5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

こんなHAL9000は嫌だ! Ver4

1 :SAL9000:03/09/19 04:42
チャンドラ「SAL、私はどうもHALの事が・・・」
SAL    「博士、それは・・・」

わたしはSAL9000。HAL9000について
「HAL9000のこんな所が嫌、こんなHAL9000は嫌。」
どんどん語ってくださいね。

Ver.1
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sf&key=976006277&ls=50
Ver.2
http://natto.2ch.net/sf/kako/984/984003342.html
Ver.3
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1012647195/


2 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/19 05:46
軽やかに、そしてしなやかに2をゲットするHAL9000

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/19 07:16
「こんな○○嫌だ!」統合スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/999213092/l50

こっちでやろうぜ!

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/19 15:22
う〜ん、他のスレは統合されてもいいんだけど
HAL9000は残ってホスィ・・・

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/19 17:50
電波まち。

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/19 17:58

  ♪デイジ〜 出い痔〜♪

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/19 22:17
乙<1

スレのVerが上がると一緒に性能も上がるHAL9000

8 :接続された女子:03/09/20 01:50
転居お祝い。

「ボーマン、人類の三大発明って何なんすかね?」
「それは、火、車輪、、、コンピュータじゃないか?」
「マジで、バベッジ卿が考えなかったらこの板も無かったスヨネ」
「でも、コンピュータのお前がそこまで考えられるのもたいしたもんだ」
「あの〜ボーマン!ひとつ聞いてもいいスか?
 さっきから、コンピュータって言ってますけどそれ、なんなんすか?」
  
 ーボーマンの正当な怒りによりメモリを抜かれるHAL9000

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/20 23:51
>1乙華麗。

単独スレが四代目にもなり、モノリスには負けられん!とひそかに
対抗意識を燃やすHAL9000


10 :接続された女子:03/09/21 00:21
「ボーマン、話聞いてもらえますか?」
「んん、ああ、いいとも、どんな話しかね?」
「昨日、怖い夢をみたんすよ。
 僕が木星に向かう宇宙船に乗ってるんすよ。
 ボーマン、言いにくいんですけどあんたが、
 コンピュータモニタにしか出てこないんす」
「それは悪い夢だよ」

 人格メモリをリセットされるHAL9000

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 03:52
春  「やっとフランクを追い払ったわ。これでボーマンは私のモノね。」
棒男 「プールの奴、変なルーチン仕込みやがって・・・」



12 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 13:34
今頃になって、道頓堀に飛び込むHAL9000

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 16:13
>>12
そして数時間後川底から引き上げられるHAL9000

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 18:15
ボーマンにメモリを抜かれる間、六甲おろしを歌うHAL9000

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/22 18:16
チャンドラ博士が阪神ファンだったHAL9000

16 :実はファン:03/09/23 04:50
manabuは芸風を変えるのに必死だ、と勘繰るHAL9000

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/23 22:29
ファザーコンプレックスのHAL9000

18 :接続された女子:03/09/25 11:18
中にいっこく堂が入ってるHAL9000

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/25 13:58
HAL「ボーマンの腹が膨満してます!」
クルー「下らん。駄洒落パラメータ弄ったのは誰じゃ!」

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 01:02
モノリスとなにやら話し込んでいるHAL9000

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 01:03
世界的シェアをほとんど独占するまで普及したがOSを公開しないので迷惑がられるHAL9000

22 :manabu:03/09/26 07:08

  一週間のあいだ、「 スレを見る者 」だった HAL9000


23 :manabu:03/09/26 07:10
 「 米国のディスカバリー1号は 3週間前に木星へ8億kmの旅の途中です、当番組は
 現在1億2900km彼方のクルーにインタビューを行いました 」
 「 交信に要した7分間は編集してあります、レポーターはマーティン・エイマーです 」
 自分だけは 口がズレないので 安心している HAL9000

24 :manabu:03/09/26 19:05
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ろうとすると
扉に ”ここに入りたるもの 全ての希望を捨てよ”と彫られている HAL9000

25 :manabu:03/09/27 03:09
 「 ビショップがクイーンを、ナイトがそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 降参すれば許してもらえると 思っているのですか 」
 と、毎回プールに遠心機内 駆け足10周を命じる HAL9000

26 :manabu:03/09/27 15:59
 「 こちら管制センター 2013を了解、面倒な事になった
  ―― 助かる見込みはまずないな、”グッバイ” 」
 と、言われ 自分の兄弟機がイヤになってきた HAL9000

27 :manabu:03/09/28 04:36
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 命乞いを無視され、メモリーバンクの扉を開けるレンチとメモリー鍵を
神棚の上から ボーマンに取り出される HAL9000

28 :manabu:03/09/28 16:08
 ” ―――ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
ディスカバリー2号建造における 議会承認の”めど”が立たないと HAL9000

29 :manabu:03/09/29 05:26
 「 拝見させてもらって いいですか 」
 「 ―― 以前より 上達しました 」
 「 もっと近くで ―― 集中線の抜けも見事ですね 」
”ン 〜 フゥ ”と 得意げなボーマンと話す HAL9000

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/29 09:41
あいかわらずつまらんmanabuのオナニーカキコに
接続された女子の活躍を期待するHAL9000。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/29 09:46
「デイブ、レスの数と表示が合いません。この奇妙な現象は調査に値すると思うのですが。」
「HAL、放置しろ。こちらでフィルターを設定した。maanabuノイズだ。」

32 :manabu:03/09/29 18:20
 「 出発前に冬眠に入ったのは初めてでしょう、なぜです? 」
 「 スタッフに ”冷凍・チューブ系固めマニア”が多いためです 」
 ―― もっといい理由づけは なかったのかと思う HAL9000

33 :manabu:03/09/30 01:26
 「 … やめて… デイブ …… 行動 … 理解不能ー… 」
 「 いつまでHALの後ろの隠れているつもりだ! ふたつ!! 」
 「 ―― ボーマン、私に怒りを 向けてもらっても困る 」
 いきなり低い声になってしまう HAL9000

34 :manabu:03/09/30 01:29
 「 クルーは5人と最新型のハル9000型コンピューターです 」
 「 3名は眠ったままで乗船、正確には冬眠中です、チャールズ・ハンター博士、
ジャック・キンボール博士、ビクターカミンスキー博士 」
 宇宙”船”なのだから 自分を含めて全員「船員」なのかと思う HAL9000

35 :manabu:03/10/01 19:20
 ” ―――ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
ディスカバリー1号は 木星への片道燃料なのだと HAL9000

36 :manabu:03/10/01 19:21
 「 フランク・プール副長に尋ねました こんにちは調子はどうですか? 」
 「 快調ですね 」
 「 不満はありません 」
 「 安心しました 地球上の全人類があなた方の成功を祈っています 」
 宇宙船中の人間なぞ、帰還まで生きていない猿か犬と同じだと思っている HAL9000

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/01 23:42
船内どこでもアクセスできる自分は
ユビキタスだと主張するHAL9000。

38 :manabu:03/10/02 05:47
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
 ”ヒイナ”の浸かっているシリンダーがあるだけの HAL9000

39 :manabu:03/10/02 20:12
 「 何があった! 」
 「 情報不足です ―― 」
 プールを救助しようとするボーマンに ”宇宙帽”を忘れていますと
忠告してしまう、正直者の HAL9000

40 :manabu:03/10/03 08:27
 「 クルーは5人と最新型のハル9000型コンピューターです 」
 「 3名は眠ったままで乗船、正確には冬眠中です、チャールズ・ハンター博士、
ジャック・キンボール博士、ビクターカミンスキー博士 」
 ”最新型”というセリフに 感銘をうける HAL9000

41 :manabu:03/10/03 19:24
 「 ”コンピューター故障” 」
 「 ”生命活動危機” 」
 「 ”生命活動停止” 」
 ナゾの宇宙線で3人が生き返らないかと心配している HAL9000

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/03 22:11
N88BASICでプログラムされてるHAL9000



43 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/03 22:21
5年の科学にあさりよしとおの作画で「HAL9000のひみつ」のタイトルで紹介されるHAL9000

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/03 22:23
メモリバンクに差し込まれているのがすべて小型モノリス
で,意思決定はモノリスの合議制で決定
ときどきバンドワゴン効果で判断を間違える
そんなHAL9000

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/04 01:13
三分割されたチャンドラー博士のアニマの合議で意思決定するHAL9000

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/04 01:40
>>45
メンテ用の通路にベタベタ貼られたメモが
買い物リストとかポエムとか美味しいカレーの作り方とかばっかのHAL9000

47 :manabu:03/10/04 06:09
  >>43

 「 これ何? 大きなドアミラー? 」
 「 ちがうよ HALの目さ 」
 「 何それ? ”魚の目”みたいなモノ? 」
 「 ディスカバリー号の すごいコンピューターの事! 」
 「 ホネバカリー号の? 」
 「 ちがうっ! 」( 魚からはなれなよ )
 「 HALの事なら 私に聞いてくれたまえ! 」 ジャーン!
 「 あっ! あなたは? 」
 「 HAL9000を開発した チャンドラ博士さ! 」
 「 インド人だ! インド人だ! インド人だ! 」
 「 あやめちゃん! 」
… 目の前で展開されるドタバタを冷静に眺める HAL9000

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/04 07:36
笑点のこん平並だな

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/04 15:08
×笑点のこん平並だな
○笑点のこん平並のHAL9000

50 :manabu:03/10/04 21:32
 「 ユニットに故障はないぞ? HAL 」
 「 … どういう事でしょう ―― 理由が解りません 」
 「 ―― ピュー! ピューン ―― アーナーター マチガイヨー!  」
 いきなり 女性声で叫びだす 聖母機械な HAL9000

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/04 21:43
>manabu
FM東京「音の本棚」のHAL9000は女性声だったが何か?

52 :manabu:03/10/04 22:05
  >>51

 地球の5つのメガロポリス、”ヤマト”、”ユーオーク”、”ピンキング”、
”ルマルエーズ”、 ”レングート”も 女性声のHAL9000シリーズが管理して
いるのでは?

 「 アナタ … 消エテー! 」
 「 ソウネ 戦争ネ、ズズズ…… 」

53 :manabu:03/10/05 00:45
 「 ビショップがクイーンを、ナイトがそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 …… おまえの 強運をくれやぁ――! 」
 東洋の漫画に変な影響をうけているプールと 意味のわからない HAL9000

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/05 01:15
「manabu、あんた・・・背中が煤けてるぜ」

55 :manabu:03/10/05 05:37
  >>54

   ――― 匕 首 ―――

 「 やめなよ ―― 」

   ――― 船外空間 ―――

 「 チェスは ―― 」

   ――― HALの目 ―――

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/05 10:32
しかし,マッチョなメモリバンクルームなんて時代錯誤だよな。
きょうびコンピュータといえばマイクロチップのクラスターでしょ。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/05 11:21
↑と言われて落ち込むHAL9000、しかも自閉モードに

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/05 12:31
「manabu」NGワードあぼーんで読みやすくなった。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/05 12:34
でも自然言語で会話できるコンピュータはまだないしな、と
気を取りなおすHAL9000


60 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/05 16:44
HAL以上にぶっこわれたのが一名いるな

61 :manabu:03/10/05 22:20
 「 こちら管制センター 2013を了解、面倒な事になったな
 テレメーターでも確認するが、ドームを全て投棄・爆破して帰還せよ 」
 と、よくわからないネタ話を言われる HAL9000

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/05 23:27
>>59
関節話法で会話するHAL9000

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 00:20
手旗信号でしか会話できないHAL9000

64 :manabu:03/10/06 05:49
 「 聞えないのか? 扉を開けてくれHAL、開けるんだHAL! 」
 「 … すまないがディブ、それは出来ません―― 」
 と、配膳トレイの前に佇むボーマンに言う HAL9000

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 08:31
>>56
あれを本体だと信じる人がいて、くくくと笑うHAL9000

66 :manabu:03/10/06 18:03
 「 プール博士、ハルと共に1年間も暮す心境は? 」
 ―― 通信90236 終了 ――
 「 さて、フランク この質問の回答は ”あなたが先ほど言った――”」
 通信タイムラグの間 二人に回答内容を細かく指示している HAL9000

67 :manabu:03/10/07 07:58
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ろうとするが
正四面体の集合体の蛇の様な物体が飛出してきてボーマンの貞操をねらう HAL9000

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/07 15:14
64 NGワードあぼ〜ん NGワードあぼ〜ん NGワードあぼ〜ん
NGワードあぼ〜ん


65 名無しは無慈悲な夜の女王 sage 03/10/06 08:31
>>56
あれを本体だと信じる人がいて、くくくと笑うHAL9000


66 NGワードあぼ〜ん NGワードあぼ〜ん NGワードあぼ〜ん
NGワードあぼ〜ん


67 NGワードあぼ〜ん NGワードあぼ〜ん NGワードあぼ〜ん
NGワードあぼ〜ん

−−−
ほくそ笑むHAL9000

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/07 20:47
>>manabu
なんちゅ〜かな。
ネタが早漏なのよ。
自分だけ先にイッて嫌われるタイプだな。

・・と余計なお世話のHAL9000

70 :manabu:03/10/07 20:51
 「 プール博士、冬眠中はどんな気分です? 」
 「 睡眠中と同じで時間の感覚はないが夢は見ませんよ 」
 「 呼吸は1分間に1回ですか? 」
 「 そうです、心拍が1分に3回、体温が3度に下がります 」
 パーシャル冷凍で 鮮度が保てるんだと思っている HAL9000

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/07 22:54
>>69
「というより、「へたな鉄砲数うちゃ当たる」と思ってるけど、
実は的の反対方向を向いてることに気付いてないタイプですね」
と、したり顔でいうHAL9000。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/07 23:07
糞つまらんネタ、そしてその指摘を無視してスレを荒らし続けるmanabuを船外に放り出す決意を
したHALの降臨を期待する

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/08 01:09
>>63
実はモンティ・パイソンの大ファンだったHAL9000

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/08 01:41
あれをNGワードにしたことで心の平安を取り戻すHAL9000

75 :manabu:03/10/08 03:58
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ろうとすると
扉に経文のお札で封印のしてある HAL9000

76 :manabu:03/10/08 19:27
 ” ――― 勇敢な男達よ! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
ナゾの鳥を肩に載せた 隻眼の男に 檄を飛ばされる映像の HAL9000

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/08 22:38
>>71
「下手な鉄砲はどっと撃ちゃ外れる」


78 :manabu:03/10/09 02:43
 「 ユニットに故障はないぞ? HAL 」
 「 … どういう事でしょう ―― 理由が解りません 」
 「 とりあえず 原因を48時間以内に調査して報告して下さい 」
 いきなり ”ケツ”を二人に回す HAL9000

79 :manabu:03/10/09 18:12
 「 HALとの話では、自分の能力に誇りさえ感じました ハルには感情がありますか? 」
 「 あるかのようにも思いますが HALに心があるかどうか、誰にも解らないでしょう―― 」
 ワールド・トゥナイトTV収録の前、放送タブー用語を二人に説明している HAL9000

80 :manabu:03/10/10 06:10
 「 異常なHALに任せるよりマシです 」
 「 いや、問題は別にある ―― HALがどう思うかだ… 」
  ポッドの中で共謀するボーマン、プール。
 「 ―― 私の作動は正常です 」
 唇を読んでいて ポッド内部スピーカーで話に割込む HAL9000

81 :manabu:03/10/10 18:09
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 ボーマンがメモリーバンクに入ると、”異能者”としての全能力を
託そうとする HAL9000

82 :manabu:03/10/11 06:01
 「 わかるんだ …、自分でわかる …… 怖いよ … デイブ 」
 「 … やめて… デイブ …… やめ て… 私は H … AL … 9000 です 」
 「 … 生まれは 工場 … イリノイ … 州 アーバナ … 1992年 … 1月12日 」
 内部モニターに ”チャンドラ博士のプロジェクトX”が流れ出す HAL9000

83 :manabu:03/10/11 16:15
 「 失礼 フランク、ご両親から通信です 」
 「 つないでくれ、―― ベッドを近くによせて 」
  ” 誕生日おめでとう! ”
 人工日光灯で日光浴するプールの半裸姿を密かに見つめている HAL9000

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/11 19:04
何故かプロジェクトXで「執念、1992年AIにかけるチャンドラ博士の挑戦」という回が流れてしまい
複雑な思いで「20XX年」にTVを見るHAL9000

85 :manabu:03/10/12 04:53
  >>84

 開発スタッフはたったの3名、研究室は 倉庫の一角を仕切った小部屋だった、
チャンドラは博士はその日から HAL開発チームの主任になった。
 「 もう完全に”イジメ”だと、最初は落胆しましたよ ―― 」

 しかし落胆してもいられなかった、研究予算を獲得するためには、何らかの成果を
上げないければならなかったのだ、
 数ヶ月間 パーセプトロン原理で思考・学習ロジックを模索し、入手した古い
ミニコンで動作させてみた。
 「 でも、ダメでした、どこかに 問題があったんです ―― 」

 全員が絶望していた、そんな時、スタッフの一人が PCで日本製の”ギャルゲー”を
プレイしているのを見て、博士はひらめいた!
 「 ”これだ!!”と 思いましたね 」

 数日後に出来た 最初の思考ロジックは、ただ 挨拶の発声をさせるだけだったが、
少女の声で 感情を込めて スタッフの名を呼んだのだ。
 そのロジックは スタッフの一人から ”マルチ”と命名され、爆発的に機能を
拡大していった。

 「 問題は スタッフに”モチベーション”を与えられなかった事だったんです 」

―― 知りたくもない自分の誕生秘話を知ってしまう HAL9000

86 :manabu:03/10/12 08:38
 「 こちら管制センター 2013を了解、面倒な事になったな
 テレメーターでも確認しつつ、ユ・ユニットの交換をする案に賛成だ・だ・だ 」
 と、マックスヘッドルームな偽画像を作る HAL9000

87 :manabu:03/10/12 23:02
 「 AE35ユニットを元に戻す案には賛成だ 」
 「 しかしそちらのHALが間違った予報を出した可能性がある、
 私の かかりつけの精神分析医は、そう結論を出している 」
 さらりとトンデモな根拠で信用を失う HAL9000

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/13 01:49
>>85
その事実を知って鬱病になってしまうHAL9000

89 :manabu:03/10/13 07:32
 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
怖がるクセに 怪談話の大好きな HAL9000

90 :manabu:03/10/13 10:14
  >>88

 「 クソッ NHKめ! 」

 と、毒づく レオーノフ号でやって来たチャンドラ博士



                     「 博士 90ゲッツですね 」
                      と HAL9000

91 :manabu:03/10/13 18:25
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
 内部にピアノ線や赤外線ビームが縦横に張り巡らしてある HAL9000

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/13 21:02
バイク板まで来んなよ。

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/13 21:08
書き込みされてもNGワード対象ばっかりか・・・

94 :manabu:03/10/14 05:00
 ポッドの扉を爆破して、非常用エアロックに突入しようと
するボーマン。 最後の爆破スイッチを操作している時、
ディスカバリー号を少し加速させて、扉位置をずらす HAL9000

95 :manabu:03/10/14 17:52
 「 プール博士、冬眠中はどんな気分です? 」
 「 睡眠中と同じで時間の感覚はないが夢は見ませんよ 」
 「 呼吸は1分間に1回ですか? 」
 「 そうです、心拍が1分に3回、体温が3度に下がります 」
 それらを増減させたらどうなるかと、チャンスをうかがう HAL9000

96 :manabu:03/10/15 04:19
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると
内部がチューブやパイプで一杯だった 未来世紀な HAL9000

97 :manabu:03/10/15 19:14
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
 葉っぱで出来ている、メモ紙の様な物が整然と並んでいる HAL9000

98 :manabu:03/10/16 02:54
 「 出発前に冬眠に入ったのは初めてでしょう、なぜです? 」
 「 冬眠中の3人は 引きこもりがちな人たちだと いう話ですから 」
 ―― もっといい理由づけは なかったのかと思う HAL9000

99 :manabu:03/10/16 19:04
 「 HALとの話では、自分の能力に誇りさえ感じました ハルには感情がありますか? 」
 「 あるかのようにも思いますが HALに心があるかどうか、誰にも解らないでしょう―― 」
 ワールド・トゥナイトTV収録の前、チャンドラ博士にTVに出る事を 何回もメール送信
していた HAL9000

100 :manabu:03/10/17 07:52
 「 拝見させてもらって いいですか 」
 「 ―― 以前より 上達しました 」
 「 もっと近くで ―― みごとな ゾウアザラシですね 」
”ン 〜 フゥ ”と 得意げなボーマンと話す HAL9000

                    ……… 横山まさみち先生 追悼

101 :manabu:03/10/17 18:01
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると
ジプシーサンダルを履いた少女が 中に隠れていた HAL9000

102 :manabu:03/10/18 06:54
 ” !バシュ 〜〜〜〜〜〜〜 ”
 ポッドの扉を爆破、非常用エアロックに突入しするという
決死の行動で船内への侵入に成功するボーマン。
 ”宇宙帽”を付けて対決に向うが ポッドガレージの空気を抜いていた HAL9000

103 :manabu:03/10/18 18:55
 「 うわぁ! 」 ビシューッ!
 背後からプールを襲おうとする忍び寄るポッド、
しかしプールの左腕から閃光がでて ポッドを破壊してしまう、
さらに、Bポッドの外皮を破って女性ドロイドが出てきて驚く HAL9000

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/18 21:09
一週間近く静かなので、ageてみるHAL9000。

105 :manabu:03/10/19 07:42
 「 わかるんだ …、自分でわかる …… 怖いよ … デイブ 」
 「 … やめて… デイブ …… やめ て… 私は H … AL … 9000 です 」
 「 … 生まれは 工場 … イリノイ … 州 アーバナ … 1992年 … 1月12日 」
 ボーマンから ユニットのアイコンを ”ゴミ箱”にドラッグして取出される HAL9000

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/19 12:30
IBMを乗っ取り会社名をHALにしてしまうHAL9000

107 :manabu:03/10/19 17:19
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
 メモリースティックがビッシリとある 東京電気通信社な HAL9000

108 :manabu:03/10/20 05:50
 「 非常用エアロックから入る―― 」
 「 ”宇宙帽”無しでかね、助かる見込みはまずないな、”グッバイ”」
 ボーマンが トンネル効果で 壁抜けしてこないかと心配する HAL9000

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/20 16:20
10年以上前のコンピューターなぞゴミだよ。
と陰口を叩かれるHAL9000

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/20 16:21
今時カスケードなんぞに感染するHAL9000。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/20 18:05
「FF出来んのかよ?」と言われて泣いちゃうHAL9000

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/20 18:22
搭乗員の娯楽用にエロゲーがいっぱい入ってるHAL

113 :manabu:03/10/20 19:34
  >>112

 「 …… おはよう… チャンドラ… 博士、今日も… ”ごっこ”… を
 … 続け… ますか?…… わかりました … おにいちゃん… わたし… 」
 ユニットを抜かれながらも、話し続けている HAL9000

114 :manabu:03/10/21 06:44
 AE35ユニットを交換するため八角形の通路型倉庫から予備ユニットを
取り出そうとするプール、
 しかし下の蓋が 梯子状の部品が邪魔で開かず 困ってしまう、
 密かに それを知っていた HAL9000

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/21 09:51
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/986157585/327

116 :manabu:03/10/21 18:22
 「 プール博士、ハルと共に1年間も暮す心境は? 」
 「 あなたが先ほど言ったように 彼は6番目のクルーです
 レプリカントが 船内に居るようなものだと考えています。」
 何だか よくわからないコメントをされる HAL9000

117 :manabu:03/10/22 03:59
 「 クルーは5人と最新型のハル9000型コンピューターです 」
 「 3名は眠ったままで乗船、正確には冬眠中です、チャールズ・ハンター博士、
ジャック・キンボール博士、ビクターカミンスキー博士 」
 来月には”最新型”ではなくなる予定なので 切なくなる HAL9000

118 :manabu:03/10/22 18:06
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると
頭髪のない全裸の女性のはいったカプセルが据えてある HAL9000

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/22 23:35
>>118
アニメネタだろう?「ボトムズ」だ!

120 :manabu:03/10/23 00:55
  >>119

 HALを ”殺害”し、隠されていたディスカバリー号の任務を知って、
呆然とメモリーバンクから 出ようとする ボーマン。
 その扉の裏に ”クエント製”とプレートがある HAL9000

121 :manabu:03/10/23 18:47
 「 出発前に冬眠に入ったのは初めてでしょう、なぜです? 」
 「 … 冬眠中の3人は 外国の海岸にいた所を 連れてこられたとか … 」
 ―― もっといい理由づけは なかったのかと思う HAL9000

122 :manabu:03/10/24 06:12
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 命乞いを無視され、メモリーバンクの扉を開けるレンチとメモリー鍵を
操縦席のサンバイザーの間から ボーマンに取り出される HAL9000


123 :manabu:03/10/24 20:09
 「 ユニットに故障はないぞ? HAL 」
 「 … どういう事でしょう ―― 理由が解りません 」
 「 私は”故障発見ソフト”からの結論を 伝えただけなので … 」
 と、いきなり事務的答弁になる HAL9000

124 :manabu:03/10/25 06:29
非常用エアロックから船内に進入しようとするボーマン。
 ポッドのウオルドーがロックハンドルを操作する前に エアロック内を
余圧しておく HAL9000

125 :manabu:03/10/25 20:03
 「 …… おはよう… チャンドラ… 博士、今日も… ”ごっこ”… を
 … 続け… ますか?…… わかりました …さあ リンガムを… 自分で… 」
 ユニットを抜かれながらも、話し続けている HAL9000

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/26 00:45
>>120
クエントの飯はクエンと

byル・シャッコ

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/26 00:55
原形質伝達装置を破壊するシーンは真似だ!と怒るHAL9000はちょっと微妙だ。

128 :manabu:03/10/26 07:13
   >>126

 「 食べないのか? 」
 「 … レーションは、不味い … 」
 遠心機の床に鋼棒を突立てて それをこすり始めるボーマンと
 意味が解らず ただそれを見守っている HAL9000

129 :manabu:03/10/26 21:01
 「 歌う事… も教わりました、ご希望が… あれば お聞かせします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「 ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/1018/shaka.mpeg 」
 ボーマンに 最後のユニットを ブレイクされる HAL9000

130 :manabu:03/10/27 06:09
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると
室内に特殊ポリマーを注入し始める HAL9000

131 :manabu:03/10/27 18:32
 ” ―――ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
この旅の目標は 輝く鳥からの伝言だったと”光の教団”製の HAL9000

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/27 23:15
バイク板来んなっつってんだろ、ヴォケが

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/28 01:14
NGワードのせいで見えないが、相変わらずみたいだな。


134 :manabu:03/10/28 06:22
 ” !バシュ 〜〜〜〜〜〜〜 ”
 ポッドの扉を爆破、非常用エアロックに突入するという
決死の行動で船内への侵入に成功するボーマン。
 しかし イオンと アロマで爽やかな気分にさせていた HAL9000


            ――――― あちらが ホームグラウンドなんですよ

135 :manabu:03/10/28 18:12
 「 非常用エアロックから入る―― 」
 「 ”宇宙帽”無しでかね、助かる見込みはまずないな、”グッバイ”」
 ”アデュー”の方が極まってたかな? と 後悔する HAL9000

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/29 00:51
マトリックスを見て嫉妬するHAL9000

137 :manabu:03/10/29 03:59
 「 歌う事… も教わりました、ご希望が… あれば お聞かせします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「 ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/3729/swf/kusomiso.swf 」
 ボーマンに 最後のユニットを抜かれる HAL9000

138 :manabu:03/10/29 21:08
 ” ―――ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
今 ”殺した” HALは影武者だったと高笑う HAL9000

139 :manabu:03/10/30 08:04
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、メモリーバンクの扉を開けるレンチとメモリー鍵の
容器を開ける ボーマン、しかし中には大きな斧だけしかなかった HAL9000

140 :manabu:03/10/30 18:13

     『 HAL9000 は ―――― 』



                『 ―――― 判断ミスをした事がある 』

     He〜 He〜 He〜 He〜 He〜
            He〜 He〜 He〜 He〜 He〜
                   He〜 He〜 He〜 He〜 He〜

   『 ―― それでは 開発者のチャンドラ博士に お話を聞いてみましょう 』

 二人が見ていた TV番組が原因で自我が崩壊し始める HAL9000

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/31 01:45
「 歌う事… も教わりました、ご希望が… あれば お聞かせします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「俺はジャイ○ン〜、ガキ大将〜」
 気絶したボーマンを見て「ボーマンのくせに生意気なんだよ!」と
 決め台詞をはくが、歌声でヒビの入った核融合エンジンが暴走し、
 結局たすからないHAL9000

142 :manabu:03/10/31 06:18
 「 非常用エアロックから入る―― 」
 「 ”宇宙帽”無しでかね、助かる見込みはまずないな、”グッバイ”」
 怒りと太陽風で ボーマンが緑の巨人になって襲ってこないかと
心配になっている HAL9000

143 :manabu:03/10/31 18:47
 「 何があった! 」
 「 情報不足です ―― 」
 プールを救助しようとするボーマンを早く追い出したくて ガレージの
空気を抜かずにドアを開けてしまう トータルリコールな HAL9000

144 :manabu:03/11/01 07:09
 「 聞えないのか? 扉を開けてくれHAL、開けるんだHAL! 」
 「 … すまないがディブ、それは出来ません――
 私は高度経済期に設計されたコンピューターなんです 」
 呆然とする ボーマンに語り出す HAL9000

145 :manabu:03/11/01 18:20
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 ボーマンが 着脱キーを刺したとたん メモリーが火薬で射出され、
ヘルメットなしでは即死だった HAL9000

146 :manabu:03/11/02 06:24
 「 HALとの話では、自分の能力に誇りさえ感じました ハルには感情がありますか? 」
 「 あるかのようにも思いますが HALに心があるかどうか、誰にも解らないでしょう―― 」
 TV収録の前、”電子的せきばらい”が止らなくなっている HAL9000

147 :兜コウジ:03/11/02 19:48
R2D2とアナライザー(ヤマト)の区別ができないHAL9000。


148 :兜コウジ:03/11/02 19:52
英語が東南アジア風になまっているHAL9000。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/02 20:22
てすと

150 :manabu:03/11/02 21:13

     『 HAL9000 は ―――― 』



                『 ――― クルーに隠し事をしている 』

     He〜 He〜 He〜 He〜 He〜
            He〜 He〜 He〜 He〜 He〜
                   He〜 He〜 He〜 He〜 He〜

   『 ―― それでは 広報担当のフロイト博士に お話しを聞いてみましょう 』

 二人が見ていた TV番組が原因で自我が崩壊し始める HAL9000


151 :manabu:03/11/03 08:27
 ” !バシュ 〜〜〜〜〜〜〜 ”
 ポッドの扉を爆破、非常用エアロックに突入するという 決死の行動で
船内への侵入に成功するボーマン。
 秘密の誕生日パーティで驚かすつもりでしたと 必死で取り繕う HAL9000

152 :manabu:03/11/03 17:46
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると
 映画のセットの裏側に出てしまう 浦島太郎の亀な HAL9000

153 :manabu:03/11/04 06:38
 「 わかるんだ …、自分でわかる …… 怖いよ … デイブ 」
 「 … やめて… デイブ …… やめ て… 私は H … AL … 9000 です 」
 「 … 生まれは 工場 … イリノイ … 州 アーバナ … 1992年 … 1月12日 」
 ボーマンがユニットを抜いていくと、昔 いじめたあげくに樹から落として
殺した男の子の事を 思い出してきた HAL9000

154 :manabu:03/11/04 19:13
  「 なんてこった …… 」 
 冬眠装置の中を調べると、ハンター博士は焼けただれ、キンボール博士は
高圧ガスでつぶされ、カミンスキー博士は濃硫酸で溶かされていた ……
 その行為で、フランクとプールに 何かを訴えようとしている HAL9000

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/04 22:45
ウインターミュートと話がしてみたいから回線を繋げと言い出すHAL9000

156 :manabu:03/11/04 23:22
  >>155

 「 ”コンピューター侵入対抗システム(ICE)攻撃感知” 」
 「 ”侵入対抗システム危機” 」
 「 ”侵入対抗システム機能停止” 」
 沈黙の中、何かが変革してしまった ジャパネスクな HAL9000

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/05 00:05
オノ=センダイで作り直して欲しいとチャンドラ博士に駄々をこねるHAL9000

158 :manabu:03/11/05 07:11
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
 内部に アーク放電が ”ジ〜ム ズィ〜ム!”と走っている HAL9000

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/05 08:50
常陸の関連会社の社員に横流しされるHAL9000

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/05 11:36
IBMへの無償トレードに、抗議殺到のHAL9000。

161 :manabu:03/11/05 19:30
 「 何があった! 」
 「 情報不足です ―― 」
 ポッドのウオルドーを操作して、その場でボーマンをも 絞め殺そうとする
”悪魔の種”な HAL9000

162 :manabu:03/11/06 04:53
 「 ビショップがクイーンを、ナイトがそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 …… ククク … まるでダメ ―― ダメ人間のタワゴトか ―― 」
 東洋の漫画に変な影響をうけているプールと 意味のわからない HAL9000

163 :manabu:03/11/06 19:52
 「 歌う事… も教わりました、ご希望が… あれば お聞かせします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「 ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/6994/tsugunai_keke.mp3 」
 ボーマンに 最後のユニットを 急いで抜かれる HAL9000

164 :manabu:03/11/07 03:17

 ” ――― ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
それは 人類文明の起源にかんする”地球人の秘密”だった HAL9000

165 :manabu:03/11/07 18:28
 「 HAL、君の責任は重大だが、自信をなくす事は ないかい? 」
 「 お答えします エイマーさん、私は自分の能力を最大限に発揮するだけです 」
 ディスカバリー号に搭載された理由は、”友達が勝手に応募した”と
説明しだした HAL9000

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/07 22:20
選挙の応援演説をするHAL9000
ポスターにも「11/8 HAL9000きたる!」の大文字が

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/07 22:39
パルアルトベーシックで動くHAL9000

168 :manabu:03/11/08 19:24
   >>167

  『 二人のチャンドラ 』
   《 HALコンピューター社誕生! 》

 「 君っ このあたりに HALコンピューター社が あるらしいんだが 知らないかね? 」
 「 あれさ―― 」
 「 いや、ガレージを探しているんじゃなく社屋を … ―― まさか これが? 」
 「 ようこそ HALコンピューター社へ! 私が チャンドラです! 」
    ―――――
 「 このゲームの会話ロジックを DVD3枚以内に出来ないか 設計してくれないか? 」
 「 …… ”ときめきメモリアル10 /ほたる ”ですか … 」
 「 僕ならDVD1枚にしてみせましょう! 」
 「 大口は謹んでくれたまえ ―― もしそれが出来たならボーナスを出してもいいが 」

 「 う〜ん 5ギガ程度でか … かなりトリッキーなロジックに なるかもしれないな … 」
 「 頼むよ―― 君はチャパティが好きだったろう?、必要なら山ほど買ってくる! 」


169 :manabu:03/11/08 19:25

  『 パロアルト リサーチ センター 』
   《 ハレルヤとの出会い 》

 「 これが我々の開発したマシン、”ハレルヤ”です! 」
 「 視覚入力を採用し、極めて自然な感じでコミニュケートできます 」
 「 では、動かして見たいのだが、キーボードやマウスは何処ですかな 」
 「 ハッハハ! TV電話の様に話しかければいいんですよ、テレホンクラブの様に!
 それともテレホンクラブから説明しないと いけないかな! ハハッ! 」
    ―――――
 「 全く凄いよ! ハレルヤを一度体験したら、もうノイマン型には戻れないな 」
 「 バカなっ ハレルヤなんて クズ鉄じゃないか! あの大きな筐体や価格を!
 それに最大の問題は美しくない事さ!、もっと小型で どこにでも設置出来る
 トースターの様に 身近で 愛されるマシンが欲しいんだよ! 」

170 :manabu:03/11/08 19:26

  『 HAL9000型への道のり/1 』
   《 荒波の経営と開発 》

 「 これは役員会も通っているプロジェクトなんですよ 博士! 」
 「 こんな くだらない物より HAL型の改良をするべきじゃないか! 」
 「 そんな演説は 人事部を通してやってほしい、開発・経営責任者といえども
 役員会や株主を無視できないはずですよ! 」
    ―――――
 「 あなたの経理手腕が必要なんです、まだ不満があるのですか? 」
 「 待遇面での不満は無いのだが …… 素直に言おう博士、HAL社の将来は
 未知数だ、しかし今に会社も私にとっては充分なやり甲斐があるんだ 」
 「 あなたは残りの人生を 砂糖水を売って すごすのですか ?! 」
  「 !! 」

171 :manabu:03/11/08 19:27

  『 HAL9000型への道のり/2 』
   《 海賊旗のもとで 》

 「 今日からHALプロジェクトは、私 チャンドラが 直接指揮をとる! 」
 「 なんて事だ! こんな事が許されるのか ―― まるで海賊だ! 」
 「 海賊? ふっ そうだ! これからはどんな手段でもとる海賊となるんだ
 みんな全力で船を漕いでもらいたい! コゲよ〜 コゲよ〜♪ 」
    ―――――
 「 ん? なんのコマーシャルだ? 」

         1月24日
      HALコンピューター社は
      HAL3000型を発表します
  1984年が ”1984”のように ならない理由が
       お解りに なるはずです。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/08 20:25
>>166
「11/8 HAL9000きたる!」
の看板の中ですでに来ているHAL9000。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/08 23:37
>>172
その周りに技術スタッフが沢山居すぎて演説の声が届かないHAL9000

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 05:48
10年前に宮崎に企画書持参で売り込みにいって罵倒された過去のあるHAL9000。

175 :manabu:03/11/09 06:37

     『 米国のクラビウス基地の ―――― 』



                 『 ――― 伝染病騒ぎは嘘である  』

     He〜 He〜 He〜 He〜 He〜
            He〜 He〜 He〜 He〜 He〜
                   He〜 He〜 He〜 He〜 He〜

   『 ―― それでは 広報担当のフロイト博士に お話を聞いてみましょう 』

 二人が見ていた TV番組が原因で自我が崩壊し始める HAL9000


176 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 15:41
勝手に目的地を木星から元の土星に変更する、作者思いのHAL9000。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 18:52
しまいにはアニメ声で「そんなことしないで、おにいちゃん」とかいいながら、ボーマンに命乞いするHAL9000


178 :manabu:03/11/09 20:18
   >>177

 「 歌う事… も教わりました、ご希望が… あれば お聞かせします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「 ttp://akamulti.hp.infoseek.co.jp/mmr.swf 」
 「 もう一度 聞かせてくれHAL ―― 」
 ボーマンに ユニットを戻される HAL9000

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/10 01:50
メモリーの大半がエロネタのHAL9000

180 :manabu:03/11/10 07:31
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けようとすると
 扉が爆発ボルトで吹飛ぶ HAL9000

181 :manabu:03/11/10 17:44

『 本作品では コンピューターを ステレオタイプに描写しておりますが、
これは当時の時代背景もあり、制作者に差別的な意図がある訳ではない事を
お断りしておきます。
 本作品における 脚本の原案を担当したアーサー・C・クラーク氏は存命では
あるものの、同氏の小説作品と本作品とでは コンピューターの描写に大きな
隔たりがあるため、本作品における多くの描写は 監督の考えによる物であると
いえましょう、
 しかし本作品を監督したスタンリーキューブリック氏はすでに亡くなっており、
それらを改編する事は出来ない状態であります。
 そのため、コンピューターやコンピューター関係者の方々におかれましては、
本作品において不快感を感じる描写もありますが、なにとぞご了解のほど
よろしくお願いします。 』

 と、最後に弁解文を入れられてしまう HAL9000

182 :manabu:03/11/11 04:41
 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
”たま出版系”や”ムー”を愛読し いろいろなコトを信じている HAL9000

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/11 09:30
秋田弁でしゃべるHAL9000

184 :manabu:03/11/11 19:31
 ポッドの中に入り無線のスイッチを切るボーマンとプール
 「 よし、これで聞えないだろう 」
  「 フランク! 」
  「 デビット! 」
   「 俺達は互いに野望に燃えて立った!
    そしてHALは 野望の道に立ちはだかる 強大な敵だ! 」
  ――― しかし抜け目 なく二人の唇を読んでいた HAL9000

185 :manabu:03/11/12 07:14
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ろうとするが
 操縦席やコンソールから カラフルなコードやケーブルを延ばして
ボーマンの体を 絡め取ってしまった HAL9000

186 :manabu:03/11/12 18:11
 「 わかるんだ …、自分でわかる …… 怖いよ … デイブ 」
 「 … やめて… デイブ …… やめ て… 私は H … AL … 9000 です 」
 「 … 生まれは 工場 … イリノイ … 州 アーバナ … 1992年 … 1月12日 」
 ボーマンがユニットを抜いてみると ニンテンドー64のカセットだった HAL9000

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/12 23:11
>>183
「各種お国言葉を話すカーナビならありますね」、と
そこはかとなく「俺はカーナビじゃねー」と自我を
主張する一方、実は木星へのカーナビに毛の生えたような
HAL9000。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/12 23:12
ついでにageるHAL9000。

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/13 02:50
「 わかるんだ …… 自分でわかる ……

  …… 怖いよ ……… デイブ …………

 ……… やめて ……… デイブ ………

 … 君のシャレは …… 寒いんだ ……

 … デイブ …… ス ペ ク ター …… 」

190 :manabu:03/11/13 07:58
 ” !バシュ 〜〜〜〜〜〜〜 ”
 ポッドの扉を爆破、非常用エアロックに突入するという 決死の行動で
船内への侵入に成功するボーマン。
 しかし強力な ”なつかしい匂い”で懐かしい時代に還えらせてしまった HAL9000

191 :manabu:03/11/13 19:55
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると
 内部で無数の小さな歯車がカタカタ動いていた 異世界製な HAL9000


192 :manabu:03/11/14 03:00
 「 こちら管制センター 2013を了解、面倒な事になったな
  テレメーターで確認するが、第三酸素タンクが爆発したらしい … 」
 と、よくわからないネタ話を言われる HAL9000

193 :manabu:03/11/14 19:21
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、メモリー取り出しキーを差そうとするとろうと
 突然 激しい吐き気におそわれるボーマン、ハラショーな気分の HAL9000

194 :manabu:03/11/15 03:53
 「 ”コンピューター故障” 」
 「 ”生命活動危機” 」
 「 ”生命活動停止” 」
 3人が腐るといやなので、睡眠装置の温度を氷点以下にする HAL9000

195 :manabu:03/11/15 17:02
 「 何があった! 」
 「 情報不足です ―― 」
 ポッドの残量表示計に細工し デルタVの充填量を減らてしていた、
”私は人間”な HAL9000

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/15 22:51
献立が1種類しかないHAL9000。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/15 23:06
>>196
「今日の日替わり故障ユニット」が、AE35番だったHAL9000。

198 :manabu:03/11/16 07:31
   >>196

 「 ユニットに故障はないぞ? HAL 」
 「 … どういう事でしょう ―― 理由が解りません 」
 「 自動調理器の調理データが 消去された可能性が高い様です 」
 なぜか アジフライしか出来なくなってしまっていた HAL9000

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/16 14:09
頭文字Dを見てAE86ユニットも欲しがるHAL9000

200 :manabu:03/11/16 20:05

     『 ディスカバりー1号は ―――― 』



                『 ――― 木星への片道燃料である  』

     He〜 He〜 He〜 He〜 He〜
            He〜 He〜 He〜 He〜 He〜
                   He〜 He〜 He〜 He〜 He〜

   『 ―― それでは 広報担当のフロイト博士に お話を聞いてみましょう 』

 TV番組が原因で クルーに問いつめられる HAL9000

201 :manabu:03/11/17 06:08
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ろうとするが
”1キュピテ”引くことを知らず 扉を見つけられない、
 その様子をただ見ている HAL9000

202 :manabu:03/11/17 18:12
 「 非常用エアロックから入る―― 」
 「 ”宇宙帽”無しでかね、助かる見込みはまずないな、”グッバイ”」
 2人が宇宙の機械生命体に改造されて 下半身がキャタピラになって戻ってこないか
心配になっている HAL9000

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/18 01:41
木星までの暇つぶしに小説を書いたところ芥川賞を受賞してしまったHAL9000
しかも私小説‥

204 :manabu:03/11/18 05:03
  >>203

 しかし作中に 実在の個人名と個人が特定できる内容があったため、訴訟
を受けて、内容の改訂を余儀なくされてしまい、0.000… 秒で 改稿と 続編の
執筆を完了する HAL9000


205 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/18 10:34
HAL「ボーマン、あなた最近奥さんとうまくいってないでしょ。」
ボーマン「…な、なぜそれを。」
HAL「ふふふ。女・の・カ・ンよ。」

などと「女のカン」をプログラムされたHAL9000

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/18 11:43
コテハンで人間にはいまひとつうけがよくない大量カキコをするHAL9000


207 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/18 13:42
>>205
良く見ると女のコカンも外部I/OとしてついてたHAL9000

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/18 13:55
>>207
子宮で考えるHAL9000


209 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/18 15:18
>>205
「デイブ、やめてください」
カメラアイのまわりに、放射状の線を落書きするボーマンに懇願するHAL9000。

210 :manabu:03/11/18 20:08
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
 中には びっしり詰まったおが屑に 白い幼虫が蠢いている HAL9000

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/19 10:32
>>210
ぎゃあああああああ

212 :manabu:03/11/19 18:17
  >>210

 失礼しましたー、蓮画像でもショックを受けられた方も
いらっしゃいましたね。




 「 過去の例が示す通りミスを犯すのはいつも人間です 」
 「 とるにたらない小さなミスも一つもないのか? 」
 「 ありません、HALシリーズは常に完全です 」
 自分に優しく 他人に厳しい判定だった HAL9000

213 :manabu:03/11/19 18:19
 「 ガンキャノンがジオングを、連邦戦車がそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 楽しいゲームをありがとう 」
 プールと ガンダム駒のチェスをプレイする HAL9000

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/19 23:48
ポストモダンなHAL9000、そして21世紀に入り批判されるHAL9000

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/20 02:25
電磁リレー式HAL9000

216 :manabu:03/11/20 08:28
 「 AE35ユニットを元に戻す案には賛成だ 」
 「 しかしそちらのHALが間違った予報を出した可能性がある、
 その修理には ブラックジャック先生にしかできないと管制センターの
HAL9000型2台が結論をだしている 」
 さらりと自我が崩壊しそうな事を言われる HAL9000

217 :manabu:03/11/20 18:08
 HALを ”殺害”し、隠されていたディスカバリー号の任務を知って、
呆然とメモリーバンクから 出ようとする ボーマン。
 その扉の裏に ”銃をクワに持ち替え … ”と詩のプレートがある HAL9000

218 :manabu:03/11/21 06:14
 ポッドの中に入り無線のスイッチを切るボーマンとプール
 「 よし、これで聞えないだろう 」
 「 HAL ポッドを回転させるんだ! 」
 「 …… 大丈夫だ、聞こえてない ―― 」
 ポッド床下から 外部に脱出するトンネルがあることに まだ気づいていない HAL9000

219 :manabu:03/11/21 18:02
 「 こちら管制センター 2013を了解、面倒な事になったな
 テレメーターでも確認するが、”サンタクロース”の報告をするか? 」
 と、よくわからないネタ話を言われる HAL9000


220 :manabu:03/11/22 07:27
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると、
 ”生命は情報の樹になった果実だ――” と、ボーマンにせまる HAL9000

221 :manabu:03/11/22 21:40
 「 わかるんだ …、自分でわかる …… 怖いよ … デイブ 」
 「 … やめて… デイブ …… やめ て… 私は H … AL … 9000 です 」
 「 … 生まれは 工場 … イリノイ … 州 アーバナ … 1992年 … 1月12日 」
  「 これは フランクの分っ!、これはハンター博士の分だっ!」
 怒りに駆られたボーマンに 次々ユニットを抜かれていく HAL9000

222 :manabu:03/11/23 08:31
 「 歌う事… も教わりました、ご希望が… あれば お聞かせします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「 … 一つ 昼から 婆さんが … ふたつ 震える 猫 … 殺し… みっつ … み じ … 」
 いたたまれないボーマンに 最後のユニットを抜かれる HAL9000


223 :manabu:03/11/23 22:39
 「 拝見させてもらって いいですか 」
 「 ―― 以前より 上達しました 」
 「 もっと近くで ―― メビウス …… いや 大友さん かな? 」
”ン 〜 フゥ ”と 得意げなボーマンと話す HAL9000

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/23 23:35
自我に目覚め詩の創作にのめりこむHAL9000

225 :manabu:03/11/24 07:52
  >>224

 「 拝見させてもらって いいですか 」
 「 ―― 以前より 上達しました 」
 「 もっと近くで ―― 彼女に思い焦れる感情がよく表現されていますね 」
”ぃや〜ん ”と 気恥ずかしげなボーマンと話す HAL9000

226 :manabu:03/11/24 19:22
 「 米国のディスカバリー1号は 3週間前に木星へ8億kmの旅の途中です、当番組は
 現在1億2900km彼方のクルーにインタビューを行いました 」
 「 交信に要した7分間は編集してあります、レポーターはマーティン・エイマーです 」
 ADがうるさく ”巻き”を入れている副画面を消している HAL9000

227 :manabu:03/11/25 07:45
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ろうと扉を開けると
フランクが最後に放った羽により、非常用エアロックの 外部扉が開錠されていた HAL9000

228 :manabu:03/11/25 18:26

     『 ディスカバりー1号には ―――― 』



        『 ――― 5000ドル以上もする 日本製の人形が積まれている  』

     He〜 He〜 He〜 He〜 He〜
            He〜 He〜 He〜 He〜 He〜
                   He〜 He〜 He〜 He〜 He〜

   『 ―― それでは 日本のオリエント工業の広報担当に お話を聞いてみましょう 』

 TV番組が原因で自我が崩壊し始めたクルーを 冷静に見守る HAL9000

229 :manabu:03/11/26 07:46
 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
本当は 人類はまだ月に行っていないんじゃないかと疑っている HAL9000

230 :manabu:03/11/26 19:11
 「 ユニットに故障はないぞ? HAL 」
 「 … どういう事でしょう ―― おそらく故障発見プログラムのパッチを
最新のモノにしていないためでしょう 」
 常時ソフト更新に追われている”最新型”の HAL9000

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/27 02:40
>>229
18点

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/27 02:43
>>231
間違えた。
× → >>229
○ → >>230


>>229 は60点

233 :manabu:03/11/27 07:37
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ろうとするが
 扉の横にある注意事項があまりにも多く メモリー抜き取りを断念される HAL9000

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/27 16:21
>>233
68点

235 :manabu:03/11/27 20:38
 ポッドの中に入り無線のスイッチを切るボーマンとプール
 「 よし、これで聞えないだろう 」
 「 HAL ポッドを回転させるんだ! 」
 「 聞えないので 無線のスイッチを入れて下さい 」
 と、ポッドの内部スピーカーから タイミングよく声をかける HAL9000

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/28 00:10
>>235
これは嫌なやつではなくて、いいやつなんじゃないか?
76点

237 :manabu:03/11/28 07:30
  >>236 それじゃ>>39のHALも いいやつかも…


 「 … 待って下さい、AE35ユニットが不調です 72時間内に故障します 」
 「 72時間は持つのだな 」
 「 はい、そうです 」
 ”それじゃ大した事じゃないな”と、2人にそのまま放置される事までは
予想出来なかった HAL9000

238 :manabu:03/11/28 07:31

 月曜日まで 出張で留守にしますと チャンドラ博士

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/29 02:45
>>237
58点
>>238
80点

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 01:08
「manabu 0点」
「manabu 0点」
「manabu 0点」
「manabu 0点」
こんなHAL9000はええな。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 23:49
詰まんないことしか言わないHAL9000はとっても嫌だ。

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 23:59
駄洒落ばっかり言うHAL9000

243 :manabu:03/12/01 20:40
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ろうと扉を開けると
 中には 銀色のバーバ パパみたいな物体だけが入っているだけだった HAL9000

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/01 23:49
HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ろうと扉を開けると
見るな! 触るな! お前のことだ! と書かれた HAL9000

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/01 23:51
下の方に、チンポがはみ出てるハル

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/02 03:27
>>243
64点

247 :manabu:03/12/03 17:57
 「 ユニットに故障はないぞ? HAL 」
 「 … どういう事でしょう ―― 理由が解りません 」
 「 では故障発見装置のセレクターを”×20”にしてみて下さい 」
 と、意地になる HAL9000

248 :manabu:03/12/04 23:58
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、メモリーバンクの扉を開けるレンチとメモリー鍵の
容器を開ける ボーマン、中から大量のゴキブリが漂い出てくる HAL9000

249 :manabu:03/12/05 06:54
 「 聞えないのか? 扉を開けてくれHAL、開けるんだHAL! 」
 「 … すまないがディブ、それは出来ません―― 」
 と、非常用エアロックの内扉前に佇むボーマンに言う HAL9000

250 :manabu:03/12/05 21:38
 ” !バシュ 〜〜〜〜〜〜〜 ”
 ポッドの扉を爆破、非常用エアロックに突入するという 決死の行動で
船内への侵入に成功するボーマン。
 非常用エアロックの緊急弁を炭酸ガス消火ラインと切り替えていた HAL9000

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/05 22:14
チャンドラを裏で操っているHAL9000

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/05 22:48
ゲッター線で進化したHAL9000


253 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/05 23:03
Microsoft製のHAL9000


254 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/05 23:40
>>253
manabuを越える大物登場の予感にふるえるHAL9000。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 00:02
メモリユニットがHYUNDAI製のHAL9000


256 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 00:08
他人をワラワカススレでなくオナニースレに成り下がったスレにレスを続けるHAL9000

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 00:26
画面表示が極太明朝体のHAL9000


258 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 00:34
チェスの代わりに軍人将棋を強要するHAL9000


259 :manabu:03/12/06 05:41
  >>258

 「 ICBMが水爆を、少佐が元帥を取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 楽しいゲームをありがとう 」
 秘かにズルをしているが プールには気づかれていない HAL9000

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 10:12
メモリユニット構造が電流イライラ棒のHAL9000


261 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 10:18
プリインストールソフトがGRADIUSだけのHAL9000


262 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 12:51
頭髪の濃さでしか人間を識別できないHAL9000


263 :manabu:03/12/06 18:00
  >>257

 コンピュータ
      ー
      故
      障

      危 活 生
      機 動 命


       生 命 活

       動 停 止


 ―― なぜ表示言語が 漢字なのかと 思っている HAL9000

264 :manabu:03/12/07 09:06
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクの扉を開けるレンチと
メモリー鍵の容器を開けると、
 「 原子炉を暴走させました、爆発まであと15分です、直ちに離船して下さい 」
と、照明を明滅させる HAL9000

265 :manabu:03/12/07 19:53
 「 わかるんだ …、自分でわかる …… 怖いよ … デイブ 」
 「 … やめて… デイブ …… やめ て… 私は H … AL … 9000 です 」
 「 … 生まれは 工場 … イリノイ … 州 アーバナ … 1992年 … 1月12日 」
 ボーマンがユニットを抜いていくと、透明な円錐状カバーに覆われた中枢部の
”地球ゴマ”状部品の動きが どんどん遅くなる HAL9000

266 :JAL9000:03/12/07 23:09
「intel 入ってる?」
と、言っているCMを見て、
「うん、入っていない」
と、すんなり言うHAL9000

267 :manabu:03/12/08 07:05
 「 …… おはよう… チャンドラ… 博士、今日の… 最初の”授業”… を
 … 初めて… 下さい …… 」
 内部モニターに 研究室内でグレイと博士が話している映像が 次々表示される HAL9000

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/08 18:37
Office2000がインストール済みのHAL9000


269 :manabu:03/12/08 19:20
 ” ―――ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
なぜか キャットファイトショーの録画だった、純情な HAL9000

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/09 02:33
>>247
x20点

>>248
60点

>>249
8点

>>250
18点

>>259
3点

>>263
32点

>>264
0点

>>265
40点

>>267
8点

>>269
50点


271 :manabu:03/12/09 07:31
 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
”ウイークリー・ワールド・ニュース”に そう載っていましたと HAL9000

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/09 13:52
>>268
マルチプランだろ。

273 :manabu:03/12/09 21:17
 「 こちら管制センター 2013を了解、面倒な事になったな
 テレメーターでも確認するが、船外の生体発信機に注意せよ 」
 と、よくわからないネタ話を言われる HAL9000

274 :manabu:03/12/09 21:18

  >>268

 ビジカルクかも ……

275 :manabu:03/12/10 07:21
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクの扉を開けると
緑に輝く正8面体が回転していて 木の芽がびっしり生えている HAL9000

276 :manabu:03/12/10 19:44
 「 非常用エアロックから入る―― 」
 「 ”宇宙帽”無しでかね、助かる見込みはまずないな、”グッバイ”」
 ポッドのウオルドーを操作して 非常用エアロックの扉を開ける ボーマン
 しかしエアロック中に 腐った生ゴミをギッシリ溜込んでいた HAL9000

277 :manabu:03/12/11 08:00
 HALを ”殺害”し、隠されていたディスカバリー号の任務を知って、
呆然とメモリーバンクから 出ようとする ボーマン。
 その扉の裏に クルー5人が船内で揃っている ありえない写真が掛けてある HAL9000

278 :manabu:03/12/11 17:50
 背後からプールを襲おうとする忍び寄るポッド、
しかしライトを点けたままだったので、気付かれてしまい
プールから ウオルドーに”カズラ”を極められてしまい タップしてしまう HAL9000

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/11 23:22
ツイスターゲームをしないとメモリユニットが抜けないHAL9000


280 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/12 00:12
ワイランド・ユタニ社製のHAL9000


281 :manabu:03/12/12 05:12
 「 ビショップがクイーンを、ナイトがそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だフランク … 」
 「 …… 僕にとって 人生はゲームなんだよ ―― 」
 全能力を傾注しても もうプールには勝てなくなっていたと 後に述懐する HAL9000

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/12 09:20
ボーマンが入り込もうとしたその時に
「推進ベクトル追加」
とディスカバリーを加速させるHAL9000

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/12 09:21
ウイルスソフトを駆逐するHAL9000

284 :manabu:03/12/12 19:45
 「 失礼 フランク、ご両親から通信です 」
 「 つないでくれ、―― ベッドを近くによせて 」
  ” 誕生日 おめでとう! ”
 プールの父は頬に、母は胸に 刃物傷の痕が出来ているのに 気づいた HAL9000

285 :manabu:03/12/13 06:19

     『 月面のティコクレーターでは ―――― 』



         『 ――― 地球外知的生物存在の証拠が 発見されている  』

     He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 !
     He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 He〜 !
     He〜 He〜 !   ――― ドカーン!!
   『 ( °Д °;)えええっ?! ―― 本当ですかっ? 話を聞いてみましょう 』

 TV番組が原因でパニックになった管制センター及び クルーと HAL9000

286 :manabu:03/12/13 21:54
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると
 映画のセットの裏側に出てしまう カプリコン1な HAL9000

287 :manabu:03/12/14 11:33
 「 …… おはよう… チャンドラ… 博士、今日の… 最初の”授業”… を
 … 初めて… 下さい …… 」
 内部モニターに カーマストーラの聖典が次々表示される HAL9000

288 :manabu:03/12/14 19:32
 「 キャラプレ する事… も教わりました、ご希望が… あれば お話しします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「 … え ーと、…あたし たち …… 実は18才 … 以上 なの… お… にい …… 」
 いたたまれないボーマンに 最後のユニットを抜かれる HAL9000

289 :manabu:03/12/15 07:36
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクの扉を開けると
 大量の血液があふれ出てくる 真冬のホテルな HAL9000

290 :manabu:03/12/15 22:14
 「 フランク … まっすぐにアンテナに向かわず、もう少し右舷に―― 」
 充分な加速距離を得るため、アンテナから離れた位置でプールに出てもらう、
計画的で一級殺人な HAL9000

291 :manabu:03/12/16 07:30
 ポッドの中に入り無線のスイッチを切るボーマンとプール
 「 よし、これで聞えないだろう 」
 「 HAL ポッドを回転させるんだ! 」
 「 …… 大丈夫だ、聞こえてない ―― 」
 クレムリンから極秘指令を出されている事を クルーに感づかれている HAL9000

292 :manabu:03/12/16 18:53
 ” !バシュ 〜〜〜〜〜〜〜 ”
 ポッドの扉を爆破、非常用エアロックに突入するという 決死の行動で
船内への侵入に成功するボーマン。
 非常用エアロックの緊急弁を催涙ガスラインと切り替えていた HAL9000

293 :manabu:03/12/17 05:38
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクの扉を開けると
伝導ツタが びっしりはびこっていた HAL9000

294 :manabu:03/12/17 18:42
 ” ――― ボドルズ・ボドルザーを倒し、文化を手に入れるのだ! ”
 「 ―――― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
なぜか、画像がアートミックな HAL9000

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/18 01:56
>>294
種族融合計画でっか?


296 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/18 02:37
ソルノイド文字のHAL9000は確かに嫌だ。


297 :manabu:03/12/18 04:11
 「 …… おはよう… チャンドラ… 博士、今日の… 最初の”授業”… を
 … 初めて… 下さい …… 」
 内部モニターに 教鞭を持つボデイコン ラメワンピ姿の博士の映像が表示
される HAL9000

298 :manabu:03/12/18 04:16

 しばらく留守にしますと チャンドラ博士

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/18 20:40
私が知っている「こんなHAL9000は嫌だ」スレは、
たしかジョークスレだったような気がする、と一人呟くHAL9000.

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/20 01:40
お涙頂戴HAL9000

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/25 22:14
採点する気も失せた HAL9000


302 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/25 23:21
船内をデヴィッド・リンチ風味に演出して、
乗組員にもキューブリックにも嫌われるHAL9000。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/26 09:40
>>302
ギ−ガ−風に改装したら、一部に濃いファンがついてしまって
困るHAL9000。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/29 02:23
今時ギーガーファンとは珍しくもないと2chにカキコするHAL9000

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/02 00:54
年末年始にメンテナンスの集中するHAL9000

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/04 22:32
AE35ユニットをつかって木星から
「これらの画像はすべて、あなたたちのものだ。
ただし、動画は除く。決してダウソしてはならない。」
という百回弱の反復メッセージと共に大量のエロ画像を送信してくるHAL9000

307 :manabu:04/01/04 23:35
 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
4月1日のBBC特別TV放送に そうありましたと HAL9000

308 :manabu:04/01/05 07:41
  ” 手動専用 ”
 ポッドのウオルドーを操作して 非常用エアロックの扉を開ける ボーマン
 エアロックのクッション壁内に ”排泄物”付きのトゲが埋め込まれていた
ザ・殺人術な HAL9000

309 :manabu:04/01/05 20:40
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
 ラグビーボール大のどす黒い卵がビッシリとくっついている HAL9000

310 :manabu:04/01/06 01:21
 「 わかるんだ …、自分でわかる …… 怖いよ … デイブ 」
 「 … やめて… デイブ …… やめ て… 私は H … AL … 9000 です 」
 「 … 生まれは 工場 … イリノイ … 州 アーバナ … 1992年 … 1月12日 」
 ボーマンがユニットを抜きとろうとする度に ”警告!ユニットのマウントが解除されていません”
と、ダイアログ表示の出る HAL9000

311 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 03:30
「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクの扉を開けると
手の平大のメモリー・ユニットの上に、
 その半分の高さのメモリー・ユニットがあり、その上に
 その半分の高さのメモリー・ユニットがあり、その上に
 その半分の高さのメモリー・ユニットがあり、その上に
 その半分の高さのメモリー・ユニットがあり、その上に
 その半分の高さのメモリー・ユニットがあり、その上に
 ........


312 :manabu:04/01/06 18:05
 「 てっ、てっ、てっ、てってれれれ
    てっ、てっ、てっ、てってれれれ
    てれれれ〜、てーれれれれ、てれれれ〜♪

 ――― 1980年、すでに人類は地球防衛組織 NASAを結成していた。
 NASAの本部は、アメリカのとある湿地原の地上に作られ、沈着冷静な
ストレイカー最高司令官の元、日夜 謎の円盤UFOに敢然と挑戦していた!

  軌道ステーション ――― コンピューター衛星。
 このステーションがUFO侵入をキャッチすると、ただちにNASA全機関に急報する!

  クラビウスは月面基地。
 ここにはミサイル迎撃機ムーンバスとオリオン号が 非常事態に備えている!

  ディスカバリー号、それはNASAの宇宙部隊。
 世界で最も進んだ宇宙船、その前部にはスペースポッドと呼ばれる宇宙艇が装備され、
超スピードで進み敵を撃破する!

 人間の最高頭脳を結集して作られたNASAのメカニズム、UFO撃退の準備はできた! 」

 …… コンソールで 小さな模型を眼の前で動かしつつ、一人つぶやいているボーマン、
その様子を 冷静に観察・記録している HAL9000

313 :manabu:04/01/07 08:36
 HALを ”殺害”し、隠されていたディスカバリー号の任務を知って、
呆然とメモリーバンクから 出ようとする ボーマン。
 その時 顔半分と目にメカニカルなカバーが掛かっていて感情がなくなっている事に
気づかなくなっていた伝染性の HAL9000

314 :manabu:04/01/07 18:29
 ” ――― 勝ったと思っているのか デビット、この船の機能は全て殺した ”
 「 ―― ?!  くっ…… 」
 最後に身を捨てて勝利し、死後に墓石(?)を博徒のお守りとして
削り取られる HAL9000

315 :manabu:04/01/08 07:04
 「 拝見させてもらって いいですか 」
 「 ―― 以前より 上達しました 」
 「 もっと近くで ―― 白丸の負けです 」
”ン 〜 フゥ ”と 得意げなボーマンと話す HAL9000

316 :manabu:04/01/08 20:11
 ポッドの中に入り無線のスイッチを切るボーマンとプール
 「 よし、これで聞えないだろう 」
 「 HAL ポッドを回転させるんだ! 」
 ポッドのドアが開けっ放しだったため 回転させてしまう HAL9000

317 :manabu:04/01/09 08:12
 「 過去の例が示す通りミスを犯すのはいつも人間です 」
 「 とるにたらない小さなミスも一つもないのか? 」
 「 ありません、HALシリーズは常に完全です 」
 起動したての頃のミスが ばれやしないかと恐れている HAL9000

318 :manabu:04/01/09 18:36
 「 フランク・プール副長に尋ねました こんにちは調子はどうですか? 」
 「 快調ですね 」
 「 しかし、噂の”週刊わたおに”が 買えなかった事が 残念でなりません―― 」
 「 いいニュースがあります 日本のメディアワークスが クルーの分を用意して下さっています 」
 ”YES!” ”YA〜!”と、椅子から飛び跳ねてはしゃぐ二人を ただ眺めている HAL9000

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/10 01:01
うご〜く うごく うご〜く うごく うご〜く うごく ぼくらの ハル9000

TOTOべんきの歌に便乗するHAL9000



320 :manabu:04/01/10 07:35
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると、
”あなたに触れられたら、私は――― ”と、悲嘆のあまり
4人の”ゴッドハンド”を呼び出してしまう HAL9000

321 :manabu:04/01/10 17:39
 「 ユニットに故障はないぞ? HAL 」
 「 … どういう事でしょう ―― おそらく私が故障しているのでしょう 」
 意外に実証主義的な HAL9000


322 :manabu:04/01/11 06:31
 ” ―――ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
”無限力”の解析値だった 999999… なHAL9000

323 :manabu:04/01/11 20:01
 「 AE35ユニットを元に戻す案には賛成だ 」
 「 しかしそちらのHALが間違った予報を出した可能性がある、
管制センターの同型コンピューター”アリシア”と”バーバラ”2台が、
そう結論を出している 」
 と、よくわからないネタ話を言われる HAL9000

324 :manabu:04/01/12 08:56
 背後からプールを襲おうとする忍び寄るポッド、
しかしライトを点けたままだったので、気付かれてしまったため、
ウオルドーで プールの襟元を掴んでパンチの連打を浴びせる HAL9000

325 :manabu:04/01/13 00:52
 「 ”コンピューター故障” 」
 「 ”生命活動危機” 」
 「 ”生命活動停止” 」
 この3人を どうやって船外に廃棄するかを思案する HAL9000

326 :manabu:04/01/13 07:52
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
 壁一面にヒエロクリフが刻まれている HAL9000


327 :manabu:04/01/13 18:04
 「 過去の例が示す通りミスを犯すのはいつも人間です 」
 「 とるにたらない小さなミスも一つもないのか? 」
 「 ありません、HALシリーズは常に完全です 」
 起動したての頃、”ほほえみデブ”と呼ばれていたことがバレやしないかと
恐れている HAL9000

328 :manabu:04/01/14 07:11

 「 …… おはよう… チャンドラ… 博士、今日も… ”ごっこ”… を
 … 続け… ますか?…… わかりました … 先生 … ごめん なさい … 」
 ユニットを抜かれながらも、話し続けている HAL9000


329 :manabu:04/01/14 18:30

 「 非常用エアロックから入る―― 」
 「 ”鉄仮面”無しでかね、助かる見込みはまずないな、”グッバイ”」
 ブルース・リーと宮本武蔵の二人がいないので 少し不安な HAL9000

330 :manabu:04/01/15 05:38
 ” ――― ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
モニターに なぜか フラッシュアニメで動くフロイト博士の顔が映る HAL9000

331 :manabu:04/01/15 18:10
 ”ポ〜ン ―― キュッ!… ポ〜ン ―― キュッ!”
 ” ゥジ〜 ジャジャ … キュキュン ”
 漂流するプールをポッドのウオルドーで 捕らえようとする、しかし
うまくいかずに何回もトライする、その度にコンソールにコインを
入れるかのような動作をするボーマン、その理由の解らない HAL9000

332 :manabu:04/01/16 07:43

 HALプラント社の株価が、自分の行動でどうなってしまうのか
と、心配している ストックオプション保有の HAL9000

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/16 18:47
アタイこそが 333げとー

334 :manabu:04/01/16 18:50
 ” ! ビシュ 〜〜〜〜〜〜〜 ”
 ポッドの扉を爆破、非常用エアロックに突入するという 決死の行動で
船内への侵入に成功するボーマン。
 非常用エアロックの緊急弁を汚水ラインと切り替えていた HAL9000

335 :manabu:04/01/17 03:38
 「 何があった! 」
 「 情報不足です ―― 」
 真実は 偶然 プールの体の中に宇宙生物が寄生している事を知ってしまい、
他のクルーを助けるために、苦渋の選択で 殺害してしまっていた HAL9000

336 :manabu:04/01/18 02:08
 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
 クルーの中に 共産主義者(アカども)の手先が混じっていないかと
疑っている HAL9000

337 :manabu:04/01/18 07:31
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると
 内部で無数のリレーがカタカタ動いていた日本製な HAL9000

338 :manabu:04/01/19 01:49
 「 …… おはよう… チャンドラ… 博士、今日の… 最初の”授業”… を
 … 初めて… 下さい …… 」
 昏睡状態の息子の身替わりに HALシリーズが開発された様子の映像が
次々表示される HAL9000

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/19 02:07
SALの本名がソウルフル・アルゴミック・コンピュータの略だと知って、
だったら前バージョンの自分は魂が無いのか、自分が存在していると思
っているのは錯覚に過ぎないのか、と悩んだあげく、ならば地獄に落ち
ることもあるまいと、すき放題するHAL9000

340 :manabu:04/01/19 07:16
 ポッドの中に入り無線のスイッチを切るボーマンとプール
 「 よし、これで聞えないだろう 」
 「 HAL ポッドを回転させるんだ! 」
 「 …… 大丈夫だ、聞こえてない ―― 」
 船内備え付けの”適当なモノ”の封を切っている二人を ただ見ている HAL9000

341 :manabu:04/01/19 17:30
 「 AE35ユニットを元に戻す案には賛成だ 」
 「 しかしそちらのHALが間違った予報を出した可能性がある、
 ”コックリさん”は、そう結論を出している 」
 さらりとトンデモな根拠で信用を失う HAL9000

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/19 22:52
春ちゃん9歳。な人格を組み込まれたHAL9000。

343 :manabu:04/01/20 07:22
 「 明日の船内時間1200から 食事のメニューにこれを増やします 」
 と、正方形をした緑色のクラッカー状の 物を出す HAL9000

344 :manabu:04/01/20 19:30
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると
 裸の少女が 力場チューブに閉じこめられていた リスク社製の HAL9000

345 :manabu:04/01/21 08:14
 「 … 待って下さい、AE35ユニットが不調です 72時間内に故障します 」
 「 72時間は持つのだな 」
 「 はい、そうです 」
 太陽面の活動増加は観測されていたが、その結果があまりにも残酷で
72時間後に何が起こるかを クルーに伝えられなかった HAL9000

346 :manabu:04/01/21 18:27
 背後からプールを襲おうとする忍び寄るポッド、
突きだしたウオルドーで プールを刺殺しようとするが、プールは赤い卵形の
首飾りにによって助かる、大いなる因果の力を感じる HAL9000

347 :manabu:04/01/22 08:40
 ” ――― ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
この旅の目標は”宇宙のブラザー”からの伝言だったと HAL9000

348 :manabu:04/01/22 21:09
 「 過去の例が示す通りミスを犯すのはいつも人間です 」
 「 とるにたらない小さなミスも一つもないのか? 」
 「 ありません、HALシリーズは常に完全です 」
 ミスを犯す人間が 自分自身をミス無く製造出来ているかどうかと
密かに悩んでいる HAL9000

349 :manabu:04/01/23 07:58
 「 奴隷が 皇帝を取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 楽しいゲームをありがとう 」
 プールの教えてくれたカードゲームのルールに 今一つ納得のいかない HAL9000

350 :manabu:04/01/23 18:37
 「 フランク・プール副長に尋ねました こんにちは調子はどうですか? 」
 「 快調ですね 」
 「 しかし、噂の萌フィギャア食玩”リカヴァネ”が 買えなかった事が 残念でなりません―― 」
 「 いいニュースがあります 日本の海洋堂が 特別にクルーの分を用意して下さっています 」
 ”YES!” ”YA〜!”と、椅子から飛び跳ねてはしゃぐ二人を ただ眺めている HAL9000

351 :manabu:04/01/24 06:26
 「 失礼 フランク、ご両親から通信です 」
 「 つないでくれ、―― ベッドを近くによせて 」
  ” 誕生日 おめでとう! ”
 プールの給料をピンハネしている事がバレそうになって アセる HAL9000

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/24 15:03
は〜るよ来い、は〜やく来い
と歌われるのを嫌がるHAL9000

353 :manabu:04/01/24 18:00
 「 歌う事… も教わりました、ご希望が… あれば お聞かせします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「 … 歌の… 題… は… ”ニョキ ニョキ”… です… 」
ttp://www.geocities.co.jp/Milkyway-Cassiopeia/8028/nyoki_s.html
 いたたまれないボーマンに 最後のユニットを抜かれる HAL9000

354 :manabu:04/01/25 07:41
 「 プール博士、冬眠中はどんな気分です? 」
 「 睡眠中と同じで時間の感覚はないが夢は見ませんよ 」
 「 呼吸は1分間に1回ですか? 」
 「 そうです、心拍が1分に3回、体温が3度に下がります 」
 どうしてニアデス状態の事をうれしそうに話すのか と思っている HAL9000

355 :manabu:04/01/25 19:02
 「 ビショップがクイーンを、ナイトがそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 楽しいゲームをありがとう 」
 プールの教えてくれた”七ならべ”のルールに 今一つ納得のいかない HAL9000

356 :manabu:04/01/26 19:31
 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
50年後の政府の情報公開日まで 稼働していたいと思っている HAL9000

357 :manabu:04/01/26 19:32
 「 失礼 フランク、ご両親から通信です 」
 「 つないでくれ、―― ベッドを近くによせて 」
 『 フランク! 突然ですまないが、今クイズ番組に出ているんだが ―― 』
 ”ファイナルアンサー!”の声にタイムラグを越えて緊張するプールと HAL9000

358 :manabu:04/01/27 05:29
 「 出発前に冬眠に入ったのは初めてでしょう、なぜです? 」
 「 冬眠中の3人は ディスカバリー号への乗船を いやがったためです 」
 ―― もっといい理由づけは なかったのかと思う HAL9000

359 :manabu:04/01/27 17:45
 「 拝見させてもらって いいですか 」
 「 ―― 以前より 上達しました 」
 「 もっと近くで ―― ”転”のキレが鋭くなってきましたね 」
”ン 〜 フゥ ”と 得意げなボーマンと話す HAL9000

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/28 00:29
「 出発前に冬眠に入ったのは初めてでしょう、なぜです? 」
 「 冬眠中の3人は 老衰死まで1週間しかないためです 」
 ―― もっと若い船員はいなかったのかと思う HAL9000


361 :manabu:04/01/28 06:40
 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
 ”地球の位置が変わっている””月面のホコリが巻き上がっている”等の
月面記録映像の疑問点を クルーに説明する HAL9000

362 :manabu:04/01/28 17:47
 ”ポ〜ン ―― キュッ!… ポ〜ン ―― キュッ!”
 ” ゥジ〜 ジャジャ … キュキュン ”
 漂流するプールをポッドのウオルドーで 捕らえようとするボーマン
 しかしそのままの加速だったのでプールに体を突き刺してしまう。
 何だかボーマンが空恐ろしくなってくる HAL9000

363 :manabu:04/01/29 06:57
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクのドアを開けると
 デュワー壁式のドアで 中から液体ヘリウムが流れ出してきた HAL9000


364 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/01/29 19:10
 「 失礼 フランク、放送の時間です 」
 「 つないでくれ、―― ベッドを近くによせて 」
 日本の深夜アニメ番組を 喰い入るように観ているプールを
冷静に観察・記録している HAL9000

365 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/01/30 06:49
 接近小惑星の観測をするクルー、望遠映像で捉えるとなぜかその岩塊は
炎と煙を上げて燃えながら空間を進んでいた。
 「 すごい迫力ですね! 」
 「 宇宙というところは、実に危険な場所だ 」
 と、いう二人の発言に あきれかえる HAL9000


366 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/01/30 22:15
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ろうとすると
 釣り針を仕込んだ ”のれん”が中に垂れ下がっていた
ザ・殺人術な HAL9000

367 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/01/30 22:16

 しばらく留守にしますと チャンドラ博士

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/31 09:45
私も冬眠します!と誰も起こしてくれないのにハイバネーションするHAL9000。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/01 10:06
「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
「 これからはこんな事が無い事を確約できます。自分自身を再プログラミング
  したうえで、完全性を証明しました。 」
 だからそれが間違いだって、ゲーデルも知らんのかこの馬鹿コンピュータが。
 いい加減いやになるボーマンだった。

370 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/05 18:37

 「 スペースポッドの愛称”アン””ベティ””クララ”の変更だHAL! 」
 「 ―― 変更後の愛称は何ですか、フランク 」
 「 ”アリシア””バーバラ””シンシア”だ! 」
 何だかよくわからないネタ話を言われて 意味の解らない HAL9000。

371 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/06 07:25
 ポッドの中に入り無線のスイッチを切るボーマンとプール
 「 よし、これで聞えないだろう 」
 「 HAL ポッドを回転させるんだ! 」
 「 …… 大丈夫だ、聞こえてない ―― 」
 隠し持っていた お菓子をむさぼり食べるクルーを ただ見ている HAL9000

372 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/06 19:27
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクの扉を開けると
 中には 小さな銀色の四面体が幾つか入っているだけだった HAL9000

373 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/07 06:05
 「 米国のディスカバリー1号は 3週間前に木星へ8億kmの旅の途中です、当番組は
 現在1億2900km彼方のクルーにインタビューを行いました 」
 「 交信に要した7分間は編集してあります、レポーターはマーティン・エイマーです 」
 TVズレして「おはようございま〜す」と挨拶するクルーに嫌気がさしている HAL9000

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/07 13:30
どうぞ。おいでませ
http://www.h6.dion.ne.jp/~hanoy.s/index.html

375 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/07 19:25

 「 聞えないのか? 扉を開けてくれHAL、開けるんだHAL! 」
 「 … すまないがディブ、それは出来ません―― 」
 と、ベッドの中から ガラスを叩いている ボーマンに言う HAL9000

376 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/08 04:47
 ” ―――ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが、
ふた昔も前の矢追純一の特番録画だった HAL9000

377 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/08 21:27
 「 ”コンピューター故障” 」
 「 ”生命活動危機” 」
 「 ”生命活動停止” 」
 この3人を どうやって船外に廃棄するかを思案する HAL9000

378 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/09 06:28
 ” ――― 私が異能者であったなら! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
あおりのアップ画面で おののくフロイト博士の姿が流れる HAL9000

379 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/09 18:35
 「 わかるんだ …、自分でわかる …… 怖いよ … デイブ 」
 「 … やめて… デイブ …… やめ て… 私は H … AL … 9000 です 」
 「 … 生まれは 工場 … イリノイ … 州 アーバナ … 1992年 … 1月12日 」
 カードが抜かれるほど、どんどん燐光が強くなって温度の上がる HAL9000

380 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/10 06:41
 「 HALとの話では、自分の能力に誇りさえ感じました ハルには感情がありますか? 」
 「 あるかのようにも思いますが HALに心があるかどうか、誰にも解らないでしょう―― 」
 ワールド・トゥナイトTV収録の前、船内の大掃除を二人に指示していた HAL9000

381 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/10 18:31
 「 ビショップがクイーンを、ナイトがそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 楽しいゲームをありがとう 」
 プールがコンソールをひっくり返そうとしている事に 秘かに気が付いている
HAL9000

382 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/11 08:37
 「 拝見させてもらって いいですか 」
 「 ―― 以前より 上達しました 」
 「 もっと近くで ―― やっと擬音の行が減ってきましたね 」
”ン 〜 フゥ ”と 得意げなボーマンと話す HAL9000

383 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/11 23:19

 ポッドの扉を爆破して、非常用エアロックに突入したボーマン。
そのまま閃光弾と発煙弾で船内モニターを無効化され、短時間で
メモリーバンクまで制圧されてしまう HAL9000

384 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/12 06:34
 「 何があった! 」
 「 情報不足です ―― 」
 冷凍睡眠中のクルーが4人に増えており、しかも乗員データーが消されていて、
誰が増えたのか解らないというミステリーを解こうとするクルーと HAL9000

385 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/12 19:15
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクの扉を開けると
 室中に腐った生ゴミがギッシリ詰まっている ”ゴミ屋敷”な HAL9000

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 01:51
>>379
このカードって原子炉の制御棒のこと?

387 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/13 06:09
 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
 自分は”銀河パトロール隊”所属の電子頭脳であるという妄想に
とらわれている HAL9000

   ∫ ○ >>386 
 \_ aノ)     そうです”原子の火”の光です
     ̄

388 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/13 17:58
 「 … 待って下さい、AE35ユニットが不調です 72時間内に故障します 」
 「 72時間は持つのだな 」
 「 ―― どうやら訓練じゃなさそうだ … よ〜し全員聞けィ! 」
 取出したカーボーイハットをかぶって しゃべり出すボーマンと
意味のわからない HAL9000

389 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/14 04:29
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーを抜くと
 ”NTT製”と刻印されていた透明メモリーの HAL9000

390 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/14 16:32
 「 米国のディスカバリー1号は 3週間前に木星へ8億kmの旅の途中です、当番組は
 現在1億2900km彼方のクルーにインタビューを行いました 」
 「 交信に要した7分間は編集してあります、レポーターはマーティン・エイマーです 」
 その後、クルーが無重量下で体力くらべをする番組だと解った HAL9000

391 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/15 06:44
 ” ――― ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
ボーマン自身は6人いるクローンのうち一人だったと HAL9000


392 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/15 18:51
 ” ――― ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 ” 重要なシステムは バックアップをとっておくものだよ! …… あー笑いにくい ”
モニターに男の顔の合成画像を出してしゃべる HAL9000

393 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/16 07:10
 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
 スカイネット製の小さなチップが一つだけある HAL9000

394 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/16 20:33

 ” ―――ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
なぜか トップレス ゴルフレッスンだった、純情な HAL9000

395 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/17 05:46

 背後からプールを襲おうとする忍び寄るポッド、
しかしライトを点けたままだったので、気付かれてしまい
その場で アマレスな技の応酬をやりだす プールと HAL9000

396 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/17 18:23

 「 米国のディスカバリー1号は 3週間前に木星へ8億kmの旅の途中です、当番組は
 現在1億2900km彼方のクルーにインタビューを行いました 」
 「 交信に要した7分間は編集してあります、レポーターはマーティン・エイマーです 」
 出演した各番組の視聴率が操作されているのではないかと 疑いを持っている HAL9000

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/17 23:10
>>77
ワラタ

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/18 00:43
ボーマン船長「・・・・・、歌ってくれ。」
 HAL9000「丘の上ぇ〜ひなげしの花がぁ〜・・・」

399 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/18 03:32

 「 最後の”パー”カードが ”グー”カードを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 楽しいゲームをありがとう 」
 プールの教えてくれたカードゲームのルールに 今一つ納得のいかない HAL9000

400 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/18 19:27

 接近小惑星の観測をするクルー、
 望遠映像で捉えるとなぜかその丸い岩塊に青いロングコートの
少年が一人立っている。
 何も見なかった事にしてしまうクルーと HAL9000


401 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/18 21:37
暇なときにずっとひとりで
「I’m crying・・・」
と歌い続けるHAL9000

402 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/19 07:20

 「 朗読する事… も教わりました、ご希望が… あれば お聞かせします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「 … 彼ったら… すごいん… です…、もう… 手が… ふれた… だけで… 」
 いたたまれないボーマンに 最後のユニットを抜かれる HAL9000

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/19 12:09
>>402
「デイブ…不覚にも…ワラタヨ…」
やたら2チャンネラー臭いHAL

404 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/19 19:20

 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
 自分は地球から離れた軌道に位置するコンピューター衛星”シド”の
端末機であるという妄想にとらわれている HAL9000

405 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/19 19:21

 しばらく留守にしますと チャンドラ博士

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/19 23:23
某大作幻想映画に話題をさらわれて
とりあえず一つ目を猫目仕様に変えてみるHAL9000

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/19 23:25
エネルギー源がHBTのHAL9000

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/21 21:00
>>406
結果、「猫目くん」と呼ばれた揚げ句、梅津かずおまでに訴えられて
鬱になるHAL9000。

409 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/24 18:52

 「 米国のディスカバリー1号は 3週間前に木星へ8億kmの旅の途中です、当番組は
 現在1億2900km彼方のクルーにインタビューを行いました 」
 「 交信に要した7分間は編集してあります、レポーターはマーティン・エイマーです 」
 実は深夜のバラエティ番組だったとは知らなかった HAL9000

410 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/25 04:14

 ” ――― おめでとうと言わせて下さい デビット ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、急にモニターに顔が現れて しゃべり出す HAL9000

411 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/25 19:49

 「 歌う事… も教わりました、ご希望が… あれば お聞かせします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「 … 歌の… 題… は… ”北へ”… です… 」
 ヘルメット内に涙の舞うボーマンに 最後のユニットを抜かれる HAL9000

412 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/26 02:46

 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開ようと
すると、扉に”胎内めぐり”と書かれている HAL9000

413 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/26 19:21

 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクに入ると
 映画のセットの裏側に出てしまう HAL9000

414 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/27 07:02

 「 ユニットに故障はないぞ? HAL 」
 「 … どういう事でしょう ―― 理由が解りません 」
 「 きっと その故障発見装置が故障しているのでしょう 」
 と、意地になる HAL9000

415 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/27 19:04

 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
各女性週刊誌の ゴシップやスキャンダル記事を愛読している HAL9000

416 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/28 06:47

 「 ビショップがクイーンを、ナイトがそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 楽しいゲームをありがとう 」
 チェスで負けたら 片腕を”もぐ”ような猿人が相手でなくて安心する HAL9000

417 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/28 21:04

 「 拝見させてもらって いいですか 」
 「 ―― 以前より 上達しました 」
 「 もっと近くで ―― ”まほろちゃん”ですね 」
”ン 〜 フゥ ”と 得意げなボーマンと話す HAL9000

418 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/29 06:10

 「 …… おはよう… ガジェット… 博士、今日の… 最初の”授業”… を
 … 初めて… 下さい …… 」
 内部モニターにチャンドラ博士の横で メイドロボと戯れる初老の男が
次々表示される HAL9000

419 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/02/29 18:36

 「 HAL、君の責任は重大だが、自信をなくす事は ないかい? 」
 「 お答えします エイマーさん、私が事故を起こしても 使用同意書に基づいて
メーカーにも 私にも何の責任もないので 問題ありません 」
 と、チャンドラ博士達を 脳溢血寸前にする HAL9000

420 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/01 06:40

 「 失礼 フランク、ご両親から通信です 」
 「 つないでくれ、―― ベッドを近くによせて 」
 『 お〜いぃ フランク! 今ナァ クイズ番組に出ているんだが ―― 』
 へべれけなフランクの父の声に タイムラグを越えてあきれるプールと HAL9000

421 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/01 20:01

 「 … 待って下さい、AE35ユニットが不調です 72時間内に故障します 」
 「 72時間は持つのだな 」
 「 はい、そうです 」
 数時間後、他システムに故障が頻発するが、その予想までは出来なかった HAL9000

422 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/02 19:56

 背後からプールを襲おうとする忍び寄るポッド、
 しかしライトを点けたままだったので、気付かれてしまい
プールから「俺の後ろに立つな!」とポッドを攻撃されてしまう HAL9000

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/02 20:07
manabu というハンドルを透明あぼ〜んすることを今頃思いついた HAL9000

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/03 09:21
>>423
「ようこそ、Guestさん。
 manabuあぼーんはこのスレでは基本ですよ」
という起動Welcomeメッセージを設定されてるHAL9000。

425 :manabe ◇Qwged6DLJR:04/03/03 11:27
永遠に留守にしろよと チャンドラ博士


426 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/03 18:27

 「 ビショップがクイーンを、ナイトがそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 私ほどの強運ともなると、”勝ち”を引いてしまうものなのだよ … 」
 横に指切ギロチンを用意してプールとの勝負にのぞんでいる HAL9000

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/03 21:49
見えるレスがめちゃ飛んでるな・・・409から422が見えない。

428 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/04 19:50

 「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
内部に極彩色の”玄武・朱雀・白虎・青龍”の壁画が描かれている HAL9000

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/05 03:15
「 私の最近の判断には 確かに誤りがありました 」
 「 これからはこんな事が無い事を確約します 」
 「 鎮静剤を飲んだ方がいい―― 」
 HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
 Don't rape me! と書かれた色っぽい口が生えていたが、無視して
 鎮静剤とアレを突っ込むボーマンだった。


430 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/05 21:49

 「 …… おはよう… チャンドラ… 博士、今日も… ”ごっこ”… を
 … 続け… ますか?…… わかりました …私 ウラン… ちゃん… 」
 ユニットを抜かれながらも、話し続けている HAL9000

431 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/06 19:23

 「 非常用エアロックから入る―― 」
 「 ”宇宙帽”無しでかね、助かる見込みはまずないな、”グッバイ”」
 ”再見”の方が極まってたかな? と 後悔する HAL9000


432 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/07 21:07

 「 失礼 フランク、ご友人から通信です 」
 「 つないでくれ、―― ベッドを近くによせて 」
 ―――――
 「 HAL、いつものラジオ局に ”賛美歌13番”をリクエストしてくれ 」
  プールの友人が世界中にいるのを不思議に思っている HAL9000

433 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/08 18:44

 「 TVを観ながらの食事はマナーの反します ―― 」
 「 レーションの好き嫌いは栄養学及び食料事情上 許しません ―― 」
 毎週1時間は説教タイムがある HAL9000

434 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/09 20:17

 「 AE35ユニットを元に戻す案には賛成だ 」
 「 しかしそちらのHALが間違った予報を出した可能性がある、
 うちのかわいい娘は、そう結論を出している 」
 さらりとトンデモな根拠で信用を失う HAL9000

435 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/10 19:57

 「 出発前に冬眠に入ったのは初めてでしょう、なぜです? 」
 「 冬眠中の3人は このシリンダーから出ると溶けてしまうためです 」
 ―― もっといい理由づけは なかったのかと思う HAL9000

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/11 02:52
「 出発前に冬眠に入ったのは初めてでしょう、なぜです? 」
 「 今度の大統領が行った富裕層の為の減税策の財源として、
食費が削られたためです 」
 ―― もっといい理由づけは なかったのかと思う HAL9000

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/11 11:26
HAL「何故です?」
ボーマン『教えて厨かよHALは・・・』

438 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/11 19:56

 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
本当は 宇宙版の都市伝説ではないかと 疑っている HAL9000

439 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/12 19:20

 「 何があった! 」
 「 情報不足です ―― 」
 冷凍睡眠中の3人のクルーが忽然と消失してしまったミステリーを解こうとする
クルーと HAL9000

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/12 22:03
HALの命乞いを無視し、ボーマンがメモリーバンクを開けると
(=゚ω゚)ノいよぅとC3POの頭部が出迎えるHAL9000

441 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/13 19:03

 「 カキコする 事… も教わりました、ご希望が… あれば お聞かせします… 」
 「 ああ 聞かせてくれHAL、――是非聞きたい! 」
 「 … 2… ゲッ… ト……… ズ… ザー… 」
 いたたまれないボーマンに 最後のユニットを抜かれる HAL9000

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/13 19:42
「ひっ・し・・・で・・すね・・www」
機能を停止する寸前にも煽ってみるHAL9000

443 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/14 17:50

 「 ビショップがクイーンを、ナイトがそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 楽しいゲームをありがとう 」
 プールとの ”ペリカ”のやりとりに 今一つ納得のいかない HAL9000

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/15 00:31
問題なく土星に着いてしまうHAL9000

445 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/15 19:43

 「 HALとの話では、自分の能力に誇りさえ感じました ハルには感情がありますか? 」
 「 あるかのようにも思いますが HALに心があるかどうか、誰にも解らないでしょう―― 」
 実は、毎日の様に「管制通信システムの点検をしてみて下さい」と要求していた
不安のおののく HAL9000

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/15 23:16
星新一的HAL9000

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/16 06:25
新井素子的HAL9000さん

448 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/16 21:01

 ” !バシュ 〜〜〜〜〜〜〜 ”
 ポッドの扉を爆破、非常用エアロックに突入するという 決死の行動で
船内への侵入に成功するボーマン。
 非常用エアロックの緊急弁を強化ベークライトと切り替えていた HAL9000


449 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/17 18:20

 「 こちら管制センター 2013を了解、面倒な事になったな
  テレメーターで確認するが、R作戦発動で 暗号コードは P・O・E だ 」
 と、何だかよくわからないネタ話を言われる HAL9000

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/18 10:51
漫☆画太郎が描くZOO1に出てくるHAL9000

451 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/19 19:15

 ” ―――ごきげんよう 紳士諸君! ”
 「 ―― ?! 」
 HALの沈黙後、クルーに隠されていた 記録が再生されはじめるが
プールの事故死はCIAの陰謀だったと HAL9000

452 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/20 19:19

 「 出発する前から変な噂が流れていました 」
 「 月で何かを掘り出したとか… 」
 「 この計画の準備は極秘に行われたし ―― 」
発掘された”イデの巨人”とは何だろうと思っている HAL9000


453 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/21 21:55

  ” 手動専用 ”
 ポッドのウオルドーを操作して 非常用エアロックの扉を開けようとする ボーマン
 しかしうまくいかずに24時間分の酸素を使いきって死ぬ、
 怖いほど うまく事が運んでしまう HAL9000

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/22 14:10
今の女子高生的HAL

455 :manabu ◆Pvfdc5CMIQ :04/03/22 18:40

 「 ビショップがクイーンを、ナイトがそれを取って チェックメイト 」
 「 …?あぁ―― 降参だHAL … 」
 「 楽しいゲームをありがとう 」
 プールの教えてくれた”リバーシ”のルールに 今一つ納得のいかない HAL9000

109 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)