5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

漢詩を作るスレ

1 :名前はいらない:04/02/26 14:44 ID:SQG8Q170
現 毛 月 年
在 髪 給 齢
妻 激 十 三
妊 後 二 十
娠 退 万 二

子 体 毎 学
供 重 日 暦
三 激 有 商
人 増 残 高
目 加 業 卒

2 :名前はいらない:04/02/26 14:50 ID:yoXGBisZ
春 我 我 我 我
午 弐 弐 弐 弐
後 奪 奪 奪 奪
暇 取 取 取 取
暇 奪 奪 奪 奪
遊 取 取 取 取
戯 也 也 也 也


3 :名前はいらない:04/02/26 15:19 ID:yoXGBisZ
あ、七言絶句は4句だったスマン

4 :昼酔軒@助手 ◆Noon.k9qCE :04/02/26 21:45 ID:cSUBZYcu
観 朔 白 孤  
樹 日 雲 遊
埋 雪 寒 河
春 覆 月 橋
図 堤 渡 庭

孤遊ぶ 河を橋を庭として
(河や橋を庭に見立て 一人遊ぶ)
白い雲は渡る 寒き月を
(冷たく光る月に 雲がかかり そして過ぎ去った)
一日の雪 堤を覆い
(月初めの雪が 堤を全て覆っている)
観れば樹埋もれ 春を図る
(樹を埋めるほどの雪に 
 融けて河に流れ込めば水嵩はどれくらいになるかと考えてしまう)
 

5 :名前はいらない:04/02/28 17:45 ID:0vjuRPtN
監視って難しいね。

6 :名前はいらない:04/02/28 17:49 ID:Q4QXB2sR
「おとこし」と読み違えた

7 :昼酔軒@助手 ◆Noon.k9qCE :04/02/29 13:27 ID:8RKtRseM
朝 河 風 陽
来 除 止 光
戯 覆 枯 降
鳥 音 草 融
已 響 得 路
過 静 暫 積
昼 丘 休 雪

陽光降り 道に積もる雪は融け
(暖かな陽射しに 道に積もっていた雪は融け)
風止みて 枯草は暫し休みを得る
(風が止んで 寒さに震えるように揺れる枯草は 暫く休む)
河の覆い除かれ 音は響く静かな丘に
(川の上に積もっていた雪が融け 川の流れる音が静かな丘まで響いてくる)
朝来鳥と戯れ 已(すで)に昼は過ぐ
(朝から鳥と戯れるうちに 昼は過ぎて寒くなってきた)

8 :名前はいらない:04/02/29 22:48 ID:hVCvB7/K
良スレage

9 :昼酔軒@助手 ◆Noon.k9qCE :04/03/03 16:38 ID:RD/W3s2I
巡 雪 氷 夕
待 割 接 陽
再 花 離 長
訪 告 岸 経
冬 春 漂 日

夕陽 日を経て長し
(一日が過ぎる度 夕陽が長くなってきている)
氷漂いて 岸に接き離れる
(流氷が 接岸したかと思えば、今度は海を漂う)
雪割の花 春を告ぐ
(福寿草が雪の中から顔を出し 春を知らせている)
巡り待つ 再び冬訪れるを
(季節の巡りを待とう また冬が訪れるまで)

10 :名前はいらない:04/03/04 05:57 ID:58KyRh1y
緊急浮上!

11 :昼酔軒@助手 ◆Noon.k9qCE :04/03/06 23:33 ID:r+C0DiPx
驚 金 橋 寒  道
往 路 雪 風  東
来 寂 変 乗  行
羽 集 為 帰
響 雀 鏡 宅

寒風に乗りて 宅に帰す
(寒い風に押されるように 家に帰る)
橋の雪 変じて鏡と為る
(橋の雪は 鏡のように光り輝く)
金路寂して 雀集う
(立派な道路は車通りが少なく 雀が路上に群れている)
往来に驚きて羽響く 
(たまに車が通ると 驚いて飛んで逃げていってしまった)

12 :昼酔軒@助手 ◆Noon.k9qCE :04/03/11 01:30 ID:yFV0g5oK
過 節 再 仰
客 新 々 天
送 暫 逢 空
嘆 有 巡 流
息 閑 花 雲

幾 耽 歳 俯
莫 思 々 地
残 観 知 表
吾 芽 老 凍
旅 生 虚 土

天仰げば 空に雲流れ(見上げれば 空に雲が流れている)
地に俯けば 凍りし土表れる(俯いて見れば 凍った土が雪の合間から顔を出している)

再々 巡りて花に逢う(巡れば再び花を見る)
歳々 老いを知りて虚し(歳を経るごとに 老いを自覚することが何故か虚しい)

節新た 暫し閑有り(季節は新しくなる しばらくの間は何もしなくていい)
思い耽りて観れば 芽生える(だから思い耽っていて ふと観れば新芽が生えていた)

過客送りて 息を嘆ず(月日と言う過客を送れば 嘆息してしまう)
幾莫残りしか 吾の旅は(あとどれ程残っているのだろう 私の旅は)


13 :名前はいらない:04/03/11 09:50 ID:TD1UYIIz
ひるすいけんたんはあはあ

14 :昼酔軒@助手 ◆Noon.k9qCE :04/03/12 06:32 ID:wwxv6lLB
問 潮 花 雪
春 混 舞 花
至 運 沈 浮
白 風 汽 消
嶺 砂 水 湖

雪花 湖に浮かびて消ゆ
(花のような雪が 湖を浮かんだと思えば消えていく)
花 汽水に舞いて沈む 
(花が 汽水の湖を舞うように浮かぶが 沈むように消えてしまう)
潮に混じりて 風砂を運ぶ
(潮風に乗って 黄砂が降ってくる)
春至を問う 白き嶺に
(何時になれば春が来るのだろうか 白い嶺よ)

15 :昼酔軒@助手 ◆Noon.k9qCE :04/03/12 07:48 ID:wwxv6lLB
>>13
っと、わちし「ちゅうすいけん」って読ませますが。
それはどうでも良いんです、どんな呼び方されても構いませんから。

でも、はあはあされる要素は一片もありませんよ?
それに、わちしは男ですから、つまらないと思います、ええw

16 :昼酔軒@助手 ◆Noon.k9qCE :04/03/12 08:00 ID:wwxv6lLB
春 冬 陽 昼
分 至 已 眠
感 過 隠 覚
在 既 包 夕
遠 雖 闇 刻

昼に眠りて 夕刻に覚める
(昼寝して 夕刻辺りに目が覚めると)
陽 已に隠れ 闇包む
(太陽は既に落ちて 辺りは暗くなっていた)
冬至既に過ぐ雖も
(冬至が過ぎて結構経つというのに)
春分 遠きに在りと感ず
(春分がまだ遠くにあると思ってしまう)


6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)