5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

詩的にレスをつなげて物語を作ろう

1 :響子:04/03/08 03:31 ID:uot0hZiW
前の人につなげて
好きなだけ詩的に話を作っていってください。

終わらせちゃダメよ。

じゃあ、仕切りなおしてスタート。

2 :名前はいらない:04/03/08 03:32 ID:uot0hZiW
ある男に変なオッサンが眼鏡を渡しました
「コレを掛けると、理由が見えるんだ」と言いながら
男は試しに眼鏡を掛けて周りを見ると…

3 :名前はいらない:04/03/08 03:32 ID:uot0hZiW
見渡す眼鏡越しの世界
色というものはまったく失われ
ただ際立つような文字が人の想いを
吹き出しにしてさらけ出していた

4 :名前はいらない:04/03/08 03:33 ID:uot0hZiW
急ぐような足取りのサラリーマンへ視線を向ける

吹き出しの中で数字が絶え間無く動く
ローン、電車の発射時刻
コンビニ弁当の値段、納品数…etc

だた一つ、変わらない数字があった
なにかの日付らしい
その横に女の名前が並んでいた

5 :名前はいらない:04/03/08 03:33 ID:uot0hZiW
明滅するように
別の名前が大きくなり小さくなり繰り返し表示される

ああ、奥さんの名前かと
苦笑して視線を違う方へ向けてみた

小さな子供が母親の手をとりにこにこと笑っている
風船、ご飯、お母さん、好き
お友達、明日合う、お遊戯

微笑ましくて、こちらもふっと笑顔が浮かぶ

6 :名前はいらない:04/03/09 00:11 ID:XJbrf7Y/
子供がこちらを見たときにも 私の顔に
貼りついていた笑いは
その小さな背丈のまわりにただよう吹き出しが
ふいに虫のような文字で叩き埋められるのを見て
まるで重いもののように
地面にすべりおちる

ああぼくそれしってるそれそのめがねめがねしってるぼく
しってるしってるそれかけてたひとこないだしんでた
あそこのきのしたでしんでたきのしたでめがねかけて

7 :響子:04/03/09 00:22 ID:qZOxiIVm
あぁ死んだのか

そんな気がしたのよ

きっとその木にはもうじき桜が咲くのよ

どうしてさくらははるにさくの?
なんて聞かれてももう理由なんて分からない

だってもうそんな眼鏡はこの世にないんだもん

そして木の下にあの人はもういなかった

8 :名前はいらない:04/03/09 18:40 ID:XJbrf7Y/
混乱したわたしは眼鏡をはずした
今何を考えていた
あの人とはだれだ
木などない ここには ましてや桜など
厳然とこの手にある眼鏡
非常に無機的に
ふと浮かんだ考えに逆らえず私はまた
眼鏡をかけてみる
色のない世界にどんどん生えてくる
桜 爛漫にさきほこりながら

9 :響子:04/03/10 18:33 ID:ZwDRH53p
てゆーかこんなんじゃ人寄ってこねぇ!っつの。

とゆーわけで、また馬鹿スレでいきまっしょ★
昔々あるところにおじいさんとおばあさんがいました。

からスタート。

このスレの応援よろしくね(`_・)-☆

10 :Akira:04/03/10 19:58 ID:1OFavfPc
>>9
それじゃまた消除依頼出されちゃうってば・・・。せっかく良い感じ続いてるんだし、そのまま逝けば?
馬鹿は馬鹿でも馬鹿な詩なら問題無いと思うけど・・・

11 :6と8:04/03/10 22:45 ID:0z8JWOZs
マジレスしてたおれこそ馬鹿だったようだな。
空気読めなくてすまんかった。みんな楽しんでくれい。

12 :響子:04/03/11 19:47 ID:5LU4Er76
馬鹿になろうよ、みんなで・・・。

13 :名前はいらない:04/03/11 20:01 ID:CFrQhjUE
男はみんな馬鹿

14 :Akira:04/03/11 20:49 ID:kbdtWEl1
えぇぇぇぇ・・・>>6>>8も凄く良いのに・・・ってゆーか、全体的に良い感じなのに・・・。
じゃあ、馬鹿な詩物語を。

おじいさんは山へ芝刈りに
おばあさんは川へ洗濯に
おじいさんが輝く竹を見つける事も
おばあさんが流れる桃を見つける事も
有り得る事はないのだった
残りの生涯
2人はマンネリのまま 生きるしかないのだった
これは 例え話でもなんでもなく
今の若者達の今の時代
あるがままを歌ったウタ・・・

夢物語は存在しない
それは 大人の教えでもなんでもなく
今の若者達の今の時代
あるがままを歌ったウタ・・・

15 :Akira:04/03/11 20:50 ID:kbdtWEl1
馬鹿な詩・・・書けてないな・・・

16 :6と8:04/03/11 21:43 ID:curD8kHv
しかしマンネリも微視的に見れば激しい凹凸!
と おじいさんは気がつきました。
となりのアパートの部屋を双眼鏡で覗いているときに
真理に目覚めたのです。
他人のマンネリ人生がこんなに興味深いのに
自分のマンネリを楽しめないのはなぜか と
おじいさんはおばあさんに尋ねてみましたが
鼻で笑われました。

17 :Akira:04/03/11 22:55 ID:kbdtWEl1
「隣の庭の薔薇は 赤く見えるもんだよ」
と。
「人生なんてそんなものだよ」
と。
それでもおじいさんは言いました。
「ばあさん」
と。
「一からやり直してみないか」
と。
初心に戻って 改めて 自分の人生を
やり直してみようよ
と。

18 :名前はいらない:04/03/11 23:15 ID:SrdncpjL
女流棋士総合スレッド 第二局
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1070794333/


19 :BLUE HAWAI ◆jHhtPIEfFY :04/03/12 02:36 ID:vLM8LcAu
おじいさんとおばあさんは一致団結して

タイムマシーンの製作にとりかかりました

彼等はそれぞれ

一風変わった老人力なるものを持ち寄ったのです

20 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/03/12 14:53 ID:9slifIy+
たいむましぃんの製作にとりかかろうと
おじいさんは昔とったなんとやらで
木槌と箍(たが)と薪などを
いそいそと準備しだした

「ばあさん、ワシなんかもえてきたよ」
口にはださずとも背中がそう語っていた
「やりなおせそうやね」
おばあさんもそう口にはださず、お茶を置いた

たいむましぃんが出来たら、どこに帰りたいですか?

「ワシぁ、ばあさんに出会ったころがいいなぁ」
うへへへと笑うじじいもといおじいさん

「ウチは・・・どこやろね・・・考えとらんわぁ」
ふむ
「でも・・・いいんよ・・・別に戻らんでも・・・戻れんでも
 え?答えになっとらん?はっは
 ・・・『今』に戻るかな・・・今がいい」
意味ないじゃん!
「うん・・・かもね。じいさんには言うたらいかんよ。あっはー!」

そしてたいむましぃんは完成した
おばあさんは優しくおじいさんをなでました
その中でうっすらと笑みをたたえたおじいさんを
なんどもなんどもなんども
顔やらをなでて
やがて、静かに蓋をしめました

21 :6と8:04/03/12 20:15 ID:ZJQBXrdX
蓋をしめたとたんに おばあさんは
つれあいの総入歯も入れてやればよかったかしらと思いつき
いったん釘打ちした蓋をバールでこじあけ
すきまから総入歯をぽいと投げ込みました
すると タイムマシンの中から カタリ と音がして
入歯を投げ込んだばかりのすきまから
体に不似合いな総入歯を装着したみどりいろのシマヘビが
にょろりにょろりと出てきました

22 :BLUE HAWAI ◆jHhtPIEfFY :04/03/14 17:38 ID:fwFdDPCN
美しいのか? 醜いのか? 
へびを初めて見た少女のそれが最初のご挨拶でした
へびは照れ臭そうに這い這い 
YES
林檎の木を見つけると枝に絡まりながら
おすましポーズで お・ひ・と・つ・い・か・が?



7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)