5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

A君の戦争における豪屋大介の挑発と挑戦について

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/11 22:02
 やってやる。こいつに教え込んでやる。
 ──僕が感じてきた痛みと同じものを。

 小野寺剛士、17歳。天抜高校二年生。彼は突然、
 異世界に救世主として召喚されてしまった。しかも、
 人族の迫害に苦しむ魔族たちの支配者、「魔王」として。

A君(17)の戦争 1 まもるべきもの        ISBN 4-8291-1381-2
A君(17)の戦争 2 かえらざるとき        ISBN 4-8291-1430-4
A君(17)の戦争 3 たたかいのさだめ      ISBN 4-8291-1442-8
A君(17)の戦争 4 かがやけるまぼろし     ISBN 4-8291-1478-9
A君(17)の戦争 5 すすむべきみち        ISBN 4-8291-1516-5
A君(17)の戦争 6 すべてはふるさとのために ISBN 4-8291-1547-5
富士見おファンタジア文庫にて発売中

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:18
>>1様だよ。

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:19
ファンタジー戦記小説なのに戦争の話が枝葉末節なのもすげぇな。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:21
68 :名無しは無慈悲な夜の女王 :04/02/13 21:15
>>66
正直、枝葉末節だと思いますが
それをここで語るのを止めるつもりはないです。



70 :名無しは無慈悲な夜の女王 :04/02/13 21:18
>>1様だよ。


73 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:23
1タソ(;´Д`)ハァハァ

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:27
>48
>ファンタジー以外の小説の中でファンタジーを批判していたら
>それはアホの証明でしょう。

新作の学園ハードボイルドモノ? で思いっきりやっちゃってます
しかも
「妄想は、リアルが押しつけてくる辛さを頭の中だけでも叩き壊し、
 明日からのリアルとの戦いに望むための攻撃兵器なのだ。
 ネットゲームのような防御兵器ではない」
とかなんとかいいながら
やってることは女子をれーぷする妄想でおなぬい

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:28
いちさまへ

いかかがお過ごしですか?お元気でしょうか?
戦争のあいだほどではないけれど、遠くにおられるので心配しています。
それとも、ただ一度のゲートスルーで済むのだからたいしたことはない、
といちさまはおっしゃるのかしら?
(中略)
いちさま。クソスレって、いったいどんなふうにたてようとおもうものなの?

かしこ
鈴音

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:29
>74
作者はファンタジーだと言ってるが。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:30
重箱の兄貴のレスにケチをつけるな!
兄貴は月花スレの筆頭コテなんだぞ!

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:32
だからゴーヤ君はね、
「痛いことは先回りして言い訳しておいても痛い」ということを知るべき。
デビル17の後書きとかもう見てらんない。
というわけで、>>42には激しく同意しておきたい。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:34
>>77
誰だよそれ

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:36
1タソ(;´Д⊂)

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:39
>>79
ライトノベル板のコテハン

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:39
>>1の言いたいことは、「A君の戦争は”物語”のくだらなさを延々と書いてる物語」ということでいいのかな?


83 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:41
‥と、1が自らネタをふってきました

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:44
>>82
んにゃ。むしろ物語の復権を描いていると思う。
絶望からのスタートというか。くだらないけどすばらしい、みたいな。
そこに持って行くために一度小さな山を作って壊したり。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:45
>75
鈴音さんへ
クソスレって、いったいどんなふうにたてようとおもうものなの?ですって。
今僕はそれを実地で(以下略)

って地連ネタかい。


86 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:45
1タソ_| ̄|○

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:48

 ま た お ま え か ー

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:48
特撮見てなきゃミュートスノート書かんだろw

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:49
ゴ バ ク った ………_| ̄|○


90 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:50
>>22
「板ごとに構成人員が違う」って認識が誤り。
同一人物がSFを語る際はSF板を、ラノベを語る際はラノベ板を使うワケよ。

わかるかな?

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:52
>>89 は重箱だ

>>90 コソーリ同意…

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:52
ファンタジーを語る板だから別にいいんじゃない?

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 21:55
1はコテハンとトリップつけてくれ。NGワードにするから。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:08
1タソは豪の者だな。
ここに書きこむ前に、ラノベ板にある豪屋関係のログ読んで来い。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:09
プレゼント
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/03/1055495191.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/03/1061195370.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/03/1067833067.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/03/1069857755.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/03/1071818875.html

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:10
>大軍が散々激突して最後は支配者がAからBに変わるだけだったり
>結局どれもこれも一人二役の将棋みたいなもんで。
>飛車を取られようが角を取られようがどうせ絵空事、みたいな。

・・・これ佐藤スレの連中が見たら笑うだろうなあ

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:13
>>96
既に笑われているので安心汁

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:14
俺は佐藤大輔読んでないけど実際はどうなのよ?>96

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:16
1タソ(;´Д`)ハァハァ

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:18
アタイこそが100げとー

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:19
1タソにハアハアするスレはここですね

(;´Д`)ハァハァ

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:22
佐藤とは対極ですね。いま私はちょうど佐藤の毒にやられてしまい
豪屋の作品を素直に楽しめるのか難しいところです。
大軍が散々テケトーに激突して最後は世界観がAからBに変わるだけだったり
結局どれもこれも作者自作自演の将棋みたいなもんで。
ファンタジ−を騙ろうがリアルを騙ろうがどうせ絵空事、みたいな。


……スゴイ感動したのは伝わった。
なんか初めてエロゲーやった厨房がKEYのことを騙るのとそっくりの
熱い思いがこっちまで伝染して火傷しそうだよママン

ていうかマジで、
悪いことは言わないから、1さん。
佐藤大輔知らずにA君4巻の菅沼語るなんてしてると、
一生の恥辱級に恥ずかしいからやめなされ。

むしろ釣りだといってくれ。ものの見事に釣られたからさ。


というかですよ。ちょっとこれは失礼な考えなんですが。
ぶっちゃけ豪屋大介さんってかなり鬱が入っているのではないかと。
よほど物語に対する絶望がなければA君は書けないと思うんですよ。


103 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:23
>102
ぐあ、下3行コピーしたのが残ってた

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:23
ヒトラー艦長に謝れ

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:25
>>98
ドイツ軍VS日本軍という軍事オタクにとってのドリームマッチを
舞台にした架空戦記でありながらも、
時代小説(その時代に生きる個人個人を描いた、と考えてくれ)
として読めるレッドサンブラッククロス。

佐藤の代表作だし、これ読めばどんな作家か大体解ると思うぞ。


106 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:28
>これ読めばどんな作家か大体解ると思うぞ。

パナマへのGF突入の直前でシリーズを休止する作家。


……突撃する三州公、混乱の坩堝の地球連邦、星
確かにシリーズ休止の遅筆作家だということは大体解るな(涙)

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:30
>105
しかし、好みの差も激しい罠。
”生理的にこの文章読めない”てな感想も過去にはあった。
まあ、SFMで激賞されてた数少ない仮想戦記だし
結構SF者には向いてるかもしれん。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:31
ラヴクラフト読まない(というか知らない)で
ダーレス他絶賛してる、わけのわからん人
みたいなもんか・・・・・

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:31
>108
ソレダ!!

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:34
>モンスターが散々激突して最後は支配者が旧支配者からクトゥルフに変わるだけだったり
>結局どれもこれも一人二役の将棋みたいなもんで。
>飛車を取られようが角を取られようがどうせ絵空事、みたいな。

みたいなもんか?

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:34
>>102 もちつけ。1は別に編集長については語ってないぞ。

ただ、1の定義で正に転回点となる巻に借用された元ネタ世界を「全く」知らないで語るのはどうかとも思うが。



112 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:36
ゴーヤなんぞ佐藤大輔のエピゴーネンだろ。
それも悪いところばっかり真似た。
元を知らずに語る>>1は痛すぎる。

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:41
>111
スマン、4巻について素直に誉めてたから。
ああ、この人は菅沼が出てきたときのインパクトも、
東アメリカと西アメリカネタも、

あの当時まだ熱かった佐藤キターの泥沼の論争も知らず、
なんの葛藤も苦笑いももなく感動できたかと思うと、

つい、つい感情が沸騰して……(滂沱の涙)
刑事さん、あっしがわるかったんでやんす……

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:52
>>95
助かります。ありがとうございました。

>>96
>>102
>>105-108
レスが沢山ついていて驚きました。どうもかなり怒らせてしまったようで。
正義を行えば世界の半分を怒らせる、と言えばますます大激怒でしょうか。
違う!佐藤大輔はそんなのじゃない!とお思いならもうすこし
具体的に教えていただけたら嬉しいです。私も想像だけで書いているので。

私には>>2で書いた
>その世界がまるで本当にあるのだと読者が錯覚するように世界の構築に気を使う。
という所謂ファンタジー小説の基本的な、というか物語の基本的なフォーマットに
乗っ取った話、としか受け取れなかったのです。別に馬鹿にしているわけではないのです。
普通は物語、特にファンタジーはそういう形式をとるものですから。

>>111
うーん、やっぱそこですかね。確かに気になります。

>>112
かなり影響を受けているらしいですね。

>>113
四巻に関しては過去ログを読む限りだと「長い」「外伝」
「いらない」「読み飛ばせ」と散々ですがどれもハア?です。
なにを読んでるのかと。永遠に三巻までを読み続けろと。
理由としてはスレの上で書きました。これを除いて成立する話ではないのだと。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 22:57
だからこんなスレ立てる前に、
せめて皇国の守護者買ってきて読めと。
言ってしまえばA君は皇国のパクリ(言い方がキツイなら本歌取りでもいいや)ですよ?

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:00
ワナビも知らない世間知らずの集まるスレはここですか?
さっさと死んでくれ。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:01
劣化コピー

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:02
(;´Д`)
その「成立する話ではない四巻」こそが佐藤ワールドを舞台に演じられ
菅沼編集こそが
「佐藤某の旧担当で、かつRSBCで最も完成度の高いと言える【死戦の太平洋】の主役」
なんだが・・・・・



って釣られてるのかなァやっぱり

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:06
>>116
妙な「世間」を持ち込むな

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:07
1の言ってる挑戦って、相原コージが「サルまん」や「相原コージのなにがオモロイの?」で挑戦してた(そして失敗した)
ことと似たような感じのことなのかな。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:08
純文学みたいな読み方を強制されるラノベなんてまっぴら御免。
せめて面白い話にしてからその上にテーマを乗っけてみろっての。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:10
別にゴーヤはおもしろいラノベを書くが
そのスレはラ板でやればいい
1は無能な働き者にすぎないと思われ

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:11
>>118
つまり担当編集者が共通していた、ということですよね。
二人は同じ人というレスも絶えないので正直、どうしたもんかと。

四巻は単独でもかなり面白い話だったので。私は設定借用や
実在の編集者を出したのは目くらましというか、迷彩、だと思います。
過去ログを読んでも惑わされている人が多いなあ、と思うことしきり。
ただ。
なんでそこまでして隠さねばならないのか、というのがわからないのです。
これもスレを立てた理由の一つなのですが。その元ネタを読んだ人にとっては
ひょっとして自明の理だったりするのですかね?

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:12
はいはい、時代遅れのSFなんて読んでるから脳味噌腐るんだね。
純文学だってさ、SFが?
そんなわけないだろ(w

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:16
つか、>>121は純文学を誤解してる。
「退屈で難しい物語」みたいに思ってるだろ?

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:16
>>120
よくわからないのですが「何がオモロイの?」の
もにもに〜ってのはかなり傑作だったと思います。

>>121
誰も強制はしていないと思いますよ。
というか純文学みたいな読み方、というのがすでに固定観念かと。
十分娯楽でもあると思います。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:18
>>1はスレを自分の物として仕切りたいんだろ?
だったら、まずトリップをつけたらどうだい。







あぼーん登録するからさ。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:19
豪屋信者は遠征してまで必死だな。
ま、SFオタクとオタク同士惹かれるものでもあるんだろうが。

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:19
>正義を行えば〜

 釣 り 確 定 

新刊が出ないからって発狂してクソスレたててんじゃねえぞ

佐藤信者ども 

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:20
>誰も強制はしていないと思いますよ。
してないかもしらんが、あなたのいう「迷彩」が、
私なんぞには迷彩にはちっとも見えないので、
あなたの読み方がかなり特殊で、
強制ではないにしろ、あなたの前提を丸ごと受け入れない限り、
どうにも話がすすまない気がするんだが。

悪いこといわんから、佐藤大輔読みなされ。
これ以上恥かく前に。


131 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:22
紅い眼鏡だよね>正義を行えば〜

132 :111:04/02/13 23:26
>>114
>>その世界がまるで本当にあるのだと読者が錯覚するように世界の構築に気を使う。
>という所謂ファンタジー小説の基本的な、というか物語の基本的なフォーマットに
>乗っ取った話、としか受け取れなかったのです。別に馬鹿にしているわけではないのです。
>普通は物語、特にファンタジーはそういう形式をとるものですから。

指輪並みとまでは言わないが、日本で世界構築に最も成功している作家の一人だと思う。確かに。
特に「皇国の守護者」はA君の先行作品で、大人の読む作品としての出来は、はっきり言ってA君より大分上(>>115
あと、4巻に出てきた編集長の実物(菅沼編集長)が、三年の沈黙の後復活(でもすぐ、山場寸前で停止)した看板作品
「レッドサンブラッククロス 死線の太平洋」の主役張ってたりするのよ。で、あなたとは別な意味でメタな読みをやった人は決して少なくない。(>>113
ただ、「佐藤大輔は」世界構造系の話は当然ながら触れてない。

とりあえず言えるのは、あなた、それと知らずにすずめばちの巣を叩き落してしまったという事だ。
(すずめばち本人達は、思い切り治りかけのかさぶた引き剥がされた気分なんだが)
悪い事は言わんから、まず「死線の太平洋」(独立して読める作りになってる。後冒頭のメタ・メッセージと解説は熟読の事)と
「皇国の守護者」は一通り読んどきなさい。定価で買って惜しくない、面白い娯楽作品なのは保証する。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:27
佐藤信者対ゴーヤ信者の時間無制限デスマッチ


・・・・いい様に踏みにじられるSF板はベルギーか?

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:28
>>130
前提とかそこまで難しい話はしていないですよ。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:32
NGワード登録ってのはアレだが、これだけレスつけまくって迎え撃つ体勢であるなら、
>>1はコテ名乗って、出来ればトリップつけるべきだと思うぞ。内容で一目瞭然ではあるけど。

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:37
>とりあえず言えるのは、あなた、それと知らずにすずめばちの巣を叩き落してしまったという事だ。
>(すずめばち本人達は、思い切り治りかけのかさぶた引き剥がされた気分なんだが)
よくわからないのですが謝ります。

ただ、私はA君を世界構築がどれだけできているか、で評価しているわけではないのですよ。
そこらへんで齟齬があるような気がするのですが。
なんというか、今はどれだけその世界があるように描かれていても
乗り切れない気分なので。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:41
面白いスレだな。
1よ、もっと分かり易く『兆発と挑戦』を語ってくれないか。
私には少し観念的で分かりずらいのだ。


138 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:44
ああ、ここはSF板だってのに・・・。
ラ板か軍事板でやってくれよ、こういうのは。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:45
つか>>1の書いた前提自体が間違ってるだろ。

>三巻までの舞台であった、読者が感情移入する世界さえも
砂上の楼閣なのではないか、と読者にゆさぶりをかけてくるのだ
>世界の確信にゆさぶりをかけることによって

確信にゆさぶりなぞかかってないだろ。
あの「世界」は天然の世界だとゴーヤは明記してるんですが。



140 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:47
SF板にも佐藤スレあるしなぁ。
地連はSFだし、A君はファンタジーだ。
別に板違いでも無いと思う。
ただ、>>1は痛い。

141 :121:04/02/13 23:47
>>125
「テーマを延々と語る、やたらと『人間が書けているか』を要求される物語」だと思ってます。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:48
>>138
というか、凄まじくSFですよこれ。
スペキュレイティブな方でかつガジェットは古い和製洋風ファンタジーですが。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:50
1〜3巻で定番の要素と独自の要素を使ってファンタジー世界を構築し、
4巻の劇中劇で同等に魅力的な世界を構築しておきながら消し去ることで、
ファンタジー世界も同じような砂上の楼閣ではないかと読者に揺さぶりを掛ける。

また、存在自体が不確かな世界だと示し、
世界が確立する過程を描いて読者に共に歩ませることで、
緻密な世界を構築するのと同等かそれ以上の効果を得ている。

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:51
>世界が確立する過程を描いて読者に共に歩ませることで、
緻密な世界を構築するのと同等かそれ以上の効果を得ている

いつ確立する過程を描いたのか具体的に指摘してくれ。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:53
>>138
問題の焦点は、通常の、世界観を積み重ねる形式をとってないことなのですが。

なら何故あれだけ四巻が嫌われるのだと思いますか?

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:54
さらに要約すると、
ファンタジー世界というのは陳腐で現実味がない。
A君の戦争はそんなファンタジー世界を不確かなものだと示し、
その上で物語ないし設定を積み重ねることで現実味を感じさせる。

二段目と三段目がつながらない気がするのは私だけですか?

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:55
>>144
四巻以降です。四巻で張った伏線もそろそろ動き出しそうですが。

あと143さんは私ではないですよ。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:56
おまえかどうかなんて
どうやって分かれというのだ
名無しで

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:57
んじゃ>>1から引用してやるよ

>それが実在するのかどうかすらあやふやな状態から
世界が確立する過程を描き出し、読者に共に歩ませる。

いつ確立される過程が描き出されたんだ?
これはお前のこれからの展開予想か?

150 :139:04/02/13 23:59
もしかしてスルーですか?

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/13 23:59
>>146
というかその要約がもう一段目から違うと思うのですが。
>>148
わかってもらえないならそれはそれで構いません。

>>137
もう少しお待ちを。要約ではないので書き直しになりますが。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:00
>>150
失礼。>>145がそれです。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:01
まぁ銀英伝スレも沢山あることだし。
栗本、横田、小川、野尻、なんてスレもあるし。

>>1は寒いけどな。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:02
>>1
問題の焦点?
確信にゆさぶりをかけているかどうか、が
あんたが書いた文章の前提じゃないですか。

俺は、前提からしてあんたは間違ってると言ってるんだよ?

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:03
144=146です。
>世界の確信にゆさぶりをかけることによって
>緻密な世界を構築するのと同等かそれ以上の効果を得ている。

私はこの部分に引っ掛かります。

ファンタジー世界は不確かどころか存在していません。
そこを物語と設定で確かなものに構築しているのは他の小説も同じです。

一度0から構築した世界を不確かなものかもしれないと示したところで、
何の意味があるのでしょう?

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:03
1は名前欄に1っていれたらいいのに。どれが1の発言かわからん。


157 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:03
>>149
すでに5・6巻でもその萌芽は見られますが。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:05
>>157
具体的に指摘しろと言ってるだろうが。
あとトリップつけろ。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:05
>>156
ageで酔っ払ってるのが1だ。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:05
>>156
わかってもらえないならそれはそれで構いません。


161 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:05
>>151
あなたがそう書いているではないですか。
使い古されて現実味の感じられないおファンタジー世界と。

そのおファンタジー世界を不確かなものだと示すことに意味はあるのですか?

162 :メルヘン野郎A君:04/02/14 00:09
>1さんの主張

おファンタジー世界に現実味が感じられない。

おファンタジー世界を不確かだと示すことで、
現実味が感じられるようになる。

これで合ってますよね?

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:11
ちょっとレスの速さについていけないのですんません。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:13
だから>>1はトリップつけろって。
本腰入れて議論するなら必須だからさ。

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:18
1は議論したいわけじゃないんだろ?みんなに無条件に自分の考えに納得して
欲しいだけなんじゃない?頑なにトリップこばんでるし。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:19
迂闊な発言をして総叩きにあった時に
「それは俺の発言じゃない」と逃げるために
トリップは付けません。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:21
>>166
既に圧倒的な重囲下に>>1はあると思われ。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:22
特殊な読解力の持ち主のようだからねぇ。


169 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:26
>>167
多分、自覚してない

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 00:30
まず

>>139 >>154
四巻の世界が使い捨てられたことにあるからです。そして
いつ現在の舞台もそうならないか知れたものではないからです。
天然どうこうの問題ではないのです。

>>144 >>146 >>155 >>161
上でも書きましたが一回途中まで積み重ねたものに異を唱えるわけですから、
ゼロから始める、またはマイナスからはじめるよりさらに強烈な反応が見込めるわけです。

>>149 >>158
すでに対決する姿勢が示され、それだけで終わらないのは自明だからです。

>>162
なんか大事なものが抜けています。
というか要約には意味がないと思います。

139 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)