NGYit
スレ汚した詫びに評価します
86>>
人間が 二本足で立つのは やはり高く美しい「天」
を目指したからなのかな?
その証拠に飛行機や宇宙船を開発したんだろう
いつかバベルの塔みたいになるのかな
余談だけど その詩をみて金八先生思い出した
評価したことないからランクなんてつけれないよ
しかも評価では無く 感想になってるし
評価ってむずいな

99 :詩っ私っ死:04/01/08 23:07 ID:ZxoWuCwn
>>81
定型詩はアイデアがすべて。でも各節の三行目がいまいち。
>>82
あなたの精神。てんでバラバラ。「そんななんか」って訛ってない?
>>84
比喩の炎と実際の炎を混同してる。なんか焦げ臭い。
>>86
人が獣でないのは努力をする存在だから。倒れても立ち上がれ。
>>89
愛を表現するのは心か肉体か。
>>90-91
人間は成長しても蝶にはなれない。
青空に憧れ蝶の羽根をむしろう。

100 :名前はいらない:04/01/09 01:18 ID:Xn8N2erj
>>54 D
狙っているのかはわからないけど句点が多すぎ。
逆にリズムを壊しているし、何を言っているかわからない詩になってる。

>>58>>59 E
改行と・・・と「」を使いすぎで平べったくなってる。
昔の自分を見下ろす、というアイデアは良いがそれだけ。

>>60 D
ブーツをブゥツと表現しているが、狙っているとわかるから萎えます。
リズムを狙って書いたわけでもないようだし。
暖かい表現と冷たい(無機質な)表現がばらばらに置いてありまとまりも無いと思います。

>>61 D
定型詩でオチの文章を変える。という手法を使う時は、
その詩を初めて読む人がオッと思うような構成にしないといけないと個人的には思います。
しかしあなたは曖昧な表現、難しい漢字を多用して一回読んだだけではわからない
詩を書いています。読み手(俺とか頭悪いしね)のこともください。

>>64 C
構成は上手いと思います。囁いてる声=無意識の自分ということでしょうか。
よく題材にされるテーマですが、オリジナリティーがひとつも無いのが残念です。
あとかすむを翳むとかくのは流行っているのでしょうか





101 :名前はいらない:04/01/09 01:30 ID:wg3a0I6U
泣かないで。

そう囁いた僕が泣く。

妙に納得している自分。

人生ってのは。
宇宙ってのは。
思ったよりも単純なのか。

微笑みながら君は言う。
それは貴方が単純なのよ。

つられて僕も笑い乍ら
それもそうだと頷いた。

手の温もりに安堵する。
花の香りに歓喜する。

夢の話。

愛のカタチ。

僕は今また泣いていた。
やはり世界は単純だ。

涙はしばらく放って置こう。

102 :名前はいらない:04/01/09 01:35 ID:flr/w6SR

その構造が欲しいと願ったものだ。

103 :名前はいらない:04/01/09 01:41 ID:flr/w6SR
惰性したシステムに敵わなくとも。

104 :しんしん:04/01/09 01:44 ID:xDiwi1+0
101>>
おっ ひさぶりに素敵な詩 はっけ〜ん

105 :名前はいらない:04/01/09 01:58 ID:sar5ZcUb
僕等は笑って
大きな観覧車に乗って

どんどん上へ向かって
頂上で短いキスをした。

だけれどやっぱり
とても自然な流れで

観覧車は下へ向かって
僕等は降りなくちゃいけなかった。


降りたならもう別々の方向へ

歩かなきゃいけなかった。

106 :100=溝:04/01/09 02:10 ID:Xn8N2erj
>>101 A
胸がいっぱいになった。ありがとう。

>>105 B
好。
ただ何度も読みたくなるような良い表現がほしかった。

107 :名前はいらない:04/01/09 04:24 ID:P/2z55nZ
「ピクニック」
駅の階段を軽快に降りてく春
ポストに寄り添う女の子をゆうわく
ロータリーを回る車を停める
超高速シャッターで花を盗みに
レンズに縁取られた空に地球が映える
コーヒーカップに黒い土を盛る
ひるがえる風にバランスとる
太陽が溶けて蜜蜂も満腹
るるるーるるるーと夢の電話がぐずりはじめて
白いシーツを四角に畳む
窓際の少女が三本締めをする
人参カジりつつ宇宙からご帰還
とっても疲れた今日一日と思う今日このごろ
本を閉じてくすんだ夜の香りがアロマ
千鳥足で紳士をまたいでダイブさ
カプセルなベッド

108 :倭国のヒース:04/01/09 10:40 ID:o9M3sJvD
>>99
>>82
あなたの精神。てんでバラバラ。「そんななんか」って訛ってない?
・・・う〜ん、詩って訛りって入っちゃだめかなぁ。ちなみに、
「そんななのか」なんだけれど。。。

109 :倭国のヒース:04/01/09 10:54 ID:o9M3sJvD
>>101 B                        
すごくイイ。あぁ、ってため息つく位イイ。なんでBかってゆうと、
私がデカダンス嗜好だから。

>>105 B
イイと思うけれど好みではない。2人の心境と観覧車の上がり具合・・・
てゆうのかな?それが状況をよく表していると思う。

>>107
Cだと思う。一見して支離滅裂っぽいんだけれど、その断続的に展開する
情景とゆうかイメージとゆうかそうゆうのが、ぽんぽん映像になって
頭の中で想像できちゃう。こうゆう感じの詩、私は好き。

110 :人間芝刈機 ◆SSSSSGkKsk :04/01/09 11:09 ID:ydEaGTNJ
【ばい ばい ばい】
再開 2004謹賀新年 巡り会い宇宙二度合う韻は新鮮 頭1つ抜きん出る
レール伝いエール送る タイムラグ無いライフワーク 火気と高温に注意
臭気漂う モアディープなのをかまそう ハマコー張りの味を飛ばす馬鹿野郎
次世代型の死刑台から見てみたい映像 バーチャルリアル 朝から瞑想
喜劇王に刺激をもらう チャップリンの風刺貰う いただきストリート
このスティーロと 放つ凄いの。

111 :名前はいらない:04/01/09 14:50 ID:yodToyaz
この町でこの命で
世界を眺めて
平凡であろうとも
手に触れるものを信じて進む

君とありきたりな挨拶を交わして
別々の方向へ歩いていく

温かいコーヒーを一杯飲んで目を閉じると
僕の心臓が軽やかに命の小道を踏みしめている

儚い点滅が世界中に同じ明かりを灯し
それぞれの喜びや悲しみを抱えて存在している

音叉のようにその孤独が共鳴する音が聴こえる

自分の中に秘蹟のように存在する幾千の欠片が
確かにあることを

112 :抑揚:04/01/09 15:04 ID:0KrnGn8L
>>110
D;散文なら散文で、意味を読み取らす努力は必要

>>111
B;読み易くて、文字を追ってると自然に情景が浮かんでくる。
読みやすさは後半ちょっと損なわれてるけど、
それが全然気にならないくらいスッとその世界に入り込める。

113 :DD ◆DDDDDDfehk :04/01/09 15:31 ID:07PLIWnH
【いただきストリート】

丸ごと 丸めて いただきます 今は来ます 来たら居ます 詩歌は死なす
強いて 強いる 道を敷いてみる 方や生まれる 方や死んでいく
初期に中出し 途中で生まれる子供たち 精子もでるよ、だって俺、男だし
射精したらお友達 それがいやなら元を断ち それじゃ元も子もない
でも戻りたい 三歩進んで 二歩下がる そろそろ今が来るって 歩数が狂って
間違えてゴール 丸ごといただきだ 終わるごとに叩いた 精子も干乾びた ラビア

114 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/09 15:40 ID:syWH1Ni3
>>109
「ピクニック」の評価ありがとう!

115 :名前はいらない:04/01/09 16:26 ID:bdRrRWEs
>>113
ごくろうさん、ごくろうさん・・・・・・俺としたことがしくじったぜ、ちっ!

116 :しんしん:04/01/09 17:30 ID:sqCybNmj
90.91>>
わしの わしの評価をお願いしやす、

117 :名前はいらない:04/01/09 17:45 ID:jNj7y2mm
ヒリヒリする傷跡に
貴男の唇が触れたら
そこから一瞬にして
私の躰は燃え尽きる

慰めも説教もなくて
唯貴男は優しくキスをする

キチガイな私と正常な貴男
ずっと一緒にいられないけど
今貴男が隣にいてくれるなら
薬なんて必要ない

ケロイドになった傷跡に
貴男の唇が触れたら
そこから一瞬にして
私の躰は燃え尽きる

118 :名前はいらない:04/01/09 18:14 ID:QWVrKo6U
君と二人で歩いていると
時々、右足と左足のリズムが重なることがあります
僕はなんとなくそれがずれるのがいやで
心の中で数えながら歩いています
二人の恋が一瞬の重なりでありませんようにって

119 :名前はいらない:04/01/09 18:22 ID:MQ2cSEft
「晩餐」

貴方は口を閉じて
私は炎を向こうで歪む
貴方の顔を眺めている
時間は何故か進行を急ぐ

時計は静かに止まり
蝋燭で揺れる炎も静かに
光を閉ざした
闇はいつしか不安を覚え
光の漏れを期待する

音楽の終わりと共に
終幕を告げる悲しい晩餐
光と共に姿を消す貴方
椅子には体温さえ感じられない

音楽の終わりと共に
終幕を告げる怪しい晩餐
光と共に姿を消す全て
食器には温もりさえ感じられない

音楽の終わりと共に
終幕を告げる哀れな晩餐
光と共に姿を現す真実
もう生きる希望さえ感じられない

120 :名前はいらない:04/01/09 18:25 ID:xo13U2ng
>>しんしん

121 :名前はいらない:04/01/09 18:29 ID:xo13U2ng
>>しんしん
あんたの詩はいつも青臭いな。まあそれがいい所なんだろうな
まあガンガレ

122 :名前はいらない:04/01/09 18:40 ID:wg3a0I6U
一匹の蝶が鼻先を舞う

そっと手を差し伸べてみる
その指先に蝶はとまる

この手は蝶にとっての何だろう

力を込めれば命を奪える
今は蝶を休ませている

”神”がオーバーラップする

蝶は恐れているだろうか

この手が自分を潰すことに
その可能性を秘めてることに

気づけば蝶は去っていた
すぐ傍の花で蜜を吸う

僕はコーヒーを一口飲む

僕は今蝶なのだろうか

いつ自分が潰されるのか
そんなことに怯えるだろうか

どうでもよかった

口に広がる淡い苦みが全部だった

123 :名前はいらない:04/01/09 18:45 ID:YpdmSC5d
いじわるなあの子の服の水蒸気が 
終わったあとの呪文みたいで。
ふくらんでからしぼんでいくのをじっとみていました。
そんで、あのこが息をしてるかたしかめてたら
自分がこんなに無口なやつだったことに気がつきました。

あのこの生き方の一秒あとを走っている。
どっかのだれかに決めつけられたリズムに
もし、ちょっとでもつまずいたとき
ぜんぶぜんぶこぼれてしまいそう。    


・・・すきです。

坂道を歩きながら
頭の中であなたの書いた文字を
なんかいもなんかいも書きなぐって
あなたのくせの落書きをしました。

君も、ひとりぼっち なんだよね?
いっしょの呪文、、、、、、、、、、いっしょにいても、いい?

124 :名前はいらない:04/01/09 19:33 ID:t8hwsIO6
文化
創作文芸
詩・ポエム
映画一般
映画作品・人
懐かし邦画
オカルト
特撮!
演劇・役者
宝塚・四季
占い性格診断
占術理論実践
神社・仏閣
美術鑑賞
伝統芸能





125 :名前はいらない:04/01/09 19:52 ID:HQiNMSZL
真っ白な処女雪のような君
まだ足跡も汚れもなにもない
その綺麗な君を汚したいと思ってしまう
くったない無邪気な笑顔を僕にむけないで
いつハジけてしまうか わからない

この閉鎖された空間でたった一つ
君だけを求めて欲してきた
どんな声で喘ぐんだろう
どんな表情を見せてくれるんだろう
君を包むもの すべてを壊して僕だけのものに
舐めたら甘い体は僕だけのものに



126 ::04/01/09 21:18 ID:Xn8N2erj
>>117 D
この詩の場合わざわざ貴男という新しい日本語をつくる必要は無いです。
貴方で意味は通じます。タカオさんのためにつくっていたらすいません。
貴男は薬と同じ価値だと意味が取れてしまうのもまずいと思います。
>>118
この気持ちは僕も経験したことがあり、感情移入できました。
が、三行目と五行目が矛盾してしまっています。
>>119 D
絶望を表すために暗い言葉を並べただけ。
自分の言葉をさがしてください。
>>122 B
コーヒーに対する感情を上手く表していて、かつ構成も面白かった。
>>123 評価不能
恋愛の詩なのか、友情の詩なのか僕には全く分からなかったです。
>>124
面白い。大真面目にセンスがあると思います。
好き嫌い別れそうですが。
>>125 D
最後の一行を雪とかけることができていたらCだったです。


127 :名前はいらない:04/01/09 22:01 ID:atYehleb
自慰をしながら何を見ているのだろう。
目の前の美人を見ているの?
その美人に何か、恋に近い何かを投影しているの?
そうか夢か、夢かもしれない。
こんな人とセックスしたいという夢。
白いボンヤリとした夢。
目の前の美人は僕の意思が加わり変容する。
そうだ、夢なんだ。
自慰とは夢をみることなんだ。
・・・でも夢はいつかきっと覚めるんだ。
白いボンヤリとしたものは目覚めとともに放出される。
何故か悔恨が残る。
それでも僕は夢を捨てない。



128 :月と燐粉:04/01/09 22:04 ID:xVsGmN9T
すこしさむいようで 身をよじって蛾
とんでいきます くらがり闇夜
まんまるをでんせんがつらぬいて
そして貼りついていた 空に

いたそうだ
兎はちんもくしていても にじむ朧の鮮血
わたくしを刺している方は
電線なのか 伝染でしょうか

流行歌のせいで
すり減らし 地に落ちた さよならを
吐き出して呑み込んで嗚咽する
吐き出して呑み込んで嗚咽します
あなたの燐粉でふたたび浮かばれるでしょうか
蛾よ

まんまるも沈んだ 君は新月と呼ぶのか
まだ すこしさむいようで
わたくしはとしゃぶつと幻想にくるまれる

蝋燭を見てごらんなさい
羽根が燃えている 斑点が泣いている
とてもとてもあたたかそうで もう苦しそうに震えなくていい
蛾よ

鋭利な復讐者 こんどはでんせんが

燐粉はわたくしを天へ連れていきません
燐粉はわたくしを天へ連れていきません
ただ灼かれるのみで
やはりまだ すこしさむいようだ

129 :名前はいらない:04/01/09 22:24 ID:atYehleb
聞けなかった。

「チャンス」はそうそうあるものじゃないよ。

何が恥ずかしいの?
それは君の自意識過剰かも。
自信がない、自分の容姿。
決めつけるレッテル、「不釣合い」。
他の人には普通のことでしょ?
聞こうよ。

緊張と思考で彼女の言葉も上の空。

そこから始まるんだよ。
一目惚れだってあるさ。

さぁ聞こう。

男のくせにバクバクする心臓。

「教えて貰えますか?」

彼女はにっこり微笑むよ、きっと。

130 :名前はいらない:04/01/09 22:50 ID:S9tukDcr
風吹いて
 ゆれて ゆれて
白い影
消え行くままに 消え行くままに...

世界は
求める
永遠の悲劇を続け
カタルシスにすがりつく

女はいつまでたっても女であろうとする
男はいつまでたっても男であろうとするし
人間はいつまでたっても人間であろうとする

けれど
 世界は中性的な魅力を求め始めた
 そして世界はひとつを望む らしい

しかし
 それは決して愛ではなく
 飽和

131 :130:04/01/09 22:51 ID:S9tukDcr
<続き>

もう二本足では歩けない
きっと立て札ならば
一本であれば充分なはずだし
ましてや四本も必要ないはずだ

風吹きて
 白い影
闇の中では影でさえも
 輝くのだろうか

被造物の創造力が
決して 決して 決して
なんにも知ろうとは思わない

道ありき道を
ただじっくりと歩きましょう
ばらばらと
別れるならばそれも良し

明日の日が消えるというならば
抱き締めましょう
傍にいる人を
抱き締めましょう
それは決して飽和ではなく
お互いがお互いであろうとすることなく

さぁ歌いましょう ラン・ラン・ラララ

132 :名前はいらない:04/01/09 23:12 ID:TUsxZjjG

涙を流す
伝わらない思いが苦しくて
伝えられない自分が愚かすぎて
流れる涙は頬を伝い地を濡らす
星空を見上げ、歌を唄えど
涙はとめどなくあふれ出る
伝わらないと知りつつも
ただ涙は流れるばかり・・・


133 :minatuki:04/01/09 23:21 ID:C6C1W1C9
春の暖かさ
夏の静けさ
いつまでも いつまでも

秋の夕暮れ
冬の雪原
何処までも 何処までも

君のぬくもり
君との日々
いつまでも いつまでも

君と見上げる空
君と歩く道
何処までも 何処までも



134 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :04/01/09 23:48 ID:ib8TKdn6
[口を塞げ]





口を塞げ







135 :名前はいらない:04/01/09 23:49 ID:T25DI8l3
空の空
空の空。

一切は空


136 :抑揚:04/01/10 00:04 ID:GKrcSj2D
>>127
C;内容は独創的な感覚を活用できてる。
ただ、表現方法が多くの読み手の理解を得るには未熟。

>>128
D;自分で自分の詩をなるべく客観的に見て、
どこがいいか、どこが悪いか考えてみる事をオススメする。
独り善がりになってるよ

>>129
C;普段着の言葉が構成に生きてる良い例。
ただ構成の完成度に対して、内容が少しおろそかになってる。

>>130-131
D;読み手を意識した言葉ではない。
まだまだ青かったり幼い感じが残る。

>>132
書き手の存在が希薄に思える。
あなただから使える言葉、あなたが書くから意味を成す言葉を見つけて欲しい。

>>133
E;日本語の勉強からはじめな。その言葉が持つ意味と力を知ることも必要。
そんな借りてきた言葉は、読み流される文字列でしかない。

>>134
D;秋山の 木の下隠り 行く水さ

>>135
D;畦の畦 空と対成す

137 :しんしん:04/01/10 00:12 ID:4djDZPbB
134>>
詩がどうのこうのでは無く
たった一言で全てを表現しようとした感性がカコイイ


138 :名前はいらない:04/01/10 00:26 ID:ufswflD0
帰り道
午後5時疲れた心をカバンに入れ自転車を漕ぎ出す
坂道を下る冷たい風がどこか心地よかった
冷たい風に慣れ始めた頃ふと空を見上げる
空はとても中途半端でその中に星を一つ二つと数えてみる
星も見飽きたあと息を吐く少し長く
白い息を見て自転車を漕ぐあしに力が入った

139 :抑揚:04/01/10 00:34 ID:GKrcSj2D
あ、>>136>>132はDで宜しく。

140 :名前はいらない:04/01/10 00:59 ID:rJS++Pye
空き缶を蹴った。
川に落ちた。
家に帰ったら
ほらまた落ちた。

141 :名前はいらない:04/01/10 01:06 ID:nahNrz8S
雲の一つに君を見る。
さしずめ僕はあの消えそうな。

つかず離れずふわりと舞い。

いつしか「君」は日を覆い
「僕」は姿を消している。

ひとつふたつと滴が落ちる。
あれよという間にさんざ降る。

やれやれ「君」も泣くのかい?

小さな店で花を買う。
いつしか雨はあがっていた。

空を見る。
「君」はどこにもいなかった。

振り返ると君がいた。
僕ははにかみ花を差し出す。

「雨は僕には冷たすぎる」
君は少し驚いた顔。

「だから晴れていて欲しい」
君は少し微笑んだ。

もう一度空を見上げる。
そこに見えるは君と僕。

どうやら当分消えそうもない。

142 :30:04/01/10 01:19 ID:JGvWUvCm
前回のスレが消える直前でスルーされちゃったので。
さいきん失恋した30なのです、、、評価低そうかも。。。

「取り返しのつかないこと」
タイマーの設定を間違えて
パンを焼きすぎた朝は
ミルクだけの味気ない朝食
ベンジャミンの葉が枯れ落ちて初めて
存在に気付く
ハイジャンプで水槽から飛び出した熱帯魚は
すでにもう息絶えていて
何に向かって逃げ出そうとしたのか

二度と会わないって言ったのは
いつものずるい常套手段
軽い気持ちでけしかけた
勝算ある決断
なのにあなたの決意はずしりと重くて
リスキーな賭けだったことに
はじめて気付く

ばいばい。じゃあね。
もう電話しないよ。
平気な顔でいつものように、
笑顔で手を振って背を向けて、
振り返りすらしなかった。

明日の約束 週末の予定
いつかのためのあの計画
みんなもうなくなっちゃった
取り返しのつかないこと

143 ::04/01/10 01:30 ID:UgjehaLB
工場/ 鉄パイプ/ 金属音/ 
打ち響く/ 私に/ カンカンカン/
機械には/ 心がないと/ 勘違いしている/
あの人に/ 冷たくされた/

144 :名前はいらない:04/01/10 01:37 ID:UaPp+Njm
さよならは言わないよ
同じ時代に生まれたら誰もが
同じ星を持っている
大切な人だから少年の面影
いつもいつも無くさないでね

145 :名前はいらない:04/01/10 01:44 ID:UaPp+Njm
何があったか知らないけど たまたまなんて7年ぶりだろ
季節感のない服を着てさ そっちはまだ暖ったかいんだな
せわしい街だろ?お祭りみたいだ おまえといたら不思議にそう見える
でもこの店のマスター言ってたよ 東京生まれは本当は田舎もんだって
夢と現実はいつも少し違う 俺はどうだ?あの頃とどこか変わってないか?
授業中 抜け出して 自転車置き場 約束なんていらんかった
晴れた空 南風 それだけでいい 防波堤でただ未来を波に浮かべて

おまえと2人でこうしていると あいつらが入ってきそう
いつでも会えるさって別れたけれど もうあそこには帰れないんだな…
今が少しずつ 遠くなったけど おまえの言葉あの頃となんも変わってないな
歩道橋 捨て看板 立体駐車場 行く場所なんてどこにもない
でもこうしてこの街で飲んでる景色は 防波堤で見たあの日の夢の景色だ

146 :名前はいらない:04/01/10 01:45 ID:xtBBsObt
一歩でれば雨上がりのアスファルトのうえ
すいこむ生暖かい空気が体にたまり
きらきらと眩しい光が目にとびこむ
世界はふと訪れる予感をまっていた
ゆっくりと準備をはじめながら全てはこのために
瞬間永遠に刻まれ
忘れ
思い出す

147 :名前はいらない:04/01/10 02:20 ID:ZocQetTT
星影踊るこころの小刻み
悠久の大地は海よりい出し
風に思わず涙奪わるる
潮の匂い
波の音
僕の心はそれだけで洗われる
荘厳にそして優しく
自然は語り掛ける

148 :ホノルル:04/01/10 03:17 ID:soRiBVse
<魁!オレンジロード4>
男ならば誰しも通る道
この道を歩いてゆくかぎり
僕がなまじ鍛えたからといって
鎮目君の打たれ強さにはかなわないだろう。
たとえ腹筋を50年毎日やり続けたとしてもだ。
その50年の間に鎮目君はさらに進化し
たぶん人類ではもう勝てないだろう。
そこで僕は考えた。幸い鎮目君は喧嘩が始まって
少なくと20分はまぁ言ってみればデク人形?
攻撃は絶対してこない。
その間に鎮目君の息の根をとめてしまえばいいのだ。
攻撃力には自信がある。僕ならできるはずさ。



149 :遊び獅子 ◆71BtY72Tzs :04/01/10 03:28 ID:SzlIy9yl
評価やってみましょ。
>>140 はげしく努力を期待 E
>>141 この手のはニガテ 花輪君類型 D-

>>142 女の人の取り返しのつかないことはお気楽なような。C-
失礼しました、、、文章としては悪くはないけど

>>143 直接過ぎると文章としては面白くないような D-

>>144 いつもいつもは愚痴で使う台詞なんで
いつまでもの方がいいような。
3連の詩の3連目として>>144を使用して
1、2連を書いて見ると良いかも。
その後3連目を新ためて再考してみる。

大切な人だから 忘れないで
君だけの無邪気(あどけ)なさ  
いつまでも         とかで改行した方が(一例) D-

150 :遊び獅子 ◆71BtY72Tzs :04/01/10 03:29 ID:SzlIy9yl
>>145
伝えたいことは伝わるけども
"街で飲んでる景色は 防波堤で見たあの日の夢の景色"
なのかどーも疑問なのだ。うーん。
7年経って変わらないものなのか。
変わってないと思いたいだけなのか。 C

>>146 素材としてはよく使われるが
形、音の展開が理想的。続きが読みたいと思った。B-

>>147 視点を変えてみよう。この手の詩は誰でも書ける。
君にしか書けない詩を目指そうぜ。 D-

>>148 漫画か何かだろうか? D-

151 :ホノルル:04/01/10 03:32 ID:soRiBVse
<魁!オレンジロードFOREVER>
男ならば誰しも通る道
この道を歩いてゆくかぎり
打たれ強さなんかなくったっていい。
殴られるのが怖くったっていいんだ。
僕はなにを恐れていたんだろう。
僕はなにを悩んでいたんだろう。
僕は彼女に言った。
「俺・・一生腹筋しないよ。もちろん背筋だって」
彼女はちょっとビックリしていたが
やがてすべてを悟ったようにこう言った。
「ダーリン その調子でがんばるっちゃ」

魁!オレンジロードは長く果てない道のり
でもこいつとだったら立ち止まらずに歩いていけそうだ。



152 :名前はいらない:04/01/10 03:52 ID:4YE3dl8U
「疎外」

ボクはオタク
疎外されている
仲間はずれ
一人ぼっち

孤独にも慣れた
でも、他人との接触が怖い
誰とでも軽々しく握手しない
でも、キスして欲しい

武器をもって武装する
ナイフを持って、他人を刺す
砦を築いて、秘密基地にする
国家に対する内乱だ!

ボクは逮捕され
殺されるかもしれない
でも、警察には負けない
なぜなら、無罪だから

153 :しんしん:04/01/10 04:06 ID:4djDZPbB
オレンジロードの
優柔不断さと
先駆け漢熟の
漢臭さの相反するものをタイトルでよく表現している
タイトルだけなら特Aであ〜る
           男塾塾長 江田島平八郎

154 :詩っ私っ死:04/01/10 04:18 ID:9qevI6H7
前回は誤字にレス番号間違い、果てには五段評価忘れ失礼しました。
>>138 Dで十分
散文詩というのなら短すぎ、描写不足、ただの想念。
>>140 Eってなもんでしょ
ナンセンス詩の中でも理解に苦しむ作品。それともオチあるの?
>>141 C寄りD
浮かぶ雲に恋人をなぞらえるのかと思ったら、本当に雲を恋人にしちゃったような話。
>>142 C寄りD
あなたの失恋より熱帯魚の方がかわいそうと思ったぼく。
>>143 Dでやめとく
機械工に恋した機械。具象が浮かばないので今度工場見学に行ってきます。
>>144 Dにしとく
私の小学校の時の先生もそんなこと言ったような言わなかったような。
>>145 Dかな?
純情なあの頃を描くのに、くどく悪ずれした語調ではね……
>>146 とりあえずD
生暖かい空気吸ったら普通気持ち悪くないですか?
>>147 Dあたり
現代っ子的な人称「僕」が歌人的センチメンタリスムを備えているのは不自然では。

155 :詩っ私っ死:04/01/10 04:20 ID:9qevI6H7
書いてるうちにかぶってた……

156 :名前はいらない:04/01/10 04:27 ID:ZocQetTT
「雪」という字は「雨」と「ヨーグルト」の「ヨ」と書きます

飴に練乳と砂糖まぶしたのねえ

綿飴みたいにパクパク食べたなら

おなかがピーピー  み・ぞ・れ・なの

「ああ、明日晴れるといいな」


157 :抑揚:04/01/10 05:07 ID:GKrcSj2D
>>156
一行目なのかタイトルなのかわからんが、めっちゃ心掴まれた。
評価は誰かに任すけど、それだけ言いたかった。

158 :華司 市葉:04/01/10 05:25 ID:dPHKjZ2d
ホームページ作りましたぁ♪TEXT・小説等中心です(^^)v
見にきてねv('∇'*)⌒☆
http://www.geocities.jp/innocence_bluesky/

コピペsorry.。・:*:・゚`☆

159 :名前はいらない:04/01/10 05:41 ID:nahNrz8S
生きる意味はあるのだろうか?
どこかで聞いた疑問が浮かぶ。

結局死んでしまうだけだよ。
誰かが言った諦めの言葉。

私が死んだら全てが終わる。

けど私じゃない”ワタシ”がいる。
それはずっと続いてく。

もう一度だけ考えてみよう。
生きる意味って何なのか。

繋ぐために生きてると思う。
どこかの”ワタシ”が途絶えぬように。

特に意識はしないけど
何かをするってワケでもないけど
生きるって事はそういう事

そうじゃなくてもそれでいい
死ぬだけなんて寂しいもの。

”意味”なんていう幻想くらい

奇麗事でもいいじゃない。

160 :ホノルル:04/01/10 05:48 ID:soRiBVse
しんしんさんに誉められた。超ーうれしよー
1からフォーエバーまで読んでいただけたんですか?
ありがとうございます。詩って楽しいですね。

161 :DD ◆DDDDDDfehk :04/01/10 05:53 ID:TJd4ILGa
【いただきストリート】

丸ごと 丸めて いただきます 今は来ます 来たら居ます 詩歌は死なす
強いて 強いる 道を敷いてみる 方や生まれる 方や死んでいく
初期に中出し 途中で生まれる子供たち 精子もでるよ、だって俺、男だし
射精したらお友達 それがいやなら元を断ち それじゃ元も子もない
でも戻りたい 三歩進んで 二歩下がる そろそろ今が来るって 歩数が狂って
間違えてゴール 丸ごといただきだ 終わるごとに叩いた 精子も干乾びた ラビア

162 :しんしん:04/01/10 06:44 ID:wbMaQfyg
161>>
はまったなあ〜このゲーム
株なんてインサイダー取引バリバリだったよね

163 :しんしん:04/01/10 06:50 ID:wbMaQfyg
ホノルル>>
そんなに喜んでもらえて嬉しいよ

164 :名前はいらない:04/01/10 06:52 ID:nahNrz8S
人間も、自然の一部だぜ?

あんたらが嫌うアスファルトや

高層ビルも、自然なんだぜ?

川の濁らす排水も

空を曇らす排気ガスも

”自然”が産んだ、ヒトの所業だ。

それにあんたも人間だろ?

だったらヒトを否定するなよ。

あんたも、俺も人間だ。

人間は自然の一部なんだぜ?

汚いだの何だのと言うけれど

なかなかどうして、美しいものもたくさんある。

さぁ、そんなとこで嘆いてないで

笑顔を見せて、こっちへ来なよ。


この世界は、美しい。

165 :名前はいらない:04/01/10 07:59 ID:kw0ZZCN+
豊胸手術
ください
私の胸をいっぱいにして
ラブアンドピース
ください

いまはたったのAだけど
あなたが一欠片わけてくれたら
私の心の細胞は
むくむくと
それはそれはむくむくと
膨らむ予感がするんです

そうすれば
いつまでだって柔らかく
柔らかく
柔らかく
柔らかく
あなたを包んでいたげるわ

166 :蚊蜻蛉蝉蝸:04/01/10 08:10 ID:Qmiq9Dn3
「散歩」

夕べの魚が腐り始めた昼下がり
外では絵に書いたような老人が戦争の話をしている
俺は一升瓶片手の散歩に出かける
ドブ川を飛び越え 工場の前を歩く
歪んだまま追いかけてくる街を引き連れ
あの楽しいパチンコ屋目指し

一本調子のサイレンは黒い煙を撒き散らす
えびす顔 景品 一升瓶
全てを携えて歩く日の暮れた帰り道
電線に「ビンボー」と鳴く珍しいカラスが一匹
「うるさいボケー」と叫ぶ物珍しい俺はその下で
今に見てろと酒を流し込み
今日はいい日だと言いながら
すえた匂いのする部屋へ フラリフラリと歩いていく

167 :DD ◆DDDDDDfehk :04/01/10 10:06 ID:IIA1GXtm
【いただきストリート】

いただきまーす
結果なくして経過なし 結果より経過だけど結果オーライだってんだ
終わりよければ全てよし 牙を研ぎ 爪を研ぎ 黄泉へ呼び込む
胎盤の上に引き篭もって 定義の中に引き篭もって 墓石の下に引き篭もって
意思を持ってやってるのかやってないのかだって定義の中でやってんだって
動くべきでも 目的が革新的なんだから奥手になって保守的にしてても良い
そのうち生産性ばっか求める大人になって 責任を担って 子供に威張って
そうはなりたくないから初めから威張ってる だから来た 2ちゃんねるの時間です
万歩計が壊れたから何度でも進んでみて狂ってみて分かること
言葉よりも此処が確かで 幾ら確かめても勝ち負けは決まるから味わってたい
交わってる価値観ではないさじ加減 諦めも大事だけど粘着質だから知らね
昨日の夕飯も覚えてないけど、泣いても思い出せないから今日も夕飯を食べる
追われる立場だから追う者が勝るなんて思わないで結果を探す
ご馳走さーん

放置すんなよ!バッキャロー!

168 :名前はいらない:04/01/10 10:50 ID:iI8OEAbQ
一度だけの人生
悔いのないように過ごしたい
だけど後悔する時だってある
だから人生って面白い
一度だけの人生
好きな事をして過ごしたい
だけど嫌いな事だってある
それを乗り越えてこそ
楽しい一度だけの人生
おくれるんじゃないかな
一度だけの人生
まだ10代なのに後悔したり
嫌いな事をしたりした
これからまだ続く人生
どんな事があっても
自分なりに
私なりに
乗り越えて生きたい
一度だけの人生
毎日毎日を大切に


169 :名前はいらない:04/01/10 10:51 ID:iI8OEAbQ
旅人は
どこまで旅をするのだろう
いつまで旅をするのだろう
旅の果てには何が見えるのだろう
それは旅人にも分からない
だから旅人は
旅を続ける


170 :名前はいらない:04/01/10 10:52 ID:iI8OEAbQ
今日という現在
昨日という過去
明日という未来
どれも違う一日だって事
どれも同じ一日じゃないよね
だから振り返る
だから明日へ走り出す


171 :倭国のヒース:04/01/10 11:31 ID:w/bjez3m
評価します〜
>>164 D 言っている事はいいんだけれど、すこししつこい感じかな?
     内容はいい。もっと短くインパクトを。

>>165 D ちょっと「あはw」ってなった。でも詩にしては幼い。カップサイズとか
     具体的なものをだすより、抽象的に表せたらよかったと思う。

>>166 Dかな。Cに近い。えびす顔 景品 一升瓶が全てってゆう状況が楽しい。
     おもしろかった。

>>167 これ、詩?ゲームの話?ぅ〜ん・・・ちょっとどうしていいかわかんない。

>>168 D 内容はよくみかけるチョイありきたり気味。なので、スペースあけたり、
     行をあけたり、文字変換とかでもっと単調にならないような工夫が欲しかった。

>>169 D なにが言いたいのかを明確に自分の中に持って。ようするに、何が言いたいんだぁ〜!
     ってこと。 


>>170 D これもそう。だからどうしたの?ってなっちゃう。過ぎ行く時は1秒前だってもう戻って
     こない。1秒先に先取りは出来ない。うん。当たり前ですね。・・・となります。
     だから振り返る だから明日へ走り出すってところはいいと思うけど、もっとそこから
     表現を派生させてほしい。 

172 :名前はいらない:04/01/10 11:50 ID:nahNrz8S
陳腐な絶望。浅薄な虚無。空疎な厭世。卑小な達観。

悟ったような顔をして、この世は闇ばかりと嘆く。

座ったままで目を閉じて、耳を塞いで呪詛を吐く。

くだらねぇくだらねぇくだらねぇくだらねぇ。

カタチだけの敗北感。中身の全く無い悲劇。

死だ狂気だの言葉に酔って、打算交えて言葉を紡ぐ。

イカレタフリハタノシイデスカ?

私は希望を高らかに謳う。この世は愛に満ちている。

生きているから素晴らしい。

私も、貴方も、素晴らしい。

173 :倭国のヒース:04/01/10 12:07 ID:w/bjez3m
漣が聞こえる。 ざざ、と砂をかきわけて
さざなみがきこえる。 ここは私の城

散らばった新聞紙 広がるは呪詛の言葉
空は暗い 尚暗く太陽も無い

潰れたアルミ缶は 所詮風に流され吹き溜まる

ここは私の城 床に同じく窓にも新聞
海はもう無い たとえ外でも

変わらない黄昏 もう見たくない
偉大な科学者の 偉大なる失敗

200×、無くなった青い星

174 :ウノ:04/01/10 12:30 ID:AnffmgoD
>>165
気持ちわるい詩やな〜
さぶいぼたったわ
まったくなんでこんなん作ろうと思ったんだか…
神経疑うよ・・・自分の。

^^あ、あはw^ゲホッ

…評価どうもー!

175 :詩っ私っ死:04/01/10 13:02 ID:Tiz8Eg/u
>>164>>168>>172 
気づいたんだけどこれらの詩って逆さに下の行から読んでいっても意味
通るね。しかもそっちの方がなんかいい感じなのは気のせい? そうい
うわけで評価はまとめてDプラス。普通に読むとD。

176 :名前はいらない:04/01/10 13:18 ID:PohkWFUS
ねじれ
ねじれた景色の中に君を見る
君が笑った
それと同時に色あせる景色
君の笑顔は今もまっすぐ見えている
その笑顔だけはねじれて欲しくないと
願う僕はねじれているのかな・・・


177 :遊び獅子 ◆71BtY72Tzs :04/01/10 13:20 ID:Ge1bQHIF
>>151 二次創作は避けるべき D-
>>152
オタクの心理の屈折した一面を
捉えているようだ。
作品としてのこれ以上の
発展が見られるようなら
よいのだが、どこまで描けるか
突き詰めて書けるか新ためて問うてみて欲しい。
そこがスタート地点。 C+

>>155 色んな人の意見があるほうが活性化します。

>>156
>おなかがピーピー  み・ぞ・れ・なの
逝ってよし E-

>>159 ありがちでつまらない。D-
あなたの人生の言葉がつまらないというわけでは決してなく
類型化されたデジャヴなつまらなさという意味で
板内スレタイを「生きる」で検索すると5つ掛かる

178 :遊び獅子 ◆71BtY72Tzs :04/01/10 13:21 ID:Ge1bQHIF
>>167 >>161,>>151に同じ D-
>>165 女の腐臭がして気持ち悪いです。 E
>>166
電線に「ビンボー」と鳴く珍しいカラスが一匹
「うるさいボケー」と叫ぶ物珍しい俺は
の下りは好きだ。D+

>>168 >>169 >>170 そんな当たり前のこと言われても D
気持ちの持ち様はすばらしいけれども

>>172 言いたいことは分かるがそれは意気込みであって
その気持ちで出来た作品を持ってきてよ。 C-

>>173 イミテーションの切り貼りに過ぎない D

179 :名前はいらない:04/01/10 14:10 ID:LHU1Twod
あなたは理解してくれるだろうか。いや。理解はしてくれないだろうけれども

上へ上へと上る階段。上に見えるは上の上。上の上の上位を意識したほうが

さようなら。さようなら。わかれの時がきたようだ。でもよ

そしてまた春は訪れ春は去り冬がやってきて夏が終る。

最後に一言。
最終的にはそれがよいのだろうけれども、
あなたの考えと私の考えは相容れない所がかならずしもないといえないこともないようで、
であるけれどもそれはまたまたあなたとわたしを結ぶ唯一の

180 :名前はいらない:04/01/10 16:57 ID:nahNrz8S
立ち止まり、振り返る。

かつて通り過ぎた景色に郷愁を覚える。

嗚呼。

それはとても死に対する羨望のようで。
段々と怖くなってきたので前を見る。

何も見えない。

けれども、足を踏み出す。

どうやら僕は。振り返り、確かめて。
ノスタルジィを感じる為に歩いている。

立ち止まり、振り返る。

先ほどの感慨は既に消えてなくなっていた。

前を向け、ということらしい。

闇に手探り、歩く自分。
なるほどこいつも悪くない。

当分は、振り返るのを忘れておこう。

181 ::04/01/10 17:10 ID:mmgQGw/O
>>179 C
理解できないことを最初にことわっておく潔さと
理解できるかできないかギリギリのところまで破綻させたセンスはあると思います。
が、やっぱり意味を理解できなくてイライラしたのでC
>>180 D
なぜ感慨は消えたのか。文章に説得力がないです。

182 :名前はいらない:04/01/10 17:14 ID:L47IuwPw
空は青く輝いていた。

少し前まで君の手が僕の手とつながれていたけれど

掴んでいるのは空気だけだった。

一人で空を眺めていた。

流れてくる涙は冷たかった。

空が青く輝いていたあの日


183 :名前はいらない:04/01/10 17:28 ID:nahNrz8S
花が枯れた。
そうなることはわかっていたけど。

僕は泣いた。
けど枯れた花は枯れたまま。

いつもどこかで花が咲き
いつもどこかで花は枯れ

その全てに笑ったり 泣いたりすること
できないけれど。

僕は目の前の花に泣く。

救えなかったからじゃない。
二度と会えないからじゃない。

貰ったモノの尊さに
報いるモノが見つからないから。

だから僕はナミダを流す。

184 :名前はいらない:04/01/10 17:54 ID:4ezC2T/C
遠くから笑った顔見て
近くでは背中だけ見てた
目を合わせないようにチラチラばれないように
目が合った時のあの沸騰するような感情

もうちょっと自分を信じてみようと思う

遠くから名前よんで
近くでは笑い合って話す

185 :名前はいらない:04/01/10 18:20 ID:8WvdAfmJ
   「個室」

   静かな場所に煙を
   運ぶ奴なんかいないはずさ
   そうやって、信じてみたいな
   人間ってヤツを

   同じ窓を開ける毎日
   或る日突然、小石が投げられ
   もしくは泥棒

   どうやって、信じてみようか
   人間ってヤツを
   妬みや企み捨てちゃってさぁ、ねぇ
   どうよ?むずかしいかい?

   亀裂が割れる白壁
   どこにでも建った狭い部屋で
   ぼろい窓の風に叩かれ
   それはTOKYO、或いは貴方の
   名付けた部屋名

   どうやって、信じてみようか
   人間ってヤツを
   明かりを灯せば寄り添っちゃうかも
   どうよ?語らないかい?

   明快に、信じてみたいな
   人間ってヤツを

   ねぇ 

186 :名前はいらない:04/01/10 18:48 ID:8QG54VE9
私は
うとうと まどろみながら
小さな夢を見る
かすかに光る蝶々を
童のように追いかけていた
燐粉を撒き散らしながら
するりと手をすり抜け逃げ続ける蝶を
大して苛立たしいとも思わずに
夢中になって追いかけていた

蝶々はやがて力尽きたように
ぱたりと床に落ちた
やっとそこでここが教室だということに
気付いた

やあ 懐かしい

今時のコンクリート製ではない
木製の四角い教室
あの歪な相合傘の落書きは
きっと僕が彫ったものだ
僕の名前の隣に君の名前
おさげがふわりとセーラーの上で揺れた君

嗚呼 あれは君だったのか
随分長く会っていないから
忘れていた

ふわふわと揺れる虫の死骸は
あの時見送ったおさげのようだ
夢中で追いかけたあの後姿のようだ

187 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/10 20:02 ID:h07dP3tr
[消息]

横顔も忘れたわ
それでも私思う
また会いたいと

沢山相談したわ
又してもいい?
次会う食事会で

携帯を変えたわ
もう一度教えて
貴方の携帯番号

綺麗な夜景だわ
そっと寄り添う
風が冷たいから

188 :名前はいらない:04/01/10 20:32 ID:P/BU0TIh
自分だって頑張れば、聞き飽きた言い訳。
いつもそうだよね?
努力なんてしたこと無いクセに。

妥協ばっかりで生きてきた。
平易な方だけを求めてきた。
全部だれかのせいにしてきた。

頭悪の悪さ、顔、性格、自分の位置・・・。

本当は分かってるのに。
自分のせいだって。

マスターベーションだけじゃ駄目なんだ。

慰めたって何にもならない。
前に進もう。

参考書を買った。美容院に行った。明るく振舞うことにした。

何かは変わるはず。

189 :61:04/01/10 21:43 ID:RBBJXfGn
>>100
なるほどです、心掛けます。
評価ありがとございました。

190 :詩っ私っ死:04/01/10 21:56 ID:Tiz8Eg/u
>>182 D
お空ってですね。青が澄んでいればいるほど暗く見えるものですよ。雨
がやんだ日の晴れた空の天頂付近を今度観察してみてください。太陽の
近くでなければ意外と暗いんです。案外、わが家の上空だけの現象かも
しれないですけど。
>>183 Dプラス
ミニチュアリズムに走らず、小さな事象をより大きな世界観に敷衍して描いて
みてはどうでしょう。小さな事象を個人の感情に還元してしまうとセンチメン
タルしか残りません。個人的には平安歌人みたいな感傷に訴える弱々しい作風
は好きじゃないです。雄々しい説得力を持った思想詩をどんと書いてみてくだ
さい。
>>184 D
はにかみは思春期の大切な財産です。たぶん。
>>185 Dマイナス
自分は存在すると確固たるを信念を持つことから哲学が始まりました。
人を疑うあなたは、その疑いの強さほどに自分を信じているのか。基盤
が不安定ではその上に築く信念、思想もぐらついたものになってしまい
ます。
>>186 Dプラス
蝶がかつて恋した女学生(死語?)とわかる下りになるのが少し遅いですね。
もっと早くからそれを暗示させるように工夫した方がいいと思います。そのた
めか女学生の印象が夢でも見ているように薄く感じます。もっともそれが意図
であるなら別ですが。
>>187 D
パケット(小包み)みたいにコンパクトな詩ですね。ところで私は女性ではな
いので、元彼の横顔を忘れることがどの程度、女性の記憶の忘却レベル(ある
いは「どうでもいい男レベル」)を示しているのかよく分からないです。
>>188 D
なんとなくですが、あなたは詩よりも私小説あたりを書いた方が向いてるかも
しれません。もう少し自己を卑屈にすれば構いたがり屋さん(?)が寄ってき
ますよ。

191 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/10 22:33 ID:h07dP3tr
[ラッキーダッシュ5]

溢れ出したノウミソ
味付けはもちシオで
箸より匙がオススメ
左には座らないでネ
熱がるのは汁のハネ

搾り出すよクリーム
飾りつけはナイーブ
夜にサンタとカタナ
危険が溢れるネドコ
足元にはネズミ花火

花見も良いかとハハ
歯並は結構サイアク
人並みには勉強シロ
流されていくよ人波
嘘吐くならメモ用意

簡単ですよカード戦
先頭にいかがよ蝋燭
吹消すならタメイキ
唾なんかは掛けない
眠れない夜はテツヤ

192 :名前はいらない:04/01/10 22:58 ID:1sR7qIJ1
誰かにすりつぶされる前に
自分から進んでふみつぶした俺の夢は
息も出来ない死体になった。
俺は、自分のこと珍しいアホとかまわりのみんなに
あんなにバラまいてたクセして
残されるはあと「しあわせ」だけになった。

ああそうだ みんな あいかわらずないい奴等ばっかりさ

食っちゃ寝、ヤッちゃ寝、

みんな、忘れずきっと生きてるさ。俺なんかより、な。

193 :名前はいらない:04/01/10 23:07 ID:nahNrz8S
拳を握る。

歯を食い縛る。

一歩一歩力強く。

省みない。

媚びない。

恐れない。

叫びをあげろ。

大地を揺らせ。

俺は ここにいる。

俺は ここに。

194 :@@@:04/01/10 23:11 ID:+eTK60vD
{A legend}

貴方が積み上げたモノ 余りに美しくて
神さえ触れられぬ 遺跡なのかもしれない

移り行く季節(トキ) 変わらない愛
ふたつの現実を伝えてくれたね

貴方の選ぶ言葉の破片が 
傷に刺さって涙が溢れ
だけど気が付けばあの日の痛みも
和らいでいくような気がした

変わらないモノを見せて 変わるべきモノを見せて
理想と現実を 並べては冷静装い

過去の貴方と今の貴方は
何一つとして変わらないで居る?

何気ない瞬間に届いたの 
声が 貴方の声が
この胸の中ずっと彷徨ってた
縺れた糸たち解けていくような気がした

散り行く運命知りながらも咲くには
どれほどの勇気がいるの
貴方はどんなに強いの…?

貴方の選ぶ言葉の破片が
傷に刺さって涙が溢れ
だけど気が付けばあの日の痛みも
和らいでいくような気がした

195 :名前はいらない:04/01/10 23:13 ID:DdSfh+bX
題名『ヨット』
アリが蝶の羽をひいて行く
ああ
ヨットのようだ


196 :名前はいらない:04/01/10 23:15 ID:nahNrz8S
「夢」



そちらが現実だということをお忘れなく

197 :名前はいらない:04/01/10 23:26 ID:DdSfh+bX
>>191韻がなんかウザイ D
>>192世の中の不満を昇華できてないD+
>>193どっかで見た事あるな D
>>194貴方、貴方ってグレイかよ!Dマイナス



198 :名前はいらない:04/01/10 23:33 ID:VKDFYyWX
酒は俺の危険

いつ穴を穿つとも知れぬ

それでも飲まずにはおれない

肴は俺の歯によって砕かれて

慰み者になる

この幾許かの時が

俺の唯一の理解者

199 :minatuki:04/01/11 00:23 ID:ynecyKFT
銀色

夜中の夜明け
全てが銀色に染まる

町が
海が
そして僕も銀色

ああ
僕でも銀色になれるんだ
こんなにくすんだ僕でも

200 :愛ちてゆ:04/01/11 00:26 ID:ZzwXLgQa
抜け出せないから
そのままでいる
つもりはほんとは無いけれど

毎日小鳥が歌うから
悲しく一緒にハミングを

雲が流れるような速度で
私の歩みを合わせてみると

緑の縞馬の夢をみて
頭がぐらぐら揺れだした

おそらく明日の朝からは
朝日を認めた途端に目覚め

光る葉脈探しに出かける



201 :名前はいらない:04/01/11 01:05 ID:Lev0GEZV
月が明るくて
夜になっても 闇はあたしを隠してはくれない。

散漫な注意を無駄に四方に
傲慢な理想を常に頭脳に

そう 何を言っても
あたしは只のエゴイスト。
流暢にに言葉を奏でようとも
流麗に音階を口ずさもうとも
そう 何をやっても
もう なんにも変わんない。

「呼吸をするのが面倒だ」
高圧的な態度で吐き捨てながら
廃棄されてゆく筈の甘い食物を摂取。
唾液と混ぜ合わせては嚥下する。
矛盾する 生
怠惰に進む 時間
止める事なんてとうに諦めた。

幾等血を流そうとも
幾人の自分を殺そうとも
あたしはあたしでしか在る事が出来ずに

それでもあたしは
今日も性懲りも無く呼吸をシテ居る。

202 :名前はいらない:04/01/11 01:53 ID:YQa5qtO+
>>195
短いけれど、大好きな詩です。
初めて読んだのは中学生の時でした。久しぶりに会わせてくれて
ありがとう。

203 :名前はいらない:04/01/11 02:05 ID:JmRGK5NG
忘れない17の君が今でも生きている

神戸の北 タンク山を見上げる小さな部屋
積み上げられたTVゲーム ホラー映画

ジェイソンやフレディやダンテが
ドラゴンボールより聖闘士星矢より輝いて見えていた

テーブルの上冷え切ったカレーライス 見慣れた母の文字
部屋に響いたレンジの電子音 手紙を握りつぶして

血を流す野菜を見つめる瞳は穢れない
透明な君 ゲームの始まりは白地に赤い文字

懲役13年終えた君の両手に
手錠をかけ腰縄をまわす年老いた警察官

部屋の中あんなにも愛した
宝物が奴らの手で証拠品という名になる

頭から被された上着の下で笑っている横顔
君を裁く大人のルールが 病名を作って

青い空見上げることなく護送車に運ばれて
何処へ行く 本当の自分を見つける旅なの?

暴かれる 隠されたはずの君の名 君の顔
忘れない17の君が今でも生きている

2000 G.C.M Entertainments

204 :176:04/01/11 02:06 ID:DsO+/PQT
>>176の採点も頼みます
君を想う←題名
君を想う
星空を見上げ叶わぬ想いを解き放つ
解き放たれた想いは
ただ ただ 苦しくて
苦痛から逃げるために唱を聴く
その唱に君が重なる
ただ ただ 流れる涙
こんな夜を幾度と無く繰り返し
ただ ただ 君を想う

205 :すぷらうと:04/01/11 02:43 ID:2bN3fqCD
MY

小さいころ描いていた
小さな幸せそして生活
それがどうやって
生まれるのかしらずに

ここに来てくれたあなた
その手のひらに広がる
夢のひとつひとつが
微笑ましくどこか悲しいの

あなたはいずれ
歩き出し
幾度となく
立ち止まるでしょう

アイと
生きる理由がつながる
今ほんの少しでも
伝わってる?
ただそれは決して
消え去っていかないの




206 :蚊蜻蛉蝉蝸:04/01/11 02:53 ID:QpXW8y/q
僕のバンドの曲ですが評価お願いします

「ギョロ目」
真夜中の月が家々に布団をかぶせるころ
町中のいびきで冴え渡るギョロ目が二つ 
アルコールランプに火をつけタバコに火をつける
部屋とタバコは夜と月に似ていて
ギョロ目は電気をつけない事を誓い
暗がりの中から安ウイスキーを取り出す
冬の冷気に当てられた冷いウイスキーは
それより冷たいギョロ目の心に赤い火をともす
どこかで深いため息が聞え
それを合図に静寂はやってきて
ギョロ目は静かに消えていく

207 :あらた あんす:04/01/11 03:53 ID:bDhxso61
「間に間に」

雨に転んだ日
雲が陽射し隠す日
しかめ面やめて
弾む息整えた

悪くない

つかの間の雨
つかの間の陰の中
つかの間の晴れ間に
それなりの歩き方

それなりで よかった
間に間に それなりが

208 :名前はいらない:04/01/11 04:35 ID:UEOGqGYi
「無知の知」

溢れすぎたなら
声にもならない

零れすぎたなら
音にもならない

近すぎたなら
想いにもならない

遠すぎたなら
言葉にもならない

そうして誰もあなたに気付けないのでしょう

209 :名前はいらない:04/01/11 05:11 ID:dXjAFugG
「なつくさ」

一人生きてきたはずなのに
誰かのために泣いてる人がいて
一人生きてきたはずなのに
寂しさに震えてる人がいた

一人きめたことなのに
許されないことがあって
一人きめたことなのに
壊れてしまいそうだった

鮮やかな空に
浮かんで
確なぬくもりを求めて
鮮やかな空に
浮かんで
みんなの祝福を待ちわびる

ゆっくりゆっくり落ちていく夜に
ボールの跳ねる音が遥か遠く聞こえる
ゆっくりゆっくり落ちていく夜に
風にひるがえるビニル袋





210 :名前はいらない:04/01/11 05:59 ID:4cKnON77
空き缶の底を針でぶち抜いて 飲み口を覗いてごらん

銀河が見えるよ 雲ひとつ無い夜空に

希望の星 夜通し煌いて 朝には去っていく憎い奴

だから今 ここにいない 触れることもかなわず

諦めきれぬ あなたの事 星によろしく

空に輝くお星様 お願い あの人をここに呼んで

ロマンチックな 愛の言葉を 交わし合いたい


すまんが 俺はただの穴 叶えてはやることはできない

せめて輝いてあげよう

贋物でもいいだろう 変わらないだろう 何も 何も 変わらないだろう

211 :名前はいらない:04/01/11 16:22 ID:UV3XcPdA
  「さよなら先生」
先生は哲学のようにヘリクツをならべる

『この世に強い奴なんていないのさ』

僕はきっと弱いから
それがわかったような気がした

線路の上をびゅうびゅう 1000の色が通り過ぎる
だれかに触れる度に進化できる世界だったら
僕が突然爆発してもなんにも変わらないよね?

手のなかに石ころをにぎりしめたまま
すべてがちぎれていく音を聴いた。

・・・
それでもまだ誰かに触れたいのは、なぜ?
・・・

もう 誰も答えてくれなかった。
となりで笑ってた花がうなずいてくれただけだった。


212 :111:04/01/11 18:23 ID:JMFB6nUu
>>112 今更ですが評価ありがとうございました

213 :遊び獅子 ◆71BtY72Tzs :04/01/11 20:01 ID:LE7WJAwS
>>176 お菓子食べながらでも書けそう。
ねじれを"ねじれ"と書かずに
別の表現を使ってねじれの様相を意味してみよう。
まず離れた位置に自分を持って行き
ねじれを見ることが重要です。E+

>>191 これで題がなぜラッキーダッシュなのかわからない。
断片イメージを重ねるだけのものは私は高くは評価しないし
題とイメージ、連の整合性をもって欲しいものです。
読み手を意識した創作がまず重要だと思います。
足元にはネズミ花火はとても面白いと思ったけれども。D-

>>195 三好達治「南窗集」昭和七年より「土」
>>196
夢がもう独りの自分として
夢を見ている自分に対してそう語っているのなら面白い。C-

>>198 依存を賛美できないというか。
どういう心境か察知はつくけど
「いかにも」というか
詩を書くとなれば
酒を主題にしがちだけれども
この系は出尽くされた感があって。
御自分の詩集の全体の中の
挟み1ページなら成立するかもしれないが
単体の詩としてどうかといわれると
批評スレに不向きだと結論付けざるを得ない。
気持ちが分からん奴だと思われても
批評スレの私は構わない。D+

214 :遊び獅子 ◆71BtY72Tzs :04/01/11 20:05 ID:LE7WJAwS
>>199 単発感想スレ立てる人のセンスの程度が分かる。
改行したりああをつければ
詩になると思っているんだろうか。
銀色を連呼してそれで終了の詩。E-

>>200
夢分析にでも掛けると面白いかもしれない。
夢による無意識解決が
明日の自身の起動と心境の変化を助けることを
ソフトタッチで描いている。
名前がピノコ語なら詩もそれで書けば
とても面白いと思ったが。 C

>>201
あなたはエゴイストじゃなくて
只のナルシストなんだけどね。
過食嘔吐はお気の毒だけど
ネット詩はこの系統多くて、もうウンザリだ。D-
文章としては高級な方だと思うけどね。

215 :遊び獅子 ◆71BtY72Tzs :04/01/11 20:08 ID:LE7WJAwS
>>203
犯罪者の賛美はカルト。E-
カルトを芸術だと私は認めない。
むしろカルトを想像する為の道具が芸術であって
バーチャルを極限までリアライズするもの
結果にして想像力の賜物であるべき。
そこに一線があり似て非なる天と地の差がある。
例えば、麻薬の蔓延=カルトはジャズ=芸術を殺しかけたので。

犯罪者に必要なのは分析であって
形容ではないということであります。

で、2000 G.C.M Entertainments
これ何よ?

>>204 >>176よりはストレートでまだいい。
心に伝わるものがある。D

>>205 3連「あなた」を「わたしたち」に変えてみよう。
その部分が意識の自己中心性のようなものを生み出しているから
詩は自己の考えを形にするだけでなく、
暖かい形での理想を含んでほしいと私は思うのです。
この板で浜崎みたいな題はつけはやめた方がいい。
読むとき先に私念入るんで。D

今日はここまで。
訂正>>214 >>201 あなた→作中のあたし

216 :名前はいらない:04/01/11 20:17 ID:r7r/VyPh
雲の隙間から
射し込む光は
神と契った運命の糸

希望を秘めて
輝く光は
全て曝け出す様に
差し続ける

光を閉ざし
降らせた雨は
神の裏切りの泪

憎しみを込めた
冷たい雨は
全てを洗い流すように
降りしきる

悲しみを纏った
静寂の風は
何かを探るように
通り抜ける

謎を秘め
七色に光る虹は
表情を変えながら
いつも眺めている

217 :名前はいらない:04/01/11 20:22 ID:fYM4bcGP
どうして傘をささないの?

頭の中の君に問わせる。

誤魔化すためさ。

ここにはいない君に答える。

一体何を誤魔化すの?

本当なら滲んでいて
目なんかとても合わせられない。

けど今僕の中の君は
鮮明で 僕は目を逸らせずに。

答えは言わなくてもよかった。

誤魔化したのはこの涙。

全部流れてしまえと願った。


今僕の中で微笑む君も。

218 :名前はいらない:04/01/11 21:11 ID:ijVBMj4N
>>217
感動しました!!


219 :名前はいらない:04/01/11 21:52 ID:FDCKAc4c
『四角い光』

この手前に私がいる
この奥にあなたがいる
束縛された光の束が

全てを繋ぐ

インターネット

埋めることの出来なかった
アトムと人間の距離を

私達は埋められるのだろうか









220 :これは?:04/01/11 22:25 ID:2Hc/j8gr
無数の人間が死んでいった
中にはとびきりの連中もいたが・・・
歯のいかれたあばずれババアのために
お釈迦になった文明のために

健やかな口もとに微笑む魅力や
機敏な眼も
いまは大地の蓋の下・・・

わずか二グロスの彫刻のために
数千冊のぼろぼろの本のために。


221 :名前はいらない:04/01/11 22:35 ID:WUtkIZ/p
世界ランキング1位!!チーム2ちゃんねる
http://ud-team2ch.net:8080/index.php?Links%2FFlash

  世界中の白血病患者の為にチーム2ちゃんに合流お願いしまっす。

222 :月夜:04/01/11 23:14 ID:kUs7c4/5
自作歌詞です。
ちょっと長いけど評価おねがいします。

『-あの日と同じ景色の中で 違う僕らが同じ顔で-』


いつもの帰り道 君と久しぶりの寄り道をした いつぶりだろう
僕らはいつもの服とカバンで 公園に入って ブランコに乗った
懐かしいねココで 僕はよく泣かされた
今も鮮明に覚えてる
そんなことないよ! 僕を叩く君 結局何も変わってない

あの日と同じ景色の中で 違う僕らが同じ顔して笑ってる
少しずつ沈んでいく夕日の光が
あの日と同じ僕の思いを 照らし出す


いつもの帰り道 眼を真っ赤にはらした君を僕は見つけた
気が強くて 意地っ張りで弱さを見せない 君がボロボロと涙を落とす
何があったかなんて聞かないよ どうせ君は 
また変に意地をはるだろう
君の顔が見えないように 後ろを向いて 僕はうたう

何が悲しいかは知らないけど 
僕の背中ぐらいはいつでも あいてるから
たまには少しだけ素直になって
君は自分が思うほど強くないのだから


223 :続き:04/01/11 23:17 ID:kUs7c4/5
もし泣き出すほど悲しいことがあっても
たまには ほら立ち止まってみて 振り返ってみて
歩いてきた道を見つめてみよう
変わり続ける景色が 変わらずにそこにある

僕らを作ってくれた懐かしい景色が
いつでも笑顔で君を 後押ししてくれているよ



変なトコロで書き込んでしまつた ∧ll∧

224 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/11 23:45 ID:HJpWBVDG
[ダブル]

盲点になってた久しい嬉しさ
いつもと違う所が楽しんでる
新鮮じゃない懐かしい神経
頭の一部の血行最高に良好
素直になれて気持ちが踊る
個性が無いのに個性が見える
楽しんでるばっかりじゃない
走り疲れてると思ってたのに
疲れるのを喜んでるみたい
寄りかかろうと思ったけど
手を引いて独立へ導いてくれた

嬉しいニュース
二人でひとり

225 ::04/01/12 00:42 ID:JED1mQc+
cry for the moon
ないものねだりと言う意味だ

誰かがそう教えてくれた

昔の俺そのものだ
いや、今もそうかもしれない。

あるはずもない幸せを求めて
目の前の宝石を捨てた自分

また俺は、月を求めているんじゃないか
そう不安になる。

だけど君は言ってくれた。

手が届く宝石じゃだめかな?

もう月に泣くことはない

何よりも輝く宝石が
俺の側にあるから


226 ::04/01/12 02:09 ID:RLoDhMTN
>>216 D
とりあえず順番を変えるだけで評価は上がります。
>>217
本当に正しいことを言ってる奴ほどむかつく。それが自分だとなおさら。
という詩だと勝手に解釈。二段落ちの使い方が良いです。
>>219
広告みたいですね。改行とアトムに違和感を感じました。
>>220 C
雰囲気と歯のいかれた〜の表現は良いと思いました。
ただ僕が二グロスの彫刻を知らないからか、何を伝えたいのかわからないです。
>>220
少女漫画でありそうなエピソードに希望をまぜて詩にしただけ。
>>224 D
明るい詩にしたいのなら、暗いことの打消しばかりで表現してると駄目です。
あと、なんの脈絡のない駄洒落も減点。
>>225 E
なぜ捨てたはず宝石は今側にあるのか。宝石=君だとしても明らかにおかしい。
なぜ月(欲しいもの)を求めていたのか。なぜ月を諦め宝石で満足したのか。

227 :名前はいらない:04/01/12 02:10 ID:RLoDhMTN
すいません、二つめの>>220>>222です。

228 :名前はいらない:04/01/12 02:13 ID:GboAsg8y
星が瞬き 輝く夜空を切り裂いた爆音 黒い影
雨のようにふりしきる何か 目を凝らし見ていた
息をひそめて立ち尽くすだけで 声を上げる力も奪われ
目の前に広がる惨劇 失われた未来

燃え上がる思い出の我が家と 動かない妹の冷たいからだ
傷ついた母の手を握り締めて 目を閉じて祈る

この戦いが正義だというなら流された血の行方を教えて
繰り返す歴史の悲劇の中 砂漠に立つ少年

生まれた日から今日という日まで銃声止むこと無いこの国
侵略と内戦の日々に神の声は消えた
名前も知らぬアラブの男とアングロサクソンの戦い
舞台に選ばれたこの国 奪われた命

目を閉じた冷たい母を抱いて
涙さえ忘れるくらいの絶望と嘆きの闇の中で
明日さえ見えずに・・・

この戦いが正義だというなら母の言葉の意味を教えて
吹きすさぶ冷たい風の中 砂漠に立つ少年

輝きだす東の空を見つめて それでも生きようと立ち上がる
踏み出した足跡は砂に消えて新しい景色になる

この戦いが正義だというなら神の啓示の意味を教えて
父の残した銃を握り締めて砂漠に立つ少年

2002 G.C.M Entertainments


229 :名前はいらない:04/01/12 02:17 ID:GboAsg8y
恥に塗れた ボケ年寄り 国会に立つ (サムライ・ニッポン!)
金に溺れた ハゲ親父が 熱弁を打つ (サムライ・ニッポン!)
押し付けられた学歴社会は全て嘘だと解っているのに
もはや他には誇れる物など手にしていないからすがっている

助け求める 子供の手に 唾を吐いている (サムライ・ニッポン!)
土足で家を踏みにじられて 頭を下げる  (サムライ・ニッポン!)
世界が見ているその門の前で繰り広げられたお笑い劇場
連れ去られていく子供を見送り、アホ面を晒し笑っている

与えられた民主主義は男達の牙を折り 闘いに臨むその瞳の光さえ奪う

波を切り裂き 猛スピードで 逃げ惑う船 (サムライ・ニッポン!)
銃を構えたその指先 震え止まらぬ    (サムライ・ニッポン!)
脅かされる事無い平和は金で買えると信じていたのに 
戦う事を忘れた国では自由も平和もありえない

深く刻まれた敗戦の傷 未だ癒える事はなく アメリカの影に怯えながら 作り笑いする

生きる自信を奪われていた 若者達が (サムライ・ニッポン!)
目を見開いて立ち上がる時 闘いは今 (サムライ・ニッポン!)
戦いの果て奪われた誇り 戦う事で取り戻せるはず 
希望を胸に生きていく為には自分の力で勝ち取る

この地球のどこかで若者達が今日も銃を携えて 自らの命を投げ出しながら戦いを続けている

サムライと呼ばれた男達は夜の街に繰り出して 与えられた快楽に身をゆだねている

2002 G.C.M Entertainments


230 :名前はいらない:04/01/12 02:18 ID:l0JCM04e
>>206>>211
スルー

231 :ネル:04/01/12 02:51 ID:VXRbz9F/
闇は隠す
つらい恋もたのしい恋も

月明かりは 何かを照らし出す
醜い私と奇麗な私

星は囁く
悲しい思い出と楽しい思い出を記憶する為に

太陽は 昇り
いつものように新しい朝を迎えた

雲は 流れ
愛する喜びを知る

夕日が沈み
愛される喜びに戸惑った



232 ::04/01/12 02:54 ID:RLoDhMTN
>>230 ごめん

>>206 B
リズムが悪いところも無いし、一つでも普通の表現をしてやるかっていうぐらいの
表現が読んでて楽しかったです。しかしどんな曲をつけてるのか気になります。
>>207 B
この詩も好きです。悪くない。ただ下たから二行目はいらないと思います。
>>208 C
せっかく近いと遠いで対比しているのに、溢れと零れが同じ意味では駄目だと思います。
>>209 B
前半Dで後半Bですが、前半と後半は別々でも通用するけどそれを一つにしたことに
センスがあるって思いました。
>>210 A
とてもカッコいいです。ありがとう。
>>211 C
石ころに説得力を。無駄な描写が多い上に説明不足。何を伝えたいのか。


なんか自分よりレベルの高い作品多くてアドバイスできてないな。



233 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/12 03:15 ID:O4ibcic2
『金魚のお墓』

玄関のそばにある 水槽の金魚に餌やって
やけに薄汚れているドアを開ける
外では
いつも 必死で 負けないように 潰されないように
だけど この顔はうそついて ひきつった笑顔する

「人に嫌われたくないなぁ」 それでも敵はふえる
ペコペコ頭を下げてりゃ 手の平の中で踊らされる

「今日はとっても疲れたよ」と 金魚に話しかけようとしたら
金魚は水槽を飛び出して 床の上で死んでいた

いつもいつも僕は頭下げながら思っていた
絶対 いつか 起死回生の一撃をおみまいしてやるんだ!! て

死んでいったこの勇気ある金魚には
小石を使ったお墓を立ててやろう

僕の大先輩となったこの金魚には 
毎日 線香をやろう

僕に勇気をくれた金魚よ 見ていておくれ

明日こそ一発かましてやる!! ・・・やっぱいいや また今度で

234 :名前はいらない:04/01/12 03:25 ID:l0JCM04e
>>232
横レスだけど>>208の溢れと零れって同じ意味か?
「溢れ出す」って表現と「零れ落ちる」って表現がある訳で、逆の意味として使えると。
>>208本人or別の人の見解、解説キボン。

235 :名前はいらない:04/01/12 03:33 ID:YQaXe4wA
その紐を勢いよく引けば
何が起こってしまうのだろう

好奇心と警戒心が葛藤
ついに僕は紐を引く

急に全てが真っ暗になり
僕は驚き 尻餅ついた

あちらこちらで戸惑いの声
僕も怖くて泣きそうになる

その時君は優しく言った

「もう一度紐を引いて御覧」

言われる侭に僕はそうする

さてさて…おや?

二回引かなきゃ点かないようだ

236 :名前はいらない:04/01/12 04:33 ID:RLoDhMTN
>>234
こぼ・れる【零れる】
(動下一)
(1)容器中の物が外にもれ出る。「コップの水が―・れる」
(2)あふれて落ちる。「くやし涙が―・れる」
(3)ちらりと見える。「笑うと白い歯が―・れる」 (新辞林 三省堂)

あふ・れる【溢れる】
(動下一)
(1)液体がいっぱいになってこぼれ出る。「川が―・れる」
(2)人や物が入り切らずに外にはみ出る。「会場から人が―・れる」
(3)才知・気力・感情などが満ちている。「才気―・れる青年」 (新辞林 三省堂)

自分の未熟は承知してるので、これは違うんじゃ無いんじゃないかと思うとこが
あったらどんどん指摘してください。おねがいします。

237 :名前はいらない:04/01/12 07:22 ID:YQaXe4wA
月の丸さに憐憫を見 僕は少し泣きそうになる。

自身で光を放てぬ月。

そこに自分を投影する。

僕は一体誰によって 輝くことが許される?

貴方があまりに大きくて

僕はずっと影のまま。

月を覆う悲しい雲に 僕は何を思えばいいのか。

優しさだからと諦めれば。

輝くことを夢見なければ。

あるいは全てを忘れることができたのだろうか。

身を切る寒さに耐えてゆけたのだろうか。

かじかむ指を ちぎれそうな耳を

僕は意識の外に追いやって

もう少しだけ この月を眺めていようと思った。


238 :名前はいらない:04/01/12 07:53 ID:cz7J9qUV
まだよく覚えています。
あれは些細な出来事でした。
でもね、事実としてあなたが突き放したのですよ。
だからわたしはあなたを死ぬまでうらもうと思うのです。
うらむだけならばあなたにも危険は及ばぬし、
わたしとしてもそれだけでよい。

そう、それだけで満足できるのです。

そう信じていたあの頃とあの時のわたしの。
しかし転機はすぐそこに。

私は今、泣いています。
辺りは薄暗く、湿って、寒い、そんな所でコンクリートに囲まれながら泣いています。

239 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/12 08:39 ID:3BcDY2lu
[データ]

終わらない日記帳
空白が増えていく
一番深い引出しで
可哀想に眠ってる

誕生日の贈られ物
頁を開かなくちゃ
可能性を潰せない
経過を記録したい

引っ掻いた日記帳
インク切れのペン
痛そうで辛くなる
また引出しへ戻す

240 :名前はいらない:04/01/12 10:44 ID:cz7J9qUV
わたしは自暴自棄になっていました。

何も考えず、ただ時の過ぎるままにまかせる。
そんな生き方をしていました。
このままではよくないのではないか、わたしはある時恐怖に怯える日々を過ごします。

ですが真理という物は相反する真理と表裏一体な訳でして、そしてある時気づくのです。
自暴自棄でも如何にこの世を謳歌しようとも、結論は同じだと。
わたしから見た世界は苦悩に満ち溢れているのだから、
そこで小細工をしてこの世に対する価値観を変えようと、結論は同じだと。

釈迦は言いました。
この世は苦であるのだから一刻も早く解脱をしなければならないと。
まさにその通りです。
光を見出した気がいたしました。
ですが現代にそのような道はあまり残っていない事に気づき呆然といたしました。

と、そこでまた元の自暴自棄に戻るのでありました。

そしてそれが一番心が落ち着けると悟ったのでした。

241 :こう:04/01/12 12:30 ID:JED1mQc+
輪廻水晶

誰にでもかえる場所がある
どんなものにもかえる場所がある
命もまた然り


空に生きる人の願い
記憶
そして魂の欠片
数え切れないほどの雫が
地上に降り注ぎ
大地にしみこみ
川を流れ
海へと辿り着く


命のかえる場所
大地に生きていた命も
空に生きていた命も
全て海へと帰る
新たな命へとかわるために

命は永遠
魂は無限
記憶はこの星に
終わることなく繰りかえされる
今もこれからも
命の環は終わらない

242 :ネル:04/01/12 14:51 ID:VXRbz9F/
『硝子』
今頃、何しているの
他人を装って生きてるの
硝子の破片のような恋
始めから形なんてなかったの
割れたあなたのかけらを
拾っただけなの
気をつけて
怪我しないよう
優しく、優しく
決して握りしめる事は
出来ない恋
そっと手の平に乗せて
光り輝く美しい破片
それだけで喜びを感じた
でも いつかは この手の平で握りしめたい
痛くても傷付いてもいい
力一杯、握りしめるの
赤い、赤い血を流しても
あなたの為なら
何も恐くはないわ

243 :名前はいらない:04/01/12 15:23 ID:axvtp2Rr
かけがえのない君というひかりが
いつだって僕にとっての道しるべだった

君はそんなことも知らずに ただ前だけを見据えていた

だから僕の声は届かなかった

それでも僕は 
時に感じる君の微かなる声をどうにかして拾おうと 受けとめようと
必死になって君の傍にいた
だけど どれほど耳を澄ませても
きこえない その声はあまりにも微かで


そして僕がやみに立ち
生きる術さえなくし
胸が酷く疼くとき

君が向こう側でそっと微笑んだ
傍にいこうと手を伸ばしたら
何もない世界になってしまった

結局僕の声は届かなかった

244 :ネル:04/01/12 15:26 ID:VXRbz9F/
鼓動を感じ
あなたを想う
こんなにも
切なくさせる
あなたの吐息
熱い視線で濡れる瞳
揺れる夜にときめき
暗闇のドアに夜露がついた白いベールで二人は包まれて
切ない気持ちを
分かち合い愛おしむ
淡い吐息の中に
陽炎のような口づけ
「愛してる 愛してる 愛してる」
呪文のように何時までも
祈りが通じる事を願っている


245 :名前はいらない:04/01/12 16:03 ID:SW5Cpvcp
空に向かって叫んでも
地面に向かって叫んでも
聞こえてくるのは
風の音と
電車が通る音と
人の話す声だけだった。


246 :名前はいらない:04/01/12 16:06 ID:4mSqC7FU
突然スレ違いで申し訳ありませんが、以下念のため報告します。読み飛ばしてください。
もう随分昔、確か高校のときの地理の試験だったと思いますが、中国の「チンリン山脈」
を解答欄に記入すべき問題があったんです。僕は昔から中国に興味があったので、いとも
簡単に答えることが出来たのですが、終了後数日してテスト結果(答案用紙)が添削され
て返されてきたとき、ふと隣の村岡さん(仮名・女性)の答案用紙を見たら、「チンリン
山脈」のところに「キンコリ山脈」と記載されており、当然赤ペンでバツがつけられてい
ました。僕は考えました、何で「キンコリ」なのか、と。そして、あるひらめきを得たの
で、思い切って普段から大人しい村岡さんに話しかけました。「村岡さんさぁ、これ、チ
ンリン山脈のこと、もしかして、チンコと絡めて記憶しなかった?それがテストのとき、
キンタマとチンコと混同してチンがキンになったんじゃない?」彼女は真っ赤な顔をして
否定しましたが、僕は今でもこの推論が正しかったと考えています。しかし、「コリ」に
ついては未だに謎は残ったままです。以上

247 :30:04/01/12 16:12 ID:ZynB+Sit
「バス停」
老いた人がバスを待っていた
手を擦り合わせながら
寒い、寒い、と聞こえよがしに一人ごちていた
私は視線を合わさぬようわざと目を逸らし
何も聞こえていないふりをする

深く下がった口角 蹲るように曲げられた背中
何か話した気にこちらに向けられた臆病な目
冬の風の冷たさに心まで吹き荒ばれてか
私の心は暗い怒りとざらざらとした罪悪感に苛まれる

やがてバスが来てその老いた人はバスに乗り込む
その曲がった背中とおぼつかない足取りに
感じてしまうざらざらとしたこの暗い怒りと憎しみ
その人をいずれ待ち受ける死への嫌悪ではなく
その人がこれまで生きてきた生への嫌悪
生き続けることの醜さへの嫌悪
こんなに寒い朝のバス停では

248 :あらたぁんす(抑揚v4):04/01/12 16:38 ID:IxhC4odp
>>232
>>207の下から2行目がなぜ要らないと思った?
あとその無意味な高評価連発がゆくゆくスレをダメにすることに気付いてね。

249 :名前はいらない:04/01/12 16:43 ID:YQaXe4wA
そこが闇であればあるほど僕は大きく目を見開いた。
えてしてそんな場合は見たくもないものが見えてしまうというのに。
ただそこでは僕自身も見えない。
だから僕は僕をワザと見失うことで闇の中の全てを見渡す。

大声で名を呼び君との距離を確かめる。
狂おしいほどに会いたい。それだけが今の僕の気持ち。

そこに光が満ちているほどその明るさに視野を窄めた。
たいていそこには焼き付けるべき大切なものがある筈なのに。
僕はそこで自分自身を確かめる。
たとえ君を見失っても不安で身の千切れることがないよう。

僕は君との距離が近いことを知ってた。
本当は会いたくないのかも。僕の気持ちがわからない。

遠ざかるほどに追い 近づくほどに避けている。

失うことを恐れているから 僕は君を見ることができない。

僕の名前を呼ばないで。僕を抱きしめたりしないで。
闇はきっと訪れる。

君に抱きしめられた僕は 僕を見失うことができない。
それがとても怖かった。

だから僕は目を伏せて そ知らぬフリで通り過ぎよう。

明るすぎるから。


明るすぎるからと言い聞かせて。

250 :uno ◆mdm4jQk4Iw :04/01/12 16:48 ID:eL3uY4M6
>>30
全体に一貫した統一感があって安心して読めるかんじ。
なんとなくだからあまり気にしないでほしいけど「心まで吹き荒ばれてか」だけ統一感がないと思った。
あと揚げ足取るようなことを言うとざらざらしすぎ。

俺は生を単純に全肯定とかできないから正直共感した。他の批評家の人たちはどう感じるんだろう
もしダークだからEとかだったらしける。

B

251 :名前はいらない:04/01/12 16:51 ID:YQaXe4wA
<完璧>

穴があるからこそ。



252 :名前はいらない:04/01/12 16:52 ID:QXzfYrIk
既に評価済みでも、別の評価人がこれは違うと思ったら再評価するのも良い事だと思ふ

253 :uno ◆mdm4jQk4Iw :04/01/12 17:04 ID:eL3uY4M6
>>250
訂正。
>他の批評家の人たちはどう感じるんだろう
→他の人が評価するとしたらどう感じるだろう

254 :名前はいらない:04/01/12 17:48 ID:5f1BKp9d
「ミズヲクダサイ」

ミズヲクダサイ
アアミズヲクダサイ
シンダホウガマシデス
シンダホウガ
ダイチガサケ
カワガナクナリミズガナガレテイル
ドウカドナタカ
オーオーオーオー


どうでしょうか(*^_^*)
広島の原爆の事を考えて詞を書いて見ました
ちょっと激しいですね!

255 :名前はいらない:04/01/12 18:02 ID:VXRbz9F/
>>254
激しくないです
広島や長崎の原爆はもっともっと悲惨な戦争の結末だと思います。
評価しようがない。

256 :名前はいらない:04/01/12 18:41 ID:NBw7FRcL
>>255
(笑)既在作品にマジレスカコイイ!(笑)
>>254
(怒)ふざけないでくれん?人が伝えたくて、それが込もった作品やのにこんな形で使うなんて。作者さんはめっちゃ悲しいて思う。しかも微妙に違うし。

257 :しんしん:04/01/12 18:51 ID:9vvI8mEx
>>247
すごくイイと思う これなら俺もB近くあげれる
このスレからアンダーバーが消えて
ぬるい評価で高ランク連発されすぎだと思う
正直冷めてた所さ
此処はギスギスした空気が良い所だったのに、、、、、、

258 :名前はいらない:04/01/12 19:02 ID:Yz3VyCoT
title「解けた氷の中に恐竜がいたら」
光る雲をつきぬけフライアウェイ(フライアウェイ)
体中に広がるパノラマ
顔をけられた地球が怒って(怒って)
火山を爆発させる
解けた氷の中に
恐竜がいたら玉乗りしこみたいね。
チャラ、ヘッチャラ何がおきても
気分はへのへのかっぱ
チャラ、ヘッチャラ笑顔ウルトラゼットで
今日もアイヤイヤイヤイアヤイ・・




259 :しんしん:04/01/12 19:04 ID:9vvI8mEx
258>>
つい 口ずさんでしまう程に素敵だね
ヒャヒャ

260 :30:04/01/12 19:06 ID:84GGNndY
>>250=unoさん(トリップ付けられたんですね!)
>>257=しんしんさん
評価どうもありがとうございました。なかなか好評価頂けて嬉しいです。
年始に失恋?して以来、その出来事に材を取った「取り返しのつかないこと」という
ライトな詩のあと初めて作った第2作目の詩です。
「ダークすぎ」「高齢者に対する偏見云々」で、批判がくる類の詩でもあるかと思います。
unoさんが指摘してくださってる部分、また検討しなおしてみます。
ありがとうございました。

261 :くらりnet:04/01/12 19:09 ID:hIQJedrY
青空にぷっりと三日月突き刺して
朝焼けに紛れ寝過ごした
最後の星ひとつ

おやすみなさいと手を振って
暖かな日差しに飛び込んだ

星が光れば晴れだって
ずっと信じてたけど
夕方からは雲を割って雨が降り出した

お天気ってわからない
雨が降ったり止んだりする様を
人の心に見たてて笑ったりする






262 :30:04/01/12 19:11 ID:84GGNndY
>>254さん
私は長崎出身なのですが、長崎の平和公園のなかにある「平和の泉」の前の碑に、
被爆した少女が書いた手記からとられた次のような文が刻まれています。
「のどが乾いてたまりませんでした 
水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました 
どうしても水が欲しくて 
とうとうあぶらの浮いたまま飲みました」
私は、>>254さんの「ミズヲクダサイ シンダホウガマシデス」という詩よりも、
「あぶらの浮いた水を飲みました」というこの少女の手記の方に、詩的な魂の叫びを
感じますが・・・。

263 :30:04/01/12 19:15 ID:84GGNndY
あ!すみません、>>254は既存の詩なのですね、、、被爆者の方が書かれた(焦
どうしよう、262のようなことを言ってしまった。。。
「微妙に違う部分」に起因する印象だってことで勘弁してください。

264 :名前はいらない:04/01/12 19:27 ID:eUeTOVeg
>>254は教科書に載るくらい有名な詩だぞ。
原爆の苦しみを表現尽くしたといわれた詩だ。
詩を批評するのに詩人の事はわからないんだなw
ていうかこの詩を知らない奴がいるのか・・

265 :これは?:04/01/12 19:38 ID:PULMB7Fd
俺のギョロメにサングラスをかけると
俺の汚い四畳半の部屋が夢をのせた4次元列車にみえる

だけど俺のギョロメにサングラスをかけると
街ゆく人がみんなガイコツにみえる

ガイコツくん
ガイコツさん
ガイコツちゃん
ガイコツ氏

お前たちの肉をみんな食べてしまったのは
誰?

266 :これは?:04/01/12 19:46 ID:PULMB7Fd
平成8年 俺は愚かだった
平成9年 俺はサイフを落とした
平成10年 俺は雨にふられた
平成11年 俺はゲロをはいた
平成12年 俺はウンコをした
平成13年 俺はまたサイフを落とした
平成14年 ・・・
平成15年 ・・・

南無妙法蓮華経

生まれてこなければよかった。

しかし!

平成16年 ・・・!!


267 :名前はいらない:04/01/12 19:54 ID:YQaXe4wA
横レスで申し訳ないが。
詩というものは万人が全て同じように受け取ることは先ずない。
ここでの「評価」も、とどのつまりは個人的感想に過ぎない。
有名な詩を、知らなかったが故に厳しく評価したというのなら
それこそがその人がその「詩」に対して抱いた本当の気持ちではなかろうか。
残酷な話だが、>>254の詩は「実際の被爆者が書いた」という
前提ありきで「苦しみの表現」がダイレクトに伝わるのではないだろうか。
つまり「詩」として、あくまで「詩」だけを見た場合、
そこで訴えられる苦しみは、必ずしも心に響かないのでは。
多分、わからないのはセンスがないからなどと言う人がいるだろう。
しかし、モノを感じることにおける差異に、優劣なんかはない。
こんなことを言ってしまえば評価スレなんかに作品を投下している
俺の精神を疑われそうだが、それとはまた別の話。
では聞くが、もし>>254の詩が、まるきり関係ない人間の手によるものなら?
もし、世間での認知が低く、名のある人間の評価を得ていないものだとすれば?
あるいは他の有名な詩でもいい。
書き手、他人の評価、その全てが違っていても、
同じように感じるだろうか?
俺にはどうも、ある種の「ブランド志向」的価値観が介入しているように思えて
仕方がないのだ。

268 :しんしん:04/01/12 20:00 ID:9vvI8mEx
267>>
よしよし俺が言いたかった事をよく言ってくれた
めんどくさかったから書かなかったのだよ、俺は
まあ〜そういうこった264よ

269 :名前はいらない:04/01/12 20:04 ID:YQaXe4wA
おや?>>268を読んで何だか少しムカついたので
いづれこの気持ちを別なカタチで詩にしてみよう。

270 :30:04/01/12 20:08 ID:84GGNndY
教科書に載ってるくらい有名な詩だったんですか、、、
少なくとも私が使っていた教科書には載っていなかったですが・・・
長崎出身とか言いながら恥ずかしいですね。今度図書館で探してみるので、
どなたの何という詩か教えてください。

271 :しんしん:04/01/12 20:09 ID:9vvI8mEx
>>269
俺は正論だと思うけど?はにゃ?

272 :これは?:04/01/12 20:11 ID:PULMB7Fd
おいっ。スルーしないでくれ!

273 ::04/01/12 20:30 ID:RLoDhMTN
>>248
ただの説明。しかも無くても意味は通じるし全体としてスッキリする。
あとここはスレを育てるのではなく人を育てるところです。

でも本当に俺は他の人より感動しやすく詩の評価がぬるいなとは思うが
俺は感動するために詩を読むんだから相当な幸せ者だとも思う。

というわけでサルベージ評価いきます。




274 :しんしん:04/01/12 20:55 ID:9vvI8mEx
>>273
抑揚が似たような苦言言ってたんだな、、、、
でも
自分の時間を削りわさわざ
評価してくれるあんたは
優しい奴だよ 俺には真似できんよ

275 :蚊蜻蛉蝉蝸:04/01/12 21:01 ID:uFG1qSFk
>>265
俺に言ってるの?

276 :名前はいらない:04/01/12 21:01 ID:0lvbuZzx
笑日大臣 ◆se5gBvpyCM
04/01/12 20:52
ID:aEDK6alY

おれは詩・ポエム板の住人ですがなにか?

277 ::04/01/12 21:03 ID:RLoDhMTN
>>228 E
リアリティが無い。偽善。実際に地獄を味わってからそういう言葉を吐いてほしいです。
>>229 B
多分、>>228を読んだ後だからこの評価なんだろうけど(単体だったらD)
説得力がありました。読みやすくリズム感もありいろいろな対比が面白いかったです。
>>231 E
私は詩の中で恋愛の詩が一番苦手なのですが、その中でも
書き手の性別が分かっちゃう詩っていうのが何よりも大嫌いなんですよ。
またか、としか思えないです。
>>233 D
物語作りのセンスはあると思うのですが、文章力が追いついていない気がしています。
あとオチのひどさで減点です。ホリデイ?
>>235
十回ぐらい読んでやっと意味がわかって、思わずにやりとしてしまいました。
でもそれだけ。


278 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/12 21:17 ID:95xya9D/
あの詩は実話なんですわ
別に起死回生は狙ってないけど 本当に金魚が脱走を試みて逝っちゃったみたいでw
あのでめきんの鎮魂歌なんだわさ

ホリデイって万夫のか?
俺のってそんなに万夫っぽいか?
作風変えようかな・・

279 :名前はいらない:04/01/13 00:08 ID:2lyZKGVo
パパとママは僕が三歳の時離婚をしてパパは遠くへ
その日から僕とママの二人で 小さなアパート穏やかな日々

ママは夜の街へ仕事に出かけ 僕は独りTVを見ていた
海のように穏やかに時は流れ 気がつけば小学4年の春

ある日ママはぼくの手を引いて近所の小さなレストラン
知らない男の人を 新しいパパだといった

夢にいつも見ていた 新しいパパができること
パパと野球をしたり 歩く夕暮れの道

新しいパパは夜になるとお酒を飲んで僕を殴った
泣き叫ぶママもパパに殴られ 僕に「ごめんね」と謝るだけ

ある日パパは僕の髪を掴んで 頭を何度も壁に打ち付けた
赤く血で染まる僕の瞳は光を亡くし 永遠の闇

遠ざかる意識の中 ママの泣き叫ぶ声が聞こえていた
思い出す静かな日々 二度と帰らないと知った

夢は夢のままで 僕の命が消えゆく
遠く遥か彼方まで 二度と帰れぬ道

パパとママは僕が10歳の時 静かな河に 僕を流した

2002 G.C.M Entertainments


280 :名前はいらない:04/01/13 01:09 ID:T7Ynx2Iu
「皮」

皮は言った

俺はこれで飯を食ってる

俺のオリジナリティー

俺の生まれ持った才能

みんなを笑わせる職人芸

十八番なることは勲章

茶の間の噴飯は俗な夜空に舞った

でも人生まで滑ってるのはあんたの自己責任



281 :あらたぁんす(抑揚v5):04/01/13 02:05 ID:ozABnqw1
>>273
了解、説明thx!
でも人を育てる所であっても、スレが無くなれば人は育たないよ。

282 :ホノルル:04/01/13 02:11 ID:eZCmGXrd
<コスメ坂 前編>
険しい坂道の途中に私の家はある。
いつも窓から見えるのはキラキラと輝くきれいな
お姉さんたちがこの坂を登っていく光景だ。
この坂を登りきったさきには女子高がある。
ちっちゃな頃から私、坂を登るお姉さんたちに憧れていたんだ。
めまいがするくらいの険しいのぼりざか、
でも、あんな風に綺麗になれるんだったら
私もいつかあの坂道登ってみたいな。

283 :名前はいらない:04/01/13 03:04 ID:IN0atoQx
この僕に何が出来るの
誰か助けて
救いが必要なんだよ
聖母マリアは微笑んで
僕の生き方
笑って見てる
死に急ぐ僕らの事を
ずっと微笑んだままで


284 :ホノルル:04/01/13 03:52 ID:eZCmGXrd
<コスメ坂 後編>
険しい坂道の途中に私の家はある。
時は過ぎて私も高校生になった。
でも女子高生の朝は短すぎるのよね。
朝シャンだけでせいいっぱい。ちこくしちゃうよー
とにかくパンをくわえて坂道を走る
お化粧しながら走る 走る
なんか憧れてたイメージと全然ちがうんだけどなぁ
もうダメ この坂きゅうすぎ
最後の力を振り絞って校門を駆け抜けた。
ひとすじの汗 キラリ
あれ? 今私、輝いた?
生活指導の先生が言った
「おい 青木!おまえ化粧濃いぞ」




285 :名前はいらない:04/01/13 05:08 ID:f1XANRfN
>>溝
210がAだった理由を知りたい。
かっこいいってだけでAになったのか?

286 ::04/01/13 09:33 ID:HaJ94/mP
>>284

言葉を大事にしていないような気がする。「。」のつけかたも適当で安易。
化粧しながら走れる女などいない。男が書いたのか?とおもわせる。
最後の力を振り絞ってまで走って「ひとすじの汗」って……。わるいけどE


287 ::04/01/13 09:54 ID:HaJ94/mP
>>231
貴女の詩はもう評価されてしまっているけどもう一度。「性別が分かっちゃう詩」に私は
うんざりするタイプではないので。考えながらまとめている姿勢はよくわかる。
ただリアリティーに欠ける。現実の恋なのか脳内だけの恋なのかがいまひとつ
わからない。
「つらい、たのしい」「醜い、綺麗」「かなしい、たのしい」…もっと
貴女だけの表現を探した方がくっきりとそこらへんが伝わるような気がする。

で、次に期待してD


288 :名前はいらない:04/01/13 10:11 ID:eS9vUe7r
「スカイ」

いつもの登校時間 いつものバスの中

車内は沈黙がガスみたいに充満していた
バスが停まったり再び動きだしたりするたび、みんなもそれに合わせて体を揺らす
少し息苦しかった

車内は臭いが飽和していた
タバコの臭い 汗の臭い 香水の臭い

でも一番臭いのは、鼻ではなく心にクる臭い
夢を失った大人の臭いだ

川底に埋もれた空瓶だって、魚になる夢くらいは見るかもしれない。
すると彼らは空瓶以下

僕にもいつか、人生の8月31日がやってくるのだろうか。
臭いに慣れて、臭いを感じなくなる時がくるのだろうか
でもその時の僕の体を今の僕が嗅いだら、きっと顔をしかめて
「臭い」って言うんだろうな

窓の外を見た。雲一つ無かった
空というよりスカイだ

289 ::04/01/13 10:14 ID:HaJ94/mP
>>247
言いたいことがわかるだけに歯がゆい。おそらく削るところがたくさん
あると思う。「聞こえよがしに一人ごちる」「蹲るように曲げられた」等の
表現には少し無理があるかも知れない。
「そう感じてしまう自分」をもう少し的確に出せれば(寒すぎるだけでなく)
貴女の言う「ダークすぎ高齢者に対する偏見云々で、批判がくる類の詩」にならず
もっと共感できるとてもいいものになると思う。で、次に期待してC


290 :倭国のヒース:04/01/13 10:27 ID:8bbFahPg
そのとき 君は笑ったから
僕の頭のなかは ぐちゃぐちゃになる

君が澄み切っていればいるほど
僕は苦しくなっていく

 なんて透明な鎖



ぁぁ…駄詩だ。 

291 ::04/01/13 10:29 ID:HaJ94/mP
>>288
真摯で好感が持てる詩だと思う。「臭いが飽和」はもう少し練った表現に
した方がいいかも知れない。
「川底に埋もれた空瓶だって、魚になる夢くらいは見るかもしれない」これは
いいと思う。これだけで次の「すると彼らは空瓶以下」は無くて充分かも。
最後の「空というよりスカイだ」もすっきりとしてきれいだ。
鼻に「クる」という表現はもう少し考えないと、この詩がかわいそうだと思う。

まじめな姿勢の詩は大好きだ。評価はCだが、この詩の作者は好きだ。

292 ::04/01/13 10:38 ID:HaJ94/mP
>>290
まじめに書いたものに駄詩なんてないw
ただ「鎖」が本人にしかわかりにくいかも知れない。
「ぐちゃぐちゃになる」心は誰でも共感できる、せつない気持ちで
とても素直なかんじがする。
短すぎてまだ「断片」にすぎないような気もするが
最後の一行がかわいいんで、評価 梅(松竹梅の梅ね)

293 :名前はいらない:04/01/13 11:11 ID:eS9vUe7r
>>277はウヨ。

294 :名前はいらない:04/01/13 11:21 ID:22dXQR/S
>>293
くだらないレスだな。
そういうくだらない未熟な精神が>>288のようなくだらない詩にありありと表れている。

295 :狂華更紗:04/01/13 16:54 ID:IkinULme
−冬 霞−

夜霄の霞む寒い夜に
頭蓋を過るは
遠き日の幻想。
そっと、
吐息を飛ばしても
逝く宛も無く
距離は遥かに。
触手を伸ばす
先さえも奪われ
蹲っても
視界は黒い儘
軈て、
闇は見えない
零の涙に霞み
モザイク模様の
想いに変えていった…。
心の中の
抜けない棘から
血を流して。
僅かに見える
真白なラインを
遥かに伸ばして。
疼痛む躯体を
引き摺って、
腐り始めた心を
贖い乍ら
辿って行こう…
歩いて行こう…
残るもの全ての
 無くなる、其の瞬迄…。

296 :名前はいらない:04/01/13 17:00 ID:61zTev5Y
「夢歩き」

開きかけた扉 次の世界への掛け橋
モノクロの自由も 退屈な日々も
巡る季節の 温もりの中に

今も遠く響く 消えたあの日の言葉
歩き続ける旅人に 掴む勇気があるのなら
背中合わせの孤独さえ 無駄では無かった 

星の重力に抱かれて 僕は夢を見るよ
笑うことや 泣くこと 生れ落ちた意味を
いつか見つけられると 信じたいから

静かな夕暮れ 夢の残り火の街角
意志が無い自分も 瞳を閉じた誰かも
巡る季節の 流れの中に

今も刻んでいる 壊れた時計の針は
歩き疲れた旅人に 焦ることはないのだと 
流れる雲の優しさ 教えてくれる

星の重力に抱かれて 僕が見た夢は・・・

扉を開いて 次の世界はすぐそこに
夕暮れが夜へ 緩やかに変わる
巡る季節の 夢の終わりに

297 :笹岡:04/01/13 17:07 ID:XRpvZVN9
はじめまして
これからおせわになります。
あえて年齢をいいます16歳です。
私も詩を書くのは好きです。
でも「詩を書く」とゆう言葉はあんま好きじゃないので
僕はいつも「作文を作る」といってにごらしてます、
みなさんは詩とゆう言葉自体に抵抗ってありますでしょうか?
私の場合自分の作品を詩と言ってしまうと
なんか直球すぎてはずかしい
ひねくれたいたい

298 ::04/01/13 19:12 ID:cwXqBssk
>>237 D
すでに輝けている月に、輝けない主人公が自分を投影するのはおかしいと思います。
一行ごとに改行を入れず、きちんと連で分ければ評価はあがりました。
駄目人間をテーマにするときは、読み手が感情移入できるようにして欲しいです。
少なくとも私はこの詩からはその努力が無いように見えました。
>>238
いろいろと工夫しようという様子は見られますが、
この詩の意味をどんな人がわかってくれるか、わかってくれる人はどんな詩を求めているか
詩が出来上がったあとにもう一度確認してみてください。
誰にもわかって欲しくない場合は別ですが。
>>239
日記帳に対する思いを綴っただけなんですが、それだけで日記帳の持ち主が
どんな人か、またどんなことを考えているかわかり、とても上手いなと思いました。
>>240 D
この詩も>>239と同じテーマのようですが、決定的な違いは
主人公を応援する気にならないというところです。
あと、四行目の最後は「過ごしました。」の方が適切です。


>>soft
詩の善し悪しと実話かどうかは関係ないが、あんたのことがもっと好きになった。
ご冥福をお祈りします。

>>285
導入、視点、世界観、言葉の使い方、終わり方の秀逸さ、
以上のことから俺には無い確かなセンスを持っていると思った。
というのはたてまえで、俺の心が単純にふるえたってのが一番の理由だよ。
極上のケーキを食べておいしいと言うのに理由なんて必要かい?


299 :名前はいらない:04/01/13 19:32 ID:22dXQR/S
>>298
個人的な意見をば。(俺的には>>237が結構気にいっていたので・・・とはいっても俺自身評価できる人間ではない)
丸くなっている月、つまり輝いている月を見て、主人公は悲しくなるわけで、
でも月は自分で光を放てない(月は太陽の光によって・・・ってこれは言うまでもないか)、という事実に自分を投影して
「あんな風に輝ける(=自分を輝かせてくれる”太陽”が現れる)のはいつだろうか」と考える。
主人公の中にいる「貴方(これが恋人なのか何なのかはわからないけど)」の存在(=地球?雲?)が大きくて
主人公はずっと影になったままで、でもそれは「貴方」が自分を守ってくれているから(あるいは一方的な愛情?)。
だけどやっぱり自分自身が輝いていたい。例え他人から与えられる光であっても。という葛藤。
そんな風に解釈して読めました(作者さん、違ってたらすいません・・・)。
だから「月に自分を投影するのはおかしい」「感情移入できない」はちょっと違うかなぁ、と。
評価そのものはどうでもいいんですが、理由に?となってしまいますた。
ナマいってすんません。


300 :CB:04/01/13 20:41 ID:/zD8fpo7
自信作です。もっとよみたかったらこちら
http://www.geocities.jp/cbroad19/index.html
ではごゆっくりお楽しみください


『満月の憂鬱』
野猿になろうとムラムラする理由
そんな、今日のお月様
適当に口実を作っては
したい事をしちゃってよ

よく見てみろよ
欠けていない、今宵の月を

何一つないきれいなとかじゃない
光るまんまるの所々に
少し暗く汚くなっている
皆きれいだって言うけど
実はそんないいものではない

逆に三日月なんてのは
そんなのが見当たらない
欠けているから分かんない

そんなもんだよ

ぼくもきみもみんなも
満たされると、どこか欠けてしまう
80度の煎れたての緑茶が
一番美味い何よりの証拠さ

301 :御肉:04/01/13 20:58 ID:QCDqHSWq
速すぎると感じたあなたの振り向き
嬉しそうに見つめた相手は私じゃない
悲しさを悟られないように無表情を作る
不自然な表情だけどあなたの目の中に私はいないから
気付かない 寂しい安心

吹きすさぶ風の強さと冷たさは
冷えた心にまで浸透して
私の心はついに凍った
すぐに凍ったものはすぐに溶けると私は私を慰める
それでも私は唇を噛んだまま
すぐに凍ったわけじゃないと分かっているから

ずっと凍ったままだった私の心が溶けたのは
皮肉にも私を凍らせた
私の後ろに居たアイツ
アイツがあなたを笑わせて
その笑顔で急激に溶かされてしまった

今はあったかい心
そのうち自然に冷めるから
新しい暖かさみつけよう
あなたのような
暖かい人

302 ::04/01/13 21:13 ID:cwXqBssk
>>241 D
雰囲気を出すための無駄な言葉が多すぎな気がする。
詩について学んだことのある人なら、命の輪廻については
知らない人の方が少ないと思うから、いまさら命は無限とか言われても
なんの感想も出ないです。(たとえそれが海などを通してのことでも)
>>242 D
いつかは なんて言葉を使ってる時点で意志の弱さ見えた。
何も恐くないなら今すぐ握り締めるんだ。
それができないのはあなたの為ではなく自分の為だから。
>>243 C
なにか惜しい詩だなぁ、と。
主人公の存在が薄いと思った。純粋さは伝わるのだが。
>>244
最後の三行以外は全部無い方がよいのではないか。
どこかで聞いたような表現ばかりで欠伸が出た。


>>299
百人いれば百通りの解釈ができるのが詩というもの。
それに俺も他人の詩を評価できるほどの人間ではないです。
事実、貴方の指摘によって>>237の詩に新しい解釈を発見をして
改めて自分の力不足と詩の面白さを実感しました。ありがとうございます。

303 :minatuki:04/01/13 21:23 ID:tTPfQYyp
大事なもの

毎日、楽しいことばかりおこらない
つらい事や悲しい事がある

それは全て、毎日を輝かせるためにあるんだ。

楽しいことばかり起こるんだったら
毎日が輝かない
つらい事や悲しいことがあるから
楽しい日が輝くんだ

この何気ない日常が
僕たちの宝物
二度とこないこの瞬間が
何よりも大事なもの

だから大切に生きよう
楽しい日を
悲しい日を
この瞬間を
大切にしていこう

304 :名前はいらない:04/01/13 21:31 ID:z3awlcP+
http://www.h5.dion.ne.jp/~cube/0_spike/spikelink02.htm

305 :Zist:04/01/13 22:14 ID:w3xPQeXq
『ふたり』


お前の愛を全身にまとって

憎しみを受けて止めてやる

お前の幸せを糧にして

不安を咬み砕いてやる

力を抜け

2人で幸せの泉で溺れよう


306 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/13 22:59 ID:RSpmvawW
『ヒ カ リ』
君は暗闇に 取り残されて 手探りで 進もうとしたら
派手にこけた
今にも 泣きそうな顔してんだろ?

君は暗闇に 咲いてる 花でさえ 踏み潰した
まるで気づかない
今はただ 必死なだけだよな?

さぁ 走り抜けるんだ 何も見えなくても 傷ついたとしても 傷跡も流れる血も
見えやしないんだ 怖くなんか無いだろう?

君は暗闇に 声を聞いて キョロキョロ あたりを見わたす
耳を澄ませ
今にも 消えてしまいそうな声だから

「君は暗闇に いるわけじゃない 目を閉じてるだけなんだよ
信じて欲しい
自分から一人になろうとしないで」

さぁ 目を開けるんだ 声を聞いただろ? まだ 疑ってんのか? あれは君自身の声だ
信じてやれ 怖くなんか無いんだよ

君は暗闇に まだいる気かい? 仕方ないな 手を出してみろ
わかるだろ?
僕の手を握れ 案内してやる

そこは 僕でもまぶしいくらいの日が指している

君はやっと目を開けた ヒカリが まぶしすぎるけれど
また閉じてはいけない
少しぐらい 我慢しろよ

307 :名前はいらない:04/01/13 23:16 ID:SL/FwSPb
「ホリディ」
電線も世間の裏もない、広い海へ行こう
空を見上げ足に波を感じれば
自分の位置と命がよくわかる
日常が挙げた中途半端な熱も
むせ返りそうな潮風に咳と一緒に連れて行く

希望に見える海面の反射光、なにがそうさせる?
気が付いて空を見上げると
翼を持った者同士の小競り合い
自由と思える空にも法がある
大人になったら感じるものに似てはいるけれど
今日は下を向かない

もう一度咳払いをしたら
足跡を踏まずに帰ろう

誰か評価ヨロ


308 :名前はいらない:04/01/13 23:18 ID:pEGWBYc4
もし君に食べ物が無かったなら、私はパンを差し出そう

もし君にお金が無かったなら、私は金貨を差し出そう

もし君に時間が無かったら、私は私は安らぎを差し出そう

もし君に悩みが無いのなら、私は私は銃を差し出そう

309 :@@@:04/01/13 23:24 ID:LDx95QnQ
『no title』
愛なんて儚くて 不確かで
優しいと思えば 痛々しくて
形あるモノの方が どれくらい信じられただろう

全てわかったような気になって
弱い心 隠そうと思ったのか
傷つかないようにと わざと愛を遠ざけて過ごしていた

だけど それでも 

愛されることを知らない人を
目の当たりにしたとき
透き通った色した涙が一粒 二粒
この乾いた頬に零れ落ち

愛に包まれて生きていることを強く感じた

愛なんて儚くて 不確かで
優しいと思えば 痛々しくて
形あるモノの方が どれだけ信じられるだろう

だけど それでも

きっと 愛以上に強いものは
誰も見たことがなくて
この先も誰も見ることはないんだろう
多分そんなものはないから…

愛に包まれて生きていることを改めて感じた
***********************************
前回の詞へのレス、アリガトウございましたo今回は“no title”とゆぅタイトルですoよろしくお願いしますo

310 :名前はいらない:04/01/14 03:27 ID:yD/YtCd/
ねむれない

現実が僕を引きずり回し

夢の門番は見てみぬふり

何もかも僕が悪かった

許してほしい現実よ

僕はお前とは結婚はできない

ただつき合うだけ

そうドラマでよくある愛人関係のように

許してほしい夢よ

お前とは永遠に一緒にいたい

だからこんな関係はやめよう

ただもう少しだけ待ってくれ

深い深い眠りに着くまでは






311 :_:04/01/14 07:26 ID:Ur8pCinN
「ネオわからない節」
人生が何だとかスゲエ興味無い
意味とか興味ない わからない
きっと30年位前に誰かが答え出してる
意味だけ増え続けてる 手垢でフニャフニャ
まるでお面 お前はお面
まだネギの方がマシ 俺にとっちゃネギの方が大切
旅館の女将の方が可愛い ステキ
人生言うなればストリップ
人生言うなれば花 人生言うなれば箱舟
秘密は宇宙 秘密はお前の中 
わからない わからない わからない

感電して 水たまりで溺れて
空に吸い込まれて 洞窟に入って
女と一緒に イスに座って
飯を食いながら 魚に食われて
水を飲みすぎて 胃が膨張して
そんな奴らは飛び去れ
俺をわからなくさせる奴 ネオわからない節

312 :名前はいらない:04/01/14 08:01 ID:Yvi4UkRz
test

313 :名前はいらない:04/01/14 08:05 ID:Yvi4UkRz
「愛が聞こえる」

空瓶の底で這いつくばる蟻を演じていた俺
救い出してくれたのは君だったね

君は俺を構成する元素の一つ
火・水・土・風・そして君

「私・あなた・愛してる」

たとえ耳が聞こえなくても、俺には君の声がはっきりと聞こえた
君の手が紡ぎだす声を、俺は自分の目ではっきりと聞いた

君と俺、ふたりの音色を重ねて
新たなハーモニーを作り出そう

たとえ音が聞こえなくても、俺達には愛が聞こえているから

314 :名前はいらない:04/01/14 08:09 ID:Yvi4UkRz
「俺神」

神様は俺のトモダチ 聖書っていう小説の著者
たまに人類を創造したり 天変地異を起こしたりしてるスゴい奴

アンタはまるで書道の筆 ただ歩いているだけで美を作り出す

勉強OK スポーツOK
まさに水陸両用のニクイ奴
これで性格も良かったら陸・海・空制覇なのにね

2000年代始まったばかりなのに 俺のまわりはもう世紀末

神様の放った小便 フェチな俺は喜んで飲み干す
神様の歪んだ愛情 Mな俺は喜んで耐え抜く

俺は聖書に挟まれたシオリ 
今はソドムとゴモラのページにいるだけ

神話はまだ始まったばかりさ そうだろ、神様?


315 :名前はいらない:04/01/14 08:33 ID:/GegdoTl
翼は折れた。

もう一度飛ぼうと必死でもがいた。
あなたが私に愛を注ぐまでは。

私は何のタメに飛ぶのかを忘れた。
あなたの愛に翼を忘れた。

でも

あなたは私の翼に触れた。
私の翼を癒すタメに私を愛した。

翼は元通りになった。
私はもう一度飛べるようになった。

けど

これで終わってしまうのなら
あなたの愛が途絶えるのなら

こんな翼はいらなかった。
空など飛ぶ必要もなかった。

私は翼をもぎとった。そして・・・


翼を失くした私にあなたは気づかなかった。

316 :名前はいらない:04/01/14 10:07 ID:RvXrGFRn
昼が終わり、又夜と共にあなたがやって来る
あなたの瞳を見るたびにこの小さな男は
息も出来なくなる
あなたの息使いにさえ心を躍らせる
しかしあなたは僕には気づかない
木の下を見て僕はそこにいる


317 :デラシネ:04/01/14 11:33 ID:CAicU/bw
枯れ葉よ お前は何を知った
生きる喜びか・・・
今のお前には ただ
舞い落ちる事のみが許されている

優美に舞え 断末のゆらめきの中を
落ちて 人の足に踏みつけられる事さえも喜びとせよ

お前は生きた
それで良いではないか・・・







318 :名前はいらない:04/01/14 15:25 ID:Yvi4UkRz
「沼」

確かにそいつは水面に映ってる
でも、暗い沼の底をいくら漁ったところで
月なんか落ちてやしないさ

先に飛び込んだあんた達が、月の代わりに見つけたものはなんだ?
バーコード付きの友情か? 賞味期限切れの愛か?

「早く飛び込め、列がつかえてるんだ」後ろがせかす

俺は唇を噛み締めるのが精一杯だった

沼の水を両手ですくえば、そこには月が映っているのに

319 :北が来たー☆:04/01/14 16:12 ID:M6pxRlnL
ざっと見たが、きしょいセンスが鼻につく
うぜえ文字列馴れ合いスレくわぁ!!ここはよぉ
げへえ。

320 :名前はいらない:04/01/14 17:01 ID:Yvi4UkRz
>>319
アンタの寒いハンドルネームにゃかなわねえよ……

321 :笹岡:04/01/14 19:13 ID:wPoKJ98w
「流され」
そんなに長生きしたいなら
部屋の時計をみてればいいよ
ずっと時計をみてればいいよ
朝から晩までみてればいいよ
長生きできるから





322 :名前はいらない:04/01/14 19:15 ID:yfRPjRQq
受動態。
良くない響き。
待っていれば何かがくるって思ってる。
誰かがやってくれるって思ってる。

声を掛けれずに立ち尽くす僕。
流動している流れの中で、一人ひたすら止まっている。
トーテムポールの横を通り過ぎるように、
彼女は僕のを通り過ぎる。

気づくわけないじゃないか。

受身じゃなにも始まらないさ。
能動的に生きようよ。
周りが「何か」してくれるのを待たずに。
ゆっくりでもいいから。

受動態が能動態に変わるために必要なこと・・・
「される」を「する」に変えるだけ・・・。
難しいことなんかじゃないよ。

「ねえ、ちょっといいかな?」
そこから始まる能動的なストーリー。




323 ::04/01/14 21:00 ID:GtCpPydu
>>245 評価放棄
叫ぶということ、そして聞こえるということ、
おそらく何かの比喩だろうが、自分には理解できなかった。
>>249 B
その気持ちはすごくわかる。光、闇、近い、遠い。
言いたいことを上手く言えている感じがする。
また最後の言葉を言いなおすことで、深みもましている。
>>261 D
優しい詩ですね。朝焼けに〜のくだりは気に入った。
最終連で書いてある人の心に見立て笑うのは、人かお天気か。
>>265 E
言いたいこと、書きたい事が見えない。
ただ奇抜な表現をしようとしただけではないのか?
>>266 D
どうでもいいことで自分を責める人がたまにあるが
そうなりやすい人ほどはたから見たら滑稽なものだ。


324 :名前はいらない:04/01/14 22:23 ID:EROrpBRb
君への想い
               
君に会った
幻惑の世界で
望んでいた光景
得られなかった
その瞳
その声
その笑顔

いつも変わらないね
自分の思いも
君の肖像も
ただただ回帰する
くるくると
くるくると
もう止められない
枯れて散るまで


325 :◆tr.t4dJfuU :04/01/14 22:39 ID:oWlVwYSy
>>319
ややこしいので、そういったコテや発言は控えてくれたまえ。

>>320
どういう意味じゃゴラァ!!!
ヽ(`Д´)′


326 :CB:04/01/14 22:57 ID:52V/E2Z0
おや?私の採点を忘れてますよ。
>>300の詩です。

327 :名前はいらない:04/01/14 23:35 ID:6ImX4q55

嗚咽を噛み殺し 咆哮を飲み込み
鼓動を押し殺し 淡色の絶望に彩られる

感情を遮断する 干渉を拒絶する
孤独を受信する 誰にも侵されぬ己のみの城を建設する

徒労に邁進 社会に混迷 此の世に発狂 
宇宙に冷たく沸騰した視線を捧ぐ

彼の城壁は 揺るぎ無き高度を 絶対的な強度を誇り始める



彼の世界に革命の光あれ。



328 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/15 02:00 ID:yEM9wvTj
[発見]

チョコレートが常温で溶けるなんて知ってたのに
見たぬめる指先には甘く香るミルクチョコレート

甘い匂いの立ち篭める台所
床から這い上がる古い暖房
徐々に室温が上がるなんて
スイッチを入れた結果だよ

気が付けば傷だらけになっていた指先と膝横の線
お風呂で染みるまで傷だとも意識してなかったよ

入ったときは溢れる湯気で
熱い気がしてた湯船だった
そんなのすぐ慣れちまった
真っ赤に浮き上がった傷達

よしよし よく洗ってあげるよ

329 :名前はいらない:04/01/15 04:54 ID:lIblo+po
「風の谷口承伝」

明星をのみ込むがごとき巨人
大地を亡びへと導くオベリスク

その地中 深きに侵されざる森
鎮守の主 語るは触手の戯れ

青き衣 身にまといしは
谷の王家 紋章の士

深奥との交わり
亡びの邪悪な意志
来るべきは終焉
赤き稲妻 黒き地響き

始まりは風の源に
終わりは大地の渦へ

自らを贄とし 怒濤を鎮めたり
蒼弓の一翼 金色の原へ
いにしえの導きにより
大地の祝福を受け再び降り立たん

紺碧の士 絆の証しとし
死せる海と共に
谷に生くことを示す
共に風と民と

330 :ohatu ◆082/.ilWB2 :04/01/15 05:00 ID:wxqh9jPg

 ときどき謝る
 太陽の方向とか間違える
 きみのこと
 雲くらいに思う

 人間は形で
 狼は遺伝子で
 結婚詐欺は僕の友人だから
 僕は、疲れるんだ

 死んだふり
 猫はかわいいと思う
 きみのこと思う
 いつもより寒い

 教会の
 窓ガラスを割って
 僕自身が凍えるなんて
 きみは教えてくれなかった

 ほんとに無口になって
 きみは冷たくなったね



331 :名前はいらない:04/01/15 06:12 ID:IW7KW8Di
>>313-314
まだ評価されていないのはなぜですか?

332 :名前はいらない:04/01/15 07:59 ID:IW7KW8Di
あ、>>318もお願いしますですm(__)m

333 :名前はいらない:04/01/15 08:00 ID:swIKY8Sk
>>331
別スレで評価されてたよ。マルチしてるみたいだねその作者さん。

334 :名前はいらない:04/01/15 09:07 ID:mICApDE/
ライトだ。
其処にあるのはライトだ。

明るく照らすライトだ。
無気力に。ただ、無気力に。

放電し、消耗する。照らし、証明する。
首を曲げ、質問する。突っ立って、賞賛する。

器物に生命があるとするならば、なんとかいうかい?
いや、君は笑うだろうな。ただ、笑うだろうな。

器物は存在する、そして賞賛する。
発電し、消費する。減退する、振動する。
排泄し、呼吸する、思考し、流動する。
放電し、消耗する。昇華し、廃棄する。

廃棄する。廃棄される。廃棄

335 :名前はいらない:04/01/15 11:12 ID:IW7KW8Di
>>333さん
他にもマルチしてる方は何人かいるようですよ

336 :名前はいらない:04/01/15 11:25 ID:swIKY8Sk
>>335
まぁ俺は全部見てるわけじゃないので。。。

ただマルチはいいイメージは持たれないよね。
そのスレにしか投下してない人にとったら
マルチのせいで評価後回しになった、なんてこともありうるだろうし。

337 :名前はいらない:04/01/15 11:40 ID:IW7KW8Di
>>336
なるほど……その通りかもしれませんね
私も以後気を付けます

338 :名前はいらない:04/01/15 19:46 ID:5x31opYX
「からくり人形」

かたかた かたかた
私はからくり人形
カタカタ カタカタ
私はカラクリ人形

あなたの思い通りに 痛いことも
出口のない迷路でも 従うのみ

それでも私は あなたがかわいい服を着せてくれるから
私は あなたのそばにいられるから 幸せ

窓から見える空が とても美しいし
お月様が私に笑ってくれる
小鳥だって私に歌ってくれるし
あなたがそばにいてくれる

少しぐらい痛くても 少しぐらい苦しくても
私はそれだけで幸せ

かたかた かたかた
私はからくり人形




思ったより良くならなかったな・・・

339 :   :04/01/15 20:20 ID:sMohXXZl
おほほほほ  eマシーン ってアメリカのやつを購入してしまったぜ  気分はアメリカンって感じだわ おほほほほ

つーかパソコン変えたからトリップ忘れちまったぜ!! 未評価作品は増えすぎてるし。。
ったく俺様がいねぇとなにもできねぇカス供だなuzeeeeeeeeeee ダサいよチミ達?

まぁ俺様の溢れんばかりの才能があってこそなせる技なんだがな おほほ

340 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/01/15 20:26 ID:y0sJEG7u
うわっ キャラ変わってる…
おけーり!


341 :30:04/01/15 20:29 ID:dZd+ptls
うわ〜アンダーバーさん、お待ちしてました〜
おかえりなさーい。
私は年始早々失恋して大変でしたー。
ってかeマシーンって何???

342 :30:04/01/15 20:31 ID:dZd+ptls
>>142 >>247
が今年に入って作った作品2つです。
他の方にも評価して頂いたけど、よかったら、お時間があれば、
アンダーバーさんの感想も聞きたいです。

343 :   :04/01/15 20:44 ID:sMohXXZl
>>340
おほほ  今から前に使用していた俺様の歌詞作品を移す作業に入るのである つーか俺じゃ無理だ うぎゃぁぁぁぁ

>>341
失恋ねぇ、、「いぃましーん」ってのはアメリカのカルフォルニアの企業が昨年9月(?)に米国で発売したPCなのだよ 
なんだか消費税分も値切れないし送料550円が勿体無いから荷物持って電車で帰ったのだ 秋葉原糞UZEEEEEE
驚くことなかれ、いーましーんは日本発売なんと二日目!!!XP搭載!!! 俺は常に時代の先端を突き進むのさ おほほ

今からYAHOOゲームだとかメールだとか得ろ動画ダウソソフトだか設定するからまた会おう さらばだ下民供 おほほほほ

344 :名前はいらない:04/01/15 20:47 ID:DP7xb9Wt
万物は全て留まる事を知らず、言うまでもなく時も同じように動いてゆく。
そして新たに現れるものは、新たであるべきであるのに、それは過去の幻影、
自己の潜在から取り払う事の出来ぬ、幻影、
それはすぐそこに位置し、またそれはすぐそこから、
待ち構えているかのようにいつでもわたしを呼覚ます。

過去に縛られ、過去に囚われる、盲目の老人の戯言。


345 :名前はいらない:04/01/15 20:49 ID:DP7xb9Wt
さらば友よ。

わたしはあなたの良き理解者であったと自負している。

であるがわたしはあなたを見送る事は出来ない。
あなたも疑問に思われている事であろう。

しかしこの声はあなたに届く事、叶わない。
さようなら、いや、さらば友よ。

346 :名前はいらない:04/01/15 20:54 ID:U/yyevuh
http://homepage2.nifty.com/save_me/ginoran/
こっちの方がきゃわいい。

347 :30:04/01/15 20:57 ID:dZd+ptls
>343
アンダーバーさん、キャラがパワーアップしてますねー。
eマシーンって、最新のPCのことなのね、、、
ゆっくり設定してまた戻って来て下さいねー。さらば〜。

348 :CB:04/01/15 21:07 ID:HINAsTTJ
300の採点しろ


349 :名前はいらない:04/01/15 22:01 ID:IW7KW8Di
313,314,318の採点もどうかお願い致します
m(__)m

350 :sigma:04/01/15 22:09 ID:52b4tNV3
『幸あれ』

人の幸せに嫉妬し

自分にかかる不幸を喜ぶ

それで貴方が満足ならいいですけど

それで何が満たされますか?


351 :名前はいらない:04/01/15 22:29 ID:/2cyel1m
>>279 D
あなたは日本の問題を取り扱いませんね。そういう人は貴重だと思います。
だけど、この詩はベースとなる物語があって、それをそのまま文にしただけ、
という印象を受けました。一行、一語にも意味をもたせられるよう努力してみてください。
>>280
正直、評価が難しいけどは個人的にニヤリとしてしまったんでんでC。
ひとつだけ、文章にもっと知的な言葉を置いていけば「皮」の正体がわかったた時の
意外感とオチの言葉のクールさが増すと思います
>>283
答えを聖母や神などに尋ねるという手法は使い古されている。
全ての行をどこかで見たことがある。
この詩のどこにセンスがあると感じてこのスレに投稿したのか。
>>295
お前、この詩は手書きじゃ書けなかったろ。
キーボードを打って出た難しい漢字、表現を使えば詩なんだろって思ってるだろ。
その弊害も考えないで。



352 :名前はいらない:04/01/15 23:06 ID:vieUlgBs
暗い部屋に独りモニター画面を見つめながら
何かを探しマウスのボタンを押しつづけている

生身の人間達と交わす言葉を恐れ
太陽の光を避けて引きこもる毎日に小さな夢を見つけて

ドアを開き飛び出した時 人を刺す少年時代
救われぬ運命 見えない未来 いつまでも少年時代

誰にも好かれる笑顔の自分を演じながら
仮面 の下でやり切れぬ叫び声閉じ込めている

ノートに綴っている誰も知らぬ黒い夢
選ばれた人間なら 許される約束と信じつづけて 今・・・

恋もスポーツも友情も奪われた少年時代
倫理も道徳も法律も裁けざる少年時代

サイレンが・・・  鳴り響く・・・ もう二度と・・・  もどれない・・・

恋もスポーツも友情も奪われた少年時代
倫理も道徳も法律も裁けざる少年時代
愛情や宗教、医学なんかじゃ救われぬ少年時代

2000 G.C.M Entertainments

353 :351=溝:04/01/15 23:09 ID:/2cyel1m
>>296 D
ダラダラしてる。もっとメリハリをつけるべし。何度も読み返しちまったよ。
あとGLAYの詩と似たような表現を多々見受けられる。
>>301 C
前半部はB。後半部はD。
わざわざ「アイツ」を出す必要はないように思えたし、
最終連は結局何が言いたいのかわからなくて感情移入できなかった。
>>303 E
前半矛盾。楽しい日は輝くが楽しいことばかりだったら毎日が輝かない。
       それは毎日を輝かせるためにあるんだ。
あと奇麗事だけだったら小学生でも言えますよ。
>>305 D
受けて止めてやる、という言葉が気に入ったのだが、噛み砕いてやるって書いてあるから
狙ったわけではないようだ。
あとはよくある強気な愛の詩ですね。


354 :名前はいらない:04/01/15 23:09 ID:eb44VRZ7
何もかも吸い込んでしまう

人間ほどの黒いブラックホールのようなものに

やさしさと微笑みを

何度も何度も

投げ入れ続けた男

愛は盲目

ゆえに残酷な美しさを残す











355 :名前はいらない:04/01/15 23:12 ID:O64F4x5J
ぼくは浪費癖があり
大食漢だけど
人間の食事を拒否することもある
無能者め、って、ときどき謗られることもあるけど
むべなるかな
なぜなら、無類の怠慢、怠け者だからだ
そうかもしれない
否、然り
大飯喰らいのぼく、大食いだなんて
いわないで
子供っぽい
幼稚な、稚拙なぼく
幼稚園は卒業したよ
エリートにはなれなかったけど
官僚でも、警察でもいい
厳しいテストも受けてきた
握手を求められても、その手を振り払う
ただ、キスはしてほしい
子供の頃は鍵っ子だった
そのうち、すねちゃうかもね
ヒネクレちゃうかもね


356 :名前はいらない:04/01/15 23:17 ID:O64F4x5J
未熟で
幼稚な
わたし

無能な
わたし

結婚も
しない
わたし

食事も
しない
わたし

大食い
をする
わたし

共食い
をする
わたし

人殺し
をする
わたし




357 :DK:04/01/15 23:34 ID:t7elZI+p
あなたがいたから
二人の意味を知りました

全てが新しい世界で
空に舞う翼を
目を細めながら
見上げたそこには
確かな路があったのに

あなたがいたから
いまここで
一人の意味を知りました

剥がれた世界の下では
人の心に生まれた鬼たちが
泣いて喰らい合い
私たちの弱さを怒り
私たちの哀れを嘆くのに

どうして人は
二人を求め続けるのでしょうか


−−−−
よろしくお願いします。

358 :名前はいらない:04/01/15 23:37 ID:XQyswq2T
穴蔵のアナグラム 僕達は何も知らずに
世界の意味を変えて 笑っているだけ
無慈悲に無情に 磨り減っていく言葉
世界の意味は変わり もう戻りはしない

ずっと 自分を見つめて
ずっと 自分だけを見つめて
ずっと 自分だけしか見つめないで
鏡の中 無限に連なるのは 孤独

貪りあう 絶望の果実 誰がそれを希望と呼んだのか
傷付けあって 手に入れて 決して満たされないままに
穴倉のアナグラム 全ては言葉の海に溺れ
愛情も友情も 自分勝手に創られた


幸せのプログラム 欠陥品だと気付かずに
壊れた意味の通り 笑っているだけ
沁み込んだ意識に 混ざり合う言葉は
全てを壊し尽くし もう戻りはしない

結局 自分は見えなくて
結局 自分さえも見えなくて
結局 自分は誰だったというのか
鏡の中 無限に連なるものも 消える

貪りあう 絶望の果実 その苦しさを疑えるなら
奪い取って 失い 満たされないノゾミだって
穴倉のアナグラム 自分から変えていける
光の届く場所へ 一歩でも踏み出して

359 :名前はいらない:04/01/15 23:38 ID:O64F4x5J

liveの逆さは、evil
dogの逆さは、god

360 :名前はいらない:04/01/15 23:52 ID:JOeh1Gf1
レモンの現実
トマトの現実
リンゴの現実
キウイの現実
ナスビの現実
バナナの現実
メロンの現実
スイカの現実
ミカンの現実
イチゴの現実

361 :CB:04/01/15 23:53 ID:NymKeYCa
300の採点おねがいしますよ

362 :CB:04/01/15 23:54 ID:NymKeYCa
300をなぜ
無視するんだ!

363 :しんしん:04/01/16 00:05 ID:Ea5gYrF3
そんなにミャーミャー鳴くなよ
俺くらい寂しがりやだなぁー君は・・・・
俺が評価してやろう・・・・と思ったが
俺のキャラに会わないからやめる
俺は腹減った猫がすりよって来ても撫でるだけで
餌はやらん質でね

364 :名前はいらない:04/01/16 00:17 ID:CDUYKccl
あの子が言った
絨毯に何かが居るわ 汚らしい小さな怪物
あらゆるゴミを喰い散らかしたり拾ったりしてるの

彼女に元気を与えなきゃ 目がまったく死んでるよ
おはようテレビ 朝からとても健やかそうだ

僕らは皆言う
独りになんてなりたくない
同じ身なりに着飾り 同じ気分を味わおう
そしてお別れの時には 渇いた唇でキスを交わすのさ

世紀の終わり…どうってことないよ









365 :名前はいらない:04/01/16 03:22 ID:eBLn1z8J
「ぼくのなまえ は そらのなまえ」

化石の名前 の 女の子 は とてもかわいい 女の子

けど

彼女は 空の名前 を ひとつしか 知らない

から

一緒に 空 を さがしに さそおう

それに

日が 沈めば 星の名前 かぞえよう

かわりに

硬くて きれいな 化石の名前 おしえてもらおう

だって

ぼくが知ってる 化石の名前 も たった ひとつ だけだから


366 :狂華 更紗:04/01/16 04:42 ID:Ck3rBjUQ
>>351
295ですが、残念ながら原版は前に作ったもので手書きのものです。
この時期は敢えて難読な漢字を多用したりして視覚効果を狙いながら書いたりしていました。
まぁ、辞書ひいたりして手間も懸かる作業だったしやりすぎも稚拙な手法だとも感じたので、最近は過ぎないように考えつつではありますが(w

ていうか、失礼ながら「お前」や「弊害」と云う云い方が些か引っ掛かるのですが。
「評価」するという事を、上から見下した視点でものを云う様に思われておられるとするならば、それは違う様に私は思います。

それと「弊害」と云われてありますが、ならば駄作は「害」と云う事でしょうか?
誹謗中傷は別として、書く事、表現する事に有益有害を付けるのは言論の自由を否定する発言の様に感じます。


拙い者が云い訳めいた生意気を申し上げて大変申し訳無いと思いますが、気になりましたので、補足とさせて戴きました。

367 :スティルメイデン ◆gODrF.UK1w :04/01/16 05:12 ID:ESJl8Aft
感懐の空

空は既に無く
無機質な平面が部屋の宰相に剣をかざす
声を絶やした愛玩動物さながら

和毛の感触を残した空は失われ
降り注ぐ空の唾液が髪を撫でることも無い

ここの空には昼夜を問わない太陽が昇る

368 :名前はいらない:04/01/16 05:36 ID:cLAo5Ysq
水は流れる方を知っている 

溢れ出れば 外へ流れる
満ち足りた場所ではなく 乾いた地へと 自然な力で落ちていく

あわゆる形に姿を合わせて 様々な顔を持ちながら

全ての命を動かしていく 

369 :名前はいらない:04/01/16 06:05 ID:+uOq7m73
>>366
俺は評価した人じゃないけど、弊害って言うのは「読み辛い」ってことに関してだと思うよ。
意味や内容は関係なくて純粋に文章として読むことに弊害が生じているんだ。
少なくともここで詩を書くってことは人に読んでもらい、感想を貰うためだろう?
なのに読み辛い、常用ではない漢字を多用し、
婉曲な表現や難解な漢字を使うことが目的であるかの様な詩を投下する。
そこには「自分」しかなく、作品を読む人への配慮が著しく欠けてるって思われても
仕方ないんじゃないかなぁ?
漢字を使うことに訴えたい何かがあるなら別だけど、俺からしたら
単に雰囲気作りの一環あるいは椎名林檎の影響としか思えないワケよ。
そのタメに読み辛くされた詩は読み辛いという感想しか抱けないと思う。
詩って独り善がりなもんだけど、その独り善がりに
共感してもらうように表現を工夫するわけじゃない?
独り善がりのものを独り善がりのまま、
単に自己主張の道具として出されたら、
あまりいい気のしない人だっていると思うんだよ。
その評価人が口調を悪くしたのも、そういうエゴしか見えないと
感じたからではないだろうか?

370 :名前はいらない:04/01/16 09:25 ID:Xe2L5CCv
「ぼくのなまえ は そらのなまえ」
化石の名前 の 女の子 は とてもかわいい 女の子
けど
彼女は 空の名前 を ひとつしか 知らない
から
一緒に 空 を さがしに さそおう
それに
日が 沈めば 星の名前 かぞえよう
かわりに
硬くて きれいな 化石の名前 おしえてもらおう
だって
ぼくが知ってる 化石の名前 も たった ひとつ だけだから


371 :no,1:04/01/16 09:36 ID:Xe2L5CCv
おれが

あんたを好きだったてのはね、
なぜか

ただ 唯一であったからかしら、
唯一、大分に仲良くしてくれたからかしら、
唯一、キスしてくれたからかしら、
唯一、やらせてくれたかしら、

あんたがいねくなってね、
半年は大いにへこみました、

けれども、おれは自殺もせんしね、
大学も受かりね、へこみながらも、そこそこにね、

泣きそうにはなりました、24時体制でね、
いつでもです

つねに準備万端で泣きそうでした



372 :no,2:04/01/16 09:37 ID:Xe2L5CCv
しかしね、結局泣きはせんかった

いったいそれはなぜかね、ねえ、いったいそれはなぜかね
恋破れて、山河あり
なんてね、語感でものゆっとるんでねんだわ

失恋して、大泣き、なんてね、
または、一人旅、

よく聞く話ですなあ

しかし、おれはせんかった


それは、いったいなぜかね
それは、いったいなぜかね



373 :no,3:04/01/16 09:38 ID:Xe2L5CCv
旅でねえのは行動力の問題かしら


おれはね、こわいのよ
おれはあんたしか知らん
あんたが唯一であったから、

愛 はあんたしか知らんから、

それだけは本物であった、と信じたいの

しかしね、おれは泣きもせんし、
旅もでんし、自殺もせん、

これが、一体ホントに、本気の 愛 であったのだろうか、

なんてね、浸ったりね





374 :no,4:04/01/16 09:39 ID:Xe2L5CCv
こんなことになるならば、孕ませときゃよかった、

そうすりゃ、あんたはおれの側にいたかね
どうかね、いったいどうかね

あんたはおれの子供生んでくれたかね
どうかね、いったいどうかね


いまのじぶん、欲しいのは、あんたより
単位

それが悲しいの









375 :no,1~4:04/01/16 09:43 ID:Xe2L5CCv
夜中のテンションです

やはり、こんなことするのは
自分は自分が好きで好きでたまんねーのでしょうね



ああ、
コンタクトもつけっぱなしだ






376 :狂華 更紗:04/01/16 10:21 ID:Ck3rBjUQ
>>369
なるほど。
確かにやたらに凝り過ぎていた時期のものだもんで、必要以上に漢字使い過ぎで読み辛いちゃ読み辛いですよね、猛省(;´`)。

婉曲な表現は元からの私の作風というか癖というか…3年位前から曲のつかない詩を書いてまして、作詞の頃からストレートな表現を避けて、婉曲な表現で意味を一つに限りたくない様なエゴが出がちで何とかうまく解りやすい意味を持たせられないかと考えたりもしていました。

最近はそんなに書いてなかったんですが、久々に前のものを出してみたり、書いてみたりしたのですが、不快感を露わにされたのは初めてです、それがすべての答えなのでしょうけどね。

一応、ある程度必要ない解りにくい漢字を添削した改訂版を載せて最後にします。

皆様すみませんでした。

377 :狂華 更紗:04/01/16 10:26 ID:Ck3rBjUQ
−冬霞(改訂版)−
夜空の霞む寒い夜に
頭蓋を過るは
遠き日の幻想。
そっと、
吐息を飛ばしても、
行くあても無く、
距離ははるかに。
触手を伸ばす
先さえも奪われ
うずくまっても
視界は黒いまま
やがて、闇は
見えないゼロの涙に霞み
モザイク模様の
想いに変えていった…。
心の中の
抜けないトゲから
血を流して。
わずかに見える
真白なラインを
遥かに伸ばして。
痛む身体を
引き摺って、
腐り始めた心を
贖いながら
たどって行こう…
歩いて行こう…
残るもの全てが
  無くなる迄…。


378 :名前はいらない:04/01/16 14:20 ID:peLETZ2G
聞こえますか
あなたにも
ポトン ポトン
雨の雫
僕の肩にも
君の肩にも
ポトン ポトン
冷たい雨が染みてくる
ポトン ポトン
今からでも間に合うよね
二人で傘を買おうよ
少し冷えた体を温かいココアで暖めよう

379 :名前はいらない:04/01/16 14:33 ID:Cz1PSBuF
緋い悲劇の幕開け
もうじきこの胸に届く
変わらない街並み
見飽きて死んだ振り
僕の心はからっぽ
君が居ないから…
繋がりを捨て
意識は空白の彼方へ
妄想の放浪の途中で
君が消えてから
元実を見なくなった…
脆い記憶を突き刺す
緋くなる三日月は…
僕を戒める裁き…
淡い記憶に
移り変われば
ここにはもう…
僕はいない‥
眠りから醒めれば
昨日の僕は既に
死んでいる…
緋い三日月
胸に刺さった
緋い三日月
空に刺さった

380 :名前はいらない:04/01/16 14:34 ID:Cz1PSBuF
臆病を増す夜に
哭き叫ぶ…
《逢いたい》
心は君に寄り添いたがっているのに君はただ遠い瞳をしている‥
もう決して
逢えない別れに
耐えきれず涙はこぼれ
もう二度と
抱きしめられない
儚さに想いは壊れた…
何度も訴え叫ぶ
《逢いたい》
どうしても
逢いたい。
又微笑ってよ…
もう逢えない
けど…
《逢いたい》


381 :名前はいらない:04/01/16 14:35 ID:Cz1PSBuF
“いつか”を越えたい
君に逢える日へと‥
そしたらすぐ愛し合えるから
“はるか”を今に頂戴君に逢える日へと‥
そしたら君をすぐに愛せれるから
追憶の指先が放つ
数知れない想いが
心と共鳴する‥
追憶の指先が
空白に君だけを描いている…
微かな声が
空のむこうから聞こえた…
《飛び越えて》
君が言っているの?
《抱きしめて》
どこにいるの?
《忘れないで》
君は又消えた…


382 :名前はいらない:04/01/16 14:36 ID:Cz1PSBuF
透明な翼
付けたまま
綺麗な肌をさらけだし
自由の旅へ行こう
君となら
嫌なことも忘れられる
深海の人魚
波に揺られて…
素敵な夢を見よう
総て忘れればいい
君は天使
君は人魚
君は気まぐれ模様
何にでもなれるから
君を今にも
見失いそうだよ
君を抱けば
広がりゆく愛しさ
限り無い夢に包まれてゆけばいい
躰と躰が恵まれる刻
優しくも激しい
メロディが鳴り響く
忘れられぬ君と
総てを忘れよう



383 :名前はいらない:04/01/16 14:37 ID:Cz1PSBuF
心を繋げる手紙
今日もどこかに運ばれ
心を見つめ合う手紙
おしゃれな便箋に
願い、込めて
風に揺られ空を渡り
又誰かに届く…
お家に帰ったら
今日も誰かに届いてる
夕焼け…
夕闇…
夕暮れ…
はるばると又
秘密の言葉が待っているよ…
誰かの想い
誰かの詩
誰かのときめき
ずっと
終らない夢が
永遠に続いてゆく…

384 :30:04/01/16 14:41 ID:Gt6eFbEd
>>371-374
この詩は374で完結していらっしゃるんですよね。
とても心を打ついい詩だと思いました。
ここで見かける色々な恋愛詩(私も投稿したことあるけど)には、
きれいなきれいな言葉や表現を書き連ねているものがあるけど、
それらよりも断然いいです。
「ただ唯一であったからかしら」という問い、「それはなぜかね」という繰り返し、
「孕ませときゃよかった(かしら)」という呟きが、とても詩的でいいと感じました。

難があるとするなら、朴訥とした口調はとてもこの詩にとって効果的なのですが、
もっと「洗練された朴訥」に出来ると思うし、全体の構成や組立て方にももう少し
工夫が出来るように思えます。
その辺の足し算引き算は非常に難しいと思いますが。
「今欲しいのはあんたより単位」「24時間体制」という部分などが、何となくですが、
全体の統一感を乱している印象を与えます。
もう少し練り直せば、本当にすごくいい詩になると思います。
評価するとしたら・・・難しい・・・C+からB−ってところでしょうか。

385 :30:04/01/16 14:44 ID:Gt6eFbEd
うーん、もう一度読み直してみたら、
「いま欲しいのはあんたより単位 という自分が 悲しい」という最後の
オチのつけ方は、やっぱり、いいのかも、と思いました。
「あの愛が本物だったのか」というその前の問いとあいまって心に迫るものがある。
何か全然批評になってなくてごめんなさい。

386 :名前はいらない:04/01/16 15:16 ID:NtMhh8+f
313,314,318の採点はまだ…ですか?
採点“だけ”でも良いので、どうかお願いします

387 :ネル:04/01/16 15:27 ID:peLETZ2G
赤いキャンディー
青いキャンディー
黄色キャンディー

たくさんの色のキャンディー
幼い頃は 全部が欲しくて 泣いて困らせた

あれから 20年、30年
今でも 本当に欲しい物が何なのかも わからなくなってきた

赤いキャンディー
青いキャンディー
黄色キャンディー

何色が美味しいの
何色が楽しいの
何色が悲しいの

また、泣いて貴方を困らせた

赤いキャンディー
青いキャンディー
黄色キャンディー

いつか幸福になる為に


388 :名前はいらない:04/01/16 15:47 ID:3tnBo/JK
幸せなら手を叩こう 感情を表現できるって、素敵だ
幸せなら手を叩こう でも、あなたが手を叩いてさえいれば幸せなんだなって思ってしまう
幸せなら手を叩こう そんな悲しいことはしないで欲しい
幸せなら手を叩こう あなたは感情を表現できるでしょ?

389 :名前はいらない:04/01/16 15:53 ID:+uOq7m73
>>386
他のスレで採点さてれるからもういいじゃん。
このスレにしか投下してなくて未採点のものを優先してもらおうよ。

正直マルチうざいし。

390 :名前はいらない:04/01/16 16:05 ID:nDRbLGW+
「擬態」

接吻を所望いたす
顔や目がそう言っていたけど
僕はお姫様が嫌いだったし
その実ただの地方の娘っていうのも嫌だった
夜にカクテル飲んだからって
身体の奥から変わるわけではないよ

接吻いたせば良かったのか駄目だったのか
化粧を落とせばまだ見える顔を突っつきながら
少しは考えれば良かったかもね
地面に這いつくばって服を脱ぎさって泣き出すより
いまの皮膜をゆっくり愛でてやる方が奇麗な関係だった

俺は地面の上に手足を投げ出して犬のポーズをとる方が
堅苦しくポーズを決めるより人間的ではないけどもずっと良かった
美しい関係もたまにはいいけど
お互い磨り減るために付き合ってるわけじゃないしね
俺らは人間という姿をしているが「人間」ではないんだよ
なりたい姿に擬態して
取り澄ましている虫に過ぎない

391 :名前はいらない:04/01/16 16:14 ID:I9RKcp4K
た・ま・ら・な・い

会っていたいぜ 
今日も急ぎ足
おまえと歩きたい 
ハデにブーツ鳴らして

会っていたいけど 
大慌てだぜ
おまえと喋りたい 
汚い言葉でやりまくる

会っていたいよ 
働かなくちゃ
おまえにキスしたい 
甘いぜとろけるんだ

会ってたい 
仕事をしなくちゃ
おまえを抱きしめたい 
ぬくもりをおくれ

会っていれば 
何もできないよ

392 :名前はいらない:04/01/16 16:15 ID:I9RKcp4K
Punks Sweet Honey Girl

オレのハニーは合法ドラッグで自分を染める
どんな快楽にうえて落ちるのかまで知らない
汚れることはない ずっときれいなままだろう
だけれどきっと少しくらい悲しいって知ってる
パラソル 水玉模様 タバコ捨て右に歩く
かけちがえて ナイフかざして調子にのる
ガムを噛み Sex Vibration 造語に興味しめす
髪の毛さわられて 夢を手づかみに話し掛ける
オレは声がかれても叫ぶ 
ハニー 上手に唄う ハニー 君の歌声を
ハニー おぼえられない
しけこんだ先で潜ってたら腕から絡めた
顔が近づき魅力的なおまえに緊張する
息をころして 呼吸困難になっちまうかも
情事が情けなくて笑えた後くちづけ交わす
オレは図々しく溺愛してる
ハニー 揺れて歩き ハニー 言葉もなく
ハニー ださく渡す
メスネコ 睨みつけた あれが気に食わないぜ
ふたりで撮った写真がオレの宝だとふける
ハニーにあげた安いブランドネックレスは
側からいつかまぼろしになったらこわい
オレは少しも離れたくなくて
ハニー 涙をながし ハニー 答え聞かず
ハニー 伝えるだけ
オレのだらしない何を許せる
ハニー 何を待てる ハニー 何だっていい
ハニー 何がほしい ハニー ねえ ハニー

393 :名前はいらない:04/01/16 16:21 ID:ICLRvJ4f
>>386
糞な漏れが採点したろ。採点だけでいいんだよね

>>313
火水土風と君が同列でつか・・・

>>314
nazo

>>318
何故沼じゃないといけないの。
っていうか飛び込めないなら最初から並ぶな、と思った。

394 :名前はいらない:04/01/16 16:56 ID:1EVtS3/0
ギコナビ止めてLive2chってやつをダウソしてみた。未だに半角カナは扱えず・・・。

395 :  :04/01/16 16:58 ID:1EVtS3/0
なんだかHN(?)入れるの忘れたり・・・。HN記憶できんのかギコナビの方が良かったかね なんだこりゃ

396 :名前はいらない:04/01/16 17:04 ID:emrucfyw
このスレの人の年齢っていくつぐらいが多数を占めてるんですかね?
高校生や大学生などの学生さんが多いのかな? それとも社会人さんが多いのかな?

教えて、皆さん〜。

397 :名前はいらない:04/01/16 17:09 ID:NtMhh8+f
>>393
採点ありがとうございます。
これからもっと精進します。

398 :名前はいらない:04/01/16 17:52 ID:JUiHpYZi
>>396
評価してる奴以外は中学生が大半じゃないの。

399 :しんしん:04/01/16 18:07 ID:/NQmKCHz
398>>
ばっきゃろー!!俺は26歳 立派な大人だい
そりゃキャッチボールしてたら
ビッチャーしかやりたがらないけどさ

400 :CB:04/01/16 18:07 ID:pR2zvltV
貴様等、俺の才能に嫉妬してんのか?
嫉妬は醜いぞ。>>300の採点をしろ

401 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/16 18:14 ID:/XAkaYzS
未採点はイパーイあります
>>400が未評価作品をまとめてみては?
他力本願だけどさ そうしてくれると評価人も助かるでしょ
そういう俺のも未評価なままだ

焦らず待つしか無いかと

402 :名前はいらない:04/01/16 18:17 ID:+uOq7m73
>>300 D
これといって真新しいものはない。
三日月を「欠けている」と表現しておいて
満月もどこか「欠けている」。
対比になりきれていない。
最後の緑茶の件が前述の月云々と
どう絡むのか明確化しきれていない。
雰囲気だけで言葉を選び並べている感じ。
表現も至って平凡。

403 :名前はいらない:04/01/16 18:51 ID:Dn03CMlQ
>>300
自信作読みマスタ。
何が「そんなもん」なんかサパーリ分からん
ぜんぜん最終連につながってない
これこそ『E:まずは日本語の勉強を。』
あと、サイトで「C・Bの」「C・Bの」って連呼してあるのは少々ウザい気がしました。まる。

404 :名前はいらない:04/01/16 18:54 ID:Dn03CMlQ
と釣られてみたが、400などは本物?

405 :名前はいらない:04/01/16 19:10 ID:lRRkxg4U
「ふれた」

あなたの唇にふれた

あなたの気がふれた

唇をそっとなぞらえて

ふれた あなたの気持ちに


そっと火がくすぶる

あなたと私の火


秋の日に落ち葉が火種を

つくるように

そっと唇で

あなたの気にふれた

406 :名前はいらない:04/01/16 19:12 ID:emrucfyw
だーかーらー。あんたらの年齢はおいくつですか? 黙秘かい?

407 :名前はいらない:04/01/16 19:16 ID:nDeNw892
ここの感性理解できる?お前らだったら。
http://mbspro4.uic.to/user/192427.html

408 :30:04/01/16 19:25 ID:5xEWXpaw
私もしんしんさんと同じ26歳。立派な大人です!

409 :名前はいらない:04/01/16 19:30 ID:4G/dSDod
カギ カギがほしい 鍵っ子だったんだ 子供の頃は
握手会、サイン会だなんて アイドルみたいなんだけど
握手を求められても、特に断ることはない
若くして、官僚系エリート
自衛隊志願者なんて、ホンモノのエリートが入ってくる
定期テストを何度受けただろう 中間テスト 期末テスト
敵と戦うんだ 競争社会だもの 敵、敵、敵
戦い、選抜エリート エリート教育を施してきた日本
不良であれ、優等生であれ 落ちこぼれのぼく
未熟で無能な 幼稚で稚拙で 人との接触を避けるぼく
触らないで 軽々しく握手はしないよ 
でも キスしてくれないと すねちゃうよ
軍艦 戦艦 軍隊 陸海空の三軍
摩耶、大和、長門、鳥海、陽炎
幼稚園、小学校、中学校、高校生、大学、院生
第7艦隊のトップに立つ、エリート中のエリート
そして、W大、K大、T大卒業のエリート


410 :名前はいらない:04/01/16 19:43 ID:emrucfyw
しんしんさん、30さん、ご回答ありがとうござます。このスレの住民さんは10代後半〜20代後半が大多数でしょうかね。
30代より上の方はあまり居られないかもしれませんね。まぁネットが趣味で、かつ暇潰しなどの理由で2chへ頻繁に
アクセスしている方が主流でしょうから、妥当な線でしょう。妻子持ちとなれば、自ずと行動が制限されますしね。
ちなみに、この僕は22歳フリーターです。

411 :名前はいらない:04/01/16 20:01 ID:emrucfyw
妻子持ち云々の理由というよりは、結婚前の、独り善がりでエモーショナルなパワーを乗せる媒体として
言葉は適しているので、若人が大多数なのかな。言葉は元々エネルギーを有していますからね。それを
コントロールしたい年頃なのかもしれません。(うーん、、実際何を言いたいのか不明瞭になってきた、、)

412 :名前はいらない:04/01/16 20:05 ID:lRRkxg4U
32歳になった。相変わらず子供だ。フンッ
人の上に立つのが苦手な32歳でちゅ

413 :名前はいらない:04/01/16 20:19 ID:JUiHpYZi
>>412
氏んでくだちゃい

414 :名前はいらない:04/01/16 20:24 ID:G01Hvupi
>>300評価してやるぞ

C

悪くないと思う。
割と分かりやすいし。

緑茶である必要性が感じられないからBじゃない。
そこも何かに引っ掛けてたらもっといいかも。

415 :名前はいらない:04/01/16 20:35 ID:G01Hvupi
ガールズグラフィティ


目が離せない 刺激的なガールズグラフィティ
熱い衝動に駆られて 一人作業をする
憧れのあの子の 魅力的なガールズグラフィティ
無気力の結晶 孤独なチェリーボーイ

常識の範疇 悪いことなどしていない
罪悪感は何? 夜明けはまだ来ない

向こう側の世界に レールを敷こうと
したいだけで この街から出れない

今日も一人で 刺激的なガールズグラフィティ
誰とも会わない日はざら テレビとの会話
ビデオデッキを酷使 魅力的なガールズグラフィティ
夜が明けない 夜が明けない 太陽はどこだ

時計はまだ、進まない

416 ::04/01/16 20:46 ID:fmpwk9Z2
>>306 C
問い掛けるように、言い聞かせるように語る文体は
とても気持ちが入りやすかった。最後の「我慢しろよ」は、正直震えた。
が、「」内が自分自身の声だとして、全体を通して語っているのはいったい誰?
>>307 D
途中まではうまく広がりが表現できてたのに、「自由と思える〜」の行から
急に詩の世界が狭くなったような気がした。最後まで頑張って欲しかった。
あと下を向かないといいながら自分の足跡を見るのはどうだろう。
>>308 C
いいたい事はわかる。ただ、私は私はと二回続けた理由がわからない。
四行目は「私は私に」と書いた方が伝わると思う。
個人的なことだけど、銃で最初にピストルを想像して金貨とは合わないな、と思った。
>>309 D
本当に愛を信じられない人が、愛されていない人を見ただけで
涙を流せるもんか。生きていることを感じれるもんか。説得力が無い。
あと形あるものより無いものの方が基本的には信じられないわけで。
>>310 D
一行ごとに行を空けるため、どの行がどの行にかかっているのかわからない。
場面が展開してるのかしていないのかもわからない。
私には「お前」が夢なのか現実なのか、それとも文章中には登場しない
別のモノ(あえてモノとした)のか全くわからなかった。



417 :名前はいらない:04/01/16 21:04 ID:6xbEMGxk
子供or大人の決定権は「社会」の上層部にあります。
つまり会社などの先輩方によってこの二者択一は実行されるのです。
「自分は子供だ」と卑下していても、
彼らに「大人」だと歓迎されれば威風堂々たる「大人」であると言えます。
逆もまたしかりで、「自分は大人だ」と自負していても、
彼らに「子供」だと見下されればそれは「子供」以外の何者でもありません。
勿論「自分は大人だ」という矜持は大変誇らしく、尊敬に値します。
しかしながらその矜持が行動に反映されなければ愚の骨頂でしかなく、
理念と行為は表裏一体であり常に対等な関係である必要があるのです。
これらのことを肝に銘じて皆様豊かで安らぎの在る社会生活を送りましょう。

って当たり前のことで偉ぶってみましたが何か?

418 :  :04/01/16 21:07 ID:1EVtS3/0
Live2書き込みテスト スレッド検索すんのまだわかんねーや。

>>1 >>1-3  <丶`∀´>  (・ε・) 

ウィルス君が怖くてメモリー移せねぇぇぇ 3万高い機能良いやつ買えば良かったか。。重っ

>>142
前みたいに細かく言うてくのは面倒やねん、途中から「彼方」だか知らんが登場してくるのね。
自分の世界観を言葉に変えて表現してるなら未だしも中盤から見ると何処にでもあるありきたりな作品に・・・
って失恋うんぬんってこれの事かいな 6へぇ

ミルクだけ言うが「それは何故か?」例えば「急いでる」だとかこいつの世界観を膨らませられるだろがっと
その前に腹が空かないのかとか別のモノを食えと思う俺はアホですかね?パンを焦がしたならもう一枚焼けよ(脱線
決意が重いだの設定作っちゃってるとねぇ、、正直こんなんネット界に腐るほどあるし興味もないよ?
小室系で言うなら「一人ぼっちのパラダイス」とかのオリジナルティに富んだ表現もないし他人事ですよ?

そこまで言うならそいつと復縁を迫るとかすれば良いじゃん、俺なんて平気でそーゆぅのと食事逝ってるよ
電話しないだのこっちは知らんって、てか俺様は詩と言うか歌詞やってるから面白く思わん。表現法を磨けC

>>247
D− 老いた人って男なのか女なのかの説明も一切なしでつか?服装だとかくらいはないと入り込めんよ。しかし凄い事考えるねアンタ
「おぼつかない足取り」も糞も、んな事考えるなら背中くらい押してやれよ!!!つーか駄作に近いなこれ保存しとらんで捨てた方がいいぞ

いやさ、それ以前にタイトルと内容あんま関係ないじゃんのマジで…。

419 ::04/01/16 21:09 ID:fmpwk9Z2
>>311 B
スゲェ。最初の感想。
何がわからないのかもわからない状態が良く出てる。妙な勢いもある。
だけどあんたの前じゃ評価というものもたいした意味は無いのだろう。そのままいけ!
>>314 D
知的壊れ系。
あざとい。神様を使ったり性癖をもちだしたりするのは。言葉遣いも。
壊れ系は誰も使ったことが無い表現じゃないと面白くないよ。
>>315 D
でも、けどを効果的に使おうとしているが、期待以上の効果はでてません。
この最後の結末ならそれまで書いてきたことは全部意味が無い。
なぜ気づかなかったのか、なぜこのタイミングで翼を取る決意をしたのか。
あと・・・はいらないです。
>>316 D
この小さな男=僕?それはおかしいと思ったけどそれ以外の解釈はできなかった。
>>317 D
あなたは死ぬ直前にこの詩を再び読んで、
「俺は生きたからそれでいいか。」と思えますか?
私は絶対にそうは思いません。



420 :  :04/01/16 21:15 ID:1EVtS3/0
俺様が特別にB級評価作品を載せておいてやるよ これを歌詞&ポエムノートに書き写すが良い 感謝しろニダ

「愛のデジカメロック」

あーあー あーあー あーあーあーあー ああああああああー

1番
手に入れたデジカメ 撮影しまくれ
気に入らない画像は すぐに消しちまえ

駅の構内 公園の砂場 
あちこち色々 連・続・撮・影

間違いなく  俺だけが浮いてる
他人の目線が 背中に突き刺さる (オーマイゴット!!)

電車の車内 もう鼻歌気分
改札駆け足 家へと急ぐぜ 

一人でパソコン 画像の確認
鏡に映る若い 顔だけの女性

見なかった事にして削除でOK
呪われたのかすぐにグロッキー

いえぇーい

421 :  :04/01/16 21:17 ID:1EVtS3/0
(ここでバックダンサーの登場)

2番
システム設定 やり方知らない
響き渡る音 勘弁してくれ

どうした動けよ 電池切れ?
真夜中のコンビニ 急・行・発・進

種類が多過ぎ 適当に選べ 
適当に幾つか 大量購入 (イエス サー サージェント!!)

防犯カメラに 映る不審者 
そんな事一々 気にしてられるか

細かいつり銭 許す事はできぬ
10円並べて桁 1つ上げるぜ

説明書が彼方へ旅立たれた今こそ
残されたデジカメ自分を信じろ!!

うえぇーい


さて、ふぁみこんむかし話新鬼ヶ島 でもクリアすっかな

422 ::04/01/16 21:44 ID:fmpwk9Z2
>>321 E
長生きするってのはいろんな事をしたいということだと思うから答えにはナットランと思う。
長生きしたいと言う人に長生きしたいだけなら〜という意味で言ったのなら納得。
で、それでだれが共感してくれるの?
この詩にセンスは感じられなかった。
>>322 D
それができないから人は悩むわけで。
我が物顔で簡単にその答えを出してるけど、それは皆わかってることです。
受動態、という言葉を使ったつかみは良かった。
>>324 E
あえない人への思いを綴った詩ならこの世界にそれこそ人の数よりもある。
この詩にセンスは感じられなかった。
>>327 C
画数の多い漢字を効果的に使って孤独感を上手く出していると思う。
また城と表現したのは良い。
ただ、彼の感情や世界のもの以外をスパイス的に詩に
登場させてみたらもっと面白くなると思う。
>>328 D
言いたいことがぼやけてるなぁ、と感じた。
四連のお風呂は結局熱かったの?ぬるいと真っ赤にはなりにくいものなんだけど。
あと、もっと短くても良い。





423 :CB:04/01/16 22:43 ID:pR2zvltV
ふざけるな
貴様たちの感性は腐っている

424 :名前はいらない:04/01/16 22:46 ID:G01Hvupi
>>423
おいてめー、感想晒してやったろうが。
ぐだぐだ言うな。

425 :名前はいらない:04/01/16 23:31 ID:+YuOaAjW
>>422
採点してくださりどうもです。

426 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/16 23:41 ID:DwVh38LT
>>422
ぬるかったんですよ。
でも傷は赤くなりましたw

427 :CB:04/01/16 23:48 ID:pR2zvltV
>>424
うるせー。俺がCやDならお前等全員Zだ

428 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/16 23:53 ID:DwVh38LT
[すぐに見つかる場所で]

本当は大きな声で言いたい
ここで小さな声で主張する

あたしは一人しかいない
猫の手一つありゃしない

夕方の真っ暗な空に只佇む
本当は誰かと居たいと思う

しんとした空気で人恋しくなる
そっと誰かに頭を撫でて欲しい

寂しい寂しいと言ってばかり
苦しい苦しいと唸ってばかり

退屈な深夜を過ごす
すぐに明け方になる

429 ::04/01/17 00:00 ID:Ka9WvdSc
情けなくて悔しくて


何に縛られてるかすら解らない現実の中で
自由だけ夢見て街に戸惑う若すぎる彼女
何時しかおいらも彼女も街に呑まれ落ちるだろう
逃げ出せない一度踏み入ったら出口など無い
誰もが皆持つナイフを見せびらかし合う現実
誰もが皆認め合い許し合うことの出来る夢幻
hallucinogenic drugsに身を染める意味が解る気がする
情けなくてここにいることすら俺を狂わせる
悔しくて愛し合う恋人にすら殺意で心ざわめきうごめく
救われるのかおいら癒しの泉が見えるのか
罪を償うことすら出来ぬ人々
おいらが街の罪を背負ってやろうじゃないか
情けなくても悔しくても


430 :名前はいらない:04/01/17 00:19 ID:qAGpgbxH
消えない想い
君の目に僕は映っていない
僕の目から君はきえない
君を想い出すたびに
伝えたい想いがあふれ出て
胸が突き破れそうになり
涙に変わりただ地面を濡らすだけ
いくら涙を流しても
この想いは消えなくて
忘れよう 忘れよう
そう想うたび
あふれ出てくる涙
消したくても 消したくても
消えない想い

431 :名前はいらない:04/01/17 00:32 ID:qAGpgbxH
片想い
この気持ちは伝わらない
そんなことはわかってる
けど、なにかを期待してるのか
君を見るたび想いがふくらみ
たまにはこっそり泣いたこともある
この涙も意味がないことはわかってる
わかってはいてもあふれ出すんだ
もし、この想いが迷惑でなければ
君をずっと想わせていてくれ
この想いが伝わらなくても
君はただ笑っていてくれればいい
それだけで僕は幸せなんだ

432 :名前はいらない:04/01/17 00:38 ID:oMSq24kS
「散文詩」
わたくし、幼稚園を卒業して以来、小中高も無事卒業して参りました。酷い試験もあるものでしてね、失格者は皆殺し。厳しいテストが様々にございました。定期試験、
模試、中間テスト、期末テスト。周囲はすべて敵。大学も、大学院も卒業しました。私は、国家から拒絶されて
いるかもしれません。エリート意識というものとは無縁ですが。官僚、軍人としてのエリート。疎外、というの
は末恐ろしいものです。捨てられる、無駄な存在。未熟で、無能な私。無能といえば、私ED(勃起不全)なの
ですね。生殖不能というのは、人類を掃滅しかねません。かの環境ホルモンもそうです。私、国家を転覆させた
い。私は、私と私でないものの区別がつきます。誰とでも、軽々しく握手したりはしませんが、キスして欲しい
のです。そうでないと、わたくし、すねますよ(笑)。わたくし、それほどのワルではないのですがね。義務教
育が悪いわけでもありません。子供の頃は、鍵っ子でした。タバコや、アルコールは、体に毒でしてね。臓器を
破壊してしまいます。わたしは、なぜ、ここにいるのでしょうか?



433 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/17 01:00 ID:OphvRxa6
>>428
d なんで寂しいの?つーかなにがあったの?んん?じゃぁ電話でもなんでもしたら?もしかして友達いないの?

>>429
d+ なんら脈絡無しで最初から縛られてると感じてる時点で作品として考えるとアウトだな、そうゆぅなら根拠なり家や
街に呑まれってどんな場所やねんコラ、読む方に説明なしで進められても正直萎える、感想は「あっそう」だ
後半の部分なんて問題外だな。なんなんだこれは?こんなんなら誰にでも書けるわ反論あんなら相手してやる

>>430
e 作品の表現力、構成力、オリジナルティ、雰囲気うんぬん言うか内容が率直にキショイ 出直して来いやヘタレ(おほほ

>>431
e+ 伝わらんゆぅか行動に移せばええだろぅに今時の日本人は情けねぇなホンマ、涙なんぞうんなん知ったことか
つーかさ、チミ本当の恋愛した事ないんでしょ?んん?こんなん腐るほどあるわぃeで十分、第一こいつの性格が糞だ罠

>>432
c− うひょー これは新作のコピペかなにかか?一体俺はどこをどぅセンス評価したらええねん 逝って良し

434 :名前はいらない:04/01/17 01:14 ID:8RVR408H
湧き出るパワー
穴から抜け出し
急いで追いかけ
拾い上げる

435 ::04/01/17 01:47 ID:Ka9WvdSc
>433厳しい評価どうもです。

436 :名前はいらない:04/01/17 01:56 ID:YQGiyCsr
姦災人は出てけっ!

437 :名前はいらない:04/01/17 02:03 ID:8RVR408H
>>436
↑こんな発言を平気でできる人間が詩に携わってると考えただけで気持ち悪い・・・

438 :すぷらうと:04/01/17 02:10 ID:rQFFRQx1
「忘却の雪」

想い始めたのは  
いつからだった?
何度もパズルを
組み直したけど
あなたのもとで
追い詰められる

忘却を選べない
 私がいる
運命が交差する
色づいた日々の中

目を合わせては
微笑み合う毎日
私の心を揺さぶるの
もうすぐあなたは
いなくなるのに

好きになればなるほど
冷たく  白かった雪が
  溶けてゆく
  そして私は
時間を失ってゆくの

心をここに置き去りにして
 




439 :ホノルル:04/01/17 02:37 ID:ajFtvKw6
<サイケデリックエレベーター>

サイケデリックエレベーター
我らを乗せて
デパ地下 屋上 サイケデリックエレベーター

サイケデリックエレベーター
運命乗せて
出会いも別れも サイケデリックエレベーター

サイケデリックエレベーター
人生乗せて
笑いも 涙も  サイケデリックエレベーター

サイケデリックエレベーター
命を乗せて
誕生 臨終 サイケデリックエレベーター

サイケデリックエレベーター
魂乗せて
昇天 転生 サイケデリックエレベーター

上へ参ります 

下へ参ります 






440 :すぷらうと:04/01/17 02:44 ID:rQFFRQx1
「MISUNDERSTOOD」

あなたは知らない
心の内側
知らないうちに
ここから離れるの

たった一つの誤解が
狂わせたの
言葉にしないで
もらったやさしさを
否定しなきゃいけないから

あなたの選択を
してあげる
足枷にならないように
ここにいるから
あなたの迷いを
消してあげる
私の嫉妬と一緒に

きっとこの愛は
脆く繊細だったの
そんなつながりだったと
思うことにするから
 


441 :名前はいらない:04/01/17 03:14 ID:/tR5Gb/g
「いろはにほへと、いんたあねっと」


駄文冗長さるすべり
宵は深々人目も気にせず
こころ往くまでご遊興なされ

反駁的生活に飽きた人々には
太陽の下は辛すぎる
今は地下
こころ往くまで大手を振りなされ

いんたあねっととか申すもの
ご堪能めされるかた久し無からず
明朝の日の下を歩く一助となされい

442 :しんしん:04/01/17 03:16 ID:ssHbY+pN
>>433
やっぱり、このスレにおいてあんた貴重な存在だわ
もりあがってまいりました

443 :しんしん:04/01/17 03:22 ID:ssHbY+pN
>>90-91
あんだーばーあんたに評価してほしかった詩がある
評価人をあんたに指定してやったのに
来なくなったから放置されっぱなしだ
評価しろ、してくれ、いやしてください、お願いします

444 :名前はいらない:04/01/17 03:34 ID:/tR5Gb/g
>>442
あんだーバァは作詞ドスコイ馬鹿だけどね。ああいう存在がこのスレを活性化させているのは事実。

445 :しんしん:04/01/17 03:47 ID:ssHbY+pN
444>>
素なのか違うのか知らんが毒舌ぶりが最高に笑える
ひゃひゃひゃ

446 :名前はいらない:04/01/17 04:27 ID:MaeRqbJ6
>>433
ワラタ。いいぞいいぞ。その調子だ。厳しくないとね。

447 :文学板からきますた。:04/01/17 05:04 ID:MaeRqbJ6
 正直者よ!君はとても優しい。
悲しい時は泣き、楽しい時は笑い、美しいものには感動する。
偽り無く、穏やかで、哀れみ、祝福ができる。
淀んだ社会に咲く一輪の花よ!  芋畑に咲くダイヤモンドよ!
僕は今まで君ほど美しい心の持ち主を見たことが無い!
 しかし、しかしだ。
もし君に、今にも死にそうな人が尋ねて、
『私は助かりますか?』
と聞いたら君は何と応えるだろう?
『はい、死にます』と応えはしないだろう。
『いえ、助かります』
と偽るのだろうか!?
そして・・・・その人は希望に満ちながら・・・死ぬ・・
果たしてどちらが優しいのか。
 ああ・・・・残酷な神よ!もし君らのような人だけで国を作る事ができたなら!!

448 :名前はいらない:04/01/17 05:10 ID:MaeRqbJ6
↑はい、といえ、が逆だったな。

449 :名前はいらない:04/01/17 06:47 ID:hSRymUyQ
一生懸命作りました。よろしくお願いします。

「糞スレ立てんな」

よお、ポエム好きのくずども

おまえらポエム読んでておもろい?
おれはすごくむかついてくる= きさまらに対してもむかつく。

本当に低脳引きこもりキモヲタ童貞(処女)ばっかりだな、
ポエム好きってのは

DQNは詩ねって感じ


450 :30:04/01/17 09:30 ID:HxKnm3PJ
あんだーばーさん、評価どうもありがとうございましたー
相変わらず厳しいですね〜(涙
「バス停」はけっこう自信作!だったんですが(涙
駄作ですか(涙
涙涙涙
懲りずにこれからも評価お願いしますー。

451 ::04/01/17 12:29 ID:EfHqv+uq
【Mr.DRUG】

街の風に凍えた俺は 昔の夢を みていた
俺は 人間によって作られ 愛を与えられず育った
そして 人間のため生き抜き 人間の躰と脳を壊した

メタンフェタミン&アンフェタミン 幻覚 妄想 偏執狂
サイコシスを生み出し フラッシュバックで人を追い続ける
食欲を無くし 人を捕らえて逃がさない

マリファナ 遺伝子を操作する 悪魔の使い
性を許さぬ 断固たる 禁性区を作り上げる
白い快楽によって 誕生する命すら許さない

コカイン One hit and you are hooked drug
ユーフォリアの代償に 死をもたらすクラック
いつしか蟻走感に襲われ コカインベービーに受け継がれる

ヘロイン アルカロイドを有する異常戦士
塩酸ジアセチルモルヒネは 仮の姿
禁断症状から逃れられない 誰かの神のよう

LSD 幻覚を見せる トリッパーのバイブル
blotter acid 子供騙しの夢幻を見せる
pyramid acid or window panes 刻みの一つ一つを矧がす快感
見えない女を抱かせる 喘がせる

452 ::04/01/17 12:30 ID:EfHqv+uq
(上の続き)


そうどれも俺の一部なんだ 一つとて欠けてはいけないんだ
いつも俺は 俺自身が世界を埋め尽くす 夢をみるんだ
秩序を無くした人間は 誰もが俺にひざまずき 俺のためだけに生きるのさ
今は法に守られた人間に 作られ 利用され 捨てられる

いつも俺は 夢をみるんだ

453 :名前はいらない:04/01/17 13:53 ID:TqlTcXoB
>>329 D
好意的に見れば50年前の外国語の本の途中に挿入される詩。
でも私はテレビゲームの村に伝わる言い伝えと同レベルに感じた。
>>330 C
雰囲気はでているが、その言葉の一つ一つに重さは無い。
教会の中でのことなのか外でのことなのか、過去なのか、進行形なのか。
この文量ならもっと説明できることはあるはず
>>334 B
人はよく物を擬人化することがある。しかしこの作品は廃棄される瞬間に
スポットを当てて、読み終わった後私が今まで擬人化してきたものは
どうやって捨てられ、壊されたのだろうと考えさせられてしまった。
一つ残念なのは、最後から2,3,4行目は「する」と「し」を統一するか
完全にばらばらにするかして欲しかった。
>>338 D
自分を人形にたとえること、ましてかたかたという乾いた音を出すということは
完全に不幸を象徴してるのだろう。しかし文中ではそれでも幸せと書いてある。
結局何が言いたいの?遠まわしに表現したって伝えたいことがぼやけるだけ。




454 :名前はいらない:04/01/17 14:12 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


455 :名前はいらない:04/01/17 14:18 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


456 :名前はいらない:04/01/17 14:18 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


457 :名前はいらない:04/01/17 14:19 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


458 :名前はいらない:04/01/17 14:20 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


459 :名前はいらない:04/01/17 14:20 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


460 :名前はいらない:04/01/17 14:21 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


461 :名前はいらない:04/01/17 14:21 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


462 :名前はいらない:04/01/17 14:22 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


463 :名前はいらない:04/01/17 14:23 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


464 :名前はいらない:04/01/17 14:23 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


465 :名前はいらない:04/01/17 14:24 ID:hSRymUyQ
「二十四まんこの瞳」

まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ
まんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ


466 :名前はいらない:04/01/17 14:33 ID:hSRymUyQ
本当に低脳引きこもりキモヲタ童貞(処女)ばっかりだな、
このスレの住人って。
プッ( ´_ゝ`)氏ねや

467 :名前はいらない:04/01/17 14:36 ID:TqlTcXoB
>>344
私は老人の戯言を否定している。
↑の一文とあなたの書いた詩は伝えたいことはいっしょです。
ではあなたの書いた詩とは何だろう。時間をかけて難しいことを書いたこの詩は。
この詩からはセンスを感じられませんでした。
>>345
少なくとも、親友にさよならを伝えられなくてこんな文を書くのは負け犬。
行動せよ。それがあなたのためであり親友のためでもあるんじゃないか。
と私は思ったので、なぜさよならを言えないのか少しでも書いた方が良い。
>>350 E
人の幸せに嫉妬するなら自分にかかる不幸を喜ぶだろうって思ったわけですか。
もちろん、そんなことはありえません。
この詩からはセンスを感じられませんでした
>>352 D
最初だけ読めば引きこもりの詩、だけど、本当のテーマは違う。
そういう構成で書きたかったのでしょう。
しかし最初、頭を空っぽにして読んでいた時、
テーマを絞りきれなかった、一貫していないな、と感じました。
>>354 D
本当に良い恋愛をしたことのある人は愛は残酷なんて思わないはずなんですよ。
それで心が汚れている私はやさしさ=金、微笑み=わがままに耐えただけって
邪推してしまいます。


独り言です(連続で投稿している人ほど詩に魅力を感じないんだよなぁ。)

468 :467=溝:04/01/17 14:40 ID:TqlTcXoB
>>355 E
意味がわかりません。何をしたいのかはわかりますが。
この詩からはセンスを感じなかったです。

469 :名前はいらない:04/01/17 15:17 ID:hSRymUyQ
>>468
意味が分からないのは、おまえが馬鹿だから
プッ( ´_ゝ`)氏ねや

470 :パンダハト:04/01/17 15:52 ID:5rscuuXv
「誕生日」
今日のあなたの誕生日 忘れてないよ
夜になったらいつもの場所に来て
甘い風と光る雪 去年も確かこんな感じだったね
きっと自然のプレゼントだよ

「おめでとう」
わたしが言える 最高の言葉 
「ありがとう」
照れ笑いしながら プレゼントを開く

短い言葉に包まれてる お互いの気持ち 

暖かい胸の中で 抱きしめられてると
魔法に掛かってるみたいで 全てを忘れてしまいそう
今夜の主役はわたしじゃないけど
もう少しだけ 夢を見させて

今は何も言わずに このままでいさせてね

471 :名前はいらない:04/01/17 16:01 ID:hSRymUyQ
>>470 ZZ
すげー、ガンダムも真っ青だな。
あんましヒキコモってないで、たまには外の空気吸うんだぞ?

472 : :04/01/17 16:36 ID:hJ5qdWu8
メロディーの妖精

ああなつかしめメロディー

あなたは私の肌に語りかけるの

そう..それは妖精のように透明で

さわれば壊れてしまう

あなたは私に語りかける

明日の君はすばらしい

何がばらしいの? と私が聞くと

あなたは、明日の夕日に聞いてみなって

私の肌にあなたの妖精を感じたい

さようなら永遠の永久を感じた明日に



473 : ◆hEcf6/2myI :04/01/17 17:28 ID:g4mJvpT/
1

474 : ◆zu38/jiI62 :04/01/17 17:29 ID:g4mJvpT/


475 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/17 18:06 ID:OphvRxa6
トリップテストすんなら専用ソフト使えっちゅうねんの。今から適当に評価してみたり。。まぁ暇潰しには最適だな
昨夜調子に乗って段ボール箱を殴りまくってたから身体が痛いのなんの うんこぷりぷりべっとべと

476 :338:04/01/17 18:20 ID:EZKXnUm4
>>435

人形は自分じゃなくて他人。
他人から見たら不幸でもその人から見たら幸せってこともあるなってことを書いてみたり見なかったり。

477 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/17 18:58 ID:OphvRxa6
>>434
e 短い作品なんか俺は別に否定せんけどね、色んな意味で2行目が糞だと断言できる。別に興味ないわ

>>436
東京じゃボケ

>>438
d+ パズルだかピースの比喩うんぬんは見飽きたな、「レールの上を」だとか「砂が落ちるように」とかもそうや
わるーけどさ、この類いの作品はもういいよ、飽きた、うん。彼方いなくなるとかこっちは知らんつーねんマジで
特に「好きになればなるほど」とか面白くもなんともないな、最後の行も生きてこねーし。オリジナルティが低い


>>439
d− いーねーこうゆぅの好きだよ俺 まぁ俺様の「愛のデジカメロック」を超えるには10億光年くらい足りんがな

>>440
C- 前作と比べるとこっちの方が面白いのかね、、強いて言うなら「狂わせたの」を「○○を狂わせた」に変えるとか
「否定しなきゃいけないから」ってのは強制でつか?俺ならここでこんな表現は使わないがな。「心の内側」だの
「この愛は」だの表現が簡単すぎるな、これ製作したのなんて結構楽だったでしょ?言葉並べててるだけの印象。
「あなたの迷い」だのセンス低いよアンタ。二人の関係は謎だしハッキリ言ってこの世界観に入り込めないんだよ

>>441
e だーめだこりゃ 構わんぞ市ねヘタレ

478 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/17 18:58 ID:OphvRxa6
>>443
d+ つーかアンタ誰??イモムシねぇぇ つーかこいつ凄い奴だね、妄想ならうんこだがこれで飯食っていけるな
イモムシはもとかくハエでもやぶ蚊の場合でも同じ結論に至るのか?随分都合の良い主人公だな(ゲラ
「空から彼の声」って言うけどイモムシ君は言葉話してなかったのによく分かったね。エスパー能力ですか?
てかすごい確率だなヲイ、なんだか狭い世界でつね これってイモムシ限定なのか?んん?くだらん世界だ(pu

>>447
e これ誰に言ってるの?3行目なんだかそれだけかYO「死にそうな人」って言うがそんなんケースバイケースだろ
俺に言わせると例えが良くないな。4行目とか説得力ないと俺飽きるよ?俺の場合「神」なんぞ実力・能力のない
人間が作り上げた名称なんぞ認めないんでね。気分が悪いんでeに降格。文学板住民のスキルもこの程度か

>>449
e 一生懸命製作してこの程度か、センス・煽りに至っても俺様の足元にも及ばんな 構わん市ねへタレ

>>450
いや、、あの「バス停」はどぅ見てもアカンやろ…

479 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/17 18:59 ID:OphvRxa6
>>451-452
c ぬお〜〜なんだかそれらしい事言ってって突っ込めんな。俺んな専門知識ないんであーだこーだ言えんし・・・。
3行詩にまとめてるが構成力の観点から鳥瞰すると字脚は、、合っているのか??確認するのめんどくさっ
つーかこれセンス高いんだが低いんだか全然わからんなぁ さてさて。どーなんだろね

>>470
c- まぁ適当に読んで抽象的な部分があるのぅ、例えば「いつもの場所」だとか。いや、これはこれでええのかな…
プレゼント渡すと言うけどどんなプレゼントなん?そんなのも作品に軽くでいいから乗せちゃうと良いんじゃないか?
抽象的と言ったが「魔法にかかってるみたい」とか該当するか、「○○な魔法に○○している」とか変えられるやん
俺から一言言わせるとタイトルの誕生日と係わり薄くないか?どぅ思うよ?別に悪くはないが良くもないぞこの作品


さいならさいなら

480 :名前はいらない:04/01/17 19:03 ID:NzAQEev1
堕落した自慰の群れに
雷を与えられた子羊
ゴルゴダの丘に住むという
残忍な天使に似た糞虫
どこまでも増長した姿で
十字に照らされて
臓腑をぶちまける姿が
酷く滑稽なので
俺は腹を抱えて唾液を啜る

481 ::04/01/17 19:07 ID:TqlTcXoB
>>356
あざとい。縦読みか?
私は幼稚で無能で結婚も食事もしないけどおなかがすいて共食いをして人を殺した。
↑の一文とあなたの詩はどう違うのか説明できますか?
この詩からはセンスを感じられなかった。
>>357 D
二人を求め続けるのでしょうかって二人の意味を知っている奴に聞かれたくは無いよ。
あと鬼ってだれ?結局は人?
>>358 評価放棄
言葉のつかいかたからして曲が合ってこその詞だろう。詩だけならE
自分だけを見つめてるのに世界の意味を考えてる時点でアウト。
>>359 E
それ、私が中学生のときに発見してます。
>>360
そういうことを考えられてやっと半人前。
そこから広げていくのが一人前の詩人ではないでしょうか。


>>363
詩的だね。


482 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/17 19:26 ID:7Q9PxhHI
悲しみ

「死んじゃえば?」 自分の心の中で響く悪魔の声
「生きてたら・・きっといいことあるから・・」 弱弱しい、自分の善の声
(自分の善の心は・・こんなにも小さく、儚い。)
改めて自分の弱さを悟った。 死にたいけど、勇気が無いだけで・・
今日は土砂降り。 こんな時に、屋上に立って雨に濡れた地面、地上。
涙と混ざった自分を感じていられると、それが一番幸せ。
誰も来ないで・・!! 心からそう願う。
雨よ、止まないで。 私を濡らし、溶かすまでは。

心を捨ててしまいたい そうすれば もう思い悩むこともなく
硝子の心 硝子の瞳
それが 今一番欲しいもの

雨よ
私の心を剥ぎ取って
いくら血が流れてもいい
お願い
誰か
心を亡くす方法を
教えてください

はじめまして!厨房なんですけど、ぜひ評価していただきたいと思います。
お願いします。

483 :犬大好き:04/01/17 21:03 ID:taLDBGxF

「ストレス」

冬らしい和室は暗く
遠くにはお天気お姉さんの声が
咎めるようで憂鬱だった

赤い鶏が無性に啼いて
心地よさが不快に澱んでいた

雨音で消したい音がする

水盤には美しく尖った枝が
標本みたいに殺菌されていた

ちいさな湿気と罪悪感が
黒いビー玉になって
からだの底に沈んでゆく

真夜中をすぎて粉雪が散った
天気予報はさっぱり当たらない

鶏を鎮めたのは掌の重み


484 :しんしん:04/01/17 21:10 ID:viuDMDAU
>>448
ちゃちゃいれだけじゃなく詩的な部分の解釈
がほしかったね、まあキムチには無理だったかなぁ?
でも君がいないと、このスレがもりあがらないからね
よかったね、必要としてくれる人がいて
これからもちゃんと来いよ

485 :しんしん:04/01/17 21:22 ID:viuDMDAU
溝>>
わざわざ自スレに書き込みありがとう
俺の中でこのスレはキムチと溝で評価するとバランス
いいと思います
ほら2人の足りない常をお互いに補ってる気がするぴょん

486 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/17 22:10 ID:OphvRxa6
>>472
d 「妖精」と云う単語の力を借りんと表現できんのか貴様は、感情・想いを文字に変える能力の低さを露呈しとるな
「何がばらしいの? 」はトルコ語か?隠す必要がないから言うがこんなんならば興味はない、構わん消えろ

>>476
俺かYO!!! 貴様の作品を酷評されたか褒められたのか知らんがそんな興奮せんで落ち着けよ…。

>>480
e もういいよ氏んで、おつかれさん

>>482
d 悪魔かYO 表現が楽でいいでつね、まぁいいけど。。「善の声」ねぇ、、なんだか激しく腑に落ちんが・・・
人間は自分の遺伝子を残す事を諦めた時点で脳が安心ぢ老化へと向かうんだよ、もうこいつ終わってるな
話が脱線してるが他力本願気味の作品もどうかね、まぁ内容が無いようなんで(寒)なんで素人の表号を与えよう

>>483
c まぁくだらなくはない罠、今まで色んな作品見たが新鮮な感じがしまつハイ。最後の行はガクガクブルブルでOK?
「黒いビー玉」だか知らんが使い捨てで終わらすのではなく「ビー玉」って事で「転がる」とか表現できるだろ、んん?
ただこの世界観が進展する過程が急でスムーズでない部分もあるし完全ではないな。アイディアは良いと思うが…

>>484
だからアンタ誰?しかもレス番号間違えているしお前も落ち着けよ…まぁ批評に対する反論無いなら必要ない 消えろ

自スレねぇ、、しっかしなんか詩・ポエム板は他の板と違うな。そーしてますます過疎化が進む訳だ(pu

487 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/17 22:13 ID:OphvRxa6
序に>>500をGETした作品は俺様が前スレの>>66(だっけ?)等みたく少し熱入れて評価してやるよ、当然長いのは不可

いくらなんでもここまで単調だとこっちが飽きるんでね 半角で幼女のハメハメ動画でも探してこよう…

488 :名前はいらない:04/01/17 22:27 ID:/tR5Gb/g
>>485
あの人の「デジカメロック」でしたっけ?誰も指摘しないから言って置きます
けど駄作ですよね。馬鹿みたいなテーマで、馬鹿丸出しの文体。
あの馬鹿さ加減が何か超えた一線を見せてくれるかといえばそうでもないし、中途半端。
彼が自分自身で「批評」とか言ってる、ただ安易な言葉で若者を扇動する文も
見ていると、頑張ってる若者に対して良心痛まないのかなと思います。
もう北さんここには来ないみたいだけど、アンダーばさんをある種信頼している
人たちには、解かりやすい言葉には騙されるな、解からないことは自分で
努力して見つけるという態度を、北さんから受け取って欲しいと思いますね。
確かに北さんは恥ずかしい感じになっていましたけど、解からないということは
ああいうことだと思います。自分を曝け出して傷つけて成長していく。暴言だって
吐いていいですよ。そういうのは他人から否定されるので、あとで自分の言動を
振り返ってみて直せばいい。一番最悪なのは、自分を曝け出さずに閉じこもって
低いレベルで変わらない人間です。

489 ::04/01/17 22:44 ID:TqlTcXoB
>>364 D
うーん、なぜ今ごろ世紀の終わり?四年以上前の作品?
最初は良かったんだけどね。二連目からグダグダになってる気がする。
>僕らは皆言う
>独りになんてなりたくない
っていうところ、少なくとも同じことを書いた人を私は二人、知っています。
>>365 D
言葉がやさしいですね。スペースはいらなかったと思います。
二十分程考えたのですがこの詩で言う「名前」の意味がわからなかったです。
そいうことも含めてDです
その程度の時間で詩を完璧に理解しようとする私が間違っているのですが。
>>367 C
空があるのか無いのか失われているのかわからない。
語力はあると思います。がたった六行なのに描こうとしたことがちょっと多かったかな。
>>368 E
水はなにも知らないよ。自然な力で落ちていくだけ。
自分でもわかっているじゃないですか。
ここはセンスを評価するところだから誰かの作った地図をなぞって歩いても
なにも評価されないです。
この詩からはセンスを感じなかったです。




490 :名前はいらない:04/01/17 22:51 ID:ap+q6uDY
[実感]

なんだか胃が痛む もの凄く痛む
前兆なく痛みが襲う… キリキリ痛む、ギリギリきしむ…
直に内臓をねじられてる感じ ぐさりと刺されてるような感じ
何かで刺されてねじられてる感じ

血は出ない

ゆっくり慎重に…息を吐く
ぞわぞわと、気管をかけあがる熱を感じる
痛みの道筋が、手に取るように分かる 近づいてくる
もうすぐ喉までやってくる… 舌の上で熱が踊る…

はああ

はああああ

息の固まりをじっくりと、尻尾の方まで押し出す…
もうすぐ全部出し切れる、体の内側と繋がってるような固まりが…

すうっ… と、高熱の吐息は離れていった。
…なんだか…なぜだか…とてもすっきりした。
痛みも…どこかへ、消えたようだった。

491 :しんしん:04/01/17 23:02 ID:viuDMDAU
>>488
文が長かったからちゃんと読まんかったが
君がいいたい事は北がいい奴でキムチには
詩的センスがないって事でいいの?
北がいい奴なのは認めるさ、キムチにセンスが無いのもみとめるよ
でもキムチには詩うんぬんを求めるのが間違いだね
彼の評価を見て本気で悩む人もいるだろうが
そんなの気にしなくて無問題
俺がこのスレに彼に求めてるのはキャラだよキャラ
嫌われ者が居た方がスレ的にも板的にも盛り上がらない?
この意見に対して反論も多々ある人もいるだろうが・・・
まっそういうこった
長文スマソ


492 :名前はいらない:04/01/17 23:12 ID:TqlTcXoB
>>370
題名はなくても主人公の名前は空なんだろうなって予想はできてた。
星の名前は二人とも数えるほど知ってて、空と化石はお互いに名前を
一つしか知らないのか?私にはそれがわからないんだ。
>>371-374 B
なんだか叫んでいるように聞こえる。気持ちが伝わる、そこらへんの愛の詩より。
長めの文だけど一気に読める。〜ね、〜ねっていう言葉遣いも内容に合っている。
個人的にはこの詩を書いた人と飲み明かしたい。
>>377
昔の自分を見ているようで腹が立ったのですよ。
暴言と手書きではないと決めつけたことは謝ります。ごめんなさい。
言いたいことは>>369さんが言っています。言葉足らずですみません。
では改めて評価の方を
真っ暗の中で白と赤が想像できました。色を上手く使っていると思います。
なんの脈絡も無く「腐り始めた〜」なんて鬱方向にもってかれても
読んでる人は引くのではないでしょうか。
細かく行を分けるのは完璧にじゃ無いですが内容と合っていたと思います。

493 :名前はいらない:04/01/17 23:15 ID:/tR5Gb/g
>>491
キャラうんぬんは解かってるよ。彼も意識的に作ってやってるわけだしね。
問題は、本気で悩む若者が「可哀想だ」ということ。もうインターネットはかなり若い
子たちでも出来るし、ああこいつマジに受けてるのかなと思ったら老婆心が沸いたの。
一つ言っておくと、彼他スレでもあの作品いいとかぬかしてるけど、それも
疑った方がいいよ。明らかに駄作だし。なんか彼には騙して遊んでやろうっていう
感じがあるんだよね。


494 ::04/01/17 23:24 ID:TqlTcXoB
>>493
それでいいんでねーの?
一番最初に麦を踏み出した人はそりゃ馬鹿にされたんじゃないのか。
この程度で諦めるようなら最初から育つ可能性は無いし。
そもそも悩むって言う感情があれば俺なら詩にするね。


495 :しんしん:04/01/17 23:25 ID:viuDMDAU
キムチの評価をうけて悩んでる若人へ
あいつの言葉はうすっぺらの金箔の様に
何も考えずにレスしてんだよ
それを楽しみながら笑ってあげるのが
正しいキムチの遊び方DAYO


496 :344,345:04/01/17 23:38 ID:utOwoCvx
>>467
344と345の間を見てくれれば解ると思うけど、俺二分位であれ作ってるんだよね。
時々気まぐれでここくるんだけどサ。

最初諸行無常の教えからインスピレーションを受けて、
書き始めたんすよ。
つまり常に物事は進んでゆくはずなのに、なんで俺は過去のしがらみから開放されないのかってのが
言いたかったていうか、そのままなんですけどねw
過去がわたしを形成し、わたしを呼覚ますのはその過去でしかない。みたいな。
最後の老人の戯言っていうのは、自分を盲目の老人として、自分を卑下した言い方だったんだけど・・・

そいで345のほうは微妙に344と関係してて、
過去の幻影からみた盲目の老人の最後(死に行くさま)をあらわしたかったのよ。
そのままだとつまらねーから擬人化して、謎めいた感じにしてみたんだけどさー

毎回あんまりよく理解して貰えんので、困ってるんですけど、そんなもんですかね?

497 :名前はいらない:04/01/17 23:42 ID:utOwoCvx
悲しみの絶頂にふけているのだろうか、子供のように泣きじゃけるあなた。
わたしはそれをみて、ふっと笑い、そっとさる。

あなたはすぐに泣きじゃけるのをやめ、そしてふっと同じような笑みを浮べ、
そっと雲間から海を見下ろす。

498 :名前はいらない:04/01/17 23:58 ID:TqlTcXoB
>>496
理解してもらえないのは読み手の理解力が欠けているのか
あなたの詩が曖昧すぎるのか、単に相性があわないのか
そのどれかしかないわけですよ。

それでたまたま評価したのが私だっただけで。

「十人中三人以上が認める芸術なんて、地球が始まってから今まで
 誰も作ったことが無いんだ。でも僕は諦めることはできないだろう」
僕の心の師匠の言葉です。





499 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/18 00:00 ID:dlfeHCfX
なんだか俺って人気者!!??しっかし人少ねーもんなここの詩・ポエム板は、まぁ仕方ねぇ事なのかねぇ
まぁ糞作品を散々貶しまくって叩いてるからなぁ 馴れ合い君には抗体がねーから吠える吠える(ゲラ

で、今回はこの2人か、前々スレから二桁突入か??俺様の追っかけが増える事増える事、まぁすぐに消えるがなpu


500 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/18 00:01 ID:dlfeHCfX
で、 なんだかんだで自分で500getするこれ最強
半角逝っての収穫は動画2本get 生姜臭い少女が恥らいながら下着を脱いで○○○○して中田氏 

今日は良い日だわぁwww もうお腹いっぱいだべさ さて鑑賞してねるべさ

501 :しんしん:04/01/18 00:04 ID:enVJug7U
ひゃひゃひゃ
必死だねぇ〜なんだかんだ言ってかまってもらって
嬉しいんだろ?キムチは本当に笑わせてくれるよ

502 :◆tr.t4dJfuU :04/01/18 00:27 ID:BVBdxE7t
おれが、自分を曝して墓穴を掘ったと、あーあー言うのかぁ!?
お、お、(泣)おれな自分をさ、曝すことが出来ていたらさ、あーあー、今頃夜道を裸で歩いてらいっ!!!!プンプン(`ε´)まだまだ序曲だい!!


503 :名前はいらない:04/01/18 00:41 ID:3SJMz1pI
「成長」

使い方の分からないコンパスなら
此処に置いて行けばいい。
そしてそのまま
個々に老いて行けばいい。

いつか気付いたなら
大声を上げて
悔やめ。

その声がやがて誰かに届いたなら
ここまで続いた1万年のmistake

輪廻を断ち切れるだろう。

それとも再び内に秘めたまま
また誰かを見捨て往くのだろうか。

504 : 【 可哀想だから 】本当はドウデモ、イイデス 【 丸腰で戦地に送るのか】:04/01/18 01:19 ID:xal+alRw

 隊員の命を、政策批判や議論の盾、自らの権益、面子の盾に利用する政治家、軍官僚。。

 そういう、政治家、軍官僚に限って、隊員の命や権利、家族の事など

 虫けらほどにも思ってもいないことは明らか。


 隊員の命を、盾にして、政策や権利の議論から逃げる、政治家、軍官僚に限って

 国民の前で嘘泣きをする総理大臣。






505 :名前はいらない:04/01/18 01:30 ID:BVBdxE7t
わすれもの

椅子が座って休むのは

みんなが眠りにつくころの

ゆりかごみたいな夜だったりして



506 :名前はいらない:04/01/18 01:36 ID:k6zkCzCs
>>501
キムチキムチ言うのはやめれ

507 :名前はいらない:04/01/18 01:40 ID:qRBf/24L
春の昼下がり晴れ渡る空 いつもの笑い声 チャイムの音

夢を抱えた子供に紛れて 夢に破れた男が立つ

Mm・・・ 廊下の隅 ナイフを手にした男が微笑む

飛び交う悲鳴切り裂いていく 奪われた 命と未来
泣き叫ぶ声救いも無く 時がただ流れた

揺れるブランコ ジャングルジムの影
片付け忘れたサッカーボール

いつもと同じ時変わらない景色 子供の姿だけが見えない

Mm・・・ 風の中 行方を知らずに誰かが泣いていた

サイレンの音 カメラの列 訪れた悲しき運命
天を仰いで泣き崩れた 届かない願いに

Mm・・・ 夢の中 Mm・・・ もう二度と
還らぬあの子が微笑みかけていた

二度と戻らない幸福な日々 捨てられぬ思い出と写真
全ては今もあの日のまま 時がただ流れた

2002 G.C.M Entertainments

508 :名前はいらない:04/01/18 01:42 ID:xal+alRw
         ______
         /::::::::::::::::::::::::::::::::彡:ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::彡:彡:ノ:::::ヽ
      |::彡ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ:ミ::::::|
      |/            \ミ:;|
      (l",,,,,,,,,..     '"゙゙゙゙゙゙'    |;;|
       |-=・=-   ( -=・=-   l" |
       |///    |   ///   ハノ
       |    ノ _,l)  ヽ    |:|  早ければ、早いほど良い。
       |   /  _!_   丶   |/
      /ヽ   -===‐     / \
    /\ \    ̄     //
        \ 丶___ / /






509 :風の谷のオクムラ:04/01/18 02:04 ID:UG/G0uRt
ね、ねむい。けどコテハン名のってみたりする。
これから、適当に選んで評価していくのでヨロピコ。

>>503 評定不能
「此処に置いて行けばいい」
「個々に老いて行けばいい」
こういうのを駄洒落って言います。
それぞれ老いていくことが大切だと思うなら逆効果ですね。
「いつか気付いたなら」
何を気付いたのか不明確。
「1万年のmistake」
考えなしに英語は使わない。使うなら効果を考える。この場合スカした感じを受けるけど
それは君のテーマにあってるの?
「輪廻を断ち切れるだろう」
輪廻説を安易に信じないこと。それでも信じてるなら説得して。

「使い方の分からないコンパスなら
 此処に置いて行けばいい」
は私的に好きな表現。
なんとなくだけど「一万年」という箇所で、時の流れの雄大さみたいなのを全体的に感じました。
それはテーマに合っているのかどうか解からないけど、いい雰囲気の片鱗がみれた。

510 :風の谷のオクムラ:04/01/18 02:06 ID:UG/G0uRt
>>506
そんなこと言うなら、まず在日かたったアンダーに文句いえ。

511 :しんしん:04/01/18 02:13 ID:enVJug7U
俺、在日とかに偏見ないしぃ〜
キムチもすきだよぉ〜
大体、沖縄人の濃い顔から見たら日本人も大陸の人達も
そんなにかわんねぇよ顔
などと下らない事いってみる
じゃあなんて奴の事呼べばいいのさあ〜

512 :名前はいらない:04/01/18 02:21 ID:1LZq4Gs8
「喪失」

見上げる空高く
忘れてしまった思いを乗せて
飛行機雲は消えてゆく

手にしたナイフは赤い色
僕の腕にも赤い痕
悔しさも空しさも
この色に染まって欲しい
僕の目にはそれしか映らないから

笑いあった日常が
どうにも遠いように見えて
嫌になるようなこの暑さも
解けて無くなるんじゃないかって

安らぎの場所がどこかにあって
僕はそれを求めてるの?
お笑い種な語り口で
道を尋ねるのが僕なのかい?

傲慢なほどの偽善はもういらない
希望も欲望も似たようなもので
涙ももう零れやしない

見果てぬ夢のように
手を伸ばせば届きそうな空に
飛行機雲が伸びてゆく

513 :名前はいらない:04/01/18 06:57 ID:2V5wndSB
ともすれば自分がこの世で一番不幸なんじゃないかと
都合のいいそして甘美な絶望感が押し寄せる
敗北を認めることにカタルシスを見出してしまう悲しい性
暗く湿った場所を好む蟲 諦めることで悟った気になる

頭の中だけで終わった気になり
その実何もわかっちゃいない
どこかの誰かの価値観に振り回され
安っぽい言葉で己を語る 飾る

自分の欠点 傷を抉り 惨めさの露呈にほくそ笑む
後ろめたい快楽 ホラアタシハコンナニ不幸―
誰かの嘲笑を待つ自分が居る 同情の裏に隠された嫌悪を

気狂いに憧れ 退廃や死のイメージに酔う
ありきたりだと思いながら 言い訳がましく線引きをする

アタシハホンモノ アナタタチハニセモノ

フッ と気づけば 周りは似たよな人たちばかり
そんな中 君は無邪気に笑ってた

君の笑顔が眩しかった 君の笑顔にすべてを思い出せそうだった

だけど結局あなたの素晴らしさは あなたの綺麗さは
あたし自身を貶めるための対象にしか思えなかった

それがとても悲しかった
それが初めて悲しかった

”ホンモノノ不幸”ってこういうことかと あたしは初めて絶望に泣いた

514 :柳橋:04/01/18 08:16 ID:Sgp8snIH
日が昇る
月昇る
その後やっぱり落ちる
一番高いところまで行って
結局落ちる

人上る
上へ行く
その後やっぱり落ちる
一番高いところまで行って
結局落ちる

熱い位に浴びた太陽に
押し付けられて 地獄へ行って
次の朝には また元通り

何千回も。

515 :名前はいらない:04/01/18 08:55 ID:KaXrzex4
>>1-1000
現実世界で誰にも相手にされないから、
せめてネット上でかまってもらいたいんだね
氏んでいいよ

516 :名前はいらない:04/01/18 08:56 ID:KaXrzex4
>>1-1000
現実世界で誰にも相手にされないから、
せめてネット上でかまってもらいたいんだね
氏んでいいよ

517 :名前はいらない:04/01/18 08:56 ID:KaXrzex4
>>1-1000
現実世界で誰にも相手にされないから、
せめてネット上でかまってもらいたいんだね
氏んでいいよ

518 :名前はいらない:04/01/18 08:56 ID:KaXrzex4
>>1-1000
現実世界で誰にも相手にされないから、
せめてネット上でかまってもらいたいんだね
氏んでいいよ

519 :名前はいらない:04/01/18 08:57 ID:KaXrzex4
>>1-1000
現実世界で誰にも相手にされないから、
せめてネット上でかまってもらいたいんだね
氏んでいいよ

520 :名前はいらない:04/01/18 08:57 ID:KaXrzex4
>>1-1000
現実世界で誰にも相手にされないから、
せめてネット上でかまってもらいたいんだね
氏んでいいよ

521 :名前はいらない:04/01/18 08:58 ID:KaXrzex4
>>1-1000
現実世界で誰にも相手にされないから、
せめてネット上でかまってもらいたいんだね
氏んでいいよ

522 :名前はいらない:04/01/18 08:59 ID:KaXrzex4
>>1-1000
現実世界で誰にも相手にされないから、
せめてネット上でかまってもらいたいんだね
氏んでいいよ

523 :名前はいらない:04/01/18 08:59 ID:KaXrzex4
>>1-1000
現実世界で誰にも相手にされないから、
せめてネット上でかまってもらいたいんだね
氏んでいいよ

524 :名前はいらない:04/01/18 09:14 ID:zLaZPofE
「シャイニング」
社長にそう告げられた瞬間、私の頭は真っ白になった。
シャイニング・・・? 20年間文句も言わず、ただ黙々と働き続けたこの私が・・・。

ああ、世知辛いぜベイビー。北風がしみるシャイニング。
そこだけは触らないでくれ、だって立っちゃうだろ?WOW・イエー。
樹海が頭をよぎるほど悩んじまうぜ・サムバディ・トゥナイト。
こんな夜はやっぱりシャイニング。嫁に言えないバッド・エンディング。


525 :奈々子:04/01/18 12:27 ID:wqSdDpRZ
{Cinderella}

まるでシンデレラな気分

馬車はカボチャに 騎士は馬に
夢のような時間はチャイムと共に消えていった

雪なんて大キライ

こんな街を真っ白にしてくれて
ココロは洗われて なぜか瞳も輝いて
冬のせつなさも忘れられる

だけど 雪なんて大キライ

どうせなら 一生降り続いてくれればいいのに
無責任すぎる 弾んだココロ見捨てるようにして
この街の現実を見せつけられる

まるでシンデレラな気分
かなしいシンデレラな気分

ねぇ…だとしたなら
あたしにもガラスの靴があるのかな
たった一つ あたしだけしか履けない
ガラスの靴 あるのかな

まるでシンデレラな気分
いつか幸せなシンデレラな気分に…


526 :   ◇PhxXOOBGGU:04/01/18 12:35 ID:KaXrzex4
>>524
e- 全体的に童貞臭い。
才能がカケラも感じられないね。

527 :名前はいらない:04/01/18 14:08 ID:G9Zz6NpS
光は爆破と共に閉ざされ
全ては闇になる
明日はどれだけ遠くに
離れてしまったのだろう
運命が自らを滅ぼすものならば
手にしたもの全てが武器

空はこんなに青く光るのに
大地はなぜこんなにも
煤けて見えるのだろう

絆は少しずつ壊れ
祈りは少しずつ薄れ
未来は少しずつ失われ
感情はもう形すらない

貴方は何を望むのですか
こんなにも多くの物を
失ってまで手にすべき物ですか

528 : :04/01/18 15:03 ID:SetoJViU
     愛

 ねぇ愛してる 私愛してる
 
 あなたを愛してる 愛してる

 愛してるんだよ だから

 だから だから だから

 愛してる 愛してるの

 愛してるんだから だからさ。。。ね

   愛してるよ

 

529 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/18 15:25 ID:MqKFccu0
>>528
だから何?ってきかれたら終わりですよこの詩。

530 :名前はいらない:04/01/18 15:33 ID:n2/Pp8rt
>>509
サンクス。でももうちょっと読みこんで欲しかったかな。自分の作品を説明するのは愚かな事だけど、少しだけ。
mistakeは見捨て往くと掛けてるんだけど、これも貴方の前では駄洒落になってしまうね。
輪廻については繰り返している事の喩え。酷評と見るけど、未評価が数ある中から眠い時に選んでくれた事に感謝。

531 : 528:04/01/18 16:31 ID:SetoJViU
>>529 愛してるあなたに、自分があなたを愛してる、その
   見返りを求めている。

  だけど、愛してるあなたに見返りを求めることはスッゴク
  悪いことなんじゃないか、と自責している自分もいる

  その辺りの心の葛藤を詩で書いてるんだけど。

  だからさ。。。ね ←あたりも

532 :寿 樹庵 ◇qnBeHfchc. :04/01/18 16:45 ID:KaXrzex4
コピペ荒らし厨が、俺の名をかたってやがる…

ウゼえんだよ、消えろカス

533 ::04/01/18 17:19 ID:iyDBXbjm
>>378
あなたと君は違う人?ココアの使い方がどうもわざとらしい。
ポトンポトンの雨で傘を買うかなぁ。
>>379-383
私を含めて詩などの創作に携わる人には変人が多いけど、
他人に不快な思いをさせるような事をする人はいないと思うんだ。
もしそんな人がいたとしても私はその人を詩人として認められないし
その人以外の世界はその人の作品を読もうとも思わない。
この中で一番の自信作を教えてくれ。
>>387 D
まず、リズムとは文字数をそろえることではない。黄色より黄色いの方が良い。
>今でも 本当に欲しい物が何なのかも わからなくなってきた
日本語がおかしいです。
個人的な感想ですが、三十過ぎのおっさんがキャンディーのことを考えながら
いつかは幸福になるようにって、純粋というより気持ち悪いと感じました。
>>388 C
国民的歌に矛を向けた作品。こういうの好きです。
でも、起承転結って大事だなって思った。この作品は起転結想なので
三行で内容を理解してしまった。
大げさに言えば四行目は確かめのためだけにあったようなもの。







534 :風の谷のオクムラ:04/01/18 17:23 ID:UG/G0uRt
>>531
それ全然伝わってないよ。
「愛してるあなたに、自分があなたを愛してる、その見返りを求めている。」
↑この散文にしてはやけに不明晰で、解かりづらい表現がむしろ詩的。

535 ::04/01/18 17:48 ID:iyDBXbjm
>>390 C
接吻の時だけなぜ侍口調なのかその意図がわからなかった。
だけどその詩の内容は一貫していていて面白い。
表現も工夫していて飽きさせない工夫もしている。
>>391 D
うーん、壊れきれていないしラストも弱いし文章も面白くないし。
だんだんまともになっていくようにしたのはわかるけど、むーん。
題名は無理して付けることは無いです。
>>392
狙ったかどうかわかりませんが馬鹿さは出ています。
が、中身の無い馬鹿は救えないですよ。
この詩からはセンスを感じられませんでした。
>>405 C
やっぱり日本語ってすばらしいですね。
一見優しそうな詩に見えるのですが、「ふれた」の使い方で狂気にもなるという。
が、すでに似たような詩が存在します。


未評価は無いよね?


536 :名前はいらない:04/01/18 18:04 ID:iGSqjR/q
恋に恋して
一目惚れ
顔だけの彼氏
アクセサリ

今を楽しめさえすれば
後は野となれ山となれ
勉強なんてクソくらえ
一体何の役に立つ?

娘の為に
汗水垂らし
害虫生産
お父さん

537 :名前はいらない:04/01/18 18:32 ID:vOs2Kb8i
 「朱肉」

雪に雨に風に逆らい
こんなに激しくお前が叫ぶのは
俺に会えた喜びなのか
夕日が大地を眠らせ 明けの日が昇ろうとも
抱かれていながら共に行こう
ああ俺の筋肉達よ
 


538 :名前はいらない:04/01/18 18:41 ID:vOs2Kb8i
537ですが、上の詩は「筋肉」をお題に詠んだものです。

539 :名前はいらない:04/01/18 19:31 ID:js0UIwL6
「現実」

現実はなんてものは本当はよくわからないから言葉で意味づけするのだそうです。

辞書を手にする私は今、現実を手にしている。
辞書のページをペラペラとめくり、確かに私の脳の中に現実がある。
ふと思った。
辞書の言葉はお互いがお互いに意味をつけている。
無意味な言葉が無意味な言葉に意味をつけているだけなんだ。

ここにはなんの意味もないんだ。

そう思ったら
今まで生きてきて
耳からもあふれそうだった言葉が
脳の中から1人のこらずきえた。
なにもないからっぽになってしまった。

鏡と鏡を照らし合わせ世界をどれだけ広くしようとも
ここにはなんの意味もない。
生きていても死んでいても同じこと。
この詩にはなんの意味もない。

540 :名前はいらない:04/01/18 20:03 ID:2V5wndSB
”それ”は俺自身の墓だと気づいた。
なるほど実におあつらえ向きというヤツだった。

俺は俺の墓に彫られた名を食い入るように見た。
見つめたからといって何が変わるわけでもない。
それでも俺は見続けた。
そうすることで本当に見るべきものから目を逸らした。

冷徹で堅牢なモノリス それが俺の墓だった。
そこには俺の人生が刻まれた。

まだ歩くこともできない俺 やっと言葉を喋った俺。
両親の愛に微笑む俺 友達とはしゃぎ回る俺。
初めて人を愛することを知った俺。
世の中の全てを斜に構えて眺めた俺。

俺は俺に押しつぶされそうになり 墓を視界から遠ざける。

それでも”それ”は存在し続ける。
例えそれそのものを破壊しても。

俺の墓に刻むことのできる人生にはまだ余白があった。
だから俺はその余白を少しずつ埋める。
だけど決して全てが埋まることはないだろう。

俺はもう一度 虚無感に似た憐みを抱き”それ”を見た。

そいつは俺の墓だった。


題「アルバム」

541 :ほのか:04/01/18 20:12 ID:7aUJzhrf
君の彼女と 遊びました
やっぱり 可愛くて おもしろくて 優しくて・・・
素敵な人でした

君が 好きになった人 だもんね

542 ::04/01/18 21:06 ID:KaXrzex4
なんか、俺の偽物もこのスレにいるな…
みんな、騙されるなよ!

543 :風の谷のオクムラ:04/01/18 21:09 ID:UG/G0uRt
>>537 C
ギャグとして読みました。なんだか「きんにくん」という芸人を思い出した。
自分は、リスペクト・筋肉じゃないから感情移入できないものの、オリジナリティ
あるし、ちゃんとした主題を設定したらいい詩書けるんじゃないの?自分には
筋肉と語らうなんて考えもつかなかった。

544 :阿佐ヶ谷wiki設置者:04/01/18 21:35 ID:z20zSJoI
.       ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|http://jbbs.shitaraba.com/travel/2508/asagaya.html
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii


545 :名前はいらない:04/01/18 21:45 ID:7yUwEctn
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/3025/

worksにある僕の詩を評価してください。
僕の詩は世界一だと思います。

546 :名前はいらない:04/01/18 22:16 ID:vOs2Kb8i
>>543
レスありがとうございます。筋肉に憧れるあまり・・・いや、私の想いを汲んでく
ださって嬉しいです。ギャグにみえようとも、明日からも筋トレをかかしません。
やる気がでてきました。頑張ります。

547 :名前はいらない:04/01/18 22:36 ID:vOs2Kb8i
尊き血
今こそ生(あ)れしか
涯(はて)の空
深き水底(みなそこ)
大地にこそ
女神はいませ
その宮居(みやい)
畏(かしこ)み仰ぎ

園に出で
夜一夜(よひとよ)歩む
清き銀波(ぎんぱ)
降る慰霊地に
ひとり立ち
幻を見ゆ
朋友(とも)の集う
終(つい)の闘い


548 :547続き:04/01/18 22:37 ID:vOs2Kb8i
薔薇の庭
星光る丘
偲びつつ
戦場(いくさば)に行く
時来たり
迷いはあらじ
悔いはせじ
己に誓い

古(いにしえ)の
戦士の憩う
地を遠み
参り至るぞ
あり難き
我は辿らん
故郷(ふるさと)に
還るが如く

同僚4名を皮肉って最後の言葉は縦読みです。


549 :風の谷のオクムラ:04/01/18 23:06 ID:UG/G0uRt
>>540 Cに近いDか、Dに近いC、つまりよく解からない。
まあ、自分のいままでの人生というか歴史は変え難いよねぇ。泣こうが喚こうが
受け止めるしかない。
で、それに対してあなたがどう思ったんだろうって読み進めたんですが、「虚無感に似た憐み」
って何?いままでこんな感情抱いたことないし、どうしよう。
多分、あなたが私をその感情に浸らせてくれる材料が欠けてるのかなと思いました。

550 :ポエマー:04/01/18 23:19 ID:yvUF6KuS
      蝶

やがて地獄へ下るとき、
そこに待つ父母や
友人に私は何を持って行こう。

たぶん私は懐から
蒼白め、破れた
蝶の死骸をとり出すだろう。
そうして渡しながら言うだろう。

一生を
子供のように、さみしく
これを追っていました、と。


551 :風の谷のオクムラ:04/01/18 23:26 ID:UG/G0uRt
>>547>>548 評定不能
ここまで暗喩性が高いと、題名かなんかで何を歌った詞なのか知りたかった。
よく解からなかった。リズムはいいです。力はありそう。

552 :ネル:04/01/18 23:45 ID:zp0RSytR
雪が降る
しんしんと
月が輝く
ゆらゆらと
風が吹く
ざわざわと

静かな夜
貴方が囁く
寒い夜
貴方が傍にいる
暗闇の夜
貴方の心が忍び寄る

新しい朝
貴方が傍に居た
「ありがとう」
そっと、呟く


553 :名前はいらない:04/01/19 00:07 ID:cMEOAACv
時計の針が12時をまわったら
テレビを消して 電気を消して

音も光もない部屋で
ただ自分の鼓動に耳を澄ませて

そしたら僕は遠い場所から想いを空へ 君の心に届くように
それでもし君が僕の想いを心に感じたならば
それは不思議なことじゃないか
まるで奇跡 
その奇跡今夜おこしてみせるから

だからそんな顔はしないでよ

554 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/19 00:12 ID:A6wQfkMJ
騙りを相手するのマンドクセという人はトリプ推奨

555 :名前はいらない:04/01/19 00:15 ID:BxhbUIhX
私の言葉は前を向いてるの あなたを向いてるわけじゃない
自由に歌わせて 許して欲しいからじゃない
弱い人なんて好きじゃない 春になったらね・・・

すっと立ち止まって 聞き入る山高帽
泳ぎたければ ここじゃなくてもいいでしょ
(どこかに本当の愛が転がってないかな
      歩いていれば見つかるかな)
眠気覚ましに一杯・・・ いすに座って感銘・・・
背中にぴったり合うような 完璧な恋!

できることならカッパ着て 雨の中飛びだそ!春だもん
あの頃 普段より笑ってた電話 お互い ガッカリだった?
明日が怖けりゃ今すぐ捕まえて レインコートの短足野郎
できることなら飛んでって 振り向きざまにキスしろ!
そうだよもう 冬じゃないんだ

556 :555続:04/01/19 00:16 ID:BxhbUIhX
見回しても閉じこもっても 寒がり達が恋のきっかけを探してた
そういう季節 あんたも仕方なかったんだ
舞台の影の1シーン 老いぼれた喜劇役者と若いバレリーナ
見たでしょ ああいう二人になろうよ
ぴったりのイス見つけた あんたも変わったんだ
やっと出会ったんだ 春に出会った!夏が来るよ!

じゃあさびしい秋に帰る家を作ろう 孤独な冬を3人以上で過ごそう
恋が証明されたよ 陽射と一緒に迎えに来たから
あったかい毛布なんて問題じゃない 歩き続ける靴がほしい
そうだよ 寒がりなおばちゃんや おじちゃんや 女の子は
今 一人ぼっちにもどってく
私達 アスファルトぶらぶら さりげなく触れ合うだけ
もう十分 あったかいでしょう?
春が来たよ 夏が来るよ 秋も来るよ 冬だって来るよ
でももうずっと 春のままだね

557 :名前はいらない:04/01/19 00:16 ID:lgevn7Zu
>551
すみませんでした。
小説の主人公(not版権もの)が他4人の仲間と戦女神を奉じて、平和のために戦う
に臨み、先に世の人々と女神に殉じて死んでいった同朋たちが眠る慰霊地で満天の星空
を見上げてもの想う彼の心の内を表してみました。
縦読みに混ぜたのは4人の仲間のことで、一人は「力こそ正義」だという信念のもと
女神を裏切ったことがあり、一人は悪を正義だ・自分は間違っていないと言い切った
ことのあるデンパであり、一人はとても人間とは思えないほどの年月をいきた見た目
18歳の青年で、一人は力で押し切って頭であんまり考えたりしない男で、主人公
は彼らを「デンパに注意」「若つくりじじい」「「脳みそ筋肉」と揶揄するような
一見人当たり良いが実は最も腹黒なナイスガイです。
敬虔な気持ちで慰霊地に佇み、戦士として死ぬ覚悟を新たに、死してのちもし遺骸
が残っているなら自分はここに入ることになるだろうがその時は、先に眠る先達に
まみえて恥ずかしくないように願い、そうしたらきっと自分にはない古里というもの
に還ることができたような気持ちを抱けるのではないかと。
最後は戦いに赴く道程で遠い慰霊地を見遣る場面です。

設定が特殊なのでわかり辛くてすみませんでした。(案の定、説明が長くなってしまって
重ねて申し訳なく思ってます。)心に残ったシーンをピックアップして詠んだだけなので
題名がつけられませんでした。


558 :風の谷のオクムラ:04/01/19 00:37 ID:CaijTZcJ
>>557
寝るまえに来たらすごいことになってた。暗喩だと思ってたの全部架空のお話
なのね。だから意図が読めないわけだ。あなたの詩はその小説読まないと話にならない
んじゃ?詩を書きたいなら、そういう特殊な前提なくても読めるようにしてよー。
ただ小説中に入れるとか、その後に挿むとかすればそれでもいいかもしれない。
まずあれだけをポンと出されたら、他人はあれ全部なんかの比喩だと思いますよ。

559 :名前はいらない:04/01/19 00:39 ID:axcM2Bzl
「私と私でないもの」

私ってなに? 私ってなに? 私ってなに? 私ってなに?
私を殺さないで! 殺さないで 殺される コロサレル コロサナイデ
ヘッドフォンステレオで カセットテープを聴く
ベースボールでは チーム・プレーが観物だ
MARXは疎外論を唱えて 連合赤軍は革命頓挫
裏口入学した私 「司令、指令をください」 私は無反応
敵と味方 敵、敵、敵! 敵発見、敵侵入 私は無駄な存在なの?
看護婦が私をテストして 失格すると情容赦なく殺される
適格者は私 殺す 邪魔する すねさせる 握手して キスして
裏切られたら 私自殺するから 胎児の真似をする

560 :名前はいらない:04/01/19 00:40 ID:axcM2Bzl
560

561 :名前はいらない:04/01/19 00:59 ID:lgevn7Zu
>558詩を書きたいなら、そういう特殊な前提なくても読めるようにしてよー。
次からはおっしゃるようにします。
意図としては、戦いに赴く戦士の心情が出てれば背景知らない人でも読んでくれる
かな、むしろそういう人に評価してもらいたいと思っていたのですが、オクムラさ
んがちゃんと考えてくれようとしているのにいい加減でしたね。

おやすみなさい。どうもありがとうございました。



562 :名前はいらない:04/01/19 04:39 ID:niM5R1pj
kimtiwaruine kimitachi

gennjitusekaideikiteikoune

>>1
kimihasindahougaiine konoyonotameninaranaisonzaidayo

563 ::04/01/19 08:01 ID:uho31QpU
飽きた。俺はもう飽きたんだ。
おまえらの糞な詩にいちいちレスを付けるのが正直面倒臭い。

もう採点はやめる。
このスレにはこれ以上出入りしないことに決めた。
悪く想わないでくれよ。じゃあな。

564 : 528:04/01/19 09:56 ID:MGQd2J9B
>>563 お疲れさん

565 :名前はいらない:04/01/19 15:13 ID:iofuBa8S
愛してる 愛してる
囁くのは今のあなたが欲しいから

愛してるの 愛してるの
囁くのは今の私達が幻だから

私を抱いた後に いつもの香りを纏う
いつもの香りを纏ったままで私を抱かないで

あなたの影を見つめてしまう

日の辺る世界
影が作れない私の世界

あなたの世界でしか 生きられない私

優しくキスして
そして抱きしめて

静かに涙を止めるから



566 :名前はいらない:04/01/19 18:22 ID:H/Vjtq7X
「道程」 作:しぃ
わたしの前に虐殺はない。
わたしの後に虐殺は出来る。
ああ、2ちゃんよ
ネットよ
わたしを一人被虐殺体にさせた広大な2ちゃんよ
虐殺するばかりではなくたまにはやさしくせよ
常に愛を私に満たせよ
この遠いマターリのため
この遠いマターリのため


567 :名前はいらない:04/01/19 18:49 ID:em225MV7
>>504
私の知り合いで現地に行く人がこんなことを言ってました。
「クラスでいじめられている人を、自分が一緒にいじめられるってわかっているのに
 それでも助ける人っているよね。
 逆に助けないのは良くないことだと知っているのに
 自分が傷つくからと知らないふりをする人もいるよね。
 俺はまだガキだったから助ける勇気なかったんだ。」
派遣を批判する人は、現地に行く人の生の声を一度聞いてみてください。
あと、政治家が一番最初に行けっていうのはごもっともです。
>>507 評価放棄
そりゃ人が人を傷つけて良い理由なんて全く無い。
だけどこういう事件は人が知能をもってからずっと起こっているわけですよ。
今という時代で、場所が学校、犠牲者が子供だっただけ(あえて「だけ」です)。
多分、百年前に子供が殺されてもあなたや私は何も知らずに笑っているはずです。
それで私はそういう事件が起きて悲しいと感じますが、それを全て防ぐ力は無いわけで
防ぐ力が無いのにそういう言葉を吐くことが許せないのです。
だからこの詩を評価することはできません。

(反論は承知で書きました。けどぐっと抑えて何も言わないでください。
 自分でもおかしいとわかっています。)




568 :しんしん:04/01/19 19:08 ID:br2YSpib
>>567
突っ込み所満載の評価だな
自分でも片寄った意見だと気づいてるのがまだ救いか


569 :名前はいらない:04/01/19 19:11 ID:NUNkKKJE
愛する人がいます
とてもとても愛しいです
伝えたい この気持ち伝えたい

胸が痛い君への思いが痛いよ
何度も伝えようと 何度も伝えようと
でも伝えれない

気持ちを伝えよう 気持ちを伝えたいんだ
でも君は答えてくれない


君はもういないんだから

570 :567=溝:04/01/19 19:13 ID:em225MV7
>>512
文章を書くのに楽をしていると思った。説得力が無いのです。
作者はナイフで刺したことは無いだろう。
本当に安らぎを求めてはいないだろう。
この詩からはセンスを感じられなかった。
>>513 E
上に同じ。説得力が無い
カタカナの使い方が安っぽい。
この詩からはセンスを感じられなかった。
>>514 C
絶望の詩とも、希望の詩ともとれますね。
だけど諦めの色が強いように思えました。
最後の五行は工夫が足りなかったと思います。このままなら蛇足。
>>525
シンデレラにも種類があったんだなと感心した。
ただ雪に八つ当たりをするのはどんなシンデレラだろうか。
私は男だからかもしれませんがそこは共感できませんでした。
あと、もっと言葉を練って欲しいです。
>>527 B
全体的に良いです。
>運命が自らを滅ぼすものならば
>手にしたもの全てが武器
この表現がすごく気に入りました。
ただ、背景うすいところや感情が無い人にはありえない言葉など
つめが甘いと思います。

571 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/19 19:28 ID:k8So9fWG
なんだかホスト規制が掛かってて2ちゃんに書き込めないのuzeeeeeeeeeeee

>>570
トリップ付けたらええんじゃないかアンタ

572 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/19 19:36 ID:k8So9fWG
    ∩_____∩
    | ノ         ヽ
   /   ●    ● |    無駄に民族意識強いヘタレ供を相手して〜♪
   |      ( _●_)  ミ    どうしょうもない糞作品を貶しまくって〜♪
  彡、     |∪|   、`     キムチと迫害されても頑張るの〜♪
 /        ヽノ  ::::i \     おかげで周りは敵ばかり〜♪
/   /         ::::|_/
\/            ::|
   |           ::::|  クマ
   i     \    ::::/ クマ
   \     |  ::/
     |\_/  /
     \__/

573 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/19 19:37 ID:k8So9fWG
             ,:::-、       __
      ,,r::::::::::::〈:::::::::)    ィ::::::ヽ
      〃::::::::::::;r‐''´:::::::::::::::::::::ヽ::ノ
    ,'::;'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::      クマ普及委員会の会員募集中クマー
     l::::::::::::::::::l::::::::::●::::::::::::::●:::::ji  彼方此方の板に貼り付けるだけ、マジでお薦め
    |:::::::::::::::::、::::::::::::( _●_):::::::,j:l    放置作品は許しませんハイ
    }::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::|∪|_ノ::;!          
.    {::::::::::::::::::::::::::::`='=::ヽノ:::::/        >>490 >>497 >>505 >>524 >>536   
    ';::::::::::::ト、::::::::::::::i^i::::::::::::/      >539 >541 >547 >550 >552 >553 >555
      `ー--' ヽ:::::::::::l l;;;;::::ノ            >559 >565 >566 >569

574 :名前はいらない:04/01/19 21:31 ID:VUW7uZjn
機械と人の違いは何?
君に尋ねられ言葉が詰まる。

どうやら僕の思考は
僕自身のものであるけれど
それがあらかじめ決められた
プログラムである可能性も
捨てきれないわけで。

一瞬一瞬が一度きり。
それが定められた運命でも
あるいはそうじゃなくても
何一つ変わらないわけで。

自由と呼ばれるものの儚さよ。

だから僕は言った。
機械と人の違いなどなくてもいい。

路傍の花を摘み取って
君にそっと手渡した。

僕は君に口づける。

君の温もりが僕に伝わり
僕がそれに幸福を感じる。

それがプログラムされたもので
遠い過去から決められていたとしても

それならそれで構わなかった。

575 :名前はいらない:04/01/19 21:33 ID:rf4cVB+B
「fairy tale」

雨降りの午後 転寝してる
優しい光と 静かな水音
流れる時は あまりにも穏やか
平和で 幸福な 夢

変わらない世界 変わらない自分
雨が降っても 晴れていても
僕は微笑む いつもと同じ

日常の中で 願った心が
日没の空に 吸い込まれていく
ああ 始まり それは終わり
永遠は無いのに 時は止まった


幸せな世界 傷付くことも無い
雨が降っても 晴れていても
僕は笑う 僕自身を 
僕しかいない 平和な世界
流れる時は 流れていない

だから今日も 僕は夢の中
独りじゃない場所を 見つけるために
御伽噺は まだまだ続く

たった一つの 哀しい願い
誰しも思う 捕らわれた心
夢を見てるのは 僕だけじゃない から

576 :名前はいらない:04/01/19 21:49 ID:VUW7uZjn
怖がってもいい。欠点があったっていい。
だってそれが君だろう?

恥ずかしがるななんて言わない。

無責任に勇気づけようとする奴が多いけど
君は君の思うままでいい。

自分のことしか考えなくたって
都合のいいことばっかり言ったって
君が君でいつづけることができるなら
それが一番に決まってる。

だけど知っていて欲しい。
僕らは思ってるより高く跳べるんだ。

君も あの子も あいつも

それを知ったあと君がどうするかは自由だ。
跳ぶ気になったらいつでもおいで。

新しい世界は誰も拒みはしないから。

577 :Eiru:04/01/19 21:53 ID:8eicex4H
「小さな自分」

こんなこんなこんなに広い地球で、こんな広い空や海
そんな広さにちっぽけな一人の自分がいる。
自分は何の力もなく、無力なんだけど、
いっぱいの人と知り合って、力をあげたり、力をもらったりする
そうやって無力な自分は強く大きくなるんだ
自分が落ち込んで沈んでたくさん人に力をもらったら
その力で大きく強くなっていく
だから、自分が今度は人に力をあげたい
みんなそうやってこんな広い地球で生きてるんだから
                          


578 :風の谷のオクムラ:04/01/19 22:05 ID:CaijTZcJ
>>573
君、「構って」ちゃんだね。そうとう現実社会で鬱屈してるらしい。がんばれー

>>490 B
表面的には、痛い→息を吐く→治るってことですね。
何か裏で暗示しているかと思ったけど、このことを言いたかったってことでいいですかね?
であれば少し私的にオシイかな。
息を吐くってことを肉感的に表現していて良かったんですけど、裏テーマがあれば
なおいい詩になったと思います。最後不自然に治るわけだけど、そこらへんに何かあるかなと思った
んだけどなー。

>>497 Dに近いC
題名ないのは詩の半分以上を無駄にしていることだと思う。
どうしても付けられなくて、なくてもいい感じなら無題とでもつけといて下さい。
内容的には「ふっと、さっと」を対置的に使ってるのね。面白かった。ただ何を言いたいか
解かりませんでした。多分あなたの中でもはっきりしてないから題名なかったのでは?


579 :名前はいらない:04/01/19 22:25 ID:f6bhP36b
 「かなしみ」
あの青い空の波の音が聞こえるあたりに 
何かとんでもない落し物を 
僕はしてきてしまったらしい

透明な過去の駅で
遺失物係の前に立ったら
僕は余計に悲しくなってしまった

580 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/19 23:17 ID:k8So9fWG
ひょぇーまた煽られてるyo ここのスレッド来る度に色々言われてんな、、まぁこの輝けるカリスマ性が原因なのかねぇ

むはむは

581 :ごんたろ:04/01/20 00:30 ID:AOHXck6r
「八重歯」
八重歯が好きなんです
八重歯が好きなんです
きみがコンプレックスを持っているその八重歯が
きみが気にして口を閉じて隠そうとするその八重歯が
恥ずかしそうにマフラーを鼻まで巻くきみが好きなんです
それでもこぼれてしまう笑顔が好きなんです

582 :伝説のあぼーん ◆oJv3zBo04s :04/01/20 00:42 ID:ZqAVoYVw
「食物連鎖」

人殺しは悪だ いかなる場合でも
人殺しは罪だ 最も犯してはならない

人が人を殺めることは最大の罪で
人が人を殺めることは起きてはならないこと

命は尊く 尊重され 重視され 
生きることはすばらしく 奪ってはならない権利

と みんな言う 
ステーキを口にしながら 言う

583 :名前はいらない:04/01/20 01:10 ID:AOHXck6r
>>582
なんか普通だなあ

584 :伝説のあぼーん ◆oJv3zBo04s :04/01/20 01:28 ID:ZqAVoYVw
「自衛隊派遣」

電気は通っていて 
水も通っていて
毎日食べて生きてるし
布団の中で朝をむかえる

テレビの向こうの世界はあまりに非現実的で
全く関係のない世界で
関心もないし興味もない どうでもいい世界

でも とりあえず 戦争反対

585 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/20 01:33 ID:EN3yiQPV
[ひとりキャッチボール]

時間が無駄にあるときは
各駅に乗って帰りたい
ゴトンゴトトン君に揺れる

とてつもなく退屈ときは
雲をずっと目で追ってる
消えそうな夕日を照らす君

空虚で夜道を歩くときは
しんとした空気を独り占めする
足元でにゃーと鳴く君

恐くて眠れないときは
楽しいことをたくさん考える
浮かんだのは君かしら

586 :名前はいらない:04/01/20 02:08 ID:IoTMPL5b
溝さん、あんたの詩を読んだことないから技術はどうなのか知らんけどさ
正直あんた解釈力はないと思うぜ。
ものを一面的・断定的に見過ぎだとしょっちゅう思う。
ずいぶん上の方で出てた自分で輝けない月がいい例やん。

まぁそもそも人の書いた詩を、人のことを知らずに評価するのに無理があるわけで。
つまりこのスレに無理があるわけだが。とりあえず一面的な見方はいかんと思う。

明らかに文脈的に矛盾してるもの意外は、技術的な批評だけにした方がいいと思うが。
あとはABCDEで付けりゃいいじゃん。
あるいは詩を投稿する人間が自分で解釈をのせるか。

長文すまそ

587 :名前はいらない:04/01/20 03:01 ID:KRVzSNdc
>>586
>あるいは詩を投稿する人間が自分で解釈をのせるか。

自分も詩を投稿したことがあるので、それも一理ある。
ただ、そこを読み取らせる力と読み取る力の両方が欠けているのが現状だと。
そこを作詩者が解釈を載せて解決するのは個人的にはどうだろうと思う。
作詩者は読み取らせて何ぼ。批評者は読み取って何ぼ。
そういう意味では現状の1詩1評価のスタイルをやめて、誰かが評価を既にしたものでも
どんどん別の人も評価していくべきだと思う。
まぁ投稿数と批評者数の割合が合ってないのも問題なんだけどね。

588 :名前はいらない:04/01/20 03:31 ID:81UzLByw
生まれ変わる世界を

確かめてはひとつずつ消していこう

風の声が途絶えたら

背中合わせの終わりとはじまり

見えない人の上で

見えるだけの鳥を映し出す

消え去った空から

光を見てる

明日が見てる

手が届きそうなところまで来てる

石の眼に火が灯る

もう一度 世界の果てへと帰ろう
そこで再び眼を開けよう
声が途絶えるまで
叫び続けよう

589 :名前はいらない:04/01/20 04:03 ID:kigiSrpS
幸福を下さい

手の平、いっぱいの

幸福を下さい

手の平に乗らないぐらいの
幸福を下さい

手の平からこぼれ落ちた幸福は他の人にあげましょう
幸福を下さい

手の平に恋を乗せてあなたのもとへ届けます


590 :名前はいらない:04/01/20 04:08 ID:RWEkd4pn
しょせん”評価”なんていっても感想の域は出ない。
ここで評価している人間の詩だって、別に素晴らしいってワケじゃあない。
まぁ優れた評価者が優れた創造者でなくても別に不思議じゃないけど。
とりあえずここに来てる人間は全員シロートで、詩のことなんかロクにわかっちゃいない。
当然、俺も含まれるが。
いや、プロと呼ばれる人間でも詩を理解できていると言えるかどうか。
ソレくらい詩ってのは、言葉ってのは曖昧で常に放蕩っているもんで
同じ人間でも気分が違えばがらりと捉え方も変わる。
だからそんなに評価を気にすることはないと思う。

溝氏の、首をひねらざるをえないような解釈の数々は
作者の説明、表現不足も原因としてあるあろうけど
詩の読み方、言葉の捉え方が狭く刹那的だからだと思った。
一連一連、あるいは単語単語で意味を見出し
詩全体を捉えることができていない感じ。

591 :しんしん:04/01/20 04:14 ID:PX7hi4/L
新しいスレッドつくってさぁ〜
次に詩書いた人が必ず評価するっていうスレにしない?
このシステムでやってみようよ

592 :名前はいらない:04/01/20 04:20 ID:RWEkd4pn
>>591
評価しない人間も絶対多いだろうし、
「何でこいつに評価されんだ」って言う人も現れるかと。

とりあえずこのスレで呼びかけたらいいんじゃない?
「詩を投下したら少しでいいんでなるべく他の詩を評価しましょう」って。
まぁ多分やってくれる人少なそうだけど。

593 :しんしん:04/01/20 04:27 ID:PX7hi4/L
投稿する人はみんなコテハンにしてトリップつけても
解決策にならんよね・・・・・
でもさぁ他に投稿する常いっぱいある訳で
そういうルールでやれば案外皆ちゃんと評価するかもよ?

594 :抑揚:04/01/20 06:57 ID:RV8X+tL5
>>505 D;リズムが悪いね。2,3連は、
「みんなが眠りにつくころ/ゆりかごみたいな夜だった」でしっくり。

>>536 E;センス以前に日本語の勉強が必要。まぁセンスも最悪。

>>539 D;文章は普通に読める。けれど詩として足りないもの。
読み手がその詩の内容を考えて自分なりの解釈を見つけるという行為を
完結した文章が否定しているので、面白みが無い。

>>541 D;物事の捉え方のセンスは有るけれど、
文章的にもう少し工夫ができたはず。

>>547-548 E;日本語の勉強と自慰行為を辞める事をオススメする。

>>550 E;日本語の響き・リズムを台無しにしてる悪い見本

>>552 D;だから何?それらしい言葉の羅列が一番良くない。

595 :抑揚:04/01/20 06:57 ID:RV8X+tL5
>>553 D;文章が稚拙なせいで、
3連目からの場面の広がりがイメージできず、消化不良。

>>555 E;キモイ

>>559 D;ダーッっときて、最終行あたりで収束に向かうんだけど、
前半の勢いが後半で打ち消すことができず、中途半端で終わった感がある。

>>565 D;だから何?それらしい言葉の羅列が一番良くない。

>>566 D;6行目が全体の雰囲気を壊してる。

>>569 D;だから何?それらしい言葉の羅列が一番良くない。

596 :抑揚:04/01/20 07:26 ID:RV8X+tL5
>>574 D;テーマが定めきれてない感有り。
あと人称を効果的に使うように心掛けるように

>>575 D;歌詞っぽいな。この詩だけでは意味を成さない。
流れ・構成も良くないし、意味合いが似た言葉が重複してたりして、
読み手の理解を著しく低下させる。メロディに乗れば自然に聞こえる感じ。

>>576 D;テーマも語り掛け方も食傷気味の感有り。

>>577 D;出だしの読み手の惹き付け方は良いんだけど、
あとがグダグダ。言葉が浮いてたり・しっくりきてない部分を
修正する努力を怠ってる感じが否めなーい

>>579 C;もう少し、読み手へ解釈に対するヒントというか
具体的に何を指すかのイメージを与えてもいいかな

>>581 D;これも既出感が否めない。惜しい感じはする。
もう少しコンプレックスだってのを強く表現しないと「好きなんです」が
弱く聞こえてしまうのだよチミ。

597 :抑揚:04/01/20 07:26 ID:RV8X+tL5
>>582 D;ちょっと思いつきで書いたのかなって思ってしまう。
全体が練り切れてないし、オチが弱くて消化不良

>>584 D;言葉に感情が込め切れてない。
なんか上辺の言葉に上辺の考え。

>>585 C;2連目の「君」はなんなんだろう。
ええね、さすがやと思う。タイトルも巧いし。

>>588 D;リアリティが欠如している。

>>589 D;手の平という器が、
普段人間が生きてるうちに感じる幸福の量に対して、
大きいのか小さいのか。その基準を明確にしないと
意味を成さないと思うが。
最後の連も付け足した感じで、良くない。

598 :名前はいらない:04/01/20 07:50 ID:PFkSDvov
「糞スレ立てんな」

よお、ポエム好きのくずども

おまえらポエム読んでておもろい?
おれはすごくむかついてくる= きさまらに対してもむかつく。

本当に低脳引きこもりキモヲタ童貞(処女)ばっかりだな、
ポエム好きってのは

DQNは詩ねって感じ


599 :魑魅魍魎:04/01/20 10:33 ID:/qOv0GB/
おまえ達に詩を評価するぐらいの価値があるのか・・・人間としての価値・・・
そのまえに人の書いた詩を評価するやつは生きてる価値ないんじゃないの?
死んでくれ・・・おまえ達の評価は参考にならん

600 :魑魅魍魎:04/01/20 10:34 ID:/qOv0GB/
おまえ達に詩を評価するぐらいの価値があるのか・・・人間としての価値・・・
そのまえに人の書いた詩を評価するやつは生きてる価値ないんじゃないの?
死んでくれ・・・おまえ達の評価は参考にならん

601 :魑魅魍魎:04/01/20 10:35 ID:/qOv0GB/
おまえ達に詩を評価するぐらいの価値があるのか・・・人間としての価値・・・
そのまえに人の書いた詩を評価するやつは生きてる価値ないんじゃないの?
死んでくれ・・・おまえ達の評価は参考にならん

602 :魑魅魍魎:04/01/20 10:36 ID:/qOv0GB/
おまえ達に詩を評価するぐらいの価値があるのか・・・人間としての価値・・・
そのまえに人の書いた詩を評価するやつは生きてる価値ないんじゃないの?
死んでくれ・・・おまえ達の評価は参考にならん

603 :名前はいらない:04/01/20 11:55 ID:ahcXOWYz
↑つまりこーゆーこと?

女教師Sが生物の時間こんな質問をした

「ある条件下で6倍にも膨張する人体の器官を条件、箇所と答えて下さい」

当てられた女生徒Aは顔を真っ赤にして

「そ、そんなの答えられません…先生ひどいっ!いやらしいっ…」

しかし女教師Sは何食わぬ顔で同じ質問を女生徒Bにした

女生徒Bはさらっと

「瞳孔です。明るさ暗闇に反応します。」

そして女教師Sは女生徒Aにこう言った

「授業は真面目に受けて下さい」

「いやらしいのはあなたです」

「そのうちガッカリすることになるでしょう…」

604 :586:04/01/20 12:24 ID:LsXoqAS2
>>587
1詩1評価に問題があるのは禿同
俺は、他人の詩を評価してみたいと思ってる人はけっこう多いと思うんだが。
でも一つ評価したら他のもやらなきゃいけないような気になるし、
さすがにいっぱい評価するのは面倒だからしないんだろうなぁ多分。
だからしんしんさんが言うように、ルール加えてスレ立てるのもいいと思う。
例えば、「投稿するときは自分より前の3つの詩に評価をしよう」とか。
自分は評価なんかできる人間じゃないっていう人も多いだろうから、感想レベルでいいんだろうけど。


605 :名前はいらない:04/01/20 12:32 ID:vbVVtrpG
>>599-620

おまえにここの評価の評価をする資格があるのか?
おまえもここの評価に対してしっかり評価や感想を罵りながら悪態ついているではないか。-死ね-その言葉はおまえ、空に向かって唾をはいたようなもんだ。

606 : :04/01/20 12:34 ID:iRS3Q6Iw
、ぐちゅぐちゅ、

 体 体 体 体 ぶしゅぶしゅ

 なかから何かがモゾモゾモゾ

 なんだろう食いたいな食いたいな

 でも痛いってゆうんだろう

 でも食いたいな 食いたいな

 わからないからさ、形でしか見えないからさ

 食べるね 、触るね 潰すね

 ぐゅじゅ ぐしゅぐしゅ 

 にゅるにゅるにゅる 

 もうやめて やめないよ

 つぎはまん丸のまん丸のそれ食べる

 あれ あれ あれ なんにもないよ

607 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/20 15:52 ID:s+W5BxBZ
以前に投稿したものが評価終わってないのに次々だしたり
評価低かったらうだうだ文句だけ言ったり。
自分の才能・努力なしを数でカバーするなら評価スレじゃなくてもいいし
評価低いのを文句だけ言ってなんかやった気になる人はこのスレくる意味ないし。
こういうなのが2,3人とかだったらやりとりもできるんだろうけど
けっこうこんな人ばっかりだから、そら破綻するよ

評価者も、評価もれをなくしたい人はそのようにして
全部するのはマンドクセの人は気にいったのだけしたらいいんじゃない
スルーが嫌だの人もいると思うけど
A〜B対象の作品は心配しなくてもレスつくよ
それめざすくらいの気持ちでだしてほしいね

608 :しんしん:04/01/20 16:02 ID:9KdewsYs
>>快楽
それだったら一作品一評価という
暗黙の了解みたいなものを無くした方がよくねえ?

609 :名前はいらない:04/01/20 16:09 ID:+PBo/oca
パンプキンパイ


俺は殺し屋 これから人を殺しにいく
特に理由はない 生きるために必要なことさ
俺は殺し屋 素敵な家に住んでる
誰も俺が殺し屋だと気づかないが 俺は殺し屋さ

彼女が俺にパイを焼いてる

俺はパンプキンパイが嫌いだ
それだけが気がかりなんだ
俺はパンプキンパイが嫌いだ
それだけが気がかりなんだ
俺はパンプキンパイが嫌いだ

俺は殺し屋 これから人を殺しにいく
特に理由はない 生きるために必要なことさ
俺は殺し屋 素敵な家に住んでる
血を見るのが好きなわけじゃないが 俺は殺し屋さ

610 :名前はいらない:04/01/20 16:22 ID:RWEkd4pn
階段を一つ飛ばしで上る人がいる。
僕は何だか勿体無い気がして一段一段踏みしめる。

全部心に留めておくことができればなぁ。
そう言うと君は優しく笑ってこう言った。

留めて置けないものが多いから 大事なものを探すのよ。

僕は僕の息苦しさの理由を知った。
詰め込みすぎてホントに必要なものが見つからない。
今となっては何が必要だったかもわからない。

階段を一つ飛ばしで上る人がいる。
僕はやっぱり一段一段慎重に上っていく。

全部留めたいからじゃない。

大事な何かを逃さぬように。

611 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/20 16:30 ID:s+W5BxBZ
>しんしん
ん?そんな暗黙の了解あったの?
評価中に別の評価がかぶることがあって
「うわっ」ってなことはあったけど
別に一作品何評価でもいいんじゃない?
俺はそれでいいと思うよ(快∀楽)

612 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/20 16:41 ID:s+W5BxBZ
で、例えばやけど、特Aみたいなすんばらしい作品があったとして
やっぱそれに評価が集中することがあると思う。
それはしょうがないし、それを妬んでも
「じゃあオマエもいい作品だしたら?」ですむし
まあ、集中しすぎで他のいい作品みのがすことは避けたいけれど
そこは評価者の眼力を信ずるとして。

投稿者も催促していいと思うけど
今までそんなのってたいていD以下しかもらってないから、
そうなってもうらみっこなしというかんじで

はっきりいってここ見てる人はイイ!作品をみたいだけじゃない?
別に誰が何評価だろうと・・・(快ω楽) 
まあ、参加してる人は別だろうけど

613 :名前はいらない:04/01/20 17:35 ID:c3bMb5Rv
D、Eならスルーするってのはどうですか。

614 :容量少な目 ◆/4.7OGB.Lw :04/01/20 17:46 ID:Cs/8NvmN
詩を出してもいいのでしょうか・・・?
なんていうか、流れ的に・・・

615 :名前はいらない:04/01/20 17:57 ID:+PBo/oca
>>613

Eはスルーでいいんじゃない?
どうせ「センスなし」としかかれないし。
Dは微妙。

616 :名前はいらない:04/01/20 18:01 ID:r4SJG7Fv
>>607
A〜B目指して書いて投稿→スルー→ムカっ→荒らし
が増えると思うよ
自分の書いたものはなかなか客観的にみれない人も多いからね
それならまだ悪いとこ指摘してあげた方がいい
その時に大切なのは評価側も謙虚な姿勢を持つことだよね
あと、やっぱり、一つの作品に複数の評価がつくことが大事だと思う
誰でも偏った見方してしまうものだからさ

617 :抑揚:04/01/20 18:05 ID:RV8X+tL5
うるせぇ、ボケ共
他所でやれ他所で、ここはこのルールなんだよ
違うルールが欲しいなら他所へどうぞ。
荒らしも提案厨も心底ウザイ

618 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/20 18:21 ID:UAAU+UPg
>>597
えーと、2連目の「君」は雲のことです。
今言い換え表現を研究中です(´∀`*)

619 :名前はいらない:04/01/20 18:22 ID:r4SJG7Fv
>>617
そもそもルールが曖昧なんだから改定するのはいいんじゃね
提案してるヤシは5段階+αにのっとってこのスレをよくしたいと思ってるんだろ
漏れに言わせりや詩を評価すること自体意味ないがw


620 :容量少な目 ◆/4.7OGB.Lw :04/01/20 18:35 ID:Cs/8NvmN
なんか雰囲気がアレですけど詩を置いていきますね・・・?

621 :容量少な目 ◆/4.7OGB.Lw :04/01/20 18:39 ID:Cs/8NvmN


おぼろ月の朝に置き去りにした

あなたへの古い手紙を

風のポストに出しました


青い空に黙ったままの月は

今日もかすかに白が滲んで

どこか寂しげな表情をしています


しまい忘れた万年筆と便箋が

ゆっくりと風に乗って空高く昇っていきます

もしかしたら月も手紙を書くのかもしれません

小さな星に手紙を出すのかもしれません


何億光年も離れた想いは

郵便屋さんには運べないから

流れ星に持っていってもらうのでしょう



622 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/20 18:45 ID:+m0PAG0g
>>617
>Aランクを目指して詩を書き込もう。
>評価者も自由参加OK。

>A:プロ並み。出版社にもってけ。
>B:言葉の狩人。
>C:光るモノを感じる。
>D:素人。
>E:まずは日本語の勉強を。

これしかないからね〜ルールらしきもんは
別に全作品無理に評価しなくていいし(してもいいし)
低評価もいたしかたないし
で、今スルーとか低評価荒らしとか一作品一評価とかで
ややもめになってるしね
まあ、>>1を見る限りは揉める方がおかしいって感じなんやろうけど


623 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/20 18:45 ID:gFfB6q4F
>>532
そっちこそ消えろ。
一発で偽者って分かるし。
>>ウゼえんだよ、消えろカス
プププッ ( ´,_ゝ`)プッ
そっちこそ厨房の癖に・・・
どんな叩きをされたか今から読みます

624 ::04/01/20 18:47 ID:i5ATmNVh
明日

625 :名前はいらない:04/01/20 18:51 ID:fDSoEx70
風の中に足音響くラバーソール お前の肩越しに遠ざかる夢を見ていた
帰らぬ日々 めぐる季節の中 お前と歩いた道

地下室へ向かう階段の壁に 背中丸め交わしたKISS
ギター抱え電車に乗り込む 長い髪に君が触れた

ライブハウスの闇の向こう側に
隠れたお前に届くように 聞こえるように 歌い続けた

夢は今も そのまま胸にいて 夕暮れの街角で切ない心を突き刺す
すばらしい日々 あの日のすてきな夜空 もう一度キスしてほしい

髪を切って 背広に着替える 俺を見つめ 泣いていたね
かなうはずの無い俺の夢を 支えるため 生きていたね

さよならがいつか訪れるなんて
思いもしないではしゃいでいた 傷つけていた 若さのまま

走り出した後ろ姿の影に もう二度と戻らない 青春の光と影
Don’t Stop Believin’ お前の最後の言葉 バラとワインの日々よ

あの曲と同じ “M”という
俺のイニシャルにいつも怯えていたね 震えていたね 別れの時を

夢は今も そのまま胸にいて 夕暮れの街角で切ない心を突き刺す
すばらしい日々 あの日のすてきな夜空 もう一度キスしてほしい

風の中に足音響くラバーソール お前の肩越しに遠ざかる夢を見ていた
帰らぬ日々 めぐる季節の中 お前と歩いた道

2002 G.C.M Entertainments

626 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/20 18:52 ID:+m0PAG0g
>>623
そういうのは逆にスルーしとこうぜ〜い

627 :抑揚:04/01/20 18:57 ID:RV8X+tL5
>>618
って事は「夕日を照らす君」ってのは、
夕日の赤みが雲に映えてるって事でいいの?
夕日を照らすって言い回しが詩的なのか、
書き損じなのかわからなかったYO

628 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/20 19:06 ID:gFfB6q4F
「夜桜」
夜風に乗って流れてく
花びらのひとつひとつ
咲いているときは一弁も欠けたら綺麗じゃないのに
散る時は皆ばらばら
いくら花弁同士が仲良くても
夜風と言う名の運命には 強い絆も 全く歯が立たない
さくらの樹のように 太く 力強く
どこまでも根を張って 深くまでもぐりこんで
根っこ同士が結びついた樹だけが
どんな運命にも
逆らうことが出来る・・・

花弁→樹へ精一杯移行したつもりです。
評価を下さる方は、どのように移行するのがよいか教えてください。

629 :名前はいらない:04/01/20 19:09 ID:OwbL9WTI
>>621
幻想的なかんじですね。小さい子向けで夢があります。
ただ、言葉を選ぶのと漢字変換に気をつけてもらいたい部分があります。
「置き去り」や「何億光年」など、もう少し言葉の対象年齢を下げて書けば、
より幻想的になり、まとまり良くなると思います。

630 :抑揚:04/01/20 19:12 ID:RV8X+tL5
ムキィー!!!

>>616,619
> 評価側も謙虚な姿勢を持つこと
 なんだそれ?
> 一つの作品に複数の評価がつくことが大事
 じゃぁオマエが付けろ。って話だろ
> ルールが曖昧なんだから改定するのはいい
 曖昧なんじゃなくて、曖昧にしてあるんじゃねーの?
> 漏れに言わせりや詩を評価すること自体意味ない
 じゃぁ、でしゃばるな。

631 :容量少な目 ◆/4.7OGB.Lw :04/01/20 19:13 ID:Cs/8NvmN
>>629さん

評価ありがとうございます。
そうですね。
メルヘン的な詩ですのでもう少し考慮すべきでした。
ありがとうございます。

立てつつけに出してもいいのでしょうか?
こちらもお願いします。

632 :容量少な目 ◆/4.7OGB.Lw :04/01/20 19:16 ID:Cs/8NvmN



ちきゅうにおっこったおほしさまは

ちいさくなってよるをまっています

やっぱりよるのあいだしかみえないけれど

おそらにいたときよりもあかるくって

いろんないろがあって

いろんなかたちがあって

よるがまちどおしくなります

きょうもきれいなおほしさまが

まちいっぱいにひろがるんだとおもいます




633 :抑揚:04/01/20 19:32 ID:RV8X+tL5
>>598 D;ネタとしての面白味もイマイチだな。
ツッコミ入れて欲しかったんだろうけど、ボケが弱い。

>>599-602 D;連投にしては同じ文章に見える。
ちなみに5段階で評価するスレなのでご了承願いたいな

>>606 D;これも食傷気味な表現方法

>>609 D;マイスィートハニーと同等の言葉に、
マイパンプキンパイってあるのを考慮すると、
彼女のことが嫌いとも取れるんだがどうなんだろう。

>>610 D;言いたいことはおぼろげにでも伝わってくるが、
階段一段一段を心に留めておく理由に触れてない。
後半も階段と大事何かを逃さないというリンクが上手く張れていない。

>>621 D;字面がいいのにリズムが意識されてなく、
読みにくかったりイメージし難かったりするので
そのへん意識して書くともちっとマシになるよ

>>625 D;歌詞っぽいなぁ。別に歌詞がイケナイというわけでなく、
歌詞っぽいってのはそれ単体ではあまり魅力的ではないってことで。
メロディーやオケに載ったら良い感じには聞こえると思う。

>>628 D;移行がスムーズじゃなくて、急に対象が変更された感じ、
説明がなかったら、対象を定めきれず書いたと読んだと思う。

>>632 D;純粋な感じは良く出てる。
絵本の一部、もしくは幼稚園〜小学校低学年の子が書いた
物語に近い。故にその奥に訴えたいことがあるのかどうかが不明瞭。

634 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/20 19:33 ID:UAAU+UPg
>>627
>って事は「夕日を照らす君」ってのは、
>夕日の赤みが雲に映えてるって事でいいの?
そゆことです。

>夕日を照らすって言い回しが詩的なのか、
>書き損じなのかわからなかったYO
書き損じじゃあないんですけど伝わりにくかったんだろうことはわかりました。
次は気を付けます。

635 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/20 19:40 ID:wT7mWx89
なんかすごい伸びてんなぁ〜 詩板にしては凄い方じゃないんか?知らんけどな〜

636 :容量少な目 ◆/4.7OGB.Lw :04/01/20 19:41 ID:Cs/8NvmN
>>633 抑揚さん

>>632は絵本を意識して描いたものです。
子供っぽい感じで描いてみようかと。
評価ありがとうございます。

では、もう1つだけ。

637 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/20 19:42 ID:wT7mWx89
なにを今更って感じだが作品評価の9割がD&Eだ罠 酷いスレッドやねホンマ ニダニダ

638 :容量少な目 ◆/4.7OGB.Lw :04/01/20 19:42 ID:Cs/8NvmN



昔見た絵本の中に閉じこめられた少女

朝には黒く
夜には白く
異国の音楽が聞こえる空気を集めて
変わっていく少女

草原を走り
夕闇の中に見た朝日を浴びて
空へと落ちていく少女

どこか遠く
はるか遠く
いつの時代にもあった絵本
少女はいつも
そこにいる




639 :奈々子:04/01/20 20:00 ID:C2R1Gs5m
[love song]
ねぇ どうして辛く悲しい唄には
想いを重ねては涙を流すのに 
ねぇ どうして幸せ溢れる唄に
涙を流すことしないのだろう

誰も皆 幸せを願ってやまなくて 掴みたいのに

悲しい唄をまた誰かが歌う度に
この空さえもほら 泣き出した

ねぇ 誰もに愛されてるモノたちが
この世界の心 表しているのなら
ねぇ 悲しい唄が愛されてる時代(イマ)
世界中のヒトが 悲しんでいる

誰も皆 それでも幸せになること諦めてない

幸せな唄がこの空の下で
口ずさまれる様に…

幸せを幸せと感じられる心が
そう きっとその悲しみを癒すよね

幸せな唄がこの空の下で
愛されてる日々がくる様に
****************************************************************************************
よく、みんなが“共感した!!”っていう詞って、割と暗い曲とか辛い曲とかだったりしませんか?
自分の辛さには敏感で、それをわかる言葉には反応するのに、人間って幸せにはすごく鈍感だと思うんですo
みんなが気付いてないだけで、幸せだってたくさんあるはずo
そして、ホントは幸せな唄に“共感した!!”って思える方が、キレイゴトなのかもしれないけど、
すごくシアワセな世界な気がして・・・ どうか、評価お願いしますm(_ _)m

640 :名前はいらない:04/01/20 21:08 ID:hus7rGcw
幸せの陰

財布拾った
いつもは素ラーメン 今日は味噌ラーメン
200円分の幸せ 落とした不幸

小石につまづいた
遠くに蹴り捨てた 遠くに飛んでった
ムシャクシャする もう誰も転ばない

告白された
戸惑いながらも断った すごい泣かれた
なんか超ブルー あの子もっとブルー

風が吹いた
女子高生のパンチラゲット カツラも飛んだ
どっちもネタになる どっちも隠すもの

今日の幸せと隣の不幸せ
耳をふさいでも見える影
空を見上げながらまっすぐ歩けない僕

641 :名前はいらない:04/01/20 21:13 ID:3zbL3GmN
寒い朝

滑る路を

黙々と

642 ::04/01/20 21:27 ID:Xh9ibhay
む、俺の読解力の足りないせいでなんか議論されとるな。
評価されたくて投稿したのにスルーされてる作者たちがかわいそうだったんでな。
やっぱり詩を浅く広く読むのには無理があるよなー。猛省です。


643 :ごんたろ:04/01/20 21:40 ID:AOHXck6r
静かな夜のベランダで
どっかで聞こえる花火の音が
僕を過去へとおしもどす

遠くの空がうっすら白い
通り過ぎた場所なのか
向かっている場所なのか
ふりむいたら
二年目の夏
やっぱり俺はひとり
いったい何をしてたんだろう
星をかくして
雲はながれてく
君はどこにいるだろう

644 :555:04/01/21 00:09 ID:KkHM0Lvd
明暗・・・ここでは上と下。すがるように願った。
残念ながら、暗がりに花壇。溶け込んでく。
俺からもはたからも評価はまさに「狂・犬・病」
もぉしかすると、納豆は悪魔の食べ物かもしれないぜ。
PLAY! Bye… after?待ってた、長い橋。再会。夜。
とりあえず、電灯だって壁のようなもん。
すぐ!また夜、ガラス張りのトラック。
逆さ文字で「I LOVE YOU」・・・いくつまで・・・?。
どのみち納豆、また今日も。
今は?知らない奴が持ってた手紙。
(奇跡的だ!)(信じられない!)おーおー学者達。
俺にとっちゃ別のパターン「麻の服を着ています。」
頭越しの顔と外れた仮面、声、なみだ・・・?
生きてる花が好きなんて、そんなの奇跡かまやかしさ。
締め付ける、暗がりに花壇。思い出と同じぐらい現実。
さよならはあの時。納豆は変わんない。

645 :G.C.M:04/01/21 01:10 ID:D0knyTTi
初めて書き込みします。
末尾にG.C.M Entertainmentsとあるのは私の詞です。
抑揚さんがご指摘下さってる通り、
私のやっておりますGiant Crazy Mandrillというバンドの歌詞です。

歌詞という制約があるので、こういった形で出すのには
ふさわしくないと思いますが、
批評してくださった、溝さん、抑揚さん、ありがとうございました。
今後の創作活動に活かしていきたいと思います。

また、機会があれば歌詞じゃなく詩を投稿してみたいと思います。
そのときはまた、よろしくお願いいたします。

646 :名前はいらない:04/01/21 01:10 ID:DMHV/Dhs
「オリオン座」

雨上がりの湿った夜の町を歩く
濡れた道を歩く音は僕だけのもの
静寂に包まれた細道には街灯もなく
空に浮かぶ満月が否応無しに目に入る

午前3時過ぎの町には何もない
魚のような視線も蝙蝠のような笑い声も
ここにあるのは僕の音だけで
それ以外は夜に隠れているから嬉しい

月が見える 歩道橋の上から
ここでしか見えない 月が見える
そんな事で笑う僕は間違っているかい?

遠くから聞こえてくるのは飼い犬の咆哮
僕の横を過ぎるのは救急車のサイレン
嫌な物がたゆたう夜の町で
僕はそっと笑いながら歩く

そして僕は気づく
雲のない空は大きな鏡で
オリオン座は映された僕だという事に

夜が明ける 空の色が変わる
この夜が終わらなければいい
そう思う僕は間違っているかい?

647 :◆tr.t4dJfuU :04/01/21 01:37 ID:UmZFm+Kq
>薬子さん
久しぶりです。
ぼくはあなたの詩が好きだ。前スレのサラダの詩とかとくに。あなたの文章は風変わりだけど、それだけとても鮮烈で、くる奴にはグサッときているはずだ。だからあなたのスタイルは変えないでくださいね。
よろしくね。俺はあんたの感想つけているときが一番充実してワクワクしていたんだから。

648 :名前はいらない:04/01/21 03:59 ID:GFLtackE
>>579は谷川俊太郎「かなしみ」

649 :名前はいらない:04/01/21 05:34 ID:SIWhLpgo
当たり前みたいに響き渡る鼓動
誰かが眠りにつく前に
どこか遠くへ行かなくちゃ
もっと近くへ行かなくちゃ

650 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/21 08:58 ID:UI7nFNkU
半角で動画を収集してても 新作のAAを確認してても
詩板の住民は馬鹿が多くて困っちゃうよ〜 いぇいいぇいぇい

なんだかんだで基本を無視した うんこ作品を貶しまくって
ここまでやってきたー A評価作品は全然皆無で

評価人のランク付け可也厳し杉なのにはどうにかならんの? 
ホント馬鹿ばかり ニダニダ ホンマ馬鹿ばかり ニダニダ


固定限定の評価ばかりで くだらない糞作品ばかりで
馴れ合い重視の傾向多くて参っちゃうよ〜 うぉううぉううぉう

なんだかんだでキムチと言われて 前々スレから煽られまくって
ここまでやってきたー まともな香具師全然皆無で

カス作品煽ると抵抗してくる香具師はどうにかならないの?
ホントアホばかり ニダニダ ホンマアホばかり ニダニダ



これE-D評価付けたらヌッコロス

651 ::04/01/21 09:28 ID:3NyOAc/L
>650
「どうにかならんの?」と「どうにかならないの?」は統一した方がいいとおもう
「うんこ作品を」の{を」、「半角で動画を」の「を」、「新作のAAを」の「を」etc.は
歌う時に「ランク付け○」「傾向○多くて」「カス作品○煽ると」も「を」つけ
ないとなんか変〜変〜
「厳し杉なのには」の「なのには」って意味わからないし

これをライブでやったらビートルズの前座のドリフターズになりますね
評価  E (推敲推奨)




652 :抑揚:04/01/21 15:12 ID:EhfaShl+
>>638 D;上辺の言葉はキレイに整理されているが、
それを読んだところでなんの感情も生まれない。

>>639 E;あーもぅ、リア厨丸出し警報。
日本語の使い方からスタディナゥ!

>>640 D;構成・流れは良いけれど、
コミカルな例えが効果的に表現できていない。

>>641 C;慎重かつペースを崩さず歩く情景は浮かぶものの、
もうひとひねり欲しかった。表現はシンプルだが巧い。

>>643 D;「俺」と「僕」の使い分けが不明瞭

>>644 D;なんか、失敗作を投稿したのかってくらい
完成度が低い。その形式を読ますなら勢いは必須。

>>646 D;全体の雰囲気は伝わってくるけれど、
節の端々に「?」が浮かぶ。自分にとってリアルな言葉と、
読み手にとってのリアルな言葉が違うことを意識して欲しい。

>>649 D;一行目と二行目の連なりが変。

653 :もぐ:04/01/21 16:18 ID:I5oz03Xl
"無題"

僕はいつから、夢の中を歩いていたのだろう。
それは本当に望むことではないはずなのに。
それはわかっていたはずなのに。

自分が自分でないと思っていても、それが今の自分だったのだ。
今度こそ、消さねばならない。

僕は還ろう。
僕の生まれた場所へ。

654 :609:04/01/21 16:40 ID:QnN62WZ7
>>633

これから人を殺しに行くやつが嫌いな食べ物のことで悩んでる様を書いたんだけど。
彼女のことが嫌いってのはフカヨミだね。

Dかぁ・・・まあ、テーマはパクリ気味だからな・・・

655 :抑揚:04/01/21 16:47 ID:EhfaShl+
>>654
評価が低いのは不要な繰り返しが多いからです。

656 :名前はいらない:04/01/21 16:55 ID:s3XppDDb
クリーム色の壁に手をついて
夢から覚めた身体を起こす
動き始めた身体に
夢の感触がまだ残っているうちに

柔らかな肌に
少し鋭い風を集めて
赤色のスリッパを脱ぎ捨てて
窓の外へと飛び出した

飛べると思った

さあっと風が髪を撫でる
その感触を楽しむまもなく
少女はすとんと落ちていった
蒼い草原へと

つるり
背中が滑って着地失敗
痛みに涙目になりながら
振り向いた先には青色のイルカ

「お嬢さん、一緒に眠りませんか?」

真っ青なイルカと一緒に
ぷかぷかと浮かびながら
少女は青い夢を見た

657 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/21 17:55 ID:UI7nFNkU
>>651
別に変じゃないだろ〜が個人的見地で評価すなチビ つーか即レスかぃなアンタ 有難いやらなんやら・・・
「なのには」って別にそこ突っ込む箇所ちゃうやろーが 何処の国の香具師やねん貴様は!!余計な首突っ込むな低級

658 :名前はいらない:04/01/21 17:57 ID:ORyLpyWs
途切れた雲の
隙間から差し込む
光の糸にぶら下がって
貴方のもとを去ります

自由に浮かぶ
雲に乗り込んで
静かに眠りながら
貴方のもとを去ります

そして私は星になります
今はまだ名前さえないけれど
いつか貴方に光届けます

空を見上げれば見えるでしょう
今はまだこんなに小さいけれど
いつか貴方の夢を叶えます

659 :名前はいらない:04/01/21 18:01 ID:56D7/oM/
あの日々思う 何故問う 自問自答
朝日上り 東 眺め 育つった街 愛国 街詩 
昼下がり 東 眺め 若かりし街 思い出 会詩
夕日沈み 東 眺め 悟 街   流れ道 懐詩

今は、皆 飛び立っただろう、飛べない自分の心 紙飛行機 託し
飛ばすー、
情け容赦ない、鬱の波 波に飲まれし 陸鬱サーファー 
どーこーへ行くのか? 我飛行機、とーくまで飛んでくれ!トークも序に飛んでくれ

満身創痍のこの体、 鬱の波 波乗れし 不安定サーファー
安定もしてねぇー、不安定でもねぇー、強がり 独りよがりな  黄金の島 一人の話

待ちくたびれ 落ちぶれ 寂れ、 ビックウェーブ 待ち月日3年 死ぬか生きるかロシアンサーファー
乗ってくれ、飛んでくれ、届いてくれ、 0に戻る 赤子眠る 瞳



660 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/21 18:03 ID:UI7nFNkU
おーこんな短時間で2作品か。前々スレ当たりじゃ全く考えられんかったがなぁ〜 今では評価しとる暇人の腕が良いんかね。うんうん

661 :しんしん:04/01/21 18:11 ID:oZZ+9UUO
>>660
キムチはどうせ真面目に評価しない訳だから
もっとネタを練って書き込みしる

662 ::04/01/21 18:15 ID:LUKkWfqj
>>657
悪意の塊の超低級な糞詞には低級な評価しかつかないんだよ
つーかもうちょっとでもマトモなの出せないのかねアンタ
曲りなりにも評価してるんだったらさ
この超低級デカが

663 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/21 18:34 ID:UI7nFNkU
ひぇー2連続で違う香具師&違う事で煽られてるよ〜 かなりすっげーな俺アヒャヒャ

つーか俺個人に対するレスなら構わんけどさ、是からはキムチは止めとけや

664 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/21 18:37 ID:UI7nFNkU
あらら?自分で低級な評価と認めちゃってるよ・・・・。煽りになってね−な。まぁ詩板の生物もこの程度・・・。

いぇーい評価も何もしてねーのに4レス(?)も使っちまったぜ!!!ちょいとこれはアカンなぁ 自粛自粛・・・

665 :しんしん:04/01/21 18:55 ID:oZZ+9UUO
う〜ん、煽ってるつもりはないが、、、、、、

666 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/21 18:59 ID:IXtwq6Ag
どうもです。
まあこのあいだはEだったので、一段階高い評価をもらえたことに感謝いたしております。
しかし一日でこんなにレスがつくとは驚きです。


667 ::04/01/21 19:15 ID:bzXvJwWr
>>664
元々煽りのつもりで書いたんじゃないけど。。。。
稚拙でもまじめに書いてる人達の詩を評価するスレなのだから
人間性まで傷つけなくてもいいとおもうんだよ
そういう意味でやっぱり>>650は最低だとおもうんだ
「超低級デカ」って書いたことはわるかった
謝ります

668 :609:04/01/21 19:22 ID:QnN62WZ7
>>655
なるほど。くどいってことかな。

どうもありがとさん。

669 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/21 19:22 ID:UI7nFNkU
>>667

「悪意の塊の超低級な糞詞には低級な評価しかつかないんだよ」 &「この超低級デカが」

が、

煽りじゃないんかい!!! 詩板にはこんな馬鹿しかおらんのかぃ 第一なんなんじゃ貴様は何処の国の人間よ?
前には「なのには」が理解できんとか言っとるが…。随分日本語不自由してるねチミ?必要ねー消えろやチビ


ちっ666狙ってたのに取られちまったぜ・・・。今回のレスで5レス目、俺が10人いると50レス。。。

670 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/21 19:28 ID:IXtwq6Ag

流れる星に
願いをこめて
濡れた地面の
水溜り
あなたのもとへと
祈りを運ぶ流星は
水溜りに映り
今にも消えそうです


671 :◇PhxXOOBGGU :04/01/21 19:29 ID:IXtwq6Ag
てすと

672 :名前はいらない:04/01/21 19:31 ID:QnN62WZ7
>>656
C

鮮明に風景が浮かびます。
俺はこういうの好きです。
五感に訴える感じがいい。
絵本を読んでる感覚。

いきなりイルカが出てきてびっくり。
あと、色をもっと隠喩的に出したらもっといいかも。

673 :名前はいらない:04/01/21 20:15 ID:YtAc0dRt
追いかけられる夢

嫌われるのが嫌な俺は誰にでもいい顔をする。
貞子のようだ髪がぼさぼさな白いワンピースを着た女が年齢不詳の
大学生か高校生な俺が俺は貞子と付き合ったいるみたいだ
多分に可愛いとか愛してるなど言ったはずだけど口からでまかせで
そしたら何もそれはどうでもいいとして
俺は田舎に帰った昔住んでいた田舎だし田舎だ
小学校の時にの帰り道をたどって自分の家の前の道の家道まで
歩いた
そこは道だったけれど道路になっていた道なのだ
振り向くと俺は好きだったな女に会うに行くようまた歩いたら振り返って
貞子がいて驚いたら精神科の先生に貞子が描いた絵を見せたけど
思い出したはじめた
一枚目の絵の絵はなにかの木の絵かふつうの絵か忘れたけどそんな絵
これは誰でもこんな絵かきますって先生は言った言っていたけど二枚目
の絵はたくさんでたくさんの手が手の絵が血だらけなんだけどブツ切りにされた
離れ離れの手がたくさんたくさん書いてありましたあります
これは危険でした先生は言った
それ思い出した貞子見た思って恐くなって恐くなったから逃げたら追いかけてきたから
恐くなって走ったら貞子も走ってきたすごい走ったのに貞子も走ったらすごい追いつかれて
なにか右手と右手に持ったナイフかハサミかハサミのような包丁が右手にあったから
刺されたけど刺されてないから走った貞子はどうしてどうして好きは嘘だったのか
嘘じゃなかったら刺されたい嫌い好きだから刺す殺していいよ刺すどうしてどうして
喋らないけど黙りながら叫んできたらすごい恐くて走ったけど後ろにずっといて
振り返ったら車に轢かれたつぶれて横断できなかったから頭痛かった
もう俺死んだのに動けたから貞子がはさみでグサぐさ刺したけど肉が飛び散った落ちた
ああ背骨を返して返してください抜かないで好きだから背中をあけないでください

674 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/21 20:17 ID:glD8dstP
>>647
お久しぶりです。北さん。
了解しました。有り難いお言葉で(´∀`*)
スタイル変えずに前進していく気持ちで投稿していきたいと思います。

675 :名前はいらない:04/01/21 20:33 ID:XbsjDQy7
>> ◆PhxXOOBGGU
コイツのくだらない独り言及び
評価を読みたくないので
透明あぼ〜んに設定しますた。


676 :名前はいらない:04/01/21 20:43 ID:c1JhD7DK
>>675
で?

677 :名前はいらない:04/01/21 20:48 ID:qZlR4x2D
評価じゃなくて、感想とかじゃだめですか?
あまり難しいことはわからないから。



678 :名前はいらない:04/01/21 21:13 ID:UYtZOB8Y
>>677
ここで評価してる人のほとんどが難しいことなんかわかってないと思われ。
それに難しいことがわかってる=他人の詩を理解できる というわけでもないと思われ。
ここでいう評価ってのはシステマティックに感想を述べている程度のものだよ。
好き嫌いの数値化とでもいうか。
だから評価するならするでいいんじゃない?感想だけの方が表現しやすいってならそれでいいと思うし。

679 :◆tr.t4dJfuU :04/01/21 21:19 ID:UmZFm+Kq



(*^_^*)ニコニコ
ニコニコ ニコニコ

680 :名前はいらない:04/01/21 22:20 ID:/iJPvuMu
太陽はキラキラ
私の心ははずんで
どこかに行きそうよ
虹からやってきたのは
綿菓子みたいにやわらかい
甘い甘い
恋心でした

坂道を転げ落ちるみたいに
好きな気持ちは高まるよ
道端の石ころだって
今のわたしには
宝石に見えちゃうの

指に止まってよ蝶々さん
あなたに優しいきすしたら
アイツになったりしないよね
あァ
せめてこの風が
わたしの心を運んでって
あなたに届いてくれればな

681 :名前はいらない:04/01/21 22:22 ID:UYtZOB8Y
途中で読む気がなくなるような詩が多いね。というか全部か。
もうちょっと読み手を引き込む努力が欲しい。

682 :名前はいらない:04/01/21 22:39 ID:e0IPqcVx
「Karma」

満ち欠け 青空 白雲に身を預けて
遥かな海の底に届けよ 浮き雲

廻る光と陰の中 霞んだ言葉あの夢の中に
水面に映る君の姿は 何を与えてくれる?
見え隠れする蝶は いつも一人だけ
素肌照らす闇の向こうに届くように

空は涙 君の姿を見失わぬよう 地図に描いた夢の跡
独りでも翔んでゆける 白い翼広げ 君の足跡ただ見つめて 空の下

683 :名前はいらない:04/01/21 22:47 ID:UYtZOB8Y
>>658 D 結局何なのか、言葉のイメージだけで進めすぎな感。綺麗なイメージばかりぶつける詩ってのは食傷気味かな。

>>659 E 散文にしても、統一性は必要だと思うんだ。それと区切り方が鬱陶しい。韻が中途半端。あと何で無意味に伸ばす部分があるんだ?

>>670 D んー、やっぱ綺麗なイメージをぶつけてるってだけだなぁ。結局それは何?ってところで終わる。

>>673 E とにかく読み辛い。狙いかも知れないけどけっしてプラスには作用してない。あと貞子っつう固有名詞が邪魔。

>>680 D 何度も繰り返して申し訳ないが、そういうのはありきたり。綺麗系の詩は嫌いじゃないけどこうもパターンに嵌り過ぎてると飽きる。

684 :◆tr.t4dJfuU :04/01/21 22:53 ID:UmZFm+Kq
ぼくはあの人の評価が悪いとか良いとか、至るとか至らないとか、わかるとわからないとかなにも感じないね。ただ評価人が評価人を罵るようなスレでは僕は駄目だなぁとあの人に教えてもらったんだ。だから自粛したんだよ。キムチは美味いよ。漬け物も美味いよ。
(*^_^*)ニコニコ

685 :名前はいらない:04/01/21 23:54 ID:khFrb8pM
>>669
「なのには」って思い切り変だぞ。
日本語不自由なのはお前だ馬鹿。

686 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/22 00:31 ID:WwZFoqZy
                           ∧_∧
 ―=≡三 ∧_∧      \从从///  (´∀`#) 三≡=―
―=≡三と(#・∀・)つ''"´" ∧_ノ;*;''"´"''::;:,(    つ 三≡=―
 ―=≡三 ヽ     ̄ ̄⌒); ^(;;;((⌒ ̄ ̄ ̄_  ) 三≡=―
 ―=≡三 /  / ̄ ̄´"'''⊂;;;#':*,'´''::;;;;::'''"´ ̄ヽ \ 三≡=―
 ―=≡三 \__); ///W∪∪W \\\  (__)  三≡=―
                ↑>>671

              (⌒∧_∧          ,//∧_∧
           バキィ!ヽ(#・∀・)    :(⌒ミ(  //(´∀`#)
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(⌒〜∵;)´⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:#∧_;/// 彡(:::゜;。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);


687 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/22 00:34 ID:WwZFoqZy
>>675
どーして詩板の生物にゃぁこぅ粘着型の執着君がイパーイいるの?作品煽られたからって必死だ罠 かわいいかわいい

>>685
今度はてめぇかYO UZEEEEEEEいーからググっとけ童貞チビ てめぇじゃ役不足じゃ

688 :名前はいらない:04/01/22 00:53 ID:DBzlD4Pf
奇妙な興奮 震えてる ゾウリムシ
ふんわりと膨らんだハート 飛んでっちゃった
君には アイドルになる素質はない
知らない人とにらめっこ 
びっこをひいて 海に向かう
しょうがない 昼間だし


689 :名前はいらない:04/01/22 00:54 ID:3VqfcbDF
>>抑揚
579にCをつけるような糞は採点しなくてヨシ。
お前がしなくても他の誰かがするから。
お前の腐った評価を下され、まともな評価が得られない香具師が気の毒。

反論があるのなら、一度抑揚の詩を見せてくれ。

690 :抑揚:04/01/22 00:56 ID:NZthLQt9
おいおい、詩は色んなところに晒してるから勝手にみてくれ。
で、おまえは>>579をどう評価する?

691 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 01:00 ID:lTNdUr0Y
(゚_゚;)ドキドキ

692 :名前はいらない:04/01/22 01:02 ID:DBzlD4Pf
>>689
いや、>>579には俺も光るものを感じる。
ランボーっぽいが。

693 :抑揚:04/01/22 01:07 ID:NZthLQt9
>>690
あー、言いっ放しか。
谷川俊太郎の詩だからという理由で、
A,Bを付ける評価人に評価してもらいたいのか?

694 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 01:07 ID:lTNdUr0Y
この店のネタは新鮮です。

695 :抑揚:04/01/22 01:07 ID:NZthLQt9
あ、誤爆。>>689です。スイマセン、スイマセン。

696 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 01:08 ID:lTNdUr0Y
(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^)

697 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/22 01:08 ID:WwZFoqZy
よしよし・・なんか良い伸び率じゃないか むっはっは 序にこの俺様が700getしてやるわ 邪魔すんなよ貴様ら むっはっは

698 :名前はいらない:04/01/22 01:09 ID:3VqfcbDF
>>690

>>1の規定から、A、もしくはSをつける。
それを踏まえたうえでCだと評価してたならスマソ。

699 :名前はいらない:04/01/22 01:12 ID:NaxLlrSr
>>1に書いてあるのは目安程度のものじゃないかな。

700 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/22 01:13 ID:WwZFoqZy
俺様が美しく華麗に700GET  まぁ当然の結果だ罠 敵なしじゃわぃ むっはっは

701 :抑揚:04/01/22 01:16 ID:NZthLQt9
>>698
オレは>>579の作者を知らずに評価したが、
C評価が間違ってるとは思わないよ。
朝のリレーならAを付けただろうし。

702 :698:04/01/22 01:18 ID:3VqfcbDF
そうですか。
絡んで正直すまんかった。

703 :名前はいらない:04/01/22 01:21 ID:zc/8aHd5
つか、散々既出だが詩の感じ方には個人差があるわけで。
が、教科書に載ってるような有名なのを知らんというのは(ry
教科書至上主義ではないがね。

704 :抑揚:04/01/22 01:21 ID:NZthLQt9
       ,-、             ,.-、
      ./:::::\          /:::::ヽ
     /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::|
     /,.-‐''"´          \:::::::::::|
   /    U           ヽ、:::::|
  /                   ヽ|
 /                  U      ヽ
<  U  \                  > 謝罪と賠償ニダ・・・
 `   , , ,           /    /
  ` 、      (_人__丿    、、、 /
    `ー 、__             /
       /`'''ー‐‐──‐‐‐┬''
      ./        ∧_ l∧
       l   ./    /  |/ |
       `ー-<    /  ./  ./
         `ー‐--{___/ゝ、,ノ

705 :抑揚:04/01/22 01:24 ID:NZthLQt9
>>703
今日は絡むよお兄さん。
教科書に載ってるような有名なのを知らないからなんだ?
>>1に「教科書に載ってるような有名な詩を知らない奴は評価するな」
ってあるのか?それとも投稿する作者は教科書に載ってる有名な詩も
知らない奴になんか評価されたくないと思っているのか?
そうならば評価を控えるさ。教科書に載ってるような有名な詩を覚えてくるまでは。

706 :ホノルル:04/01/22 01:34 ID:wDyLD1Y3
<TAMEぐち エレベ−タ−ボ−イ>

「本日はご利用頂きまして誠にありがとうな」

KI・SA・KUダネ TAMEぐち エレベ−タ−ボ−イ

「扉が閉まるよ− 気を付けて欲しいんだな」

YA・SA・SEEネ  TAMEぐち エレベ−タ−ボ−イ

「次は8階−−書籍のフロア−なんだな・・・うん」

ダイスキダヨ

はやく他のお客サン降りないかなァ
そしたら2人でいられるのに

その時はどうかPLEASE 非常停止ボタン
O・SI・MA・SU・ヨ   O・SA・SE・TE・ネ ナ?

707 :laughing flower:04/01/22 01:41 ID:BVoFOgle
輪廻が本当にあって
今自殺したってすぐに生まれ変われる
この世界がもしもそんなだったら
君は死ぬ?
僕は死ねない

別にこの生活が充実していたり
幸せと感じていたり
そんな理由じゃないというかむしろその
逆だ
平凡な生活だ
退屈な生活だ
だからひと花咲かせなければなりません
それが失敗したら
行き詰まったら
その時僕は
でもギャンブラーじゃないから
そんな二者択一には答えられないから
時間の無駄を承知で
リセットボタンを潰すだろう

君は何を思って飛び降りた?
花が笑っている
僕は笑えない

708 :名前はいらない:04/01/22 01:43 ID:zc/8aHd5
>>705
だからさー至上主義でないっつーの(笑

「かなしみ」は第一詩集「二十億光年の孤独」の中に
収められていて17、8歳の頃の作品らしいが

>>579 C;もう少し、読み手へ解釈に対するヒントというか
具体的に何を指すかのイメージを与えてもいいかな

という評はいかがなものかと。

あれは青年期特有の捕らえどころの無い
かなしみをうたった詩であって、
具体的に示したり指したりすると詩自体の存在意義を
否定することになるからね・・・

709 :名前はいらない:04/01/22 01:47 ID:XrsCV80P
君は鳥のように自由になりたいと言ったけれど
私はそう思わない
鳥よりも自由になりたいんだ


710 :抑揚:04/01/22 01:53 ID:NZthLQt9
>>708
ちょっと待て。長考中。
で、その間に>>703で「教科書云々・・」を引き合いに出した理由を宜しく。

711 :名前はいらない:04/01/22 02:00 ID:0AQSVThl
>>708
抑揚は作者の事を全く知らかったんだから
それを書いた時期が17,8だなんてわからんだろ。
その上であの批評をくだしたのだろう。

>>703の意味は俺もわからん。
俺は誰かに読まされる詩なんて覚えようとも思わなかったな。


712 :名前はいらない:04/01/22 02:07 ID:lTNdUr0Y


713 :名前はいらない:04/01/22 02:08 ID:lTNdUr0Y
かなしみ

人が生まれそして過去に人が死ぬ。なんだかんだいって、誰かが死んで押し出されるように誰かが生まれる。そんな地球のバランスを司る空はさざ波の様に穏やかで、

714 :名前はいらない:04/01/22 02:08 ID:lTNdUr0Y
僕の背中はそんな過去の真後に密接している。振り返れば僕は、悲しみの上に佇んでいるようなもんサ。



715 :抑揚:04/01/22 02:08 ID:NZthLQt9
>>708
ttp://d.hatena.ne.jp/shu1/20030716
> それぞれの行の間に、書かれていない言葉が多すぎる。不自然だ。
> しかし、この言葉になにか動かされることが
> 事実であることがなんとも口惜しい。
と、いう意見を持った人もいるみたいだし、
あながちオレの評価も、見当外れでは無いと思うがどうか。
確かにザクっと検索してみたところ、
この詩に思いを寄せた多くの支持者もいるが、
それでもこの詩の捕らえ所の無さに、
教科書で読んでも心に残らかった人もいるのでは?
って反論はどうよ、コレ。

で、教科書って口に出した理由はぁ?

716 :名前はいらない:04/01/22 02:09 ID:lTNdUr0Y
たけど悲しみは幸せのきっかけなんだね。

過去に人が死んだ。
押し出されるように人が生まれた。


717 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 02:19 ID:lTNdUr0Y
あー、名前忘れたよ! かなしみ の解釈は上記の通り、そのように僕は解釈している。
あっているのか、間違っているのかは知らないけど、僕の世界観はここまでだね。あ、否定しないでね。僕が消えてしまうから。鏡鏡鏡さん。

718 :名前はいらない:04/01/22 02:21 ID:zc/8aHd5
感じ方の差異まで否定はしないよ。
1つの情報だな。

719 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 02:22 ID:lTNdUr0Y
>>718
(*^_^*)ニコニコ

720 :抑揚:04/01/22 02:23 ID:NZthLQt9
>>718
はぁ?質問にすら答えず、適当に流すなら、
最初から口出してくんじゃねーよ、ボケが!!

721 :teigaku :04/01/22 02:24 ID:1IiSfGwQ
注目! 代理店求む! 編集
ビジネス・ニュース /企業 /小売
定額ケータイはじまる。月額6,300円税込の固定料金で、使い放題。
もう、携帯料金を気にする必要はありません。
あなたが今使ってる携帯電話が定額に!!
差す→かける→話す。の簡単3ステップ!
有限会社ヒット・コーポレーション
〒124‐0001 東京都葛飾区小菅4‐20‐21
03‐3629‐0950
Fax03-3690‐7379
フリーダイヤル0120‐857‐757
E-Mail:info@hit-co-jp.com
HP:http://www.hit-co-jp.com

722 :風の谷のオクムラ:04/01/22 02:25 ID:kJeE7WIC
眠れないので眠くなる、眠れる国にやってきたぜ。
>>715
私もー、あの詩知らんであれ単体で出されたよく解からないって言ったと思う。
あれだけだと作者の姿が見えて来ないから。多分詩集の中にあったら読み方違うんでは?
結局題名も載せなかった著作権無視の輩が悪いと。

723 :抑揚:04/01/22 02:27 ID:NZthLQt9
>>721
はぁ?サイトが工事中なら、
最初からURL張るんじゃねーよ、ボケが!!

724 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 02:32 ID:lTNdUr0Y

よかったら、みなさんの
-かなしみ- の解釈も聞いてみたいな(^。^;)

まーっ 意味がないのならどちらでもいいけど。


725 :span! ◆com78Aert2 :04/01/22 02:54 ID:iLtPuES5
「詩とか」

僕らは今日も一撃で一番の高みに君臨したがる
明日も あさっても 来年も 再来年も
そういう奴らってバカなのか?
昨日も一昨日も去年もその前もそうだったじゃん
しかし一撃で一番の高みに君臨できるかもしれない快感が
今 目の前にある
渇望してるんだずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるい
ずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるい今日もずるい

これは地球のそういうゲームか?

もしかしたら僕らはさ迷える小羊のフリをしてるまじで小羊か?
そんな世界とは無縁のところで鳴っているキレイな音があったりする
僕は負ける


     僕のも批評してほしいっす。

726 :名前はいらない:04/01/22 02:55 ID:zc/8aHd5
つづきはこっちでどうぞ

谷川俊太郎を批判しよう
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1030906037/l50

727 :抑揚:04/01/22 03:03 ID:NZthLQt9
>>726
誰がしゅんちゃんを批判してるんだYO
誤解を招くからそんなん張らんといてな。

728 :名前はいらない:04/01/22 03:14 ID:zc/8aHd5
弱。つーか書き込んでこればいいじゃん。
俺はこう思うぜベイベーって。
批判は自由。まぁがんばれ(藁

729 :抑揚:04/01/22 03:20 ID:NZthLQt9
ムキッ!
・オレが谷川俊太郎の詩と知らずにC評価をした
・それに対して、そんな批評する奴はダメと言われる
・オレはそれが谷川俊太郎の詩であろうと、評価は変わらないと書く
・そしたら君が「教科書に載ってるような作品をしらん云々」と書く
・その理由を説明してくれと求めても「教科書至上主義じゃないんで」と返す
・ならなぜ「教科書云々」と言ったのかを問う。
・君からの答え返らず

わかった?

730 :名前はいらない:04/01/22 03:24 ID:zc/8aHd5
まぁがんばれ(藁

731 :抑揚:04/01/22 03:25 ID:NZthLQt9
ダル。もっかい言っとくわ。
はぁ?質問にすら答えず、適当に流すなら、
最初から口出してくんじゃねーよ、ボケが!!

732 :抑揚:04/01/22 03:26 ID:NZthLQt9
「協奏曲」

鍵盤を模索する指が癒えるまで
足元で下手な演奏に耐えてくれた
君と外へ行こう

なるべくならと軽い鎖を選んで
廊下で足の爪を喜びと鳴らす
扉を開けば待てないと綱を張る

こなれた挨拶を交わしながら
畦を行く 風を切る
高く上がった太陽を確かめて

なるべくならと遠い帰路を選んで
道路を足の爪で蹴り上げる
扉を開けばただいまと駆け上がる

鍵盤を模索した指も癒えたので
足元で下手な演奏に耐えてくれ
君に歌を弾くよ

733 :名前はいらない:04/01/22 03:37 ID:zc/8aHd5
>>732 下手な演奏で協奏曲は弾けんなぁとか言っちゃったらダメ? D

734 :名前はいらない:04/01/22 03:52 ID:6KNhiDQq
>>732 D(Eに限りなく近い)
「鍵盤を模索する」という文が単に「模索」という単語を用いるタメ以上のモノでしかない。
なるべくなら〜の後の文に理由付け、説得力がない。何故「軽い」鎖なのか、何故「遠い」帰路なのか
単純で陳腐な言葉選びであるとともに、紡がれるイメージもまた飽食気味なもの。
第一連と第五連、第二連と第四連における押韻(語呂合わせ)にあまり効果が見られない(内容における)。
単に見栄えをよくするためにやったというなら第三連が邪魔。もう少し構成を練るべき。
それと、「下手な演奏」であることがわかっていてなおかつ「耐え」なければならないと考えているのに
「君」に歌を弾いてあげる(歌を弾くという表現は狙ったものとしても微妙。タイトルからしても)、と
言うのは何故?「足元」における比喩は一体何を指す?やはり状況描写・説得力に著しく欠ける。
歌詞じゃないんだし、あまり無意味な押韻は必要ないかと。
今度は音よりも内容を重視した詩を見せていただきたい。

735 :抑揚:04/01/22 03:53 ID:NZthLQt9
「solo」

小さな部屋は
僕をもう一人
置けそうなくらい広くなった
もう一人僕が
寒さに凍える程寒くなった

指板を滑る小指がもつれる度に
意識は玄関を開け放して
去った誰かを追って
階段を駆け下りて
住宅街走り抜けて
踏み切りにいらつく

そして電車に追う人の影を遮られ
ひざまずいて
その無常のリズムに乗せて

静かで悲しいソロを奏でに帰る

小さな部屋は
悲しい音楽を
弱く響かせた

736 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 04:05 ID:lTNdUr0Y
ぼちぼちいこう

737 :抑揚:04/01/22 04:05 ID:NZthLQt9
>>733 thx!何故、協奏曲なのが伝え切れなかったのが未熟?

>>734
「鍵盤を模索する」という文は、演奏の拙さを伝える為に
使ったが失敗?
「軽い鎖」は「君」が犬だから、なるべく自由に動けるように。
「遠い帰路」はうちの犬がなかなか散歩から帰りたがらないから。
見栄えに偏った詩作なのはごもっともです。
ただし、三連の必要性は1-5連が曲で言うところの、
A-B-サビ-B-Aという位置づけで、家から出て行き帰ってくる行為と、
詩が循環して戻ってくるのを重ねるための折り返しとして、必要だったかな。
「下手な演奏」については、視点が主人公で本人が言ってるので、
謙遜とかそんな感じで捉えてもらえるかなぁと。
「足元」はさっき書いたように「君」を犬と想定したからです。

しっかりとした評価参考になったぜー、
オレ以外の作品の評価もお願いしたい!

738 :風の谷のオクムラ:04/01/22 04:08 ID:kJeE7WIC
>>734
まあ、いろいろあるんじゃない?

ところでもう寝ないで朝を迎えることにした。
こんな日があってもたまにはいいか。

739 :名前はいらない:04/01/22 04:23 ID:6KNhiDQq
>>735 D
「もう一人僕が寒さに凍える」ってどういうこと?気温は誰に対しても均一でしょ。
「もう一人僕が置けそうな〜」と絡めたんだろうけど、ちょっと詰まる表現。
ちゃんと「もう一人」に意味を持たせて。言いたいことはわかるから。

小指がもつれてからの意識の描写が何ていうか、くどい。むしろこっちがいらついた。
それが主題だというならまぁ仕方ないけど。

あと「静かで悲しい」って表現が直球、説明的過ぎ。
もうちょっと工夫を凝らしてもいいんじゃなかろうか?
それに最後にもう一度「悲しい音楽」って言い切っちゃってるけど、
やっぱそこは違う何かによって「悲しさ」を表現すべきでは?と思った。

もとは二人いたけどそれが一人になった寂しさを謳う詩ってのは結構あるけど、
この詩もその大勢に埋没するだけのものでしかない。
どれも無難な表現に終始し真新しいものがなさすぎる。あえてありきたりなテーマを
選んだなら、もう少し工夫、あるいは工夫の跡が欲しかった。

740 :抑揚:04/01/22 04:29 ID:NZthLQt9
>>739
「もう一人僕が寒さに〜」って部分は確かに意味がわからんな。
「小指がもつれて〜」からが確かに見せ場で、
流れるように読み手へとイメージを頭の中に描写させていきたかったけれど、
くどいしいらつく結果になったのには猛省。
「悲しい」は確かに安易やったな、再考して出直してくる。
次回もsoloをテーマに書き直してくるさ。
評価ありがとぉぉぉ

741 :名前はいらない:04/01/22 04:39 ID:6KNhiDQq
俺の日本語の使い方も再考すべきだな。
寝ぼけているのかも知れん。

742 :抑揚:04/01/22 04:46 ID:NZthLQt9
「改めて」

頬重ねても
違和感など
なかった

いつかの抱擁は
温度も匂いも
それと違った

気付かずにいた
同じだということ

743 :名前はいらない:04/01/22 04:53 ID:HaYEnAk7
「心の闇」
昨日は自分と二人きり 闇は眠らない
太古の丘 風の谷 接近するオリオン 
今あるあらゆるにぎやかさの裏にいる
治療法はただ一つ 深く考える事
ここはよく来る心のあの世の果て
入り口はささいな「はてな」 答えは「結果」
重要なのはその間の過程
今 孤独と二人きり 雨は眠らない
孤独が住むのは自分の中ではなく人と人の間
価値観 感じ方 切なさ やさしさ 
もうポケットが足りないとありがとうが泣いた
やがて雨が止みシャツも乾く 太陽神が復活めでたい
明日は名誉と二人 手ぶらでは眠らない

744 :名前はいらない:04/01/22 05:19 ID:zc/8aHd5
>>735 オレならこうする。D+だな
「solo」

君の居ない部屋
蛍光灯が残飯と化した温もりを
ノイズを立てて啜っている

真っ白に照らされた僕の体は
凍える程寒くなった

秘密の抜け殻は
視線の墓場へと姿を変え
漆黒の棺桶が大きく口を空けている

傍らにもたれかかり
小指で押す白鍵のハンマーは
ピアノ線の緊張に負してはじかれる

無表情なソの連音が
あの時の二人を遮った

記憶を退け払うように
両手から零れ落ちる音符達

部屋の隅へ
無造作に転がっていった

745 :名前はいらない:04/01/22 05:33 ID:6KNhiDQq
これだけ評価して寝よう。

>>742 D
んん?何だか無駄に入り組んでいる気がするが気のせいか?
結局違和感あるのかないのかわからないまま「同じだった」ということになってる。
過去を想起して別れ(?)を後悔というよくあるパターンだろうか。
「全部同じ抱擁だったのにあのとき違うと感じた自分の馬鹿馬鹿!」って詩だとしたら
ありきたりだし、特に惹かれた表現もなかった。
短い詩ってのはある程度インパクトがないとダメだと思うんだ。
状況描写が希薄になる分、それを補って余りある表現力が要ると思う。
単なる「説明不足だなぁ」で終わるようではまだ改良の余地ありかと。

>>743 D
まず言葉選びがどこかで聞いた風なものばかり。
まぁ心の闇というタイトルでありがちな暗いイメージ連発詩にならなかった点はマシ。
でもちょっと単語単語の繋がりが弱いかな。
全部が全部同程度の表現で、盛り上がりも下がりもない。
ただ読むのがしんどいって感じただけ。
あと少しは「連」による区切りも必要かと。狙いにしてもそういう詩なら
読み辛くなる以上の効果は期待できない。

746 :名前はいらない:04/01/22 06:00 ID:6KNhiDQq
俺なりに思ったこと。
ここに書かれている詩のほとんどが、
どこかで見た詩をバラバラにして再構築しただけにしか思えない。
勿論、芸術は模倣から始まるものだけど、
その模倣が鼻につくようではやはり問題ありかと。
まず、テーマが絞られすぎている。
あと、見栄えに気をとられすぎな語彙の選択や構成が多い。
効果を狙ってのことなんだろうけど、
脱線としか思えないような文の挿入が稀に目立つ。
とにかく「雰囲気」に頼りすぎという感が拭えない。
自分で読んでその詩に何か感じるだろうか?
自作物だという概念を捨て、一個の詩として自分の詩を読んだとき、
そこから得るものはあるだろうか?
そのへんをもうちょっと見直したら多分レベルアップするんじゃないかと。

まぁあれこれ考えても仕方ないとも思うけどね。もう寝ます。

747 :ねむい:04/01/22 06:06 ID:yJK8QxkS
即興のつもりが長くなってしまった…。分割投稿…。
お願いしますm(__)m

「痛み」-1

あの日君は思いつく限りの汚い言葉で
僕のちっぽけなプライドを傷つけたね
あのとき君が放った言葉のナイフは全て
今でも僕は覚えているよ
すぐにでもあの場から逃げ出したかった

そして僕はこれ以上なく握り締めた拳で
君の綺麗なその顔を殴ってしまったね
涙を流しながら僕を見つめていたあの瞳
今でも僕は覚えているよ
すぐにでもあの場から逃げ出したかった

誰の目にも明らかだった
僕が敗者で君は被害者
誰もが僕をけなし
誰もが君をなぐさめた

涙を流すことさえ許されず
逃げ出すことも許されず
君の涙は綺麗な涙で
僕の涙は卑怯な涙
そういうことになってしまった

748 :ねむい:04/01/22 06:07 ID:yJK8QxkS
「痛み」-2

今は傷付けあうこともないくらい遠く離れたふたり
優しい人たちに囲まれて歩き出した君
砕けた心を必死でかき集め続けている僕
今も僕はあの場所にいるよ
いつか歩き出せるときはくるだろうけど

頬の傷はもう癒えたかい?
僕の手はまだ痛いんだ
君は今も笑っているかい?
僕はまだ上手に笑えないんだ
それでいいんだと思ってる

心の欠片を眺めて気付いた
自分の弱さに 君の弱さに…
君の涙は綺麗な涙
僕の涙は卑怯な涙
それでいいんだと今は思える

749 :名前はいらない:04/01/22 06:26 ID:8L95G5S3
「12階6秒間」
今夜ほど孤独に感じた事は無い
何をしても   咳をしても一人
それに気づいただけでもありがたい

去りがたい場所があっての旅立ち
生命力を上回る偉大な悲しみ
しかしこれほど深い気持ちは初めて
確かに何かをしたいという思い
行動する時がきた、階段を上り足をかけるだけの事

12階、冷たい風も応援してる
6秒間の時間と空間に人生がよぎる
もう頭上に太陽は昇らない

750 :もっつり:04/01/22 07:50 ID:YOhPp8St
初投稿ッス!よろしくお願いします!
「墜落」

落ちてゆく 落ちてゆく
なす術も無く 支える者も無く
柔らかな肌は 切り裂かれて
血だらけに なりながら

刺激が欲しいと あなたは言ったね
毎日が同じで 苦しいと言ったね
棘の道を選んで 墜落したのは
自分のせいだと 気付いているの?

堕ちてゆく 堕ちてゆく
垂れ流しながら 撒き散らしながら
ささくれた心は 近づく者も無く
ただれきって 腐りゆく

目を輝かせて 浸りきるあなた
だらしなく頬を緩め くだらない言葉を吐く
だけど気付かない 自身に気付かない
夢を見ているんだね 盲目の亡者

腐りゆく 腐りゆく
腕は落ち 足はもげ
肌はただれ 頭髪は抜け落ち
やっと気付いたの?

人間の醜さに

751 :名前はいらない:04/01/22 09:03 ID:1BHUmnRT
>>687
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%81%AF&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
お前の使った用法などどこにもないな。
ほんとバカだね。お前。

752 :ファネル:04/01/22 09:33 ID:tm7tS/PN
幸せなんていらない。
そんなものいらないから
あの女(ひと)を幸せにする
愛をください
愛をください

753 :ファネル:04/01/22 11:12 ID:tm7tS/PN
あのひとが私に振り向いてくれたら!
何もいらないのに・・・。
私はいつも一人で歩いてる
さみしさと一緒に歩いてる
そんな私の冷たい心
あたためてくれたのあのひと
けれどそれはあのひとの気まぐれね
追いかけて追いかけても振り向いてくれなかったの
けれどわたしが転んだとき手を差し延べたのは何故?
あのひとはだれにでもやさしいの
けどそれがわたしに突き刺さる
あのひとにとってわたしは他人。
隠すこと何もない意識することもないどこ吹く風。
あの人に愛してもらいたいのどうしても
張り裂けそうなの。


754 :名前はいらない:04/01/22 13:09 ID:NaxLlrSr
臭くて
汚い
おまえでも
三日前まで俺の好きなカレーだったんだ

ではさようなら
そっとレバーを引く

755 :名前はいらない:04/01/22 14:17 ID:qSXvb+PE
雪が降る、あなたはこない。
雪が降る、あなたはいくない。
雪が降る、あなたはいかない。
雪が降る、あなたはいかくさい。
雪が降る、あなたはいかしてる。
雪が降る、あなたはいかがしてる。

雪が降る、パソコン打っています。

756 :北が来たー☆:04/01/22 14:23 ID:2DIQml6F
はっきりいってきもいな

バイダニきもい三十路オタ

757 :名前はいらない:04/01/22 15:03 ID:3VqfcbDF
>>747-748 E
>>749 E+ ラスト、リズムが悪い。
>>750 E-
>>752、753 E-
>>754 E
>>755 E-

('A`)ノ<もっと精進汁

758 :名前はいらない:04/01/22 15:19 ID:TLT7pFsA
>>747-748
言葉使いに新味はないけれど、本当らしさは感じます。けれどこれが誰かの身になっての想像なら
書き手に騙され易い人間なんだろうと自分のことを思います。

>>749
飛び下りる時の心境ですか?引用「咳をしてもひとり」の効果はあるのか自分には判断できませんが、
心に入ってきた詩。

>>750
共感はできないけれど、こういう詩が書きたい人もいるのだということを受け入れたい。

それ以前の詩にも自分の中に入ってきた詩はあるのだけれど、詩としての評価が高いものとは
限らないわけで、出版社の基準と自分の基準は違うなとつくづく思う。自分の基準が他人や
大勢の人に通用するかも分からないわけで。

759 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/22 18:52 ID:PUrtWlFH

色々考えてたら 頭が疲れた
戦争のこと・・・
未来のこと・・・
僕らの人間関係や・・・
コンビ二で、戸惑いながら新しくバイトしてた娘や・・・

授業は午前中で済んだんだ
だから家に帰って PCに向かい
ワードを起動して いろいろまとめてみた
部屋に抜ける風がやわらかく 心地よい
まるで部屋の隅にあるハーブ類が 空気に融けたみたいだ
飼っている白と黒の斑の猫も
僕に構わないで 部屋の隅でマターリしてる

だけどだけど
何度考えても答えは出ない
ふとそう思って 大きな出窓の外を眺めたら
夕陽が色褪せた海に もう殆ど沈んでいる
潮風も強くなって 猫も腹が空いたのか しつこいほど纏わりついてくる
窓を閉めて 猫に餌をやった時
ふと僕は気付いたんだ
僕は偽善者だった・・・って。

760 :名前はいらない:04/01/22 20:16 ID:UhcPepD7
すべてのどうぶつが睡る時
僕は一人起きていよう
彼等の睡りを邪魔するものはなく
僕もその理に従い、静かに煙草をふかしていよう
風の音がしないだろう
朝日はまだ遠いだろう
草花の息吹が聴こえるだろう (僕が少しからだをずらすと、枯れてかわいた小枝が折れた
世界のすべてが目を覚ました)

761 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/22 20:16 ID:WwZFoqZy
俺様がぁ 前から批評しまくってたから周りは全て敵ばかりでえ
「キムチ」だの差別発言のぉ 無駄に連呼してくるへタレ供の出現
馬鹿 馬鹿 馬鹿 ここの死・ポエムは馬鹿ばっか〜 いぇーい

俺様がぁ キーボード叩いて作品置いといたら置いといたらでえ
「なのには」が理解できないぃ 義務教育受けてない馬鹿の出現 
馬鹿 馬鹿 馬鹿 ここの板の生物は馬鹿ばっか〜 うぇーい

もうコネェヨと消えた固定は雑談しに参加するぅ〜
評価する暇人は厳しすぎでB評価以上が全然でねぇ
作品投稿する香具師は香具師で夢物語の糞作品ばかりぃぃ
どーしょもねぇアホばかりだなここは 過疎化が進んでゆく〜

べべべべん ぽん



前作より良い出来です デジカメの歌を足して計3作目、評価よろしくお兄ちゃん

762 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 20:37 ID:lTNdUr0Y
>>761
(*^_^*)ニコニコ

763 :しんしん:04/01/22 21:08 ID:NqGK3is/
>>761
俺が思うに
お前が嫌われてるのは評価が厳しいとかそんなんじゃない
例をあげてやるか、抑揚はどうだ?
評価は厳しい、口もそんなに良くない
だけどお前みたいに嫌われてないじゃない
何処に差があると思う?自分に聞いてみろ
もうキャラにも飽きてきたし苦言を少々

764 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 21:15 ID:lTNdUr0Y
>>763
(*^_^*)ニコニコ

765 :しんしん:04/01/22 21:21 ID:NqGK3is/
俺、今から飲みに行くからレスをまつ時間ないから
俺なりの結論を言おう
一つは詩の評価が真摯じゃない、終始揚げ足取りばかり
詩の内容を理解しようともしない
で一番大きい理由は
お前の詩にセンスが感じられんって常だ
こんな駄作を書く奴に俺の詩が酷評されたのかと
皆ムキになるのさ
だいたい小室みたいなお金を集めるしか脳のない作品を
聞いてるお前にセンスなんて感じられる訳ないじゃん?
こんな意見いってもお前は
「ぷっバカがつれた」としか思わんだろうが
まあ俺はこの板にお前のキャラが必要だとも思ってるがな

766 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/22 21:23 ID:WwZFoqZy
うおおおおおおお 趣旨が脱線しててまともなレス付かね〜〜〜〜〜

>>762 >>764
いーからレス数伸ばしてねーで評価しろやチビ

>>763
はぁぁ? あのへタレと関係あんの?ネット馴れ合い病の末期症状だな。哀れ

767 :しんしん:04/01/22 21:24 ID:NqGK3is/
じゃあ出かけるよ!ばいぶぅ〜!!

768 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/22 21:24 ID:WwZFoqZy
どーして俺の作品の場合に限って感想ばかりなの?評価人の暇人供よ しっかり評価しとけよっ

769 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/22 21:25 ID:WwZFoqZy
ばいば〜い 馴れ合い君PU

770 :名前はいらない:04/01/22 21:33 ID:R74db4+E
ケーブルTVの暇人が元気だな(w

>>761 D-からE+の間
「馬鹿」の繰り返しと「ばっかり」が掛詞にはなってるけど使い古されてて新鮮さはないね。
調子としても単調で直ぐに飽きるし、最後の「べべべべん ぽん」も効果は薄い。
罵倒の語彙を増やすか、馬鹿には分からないように隠喩を使うともう少し良くなるかも。

771 :「飲酒」:04/01/22 21:43 ID:nG5fjSb+
閉店を迎えるまで彼らは飲んだくれて
どこに進むということもなく浮遊感だけをつかめなくて
ただそこに留まっている

いくつもの視線の交差の不均衡な状態を
やり過ごした店の人は滑るように消えていくとして
酒だけは消えないまま

眠るまで飲み続けられたドアの向こうから
彼女らは呼ばれないでメモだけ残されている
彼の叫びではないが 彼の字ではないが
それは握られていて 押し潰されているのだ

「酒は 百薬の 長である
     百薬の 長である 酒は
         長である 酒は 百薬の
                酒は 百薬の 長である
 酒は       長である
     百薬の        酒は
 酒は
          だから 気にするな
     百薬の                 長である」

最初から 女性はどこにもいない
どこにも呼ばれない


外は既に色を失って崩れ落ちた風景だ
2mm以下の氷の粒をばら撒いて道にしておかれたせいで
人は次々と転んで血塗れになって転がっていくだろう

                                   彼らが もう一度 明滅 する から

772 :名前はいらない:04/01/22 21:47 ID:NaxLlrSr
ではEの評価をもらった俺がいかにもらしく評価します。

>>759 D
情景描写が重すぎて説明臭い。
扱う題材がシリアスなだけに情景描写と思考過程をリンクさせて欲しかった。
シリアスな詩に「マターリ」はいかがなものか。

>>760 C
情景描写は多すぎず少なすぎず程良い軽さ。
野外(夜の森かな?)でゆっくり座っている様子が浮かんできていいと思う。
「だろう」とあえて使っているのは分かるんだけど、かえって不整合を起こして裏目に出ている気がする。
一番最後の括弧の部分はすごくいい。

>>761 D
題材はともかくとして、メッセージは明白で強くて一貫している。
でもあと一ひねり欲しい、このままだとただの罵詈雑言。
意外と縦読みとかすると良くなったかもしれないね。



ってもう前の人が評価してる _| ̄|○

773 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/22 22:23 ID:WwZFoqZy
べべべべん ぽん 

ぽんぽぽんぽん ぽんぽぽんぽん ぽんぽぽんぽんぽぽん はぅ!!


馬鹿 馬鹿 馬鹿 ここの死・ポエム板は馬鹿ばっか〜 いぇーい

相変わらず死板の固定は毎回作品発表しまくっている
流石に俺様も評価すんの秋田県だから 作品置いてみたりするのさ
そして〜しばらく待つと〜 死板の暇人供が集まってきやがる 
しかぁぁし 毎回〜 絶対に変わらぬ事が1つだけある〜

100%例外なく 作品 順番 飛ばしてどうして即評価?

馬鹿の巣窟 馬鹿馬鹿馬鹿 挙句の果てには関係ねぇ固定と比較される〜
馬鹿 馬鹿 馬鹿 ここの板の生物は馬鹿ばっか〜 うぇーい 
成る程なっとく 馬鹿馬鹿馬鹿 他の板と比べて仲間意識が強すぎる〜

ぽんぽぽんぽん ぽんぽぽんぽん ぽんぽぽんぽんぽぽん はぅ!!

774 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/22 22:23 ID:WwZFoqZy
馬鹿 馬鹿 馬鹿 ここの死・ポエム板は馬鹿ばっか〜 えぇ〜い

相変わらず死板のスレッドは賑わってもなければ良スレもない
流石に彼方此方見るのもキリタンポだから リロードしてみたりするのさ
そして〜しばらく待つと〜 死板のチビ供が評価してきやがる 
しかぁぁし 毎回〜 絶対に変わらぬ事が1つだけある〜

100%A評価はでねぇ 飽きる もう一ひねり どすればいいのか言えよ?

馬鹿の集まり 馬鹿馬鹿馬鹿 仕舞いにはキャラに飽きてきたと言われる〜
馬鹿 馬鹿 馬鹿 ここの板の生物は馬鹿ばっか〜 うぇーい 
成る程なっとく 馬鹿馬鹿馬鹿 他の板と比べて参加人数が少なすぎる〜

馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿ばっか〜 馴れ合い低レベル死板よ栄光あれ

べべべべん ぽん 


前作がレベル3つくらいパワーアップしますた 遅くていいんで厳正な評価よろしく by半角住人

775 :◆tr.t4dJfuU :04/01/22 22:33 ID:lTNdUr0Y
(T.T;)エーン

776 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/22 22:44 ID:1AoOV4Lq
[眉間にシワ]

誤飲した感情は食道で突っ掛かり嫌悪感を匂わす
後悔をしないよう慎重に箸を運んだのに
目を瞑っていたから無意味だった
吐き出そうと揃えた指を突っ込んだが
もう腸で消化され始めていた
あたしたちは感情が回るように変化する
そういう生き物だから誤飲だけは避けたかった

777 :名前はいらない:04/01/22 22:57 ID:dFapxJZl
「失えば残る者」
暖かかった 優しかった 光浴びて生まれた雫
少し上を向いてその温もりそっと逃がしてやる
何時だって泣き合った 何時だって笑い合った
何時だって傷付けあった 何時だって乗り越えてきた
今はもう見えない 貴方のその笑顔
かけがえのない 貴方のその涙

Now I'm here.... I'm living there....
If I can't see the way to you, please kill me, kill me....

言葉だけじゃ伝えきれない
分からなくなって貴方を苦しませても
僕は云うよこの胸の欠片
貴方への確かな想いを…

季節は巡り 僕はまた少し大人になれた気がする
君の待つその樹の変わらないその温もり感じる
崩れ落ちそうになって君の名を呼んだ
返る事のないその声は
二度と戻らない 小さなその過ち
繰り返せない 小さなその過ち

Can't you hear my little voice...?
I don't wanna any thing so please come with me forever....

今はもう届かない
遅すぎる重ねた言の葉を
僕は云うよこの胸の欠片
貴方への確かな想いを…

歌詞だから詩としては評価しにくいと思いますがよろしくお願いします。

778 :名前はいらない:04/01/22 23:03 ID:6KNhiDQq
中学生英語が目障り。D-

779 :初心者:04/01/22 23:10 ID:kyz0DATU
ためいき

恋ってほんと 切ないね
想い焦がれて 泣きたいほど
なのに あの人気づいてないの…

君が ふぅっと 白い息
そう 溜息

溜息一つ つくたびに 
幸せは 逃げて行くらしい
だから 今は もっと大きく深呼吸

幸せ ぐっと つかむよに



780 :イナカモンに名前はいらない ◆DJgesm.zSM :04/01/22 23:11 ID:WJJbKVtc
*Eternity

せーんせ、いえまでおくって
くるまでしょ?
だって、ゆきすごいんだもん

ごごもあるの?
いいよ、さんじかんくらい
まってるから、はやくきてね

せーんせ、だいぶちこくだよ
まってたよ?
だって、いっしょにかえりたいんだもん

ゆきすごいよ?
じこったりとかしないでよ
ふぶいてるから、きをつけてね

せーんせ、いいにおいだね
こうすい?
このこうすい、もらっていい?

せんせのけち
いいもん こんど、おんなじのかうから
あ、じゃ、ここで
ばいばい


あの、すいません
Eternityって香水下さい。。。

781 :北が来たー☆:04/01/22 23:16 ID:2DIQml6F
きもいから終了☆
きしょいから終了☆
電撃的に終了☆
低学歴の負け犬しかいないこのスレは終了☆
有益だから終了☆
旧世界的だから終了☆
雑魚しかいねーから終了☆
いかくせーから終了☆
岡町田山沈没☆
松平林長尾殺傷☆


782 :容量少な目 ◆/4.7OGB.Lw :04/01/22 23:21 ID:o5ERybTr



にじからおちるちいさなしずくは

ゆめのかけらなんだって

みつけたひとには

ななつのねがいをかなえてくれる

とってもすてきなたからもの

わたしのおねがいきいてくれるかな?

きいてくれたらうれしいな

ひろいおそらにいってみたい

そしておおきなにじになるの

わたしがみんなにゆめをあげる

いっぱいかけらをつくりたいな

あとのおねがいはいらないから

ね?




783 :760:04/01/23 00:04 ID:Nbg8Rg2A
>>772
評価ありがとう。なんかうれしかった

784 :名前はいらない:04/01/23 00:06 ID:hgKkkXlh
時を止められるのは
おとぎ話だけ
今、私が
こんなに祈っても
どうしようもなくって
時は私をおいてけぼり

もっと覚えていたいの
ぜんぶ覚えていたいの
歯みがきしてる時も
くだらないお話も
覚えていたい
覚えていたい
曖昧にじゃなく
鮮明に

785 :名前はいらない:04/01/23 00:10 ID:yi3IE4pS
あ゛

786 :名前はいらない:04/01/23 01:04 ID:3LAGmNw0
「影のできる空間」

白い部屋の真ん中より少し左
暖かな色 白熱灯がある
そこから無数にのびた脚が
部屋を塗りつぶしていく
光の粒子を掴みとろうとすれば
霧のように拡散し 雨のように湿った感触
遮るものがあるとすれば
私の真後ろから壁まで そして天井へと続く
いびつな鋭角 薄暗い筋道
空間は創られた 白い部屋の壁際から一歩前へ

私は影の成長を見守りながら ときどき絶望してしまう
切り離せない人と闇 それを浮き彫りにする光点のある部屋


787 :名前はいらない:04/01/23 01:27 ID:FIoSQWGr
>>771 D
内容がさっぱり見えてこない。
分かりやすい構成キボンヌ

>>773-774
前の数名と同意見

>>776 D
難しい表現や言葉より素朴な言葉の方が説得力がある。
なんとなく表現がくどい。

>>777 D
言葉の無駄遣いはよくない。
まぁ・・・歌詞だから仕方ないとは思うけど。

>>779 D
わかりやすいが、ぐっと引き寄せるものがない。

>>780 B
先生とのやり取りの表現がうまい。

>>782 C
わかりやすくて簡単に内容が把握できるが、ほほえましい程度で終わってしまう。

>>784 D
前半の時間を止めて欲しい事とよく覚えていたい事とのつながりがよくわからない。

788 :名前はいらない:04/01/23 01:34 ID:FIoSQWGr
追加

>>786 D
リズム感に欠ける。最後の「ときどき絶望してしまう」の意味が不明瞭。
伝えたいことがわからない。

789 :名前はいらない:04/01/23 02:37 ID:uFI4VhqX
あなたが私に背を向けた時
私の魔法はとけました
あなたが私に見せたのは
おもちゃみたいな単なる幻想
冷めてしまえばただの夢

写真もピアスも口紅も
きれいさっぱり捨てちゃった
もう思い出してもやらないわ
永久にさようなら
今度は騙されないように
本当の人を見つけなきゃ

790 :名前はいらない:04/01/23 03:41 ID:spYHUNJ2
谷川俊太郎って棋士かとオモタ。

791 :北が来たー☆:04/01/23 03:50 ID:huS89Zcf
787と788の評価−E!!
級外
圏外
問題外
大気圏外!!ぺぺっ
名無しって姑息ちっくw

792 :しんしん:04/01/23 06:05 ID:vPnItZBF
どんな答えをしているのか楽しみだったけど
蓋をあけりゃこんなもんか、、、、、、

少しは期待してたのにな
がっかりだよ

793 :イナカモンに名前はいらない ◆DJgesm.zSM :04/01/23 07:51 ID:Nn4WIe8j
>>787
なんだか高く評価していただけたようで、ありがとうございます(∵)v

794 :名前はいらない:04/01/23 09:29 ID:zP7mYmoU
時速数え切れない流星のスピードで
バカがまわってめぐりあう
オレの恋人は風でスカートめくれてきたらしい
見たやつはみんな バターナイフで殺しちまう
いつかふたりで ロンドンに捨てられたい
過去は互いに言えない事柄だらけかもしれない
ベロを出してもうそはつけないぜ
全てを知りたいけれど愛してるから聞きたくないのさ
今からオレたちの設定は うまれたてのBABYどうしで
いつかオレの腕に 手錠をかけてくれ
オレの恋人…でもきっと世界一のピュア
ふたりきり不安定なエレベーターの中で
息をとめてキスをした
たとえ君が命を殺してもクスリにおぼえれも
好きだって言い続けるさ
「お願いだからこれ以上君の体に傷をつけないで」
はがせない君のイレズミなんて オレにそんなものないよ
もしいつかオレの目が見えなくなっても愛してくれよ
片足になって車椅子だって 見捨てないで MY HONEY
かけがえのない 約束をお願いした
オレの恋人はすこしアバズレてたぜ
ふたりで行き先決めず歩いていたよね
宛だったのは 夢みたいな未来
オレの恋人…でもきっと世界一のピュア
ふたりきり不安定なエレベーターの中で
息をとめてキスをした

795 :名前はいらない:04/01/23 09:59 ID:8iw84fOx
>>794

評価する!
C+

退廃的で情熱的でよろしいっす。
展開が急だったり、一つ一つの言葉だったりのところで影響されてる人がなんか分かるのが・・・
それをもうちょっと分かりにくくしてくれればもっといいかも。
でも、純粋で狂気じみた感じでいいYO。

796 :名前はいらない:04/01/23 11:09 ID:V5qv9UAj
寝る前 窓の外見た
月が見えた すぐに雲に隠れた
月が消えた すぐに現れた
風は吹いていないようで
しかし僕には何もかもが
二重線画のようにぶれて見えた
部屋の明かりを消す
外の闇が不意に家の中に侵入してくる
家の壁が消えて
僕は外の平原に立っているような気になる
丸いお盆の中で
ウサギが餅をついているようだ
ウサギは僕に餅を分けいれてくれた
小さく丸い餅
小さく丸い小さな餅
肌に触れると融け
一瞬のひんやり
過去の思い出
僕は いつの間にか外に出ている自分に気がついた
目を閉じると 
思い出す
一瞬のひんやり
目を開けると僕はベッドの上にいて
外を見ると 月が無くなっていて
代わりにその場所には 太陽がいて
僕は外に出た
ツララから水が滴り落ちて
僕の頬に当たって

797 :名前はいらない:04/01/23 11:10 ID:V5qv9UAj
間違い
小さく丸い小さな餅

小さく丸い白い餅

798 :ささ:04/01/23 11:31 ID:VQXLP3ds
真っ白に 白く白く 柔らかく
雪はしんしん 風はひゅうひゅう

絵本の中の様なこのリアル
心躍る 心躍る それもなぜか懐かしく

もっと積もれ もっともっと
空にねだるは 贅沢な願い
この白が重なって 僕の黒まで消しておくれ
雪だけが持つ白
今だけは僕のもの

しんしん しんしん
そのリズムで
もっと もっと
その姿で 


799 :名前はいらない:04/01/23 12:14 ID:8iw84fOx
ブラックバタフライ


退廃的な彼女
美しくなびく黒い髪
赤く染まった唇
剥き出しの白い太腿

退廃的な彼女
僕ら二人で夢を見た
君は黒い蝶で空へ
僕は真っ赤な花で見上げる

退廃的な彼女
時々増える左手首の傷
気にする事じゃないさ
いつもと同じだから

退廃的な彼女
何もかもに溺れてる
白い煙に包まれる
また二人で夢を見よう


800 :名前はいらない:04/01/23 12:18 ID:8iw84fOx
続き


退廃的な彼女
僕の前で手首を切った
僕は返り血を浴びて
君は不敵に笑った

退廃的な彼女
止まらない鮮血
君は悲しい素振りもせず
雲で覆われた空へ行った

退廃的な彼女
名前も思い出せない
美しくふしだらな女
とても美しかった


801 :名前はいらない:04/01/23 12:20 ID:mFzU3F1a
>>789 D-
どれもこれも聞いたことのある表現ばかり。
テーマもありふれている。
それに、ただ言葉で飾り立てているだけで
真に迫るものがない。空疎だ。
もっと底から湧き上がる情動を書き殴ってくれ。

>>794 E
これもどこかで見た言葉をただつぎはぎしただけの感。
勿論表現には限りがあるから、
あらゆる詩、言葉が「どこかで見たもの」と言える。
けど、「あーこれどこかで見たな」という感想しか
抱かせないというのはやはりその程度だということなのだ。
あと、狙ってのことなんだろうけど
文章の破綻、混沌がぶつ切りなので
全ての意味が希薄になっている。
ただ次から次へと言葉を浴びせればいい
ってもんじゃあない。
単に自分の好きな表現や単語を、意図もなしに
並べただけのものを評価はできない。
それと誤字があるってことは推敲もなにもしていないってこと。
混沌とした文章を書くってのと
推敲も何もせず無責任に垂れ流すってのは同レベルじゃない。
その点から見てもこの詩には気持ちが入っていない。

802 :名前はいらない:04/01/23 12:35 ID:mFzU3F1a
うーん、他のも採点しようと思ったけど、どれもE〜Dだなぁ。
とにかく”軽い”。
別に、自分の内面を真摯に吐露しろ、とか
一切の矛盾や憶測をはさまないリアルだけを書き連ねろ、とか
そういうことを言いたいんじゃなくてね。
渡された材料を渡されたまま貼り付けているコラージュなのよ。
俺からすればここの詩のほとんどが。
自分が使っている表現の意味、その詩における意味をきちんと考えている?
見栄えやイメージばっかり気にしてない?
何だかくだらない自尊心と自己愛とどうでもいい自己主張ばっかり。
「こんな詩を書く俺ってどうよ?」ってのが先に立ってない?
俺にはどうも”詩が書きたいから”書いているという風には見えんのだが。

803 :しんしん:04/01/23 12:56 ID:AwoWdxkM
>>798
俺の歌w
>>802
何か言いたい事があるから詩なんか書くんだろう?
くだらない自尊心や自己愛って
俺は大事だと思うけどなぁ
それに自己主張すんのが詩だと思う


804 :名前はいらない:04/01/23 13:12 ID:Jf8+sfcp
>>803
言い得てる。
自己主張の無い詩に意味なんて無い。
感動もない。
「一度も詩なんぞ書いたことの人が書いた詩」に
(詩が書きたいから)を求めるのは無駄でしょ。と



805 :ささ:04/01/23 13:13 ID:GG0pHg6+
803
そうだねW


書きたいから書いたんだけどなぁ
雪綺麗だつたし



806 :ρ(=$ω\)ノ さぃきょぅ ◆PsyCHO8eyE :04/01/23 13:16 ID:4hAbbSPd
802 は今良い事を言った!

807 :名前はいらない:04/01/23 13:22 ID:mFzU3F1a
>>803
自己主張そのものを否定してるわけじゃないさ。
ただ、「こんな詩を書く私ってすごいでしょう?」なんて主張は
くだらないとしか言いようがない、と思っている。
俺にはそこここからそういうニオイが感じられるんだが。
「私」そのものを主張するための詩、には価値があるだろう。
でもここにある詩はリアルな自分を見せるというよりは
こうでありたい、こう思われたい”自分”を作り上げ、
そいつを押し付けるために”詩”がある気がして仕方がない。
だから希薄。だからくどい。
言いたいことなんか見えてこない。言いたいことがあるなら何故こうも
似たり寄ったりのテーマばかりなのか。
何故使い古しの陳腐で独創性のない表現に終始するのか。
借り物の言葉で語られても、ただ自己満足を見せびらかされた気分になるだけだ。
少なくともここは評価スレであり、
他人から”評価”を受けるために詩を投稿するのだろう?
だったらもっと”詩を読む側”に立って書かれた詩を投稿してはどうか。

808 :しんしん:04/01/23 13:28 ID:AwoWdxkM
俺の詩じゃなかったんだw

しんしん しんしん
そのリズムで
もっと もっと
その姿で

白でいる事って難しいんだよね
つぅか無理なんだろう
二十歳の時に東京で初めて見た雪 綺麗だった
でも解けかけた雪を見てガクゼン なんじゃこりゃあ!
白でいる事は難しいね
俺も変わらないよ 変わっていくんだろうけど

809 :名前はいらない:04/01/23 13:33 ID:8iw84fOx
>>807

一般論じゃなく、俺の話だけど、俺の場合頭に浮かんだ景色とか色とかを詩で表現したいのさ。
だからうかんだときしか書かないし、書けない。
どこかで見たような表現だったりするのは、自分があこがれている人の言葉遣いを意識して使ってるから。
それが無意識になって、自分の言葉になじんだときにはじめてオリジナルだと思ってるし。
ほかの人はどうだか知らないけど、俺は自分が書きたいと思ったときしか自分で納得できるものは出来上がらない。
無理矢理書いた詩は激しく詰まんない。

なんかずれてるかもしんない。

810 :しんしん:04/01/23 13:35 ID:AwoWdxkM
>>807
なんかすごくツマラナイ事いってるよ?大丈夫?
俺の中で詩は自分ありき
他人様なんて二の次だ
でも誉めてくれる人もいるよ、素敵な詩だねって
そんなもんだ
だって
詩=エゴだもん♪

811 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 13:40 ID:KE2XnMWz
(*^_^*)ニコニコ

812 :しんしん:04/01/23 13:43 ID:AwoWdxkM
俺はそもそも
書きたいときしか書かない
その証拠に
詩の数が少ないよ だけど自分が作った詩は全部好きw
自分が脱いだヌケガラみたいな感じ
だけどセミのヌケガラってなぜか壊したくなるよね?
俺だけ?
是をテーマに詩を書こうと今思った

813 :ささ:04/01/23 13:44 ID:+47SDYcr
じゃなかったですW


私は雪国育ちだから
春になる度、
春なのにへこみます
道路脇に固まってる真っ黒い個体
まぁ、しょーがないけど。

でも今どーしよもないくらい
綺麗にふってますよ
綺麗なものを「言葉」でいい表すのは大変ですよね。
雪の白もなかなか伝えにくい
変わるものだからこそはかなくて綺麗なのかもしれないとも・・・。

でも、やっぱり大切なものは変わらずいて欲しいなぁ。
白でいることは難しいですよね。



814 :名前はいらない:04/01/23 13:46 ID:mFzU3F1a
>>810
あんまり俺の言ってること理解できてないね。
自分で言ってるように自分しか見えてない感じだ。
多分対話しても無意味だと思う。

815 :794:04/01/23 13:47 ID:jbm2y0qp
好きな詩人から影響がばれるとハズカシー!(ポ

…痛々しいので出直して来ます

816 :しんしん:04/01/23 13:48 ID:AwoWdxkM
>>ささ
雪国育ちと南国育ちがリアルタイムで話してるよ
科学って凄い 人間って凄いねぇ


817 :名前はいらない:04/01/23 13:49 ID:jbm2y0qp
AH BABY ガイコツループタイ
天国まで いかしてる
どこまでも大好き

かわいい花束
青のあみタイツ
あの子にささげなくちゃ

AH BABY ガイコツループタイ
最高だぜ いかしてる
どこまでも大好き

すてきな風船
キャンディかじる
あの子にわたさなくちゃ

AH BABY パンクロックヘアー
この恋は いかしてる
いつまでも大好き

大切な気もち
両手をひろげる
あの子につたえなくちゃ

818 :しんしん:04/01/23 13:53 ID:AwoWdxkM
>>814
否、理解してるよ
理解してる上で否定してるんだ
見解の相違って奴だ
皆は此処に評価を求めにくる意味ってのは
自分の詩を読んでくれる人がいる
その事を確認したいからじゃないの?
読んでくれる事を確認したいだけなんだ
俺は少なくてもそうだよ

819 :ささ:04/01/23 13:54 ID:hSsl66RB
共感。私の尊敬する人も詩は自分のヌケガラの様なものだといっていました。
私もそう思う。

表現に対する意識が固定しすぎることの方が不自然かと




820 :名前はいらない:04/01/23 13:55 ID:mFzU3F1a
>>818
否定が当を得てないのさ。だから理解できてないって言ってるんだよ。

821 :名前はいらない:04/01/23 13:57 ID:FIoSQWGr
mFzU3F1aに同意。

822 :名前はいらない:04/01/23 14:00 ID:8iw84fOx
>>820
そんなに斬新な発想を持ってる人はこんなところでくすぶってないだろうが。


それにここは2ちゃんだぜ?自己顕示欲の塊みたいなエゴイストばかりが集まるところだと思わない?


823 :しんしん:04/01/23 14:00 ID:AwoWdxkM
だってさ
似たような言葉で似たような詩を書く
これを否定する必要はないよ
人間は無限じゃないんだ
言葉も感性も
人と同じだからって否定をしちゃいけない


824 :名前はいらない:04/01/23 14:06 ID:mFzU3F1a
>>822
斬新である必要はないさ。素直さ、謙虚さの不足だと言っている。自己満足の押し付けはそろそろ飽きた。
自分を偽り飾り立てるために詩を書くんじゃなく、一回詩のために詩を書いてみてはどうか。

>>823
常に新しくあれってことじゃないさ。ただ「似ている」という感想しか出てこないってことは
最低ランクなんだよ。与えられた材料をどうコラージュするかがセンスなんじゃない?
俺の言う独創性ってのはそういうこと。
どこかで見た、と思わせるだけの詩ならそいつが書く必要もない。

825 :ささ:04/01/23 14:09 ID:fqAqOZad

どこかに読む側に立ってって話でたのですが、
どういう意味ですか?
それって、なんかおかしくないですか

826 :名前はいらない:04/01/23 14:12 ID:mFzU3F1a
>>825
評価スレに投稿するなら読む人のことを考えるのは当然でしょ?
人に読んでもらうために書いたってことになるんだから。
別に読んでもらう必要はないってならどれだけ自己満足でも構わないけど
そういうのは自分のノートにだけ書き留めておけばいいんじゃない?

827 :しんしん:04/01/23 14:15 ID:AwoWdxkM
だから
詩のために詩をかく
そんな事が大切なの?
謙虚さ?素直さ?なんじゃそりゃ
そんなの必要ないよ
考え方が根本的に違うただそれだけ


自分の為に書きたいんだよ


828 :ささ:04/01/23 14:19 ID:GfysO20c
じゃあ、その時点で見栄だらけになるし、点数稼ぎの詩になるでしょ。

だいたい自己満足しているからこそ人にみせるし
それが単なる自己満足だとしても、そこからちゃんとみていくべき。
詩は口にだしてやっと詩としての意味を持つと聞きました。
自分の内側をさらすことに意味があるんじゃ。



829 :名前はいらない:04/01/23 14:20 ID:mFzU3F1a
>>827
だからさ、それは自分のノートに書き込めばいいじゃない。
なんで人に見せるの?
評価前提の詩が自己満足でしかないってのはどうなのよ?って言ってるわけ。
別に投稿すんなとまでは言わないけど、たまにはイイ詩が見たいわけよ。
ここを見に来てるってことはさ。
D〜E評価が多いのは、君の言う「自分のための詩」を投稿してる人ばっかりだから
なんだと思うよ。
そういう詩の存在を否定はしないさ。
けどそいつは評価対象としては魅力もなにもあったもんじゃない、と言ってるんだよ。

830 :しんしん:04/01/23 14:22 ID:AwoWdxkM
読む人の事を考える?
俺はそういうのがイラナイっていってんの
本当の意味で評価してほしいなら雑誌等に投稿するよ
ネットの世界じゃ誰が読んでるのかわからない
評価されたって事は取り敢えず読んでくれたっていう
証になるんだ
ただそれが欲しいから評価スレに投稿するわけさ



831 :名前はいらない:04/01/23 14:26 ID:FIoSQWGr
>830
じゃあ一応評価してるんだからいいんじゃない?
悪い評価でも「読みましたよ」ってことでしょ?

832 :名前はいらない:04/01/23 14:27 ID:mFzU3F1a
まぁ別にそれでいいけど。
そういう自分さえよければ、な自己中精神しかないのに、
詩によってご大層なイメージを押し付けるのが鼻につくんだけどね。
エゴしかないならそれらしくエゴを主張してくれよ。
偽りの自分を主張するために書かれた詩ってのは
ネット詩の典型でもあるけど、そればっかりだと本当に飽きるから。

833 :ささ:04/01/23 14:30 ID:pgnpJCHn

詩のためにかく詩とか謙虚とか
どーしてそんなこと考えるのかなぁ。
詩、事体つまんないものになると思わない?
自分以外の誰のために詩を書くの?
手紙になっちゃうじゃない。
誰かを思って書いたとしても
詩は自分のためでしょ。


834 :ρ(=$ω\)ノ さぃきょぅ ◆PsyCHO8eyE :04/01/23 14:31 ID:4hAbbSPd
>mFzU3F1a
ほっとけほっとけ(笑
何を言っても理解できるとは思えないぞ(笑

単純に読み飛ばせば済む話だし、コテハン出して書き込んでるんなら
ローカルあぼーん機能でも使っとけば(ry

835 :しんしん:04/01/23 14:33 ID:AwoWdxkM
それでいいっていってんじゃん
でも本人には不満なんでしょ底ランク評価が
これは又、別の話しになるっしょ?
善意のある評価者ばかりじゃないしね

836 :しんしん:04/01/23 14:35 ID:AwoWdxkM
最初っから価値観の相違っていってんじゃん

837 :名前はいらない:04/01/23 14:39 ID:1RqAhA+d
どっちもエゴだろ( ´∀`)

838 :名前もいらない:04/01/23 14:46 ID:pgnpJCHn
いーじゃんエゴでも
話し合ってるんだからちゃちゃいれんな〜

839 :名前はいらない:04/01/23 15:00 ID:8iw84fOx
>>824
みんな素直だよ。やりたいことをやってるだけじゃん。
みんなが下手だからそう見えるだけでしょうに。
ここに来てる名無しって厨房攻防が多いだろうし。
つーか、「自分を偽ってる」って言うのがどうも引っかかるのだが。

840 :デヴィ布陣:04/01/23 15:01 ID:O6vrksfb
臭いHP発見…
http://everyone.e-city.tv/index.html

841 :名前はいらない:04/01/23 15:07 ID:Az3SNsus
なかなか、ためになる議論だったな。
よし!一段落したところで放置されたままの作品>>706をみんなで評価してみようよ。

842 :名前はいらない:04/01/23 15:09 ID:1RqAhA+d
ego

あの子のことならよく分かる

あの子は
ブランド物が大好きで 
シフォンケーキが大好きで
イライジャ・ウッドが大好きで
ブルーハーブが大好きで
カクテルはいつも柑橘系で
くしゃみがすごく可愛くて
パンダーZがちょっと好き

あの子のことならよく分かるって
いっつもここから見てるんだから

それで?アンタは何を知ってるの?
かわいいあの子の

嫌いなもの?
嫌いなもの…?

843 :名前はいらない:04/01/23 16:24 ID:uFI4VhqX
>>706
なんかうすた氏が書いたような詩だ…w

評価:D-

844 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/23 16:39 ID:bOYpF5ka
『君と君の作るコーヒー』
自分の下手な作り笑いを この顔に貼り付けて
まるで周りが全部 敵に見えて
おびえながら笑った

自分で作れないコーヒー 砂糖とミルクの加減がわからない
不器用な僕は 冷蔵庫に缶コーヒーをためる


その場を取り繕って 笑いを他の人にあげて
自分の仮面はどんどん磨り減ってった
おびえたら・・・バレてしまう

愛を知らなくて 愛し方を知らなくて・・・

君が作ってくれるコーヒー 砂糖とミルクの加減が絶妙
昔を思い出した僕は 冷蔵庫の前で泣いている


今思えば
愛をくれてたのは 愛し方を教えてくれてたのは
君と君の作るコーヒー

喫茶店で飲むコーヒー 不味くならないように ブラックのままで
不器用な素顔が カップの中のコーヒーで 何故か苦笑い

845 :名前はいらない:04/01/23 16:51 ID:CBFJylvF
おかしい
まだ何もやりたい事が出来ていないのに
気が付けば
また一つ歳を取っている
最近
時間の流れが早くなっていると思うだろ?
そうか
世界中の時計が一斉に狂っているんだ
決めたよ
僕は修理屋になって世界の時間を元に戻そう
大丈夫だよ
僕にはまだ沢山時間があるんだから

846 :ホノルル:04/01/23 17:02 ID:Az3SNsus
>>843さん ありがとうございました。

847 :名前はいらない:04/01/23 17:05 ID:aIT2H77R
【偽りの自分】
俺は学校でいつも偽ってる
本当は目立ちたいけど恥ずかしいから出来ない
本当はわからないのに恥ずかしいから答えの求め方を聞かない
本当は共通の話題があるのに恥ずかしいからしゃべりかけない
本当は好きなのに仲良くなりたいのに恥ずかしいからしゃべりかけない
誰だって仲良くないやつから話し掛けられたら警戒するだろう
その冷たい視線が怖い
違う俺は本当の俺はこんなんじゃない
だけど俺は殻の中
この殻を壊せるのは己だけ
支えてくれる人がいれば
この殻は壊す事が出来るかもしれない
今は一人・・・ずっと一人・・・闇の中
愛するあなたの光が欲しい・・・欲しい・・・欲・・し・・・・い・・・・・・

これって詩になるんですか?

848 :名前はいらない:04/01/23 17:12 ID:NZIFbjA4
>>mFzU3F1a
210はA評価もらってるみたいだけどああいうのがいいの?

849 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/23 17:56 ID:wvKehC2x
おーおー なんだかよぅ伸びてんねぁ よくまぁ昼間っからご苦労なこったわぃ アヒャヒャ
この調子だとあと3日で1000到達すっな〜 まぁ知らんがな もっともっと伸ばしておくれ〜

って俺様の作品論評避けやがったか・・・ ったく骨無しめ

850 ::04/01/23 18:10 ID:M+SYATjr
俺とmFzU3F1aは別人だぞ。
Aとした理由は以前も聞かれたがビビっときただけ。

なんでそんな女がタイプなの?って聞かれてさぁ
うまく説明できる人間がこの世に何人いるか?
説明できる人間だったら俺はもっと有名な詩人になってるよ。


851 :名前もいらない:04/01/23 18:41 ID:w4Oiod/l

針に通す糸のように慎重に
僕は君のとなりに座る

そのたった何秒かの物音に
君の視線を妨げないため

それはたった一度だけでも
僕に興味を示せばいいけど
そばにいる事位はできても
喜ばすなんて到底出来ない

脈拍音は速度を上げる
いかに 冷静ぶってはいても
体は面倒なほど正直だ
ほんの少し君に近づく あとほんの少しだけ
この音が聞こえない距離まで






852 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/23 19:21 ID:XC9lCHbf
>>706
個人的にはこういう詩好きです(*^^)
昔風のロックとか、耳に残る歌になりそうです(褒めているつもり;)
◆PhxXOOBGGU
こんなこといったら疎外されそうな予感;
でも言いたいことなので、言っておきますね。
◆PhxXOOBGGU さんの書かれる詩(?)には
私的にそうかもなぁ〜って思えることが書いてあります。
○○秀和、綾小路○○○○的、とでもいいますか、この板を毒舌で語ったことがのってて、面白かったです。
(お笑い的に受けるかどうかは別の話ですが)
また、べべべべん ぽんという音のリズムにも惹かれました。
十中八九攻撃されると思いますけど・・・・
やっぱ言うのやめておきます。


853 :848:04/01/23 20:43 ID:NZIFbjA4
>>850
>俺とmFzU3F1aは別人だぞ。
別にそんな勘違いはしてません。
どうせならAを取りにいきたいので210はmFzU3F1aの言う
「評価対象として魅力のある詩」なのかどうかを聞いてみたかっただけです。
違うなら210を研究しても全く意味が無いので答えて欲しいところですね。

854 ::04/01/23 20:47 ID:P8gwwBYd
[翼]

ねぇ
叶わない夢なんて無いんだよ
叶えたいのに叶わないのは
あなたの
心が邪魔をするだけ。

失敗を恐れないで
あの大空の何処かには
必ず
あなたの夢が隠れてるんだから

そっと瞳を閉じて
探してみて
形ばかりに捕らわれずに
中身を見ようよ
どんなに荒んだ姿をしていても
たとえそれが
あなたの望んだ姿じゃなくても
何時か何時の日か
本当に望んでいる姿になるから……


ほら
あなたに足りないのは
時間でも力でも知恵でもない
ほんの少しの勇気が足りないだけ


さぁ

855 :雛(続き):04/01/23 20:48 ID:P8gwwBYd


もうすぐ夜が明けるよ
もう行かなきゃ
ちょっとでいいから
勇気を出してみて…
そして
一緒に大空へと
舞い上がろうよ
どうしても羽ばたけずにいるなら
私が
背中を軽く押してあげるから

…高く高く舞い上がれ…

856 :デラシネ:04/01/23 21:06 ID:Jl8hUOR/

>>419
317の評価ありがとうございました。
遅くなってすみません。

まずは質問に答えます。
この詩は、私が、私にむけて書いたもので、
心情的に嘘は無いと思います。
死ぬ直前にどう思うかは、わかりません。
あまり、詩を読んでいたくはないですが・・・。
で、
たぶん、誤解されていると思うのですが、
最後の、お前は生きた。 それでいいではないか。は、けっして、
    お前は生きたからそれでいい      ではないのです。

あまりにも言葉不足でした。
もし、そのように解釈されたなら、
嫌な思いをさせたであろう事を、お詫びします。

後に、書きなおしたものを載せるので、
再評価して貰えると幸いです。
この詩で言いたかった事が、伝わるでしょうか?

857 :名前はいらない:04/01/23 21:09 ID:VDYXwPaR
泣き出した理由は憶えてない。
ただ君の姿が曖昧に滲んでしまった。

拭っても拭っても
当分君の顔は見られそうになかった。

この涙が果てる頃に もし君が傍にいてくれたら
もう一度だけ涙しよう
今度は滲ませないように瞳を閉じて

そんな空想と共に
淵から溢れ出した分だけ拭ってやった。

858 :デラシネ:04/01/23 21:23 ID:Jl8hUOR/
名前: デラシネ
E-mail: sage
内容:
枯れ葉よ お前は何を知った
生きる喜びか・・・
今のお前には ただ
舞い落ちる事のみが許されている

優美に舞え 断末のゆらめきの中を
落ちて 人の足に踏みつけられる事さえも喜びとせよ

その身を卑下する事無かれ
その身に意味を 問う無かれ

お前は生きた   ただ 生きた
だが お前は確かに生きたのだ


859 :名前はいらない:04/01/23 22:04 ID:ROSPh9Hz
文句だけは一人前で 実際はなにもできやしないさ
君の言う通りだよ
あたしはただの文句たれたれ女

やりたい事も 本当ははっきりしてないんだぁ
なんとなくね、
楽しそうだから やってみようかな程度なわけよ
でもさ
肝心なときはね
びびっちゃって 内臓とか縮んじゃって
なんもできないわけよ
情けないね どうしようもないね
君の言う通りだね
あたしは負け人間
犬以下だね

いまさらだけど
もうおそいけど
君の言う通りだった事認めるよ

あたしは負け人間
あたしは文句のかたまり
わかってたけど 認めたくなくて
ここまでおちぶれたよ

あの時
ひねくれてないで
素直にその言葉 うけとめときゃ
今 もっと
楽しかったかもね


860 :名前はいらない:04/01/23 22:18 ID:rizhKqKU
定番の缶コーヒーが一本
冷えた体を暖める為に買ったはずだが
なぜだかとても冷たい
●寒くないと思ったら寒くないんだよ●
そんなスケジュール外れの思いだしにしどろもどろ僕は少し苦笑い

冷たいを選んでしまったなんて今更言えないしなぁ

寒くないったら寒くない暖かいったらありゃしない

そう思ったら
確かにああ、寒くないな。

定番の缶コーヒーが一本
飲み口を開けると迷わずに缶タブを捨てた
●そこにはウドがいるんだよ●
そんなスケジュール外れの思いだし笑いに僕は少しいったりきたり

君の言葉は暖かいカイロの様であって
君の言葉は暖かいカイロの様であって

今でも僕を冷めずに支えている

861 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/23 22:26 ID:GOqXk+fZ
>>830
>評価されたって事は取り敢えず読んでくれたっていう
>証になるんだ
>ただそれが欲しいから評価スレに投稿するわけさ

そうやろうね。それもあると思う。
ただ、「自分はこんなこと考えてる」「自分はこれを表現したい」っていうのより
「こんなことを考える俺を書きたい」「こんな表現もできるんだ」
ってのが目につきすぎるってことじゃない?根の部分でね。
そういうワンクッションおいての詩もありやと思うけど
そんなのばかりやと、そら移入できんよね。
しかもここは評価スレで、そういうの一番向かないよね。
例えばしんしんが絵書きの大家だとしてこんなのきたらどう?
「せんせい!これ僕が書きました!どうですか!!」
って額縁に入れた絵を持ってこられたら。
最初みたら「おお!」か「ばか?」ってかんじやろうけど、次々そういうの来たら?
しかもその絵がプロ作家の絵をコピーしただけのものを貼り絵のようにしてたら?
最初みたら(ry

まあこれしんしんとmFzU3F1a議論の根本からずらした意見やけど
本音の意見を一つだけ言わせてもらうと
「読み手を意識しない詩は100篇見てもその価値なし」

862 :◆tr.t4dJfuU :04/01/23 22:36 ID:KE2XnMWz
(*^_^*)ニコニコ

863 :名前はいらない:04/01/23 22:37 ID:bxm72gJU
一人が好きと
強がって
そのくせ
いつも周りは
友達だらけ

一度強がると
その蟻地獄からは
ぬけだせないもんだ

くそー
どらえもんがいたら
強がったことなんて
ちょちょいのちょいで
帳消しに
してくれそうなのに〜!!

864 :翔 堵:04/01/23 22:41 ID:ZZ5SoRI7
   理想
弱い僕の強がった世界が揺れる・・・
僕の強がりが壊されて 
僕の弱さが際立つ
『俺は馬鹿だ』

こうなることはわかっていたはず
こうなることは予測しいてたはず
じゃぁなぜこんな気持ちになるんだ
俺が甘えていたから?
俺が強がっていたから?
俺が・・・弱いから

『この切なさを超えてやる』
どんな強がりでも
また生まれる。
『君が後悔するぐらい羽ばたいてやる』
そんな強がりが萌える中
弱い僕の強がった世界が
広くなってゆく


865 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/23 22:50 ID:6HuM1+t5
[枯れ木]

忘日の音を聴く
軽やかな和音達
鳴り響く大講堂
空席ばかりの場
別れを告げる今

866 :名前はいらない:04/01/23 22:50 ID:KKyA1xWu
唄 うたえない状況なので 困る人多し かな  僕そのひとり あ    あのページはちょっとね  




867 :ホノルル:04/01/23 23:32 ID:Az3SNsus
寿 樹庵 さん 706評価して頂いてありがとうございます。ホノルル、とってもガッツが沸きました。

868 :名前はいらない:04/01/24 00:39 ID:8EuMY2kr
ぼやけた私と リアルな情景
私は溶け込めないでいる

一緒に歩いて行きましょう
腕を組んで 手を取り合って

あなたと溶け合っていれば
私は何も恐くないから

満ち足りていても 道は遠いな

869 :名前はいらない:04/01/24 00:44 ID:fet0OksR
--------------------------------
[日常時間]

a.m.9:00の普通電車。
少し古ぼけた町並み。
青い空。
改札をくぐる。
ふと君の姿が眼に映る。

a.m.12:00のコンビニ。
トラックと、街の喧騒。
鳩が舞い上がる。
アスファルトの陽炎。
君の手の温もり。

p.m.3:00の自室。
ブラインドから洩れる光の筋。
体が汗ばむ感触。
喘ぎ声。
君の、少しだけ速い鼓動。

p.m.6:00の駅前。
少し古ぼけた町並み。
紅い空。
改札をくぐる。
君が、笑った。
--------------------------------

870 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/24 01:45 ID:C/UMqSXB
「つまり」

きみ 0 【君】(代)二人称。

の(格助)(1)(ア)後続する名詞との所有・所在・所属・行為者などの関係を表す。

センス 1 [sense]物事の微妙な感じや機微を感じとる能力・判断力。感覚。

ご 1 【五/▼伍】数の名。四より一つ多い数。

プラス 0 1 [plus](2)加えることを示す記号。また、正数の符号。「+」

アルファ 【alpha; A・α】(4)基本となる数量に付け加える若干の量

で〔格助詞「に」に「て」の付いた「にて」の転。中古末から中世以降の語〕(格助)
(4)手段・方法、または道具・材料を表す。

ひょうか ひやう― 1 【評価】(名)(1)物の善悪・美醜などを考え、価値を定めること。

する 0 【▽為る】(動サ変)[文]サ変 す(「…(を)する」の形で)
(1)(動作性の名詞を受けて)ある動作・行為を行う。

よ(終助)(1)詠嘆の気持ちをこめて断定したり念を押して確かめたりする意を表す。

エクスクラメーションマーク 10 [exclamation mark] 感嘆符。「!」
ブイ 1 [ V ・ v ] (3)体積(volume)を表す記号( V )。
し 1 【四/▼肆】数の名。三より一つ多い数。よ。よつ。よっつ。よん。〔「肆」は大字として用いられる〕
ドット 【dot】(1)点。ポイント。
れい 1 【零】 〔数〕(1)記数法で空位を表す。(2)被減数と減数が等しいときの差。ゼロ。
いち 2 【一/壱】 (1)数の名。自然数の第一番目の数。ひとつ。

三省堂提供「大辞林 第二版」より一部抜粋

871 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/24 01:47 ID:C/UMqSXB
スマン・・・これ抜けてた

だんかい 0 【段階】
(1)能力などの差によって順々に設けた高低のくぎり。等級。

872 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/24 01:54 ID:C/UMqSXB
スマンやっぱ>>870-871はナシにして。
冷静にみるとマッタクおもしろくなかった。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
とばして次どうぞ。

873 :風の谷のオクムラ:04/01/24 06:32 ID:lmjKVwTs
>>858 Bに近いC
そうだよね。枯葉は貴方自身を比喩しているんだよね。
自分の生や死について何を思うかは、その人自身が解釈すべきことで
私のでる幕はない。ただ舞い落ちる葉でも枯葉でも、葉っぱを自分に喩える詩は
かなりあるので、これだけだと面白味に欠けると思いました。

>>859 D
自分を負け人間だと思うのはいいけど、そう自分に評価を下してしまう自分に対
する反省が必要だと思います。このままだと救いがなくて面白くない。
あー嫌になるくらいのニュアンスは入れたほうが。

>>860 D
前半は、まあありきたりだけど、寒いとか熱いとかの言葉遊びに多少面白味がありました。
ただなんというか、表現方法には気を使ってくださいね。まずは寒いと冷たいの語感の差を
知った方がいい。

>>863 Eに近いD
仮想に逃げるのはよくない。子供っぽい。

>>864 評定不能
自分のプライドと現実との間に軋轢を感じるのは青年期特有の感情か。表現が曖昧なので
ちょっと評価できない。

874 :風の谷のオクムラ:04/01/24 06:33 ID:lmjKVwTs
>>865 評定不能
忘日というのは造語かな?ここでは忘れてしまった日くらいの意味だろう。
(造語は基本的には不親切だと思う。これしかない時にだけ使う方がいい)
三行目までのイメージの広がりは良かったと思います。ただ残りの2行が解かり
ませんでした。残念(←私が)。表現を変えた方がいいのでは。

>>868 評定不能
あなたって、読者である私のこと?!んなわけないか、恋人なのね。読者に話している
という視点が必要。

>>869 Bに近いC
恋人がアパートかなんかにきて、逢瀬を楽しんだってことで、これは日々の常である
日常というよりは特別なことのような気が。
表現内容は恋人との関係の一幕なので、その視点から書き直した方がいいのでは。

875 :しんしん:04/01/24 07:35 ID:ntJ6YFst
おはよぉ〜!最後に、、、、、
たとえ自分の為だけに書いた詩でも他人には伝わる
と俺は思う
なぜなら人は寂しいから誰かにわかってほしいから
詩を書くんだ
感情を持たない人なんていないだろう
だからどんな稚拙な詩であれ誰かの心には伝わってる筈なんだ
まあ俺がある意味、難しい言葉をつかわないというのは
読み手を意識してる事になるのかもしれんがね


876 :名前はいらない:04/01/24 11:47 ID:8sq4PFES
狭い真四角の空間に閉じ込められた金魚を見ると
自分は自由なんだって本気で思う

餌をあげたのに気付かないでドンドン飢えていってる金魚を見ると
自分は毎日ご馳走を食べてるお姫様なんだって思う



877 :857:04/01/24 12:01 ID:chG35+NC
すいません。
ついででいいんで評価おながいします。

878 :名前はいらない:04/01/24 12:47 ID:fet0OksR
>>874
>>869の者です。
評価してくれて、どうもありがとう。
もっと上手に書けるように勉強しますね。m(_ _)m

879 :抑揚@聖域なき詩作改革(10ヶ年計画):04/01/24 14:31 ID:PzhFPY4U
「神通力」

足らない もっかい 網戸の隙間から
あいらぶゆぅ 確かめたらがらんどう

雷神の背中で笑い転げてるのは
ヘソは大事だからだと知るならば

雨はやがて止むだろう
ありがたいことに虹もでるだろう

わすられない日になるだろう
抗えないものを知るだろう

どうか もっかい 雨戸を超えて
あいらぶゆぅ 確かめたら奈落はそこ

880 :「はえ」:04/01/24 14:41 ID:jdY69gES
東京 一人暮らし 彼女なし
はえが一匹飛ぶよな 正午過ぎ
垂れ流しのサッカー中継は 無音処理
お母さん
煙草が目に凍みて
目に凍みて

フローリングに反射するひかりが
やけに機械的でした
霜焼けた足の爪を
懐かしそうに弄りながら
風呂が張るのを待っています

服を脱いで靴下脱いでパンツを脱いで

風呂場に入ると
そこは渋谷のスクランブル交差点でした
恥かしくって恥かしくってダッシュで逃げたけど
誰もぼくには気付いていませんでした

881 :名前はいらない:04/01/24 15:05 ID:tOcWxh8u
未評価
>>857
>>854-855
>>851
>>847
>>845
>>844
>>842

このスレが流行ってるのはいい事だ でも
評価人も大変だ 
みんな評価人に感謝しなきゃな

882 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/24 16:25 ID:q+zLEocD
なんだよ前日は盛り上がってたのに今回あんまり伸びてないじゃんか!! まったくもー プンプン
なんだかふざけた作品が減ってきてレヴェルが高くなってきたなぁ 評価人も大変だ罠 うんうん

>>852
良い着眼点をしておるねチミ おっと何も言わなくていい、俺には君の言うこと全て理解してるからな 
で、結論だけ言ってしまうと「Cランクくらいかな?」って事でつね。返信しなくても俺には分かるよ まぁ乙

>>870-872
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <アンチの方も僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

883 :陰離らす:04/01/24 16:29 ID:2d1DYWOd
まだ新参者悪しからズ
>857
評価C
わかりにくさ、とやすっぽさ
が両立してしまっています。
七行から八行への転換の意外性をもっと大切にしてみてください

884 :857:04/01/24 16:35 ID:eKUCHqmT
>>883
評価ありがとうございます。
指摘された点に注意してもっと深い詩が書けるように努力します。

885 :名前はいらない:04/01/24 17:22 ID:PlGxi8Ax

-本物-


「いらっしゃいませ。何になさいますか?」
仮面の男が僕に尋ねた
僕は綺麗なハートを指差した
「偽物の愛になさいますか。やはりそうだと思いました。」
僕は黙って首を傾げた
男はかまわず話を続けた
「これは貴方を傷つけません。今一番売れています。」

僕は綺麗なハートを手に取った
中身は無くて雪より冷たい
僕は思わず手を離し
冷たいハートは金属の音
「お気になさらないで。それはとても頑丈です。」

僕は棘だらけのハートを手に取った
本物の愛を手に取った
それは僕の手を傷つけて
真っ赤な血を流したが
暖かくて誰よりやさしい
僕はそれを抱きしめた

「それなら御代はいただきません。」
「でも気を付けて、それは貴方をなにより深く傷つける。」
男は仮面をはずして僕に笑った
僕の顔して僕に笑った

886 :名前はいらない:04/01/24 18:31 ID:eKUCHqmT
君の手をなんとなく握った。
あいにく君は手袋をはめていたから
その冷え切った手に気付いてやれなかった。

君は手を握り返さない。
でも君は手を離さない。

途中 ポケットに突っ込んだ携帯が鳴ったけど知らないふりをした。
この手を離せばそれがサヨナラだから。

改札口で二人はそっと繋がりを解いた。
最後に君はなにも言わず軽くその手を上げただけだった。
僕はそれを何も言えずにただ頷く事しかできなかった。

帰り道 喪失感に満たされないように着信履歴を眺めた。
一番上に見憶えのない番号
その下には君の…

一通のメールが届いた。
僕は取り憑かれたようにそれを開く。

「少し温まりました」

北風が舞う中 君が帰るまで
どうかそのぬくもりが残っていてほしいと
ささやかな祈りを呟いた


評価おながいしまふ

887 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/24 19:26 ID:KPoqx6re
882    ◆PhxXOOBGGUさん
C+ぐらいです(^^)
ブラックジョークが面白いです。
自作を気長に待ってます。
叩きに負けるな、頑張れ(^^*)!

888 :薬子 ◆FjOpeTE2Ts :04/01/24 19:41 ID:HBInYCjI
[いらずやま]

不規則な歩幅
手足が寒くて

帰れない玄関
夜空が黒くて

出せない感情
傍に居たくて

起きれない朝
太陽が明るい

889 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/24 19:59 ID:q+zLEocD
うんうん 今時の日本人にしては素直なやっちゃ、明らかに人生得しとんねぇ
レス番付けると雰囲気つまらなくなるから、、まぁ誰とは言わんがな むっはっは

さらば

890 :北が来たー☆:04/01/24 20:02 ID:KFRVnt0O
875のように、自分の視野の狭さで、全てを計ろうとする馬鹿もいれば
870や876のように君を無意味に連発し、日本語を貶めることに
長けた超人もいるぐあぁーーーーーーしかし
マジいい加減つまんねぇー
だってセンスも、良い人間関係も
ポテンシャルも、都会性も
美意識も、アフォリズムも
技術も、奥行きも
何もかもここにはねーんだもんゲラゲラ!!

元祖雑魚のお遊戯スレに決定☆!!

891 :名前はいらない:04/01/24 20:04 ID:8EuMY2kr
生命の誕生は 宇宙の中のビッグバン
なんて言ったらカッコいいけど
実のところは 希望と絶望のスペシャルミックス

そいつは甘くて 辛くて 苦くて 酸っぱくて
なぜかヤミツキになっちゃって

指についた名残を舐めれば
それは極上のフレイバー

そしてこう言う

不味い…もう一杯

892 :名前はいらない:04/01/24 20:24 ID:bl54oTMQ
ただただ
腹がたって
魂が枯れるまで
泣きました
でもまだ
胸はいらついて
気が済むのなら
この地球まで
壊したくてたまらない






もうやだ
つかれた
きえたい


893 :北が来たー☆:04/01/24 20:28 ID:KFRVnt0O
じゃあしねば?
いなくなっても、誰もこまらねーってww

うせろ!!

894 :名前はいらない:04/01/24 20:43 ID:bl54oTMQ
しねばって言われて
友達がまじで死んだから
そういう事言わない方がいいよ。
最低。


895 :名前はいらない:04/01/24 20:57 ID:8EuMY2kr
>>893が死んだ方が誰も困らないどころか世の中のためになることは間違いない

896 :名前はいらない:04/01/24 21:03 ID:BR0HZ5fA
詩板嫌われ者ナンバーワンの座を アンダーバーから見事に奪った北が来た 彼はとりあえず 無視した方が良いとおもわれ

897 :◆tr.t4dJfuU :04/01/24 21:03 ID:MOmPp2+C
>>893
(*^_^*)ニコニコ

898 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/24 21:06 ID:q+zLEocD
>>894の一言で急に空気が重くなってきたな・・・。 パート4まで伸びたが今までにない重さだ・・・

>>895
そこで煽るなYO

>>896
ドサクサに紛れてお前もだYO

>>897
前からニコニコし杉だYO

899 :中2へぼドラマー ◆SG.K1Oj0js :04/01/24 21:07 ID:4jjCXqla
ある人は言う「あの鳥はかわいいね」と
ある人は言う「あの鳥はおいしいぜ」と

いくら いいこぶったことを謳ったって すべては自分のためにある
エゴじゃなきゃ進めないさ すべて吸い込んで

生きる意味探して人は旅を続ける それこそが答えなのに 
夢や希望抱えて 不都合は切り捨てよう なんだかんだで明日は来る


陽だまりで言う「あなたを愛してる」と
物陰で言う「結末は on the bed」

いくら 純粋さを表面に出したって すべて見抜かれる時が来る
エロじゃなきゃ愛せないさ すべて飲み込んで

ゼロになることほどやりがたい事はない それこそが課題なのに
だけど何もかもに向き合って話し合おう なんだかんだで明日は来る


(つづきは↓)

900 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/24 21:08 ID:q+zLEocD
つづき&900GETだぜ

901 :中2へぼドラマー ◆SG.K1Oj0js :04/01/24 21:08 ID:4jjCXqla
カレンダーふとめくれば 過ぎた日が蘇る
アレも嫌でコレも嫌で 目を塞ぎたくなる
だけど 頭抱えてるうちに 時計はぐるりぐるり 回る
自分の歩幅でいいから 秒針を追おう


生きる理由を知っても人は旅を続ける 新たなる壁を越すため
だから何もかもに向き合って話し合おう すべて原動力にできるさ
ゼロになるほど また笑顔になれてくのさ 動き出そう 自分のために
夢や希望抱えて 不都合も足しにしよう なんだかんだで明日は来る
なんだかんだで明日は来る

902 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/24 21:09 ID:q+zLEocD
よっしゃ、とうとう100切ったな!! 残り50になったらタイムリミット君を呼んでこよう・・・

903 :中2へぼドラマー ◆SG.K1Oj0js :04/01/24 21:10 ID:4jjCXqla
歌詞っぽくない歌詞です。タイトルは「チェンジ」
辛口評価でお願いします。

904 :中2へぼドラマー ◆SG.K1Oj0js :04/01/24 21:11 ID:4jjCXqla
歌詞っぽくない歌詞です。タイトルは「チェンジ」
辛口評価でお願いします。

905 :しんしん:04/01/24 21:12 ID:FyupH5V/
アンダーバー
煽りに少しはウェットがある
キャラ的に詩坂に必要
北が来た〜☆
煽りに品がない
いない方がまし

906 :容量少な目 ◆/4.7OGB.Lw :04/01/24 21:20 ID:Uh2U9aNV



風が吹き雨が降り
それでも水に浮かび
どこまでも流れ続けて
たどり着いた流木よ
お前は何を見ただろう
太陽は輝いていたか
鳥はとまったか
疲れた羽を癒せたか
どこの国から来たのかは
わからないが
俺はお前に座って思う
この干からびた
この朽ち果てた
体をもって
どれだけの時間を生きたのか
なあ
流木よ




907 :◆tr.t4dJfuU :04/01/24 21:25 ID:MOmPp2+C
>>896
。:(;Д;):。゚エーンエーン うわ〜ん

908 :名前はいらない:04/01/24 21:28 ID:h0ulrQZH
test

909 :名前はいらない:04/01/24 21:28 ID:h0ulrQZH
お前ら死ねば?

910 :しんしん:04/01/24 21:31 ID:FyupH5V/
>>北
どう考えても嫌われてるのは
北が来た〜☆でしょ
北はだっていい奴だもん
俺と最初になかよくしてくれたのは北だったし
北がいなかったら詩坂に住んでないかもしれないしね

911 :◆tr.t4dJfuU :04/01/24 21:37 ID:MOmPp2+C
ぼ、ぼくは‥
詩板を荒らした遍歴がかなりあるんだよ〜!

(ToT)わーんわーん

だから恨みをかっているのは当たり前。

(*^_^*)ニコニコ

912 :北が来たー☆:04/01/24 21:38 ID:KFRVnt0O
>>910

馴れ合いにしろ、自演にしろおまえきもい!!
嫌われるということに、拘ってる時点で
それが、貴様のコンプレックス20過ぎでその脳容量はヤバ過ぎ藁
つか、おまえエゴ太とかいうきしょいモーホーだろ?藁藁



913 ::04/01/24 21:39 ID:MOmPp2+C
あっ、経歴ね。
(*^_^*)

914 :名前はいらない:04/01/24 21:39 ID:h0ulrQZH
別にどっちでもいいしな。お前なんか自分が思ってるより注目されてないよ。

915 :北が来たー☆:04/01/24 21:42 ID:KFRVnt0O
>>894
もう一度、言うね
きしょいから、死ね負け犬菌!!

>>895
どういう論点から、その結論に到達するかの過程を省く所で
貴様の学歴の低さと、教養の無さが丸分かりw

916 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/24 21:57 ID:q+zLEocD
>>905
おーおー他人のイロハを語るほどまで熟知したんかぃ、すごいじゃんか。まぁ何処の板にもいるなこーゆぅタイプ(pu


ひょえーーー雑談ならまだしもすっごい事になってる〜 これはなにかの工作か??キャーキャー


917 :イナカモンに名前はいらない ◆DJgesm.zSM :04/01/24 21:58 ID:ZHavIyia
…えっと、このスレは詩を評価してもらうスレ…で…あってますよね?(藁

918 :◆tr.t4dJfuU :04/01/24 22:01 ID:MOmPp2+C
(*^_^*)ニコニコ

919 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/24 22:02 ID:q+zLEocD
>>917
いいえ、ここは
「エロ動画を収集している半角の住人が暇潰しに死板の作品を貶しながら良い勢いで1000を目指すスレ」

です。その辺はよろしく

920 :しんしん:04/01/24 22:04 ID:FyupH5V/
>>916
必要とされるだけまだマシなんだってw


921 :初心者:04/01/24 22:23 ID:rvS4NJ/v
「田舎道」

霧の中 田舎道
車走らせ Mid night
街灯はぼやけて にじんで 月もなんだか泣いてるようで

田舎道で見る星空は とても きれいなのです たまに星が流れたりするのです

一人で走る 田舎道
やっぱり寂しい Everynight
眠くなったりしますので Radioも必ずつけてます

田舎道で見る夜明けはとても きれいなのです 朝日に感動するのです

いつか君と一緒に見たいなと 思ってみたりするのです




922 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/24 22:40 ID:b//ubXgZ
>>919
悪いが1000は俺がもらうw

923 :イナカモンに名前はいらない ◆DJgesm.zSM :04/01/24 22:43 ID:ZHavIyia
*phone20020930


空、見上げてごらん
太陽が見える?



どんなに遠くても寂しくないよ

時間や言葉
天気や星座

ほかの何が違っても
太陽と月だけは同じだから

太陽を見て
月を見て
その光だけが二人を繋いでいるのだから


今、あたしたちを繋ぐ赤い糸は
太陽と月からの光


イツカ ココロデ ツナガルマデハ…

924 :名前はいらない:04/01/24 22:49 ID:4SPMMORZ
>>707も評価お願いします

925 :根暗:04/01/24 22:51 ID:frDrPOwF
「ベルクソン」

俺は幽霊を見たことがない
だから あの世なんか信じない
俺は詩を読んだことがある
でも詩は信じない

Aは一元論 Bは二元論 Cは三元論 Dは四元論 Eは五元論
Aは生きる意味 Bは死ぬ意味 Cは悩む意味 Dは歌う意味 Eは意味の意味
Aは頭で感動 Bは手で感動 Cは腰で感動 Dは足で感動 Eは全身で感動
Aは猿 Bはゴリラ Cはマントヒヒ Dはオラウータン Eは人間
 
多様性は質的な差異に対応する差異化の線を作りつつ現実化する
本質的には連続性 異質性 単一性の混合が評価であるという
誤謬が混乱をもたらす


926 :名前はいらない:04/01/24 23:00 ID:FYLzhg++
トンネル

トンネルをくぐっても
くぐる前と同じ風景
トンネルをくぐっても
くぐる前と同じ風景
真っ白 真っ白な全部
真っ白 真っ白な全部
トンネルをくぐったら
空気が寒くなった
トンネルをくぐっても
くぐる前と同じ風景だけど
真っ白 真っ白な平原
真っ白 真っ白 果てまで
ずっと ずっと 地平線の奥まで
奥まで奥まで行くとトンネルが見えて
そこをくぐると 
くぐる前と同じ風景
真っ白 真っ白な脳
真っ黒 真っ黒な心が
真っ白 真っ白な平原と混ざって
灰色 灰色な空
真っ白 と 灰色のふちの地平線の奥まで
ずっと ずっと 果てまで
奥まで 奥まで 進んでいくと
トンネル トンネル トンネル
灰色 真っ黒 灰色 真っ白
 
真っ白な

927 :名前はいらない:04/01/24 23:08 ID:LJdC7Rt/
ここ以前の詩は無かった事にしてください

928 :名前はいらない:04/01/24 23:12 ID:8IcVZnE1
「凍死」

おまえのあたまにうんこちゅうにゅう

まふゆのけものにうんこちゅうにゅう

いつからいたんだディオニュソス

かじかむてのひらむかえいれ

はきだす温度は 奇跡の死

おまえのあたまにうんこちゅうにゅう

まふゆのけものにうんこちゅうにゅう



929 :サンドウィッチ ◆NpqLp96rfA :04/01/24 23:18 ID:8IcVZnE1
↑初作品です

930 :「貧乏」:04/01/25 00:07 ID:hfQA6saD
中指を空にかかげておくれ、
大きなダイヤモンドをあげるから。

931 :デラシネ:04/01/25 00:21 ID:AdXsNKtZ
》873 858の評価ありがとうです。(^.^)

932 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/25 01:17 ID:dFZsD/X7
>>922
はぁ?普通に俺っしょ。チミが1000取ったら言われたことなんでもしてやるよ(ゲラ

>>924
あれDで十分。輪廻って本当はどんなもんか知ってんの?評価するも糞もそんなセンス高くない、つーか煽り抜きで低いyo


チッ ついさっきここと似たようなスレッドが出来やがった・・・ これで3レス目か・・・。なんだかなぁぁぁ

933 :名前はいらない:04/01/25 01:58 ID:H5K7QevD
ロマンチックなパラダイス
一人で踊ったワルツの調べ
愛しのアイツも連れてこよう
何故ならここはパラダイス

ニャーニャーないてる マイダーリン
餌なら六時にやっただろ
欲しがってるのは何かいな?
そうか そんなにパラダイス

934 :抑揚:04/01/25 03:55 ID:Vwi64OmO
どっから未評価やー!俺がズバズバ評価したる!

935 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/25 04:07 ID:dFZsD/X7
>>934
そのくらい自分で検索してくれや〜 初心者も安心納得の完全セルフサービスやねん

936 :抑揚:04/01/25 04:30 ID:Vwi64OmO
>>842 C; オレもパンタロン好きw
前半の流れが少ししつこかったかな。
でも、ラストの困惑は良く出てると思う。

>>844 D;もう少し流れがスムーズで読み易ければ、
また違った評価だったと思う。
書き方によってせっかくの内容が読み取りにくくなっている。

>>845 C;言ってることはいいけど言い方がちょっとチープかも。
「僕にはまだ〜」の最後の行が稚拙で、そこがマイナス。

>>851 C;前半の言葉遣いや流れは秀逸。
ただ後半が少しだらけたので、後半にもその巧い描写の一つでも
持ってきて欲しかった。

>>854-855 D;短縮評価にご協力を(他評価者求む)

>>857 D;言葉を慎重に選んでいれば、
これも評価が違っただろうなぁって詩。
日本語は似通った語彙が多いから、
例え意味が合っていても、より雰囲気にあった語彙を選択できるはず。

>>879 オレの詩。評価ヨロシク。

>>880 C;描写は巧みだけど、それだけに留まってる感有り。
書き手の意図を読み取りかねる。

>>885 B;ショートショートに近い語り口で、
イメージが自然と沸いてくる。放って置いても完成されるであろうセンス。

>>886 D;短縮評価にご協力を(他評価者求む)

937 :抑揚:04/01/25 04:33 ID:Vwi64OmO
>>888 B;短縮評価にご協力を(他評価者求む)

>>891 D;オチ以外は普通に読めたのに残念。

>>892 D;やるせなさすら表現できてない。

>>899,901 D;短縮評価にご協力を(他評価者求む)

>>906 D;なんか堅苦しい感じがするなぁ。
変な言い方だが、もっと元気良くのびのびと書いたほうが、
良いものを作れそうな作風。

>>921 D;中途半端な英単語が有効な手法として用いられてるとは思えない。

>>923 D;短縮評価にご協力を(他評価者求む)

>>925 D;短縮評価にご協力を(他評価者求む)

>>926 C;なんか素敵なウザさ。しつこいし目障りな絵面なんだけど、
不快感はない、どっちかっていうと効果的に思える。

>>928 D;短縮評価にご協力を(他評価者求む)

>933 D;中途半端。書いてる途中でめんどくさくなって投稿したような、
そんな中途半端さが不快だYO

938 :名前はいらない:04/01/25 04:51 ID:vXFQMJji
評価神キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

939 :抑揚:04/01/25 04:53 ID:Vwi64OmO
評価神キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!って
   キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

940 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/25 04:56 ID:V8EmD8ev
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

941 :soft ◆941getSIA6 :04/01/25 05:00 ID:V8EmD8ev
950欲C

942 :名前はいらない:04/01/25 05:02 ID:vXFQMJji
ではここ以前の詩は無かった事になります。
評価されてない方は自己申告でおねがいしますよ。

943 :抑揚:04/01/25 05:03 ID:Vwi64OmO
え、あの、>>879 オレの詩。評価ヨロシク。

944 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/25 05:12 ID:V8EmD8ev
今まで 他人を評価しなかったし これからも評価はしないつもりだったのにYO
第一 俺はそんなに目が肥えてないっつぅの
でも 暇だし・・
>>879 仏教嫌い がらんどう って漢字じゃなかったかた最初はなんの事かと思ったし
それとなぁ 俺だからかも知れんが ナニイイタイカワカラン
とりあえず 俺にはわかりづらい詩だ D〜C 多分D

945 :名前はいらない:04/01/25 05:16 ID:vXFQMJji
二回告白してふられたんだろうかと妄想。

946 :soft ◆946getcfc2 :04/01/25 05:26 ID:V8EmD8ev
みんな寝やがったな
俺も寝るか

947 :名前はいらない:04/01/25 06:26 ID:H5K7QevD
傘からしたたる水滴は
水溜まりの上で踊ってた
煙草を一本くわえてみるが
胃腸がどうにもパラダイス

街角 濡れてる子猫がミャーミャー
震える背中は誰かみたい
傘も差さずにパラダイス
面倒臭いから食べちゃった

948 :886:04/01/25 09:27 ID:50aWlapU
>>936
評価サーンクス。
こちらも他評価者キボソ

949 :名前はいらない:04/01/25 10:18 ID:U9VX/e9u
「蜜蜂」

君が不正解だなんて
一体誰が決めたんだ

君を決めるのは君だろう
其れとも君さえ嫌いな君を
僕に好きになれとでも言うの

君を好きだと僕が言えば
君は君を好きになれるの
僕が君を嫌いと言っても
君はやっぱり君なんだよ
君の正解と不正解くらい
君が決めろ

もし仮に
僕が君を認めたならば
君は君を好きになれるなら
僕は君を好きだと言うけど
そんなの虚しくならないか

より君を認めてくれる人が居れば
君は簡単に其処に行ける人だろう
其れじゃ君は馬鹿な蜜蜂みたいだ

君を決めるのは君だろう
僕を決めるのは僕だから
君がどんなんだって
僕は君が好きだけど

950 :名前はいらない:04/01/25 11:16 ID:4eF5ix3s
笑ったように見えたのは気のせい?
迷いが断ち切れないでいるから そんな風に見えたのかなあ

ふわり と小さなこどもの手から風船が逃げた

あわてて追うけどその差は開いてゆくばかり
ああ 何だか僕を見ているようでもどかしいなあ

僕は一体何を追いかけていたんだっけ?

君はあのとき、ホントは笑っていたの?
僕はあのとき、ホントは泣いていたの?

ぱぁん と小さなこどもの追う風船がはじけた

これであの子は風船のことを忘れるだろうか

手から離れた悲しみも 追いつけないでいた悲しみも 全て忘れてしまうだろうか

この僕のように
今の僕のように


君は笑っていなかったね 今ならはっきり思い出せる

風船が割れた今だから

951 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/25 12:33 ID:a6X9exEF

向日葵 入道雲
麦藁帽子や 虫かご
今にも壊れそうな網
空を鳶が飛んでゆく

土の地面に 照りつける太陽
植物はうなだれたように萎える
焦げ茶の葉を垂らす雑木が場違い。

どこまでもつづく道
この道をずっと行ったら 町に着くだろう
うしろにも どこまでも行く道
この道を辿ったら 背丈の長い雑草が蒸しかえしいる草原に着く
僕は町に戻って ひとの仲間入りをしたかった
だけど 僕の居場所は 町にはもう無い
「常識」という部厚い壁が
違う「個」をもった僕を疎外する まるで社会の「方程式」
分からない奴は 社会に居る資格は無いと

蒸し暑いひと夏の炎天下
僕は途方にくれたまま ぼーっと立っていた
高い草のあるところへ行けば 少しばかりは涼しいかもしれない
草原へ向って歩を進める



952 :寿 樹庵 ◆qnBeHfchc. :04/01/25 12:34 ID:a6X9exEF
のこり48れすよ。

953 :名前はいらない:04/01/25 13:05 ID:0Jv5lmN3
空白の天を仰ぎ見れば
互いの心に同じ白は舞う
虚ろな何処から
降り注がれる冷えた羽片も
共に融かし合う温もりだけ
信じて

954 :◆eUm.g33.8M :04/01/25 13:29 ID:u7T88gqf
battle5


皆既日食。夜が明ける。雲海の上。気圧の塊。

キラキラ光る硝子の破片。深海で灯る異質な宇宙。

高温の完全な円形。命を捧げる祈りの舞台。上に登る長い階段。

心臓が血を送り出す。古い時計が動き始める。

足元を叩く祭りの踊り。黒煙を上げるガソリンの臭い。

時間を間違える狭い空間。待ち続けている白い腕。

最期まで続く長い曲。

955 :名前はいらない:04/01/25 14:33 ID:chS5Hh+p
>>886 D 「僕」の気持ちが全然伝わってこない。
話に幾つか矛盾があって作り話なのがすぐバレる。彼女の台詞はちょっと良い。
>>947 E 意味が分からない。読み取れてないだけだったらスマン。
>>949 C 言いたい事は伝わるけど蜜蜂が唐突。
>>950 D 風船の挙動が嘘臭い。なんでもいいから割れ物に喩えたかったと言う印象。
>>951 D 町の描写だけ抽象的で理屈っぽい。「町に戻って」と言ってる割に想像だけで語ってるみたい。
>>953 D 言葉は綺麗だけどただ事実を述べただけで終わってる。
>>954 E? 僕には意味が分からないです。解説希望。

956 :◆eUm.g33.8M :04/01/25 14:46 ID:u7T88gqf
>>955

954>battle5


これはゲームの曲を聴きながら書いたもの。

ドキドキ感☆(目から入ってきて腹の中に落ち、足元まで行った後、背中を通って頭に乱入してくるようなヤツ)
を表現。


オチなし。意味なし。底もなし。



957 :名前はいらない:04/01/25 14:47 ID:XSjkrTX6
千千に刻まる言の葉に
とってかえすは不可視の波
りくつじゃないんだ!
たいくつなんだ!
いびつがなんだ!
なんなんだ!


958 :名前はいらない:04/01/25 15:02 ID:2BQBVe3h
>>956
どうも。
試しにスーパーマリオの曲を聴きながら読んでみましたが、あまりドキドキしませんでした。

959 :名前はいらない:04/01/25 15:03 ID:2BQBVe3h
↑ID変わってるけど955です。

960 :◆eUm.g33.8M :04/01/25 15:14 ID:u7T88gqf
>>958
不覚にもスーパーマリオで笑いました。
まじめによんで下さってどうもありがとうございました。

961 :今日はヒマ ◆eUm.g33.8M :04/01/25 15:35 ID:u7T88gqf
【冬夜空雲】

高い空に雲がかかって月が透けて見える。

空は高い。

月は明るい。

夜なのに薄明るい。

雲は薄く浮いている。

冬の始まりの夜で寒い。

高い空に雲がかかって月が透けて見える。



962 :名前はいらない:04/01/25 16:06 ID:+TpUrdud
なぜに詩を読む

963 :名前はいらない:04/01/25 16:15 ID:4eF5ix3s
詩が私に詠めと訴えかけてくるからだ

964 :なみなみお:04/01/25 16:23 ID:GQvdxzw/
>>937
評価ありがとうございます。
>>880の「はえ」はぼくが書きました。
詩の意図は、ぼくにもよくわかりません。
読み返した感じでは、

都会で悶々と暮らしている自分のうちから生まれてくる「自意識」ほど、
他人・大衆(スクランブル交差点の人々)は、ぼくに無関心ってことを、
書いているのだと思います。愚痴にちかい詩だな。と思いました。

965 :名前はいらない:04/01/25 18:09 ID:xuOLzpNX
楽園まであともう少し

自由に空を飛びたくて
羽も買ったし 天使から

海底深く潜っていたくて
鉄の肺買ったし 主治医から

いろんな景色が見てみたくて
色眼鏡買ったし ヤクザから

全てを混ぜて スプーンの上
熱を帯びてる もう一つの世界
体の中に注ぎ込んで

全てはうまく行きそうだ

知ってるよ
地面に叩きつけられて
光の射さない海に溺れて
未知の世界を彷徨って

そうなることは 知ってるさ

そうなった時は
天使と主治医とヤクザに頼めば
きっとまた会えることも知ってる

また会おう 神様



966 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/25 18:28 ID:dFZsD/X7
>>964
作詞者が「思います」ってそんなんじゃ困るんだよ 明白に伝える意思がないなら文章化する必要あんの?まぁないこともないが…。
どーせ表現すんなら蹲ってないで一線を越えろと。東京の一人暮らしねぇ、、生まれたときから東京居るとなんと楽な事か。むっはっは


許可を得ていないココを露骨に朴った類似スレが立ってからコッチ全然伸びないでやんの うぜー
2ちゃんでも詩板の場合は人気スレッド勝手に真似んのが罷り通ってるのかよ!!マジ糞UZEEEEEEEEEEE


967 :名前はいらない:04/01/25 18:29 ID:pgyDQIpm
うんこが
尻から
スポンっ
その後は
水で
ジャーっ
はい、さようなら〜
ふと思う
俺も
宇宙から見たら
うんこみたいなもんだ

968 :陰離らす:04/01/25 18:34 ID:zh98iZ0c
>965
【評価】B+
ワタシの主観が多分に入っていますが。。。
>全てはうまく行きそうだ
までが対比がとても素直で優しく、良いと思います。
あらわす内容にまで干渉するのは如何なものと思いつつ
>そうなった時は〜
以降のそれまでなかった
「神様に会えた気がしていた気持ち」が唐突にあらわれるのはちとイタダケナイ。
それまでに暗示させるような表現を挿入するなりしてみてはいかがでしょうか。

969 :名前はいらない:04/01/25 18:34 ID:ls3elNr7
クロノトリガー 風の憧憬

例えばそれが
小さな希望だったとしても

その希望に全てをかける
それは大きなこと

世界中の人が幸せに
と願うことより

世界の中でこの人を
誰よりも幸せに

それぞれ違うけれど
分かり合えるから

生きているから
死んじゃったから
幸せなのかな

970 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/25 20:04 ID:GQvdxzw/
>>966
蹲ってなんかいねーよう!
詩ー書いて、体中、胸から腹から頭から
とにかくあちこちから
矢印ぶっぱなしてるつもりだ!詩を書いて爆発してる人は羨ましい。
ただ俺は、その矢印が、人に当たらないかと、ビクビクしてるんだ。
ということはやっぱり、蹲ってるな。。。俺。。。はい。。どうもありがとう。。
まぁなんかよくわけわからんけど、詩に対してのコメントが欲しいっすわ。

971 :電波姫 ◆a.TgNskvck :04/01/25 20:09 ID:/ejVQ3L+
☆バイバイ☆ 作詞・電波姫

飲んで飲まれて ヘベレケ どいつと踊って 踊らされてんだか わかんねぇ
天地逆転 世界は回る 高速で回る ふざけた安酒飲まされて 急行直下
ウザい HIP HOPナンバーは逝ってよし ついでにウルフヘアの女も逝っちゃって
足もふらつき 夜もふらつき 視界もふらつき フラフラ フライで危険度上昇
 ※朝まで もたない    バイバイ 戦線離脱
   勝手にAll Night Longとか 一生叫んでて!

一杯、二杯 流し込む 誰がフラれたって? あ・・私? ほっといて!
名古屋の金シャチも笑っちゃう ちゃんちゃらおかしい 恋話 誰か聞いてよね
ボリューム でかすぎ 話なんて出来やしねぇ もう死ねってことでいいですか?
いつも バカみたいに 踊ってる常連なんか 私の前には いらねぇーぜ
 ※夜まで 裏切り     バイバイ 戦略的撤退
   勝手にLet's Dancing Grooveとか 一生叫んでて!

完全脳内変換   YO! 脳細胞 踊ってる・・電波受信 ビビっとネ ビビっとネ
みんな ハイテンション 私 テンプテーション そろそろ・・リミットブレイク
イケてる ハウスナンバーで盛り上げて 叩き上げて 天下無敵
トランス?・・私がトランス状態 このままトランスフォームしたい 最高!
 ※バカでも 踊れる    バイバイ  やぶれかぶれ
   勝手にHEY! DJ! とか 一生叫んでて!

意味不明 奇声一発 トイレでぶっ倒れた 迷惑千万 出入り禁止一歩手前 
もう クラブのおにーさん プンプン 私 ユンユン 隣の女 エンエン
記憶とびまくり 断片的 テキトーに繋げる 相対性理論より 難しい
頭の上 びっくりマーク 飲みすぎ壊れすぎ おい、ドンペリあけろ!
 ※朝まで もたない    バイバイ 戦線離脱
   勝手にAll Night Longとか 一生叫んでて!


972 :965:04/01/25 20:13 ID:xuOLzpNX
>>968
評価感謝!そうなんだよね〜後半納得いかないんですよ。
ふと良い言葉は浮かぶんだけど、詩の中にその一節を盛り込むまでが
難しいです。この詩をどう締めようかかなり迷いました。批評ありがと。

973 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/25 20:30 ID:dFZsD/X7
【●】近代的詩5段階評価スレ【●】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1068492108/
↑これはまぁいいとして

君のセンスを5段階で評価するよ!☆カスタム☆
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1074959267/
↑もぅパクったパクってないの話じゃないスレッド


ったく詩板の生物供はみんな自己中でまともな香具師がいねぇぇ 限度超えてるだろこりゃぁ
勇気鑑定で晒してやろうか、いいやここはノートン先生誤作動させてやろーかな。。。ぶつぶつ

974 :イナカモンに名前はいらない ◆DJgesm.zSM :04/01/25 20:35 ID:j/GUNdSz
*弱くて死ねない女


右手のカミソリを
白く冷たい肌にあて
左手に直線を描く

緋色が滲み
やがて手を全て
包み込む

あったかい
他人の心なんかより
ずっとあったかい

だから明日も頑張れる
心の中にいつも
あたたかいものがあるから

だから止めないで
私にとって
タバコみたいなもんだから

別に死んでもいいから

975 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/25 20:37 ID:dFZsD/X7
>>970

>詩を書いて爆発してる人は羨ましい。
チミは>>971を見て本当に羨ましいと思うのか?俺はそうとは思わんぞ?(ゲラ

あーそれと俺様今様批評すんの止めてるから、タイミング悪いねチミ。まぁランクだけでええならD+



あ〜うぜ〜 もろに著作権料違反だってーの。死板の生物は自分さえ良ければそれでええんかぃ もージコチュ〜馬鹿ばっか

976 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/25 20:56 ID:GQvdxzw/
>>975
ランクづけサンクス!
>>971を読んで思ったのは
電波姫の詩を本に纏めたら、売れそうだ。
電波姫は、なかなか遊び友達としてよさそうだ。
電波姫がおばさんになったらご主人さんが大変そうだ。
電波姫の詩は読んでいて爽快だ。爽快な愚痴は、そんなにない。
羨ましい。

977 :名前はいらない:04/01/25 21:12 ID:GakT2enf
「疎外論革命批判 マルクス的世界像を越えて(?)」

長門よ 大和よ 警察よ 軍事力よ 我を守りたまえ 
守護したまえ 嗚呼 陽炎よ 摩耶よ 青葉よ 
駆逐艦2000隻
空母2億隻
巡洋艦7000隻
「敵だ! 迎え撃て!」
国家維持のために……
私ヲ殺サナイデ 敵、敵、敵 「敵、発見!」「敵、侵入!」
クーラーの利いた、一室で
テスト、テスト、テスト 集団殺戮だ、ジェノサイドだ!
ジェノサイド条約批准
キスして キスしてくれないと すねちゃうから キスして
握手して 握手 「いや、私にさわらないで!」
私が 私である理由
それは 私と私でないものとの違い

978 :名前はいらない:04/01/25 22:09 ID:gBXRf3Gh
885です
抑揚さん。評価ありがとうございます。

979 ::04/01/25 22:31 ID:NzTpC2t8
悲しいので批評復活。技術以外も叩かれながらみてやるさ。
こんな人間が世界に一人ぐらいいてもご飯はおいしいだろ?
>>957 C
詩が嫌になったのか、もっと好きになったのか。
どちらにしても作者が詩から離れられない事がわかった。
わざわざひらがなにした意味がわからん。
>>961
一行ごとに全て分けて書くってのは意味ないよ。他の詩にも言えることだが。
作者の力不足をごまかしているだけ。
でもこの景色を文字で表現したいんだっていう気持ちが読み取れた。
>>965 D
何が言いたいの(したいの?)うまく行きそうなのに失敗のこと考えてるのか。
ただ天使、主治医、ヤクザって単語並べただけじゃないのか?
>>966
同意。揚げ足とりだが詩版の他の奴らはあんたのように厳しくすることができんのでな。
これからも頼む。
評価スレも乱立しすぎだしな。
>>967
今まで何百万人もの詩人が言って来たことを下品に言っただけ。ありきたり。


980 :965:04/01/25 22:39 ID:xuOLzpNX
>>979
何にも読み取れてないね。俺はドラッグと禁断症状についての詩を書いただけ。
そんぐらいのことは簡単に分かる詩だと思うんだが。
別に何が言いたいってこともないよ、詩を作るのが好きなだけだから。
詩を作るのにメッセージや理由なんかいらん

981 :名前はいらない:04/01/25 22:43 ID:4eF5ix3s
>>980
だとしたらE。テーマとしてありきたりな上に用いる単語も陳腐。
「天使 主治医 ヤクザ」がくどい。
これ以上は言う必要もないと思うけど。
あれだけ陳腐だと何か深いものがあるのかと勘繰ってしまうけど
やっぱりその程度なのか、と思ってしまった。

あ、俺は>>979じゃないんで。

982 :名前はいらない:04/01/25 22:45 ID:j/GUNdSz
>>980
ドラッグね、普通、読み取れなくないか



何気にもうすぐらね

983 :名前はいらない:04/01/25 22:48 ID:xuOLzpNX
むぅ、出直す

984 ::04/01/25 22:51 ID:NzTpC2t8
>>980
はっきり言っておく。ドラッグをやったことない奴がドラッグの詩を書くってのは
おっさんの吐くスポーツ選手への愚痴と同じくらい悲しい行為だし、
暗喩がわかるのは自分だけだと疑うぐらいが良いぞ。
自分の性癖を他人に共感させようと押し付けるぐらいの自己満足だ。

あとメッセージの無い詩は自分の為にあるんだろ。それを他人に評価させる奴なんていないよ。



985 :抑揚:04/01/25 22:54 ID:gymWIiOu
君のセンス5段階+αで評価するよ!! v5-pre

Aランクを目指して詩を書き込もう。
評価者も自由参加OK。

A:プロ並み。出版社にもってけ。
B:言葉の狩人。
C:光るモノを感じる。
D:素人。
E:まずは日本語の勉強を。

[Part1] http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1044726628/l50
[Part2] http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1068131368/l50
[ v3.0 ] http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1070906842/l50
[v4.0.1] http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1073229459/l50

986 :抑揚:04/01/25 22:54 ID:gymWIiOu
-------------------評価スレ-------------------
自由に作詞&評価をするスレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1036065879/l50

バンドマンなど歌詞を評価するスレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1052920053/l50

【●】近代的詩5段階評価スレ【●】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1068492108/l50

テキトーゲラパラダイスー―――――な感想・評価2
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1069075193/l50

作詞総合スレ〜俺が評価してやるよ〜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1069576574/l50

書いた詩・・評価してあげるよ? Part17
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1073824767/l50

君のセンスを5段階で評価するよ!☆カスタム☆
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1074959267/l50

【サシツ】評価してから投稿 vα【ササレツ】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1074598381/l50

987 :抑揚:04/01/25 22:56 ID:gymWIiOu
オレは建てれないので誰か早急にスレ建て宜しくぅ
>>985-986
建てたらこのスレにURL貼ってNE♪

988 :957:04/01/25 22:57 ID:XSjkrTX6
>>溝タンへ
批評ありがd
特に意味はありません。
ただ千が欲しいだけだす

989 :名前はいらない:04/01/25 23:00 ID:NzTpC2t8
評価スレまとめたのか。おつかれ。
ただもう少し詩の投稿側に規制入れたほうがよくないか?
連続投稿とかマルチとかうざいし

990 :名前はいらない:04/01/25 23:02 ID:/RElFYsJ
残り少なくなってまいりました


991 :抑揚:04/01/25 23:02 ID:gymWIiOu
>>989
まぁまぁ、このゆるさが好きな人もいるだろうし、
ルール追加は姉妹スレで試して効果があればということで如何?

992 :良く名前忘れる溝:04/01/25 23:12 ID:NzTpC2t8
>>969 D
まぁありきたりだね。でも違うね。
最後が疑問で終わるのは好き。
>>974 C
これは中盤が暖かいね。そのせいで最初と最後との落差が大きくなったんだけど。
自傷系は嫌いなんだけど、なぜか最後まで読めた
最終行入らない。蛇足。
>>977 評価放棄
難しすぎて理解できませんでした。

993 :名前はいらない:04/01/25 23:15 ID:kJ4VlmcK
さんば!!


994 :名前はいらない:04/01/25 23:16 ID:NzTpC2t8
立てたド。

君のセンス5段階+αで評価するよ!! v5-pre
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1075040053/

995 :抑揚:04/01/25 23:17 ID:gymWIiOu
御疲れ。ミゾリン。
これで心置きなく1000getできる!

996 ::04/01/25 23:20 ID:NzTpC2t8
やっぱIDでばれたか。
アンダーバーには千取らせたくないな。

997 :名前はいらない:04/01/25 23:22 ID:GakT2enf
>>992
>>977 評価放棄
難しすぎて理解できませんでした。

爆笑。ありがとうございます。この言葉が聞きたかった。

998 :抑揚:04/01/25 23:24 ID:gymWIiOu
よしっ998げっとだぜ!

999 ::04/01/25 23:25 ID:NzTpC2t8
次スレは題名アレでよかったのだろうか。
あと抑揚ニゲト早すぎ。

1000 :   ◆PhxXOOBGGU :04/01/25 23:25 ID:dFZsD/X7
まぁ1000GETするのは120%この俺様と決まっているのだが(ゲラ

>>994
チミもしかして数回投稿したけど全部D評価ってクチだろ?PU

>>995
お前このスレッドと似たようなスレッド立てただろが チネッ!! チネッ!!

>>996
はぁ?何言ってるの?頭平気でつか?所詮はこの程度か(ギャハハ

>>997
へタレ必死だなww 場違いだよ?んん?引っ込んでろやチビ(ギャハ

>>998
抽象的過ぎて面白くない作品、ってか才能ないね。出直して来いや(ゲラ

>>999
センスないねアンタ、それって本気で言ってるの? 構わんぞ市ねやPU

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

458 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)