5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

読後切なくなるSF教えて

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/31 14:13
星新一の「午後の恐竜」を読みました。
読後の切なさは短編とはいえ今の所これがトップです。
恐竜の幻が見える現象といういかにも星さんらしい展開から、まさかこんな終わり方をするとは・・・
皆さんの読んだあと切なくなったというSFがあったら教えてください

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/10 01:38
「悪童日記」再読。
大戦中の時代設定なのに、むしろ現代の少年の心理描写。
形ばかりの平和がなんとも切ない。

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/10 17:07
「悪童日記」をSFというのはちょっと・・・。
「第三の嘘」で虚実綯交ぜの展開になるあたりでも
幻想小説の範囲だと思うけど。

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/11 00:14
うーん・・・まあ人それぞれ(お約束かな?)

しかし、思弁(否定)小説と考えるとバラードやレムと変わらんような。
世界観の風刺性なども巻末の訳注などに拘らす読めば異世界物と
とらえられるし、むしろ著者的にはそっちだろう。

ガジェット表現の有無でSFうんぬんというのも切ないものがあるね・・・
自己の分離が他星系や電脳空間ではなく、国境線の向こうだというだけでは?

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/20 02:01
>>424
レム好きなやつは「悪童日記」がSFじゃないとは言い切れまい。

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/21 00:33
>>426
俺もそう思う。
アゴタ・クリストフの三部作読後の切なさ(あるいは澄み切った虚しさと言ってもいい)をお求めの向きには、倍二倍に強烈な
ジャック・ウォマック「ヒーザーン」(創元文庫)
をお勧めしたいと思う。
主人公ジョアナは、ただただ残酷な運命に流されて―でもその姿は限りなく崇高で。
…でも絶版なのな。「テラプレーン」ともども。

ひとりだけ挙げてたけど、
カート・ヴォネガットJr.「タイタンの妖女」
のラスト一行のセリフには、俺もぼろぼろ泣いた。
その言葉自体は、ある種陳腐ともいえるシンプルな表現なんだけど、
過酷極まりない流転の果てにたどり着いた言葉があれだから…やっぱり泣けてしまう。

この二つを並べてみると、
「嵐のような運命に翻弄される無力な主人公が、最後にたどり着いた諦念」
ってのに涙腺が刺激されるらしい事がわかりました。
ひとりごとスマソ。



428 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/21 01:37
まあ東西分裂の切なさってやつはSFのテーマにぴったりなわけで。
冷戦が終結しちゃってテーマが化石化しつつあるから
これからSF読むやつはどう感じるかが知りたいね。
レムの著作を単純に異星人やロボットのガジェットにとらえたら
ちょっと読み込みが浅いわけで・・・まあ面白きゃいいんだろうけど。

119 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)