5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

こんな指輪物語はイヤ〜ん パート5

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/14 12:43
帽 子

フロド・バキンズ作 

--サムさん、僕のあの指輪、どうしたでせうね?
ええ、滅びの山の山頂で、
火口へ落としたあの一つの指輪ですよ。

--サムさん、あれはいとしい指輪でしたよ。
僕はあのとき、ずいぶんくやしかった。
だけど、いきなりゴクリが掴みかかってきたもんだから。

--サムさん、あのとき、向うからグワイヒアが来ましたっけね。
弟のランドローヴァルを連れた---。
そして拾はうとしてずいぶん骨折ってくれましたっけね。
だけどとうとう駄目だった。
なにしろ深い噴火口で、それに煙が
天に届くほど吹き出していたんてすもの。

--サムさん、本当にあの指輪どうなったでせう?
そのとき落ちていったゴクリの躰も、
もうとうに燃えちゃつたでせうね。そして、
秋には、灰色の霧があの山をこめ、
固まった溶岩の上で毎晩コウベサセ虫が鳴いたかも知れませんよ。

--サムさん、そして、きっと今頃は、--今夜あたりは、
あの噴火口に、静かに溶岩が冷えかたまっているでせう。
昔、つやつや光った、あの一つの帽子と、
その裏にサウロンが書いた
『暗闇の中に繋ぎ止める』というエルフ文字を
埋めるように、静かに、寂しく--。

154 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)