5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

星新一のベスト短編集を作るとしたら

1 :名無しさん:2000/04/16(日) 08:09
あなたなら、どの作品を入れたいですか?
意外と票が分かれるか、それとも人気作に集中するか・・・。
(ひとり何作あげても可、ということで)

私は「妄想銀行」から「鍵」
一個の鍵を小道具に、人生の意味についてさりげなく描いた珠玉の一編です。


2 :非国語:2000/04/16(日) 09:10
あとがきを
えっと、新井素子です
が担当しそうだからベスト短編集は作らなくてよし。

3 :名無しさん:2000/04/16(日) 15:00
虚無回廊を終わらせる気がない
小松左京の最後の仕事になりそうなので,
短編集は作らなくて良いです.

4 :名無しさん:2000/04/16(日) 16:07
ストーリーはわかっても題名が出てこないのが多い。。

・宇宙人がUFOから出てきていきなり爆発しておしまいの話。
・マイ国家
・死体を配給肉にしている開拓星に宇宙船が漂着する話

5 :"猿"の惑星:2000/04/16(日) 17:56
おーい、でてこいですなぁ
あとみんながセックスしまくっているやつ
(タイトル忘れました)

6 :こけか:2000/04/16(日) 20:09
題名わかんないけど
・火星に水か爆発かの2択のボールとともに流刑になり…
・人生の転機のたびにポケットに行動を指示する紙切れが…
・失踪した同僚のゆくえを調べるほどに法外な報酬を提示されて…

7 :名無しさん:2000/04/16(日) 21:14
「花とひみつ」

8 :名無しさん:2000/04/17(月) 03:12
 やっぱりタイトルは忘れてるんだけど
 文明測定器な宇宙船が地球にきて、少しずつこじ開けていくと実は……
 ってやつ。
 ナイフで削ったり燃やしたり冷やしたり放射線当てたり……そんなやつよ。

9 :名無しさん:2000/04/17(月) 06:16
「かぼちゃの馬車」
 不細工な女の子が、だんだんきれいになっていくんだけど、
 コンプレックスが反比例してつのって行き…っていう話。
 ちょっとアルジャーノンにも似てる。すごい残酷さを感じた。

10 :名無しさん:2000/04/17(月) 21:30
あれだあれ。核戦争でも壊れないでかい容器のような機械をどこかの
国の首長がつくり、その首長は気違い扱いされて死んでしまい、本当
に核戦争が起きて人類は絶滅。その後200年間、誰もその機械に触れる
ものがなかったときに、機械から人類へのレクイエムが流れるという
やつ。衝撃でした。

11 :「ようこそ地球さん」に収録:2000/04/17(月) 22:32
あの世と通信できる機械が発明されて、向こうが安全だと知った
人類は片っ端から自殺してしまい、神様も人間も信じない人々が
あとに残るというお話。

>10さん
機械を作ったのは国から莫大な予算をもらった
博士じゃありませんでしたっけ?

12 :>10:2000/04/17(月) 22:51
それそれ!
初めて読んだとき(確か小学生)は全く訳が分からなかったけど、
何年か後に読み返して衝撃を受けた。
>11
うん。確か有名な博士だったはず




13 :名無しさん:2000/04/17(月) 22:54
ストーリーは凄い鮮烈におぼえてるのに、タイトルが思い出せないのが多い。
1001作もあるんだから無理ないか。

あれ、なんてタイトルだっけなあ。
小さい子供にしか見えない、本好きの妖精が現れて、読書の楽しさを
教えて去って行く話。なんだか、すごく印象に残ってるんだけど。

14 :13:2000/04/17(月) 23:05
連続レス、ご容赦。

もうひとつ、凄いのを思い出した!星新一唯一の戦争シミュレーション
「ああ祖国よ」(確か「おみそれ社会」のラストの作)
どこかの小島が日本に宣戦布告して、漁船で侵攻してくる話。
アメリカもソ連もECも面白がるばかりで全然助けてくれず、日本中が
ハチャメチャの大騒ぎになる。まるで筒井や小松が書きそうな題材だけど、
この人が書くとこうなるのか、と関心したおぼえが。

星新一って、人気あるし評価も高いけど、個々の作品について語られる事って
あまりないから、こういうスレッドは意味あると思う。



15 :名無しさん:2000/04/18(火) 00:34
未来を3択で選べる秘密機関があって(実は詐欺)
1つ目はサイバーな未来
2つ目は自然と調和した未来
3つ目は核戦争で滅びる未来
で、各国の要人が皆自己満足の為に3を選んで帰ってしまう話。

16 :名無しさん:2000/04/18(火) 02:44
「盗賊会社」だっけ?
 アレも好き。ロマンも夢もあったもんじゃないけど(笑)。

17 :名無しさん:2000/04/18(火) 03:37
<15
それは小松左京だったハズ。

18 :名無しさん:2000/04/18(火) 03:45
「親切」という話。ショートショートで人生を表現しているっていうか、SFの醍醐味をかんじる。

19 :フラ:2000/04/18(火) 04:26
14さんの話に一票〜
あれ凄く好きです、なんかホントにおこったらああなりそう(笑)

20 :>15、17:2000/04/18(火) 06:22
それは、たしかに小松左京の短編です。
タイトルは「おえらびください」(「ウインク」所収。角川文庫)。

21 :名無しさん:2000/04/18(火) 07:05
これも星新一じゃないんだけど、平井和正の
「星新一のインナースペース」ってショートショート知ってます?
当時のSF作家クラブのバカ騒ぎを活写したドタバタなんだけど、
行間から星新一への敬愛の念がにじみでてて、すごく好き。
しかし、星新一のジョークで、小松左京が笑いすぎて2度にわたって
ゲロ吐いたってのは、なんかすごい。

22 :10:2000/04/18(火) 17:52
>21

日本のSF界は、星製薬の経営悪化で悩みぬいた星新一の妄想だって
いうオチですよね。

11さん、12さん、ありがとうございました。

23 :15:2000/04/18(火) 21:13
すいません、マジで間違えました。

24 :名無しさん:2000/04/18(火) 23:40
わしゃ「闇の眼」がベストだよ〜ん。
ラストの一行、いまだにソラで言える。
「その能力を持つものには………」
古い話で恐縮ですけど「リング」って星新一のショートショートを
引き延ばしたみたいな小説でしたな。


25 :名無しさん:2000/04/19(水) 01:11
CD-ROMになったらいいのになあ。


26 :名無しさん:2000/04/19(水) 04:27
>24さん 「リング」に全く同じことを思ってました、私。

子供の頃「誰も知らない国で」っていう星新一の童話がすごく面白くて
何度も読み返したんですが、文庫に落ちしてないのはなぜ?傑作なのに
もったいない。なんか事情があるんでしょうか。

27 :14:2000/04/19(水) 04:50
おくればせながら、>フラさん
ご賛同感謝です。あのあと良く考えたら、「ほら男爵現代の冒険」でも似た世界がくりひろげられてる
と思いだしました。
逃げ延びたヒトラーが心の底から後悔して、密かにアフリカの平和と幸福のために努力する聖者になってる、とか。

28 :名無しさん:2000/04/19(水) 05:02
新潟少女監禁事件の時に話題になった、少女を純粋培養
する話。

世界の平和を保つ為にコンピュータが選び出した人間を
殺す係員の話。

どうしても殺す事ができず無限に増殖している怪生物だが
生きている人間を食べると食中毒を起こして死ぬ話。

29 :>26:2000/04/20(木) 07:15
「誰も知らない国で」は「ブランコのむこうで」に改題されて
新潮社の文庫で出ています。

そうそう、最近「気まぐれスターダスト」という未収録作を集
めた本が出てます。出版芸術社というところから1500円で。
是非ご一読を

30 :名無しさん:2000/04/20(木) 09:16
>24 あったあった!ラストシーンがばっちり映像として頭に残ってる。
あれは、異様〜〜な感触の話だったなあ。

31 :名無しさん:2000/04/20(木) 19:50
26>29
ありがとうございます。さっそく買って読み返してます。
やっぱり傑作だと思う。ひとつひとつのエピソードが、ほんとに美しくて。

32 :RASTEL:2000/04/20(木) 20:01
「繁栄の花」どうです?教科書にも載ったし。

33 :名無しさん:2000/04/20(木) 20:06
え?!星新一って、今、教科書に乗ってるの?!
私、昭和40年生まれなんだけど、親や先生に「あんなもの読むな」って
言われて禁書になってたけど。(でも読んでたけど。あの手この手で)

34 :>33:2000/04/20(木) 22:09
わたしも昭和40年生まれなんです。同い年ですね。
小学生当時、星新一の「花とひみつ」を、教科書で読んだ記憶がうっす
らとあるような…。記憶違いの可能性もありますが。
あと、小松左京の寿司について書かれた短文も、教科書で読みましたよ。
こちらははっきり覚えてます。中学か、高校かはっきりしませんが。

35 :星新一:2000/04/20(木) 23:10
中学の教科書に乗ってたなぁ
繁栄の花ってやつ

36 :昭和42年生まれ:2000/04/21(金) 10:46
小学校の教科書に載ってた。
鏡に映った犬の話。
当時全然知らなくて、後で星新一と気づいてびっくりでした。

37 :>26:2000/04/21(金) 10:51
「気まぐれスターダスト」…不覚にも存在すら知りませんでした。
情報に感謝、さっそく探しにいきます。

38 :37:2000/04/21(金) 10:52
26さんじゃなくて、29さんでした。
すいません。

39 :S47年生まれ:2000/04/21(金) 14:42
人間に限りなく近い高性能ロボットの話が載ってました。
たしか星新一だと思うのですが。


40 :名無しさん:2000/04/22(土) 02:28
33です。皆さん、レスありがとうございました。
そうですかあ、いろいろ載ってたんですねえ。
36さんの作品はなんだろう。
39さんのは…まさか「ボッコちゃん」でしょうか?
同い年でも別な教科書だと星新一が載ってたんですね>34さん。
しまった、知ってたら、親や先生に反論できたのに(笑)。

41 :S52年生まれ:2000/04/22(土) 08:03
小学校の教科書に砂漠に埋まっていた宇宙人からの贈り物を破壊して
しまう話が載ってました。


42 :名無しさん:2000/04/22(土) 17:32
>41さん
「きまぐれロボット」の中の「タマゴ」ですね。


43 :名無しさん:2000/04/26(水) 02:32
地球が生まれてから死ぬまでを回想する話。
確か『午後の恐竜』だったと思う。
男の最後の独白がしんみりして良かったです。

後、28さんの
>世界の平和を保つ為にコンピュータが選び出した人間を
>殺す係員の話。
も好きです。

44 :>43:2000/04/26(水) 21:03
そうそう、「午後の恐竜」です。これは短編集のタイトルでも
ありましたね。

45 :名無しさん:2000/04/26(水) 22:12
後期の、不条理がかった話が好き。結末の意外性より、異様な読後感を
重視しはじめたころ。
自分が自分でなくなって、夜の街にさまよいだす「自信」とか、
家と人間の関係が逆転してる「門のある家」(筒井がアンソロジーで、
ニューウェーブとの関係を語ってた)とか。

46 :「おーい、でてこーい」:2000/04/27(木) 03:53
忘れもしない小学5年のとき、塾の国語のテストで出ました。
テスト終了後、しばらくこの小説の話題で持ちきりでした。
こんなに面白い問題文は初めてだったし。
以後、当然のごとく周囲で星新一ブームが到来。

47 :>46さん:2000/04/27(木) 04:02
>以後、当然のごとく周囲で星新一ブームが到来。

塾の先生たら「しめしめ、思惑通り…」と内心ほくそ笑んでいたりして。


48 :名無しさん:2000/04/27(木) 08:11
いろんなきっかけがあるもんだなあ。塾の問題文とは。
僕の場合は筒井康隆の「SF教室」で紹介されてたのを読んで、もう
読みたくてたまらなくなった。忘れもしない小4のとき。

1篇選ぶのは難しいけど、1冊なら「おかしな先祖」。
SF落語の楽しさ爆発。小松左京の解説もポイント高いし。

49 :名無しさん:2000/04/27(木) 12:19
「ノックの音が」だなぁ。これはその中から一篇ではなく、一冊。
というか、そうしないと成り立たないからなぁ。

50 :昭和42年生まれ:2000/04/28(金) 07:01
小学校の教科書で「おーい、でてこい」読みました。
衝撃的でした。それからファンになりました。

「ショートショートの広場」も好きだったなァ。
これって、誰か引き継いでやってるんですか?

51 :1970年代:2000/04/30(日) 21:06
中学のとき、何と道徳の教科書(ていうか読本)に「おーい、でてこーい」が出てきた。
これからどういう教訓を捏造していたのかは忘れてしまったが。

52 :名無しさん:2000/05/02(火) 11:11
>51
環境問題、ではないでしょうか。
そういうふうにも読めるけど、そういう話じゃないと思う。

53 :陳勝:2000/05/26(金) 22:54
おせっかいな神々、の中の天使考です。
天使があんまり怠けているんで、神様が、
天使を二つに分けて、魂取り競争をする話し
こんな世界ならいいなと思いながらよんでました


54 :>53:2000/05/26(金) 22:56
収穫されるだけの魂でも?(^_^;)

55 :陳勝:2000/05/27(土) 09:48
そうです、他力本願だったんです。
後読んだのが子供だったので死が怖かったんです。

56 :名無しさん:2000/05/29(月) 07:17
「気まぐれスターダスト」を読んだ。
星さんが生きていたら、こういう本の出版は許さなかったろう。
落ちが弱かったり、自己に課したタブー(性行為・殺人・時事風俗・
前衛的描写をしない)にやや抵触していたり、焼き直しだったり。
アマ時代の処女作「狐のためいき」や、「黒い光」の未収録作品が
読めたのは嬉しいが。


57 :nnn:2000/05/29(月) 10:34
気まぐれスターダストはたしかにそうです
どうもだめでした
1001編読みましたが
どうしても忘れますね話
でももういっかい読めるのは
うれしいかも

58 :名無しさん:2000/05/30(火) 02:38
「あったあった!!」
と思いながらどれに収録されていたかわからないのが多いですー。
似た設定だけど結末はまったく違うのも多いですし……。
エッセイ読むと実生活でもひねくれた人だとわかりました。

59 :名無しさん:2000/06/07(水) 01:27
 僕は、既出のもの以外では、「古風な愛」
「コーポレーション・ランド」と、あと、
ゼロ日時を境に戻り始めた時間の話などが好きです。
少なくとも、古風な愛には一票入れたいです。

 あと28さんのペットの話も好きなんですけれど、
新潟の事件で話題になっていたとは。。;

60 :名無しさん:2000/06/07(水) 18:09
「地球から来た男」かな。産業スパイが捕まって他の惑星に転送されたが、という話。
読者にはネタがバレバレなのにもかかわらず、それでも感じる寂しげな雰囲気がすご
いと思いました。
あと、変なヤツでは支社から支社へツボを刺激して回る話。
ペットの話、ぼくも好きです。


61 :名無しさん:2000/06/07(水) 18:42
いとこに星新一を伝道しようとして「地球から来た男」を読ませたら結構面白がってたんだよね。
で、読み終わってから、これどういう意味って聞かれたんで落ちをばらしたら
なんだつまんないといわれ布教は失敗に終わった。

62 :名無しさん:2000/06/10(土) 11:12
 ある悪魔が湖で自殺しようとした女性に近づいて、
3つの願いを叶えられるようにした話とか。
 なんとも言えない落ちでした。

63 :名無しさん:2000/06/11(日) 05:16
サンタクロースが願いを叶えるために訪れて
転々と願いを叶えさせるのはあの人にさせてください、
というのはよかった。

64 :名無しさん:2000/06/16(金) 17:44
>50
阿刀田高が引き継いでるらしいでス。うーん、題名と内容が結びつかないなぁ(^^;
そう言えば、星新一全集って売ってるんですか?(^^;

65 :名無しさん:2000/06/18(日) 04:19
>64
例の箱入り3巻本は、大きな本屋いくとありますよ。
図書館によくあった、ソフトカバーの全集は古本屋でたまに見ます。

66 :名無しさん:2000/06/19(月) 11:44
「おーいでてこーい」と「ボッコちゃん」


67 :64:2000/06/19(月) 21:26
>65

 お、在りますか。
 どうも田舎たる我が家周辺には存在しないようなので、今度注文してみましょうか(^^;
 三万程度でしたっけ?

 情報Thanx

68 :名無しさん@1周年:2000/07/01(土) 21:28
処刑、かな…。

69 :殺し屋ですのよ:2000/07/01(土) 23:27
「最後の地球人」が個人的には好きです。
最後の「光あれ」がかなり良かった(笑

70 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/02(日) 03:36
「ボンボンと悪夢」
とかいうタイトルの本で、
小学校3年くらいの時に兄貴に借りて読んだ。
生まれて初めて読んだ文庫本だったので記憶に残ってる。


71 :名無しさん:2000/07/06(木) 00:53
小学生の頃、なぜか「交代制」が大好きで、何度も何度もあれだけ読み返した。
(なんであんなに魅かれたんだろうか)
確か筒井康隆の年度別アンソロジーにも載ってたはず。

72 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/07(金) 03:38
短編ではありませんが「きまぐれ指数」が好きでした。
中学生の頃、何度も読み返しました。

このスレ、いいですね。
できればエッセイ、時代物などにも広げてほしいです。

73 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 10:01
時代物で好きなのも一杯あるなあ。
「春風のあげく」には考えこまされた。完璧なプロットで、人生の皮肉を
淡々と描いて味わい深かった。
あと「寒い夏」だっけ。飢饉を切りぬけるために、藩上層部が懸命の対応。
でも全てお家のためで、庶民はさらに過酷に痛めつけられるばかりなのを、
やはりあの文体で淡々と描いてる。
江戸時代に産まれなくて良かったと、マジで思った。


74 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/08(土) 03:26
「はんぱもの維新」
これをよんで小栗のことを知りました。
明治維新も結局、勝者の書いた歴史だなあ、
と感じたことを覚えています。


75 :名無しさん@1周年:2000/07/11(火) 18:03
エッセイで「三十年目のベートーベン」新潮の旧全集の栞にかかれてた文章。
星さんは若い頃大変なクラシック音楽ファンで、ピアノを習った事もあるほど。
自分にとっての最高の名曲を探しつづけて、ついに発見したのが、
ベートーベンのピアノ三重奏曲「大公」
空襲下の東京で、死ぬならこの曲を聴きながら死にたいと思いながら、
毎日繰り返しレコードをかけていたそうです。




76 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/11(火) 20:36
「しあわせな王女」かな。
中学生の時、放送劇でやったなぁ。

77 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/12(水) 23:45
「気まぐれスターダスト」今読んでるんだけど、これに収録されてる「奇妙な機械」
っていう作品、「できそこない博物館」にのってたボツネタを使ってるね。
結構うまく作品化されてると思うんだけど、生前単行本に入らなかったってことは、
やっぱり作者が、このアイディア自体を気に入らなかったのかな?

78 :名無しさん@1周年:2000/07/13(木) 02:38
「マイ国家」所収の「友情の杯」が、年齢を経るにつれて、自分の中で傑作になっていく。
友達関係でいろんな経験するたび思い出す。
1001篇の中の、なにげない1本なんだけど、私的には大傑作。世界文学史上に残したい
くらい。


79 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/30(土) 15:15
発掘あげ

80 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/30(土) 20:06
ペットと主人の悲しい話「月の光」。マイベスト星。

81 :松田某 :2000/10/03(火) 10:26
ええっと、優作の息子。
エラいよな。16か17で星さんの全作品読んだそうです。

82 :1983 :2000/10/05(木) 13:59
砂漠の星で何度目かに爆発する銀のボールから出る水で過ごす刑
の話
名前忘れてしまって御免なさい

ほんとに怖くなったもんなあ

83 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/06(金) 18:37
↑ああ。今それ上げようとしてた。なんたる偶然。
 確か、火星が流刑地になっててそこに送り込まれた囚人のエピソード。
 あれのタイトルと収録されてる本、誰か教えてくれ。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/07(土) 03:08

題名は『処刑』かな。
たしか、『ようこそ地球さん』に収録されていたような気が。
あるいは『ボッコちゃん』かも。曖昧でスマソ。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/07(土) 19:26
↑83です。
 さっき書店で確認してきました。「ようこそ地球さん」の「処刑」でした。
 多謝多謝。

86 :きまぐれ :2000/10/14(土) 01:53
・午後の恐竜
・鍵
・抑制心
・殺し屋ですのよ

特に抑制心は良かった……!
つーか、ほとんどベスト作品だろうがね。

87 :アサヒ :2000/10/17(火) 01:32
 中学生の頃に読んだヤツを思い出した。
銀行に勤めて、出来るだけ多額の金を持ち逃げしようと
懸命に頑張り、結果的に出世していき、
やがて頭取だか、なんだかの最高責任者になる
という話。悪い事をしようとしてる人間ほど出世する
というのが中学生には、そうかぁっ! と思わせたのでした。

88 :名無しより愛をこめて :2000/10/17(火) 13:13
マイナーだが、「うんたまぎるー」は外せないと思う。

89 :名無しより愛をこめて :2000/10/17(火) 13:27
>88
アレ、面白いけど、数少ないシモネタだからなあ(藁


90 :88 :2000/10/17(火) 13:27
だからこそ意味があるのです…て思うのは俺だけかしら? やっぱ

91 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/19(木) 11:42
お年頃の時(笑)「愛の鍵」がすっごい好きでしたね〜。
こんなに短いのにこんなにドラマチックだなんて、すごい。

親子揃って星ファンなのですが、母のお気に入り作品。
・妻の弱みを握る男。俺が死んだらお前の弱みは警察に郵送される事に
なっている。俺を殺しても無駄だと毎日地獄のような日々。
結局男は死に、弱み警察に郵送されてしまうのだが、郵便料金の値上げで、
送り主(自分の住所)に戻ってきてしまうというお話。

どきどきしながら読んで、ラストでびっくり。星作品の醍醐味ですね。

92 :91 :2000/10/19(木) 11:49
あ、すっごい説明が意味不明・・・。書き直し。

・女の弱みを握って結婚した男。俺が死んだらお前の弱みは警察に郵送されるようになっている、
俺を殺しても無駄だと脅され、地獄の日々。
結局男は死んでしまい、弱みは警察に郵送されてしまうのだが、
郵便料金の値上げで送り主の住所(男の妻である女の家)に戻ってきてしまう、
というお話・・・・

・・・なんですがやっぱ説明下手ですね。とほほ・・・。

93 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/19(木) 15:48
>91

要約の仕方が、星新一の文体にどっか似てるんで面白かったよ。
(「夜明けあと」とか「アシモフの雑学コレクション」とか)

94 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/20(金) 04:42
生活維持省。
学生時代自主制作映画で作ろうとして途中で挫折しました。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/20(金) 05:02
真鍋さんの挿絵を集めた文庫に「3つの劇的なカプセル」(うろ思え)と
いったような題名の作品が載っていたのですが、三万円の作品集にも
載っていません。
この作品についてご存知の方はいらっしゃいませんか?

96 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/22(日) 00:21
>>87
「信念」ですね。
僕も、その作品よく印象に残ってます。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/22(日) 05:41
タイトルは忘れましたが、拾った鍵に合う鍵穴を探しまわる話と、
どんなに辛い時でも最後の最期まで箱を開けなかった話が好きでした。
締め方が絶妙で。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/26(木) 16:17
>拾った鍵に合う鍵穴を探しまわる話

 そのものずばり、「鍵」ですね。

 「なるほど」という話が、僕の星新一体験の原点。確か、「かぼちゃの馬車」
に載ってたかな。


99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/01(水) 05:03
真鍋さんの挿絵集に載っている作品ってショートショート1001に載ってます?

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/01(水) 06:57
午後の恐竜、かなあ。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/01(水) 10:34
真鍋博さん、お亡くなりになったそうです。
星作品といえば、真鍋さんの挿し絵がとても印象深いですよね。
ご冥福をお祈りします。

http://www.asahi.com/1031/news/condolences31007.html

102 :101:2000/11/01(水) 10:37
あ、ここに直ブックマークしてたから、真鍋さんスレできてるの
気づきませんでした。すいません。

103 :w:2000/11/03(金) 01:45
友情の杯(マイ国家)・・・・星さんらしい渋い作品
自分的には 鍵 ボッコちゃん などと肩を並べる作品と思います.


104 :イリジウム:2000/11/05(日) 09:02
声の網。。。は印象深いなあ。
コンピュータが電話で人を操っちゃう話。
コンピュータが声を真似てしゃべるという
イメージがすごくリアルだった。
というかマジ可能になりそうなご時世。

105 :しんどーぢんぐ:2000/11/07(火) 01:52

88>
>マイナーだが、「うんたまぎるー」は外せないと思う。

 これ、どこに収録されてます?
 星新一にはかなりくわしいつもりなのに、初めて聞いた。
 とても星さんの作品と思えないタイトルですけど……。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/07(火) 08:17
「元禄お犬さわぎ」は楽しくて良い

107 :エヌ氏:2000/11/11(土) 00:53
エヌ氏の出てくる話(いくつあるのかな?)

108 :名無しさん@1周年:2000/11/11(土) 01:45
「骨」

109 :名無しより愛をこめて:2000/11/11(土) 01:47
↑名作って言われるけど、良いか?

貧乏神のやつ

110 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 06:05
この人のエッセイや歴史物はダメなの?
俺、スッゴイ好きなんだけど。

「UFOからの警告」
今までで1番衝撃を受けた読書。
コロンブスの卵は実話じゃないかと思えてきた。



111 :殺された:2000/11/12(日) 16:45
>>110
ひゃくとーばんだね。K殺きらい。
おれもエッセイも好き。
短編で今思いついた印象的だったのは、
「なるほど」
文庫で読んだんだけど、
読み終わった後、左斜め上のタイトルが目に入って、
ちょっと呆然とした。
星新一respect。
筒井康隆を知らせてくれたありがたい人。
しんじゃったとき、泣きはしなかったけど、
自分も歳をとって大人になってゆくんだなぁって思った。
なんかごめん。

112 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 02:05
↑気にするな、 ココにはファンしかおらへんから。

113 :111:2000/11/14(火) 02:53
>>112
ありがと。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/16(木) 23:01
『成熟』だったかな・・・タイトルはあやしい。『ひとにぎりの未来』に収録されている話。
A・B・Cの3人組が犯罪を働いて、お互いに疑心暗鬼になり、おのおの考えを巡らせてる内に
人間的成長を呼び・・・というやつ。
あっと驚く結末、というのではないけれど、読後感がすがすがしかったです。
あの、『なるほど』ってどんな話でしたっけ?収録されてる本のタイトル教えてください!

115 :111:2000/11/17(金) 15:42
書名は失念、ごめん。
「なるほど」は、受験生は宇宙人に邪魔されて、
そんでその宇宙人をぶっ殺すって話です。
確か、収録書の結構最初のほうにあったと思うよ。

116 :ミニラ(ほら男爵の):2000/11/17(金) 16:12
うわ、いいスレみっけ。
国語教科書に「巧みに口実を作って怠けたがるロボット召使い」ありました(S48生まれ)
「ナンバークラブ」好きです。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/17(金) 16:14
書名は忘れたんですけど、人生の節目になるとポケットに何をすれば良いかを書いた紙
が出てくる話。
なんか納得できる終わり方でよかったです。


118 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 23:13
星新一の作品は好きだった。だけど、いつの間にか読まなくなった。
妄想銀行辺りまでが面白くて、その先は段々とつまらなくなった。
どの作家でも一緒だけど、初めのうちは面白いけど、ある年代以降はつまらなくなる。
何故だろう。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/17(金) 23:36
きっとあなたのな感性がまた一つ成熟してしまったのでしょう

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/18(土) 01:35
「古風な愛」に一票。
終わりの恋人役の男と娘の父親との会話の寂しげな雰囲気が秀逸。

星新一氏のショートショートには中学校の頃に熱狂的にはまりました。
そのためか、当時の私は妙にシニカルなマセガキだったろうと思います。
(でも中学生の小遣いで何十冊もの新潮文庫を収集したことには今更ながら
驚きます)
氏の訃報を耳にしたとき、その名前の通り満天の星空のごとく輝いている
作品の数々を思わずにはいられませんでした。

121 :114:2000/11/22(水) 04:50
111さん、ありがとうございました!粗筋で思い出しました。
確かに読み終わった後「なるほど」ですよね。

122 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 13:15
いいスレを見つけたので、
エッセイの中から私もひとつ。

「東京に原爆を」は秀逸なアイデアの見本として、
読んだ時は軽い興奮を覚えました。

あと題名は忘れましたが、
学校を民間にまかせたらどうかという内容のエッセイ。

とても説得力があり、今の様々な学校問題を根本的に
解決するのに、これ以上すばらしい案はないのでは?
とひそかに考えています。



123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/13(水) 18:19
あげーい

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/13(水) 18:54
挙げてる人多いけど「午後の恐竜」が良かった。
あと「大変革」だっけ?ミサイルの誤射で日本人全員が幽霊になって
全世界の迷惑になる話。

125 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/13(水) 22:58
『ピーターパンの島』
空想の中でしか生きれらない人が新兵器で処理されて風景には
いい知れない不安を感じた。

126 :イライジャ:2000/12/14(木) 21:09
「白い服の男」。そういえば、昔ソ連でうけてた話があった。買い物した商品がクジになってて、当たるとベルがなるってやつ。なんて話だったかな。

127 :イラストに騙された名無しさん:2000/12/14(木) 21:49
>>126
「幸運のベル」でしたっけ?

128 :名無しさん@1周年:2000/12/14(木) 23:00
そうそう、思い出しました。ありがとうございます。

129 :名無しのオプ:2000/12/15(金) 00:31
噛まれた物に変身していく話。最後は地球の地割れに足を挟まれて・・・。
「おーい でてこーい」もいいですよね。「世にも奇妙な・・・」(TV)
で似たような話を見た事があるようなー。あれは幻?


130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/16(土) 00:53
星新一最高。
10年前に全部読み終わったけど、
このスレに影響されて、また読もうかなぁとおもう。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/16(土) 02:17
>5

「解放の時代」ですね。

筒井康隆「’60年代日本ベストSF」にて絶賛!

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/16(土) 06:39
>129
それはまさに「おーい、でてこい」をドラマ化したやつだよ。
いかりや長介のやつでしょ。

133 :129:2000/12/17(日) 01:00
>>132
やっぱり幻ではなかったんだ!
なんだか深くて怖い・・・<「おーい でてこーい」

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/17(日) 01:15
>129
「オオカミそのほか」載ってる本は「おかしな先祖」ですね。
「俺は主体性のない人間だから、噛まれるとなんにでも変身してしまう」
っていう設定がおっかしかった。
あの本は、どの短編も星さんのユーモアセンス全開って感じで大好き。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/17(日) 23:40
レス読んで、「あ〜あったな〜!!」って思うけど、ほとんど題名忘れてる。
私が好きなのは

・ある青年から、預けられた荷物の中身を想像して、売れないがかが有名な画家になるって話。
・かけ事が大好きな4人の話。死ぬまでかけ事してたやつ。
・味ラジオ

古本屋で狂ったように買い集めて、毎日夜寝る前に読むのが私の幸せでした。
けっこう、落ちを忘れてるのが多くて、何回読んでも楽しめる。
星さんのエッセイも面白かったし。
星さんラブ!

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/18(月) 01:23
かけごとの話は「4で割って」じゃなかったかな。確か「おかしな先祖」
あとの二つも話はおぼえてるんだけど、タイトル思い出せないや。
味ラジオの話は「妄想銀行」に入ってたような記憶がおぼろげに。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/18(月) 21:06
私がすきなのは
すごく寒いところを苦労してあるいていくと
暖かいドームがあって・・・・の末に
暖炉の前でビールを飲む、の話です。
あれをやってみたいと中学生くらいから思っている
金持ちになったら絶対やってやるです

というわけで、内容はなくても描写が良いところがスキ

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/22(金) 00:23
ベストですか…
好きな作品・題名は出てこないのですが
金持ちの男性が少女を育てる話(何かこれだけだと怪しくなる…)
プールで泳ぐシーンとかとか、シュークリームとメロンを食べさせるとか
(なんか…これだともっと怪しいなぁ…)凄く幻想的な表現で好きです。」

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/22(金) 03:20
ベスト短編集作るなら、巻末付録でSF作家たちの馬鹿な対談入れて欲しい。
知り合いの女の子に貸したら「星新一のイメージが壊れた」と言われた
私にとっては思い出のもの。筒井より毒あるものなぁ。

そう言えば、TV番組板で話題になっていたけど、星新一の話をアニメにしながら
原作クレジットを入れない凶悪な番組があるとか。
しかも応募者には金を出しているらしい。

まぁ、そこでの結論が「星新一の短編を月に一回応募すれば10年は持つし、
少なくとも10分の一は通るだろう。20万×100か。誰かやれば」みたいな
感じだったのが救いだったけど。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/22(金) 03:20
>>126
「白い服の男」。
結構政治的な話でしたね。
都合の悪いことに対する典型的な日本人的な対応を笑った(でも怖い)作品だと思います。
初めて読んだ時は子供だったのでそこまではわかりませんでしたが・・・。
#臭いモノには蓋。
て考え過ぎですかね?
子供に悪い影響を与える本とか、漫画やテレビバラエティを目の敵にしていたオバサンたちを
笑ったモノ?

>137
大金持ちがたどり着いた究極の贅沢ってやつですね。
#タイトル失念。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/22(金) 10:51
>139
世にも奇妙な物語と同じパターンですね>週間ストーリーランド

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/26(火) 19:53
星作品に頻繁に登場する単語、「いちおう」「たぐい」。
「一応」「類」と漢字で書かず、ひらがな表記。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/26(火) 23:06
ラウンジの星新一すれに皆んなも参加しよう!
(2CHネタのショートショートを書きあっているっす)

144 :28:2000/12/27(水) 00:39
やべっ、まちがえた ×形態→◯携帯
鬱だ・・

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/29(金) 21:51
age

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/02(火) 14:12
すごい懐かしい…めちゃ好きだった。うちに文庫結構あるよ
「おーい ででこーい」は英語の教科書に中学時代載っててびびった
でも作者クレジットなかったんだよね。なんだったんだろう



147 :あお:2001/01/03(水) 19:08
この正月また色々読み返しました。

>>139
星新一は猛毒ですが、筒井康隆は狂気だとおもうんだけどな。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/03(水) 20:55
「ガラスの花」(というタイトルだったと思う「マイ国家」だったかな)
最初読んだ時はなんとも思わなかったんだけど、
ずっと後になってから、友達に幸運な事があって
それにやきもちやいてたとき、急にこの作品が読みたくなって
読み返したら涙がとまらなくなってしまった。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/22(月) 20:50
ストーリーランドでアニメ化されたのって何?

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/25(木) 21:03
星さんの作品は小学生の頃、兄から借りた文庫で夜更かしして読んでました。
それまで読んでた本と違って、殺人やら詐欺やらの犯罪がいっぱい出てきたので、大人への入り口といった印象でした。
そんな時読んだ印象的な作品は、題名は忘れましたが、こんな話です。

なにかの組織の中で、人間を交換?している話。
組織員は、こんな人間をと所望すると、そのとおりの人物が派遣されてくる。
ただし、自分も他の組織員の所望する人物に該当したら、相手がいやな相手でも笑顔で出かけねばならない、という話。
主人公は好みの女を派遣されてつかのま楽しむが、今度は自分が太った中年女のもとに派遣されて「かわいいカバちゃん」と言って抱き着かねばならない。

…なんの話かわからんですね、こりゃ。
ただ、その中で、派遣されたつくり笑いの女が、ベットの中に入らねばならないシーンが印象的でした。当時の私は幼すぎて意味がよくはわかってなかったのですが、多分そうなのかな…と妙に気になりました。
「そうしなければならないのだ」という文も憶えてます。
厳しい制約を課していた星さんには、めずらしいベットシーンだったですよ(それほどでもないか?)。


151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/26(金) 03:32
>>146
今も中学の教科書に「おーい、でてこい」のってます。
しかし英語の教師が訳をするので、原作の面影なし。欝だ・・・

愛の女神につかまって、カップル作りさせられる話が好き。
金色と銀色のカードをホッチキスでつける、ってきれいだな〜と幼心に感動。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/28(日) 11:00
>138
その話、私もずっと探してるんだけど題名がわからないのです。
まさか廃刊になったんでしょうか…

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/28(日) 11:07
>>138
>>152
「月の光」です。新潮文庫刊「ボッコちゃん」に収録されています。
まだ廃刊じゃないとおもいます。

ちなみに私は「殉教」「処刑」「戦う人」なんてとこです。
他にもいろいろ好きなのはあるので一つには絞れませんね。


154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/28(日) 12:40
>>151
金と銀のカードか.「おみそれ社会」のキューピットだっけ
あれ,星さんの文庫本ではじめて買ったんで印象に残ってる.

太り過ぎると殺されるって話も印象に残ってるな
あそこに出てくるミルクが美味しそうなんだ

155 :bie:2001/01/28(日) 20:06
わーい。はじめてこたえられる。
>>150
「会員の特典」(『だれかさんの悪夢』所蔵)です。
フリー・セックス協会ってのが出てくるやつ。

156 :150:2001/01/28(日) 22:37
>155 それですそれです〜
でもここのお題に反してました、すんません。

「鍵」や「月の光」のような美しい風情の作品も好きですが、個人的には突然足下すくわれるような感覚の結末が好きです。
「これからこの人はどうなってしまうんだろう」と、よく思いました。

ところでマイベストは『ボンボンと悪夢』のなかの「椅子」です。
(上で言ってる嗜好とちょっと矛盾しますが)



157 :152:2001/01/29(月) 10:13
>153
ありがとうございます!あ〜うれしい早速買おう…

158 :やめられない名無しさん:2001/01/31(水) 23:24
すみません、御免なさい。小学生の時、星新一を馬鹿にしてました、
こんな小説誰にでも書けると思っていました。
星新一のすばらしさがわかったのは、20過ぎてからです。
今21です、満員電車の中で読んでます、買って貰った単行本捨てないで良かった。


159 :無名草子さん:2001/02/01(木) 01:20
ある人物の部屋にあったものが、砂糖にみせかけて実は覚せい剤だったと
いうような話をずっと探しているのですが・・・
これはショートショートというよりもうんと短い短編といった風でした。
どんでん返しにつぐどんでん返しでとても面白かったのを覚えています。
う〜ん、なんだったかなぁ・・・。
ストーリーの説明がおそろしく足りませんが、どなたか分かったら教えてください。

ベストには「親友の杯」(タイトル自信なし)を。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/01(木) 16:55
水が無い刑務所の星の話あったけど
密閉方の循環型システムみたいの寄せ集めで造れれば
新しく入ってくる人が規定量の水(何回か連続して押す)
もってこれれば、あとは暮らせるよね、新しい人に余分に
持ってこさせればいいわけだし。

161 :やめられない名無しさん:2001/02/01(木) 18:05
タイトル全く思い出せないけど
 宇宙人がUFOで地球の大気圏外にやってきて
『この星の人と言う生き物は殺し合いばっかりしてる』
って地球を滅ぼそうとするんだけど
 その時ちょうど地球では・・・
って話。
 も一度読みたい。

162 :ギコフッサールさんは:2001/02/02(金) 06:39
>>160
『処刑』ですか?でもあれ、いつ爆発するかわからないんでは。

僕はやり手の弁護士が、無理やり正当防衛で無罪にする話が好きです。肩たたきのやつ。
『暑さ』とか、『殺し屋ですのよ』とか。

あと、無人の星で、ロボットがひたすら自分と同じロボットを作り、同じナンバーを刻み付けて、そうして複製を作りつづけていき、、
っていう話が妙に記憶に残っててすきですね。



163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/04(日) 08:54
星新一なつかしなあ。「気まぐれロボット」と「ちぐはぐな部品」の文庫
が出てすぐぐらいに読んだ覚えが。

好きだったのは、新しい星を見つけて探検隊が行くと食べ物や女性や
宝石の幻が出てくる話。

あと、デビュー作の「セキストラ」。 子供だったんで、落ちが結構長いこと
わからなかった。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/04(日) 09:19
ヒッキーな「マイ国家」
ヲデンパな「ミドンさん」

165 :そそそ:2001/02/04(日) 09:49
>161 私もとっても好きです。あれ.毎年XXXXXが来るたびに
思い出して、街にいる馬鹿者どもをゆるしてやろうかと思ったりします

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/06(火) 21:17
題名を忘れた作品があるのです。
舞台は近未来の超管理社会。社会の安定のためとか何かの理由で毎日コンピューターで選ばれた人たちが殺されていく。
主人公は二人の役人で、彼らは渡されたリストに名が挙がっている人たちを殺していく。
最初に少女を殺し、役人の一人は次の名前を見る・・・・・それは自分であった。
相棒は何か言う(だが、「逃げろ」と言う類のものではなかった)が、その役人は「この管理された社会でなければどんな不幸な人生を送ったかもしれないのだ。もう悔いはない」てな感じでフェードアウト。

題名をお願いします。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/06(火) 22:50
>>166
「人類維持省」ですね。文庫本の「ボッコちゃん」の中に入って
ます。
最初の少女の母親は「死神」って言ってましたね。(当然か)

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/15(木) 00:43
>>159
「侵入者との会話」(『おのぞみの結末』)ですね。
どんでん返しが2回待ち受けているという…

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/17(土) 03:20
「紙の城」が好き。なんか、すごい痛快なんだよね。
それと、題名わかんないけど、ある家でそこを尋ねた人が
引き込まれて住民になりきる話も好き。
それと「遭難」もいいね。
よく考えるとすっげー、いっぱい好きな話があるなあ。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/20(火) 23:04
何度も出てますが「鍵」は私も大好きです。
こんな人生の終わりを迎えられたら最高だろうな…、と
子供心に思ってました(マセガキですな)。

あと「私はだれでしょう?」ってひたすら質問し続けるやつ(題名忘れた…)
読み終わった後なぜかゾッとして後を振り返るような…。
この感覚が星新一。

あとは「最後の地球人」
オチが中学ぐらいまでわからんかった…。
でもわかった時の衝撃がすごかった。

171 :やめられない名無しさん:2001/02/20(火) 23:57
>>170
たまらなく読みたくなってしまいました。よかったら収録単行本を
おしえてください。

172 :170:2001/02/21(水) 05:45
「鍵」は妄想銀行(新潮)。「最後の地球人」はボッコちゃん(新潮)。

「私は誰でしょう?」は…スンマセン、これ星先生のじゃありませんでした。
「ショートショートの広場(1)」(講談社)の収録品です。

ごたごた気流(講談)の「なんでもない」とごっちゃになってました。
ちなみにこっちがホントに言いたかったやつ。(いまさらですが…)
最後「おまえは〜」って所がゾクゾクします。

「ショート〜」も1巻、2巻は秀作ぞろいなんでおすすめ。

173 :ひまひな:2001/02/21(水) 14:58
 「凶夢など30」にあった(と思う)、
 主人公の男が旅先で出会った女の人のほくろをとる話。



174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/21(水) 20:31
ショートショートの広場(1)で思い出したけど、これってどう思う?

ショートショートの広場揃えてる人は1をもう一度確認することをおすすめする。
揃えてない人はせめて1だけでも買うか立ち読みするかで確認して欲しい。
痕の内容の一部が盗作といわれるほど丸写しをしているというのが真実なのかどうか。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=981495070&st=244&to=249

175 :170:2001/02/21(水) 20:45
葉鍵板は荒れてるので嫌です。とか言って終わらせたいけどこれはねぇ…。
ちょっと仮にもライターならアレンジぐらいしろよ、って感じでしょうか。
ネタフリしたんで一応レス入れたけど、星先生のスレなんであとは…(^^;。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/21(水) 21:19
自分も葉鍵板にはまざりたくないなあ。

リンク先見たけど…なんでこれで決着ついてないのか不思議。
というか、これを発売に踏み切ったことが一番の不思議なんだけど。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/23(金) 00:42
「妖精配給会社」に一票

今読むと電子ペットとかに対する強烈な皮肉に感じるな、コレ…。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/23(金) 03:36
>169
>それと、題名わかんないけど、ある家でそこを尋ねた人が
 引き込まれて住民になりきる話も好き。

たぶん「門のある家」だと思います。「ごたごた気流」じゃないかな。
あと「紙の城」は私も大好き。地方公務員やってる父親も、すごい感銘を
受けてました。

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/25(日) 17:20
「理想的販売法」に一票。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/04(日) 18:35
ショートショートではないんだけど。エッセイで
まだコンピュータが普及してない頃、どこぞに見学に行って
「ハード」と「ソフト」って語句についての考察を書いていたのが忘れがたい。
星さん、あなたが危惧したとおりに世の中はすすんでいる。

181 :名無氏の遊園地:2001/03/07(水) 04:41
色んな物食って最後自分が食われるって話に一票
俺の体はこういう物を必要としてたんだな、とか言ってるやつ
タイトルうろ覚えだが「味覚」だっけか?

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/12(月) 19:27
age

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/16(金) 15:51
暖かくなってきたのでage

「肉体を脱ぎ捨てるのは、春になってコートを脱ぎ捨てるかのごとく気持ちよい」
みたいなセリフがついてる短編がありましたね。
肉体脱衣装置みたいな装置を作った博士が、
いろいろひねた理屈をつける観客相手全てに、装置を作動させていくという流れ。
最後に残った博士のセリフが、また秀逸でした。

短編集の一番最後に載っていたとしか記憶にありません…

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/26(月) 18:07
>>183
「ようこそ地球さん」収録の「殉教」にそういう表現がありましたが、
ストーリーが違っているような気がするので自信なし……。

タイトル忘れたけど、仲のいい老夫婦がいたけど妻が死んで、
残った夫を心配した親族が妻そっくりのロボットを作らせる話。
話そのものよりラストの弁護士のセリフがかっこよすぎです。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/26(月) 18:29
講談社の青い鳥文庫、というジュニア向けの新書版シリーズがあるんですけど、
その中に『おーい でてこーい』というタイトルのものが。
おいおい、と思って見たら、ご本人のでした。

一応、子供向け星新一ベスト、って感じのアンソロジーですね。帯についてる、
「この一冊で、読書感想文14作書けるよ!!」の文がちょっと萎えます。
収録作は、以下のとおりでした。

 おーい でてこーい / 愛の鍵 / 肩の上の秘書 / 服を着たゾウ
 最後の地球人 / 処刑 / ボッコちゃん / 顔のうえの軌道
 そして、だれも…… / ある夜の物語 / 午後の恐竜 / 鍵
 宇宙の男たち / 羽衣

…子供向けかなあ。

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/26(月) 22:09
>>185
おれも、それ本屋で見たんだが、「処刑」が入ってたのには驚いたな。
子供には、きついような気がする。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/26(月) 23:30
>>185
子供向けにしては妙な選択ですね。どんな基準で選んだのやら(w
「宇宙の男たち」で感想文なんて書いたらやたらスレた子供になってしまうと思うが…。

あと「鍵」の味がわかるにはせめて中学、高校以上じゃないと…。

188 :185:2001/03/27(火) 00:46
選者の加藤まさしという人、福島正美のご子息らしいです。
同じ青い鳥文庫で、「透明人間」「ジキル博士とハイド氏」「宇宙戦争」
「フランケンシュタイン」の翻訳を……。

なんか、激しく既視感を感じてしまうのですが。


189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/27(火) 03:57
>>185
> 「この一冊で、読書感想文14作書けるよ!!」

激しく笑わせていただきました。なんだかいいなあ…
小学生の頃、夏休みの終わりの焦燥感を思い出したよ。
自分は宿題せずに星新一を読み耽っていたけど
読書感想文に星新一は選ばなかったなあ…
何故なんだ、小学生の頃の自分よ。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/27(火) 09:38
「鍵」もステキだけど、「おーいでてこーい」が最初だったこれにいれよう。
子供心に、あの続きをどう解決するかを考えたぞ。
穴の出口と入り口を巨大なパイプで結ぶんだ。これで解決(w

今考えると、「おーい でてこーい」の声と小石が同じ速度で
落ちてきたってことで、あの穴の中では速度の概念が変だ。(w

191 ::2001/04/02(月) 20:00
俺は、生活維持賞が好きだな、結構ページは長かったような・・・

う〜ん内容は、いいにくいな〜
生活維持賞という賞があり、その世界はとても平和だが、平和すぎて
人が死なない、そして生活維持賞がその役目を・・・

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/15(日) 13:32
「青い鳥子ども文庫」本屋で見てみたのですが、あとがきによると、
人気投票のベスト5(どこでいつやった人気投票かは書いてなかった)に、
子供向けの優しい話やハッピーな話をいれて組んだアンソロジーのようです。
ベスト5は、
「おーい、でてこーい」「ボッコちゃん」「処刑」「鍵」「午後の恐竜」
とのこと。
このスレに出てくる作品と、やっぱりかなり一致してますね。
私としては、これに「マイ国家」もいれたいです。


193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/15(日) 13:44
>>192
子供向けかどうかは疑問なんだけど
どことなく「やたらスレた子供」向けの本じゃないかなあ

「蛍」とか「月の光」を入れて欲しかったところだ俺は

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/15(日) 15:03
人気投票って、ここのことじゃないの?

195 ::2001/04/21(土) 00:10
午後の恐竜か〜

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/21(土) 01:31
俺は「鍵」も「処刑」も小学生の時よんだけど、どちらも強烈にショック受けたよ。
あと「囚人」とか「殉教」とか「壁の穴」とかも。
テーマの深さとか、全部理解できたわけじゃないかもしれないけど。

特に「鍵」は、読んだ時の部屋の様子まで覚えてる。
それまで、怪人二十面相とか岩波少年文庫とかが読書領域だった小学生には、
よっぽどインパクト強かったんだろうな。
「これは一体なんだろう」と眼を見張るような思いで、何度も繰り返し読んだものです。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/21(土) 08:34
なるほど

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/21(土) 11:13
激しく既出ですが、人類維持省@ボッコちゃんですね。
アシモフがエッセイで反ユートピア小説に「人口調査機」というのを
あげていましたが、衝撃はこちらが(きっと)上でしょう。
 間引きをしているのは平凡な人間で、しかも完全に納得している。
たとえ自分が標的になろうとも…。

 自分の中の正義や倫理、常識といったものをひっかき回してくれ
ました。これぞSF短編の醍醐味でしょう。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/21(土) 12:03
こんな創作落語のどの辺がサイエンスフィクションなんだかなぁ。
典型的文系。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/21(土) 13:02
>>199
世界観をいじくるところだと思うよ。

あ、「サイエンス」=「技術」じゃないからね。




201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/29(日) 23:07
「贅沢」とかそんなタイトルのショートショートありませんでした。
七輪で魚を焼いて食事をしているが、恒星間宇宙船の中だったという話。
SFマガジンのバックナンバーで読んで気に入った覚えがあります。

202 :ホシヅル:2001/04/30(月) 10:33
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■□□■■■□□■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■□■■■■■■■□■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■□■■■■■■■□■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□■■■□□■■■■□■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□■■□■■□■■■□■■■■■■■
■■■■■■■■□□□□□□■■■□□□□■■■■□■■■■■■
■■■■■□□□■■■■■□■■■□□□□■■■■■□■■■■■
■■■□□■■■■■■■■□■■■□□□■■■■■■■□■■■■
■■□■■■■■■■■□□□■■■■□□■■■■■■■■□■■■
■□■■■■■□□□□■■□■■■■■■■■■■■■■■■□■■
■□□□□□□■■■■■■□■■■■■■■■■■■■■■■□■■
■■■□□□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■□■■
■■■■■■■■■■■■■■□■■■■■■■■■■■■■■□■■
■■■■■■■■■■■■■■■□□■■■■■■■■■■■□■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■□■■■■□■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■□■■■■□■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■□■□■■■□□■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□■■□■■□■■□■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

203 :202:2001/04/30(月) 10:41
202は荒らしじゃないです。
ただホシヅル書いてみたかったんで・・・
ご迷惑ならスミマセン!!

204 :nakanaka:2001/04/30(月) 12:57
うまいね
保存して、使おう

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/30(月) 16:06
丸窓の女。
広場85年度です。
星さんじゃないですね。すいません。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/30(月) 16:31
>>201
あったあった。
いかにも貧乏人の贅沢と見せて、実は大金持のオーナーのわがままな贅沢だったってやつですね。

読んだ時は子供だったので落ちの意味が分からなかったなぁ。
いや、今でも現物を食べたことがないので本当のところは分かってないのですが(笑)

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/30(月) 23:50
>>201
>>206
北杜夫じゃなかったっけ?
早川の世界SF全集の短編集にそんな話が載ってたが。
オチが(メール欄)のやつだよね?

208 :206:2001/05/01(火) 00:00
あれ。北杜夫でしたか。記憶いい加減だなあ>俺

209 :201:2001/05/01(火) 10:16
ごめんなさい間違えました。
いかにも星新一のショートショートという話だったので
記憶が変質していました。


210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/03(木) 23:35
>>205
「丸窓の女」はいいですよね〜。あのいつのまにか視点というか主人公が入れ替わってるような・・・
何度読んでもクラクラします。

でも、広場の作品でした。失礼。

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/06(日) 23:34
ちょびっツを読んでから、「オフィスの妖精」を読み返すと今更ながら星新一の
先見性に……って、ちょっと違うか(笑)。

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/08(火) 02:42
いまさらながら、例の「子供向け」星新一アンソロジーを読み返して
気がついたこと。

「顔のうえの軌道(女優が不思議なつけぼくろで性格変えて名演技するやつ)」
昔読んだ時、遅刻しそうになってあわてたり、演技に失敗してもうやり直しが
きかない、どうしよう、というあたりがよくわかりませんでした。
舞台ならともかく、なんで『テレビドラマ』で???と思ってたんですね。

…TV放映の黎明期、すべてのプログラムがナマの一発撮り放送だった、つー
注釈は入れておくべきですな、この話。


213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/10(木) 02:10
age

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/11(金) 10:15
ベストっていったら、生活維持省もいいし、ナンバークラブもいいけど、やっぱ夕暮れの車かな。タイトルうろ覚えだけど、泥棒のコンビが出てくるはなし。
いやー、ここいいスレだよ!

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/11(金) 15:10


216 :SOW:2001/05/12(土) 21:55
星新一は当時進研ゼミの読み物のページに「復讐」が載っていて、こんな面白い
ものがあったのかとショックを受け、ハマリました。それから星>筒井>荒巻>
海外SFへと順調?にSF者になりました。ちなみに進研ゼミは3月でやめた(w

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/16(水) 16:45
初期作品に「エストレラ博士」というキャラが出てくる。このエストレラ
って、ポルトガル語で「星」という意味だと最近知りました。


218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/17(木) 21:46
m(_ _)mゴメン
やっぱ「処刑」だよ

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/21(月) 03:08
作品名忘れたけど、黄金のオウムが出てくる話で
「これでオウム教という宗教でもやるつもりか?」ってセリフなかった?
例の事件後に初めて読んだもんだから、ビックラこいたよ。


しかしここ、息の長いスレだねぇ。
>>1の日付が1年以上前で、まだ200レスとはすごいもんだ。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/05/23(水) 16:10
スレの意図とは違うと思いますが…
2001年を迎えたとき、星氏が提言していた、「元号を’弐扇’に改元しろ」というのを実現して欲しいと、本気で思ったものでありました。

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/23(水) 22:42
・ナイフで空間をくりぬくと他の時代や場所の景色が見える話

ネットにはまってる俺と同じかも・・・


222 :ピン:2001/05/24(木) 02:11
あの、先日偶然「鏡」(合せ鏡で悪魔をつかまえて夫婦で虐めて
ストレス発散するが、そのうち逃げられてしまって
残された二人は・・・)を読んで思い出したのですが、
これと一緒の本に載ってたあるお話の作者を探してます。

「本」と言ってもショートショートを特集した、
しっかりめの雑誌だったと思います。
かなり古いもので少なくとも15年以上前と思われます。

お話は、

お家にお母さんと赤ちゃんがいまして、
季節は冬で部屋には石油ストーブが燃えています。
そこに強盗が来てお母さんを縛って盗って出て行った後から始まります。
自由に動ける赤ちゃんはお母さんにちょっかいをだし、
眼に指を入れたりしていますが、
お母さんは何も出来ません。
そのうち遂に赤ちゃんはストーブを揺らし出して・・

という内容です。

私の記憶では谷川俊太郎のようなのですが、
彼の作品を調べてみてもはっきりしません。
子供の時分に読んだもので、手がかりがこれ位しかありません。

SF好きのみなさま、
どなたか分かるかたいらっしゃいますか?

星新一も少々関係するということで、スレ違いお許し下さい。




223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/24(木) 08:05
それは谷川俊太郎の「眠れ我が子よ」ですね。
初出は「ヒッチコック・マガジン」の昭和36年4月号。

ピンさんが読んだのは、「別冊宝石」昭和36年7月号
の「ショート・ショートのすべて」というやつじゃない
かな。これは、今みても、とてもしっかりした特集号で
すよ。




224 :ピン:2001/05/24(木) 09:53
>>223
おお、こんなに早く分かるとは・・・

実は「文学」「一般書籍」版でも
質問出してたことあったんですよ。
でも全然レス無くて。
さすがSF版。

どうもありがとうございます、感謝します。

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 08:32
「処刑」はラストを2通りに解釈出来るところが素晴らしい。「火星の生活が
楽しく感じられるようになった」とも「爆弾が爆発した」とも、どっちとも
とれる。
「末路」はまるでビートたけしの出現を予言したかのような作品。


226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 18:15
>>222
講談社文庫のショートショート集『ペ』に収録されています。
ブックオフで探そう!

227 :無名草子さん:2001/05/26(土) 18:39
>>225
どっちでもなくて無常感の体現だと思うが。

228 :ピン:2001/05/27(日) 00:04
>>226
ありがとうございます!
タイトルわかって検索しても出てこないんですよ・・・
助かりました、探します!

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/27(日) 02:45
1個挙げるならなんだろう・・・
難しいけどノックの音がとか面白かったかな

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/27(日) 04:55
「悪党と善良な市民」
悪党が善良な市民の体内に隠したダイヤを取り返しに来る話。
「重要な部分」
ある青年が学者に「君はこの社会の急所だ」と告げられる話。

これぞ意外な落ちって感じで、この二作品は妙に印象に残ってます。
他にもたくさんあるけど、手元に本がないので調べられない……ほとんど友人知人に
貸したままになってます(誰に貸したかも思い出せないや)。数いる作家の中でも、
星新一は群を抜いて貸出率が高く、返還率が低い気が。

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/29(火) 01:20
「危険な年代」とか風刺がきいてていいですな

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/31(木) 01:33
個人的にはキューピッドが好き
星新一のラブストーリーっていつも終わりが悲しいね

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/31(木) 21:05
>197

うれしいな〜。「なるほど」の凝縮された論理性には
物凄いショックを受けた。これを読んでなかったら、
SFファンになっていなかったかも。

しかし、あんまり自然なんで、しばらく気付かなかっ
たよ(w

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/01(金) 02:43
>>232
だが、それがいい

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/07(木) 12:27
既出のものですが、サンタクロースが願いをかなえてあげる作品は大好きでした。
ただ、別の話に出てくるサンタクロースと同じ人だったらなんかいやかも・・・・。

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/11(月) 00:04
ランキングは?

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/12(火) 01:10
過去ログ読んで 懐かしいの一言。
古本屋で 10冊100円でまとめ買いして 読みふけってころが懐かしい。

で古い話で申し訳ないが
>>135
一番上のタイトルは「包み」のはず。
自分も 凄く好き。 結局中身は何か分からないまま。
今でも思い返すと 凄く気になる。。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/14(木) 10:01
星新一が、唯一「セックス」という言葉を連発する作品を書いていたが
あれの題名は何?

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/16(土) 03:06
基本だろうけれど「鍵」がいいかなあ。
星さんは、筒井さんのショート・ショート「駝鳥」を激賞してました。

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/16(土) 03:33
「箱」もいい。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/16(土) 04:06
高校受験(私立ね)の国語の二個目の長文に星さんの作品が使われてました。
なんていう題名かは覚えてないけど、確か福の神がどうとかって感じだったと思う
(男を金稼ぎマシーンにするっていう話ではない)。
その話を見て、なんか落ち着いて受験できたって記憶がある。

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/16(土) 11:05
>>238
「解放の時代」じゃないですか?
星新一の短編集には一度も収録されたことがない、幻の名作。
唯一、筒井康隆編の60年代SFベストアンソロジーにのみ収録され
活字として残っている作品。
筒井康隆によれば、発表当時はポルノ批判、現在はポルノ批判批判な作品
ということらしい。
星新一が「セックス」という言葉を連発することの意外さが最後まで引っ張り
ドンデン返しにやられてしまう。これ以上はネタばれになるといけないので
止めときましょう。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/17(日) 01:49
>>235
『ある夜の物語』じゃないですか?
あれもけっこう好きなんだけど、同じくらい好きなのが
『小さな十字架』という作品。
ラスト一行で思わずホロリと来ちゃった。
星新一はキリスト教を盲信はしなかったんだろうが、なまじっかの
信者よりその精神を理解してたんじゃないかな。

244 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/06/17(日) 02:12
復刊ドットコムに、星作品をリクエストしよう!

メインページ:http://www.fukkan.com/
星特集:http://www.fukkan.com/group/index.php3?no=63

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/17(日) 22:43
オウム教はたしかにすごい。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/17(日) 23:41
ログ読んでたら涙出てきたよ。

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/20(水) 10:29
小学生の頃に教科書に「友好使節」を読んだのが最初です。
田中外相の訪米がこんな風でなければいいんですけどね(藁

248 :(´Д`ll;):2001/06/21(木) 08:50
こんなスレがあったとは(´∇`)
age

249 ::2001/06/21(木) 11:19
中学生の時に読み始めて早数年。最初読んだときは分からなくても何度も読むと
味が感じられるようになりました。

で好きな話は定番ですが『鍵』。他には、サンタクロースが色んな人の所を回る話。
ほのぼのとした内容が好きです。サンタクロースからは何もプレゼントをもらわなくても、
登場した人がみんな幸せになりますし。

あと、クラブで同じ趣味を持つ人同士が集まる話。
こういう発想ができる所に惹かれました。今でこそインターネットで実現してますが。

250 :おカバさま:2001/06/21(木) 11:25
カバをめぐる騒ぎがなんとも言えず笑える。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/22(金) 21:15
夢の中に自分だけの部屋を持っていて、その中にお気に入りの家具や
ステレオなどをそろえて悦に入っている男の話はなんていうタイトルでしたっけ?
最近、妙にあの話を思い出します。

252 :某雑誌記者:2001/06/28(木) 03:43
小学3年の時に親父の書斎にあった「さまざまな迷路」を読んで以来、
お年玉や小遣いは全て新潮社の文庫本に化けていったな。
4年かけて全巻揃えた。懐かしい思い出。
今もの書く仕事してるけど、原点は間違いなく星新一。
大学入学で上京する時にも、全巻持ってきた。
最近はほとんど読まないけど、今でも枕もとの本棚に並んでる。
お守りみたいなものかな?
あと数年長生きしてくれたら、
無理やりにでも企画立てて本人に会いに行ったのに、、、無念、、。

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/28(木) 04:23
>>241
記憶喪失になった貧乏神の話?
それとも大黒さまの話?
他にあったかな

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/29(金) 19:23
>>28
最初のは「月の光」だね。
賛否両論ありそうだけど、耽美をよしとするなら、これは評価したい。

関係ないけど「ウイスキーの神様」を挙げようとしたんだが、これは筒井だったね。
激しく勘違いしていたよ。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/05(木) 14:33
>>249
>あと、クラブで同じ趣味を持つ人同士が集まる話。
>こういう発想ができる所に惹かれました。今でこそインターネットで実現してますが。
そう言えば、エッセイで「一人一人が印刷機を持ち、個人雑誌を作ったら面白い世の
中になると思う」という様な事を書いていた。
これって、ウェブサイトとして実現されているよね。

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/15(日) 05:11
age

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/15(日) 12:48
星さんのショート・ショートは好きだが他の人のは好きになれんよ。
他の人のはあんまり知らんけど。

258 :名無しの遊園地:2001/07/24(火) 06:57
今年の新潮文庫の100冊、「ボッコちゃん」しか入ってねぇ。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/30(月) 01:02
いくつも有るけど、女が悪魔の願い事で、2つの失敗の後で最終的に
(オチメール欄)話を思い出すかな。
で、メール欄使えないついでにageで。

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/02(木) 12:47
夏休みで実家に帰った時に読み返した中から
”宇宙のあいさつ”より「リンゴ」。

ショートショートの典型みたいな話ですが何度読み返しても新鮮に感じます。

261 :260:2001/08/02(木) 17:02
なんだ、出来るじゃんか。

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/02(木) 19:43
リンゴ賛成!

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/08(水) 10:00
「殉教」がいいな。
死後の世界が理想郷とわかってみんな死んじゃうの。

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/08(水) 19:44
あげ

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/08(水) 20:13
「門のある家」。結婚前と後で、読んだ印象が全然ちがう。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/13(月) 07:26
「ねらわれた星」がいい。
宇宙人たちの間抜けさが笑える

267 :ナナシ:2001/08/14(火) 01:03
たくさん読んだのに思い出せない…
エッセイ集みたいなので、クワイのはなしがあって
「クワイは水の中にできるから足でつかんでとる」っていうのが
すごく残ってる… ぐらい。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/14(火) 01:08
「古代の神々」

3000年後の未来の話
個人的に気に入ってる。

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/18(土) 23:07
「爆発」好きな人いませんか?
人口増加が人類の問題に上がってる作品が結構多いし、
星さんは人口増加に否定的な人だと思ってたので、最後驚きました。
一石投じるような終わり方だと思いませんか。

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 00:21
「見渡す限り一面全て人。しかしオチは…(哀)」
って奴だっけ?<爆発
あれが人口爆発肯定に見えたの?(笑)

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 00:27
「最後の地球人」も人口問題を扱ってるなー。

272 :269:2001/08/19(日) 01:49
>>270
肯定には見えなかったけど、「人口爆発って怖いなー」と思ってる自分を
責められたような気がしました。星新一の毒を感じた。

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 02:04
そうかぁ?人口爆発したあの世界も恐怖だが・・・じわじわと殺されていくようだ。

274 :爆発:2001/08/19(日) 02:35
未来はあんな風になるのだろうか、と思うと耐えられんな…。
と思って読んでた気がするな。
そして最後にあのオチ…まさに星新一の恐怖だね。

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 04:47
印象に残っているのは、息子が親に向かって産んでくれなんて頼んでねー、みたいな
こと言ってたら、頼んだ人達がやってきて息子を連れて行っちゃう話し。
(自分で書いてても良く分らない説明だな)
皮肉がききつつもの悲しくて良かった。

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 15:54
>>275 やりたい放題の不良息子の話だよね。
やりたい放題させてもらえてた理由が実は…っていうやつ。
最初両親に同情してしまった分、オチの息子が物悲しい…。
私は「いきとどいた生活」(だったと思う)という話が好き。
「爆発」もそうだけど、最初「こーゆー生活良いな」とか「怖いな」とか
思わせて、オチでそのダークな部分をつく話が好き。

277 :ハンケチ:01/08/28 08:46 ID:qGRqTZQI
江戸時代物が詰まってる、「殿様の日」が好きな一冊だな。
前に出た、「紙の城」も、静かに感動したなぁ。
なにか、事を荒立てないで、成功していくみたいな感じが好きだ。
その中でも「殿様の日」は読んでると、すがすがしくなる。
ある種、帝王学に近いものがあるのかな。さりげない、
風景描写も良いし。特に冬の描写が星さんらしく静かで良い。

読み始めたのは何時だっけなぁ。小学生か中学の初めの頃だったかな。
やっぱり、兄からポイッと1冊渡されて、妙には待ってしまった。
「蟻とキリギリス」の話だったかな、初めて読んだのは。
今は理系に来て、めっきり小説どころか読み物にも触れなくなって
きてしまったので、このスレは有り難い。

あと、星新一の父の話を書いた作品って何でしたっけ?
アメリカに渡航するやつ。

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 09:40 ID:GwfvHIVU
>>277
「明治・父・アメリカ」>星新一の父の話を書いた作品

日本に戻って製薬業をはじめてからは
「人民は弱し官吏は強し」

279 :メロンライスにガムライス:01/08/28 23:35 ID:8GDG..js
「なりそこない王子」収録の「死体ばんざい」が最高。
あれは大笑いしたなぁ。
あとは、渇水状態の宇宙船が水の星を見つけるが、「どうやって着陸するんですか」ってやつ。
あの短さで、小説として成り立っているというのが凄い。

消防には案外”親善キッス”あたりがうけたりして。

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 00:19 ID:Q5yztepw
どんぐり民話館も好きなんだが・・・・・後期は民話物が多かったな

281 :ハンケチ:01/08/29 10:58 ID:1ZYx7Ysw
>>225
「処刑」は結構感慨深かったですね。
何と言うか、死についてある種の考え方と言うか、

地球で生きてても、火星で処刑を受けてても、
似たようなもんだと言う事を、前向きに見てる点が
良かった。

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 12:31 ID:AIBZhPEo
私も、『白い服の男』。
現代の言葉狩りを見てると、この話を思い出して背筋が寒くなる。

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 12:33 ID:dbbRB6QU
>>280
どんぐり民話館以降は、もう神がかってる感じだよね。
ああいう小説だか何だかもう分からない読み物を書ける人って、他に居るのかな。

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 18:49 ID:5t8v6L3A
>275
それは、なぜか豊田有恒氏も、星作品の中で一番好きな作品に挙げておられました。

285 :   :01/08/29 19:22 ID:iuadaYgs
友好使節。
これを読んだ瞬間に人生が変わった。
現在、物書きでメシ食べてる。
いいか悪いかは別として。(笑)

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 19:28 ID:nZavtqwA
全人類が進歩によって科学主義を揚棄し、裸体生活に入るが
その年の冬に猛威を振るったインフルエンザのおかげで絶滅しちゃうお話。

287 :いや、好きなんです:01/08/29 20:15 ID:xul59iBU
美しい混血の少女と、彼女をペットにした男の話「月の光」。
 って完全に犯罪だろ!エサがショートケーキだのメロンだのパイだのって糖尿に
なりそうな物ばかりだし。

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 22:37 ID:k6k5t7Nk
>283
確かにわけのわからんのが多かったね
「これからの出来事」はうーんなんと感想を述べていいのやら

289 :ナナ氏:01/09/01 02:45 ID:qrimkmHw
人口冬眠が流行って、人類がみんな人口冬眠しちゃった頃。
食糧難に陥った異星人が地球にやってきて、
人口冬眠の管理人に食料を分けてくれないか?って頼むと
管理人は何言ってるか理解できないから
「彼らに聞いてくれ」って指差す話

なんだか判り難い説明ですが、
どなたか題名か本の名前でも覚えてらっしゃる方はいませんか?

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 04:08 ID:NX2l.fHQ
「最後の事業」
「ようこそ地球さん」収録

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 16:12 ID:XMmPkI52
>>290
ありがとうございます!
早速、押入れを調べたら見つかりませんでした!
おっかしいなぁ、誰に貸したんだろうなぁ・・・

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 20:11 ID:wrf9FDG6
「とんでもない奴」。ホントにとんでもないよ、グー。でも憎めない。

293 ::01/09/07 01:21
age

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/07 03:03
「ホンを求めて」・・・・遠い未来の話、ホンを探す主人公

295 :題名忘れた:01/09/07 10:56
宇宙人が地球にやってくる話から二つ。

・宇宙人が地球人を始末しようとやってくるけど、
たまたまその日がクリスマスで、その様子を見た宇宙人が
話に聞いていた地球人とあまりに様子が違うから、
始末するのを止めてそのまま帰ってしまう話。
なんかほのぼのとした展開が良。

・宇宙人が地球人を捕らえにきて、なぜか幽霊を捕まえる話。
宇宙人の困惑ぶりがうまく描けていたと思う。

296 :ななし:01/09/07 11:00
>>292
内容も良いけど、何よりタイトルのつけ方がうまい。正に「とんでもない奴」。

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/07 18:50
いいタイトルと言えば、既出だが「なるほど」がいい。

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/07 23:04
星新一はタイトルが上手いよね。
素っ気なくて当たり前のようでいて、意外と思いつかないものが多い。

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 13:53
そもそも本のタイトルからしてすごいですよ
私が初めて星新一の本を手に取ったのは厨房の時でしたが
「ようこそ地球さん」

このタイトルに「"星"の世界へようこそ」と言われてるような気がしましたよ

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 20:29
青い鳥文庫に「おーいでてこい」(←選集タイトル)があって、どうせ子供向けの
話ばかり集めたんだろうと思っていたが、「処刑」とか「ボッコちゃん」とか「最後
の地球人」とか、普通に読んでも難解な話ばかりでちょっと感心した。

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 20:34
「処刑」は深いね。

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 20:53
いや、でもあれ子供向けの選集でしょ
トラウマ残しかねないよな

よしあし別として

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 01:28
消防時、「月の光」読んで、自分もきれいな温室でプールで泳いで可愛がられてパイとか
メロンとか飽食したいと思った。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 12:21
いいスレ発見!

>>295
あれで星新一にはまった。

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 12:24
「生活維持省」に一票

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 12:34
「雪風」アニメ化

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 12:56
「白い服の男」....はかなり怖い話だったなあ。
平和の為ならどんな犠牲でも....。

星さんの作品って、どれか一つを選べない。
面白いのがたくさんあるから...。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 15:59
現在、閉鎖中の某板の人達を初めて見た時、
妖精配給会社を思い出した人っています?

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 16:23
308>?どこ?

「なぞの男」だったかな、子供のための公園の資金を出したり、一人暮らしの老人
を旅行に行かせてくれたりする男の正体は・・・ってやつ。今の政府に読ませてやりたい。

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 17:43
>308
芸能系の板?

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 19:44
>>308
チャットで男に囲まれてる女を思い出すんだが。

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 20:11
題名忘れたけど、死刑を言い渡された男が、銀玉持ってどこかの星でって話が結構好き。

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 20:57
>312
ようこそ地球さん収録 処刑

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 21:05
>313 ありがとう!

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 21:48
今まで出てきていないとということで、
「老人と孫」@白い服の男

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 22:36
このスレ「タイトル忘れたけど」がすごく多いですな

317 :214:01/09/10 22:40
「夕暮れの車」好きっていないの?
星さんのSF調なのもサイコ−にすきだけど、
「月の光」とも一味ちがうムード調な寓話ってな感じが、
ほんわかと、しちゃうんだよ。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 23:20
>>316
しかも「ようこそ地球さん」のタイトル忘れが多いような気がする
自薦から洩れてはいるけど,独特な味を持った一冊だよね

結構星さんも愛着持ってらっしゃったのでは?

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 23:21
1001篇もあるとタイトルなんぞ憶えてられん(w

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 01:19
逆に「これはつまらねえぞゴルァ!」っての無い?

俺は「デラックスな拳銃」
用こそ地球さんの最初にある奴。
面白くないよー

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 06:29
このスレ見つけてから星作品読み返してる。

「マイ国家」の「雪の女」で主人公の気持ちがわかるので
悶絶したくなる様な気分を昔味わった!(w
男だからねー

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 07:58
面白くない、というか、「親善キッス」は、あまりのバカバカしさに脱力(笑。

あと忠臣蔵がテーマの「町人たち」は、ちょっと面白さがわかんなかった。
筒井康隆はその年のベストに選んでたけど。
・・・しかし、今ふと思ったけど、あれは2ちゃんを予言した作品かも・・・!

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 09:07
「うるさい上役」だったかな、嫌な上司を何度も殺す話。
「意識とは記憶の統合です」という営業マンのセリフに妙に納得
させられちゃうのが星ストーリーの素晴らしさだと思う。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 12:25
「雪の女」は、ほんとうにそうですね>男だからねー

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 20:55
>320
誰かさんの悪夢の「装置110番」
電話機が泥棒激待機になってるやつ。
イマイチ。

326 ::01/09/12 00:06
クンギッグのドキュン、厨房、逝ってよし

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 02:08
ある少数民族のことばで最高の侮辱を意味するものだ>ドキュン

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 13:05
>>320
デラックスな拳銃は結構好きなんだけど...。

つまらないのっていうか、オチが分からないと面白くないね。
もっともそれは自分の責任かもしれないけど。

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 14:54
そういえば『PC相談室』という雑誌の今月号で星作品が掲載されてるね!
星新一人気再燃の予感!?

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 13:20
というか
星新一は時代が変わっても
子供達が少年になる頃、あらたな読者となるわけで
人気再燃!とまではいかずとも
長く密かに愛され続けると思うよ

まあ、一通り読んじゃうと海外SFに行ったりするんだけど
たまーに風呂に持ち込んで読むと相変わらず楽しいし
いつまでも心のふるさとであると思うぞ

「星新一ブーム」とかは逆にならないで欲しい気もする
アニメ化とかドラマ化されたらドウヨ…
悲劇的結末が待ってる気がするよ

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 13:36
>330
いや、あの・・・「世にも奇妙な物語」で星作品が結構ドラマ化されてるん
だけど・・・・

おーいでてこい とか ブルギさん とか 他いろいろ

332 :329:01/09/13 14:37
>>330
>長く密かに愛され続けると思うよ
そうあって欲しいと思っております!

>>331
>星作品が結構ドラマ化されてるんだけど・・・・
見た事ないんですけど、どうでした?

333 :330:01/09/13 14:49
あー、そういえば俺も心当たりが…スマソ

確かにいくつかはドラマ化可能なのもあるね
だけど、「星新一特集」と銘打って
片っ端からドラマ化されたらいやだ…

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/14 13:47
>>331
アニメなら、週間ストーリーランドで一時期やっていましたな。
ドラマはやってるって話は聞くんだけど。

>>333
同感。
星さんの作品は、あくまで小説じゃないと面白くないような気がする。
ドラマだと、「エヌ氏」とか使えないような気がするし。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/14 19:10
工房時代放送部だったんだけど、昼休みにラジオドラマ作って放送したなぁ。
「おーいでてこい」とか。それがきっかけで星読み始めたって人もいて嬉しかった。

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/14 21:17
題名は忘れたましたが、事情を知っている政府・軍の人間は皆指が震えて核ミサイルの
発射ボタンが押せず、何も知らない一般人を拉致して来て「何も聞かずに目の前のボタン
を押せ!!」・・・ショックでした。

337 : :01/09/14 21:54
>336
それ知らん。なんか星新一っぽくないよー。

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/14 23:39
>>336
いや、たしかあったよ。
ショートショートの中でもかなり短い話だったが。
題名はわからん。スマソ
「指」だか「指示」だとおもうが・・・。

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 00:05
最後のセリフ
「一発で世界戦争の引き金となる、核ミサイル発射装置のスイッチ。
事情の分かっている我々には、とても押せませんね、司令官閣下」

うわー、説明がわざとらしいぞー。
最後の一文で伏線を説明しようとするのは分かるんだけど
この言葉はわざとらしすぎて萎えました。

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 00:34
>339
星新一ってそういうわざとらしいセリフ多いけどな・・・

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 00:35
ショート・ショートは最後にあっと言わせるオチを持って
いかないといけないから。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 01:31
 星新一って長編も面白い夢魔の標的!!クルコが出てくるやつです。
亡くなってから本屋に並んでいる量が少なくなっている寂しい!!
世にも奇妙な物語の演出者で星譲一は息子って本当?

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 13:26
「つねならぬ話」の神話に1票
>342
星さんに息子はいないはず・・・。
娘さんはいますが。

長編といえば「ホラ男爵」どう?
私は好きなんだけど、結構意見が分かれる。

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 13:44
340>わざとらしいっていうか・・・どっかで狐狸庵が解説して
いたが、あれは洗練された説明文、らしい。

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 14:25
「ほら男爵」は大好き。特に「地下旅行」が好き。あまりに偽札作りが
楽しそうなので、うらやましくなったおぼえが。

長編だと「気まぐれ指数」も好き。
昔NHKの少年ドラマシリーズでやったそうだけど、見てみたいなあ。

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 15:18
345>地下旅行 同感! 気まぐれ指数見たけれどいまいちだった。

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 15:26
洗練された文章…なのか

いや!
星新一の文章にもあったが訳の分からないものに
「不条理の美」などとつけて大家に媚びるような真似はやめようYO!!
いかな星新一クラスの大家であっても、ね。

「ドングリ民話館」の最初のほうにある天地開闢シリーズ
正直、わけわかんない…どこが笑いどころなのか。

348 :ようこそ地球さん:01/09/15 17:04
なんともいえない味わいがあるタイトル。
ようこそっての読者への語りかけなのあなぁ。

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 18:12
どんぐり民話館は,不思議な味わいとしか言いようがないなあ

星さん,中期から晩年にかけて,落ちを付けなくなってなかったか
その代わり,ストーリーに膨らみがでてきたような気がする

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 18:17
>>339
でも,どうやって言い換える?
個人的にはそれ以上変えようもないのだが

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 00:52
2ちゃんがあればナンバークラブはいらない、
って話はガイシュツですか?

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 01:59
ああたしかに、パソコン通信っていうものが流行りだしたときに
ナンバークラブのことは思い出した記憶がある。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 02:10
はじめましてっ!
この度お勧めしたいのがこちら、大阪芸大の掲示板です。
次は20000人になります。
学生生活が良く分かります。
http://green.jbbs.net/computer/1045/daigei.html
なっちありがとうスレ作っておきましたよ!
ではどうぞ!

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 19:43
星新一って武道のたしなみがあるんですか?

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/18 14:55
>345
「気まぐれ指数」長編と知らずに読んで、1章読み終わって、この話しオチが
ないぞ、と思いながら次の章読んでやっと続きものだと気づいた。
話自体は最初の方はちょっとつまんなかったけど、あとからどんどん面白く
なった。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/18 15:38
モロ見え!
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hole/

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 01:31
星さん、作家になりたくてなった訳じゃないからなあ
何と言っても祖母が小金井喜美子、祖母の兄は鴎外だからな。
実業家兼代議士の息子とはいえ、この血筋なくして日本SF界の
天皇・星新一はあり得なかったのではなかろうか。
ちなみに星新一のいとこの鈴木俊平も小説家だね。
努力よりは才能じゃないかなとも思う
作家ってなるものじゃなくて、生まれてくるものなのかも知れないね

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 19:25
>357
先天性がどうかは、分らないけど、ある程度の年齢になったら作家に
なれる人、なれない人は決まっているのかもと思うことはある。

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 20:13
>>357
あの人の文章だけは、誰にも真似ができないような気がする...。

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/22 11:40
星さんの登場人物って
最初敬語で話していたのに、途中からタメ口になる人って多くない?
敬語とタメ口を聞く関係が逆になったり。

密かに「逆ギレキャラの星」とよんでいます。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/22 15:03
>>352
私はインターネットを始めた頃、「見物の人」を思い出しました。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 08:51
「友を失った夜」に一票。
地球最後の象が死んだ夜、その様子をTVで見ているお祖母さんと孫の物語。

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 01:07
獏ちゃん、助けて!

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 03:36
うーん、質問でゴメンナサイ。
確か、
「犯罪者の犯罪をドラマで流して、見てる人の投票で処刑するか決める」
って話ありましたよね?
もちろん、オチがあるんだけど。。。

小松さんとか筒井さんの作品と同時に星さんの作品を読んでたので
誰のだったか思い出せないし、作品名も思い出せない・・・

最近、2chのテレビ番組板で、それがTVドラマ(?)になってたって知って
「ああ、オチ知らないとそりゃ、恐怖だわ」
とか思ってたんですけれど…

誰か、おしえてくださいっ!!
実家に本を置いてきちゃったから、確かめようもなく。。。

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 05:24
>>359
技巧的じゃないし、ある意味不自然な台詞まわしも多いんだよな。
それでじぶんでもこれなら書けると思わされたりもしたんだが・・・

透明で、無機質ともいえる(特に初期の頃)あの文章はやっぱり
星新一だけのものだ。

366 :1:01/09/26 05:34
その画像ならココ
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact14/

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 23:36
「骨」かな・・・・。

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 19:44
「お待ちください」

日本の縦割り行政の弊害を皮肉った作品だと思う。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/05 11:57
既出だけど、「処刑」いいよね!
まるで自分が砂漠の星にいったような気がしたもんだ。

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/05 14:30
「乾燥時代」ボンボンと悪夢より 未来って寂しそうだなぁと思ったよ

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/05 15:42
作者違うかもしれないけど、従順な社員のふりでスパイとして入社したはずが、
『まだまだ正体は出せない』と優秀な社員となってしまって…っていう話が
思い出せないのですが。
誰か知りませんか?

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/05 17:44
「処刑」は
のどがカラカラの時に
コップに水をいっぱいだけ入れて
それをちびりちびり飲みながら読むと
臨場感が倍になるんだよ

リンゴかじりながら宝島読むのと同じ。

373 : :01/10/06 19:32
「あとがき」結構好きなだけど、ここでは出てないね

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/06 20:25
>>371
「雄大な計画」だと思うよ。

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/14 03:33


376 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/14 21:54
>>373
あとがき(・∀・)イイ!!
以外なオチ

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 13:59
「処刑」のカプセル溶かした水ってどんな味だろう?ドキドキ

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 16:31
ここに何人かの人が出しているが「白い服の男」
今の「言葉狩り」の実態をあらわしている気がする。

「流行の鞄」もいいかもしれない。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/17 04:22
みんな1001の本が家にあるの?
買った人すごいと思う

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/17 09:34
>>379
3000円は安いよなっと思って買いに行ったら
一桁ちがったのでビックリしたよ
そりゃそうだよなとおもいつつ買ってみた

381 :あとがきは:01/10/17 10:54
よくああいう発想ができたなぁ、と感心する。

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/17 11:21
「好奇心」という話も(・∀・)<面白いぞ!!

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/18 21:04
>>382
どんな話?
記憶にない・・・。

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/20 22:07
あげ

385 :いやぁ..:01/10/20 22:21
20年振りに、また読もう!と思いましたよぉ。
いいスレだ..
>>25
激しく同意ですよ。

皆さん!気長に行きましょう!!

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/22 17:35
どんな題名を聞いても内容がすぐわかる(逆も)人っているのかなぁ。
このスレ見ているといかに作品数が多いか実感できるね。
題名だけ、内容だけでは思い出せない。
内容から題名がわかるような何かがあると便利。
CD-ROMで出たら検索機能を(付けられるか知らんが)つけてほしい。

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/23 02:26
>>362
あの話はシブかった。星新一はこんな話も書けるのかと思いましたよ。

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/23 02:55
女の子が十字架を買う話もいいぞ!
ようこそ地球さんに収録してた。タイトル失念。

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/23 10:05
↑小さな十字架
 「セキストラ」でデビュー前の作品

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/23 22:49
月の光

愛って激しく悲しいとはじめて感じた自分は、まだ小学生だった…。
(女の子をペットとして飼ってる話です。主人の死とともに
何も食べずに、女の子は死んでいく話)

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/23 23:07
>390
よくよく考えるとやべー話なんだよな

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/23 23:43
「凍った時間」が好きです。
誰にも知られない英雄になったムントのお話。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/23 23:53
やばくないよ!
あいなんだよ!
たった一つ真実の行為なんだよ だからさ!!!

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/24 00:13
午後の恐竜
なんて綺麗なんだろうと震えた。
こんな風に世界が終わればいいなと、今でも思ってる。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/24 00:41
キューピッド(@おみそれ社会)

恋をこういうふうに抽出して、あの切ないラストにもっていくのは
やっぱりすごい。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/24 01:29
がいしゅつだけど「声の網」。

ショートショートを連作にした長編。
1話ずつの完成度も素晴らしいが、総じて読んだ後の読後感はかなり強烈だった。

自分が本格的にハマるきっかけになった作品です。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/24 01:42
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sf&key=990754808

このスレもよろしく

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/24 10:08
最近星さんの本を読むようになりました。
ここのスレは次読むときの参考になっていいです。
私の好きなショートショートは「愛の鍵」です。
星さんのことをいろいろ知りたいのですが、
公式ホームページって無いのでしょうか?

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/24 17:23
神様を作ろう!
ってことで科学者たちがスーパーコンピューターに
世界中から集めた文献にある神に関するデータを打ち込んでいったら
コンピュータ自身がかすかに光を放ちだして・・・・・

っていうのがなんか好きだった。

400 :協力しよう!:01/10/24 17:50
くそガキ共の情報お待ちしております。
世間を震撼させた事件の犯人を実名で公開しております。
http://topia.yam.com/home/aoiryuyu/pages/index.html

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/25 17:26
漏れが中学の時,教科書で
「底なしの沼」っていう宇宙人との戦争の話が
載っていた。
それ読んでから好きになったよ。

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 06:38
なんかすごく印象に残っている短編なんですけど、
「赤い椅子」がでてくるんです。
「赤い椅子だけが残った」・・・とかいう感じだったっけ?
題名とかわかる人がいたら教えてください。

403 :S43生まれ:01/10/26 09:38
国語の教科書にでていた「お〜い、でてこい」
なんだかゾクッとした覚えがあります。
親に黙ってこっそり捨てた酷い点数のテストがいつか空から
ふってくるんじゃないかと...。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 10:11
>>402
だれかさんの悪夢収録の「歳月」ではないですか。
ラストは「あの椅子が赤かったことも」みたいな感じの。

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 11:45
>>401
些細なことから全面戦争になる話でしたっけ?
ゴミ捨てたとか。

なんか、あの話を、今のアフガンに対する攻撃を見てて思います。
あの話の通りにならなければよいのだけど。

406 :402:01/10/26 15:53
そうそう!
「あの椅子が赤かったことも」というような感じでした。
404さん感謝。長年の謎がとけました。

407 :too:01/10/27 13:58
「歳月」わたしも好きです。1ページのお話なのに人生の儚さ、空しさ
を感じさせる佳品ですよね

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 14:15
あぁ、あの話かぁ
1ページのやつだと、犬の夢を見るってのなかったっけな?
2ページだったっけ?

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 17:15
「たそがれ」に一票。

悲しさとも、空しさとも違った味わいが良。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/29 10:09
>>398
公式ホームページはないだろう。
非公式ならいくつかあるが。いわゆるファンサイト。
・天上所有的星 http://www.f3.dion.ne.jp/~kujyou/
・星新一のにぎやかな部屋 http://kyoto.cool.ne.jp/hayabi/hosi.html
・星新一ひみつ倶楽部 http://village.infoweb.ne.jp/~fwjb0256/
・星の輝き http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/5344/

「なんでもない」に1票。なんとも妙な話やった。

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/29 15:27
>>410
「なんでもない」を世にも奇妙な物語あたりでやってほしい。

412 :特殊警察機構:01/10/31 03:45
既出でスマソだが「白い服を着た男」
最近のテロや空爆をニュースで見るとマジ鬱になる。
極端だけど上記のような世界になってもいいかなと、思ってします。
人類平和マンセー

413 :とと:01/10/31 14:12
「パパ遊ぼうよ!『セ』をやって遊ぼうよ!」

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/31 14:12
「ノックの音が」が好きだけど、これは短編集に入れるわけには(^^;

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/31 14:40
『セ』って始め、セックスかと思ったよ。

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/31 18:45
1.未来イソップに載ってた「サンタクロースがたらい回しにされる話」
2.愛の鍵、ほろっとくる恋愛短編
3.地球の戦争を見かねた宇宙人が宇宙怪物地球に贈る話。地球人は戦争を
  やめ、一致団結して怪獣を倒す。地球人同士で争っている場合じゃない・・・
  結果戦火は途絶える。・・・でも宇宙怪獣の本当の招待は・・・

  3は現代の世界にふさわしい話な気がします。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/31 18:58
どなたか教えてください。何に載っている何という話ですか?
お願いいたします。ずっとさがしています。

1.地球を滅ぼしに宇宙人がやってきます。しかし、事前の調査報告
  とは違い、地球人はおおらかで争いを好まない人種と判明。こん
  な人種の星を滅ぼすなんてとんでもないと宇宙人は退却。
  そのころ地球で行われていた会話「神様なんているのかな?」
  「いるさ、今もどこかで俺たちを守ってくれているにちがいない」
  クリスマスイブ、人々は幸せな笑顔をたたえていました。

2.その時代は電話代がただ。理由は会話中に企業の広告が流れるため。
  その電話回線を使っての債務者と債権者の会話。「あんたが払わな
  いつもりなら・・・」とかのセリフ中に銃の広告が流れたりする話。

 よろしくお願いいたします。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/31 21:50
>>417
1は新潮文庫「宇宙のあいさつ」に収録されている「危機」。

ちょうど今日、読みました。

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/31 22:46
>417
2は、「無料の電話機」@盗賊会社

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 05:19
「夏の女」を読むとどうしても某世紀末救世主伝説を思い出してしまいます。

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/02 12:05
>>413
ああ、逮捕決定だ……(笑)

でも、白い服の男の世界だと、
大戦略とか遊べなくなるのか。ううむ。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/02 17:11
418さん
419さん

本当にありがとうございました。胸のつっかえがとれました!

423 :匿名希望さん:01/11/04 02:53
星ってSF小説のサザエさんだと思うよ。面白いけど印象に残らない。

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/05 12:29
「おーいでてこい」って未だによくわからない話なんですが・・・。
誰か読み解いてください。

425 :403:01/11/05 12:38
>>424
自分にとって都合の悪い物は、そう簡単に消すことはできない。
いつかは戻ってくる(身にふりかかる)ってことかな?

426 :とと:01/11/05 21:16
白い服の男って昔外国でドラマ化されたらしい
んだけど「セ」をどう表現したか気になる
英語圏なら「W」か?

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/05 22:30
「拳銃」「金庫」ぐらいしか覚えてないけど、
”デラックスな〜”シリーズが好きだな。
決して傑作!って訳じゃないけど、何故か好きなんです、
「デラックス」って響きが。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/09 23:27
「7人のナナ」というアニメが、アニメ化にさきがけて、少年
チャンピオン誌上で新連載。1回目を読んでみての印象。
「星さんの、”常識”という作品みたい」

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/10 00:45
ドッペルゲンガーのやつだっけ?

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/10 02:01
あげ

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 03:59
>>412(に限らず『白い服の男』を挙げた皆さん)
結構話題に上ってますね。この話は。
僕にとって、今でも最も「深い」話です。感想が
うまくまとまりません。
無闇な言葉狩りへの皮肉と捉えられる面も確かにあるし、
一方でラストの主人公の台詞は、戦争の本当の悲惨さに対する
心底からの嫌悪が感じられます。
「それだけ悲惨な経験すりゃぁ、極端な発想も生まれるわなあ」
って感じかな。ある意味戦後日本を象徴してると言えるかも。

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 10:07
>>424
403氏の指摘を、後に続く恐怖をあっさりと表現する手法で料理しているのがよい。

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/12 01:58
『白い服への男』のラストは,不健康なものを感じたけどね
なんだかサディスティックな物をね.権力に酔ってると言うか

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/12 18:26
それはそうだろう。
焚書・言論統制っていうものの不健康さを描いているんだから。

435 :JAWS:01/11/13 22:59
現在中学二年の「JAWS」と申します。
星新一の本は未だ15冊程度しか読んでいないのですが、
その中でベスト短編集を作るとしたら・・。

すばらしい食事/交代制/夜の声/おみやげを持って/現在
塔/コビト/調査/華やかな部屋/特殊大量殺人機
そして、題名がわからなかったので載せなかったのですが、宇宙で遭難し、
灰色の他なんの色もないような星で救助を待つ事になった男が、星で女と対話を
するような話。あれは、非常に怖くて凄かった!
さて、上にあげた11本の中で特に好きなのは、上段の5話です。
「すばらしい食事」は意外な展開の連続で本当に面白いし、
「交代制」は腹がよじれるまで笑った話。
 後の3本は怖い。
また、本の中で1番好きなのは「ノックの音が」です。15話が全部面白かった。

・・・僕には未だ「妖精配給会社」「マイ国家」「鍵」あたりの、皆様の評判が
良い話の良さが、まだ分かりません・・・。
どうぞ、僕の事をガキだと笑ってください・・・。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 23:33
>435
「妖精配給会社」も「鍵」も君から見たら(書きこみの内容じゃなくて
あんまり相手の立場で批評するのは匿名掲示板でよくないことだが)
「なんだこいつ?こんな人間にはなりたくねぇな!」って思うのが
まず邪魔してるんじゃないかな。

あと「ようこそ地球さん」の「処刑地」と「殉教」もいいぞ!

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/15 19:52
あげ 

438 :JAWS:01/11/15 20:32
「奇病」という話、知っている人います?
皆様の感想を聞かせてください

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/20 10:23
例によって名前は忘れたが、全国民を調査して擬似的に平均的人間をコンピューターで作らせ、
人々がそいつと会話して自分が平均より上か下か知ることができる機械がでてくる話し。
落ちはイマイチだったけど自分の劣等感、優越感を見透かされたようで印象に残った。

ところで「奇病」ってどんな話しだったけ?

440 :  :01/11/20 10:48
マイ国家
ボッコちゃん
あと・・・多すぎて検討つかん
でも★先生のSSって後半の作品ほどオチにひねりが利いてない

441 :JAWS:01/11/20 22:12
「奇病」というのは「未来いそっぷ」の中に掲載されている、笑いが止まらなくなる病気の話。

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/20 23:06
純粋に好きなのは『なりそこない王子』かな?
他にも色々あったけど題名が出てこない・・・

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/20 23:57
>>440
そのかわり,後半の作品ほどストーリーに膨らみが出てくる
それはそれで好き.

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 00:21
「うふふ」ってやつだっけ?>奇病
だったら、あのすさまじいまでのアホらしさが好き。
あと、俺も中学のころ「交代制」が、なんか異様に好きだったなあ。
笑うというより、なんだか憧れてしまったのだが。

後期の作品では「自信」とか「地球から来た男」とか、狂気じみた
不条理な話が、なんだか鬼気せまる感じがして印象強い。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 04:25
メロンライスにガムライス
メロンライスにガムライス

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 09:52
突然見知らぬ男に「あと40日」って言われたらどうします?
「あと40日」は単純な感じですが好きです。

>>445
「あなたはどちらが好きですか?」

447 :446:01/11/21 09:58
「あと50日」の間違いだった

448 :445:01/11/21 10:03
>>446
私はやっぱりガムライスですね。

作品だと長編だけど「夢魔の標的」が好き。
あと、病院で氏にかけている女性に縁が無かった3人が
氏んだら良いトコ--ハンサムな顔、逞しい上半身、もう1つは
テクニシャンな下半身だったかな?--を繋ぎ合わせて1人の
人間にしてもらって女性にモテようって話も結構好き。

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 11:24
「おーい、でてこーい」

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/23 00:22
>>221
「壁の穴」。これと「生活維持省」の主人公の雰囲気が好きです。

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 06:30
タイトル忘れたんですが、
青年が朝起きたら年をとった自分になってて、1日だけ生活をして次の日には
また元に戻って、やがて年をとっていき、今度は若い頃に1日だけ戻れる、と
いうようなお話。
こんなことがあればいいなと思う反面、実際そうなってもこの主人公みたいに
何をしたものか迷うことになりそうだなー。とか思った。
「この貴重きわまる時間は容赦なく流れていく」というのが印象的。

452 :竹取物語:01/11/26 08:57
性格には、現代語意訳だけど「竹取物語」が好き。
でも、SS群もすきだけど、エッセイ集のほうが私はもっと好き
かな。
星さんのエッセイのお陰で、物事を多面的に考えるっていうコトを
教わったと思う。

453 :名無しさん@Vim%Chalice:01/11/28 04:59
おぉ! こんなスレがあったとは!

>>448
私も"夢魔の標的"にも一票

>>10 (かな?)
極めて遅いレスですが、"何もしない機械"の話ですよね? 題はよく覚えていません. スマソ.

星さんのはどれも好きだけれど、"人民は弱し、官吏は強し"(せつないけど)や、三冊組の
外国の漫画について書いてある本なんかも非常に好きです.

(と書いている内に読みたくなったので今日買ってこよう...)

454 :名無しさん@Vim%Chalice:01/11/28 05:03
う、ごめんなさい. スレの主旨とちょっと違ってた.
逝ってきます...

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/03 00:03
俺が★作品で最初に感動したのは(中1くらいかな)、
「悪人と善良な市民」。市民がいつ殺されてしまうかと、
ハラハラしながら読んだものだ。裏の裏をかいた結末がなんとも。
あと最後の文の「銃声。」には衝撃を受けた。
しばらく黙り込んだあと、おもしれ〜っと叫んじゃったよ。
で、結局好きなのは「処刑」「おーい でてこーい」
「四で割って」「ふーん現象」「甘口の酒」「才能」「なるほど」
「爆発」「成熟」「いいわけ幸兵衛」「死にたがる男」「マイ国家」
「陰謀団ミダス」「骨」「味覚」「カード」「支出と収入」
あと思い出せない作品。
最初は楽しく会話していて、いつからここにいたかわからなかったので、
ここはどこで、僕はいつからここに居たのですか?外に出してください
みたいなことを聞くと、やめておいた方がいいと言われるが無視して、
外に出るとそれが夢とわかって、結局どんどん夢が覚めていき、最後は
刑務所か何かに入ってたって話。なんだろう?

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/03 00:14
あと、好きなのは、ガムライスの話と、
噛まれると、その噛んだ人物になってしまう男の話。
あと、意味のない機械で核戦争後レクイエムを奏でる話。

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/03 00:44
がいしゅつかもしれないけど、宣伝担当者が商品の不出来に責任を感じて自殺
するというのがあったな。ただ商品はヒトラーで、担当者がゲッベルスだったけど。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/12/03 01:54
選べれない。いくら考えても選べれない。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/04 09:26
エッセーに載っていた作品で、
ヒトラーの声が入ったテープが見つかり
世界大戦は演劇だった、
という話がすき。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 14:13
>>457
進化した猿かなんかで、
メーカーである神様は商品である人間の責任はとらないのか
みたいなことをいってたね。

関係ないけど、なんとなく思い出したので

461 :JAWS:01/12/07 22:16
誰か、教えてください。「ようこそ地球さん」の最後のほうに収録されている
「食事前の授業」という話のオチの意味を!!!!

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 23:45
>>461
いや、フツーに人類は地球にとってカビみたいなものだ・・・ってことでしょう。
星さんの作品ではそういうテーゼのものが結構ありますよね。

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 11:29
「うふふ」は、あの下らなさ、というアホらしさかなぁ。
酷い病気もあったもんだと思った。

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/10 21:19
>>250
コンピューターのおかしな指示が実は正しかったというオチは意外性があったよね。
俺がすきなのは、美男の宇宙人がやってきて、女たちをその魅力ですべて連れ去る、
とみせかけて、実は女たちをすべて捨てて、という話。思いっきり笑えました。

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/14 09:33
>>32,>>35
文部省、というか国語の教科書の最大の功績は
僕に星新一、繁栄の花を読ませたことです。(s54生まれ)
国語に出てくる物語は記憶に残る作品が多く「あの山を越えれば海が見える」とか
武満徹のエッセイとか「野火」などなど。
「宇宙のあいさつ」の繁栄の花は宇宙船の挿絵だけでしたが教科書では確か、
メール星人の全身カットありませんでしたっけ?
アニメコジコジの太郎君のようなやつで手には花を持ってたと思います。
今のところ宇宙のあいさつとボッコちゃんの2冊しか買ってませんが
鍵と処刑は読んでみたくなりましたね。
まだ読んでる途中ですが、小さくて大きな事故とボッコちゃん、殺し屋ですのよが
最高でおもしろいです。
「殺し屋ですのよ」の金の稼ぎ方は今でも実行可能ではないでしょうか?
「ボッコちゃん」読後感は森博嗣に通ずるものを感じたのは僕だけですか。
いつもオチを予想してるんですが全敗でっす。正直、全然及びもしません。
SF界の一新星というのがよく似合う男。
いい作品をありがとう、と彼に送りたい。天国に電話線が引ければね。

466 :( ´_ゝ`):01/12/14 11:37
フーン現象

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                        
  ( ´_ゝ`)< ふーん                         
  (    )  \_____                        
  | | |                        
  (__)_) 

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/23 13:20
>天国に電話線が引ければね。
っていうのに妙にじーんときてしまった。
「殉教」で出てきた技術者タイプの男に
霊界にいる死者と通信が出来る機械でも作ってもらいますか。

468 :age:01/12/24 02:26
あげませう。

469 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/12/24 20:47
やれやれ。メロンライスにガムライス・・・。

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/24 22:47
クリスマスイブにちなんで、がいしゅつだけど3篇。
「危機」(地球人を滅ぼしにきた宇宙人の話)
「クリスマスイブの出来事」(サンタクロースがたらいまわしにされる話)
「小さな十字架」(異国で作られた十字架の話)

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/24 22:48
小さな十字架
泣ける

472 :ふーんage。:01/12/25 02:24
ふーん。

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/25 06:25
いきなりですが最近、とみに年齢による体力の低下、その他を
感じるようになりまして……TVで健康関係の番組をやると
必ず見てしまうのですが、結局は規則正しい生活と運動と食事に尽きると
いうことばかりなんですわ
で、はっと思い出したんですけど星新一にこーゆー話があったな〜と
長寿の星があってその秘密を探って行き、やっと秘密が分かったら!
とゆうものでした
子供の頃はフツーに読んでたんですけど
今になるとこう、どーっと実感が…
すいません年寄り臭くて

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/25 13:19
モナー板より。
http://piza2.2ch.net/test/read.cgi/mona/1008832193/135-155

星新一にリスペクト!

475 :とも ◆SWdejH02 :01/12/25 14:31
「鍵」もうこれは誰もが認めるであろう傑作。個人的に大好きな作品だったのだが
何年か前に大多数の支持を受けていることに不思議な気持ちがした。結構地味な作品
なのだが、感ずるところは皆同じなのだな。

「生活維持省」美しい世界の闇の部分を哀調を秘めて描いた…などと書くと吉行淳之介
のような言い回しだな。でも名作。泣ける、と言うか俺は泣いた。

「流行」(だっけ?)声をかけた相手が、次々とポケットから円盤を取り出して
乗っていき、最後には…というアレ。うまく言えんが、星新一という人は事象の
エッセンスだけを取り出して料理するというやり方がうまいやね。物事の道理と
いうのをよく分かっていたひとだったとつくづく思う。

476 :名無しは弱し官吏は強し:01/12/27 06:38
>>465
蛇足的突っ込みですいませんが、一新星っていうのは星が死ぬ時の
状態なので、星さんはそういわれるのを複雑に思ってたみたいですよ。
エッセイにそんなのがありましたし。「あるいは、その逆なのだから(星新一)
喜ぶべきなのか」ってね。

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 03:44
今日は星先生の命日です。97年の今日、星さんはお亡くなりになりました。

478 :N氏:01/12/31 02:45
黙祷!

479 :とも ◆SWdejH02 :01/12/31 06:16
>>477
もう4年も経つのか。あのひととアシモフだけは永遠に死なないような気がして
いたんだが…。多分今後何十年もかけて評価され続けて、見直され続けるひと
なのであろうな。星新一は中学で卒業なんつってる大人の方に是非読んでもらい
たいね。一日遅れですが合掌。

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/31 14:35
星新一の才能を正当に評価できない日本文壇逝ってよし!!

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 03:13
おいおい、今年初ageか?

それにしても4年か・・・星作品がいつまでも色あせぬ事を願ってage!!

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 05:34
ハヤカワから出た例の「SF入門」の、作家が選ぶベスト作品。
国内ベスト10に「おーい、でてこーい」が入ってた。
代表作だし、まあ妥当なのかな。
個人的にはむしろ、さりげなく30位に「午後の恐竜」が入ってるのが、
すごい嬉しかった。

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 23:51
たぶん忘れてる人が多いと思うけど「小さな社会」ってのが好きだった。
リアル厨房のころに読んだ時はピンと来なかったけど、今ならあの意味がいやってほどわかる。
俺もあんな車が欲しいな……。

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/13 18:53
「夜の迷路」「明日は休日」がよい。

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/16 08:28
ちょっとスレの趣旨から外れるが、今日発売の月刊雑誌「サライ」で、
星一特集が組まれるという。いうまでもなく、星一とは、星新一の父。
読んでみよう。

486 :485:02/01/16 17:57
月刊ではなく月2回刊だった。スマソ。
読んでみて、星薬科大学に一度行ってみたくなったよ。

487 : :02/01/16 20:37
このスレ読んで、すごく懐かしい気分になったよ。
たぶんまだ挙げられていないもので、他に私が覚えている面白かった話は、

1.その場限りの正義感で人助けにかかわっていくが、いつも途中で次の人助けにのめり込み、
前の人との約束は全部忘れてしまう人が、最後に「俺は異常なのかも」と不安になって病院にいき、
医者から「現代では、あなたのような人は正常です」といわれる話。

2.シンデレラの結婚後の話。

488 :DQN教員:02/01/19 01:42
中学1年のとき、
『地球から来た男』で星新一を知り、
『ボッコちゃん』ではまり、
なけなしの小遣いを握り締めて古本屋に通った。

そんな俺も今では国語の教員として、
「友情の杯」を教える立場に。

あれって、洋酒の中に毒が入っていたのかな?
授業で聞いてみたら半分に分かれたんだけど。

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/19 04:48
それは、永遠の謎ですよね。

昔読んだときには、あの看護婦さんに感情移入したのだが
いまでは彼のほうに感情移入するようになっちゃってる。
歳とったな。

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/19 11:15
>>488
>>489
言われて思い出したけど、あれもすごく良くできていた話だと思う。
確かに怖いですよね。あれに毒が入っているかどうかを調べるのは……。


ところで、
>>488さんみたいに、学校で聞いてみるってのは(・∀・)イイ!アイディアですよね。
「○○さんはどう思いましたか?」とかいうセンターの国語の試験のようなものよりも、
こういうやつのほうが国語の勉強としてはとてもいいと思います。

そういう授業、受けてみたかったなあ。


491 :488:02/01/19 12:40
複数のクラスで聞いたんだけど、
どのクラスもだいたい半分に分かれました。
参考までに生徒の意見を。
毒無し派
 ・作者の顔がやさしそうだから。
 ・殺すつもりなら犯人が自分だと言う証拠が残らないように
  もっと工夫すると思う。
 ・あの酒はただ祝うためだけでなく、老人が「この酒には毒が入っているんじゃないか」
  と悩んで苦しむのを予測して仕返ししたっぽい。
毒有り派
 ・すべてを水に流そうといって、立ち直りが早すぎる。
  そして、お祝いのお酒なら「乾杯!」って一緒に飲めよ!って思った。
 ・毒というものの有無にしばられ、生涯続けてきた友情なら
 「毒」というモノは存在したのではないですか?
授業では毒の有無についての結論は出さず、
「小説っていうのは読む人によっていろんな捉え方ができるんだよ。」
っていうふうにしめました。
テスト前で時間がなかったので、あまり深くつっこめませんでした。
討論とかもさせたかったのに…。

492 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/01/21 13:11
老人は大きな薬品会社の社長です。まずこれが伏線になっていますね。
ということは優秀な頭脳の持ち主である友人は検出されない毒を入れることが可能だったのではないでしょうか?
おそらくこの世で優秀な頭脳の持ち主である二人−その社長と友人−だけしか検出できない毒。
だから、彼(友人)は、老人が毒入りのワインを飲んで死んでしまえば、毒を検出できる人は自分だけになるから、完全犯罪は可能だと考えます。

ところが、この小説に限っては、星氏の考えではもう一ひねりあるのではないかと思います。

私は実は毒は入っていなかったのではないかと考えます。

冒頭あたりに創立者は友人の方を買っていた、とあります。つまりその友人の方が優秀だったわけです。それはたぶん能力的にも人間的にも。
そのような人が出世争いに敗れたからといって、安直に毒殺しようなどと考えるでしょうか?
つまり老人は最期の時に、毒が入っていない恐らくすばらしい味だったであろうワインにショックを受けたのでしょう。
また、自分が今まで友人を疑いの目で見ていたことに耐えがたい自己嫌悪の念を抱いて亡くなったのではないかと思います。
友人の態度が急に変わったというのが変という見方もありますが、「君子豹変す」、ということわざにもあるとおり、
その友人はすぐにショックから立ち直り、すっぱりと将来の社長を盛り立てる決心を固めたのでしょう。
それに対し、いつまでもライバル、または恋敵と、こだわり続けていた老人のほうが恥ずべき人間だったわけです。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/21 17:32
冬眠中なので何の進歩もしてません。

494 :488:02/01/21 22:12
492さんのような意見も出ましたよ。
短いものをピックアップして載せたものですから、単純なのばっかりで…。
確かにそういう考えもありですが、いろいろと考えられますよね。
読者に与えられた誤読の自由とでもいうのでしょうか?
毒入り、毒無しどちらで読んでも構わないですよ、っていう感じで。
それによって読者の性格がわかるんじゃないかなんてことも考えました。
芥川の「藪の中」みたいな話ですね。

星氏はどう考えていたんでしょうね?

495 :最後の一行:02/01/22 01:40
星新一、なつかしいいいい・・・
概出だったら申し訳ありませんが、これだけ覚えてます。

・地球に来た宇宙人が(多分)日本人とコンタクトを取ります。
 言語を解読したものは「友好的だ」と判断するのですが、心の中を解読したものは「攻撃的だ」
 と言い出します。結果、分からない奴らだと、星へ帰っていきます。(高校で習った作品)

・とある男が、ロボットに「自分の財産」や「個人情報」等を管理させるのですが、聞かれるだけで
 ホイホイ(秘密を)喋っちゃったりミスだらけ。その都度、改良を加えるウチにバカデカイ頭部の
 ロボットになってしまいます。ラストは、そのロボットが(頭デカイ故に)転んだ際に、男の指を
 下敷きにして潰してしまい、指紋が絶対条件のセキュリティーが溶けなくなってしまうオチが・・・

・宇宙人が地球を調査するのですが、「私は便利な召使いを使っている」と言う者の話を聞いて
 「地球人には付け入る隙がない」と侵略を諦めて帰ってしまいます。でも、その調査サンプルは
 一匹の飼い猫だったのです。

・ものぐさなライターが、ファクシミリ等の(当時の)ハイテク機器を駆使して、家から一歩も出ず
 して生活してみせる話。(近未来予想?)

・男の家に見知らぬ女が突然やってきます。女は凄い積極的で(名前も名乗らないうちから)
 自分からシャワーを浴び、男のベットに入ります。男は「?」となるのですが、実は、男は夫婦
 喧嘩の際に記憶をなくしていたのです。女は男の女房でした。

・上半身が女の人魚と下半身が女の人魚とどっちがいい?って話(これは自信ないです)

・死体バンザイ

・ミドンさん


やっぱり、私も全然タイトル覚えてなかったです。

星さんって晩年に、「自作を全部、今の時代に合わせて書き換えた。」と、テレ朝の番組で聞いて
少し複雑でした。長レス、すいませんでした。どうも。






496 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/22 01:47
>>494
星さんも、あえてぼかしておいて、特に結末は決めていなかったんではないでしょうか?
あの話はそのほうが重みありますし……。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/22 06:46
>ものぐさなライターが、ファクシミリ等の(当時の)ハイテク機器を駆使して、家から一歩も出ず
>して生活してみせる話。(近未来予想?)
 これって「ものぐさ太郎」とはちがいますか。
 でも、それだとライターじゃないし、ファクシミリも出てこないし、違うかなぁ。
 

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/22 10:28
>>497
多分それだと思いますが(495さんじゃないですが)、
アレは電話でしたっけ?

今ではホント実現可能なところがまたおそろしや(笑)。

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/23 22:04
あげ

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/23 23:16
500!

501 :(;´Д`)ハァハァ:02/01/25 16:18
>495
とりあえず、自分なりの推測を書いてみるれす。

>・地球に来た宇宙人が(多分)日本人とコンタクトを取ります。
>言語を解読したものは「友好的だ」と判断するのですが、心の中を解読したものは「攻撃的だ」
>と言い出します。結果、分からない奴らだと、星へ帰っていきます。(高校で習った作品)
「ようこそ地球さん」の「友好使節」だと思うれす。

>・とある男が、ロボットに「自分の財産」や「個人情報」等を管理させるのですが、聞かれるだけで
>ホイホイ(秘密を)喋っちゃったりミスだらけ。その都度、改良を加えるウチにバカデカイ頭部の
>ロボットになってしまいます。ラストは、そのロボットが(頭デカイ故に)転んだ際に、男の指を
>下敷きにして潰してしまい、指紋が絶対条件のセキュリティーが溶けなくなってしまうオチが・・・
「未来いそっぷ」の「頭の大きなロボット」ではないかと。

>・宇宙人が地球を調査するのですが、「私は便利な召使いを使っている」と言う者の話を聞いて
>「地球人には付け入る隙がない」と侵略を諦めて帰ってしまいます。でも、その調査サンプルは
>一匹の飼い猫だったのです。
「未来いそっぷ」の「ふしぎなネコ」れすね。

>男の家に見知らぬ女が突然やってきます。女は凄い積極的で(名前も名乗らないうちから)
>自分からシャワーを浴び、男のベットに入ります。男は「?」となるのですが、実は、男は夫婦
>喧嘩の際に記憶をなくしていたのです。女は男の女房でした。
「ノックの音が」の「謎の女」というはなしではないかと。

>上半身が女の人魚と下半身が女の人魚とどっちがいい?って話(これは自信ないです)
「ほら男爵現代の冒険」の「海へ」の中に出てくる一挿話だったような気がするれす。

記憶をあてに書いてるので、間違ってても気にしないでくださいれす。

502 :495:02/01/25 23:24
ありがとうございます。凄いです、ハァハァ氏。なんか、全部当たってそうな気?がします。
でもなんか、ホッシークイズみたいですね。どうも。

503 :495:02/01/25 23:34
>>497>>498氏。思い出しました、すいません。
「ものぐさ太郎」を、ライターとかファクシミリと勘違いしたのは、大昔、小松左京さんの「さよなら
ジュピター」って映画の舞台挨拶で、小松さんが、そう言う生活をしていると聞いたからでした。
そのとき、「星新一のショートショートみたいな人」だなあと、思ったからでした。 どうも。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 05:45
>501
> 「未来いそっぷ」の「ふしぎなネコ」れすね。
 これは、しゃべる錠剤のはなしです。

 495のは「きまぐれロボット」の「ネコ」じゃないかな。

505 :488:02/01/28 23:29
星新一スレなんだから
1000まで伸ばそうよ。

で、「妄想銀行」「味ラジオ」なんかどうでしょう?
結構好きです。

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/29 00:34
>>505
「味ラジオ」って、ラジオの電波がとぎれたとき皆が一斉に空を見つめる
シーンなかったっけ?妙にリアルでどきっとした覚えあり。

507 :(;´Д`)ハァハァ:02/01/29 00:51
>>504
宇宙人撃退モノってことで勘違いしていたれす。
失礼したれす。

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/29 04:49
>>505
 1001編目はシエラザード姫にってわけにはいかないのね。
 
 ケータイのアンテナが立たなくてなんか不安な気持ちになったときに
味ラジオのことを思い出します。

509 :495:02/01/29 05:41
ハァハァ様・504様、フォローレスありがとう御座います。どうも。

510 :488=505:02/01/29 21:36
>506
そうそう。そういうシーンありました。

>508
1001編目(にあたる作品)は星さんも複数の出版社に渡して、
これが1001編目って特定の出版社が言えないようにしていました。
というわけで、このスレも1000までしか書けないのです。

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/30 01:36
タイトル忘れたけど、お役所の審査で訪問したら、すごろくのようにあちこち
たらい回しされて・・っていうのが結構秀逸だったよ。タイトルなんだったかなあ・・

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/30 02:25
第一部第一課長@ひとにぎりの未来
です。

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 23:15
「処刑」は、ちょうどそのころ読んでたレイ=ブラッドベリの作品かと思い込んでて
ついこないだ、友だちに知ったかぶりしてあらすじ話してました。

なんとなく、懺悔の気持ちからの書き込みです。


514 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/05 20:13
「ボッコちゃん」の中の『生活維持省』は名作だと思う。それとはまったく違う系統
だけど「ちぐはぐな部品」の中の『ネチラタ事件』も面白かったな・・・すごく笑え
た記憶があります。


515 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/06 23:18
”ブランコの向こうで”の中の一編、「道」って話が良い。
国語の教科書に載せても良いぐらい(対象年齢10歳〜14歳ぐらい?)
おじいさんが最終的に作った”道の窪みを埋める石”ってのは最初に石の中から
彫り出そうとしてできなかった”完全な世界”の破片だよな〜と最近改めて
気付いた。

後、壁とか障子とかに空けた穴から異世界が覗ける不思議なナイフの話も
結構好きなんだけどあれって何の本にのってたかなあ。


516 :(;´Д`)ハァハァ:02/02/07 05:51
>>515
ちぐはぐな部品収録の壁の穴ではないかと思うのれす。
最後に開けた穴からなにが見えたのか、読んだ時から気になっているれす。

517 :死体ばんざい:02/02/07 12:23
無茶苦茶な騒動のあげくに、あのオチがある所が流石。馬鹿馬鹿しくも笑える。

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/07 19:39
タイトルもどの本に収録されているかも忘れてしまったのですが、妻が夫を湖に沈め
て殺してしまう話があったと思うのですが・・・。とにかくこんな感じで次々と殺し
ていくんだったような・・・なにしろこの部分しか覚えてなくて長年気になっていま
す。

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/07 20:31
>>518
偶然かも知れないけど、>>517に書かれている「死体ばんざい」の中でも、
妻が浮気相手と共謀して夫におもりをつけて湖に沈めてしまうというくだりがあります。
「なりそこない王子」に収録されています。

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/07 23:09
>516
情報ありがとうっす。探して見ます。
最後に開けた穴って誤って自分の体に開けた穴の事だよね?何が見えたのかね。
あるいは重要なのはその後ナイフが消えた事の方なのかも。ナイフが
消えたという事はそれが元々自分の中から出てきた事を示すものだろうから。

521 :518:02/02/08 20:35
519さん、情報ありがとうございます。長年のもやもやがやっと晴れました。意外と
近くに答えがあったんですね・・・

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/13 01:04
「いきとどいた生活」だったっけ?
機械が出社のしたくをしてくれて、
自分は何もしなくても会社まで自動的に到着できる話。
実にうらやましい。最後はちょっとブラックだが。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 18:02
>470さん
かなりの遅レスですが、その
「クリスマスイブの出来事」は何に収録されているか
ご存知でしょうか?
子供の頃家にあって、読んだことはあるのですが今はなくなっていました。
Googleで検索しても出てこないし、BOOK OFFで手当たり次第探しても
ありませんでした。
ご存知でしたら教えていただけませんか。

524 :(;´Д`)ハァハァ:02/02/14 18:07
>>523
470氏ではないれすがおそらくは「エヌ氏の遊園地」に収録されていると思うれす。
今なら新潮文庫で手に入るれす。


525 :523:02/02/14 18:16
>>524
ありがとうございます。早速本屋逝ってみます。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 19:47
>>523
中1の子供の塾のテキストになってた。

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/24 05:13
>妻が夫を湖に沈めて殺してしまう話
って、他にもあったような気がするんだけど。
思い出せない。


528 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/25 00:41
そういえば週刊朝日連載中の「ほしのふるさと」
(最ショウ葉月:字忘れた。「絶対音感」の人)
はどうですか?最近気付いたので最初の方は読めなかったのだが
星ショートを一つづつ紹介しているようです。
でも星ショートショートを理屈づけるのはなんかダサいなあ。

529 :528:02/02/26 21:39
ゴメン、「サンデー毎日」だった。しかもタイトルは
「星ふるさと」。立ち読みなのでうろおぼえでした。


530 :県民:02/02/28 03:18
既に出ていると思いますが、ぼくも「生活維持省」です。平和について考えさせる作品であり、最後主人公がたんたんと述べた後の静寂がとても印象に残っています。

531 :ふーん現象:02/02/28 12:02
「あなたは、まもなく死にます。この診断書の通りです」
「ふーん」

でしたか。ふーん、で全部片付く所が笑える。

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 13:51
世界最強の言葉だ!「ふーん」

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 14:08
「それがどうした!!」

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 16:21
>>533
それはアッテンボロー氏の言葉ね。って、こういう話も可能なんだなこのスレは。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 14:15
ちょっと前に「世界まる見え」でやってたやつ。
FBIの秘密捜査官なのだが、潜入捜査の為マフィアの大組織に身元を隠して入り込む。
で、有能さをかわれてあれよあれよという間に大幹部に出世。ボスの右腕となり、
次期ボスと称されるほどになってしまった。まるで星新一の話みたいだ。
(もっともこの人は自分を見失う事無く、組織を摘発したのだが)

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 18:16
「外郭団体」だっけ?警察官が身分を隠して暴力団の一員となってのし上がっていく話。
最終的には共存共栄でいきましょうや、となるやつね。
うーん、この主人公、自分を見失っていたのかな?
たしか、組織を潰しても犯罪者は尽きないから、自分の組織が警察の補助団体として、
犯罪傾向にある人物を適当に罪にさせてそちらに(警察に)送り込むからよろしく、という感じだったですね。
もうひとつの「雄大な計画」たっけ?これとも似てますよね。
こっちは、主人公が業界二位の会社に合格したのに、その会社は業界一位の会社にわざわざ就職させ、
その会社の内情を知らせよ、という話だったけど、主人公が最終的にはその一位の会社の社長になってしまい、
二位の会社を潰してしまう、というオチだったですね。

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 00:17
age

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 05:52
age

539 :liqueur:02/03/24 06:16

ジャックポット教
莫大な借金を相続し、何にその金を使ったかを付きとめる話し。

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 19:08
「おーい、でてこーい」のラストで、世界をきれいにした
穴はどうなってましたっけ?
ふと、穴がまだあるなら、これから落ちてくるだろうゴミを
その穴に落とせば、なにも問題が起きないなと思ったもので。

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 22:28
>>540
それ、俺も思たよ。
確か、焼却場みたいな建物作ってそのまま
あったような・・・
あれ?これって「世にも奇妙な物語」の方だったっけな?

でも、空のどこから落ちてるゴミをまた穴に戻すのは難しいのでは?
確か、使用済み核燃料みたいなものも捨てていたし。


542 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 23:50
>540 >541
おまけにそれはまた降ってくるんだよなー。
何年かの時間を経て。
別のものも穴に捨てつづけるなら、爆発的に量を増して。
ぐるぐる回る危険なゴミの山。
うっわ、想像すると鳥肌が立つ〜

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 00:33
現在発売中のネムキ増刊「眠れぬ夜の奇妙な話」読んだ人、いない?
巻頭カラーの柴田昌弘の漫画が、妖精配給会社に似てる気がするんだけど…。
少女漫画雑誌を読んでる人が多いとも思えないけど、もしいたら感想希望。

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/04 22:56
この前の「世にも奇妙な物語・春の特別編」で
星新一原作のドラマはありませんでしたか?

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 17:52
せめて粗筋ぐらい書かないとわからないよ。
全員が見てるわけじゃないんだから。

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 21:28
>>544
スタッフロール見たけど
載ってなかったかと思われ

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 23:27
>>415
パパとセックスをやって遊ぼう?
ハァハァ

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 23:30
>>425
星さんのエッセイで
「おーい、でてこい」は環境問題に対する風刺だ、との説を読んだが
世の中には作者外ともしていなかった事を考えてくれる輩の多い事だ、みたいな文章がありました

インスピレーションがあったかもしれませんが、別に啓蒙書でも風刺小説でもないわけで。
単純に「世にも奇妙」のような「これから起こる事を想像して((;゚Д゚))ガクガクブルブル 」
でいいんではないかと>おーい、出てこい

放射性廃棄物がふってきたら恐ろすぃ



549 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 23:32
星新一ファンの集いがあったら
合い言葉になりそうっすね>メロンライスとガムライス

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 23:34
>>466
激しくワロタ!

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 05:51
処刑ですね

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 20:46
ここはイイ。
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1013998568/l50

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/12 16:58
「午後の恐竜」と「マイ国家」
一番好きなのは「鍵」かな。

554 :西新宿のカツ丼屋:02/04/13 12:35
オイラも『鍵』は大好きだな。あんな名作、なかなか無いだろう。
読んでない人には強引に読ませたくなるな。あれは凄いよ。
テーマが普遍性を極めてるから、恐らくこれからもずっと古びない
だろうしね。

星さんは、ストーリーも見事だけど、何より文体が凄い。理由は良く
分かんないんだけど、やたらと読み易いんだよね。べつに改行や会話が
メチャクチャに多いわけでも無いのにさ。

あと『白い服の男』もいい。世界の平和を願う人は多いけど、でも、
現実的に考えると、やっぱりああいう形でしか実現できないのかなあ、
って思わされる。戦争や平和を学んだり論じたりする上での教科書として、
あの短編は最適じゃないの。

ニュースで星さんの訃報が流れた時も、「星さんは『白い服の男』などの
短編で知られ・・・」って紹介されてたしね。世間でも、この作品の評価は
それなりに高いんだろうね。


555 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 21:33
「開放の時代」ってどんな話ですか?

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 14:44
「鍵」ってどういうやつだっけ?濫読してたから内容覚えてないや…

個人的に「ようこそ地球さん」の「探検隊」が好き。
ラストの「あれはタロとジロという名前に違いない」すごい感動したなぁ


557 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 13:59
>555
「開放」でなくて「解放の時代」な。242にも出てるけど。
登場人物、動物、ロボット、家具がひたすらセックスをしまくる話。
ちなみに星さん自身の短篇集には未収録。筒井康隆篇の「60年代SFベスト集成」に
収録されているので、マメに古本屋を当たってくだされ。
>556
「鍵」は、ある日男が一本の鍵を拾う。その後の男の人生はその鍵に合う鍵穴を
探すことに没頭する。しかしその鍵穴は一向に見つからず・・・というお話。
深読みしようと思えばいくらでも深読みできる。しかし話自体も悲しげで美しい。
星ベストの話になると「生活維持省」「おーい、でてこーい」と並んで必ず出てくる
傑作。


558 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 18:28
なんと2周年。

で思い出したけど「一年間」って話があったような気がする。
最初は従順だけど、だんだん扱いにくくなってくるメイドロボットと
1年間生活する話。
美少女ロボットスレで紹介してこようかな。

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 20:54
おのぞみの結末の最初に入っているやつね。
あの本は真鍋博のさし絵がすごくいいんだよね。

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 05:50
今ニュースで自民党の政治家の誰かがの
お父さんが星新一とか言ってたけど誰?

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 06:39
星新一の子どもは、娘さんが二人だったはずだけど。
確か長女は、ユーリ・ガガーリンにちなんで「ユリカ」だったかな。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 16:34
星新一さんが選んでいた
ショートショートの広場はもうでないのかな?
不出来だけど作品を作ってみたのでw。
かなり恥ずかしいけどここで公開します。



563 :人のいい客達:02/04/19 16:35
ある所に食堂があった。
若いが、幸薄い女が経営していた。
食堂には、いつも、たくさんの、人のいい客達がいた。
彼女に同情して来ているのもあるのだが
じつに、うまい料理を出すのだ。
こうして店は繁盛していた。

ある日、食堂を経営している女が過労で倒れた。
働きすぎだと、いう。
人のいい客達はそのことを聞き
彼女が倒れたのは自分のせいだと思った。

しばらくして店は再開したが
客は誰も来なくなった。
店は潰れ、女は自殺した。

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 23:41
>>562
『小説現代』で毎月してますよ。
今は星さんに代わって
阿刀田高さんが選んでます。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 01:50
短編じゃないけど、『ブランコのむこうで』がとても好き。

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 09:44
>>562
文庫も、阿刀田さん(選者)名義で10〜13まで出てますよ。

567 :お役立ちサイトです。:02/04/24 09:53
役立つサイトを満載したサイトです。
是非見にきてください。
http://home9.highway.ne.jp/cym10262/

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 15:58
はじめて星新一を知ったのはABCラジオの「はーい浜村純です」
のなかの怖い話のコーナー。
たしか「ボンボンと悪夢」の中の「冬の夜に」だったっけ?
題名が違うかも…
そして、中学の教科書にのっていた「はごろも」のはなし
(題名忘れた…すまん)



569 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 16:49
このスレを見て、大学の図書館を調べたら、ショートショート1001発見。
しかし3巻だけない。
受付で聞いたら、延滞中。おまけに返却期限は去年の1月…
誰だよ延滞してるのは…

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/27 23:09
公式ホームページはないだろう。

・天上所有的星 http://www.f3.dion.ne.jp/~kujyou/
・星新一のにぎやかな部屋 http://kyoto.cool.ne.jp/hayabi/hosi.html
・星新一ひみつ倶楽部 http://village.infoweb.ne.jp/~fwjb0256/
・星の輝き http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/5344/


571 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/05 13:23
結構、星さんのHPってありますね。

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/13 01:22
言い訳が得意で出世する男の話ってありませんでしたか?
仕事でミスをしても上手く言い訳をして相手を丸め込んでしまい、
その才能の為に社長にまでなってしまうという話だったと思うんですが…。

他の作家さんの話かなー。
思い当たるのは筒井康隆か清水義範くらいなんですが。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/13 02:47
たしか、(いいわけ幸兵衛)だたよな。
落ちは忘れたけど、星さんだよーん。

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/13 03:18
>573
ありがとう!本屋で探してみます。

過去レス見てたら、他の人の作品を
星さんのだと勘違いしてるパターンがけっこうあるようなので、
心配になってしまった。

575 :アカルーク:02/05/13 16:39
私も星新一のファンですが、彼は文章上、大きなミスを犯した作品があるんですよ。
それは、『かぼちゃの馬車』という短編集の中の、ちょっとタイトル忘れたけど、
都会から田舎に住む友人を訪ねるっていう話なんだけど、最初は友人同士って設定
だったのに後半では他人同士になっている。星さん、きっと執筆を途中で
休んでるうちに設定を忘れたんでしょうね。

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/13 23:18
>>575
「子供の部屋」という幽霊が出る話があるね。これかな?


577 :アカルーク:02/05/16 16:25
あ、それですよ576さん。

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/25 01:38
>>575
亀だけど、かろうじて辻褄は合っているように思えますよ。
それとも途中で改訂されたのかな?

579 :アカルーク:02/05/28 15:00
亀さん、かろうじて辻褄が合ってるその根拠はなんですかな?急に主人公と宿主の
会話が敬語に変わった理由は何なんでしょう?

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/28 22:02
age

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/29 06:07
あげ

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/01 02:50
あれ? たくさんのタブーの中の「重要な部分」
って出てないの?ツボ研究家に妙に説得力があって良かったが。

あと、ひとにぎりの未来の中の「成熟」もない?
小屋の中にはAとBってやつ。

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/05 17:13
日本がワールドカップ初戦で戦った国・ベルギー。
「ベルギーの回転木馬」を思い出してしまった。


584 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/09 01:31
おもいだせない、それなんでしだっけ?
>「ベルギーの回転木馬」


585 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/10 21:25
「心残り」(おかしな先祖)のこと?
3人の女性にもてたい男性が不治の病にかかったが、
死後、それぞれ頭、胴体、下半身を合体させて一人の人間を作り上げて、
保険金でバーに行くとかいうやつ。
結構面白い話でしたね。最初から最後まで笑いっぱなし。
落語のネタにもなりそうです。

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/16 16:06
「ショートショートの広場」について語ろう。

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1020230944/l50



587 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/18 02:04
最近絶対音感という本を書いていた作者が、やたらと毎回
星新一のショートショートをネタ晴らしまで含めて雑誌に
連載紹介しているのだけど、この人はいったい星氏と
どういう関係にあるのだろうか? 実は娘?

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/19 22:27
『あの商品』に一票

最後までニコニコ顔の奴隷商人が印象的だった
ナンセンス・ジョーク最高

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/20 22:36
「はだかの部屋」へ一票
星作品では珍しくベッドルームを舞台にした話で,
最後の主人公の知らんふりがサイコー

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/21 23:55
星さんのホームページはどこが良いんでしょう?

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/22 16:54
教育実習に行って国語の教科書を見たら「おみやげ」が載ってない!
あの話を授業でやることの是非はともかくとして、
10歳で星新一作品に出会うということは結構重要だと思った。

ので、国語の授業で「おーい、でてこーい」を扱った。
小学生の感性ってなかなか凄い。
スレタイとずれるのでsage。

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/22 17:08
>>591
よくやった。いい先生になれよ。ガンガレ。
「おーいでてこーい」は英語のホライズンてゆー教科書のに載ってるよね。
2年生のヤシだったかな?

593 ::02/06/23 03:00
>>583
それは、「バルカン半島の回転木馬」じゃなかったですか?
あと、「酔いどれ爬虫類」・・・是非、習得してみたい技だなぁ。

今、星さんの娘さん、もしくはお孫さんって何才で何をしてるんでしょうね。


594 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/24 21:36
「ねむりウサギ」が挙げられてないのは言わずもがなの名作だから?

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/24 21:38
>>593
次女のマリナがサーファー、位しか判りませんな。
今でも現役かどうかは知りませんが。

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/24 22:51
娘さん達って、結構な歳だよね。
30後半か40前半くらいじゃなかったっけ?

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/25 01:19
星製薬は大戦前に、国内で軍の特務(?)機関が
モルヒネを大量に生産して中国大陸に流していた、
その製造をしていた、会社だそうですな。


598 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/27 20:26
「戦争の人」(だっけ?)が好き。

星新一さんの本、同年代で読んでる人が
全くいないので寂しいです・・

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/27 21:44
同年代で読んでる人がいないという事ですが、どの年代なのでしょうね。
それから「戦争の人」は「戦う人」(『午後の恐竜』に収録)の事では?

主人公は若い頃、あちこちで戦争に参加したが、
現代ではそういう気骨あふれる人がいないことに絶望し自殺しようとしたが、
その時宇宙からの侵略者が現れ、地球人は本能でそれをたたきのめしてしまう。
それを見ていた主人公は、これならなにも絶望することはない。
人類の未来は明るい、と安心した。・・・というストーリーですけど。

ところで話は変わりますが、
私はずっとまえから「午後の紅茶」という飲み物を見ると
「午後の恐竜」を連想してしまうのです(笑)

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/28 01:08
「救世主」面白いと思うんですがでてない様ですね。後、「To bild,or not to bild」て奴単行本には収録されて無いんですか?

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/01 01:54
>199
貴方が読み度いのはサイエンスフィクションでは無くテクノロジーノンフィクションなのでせうね。

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/03 05:46
>>600
To bild,or not to bild

…もしかして「To build,or not to build」っすか?
だとしたら「作るべきか」という、
ウォルサムという科学者がタイムマシンを作るかどうかで悩む話があったかと思います。
しかし英語の題で発表されていた時期があったんですか?

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/03 09:59
>>602
SFマガジン初出時はハムレットのセリフをもじった英語タイトルだった。
単行本収録時に現行のシンプルなタイトルに改題。

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/04 17:37
10で話は出てるけどタイトルが書いてない…

『ひとつの装置』(妖精配給会社)

605 :600:02/07/05 03:36
〉)602
ええ、そのようですね。棲みません。宇津だ氏膿。
所で「救世主」(「ちぐはぐな部品」収録)は良い
と思いませんか?私には現代日本のユーモア小説の中でも
上位に属すると思えるのですが。


606 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/07 04:12
「西部に生きる男」とか「刑事と称する男」とかの類も面白いんだけどなぁ…

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/07 13:49
虫プロでは、何をしてたんだろうか?

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/09 21:25
ちなみに英語の教科書に『おーいでてこーい』がのっていて国語の教科書に『友情の杯』
がのっています。

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/09 23:12
消防の時読んでトラウマになったんですが
電話がかかってきて、「何でもない」って答える話ってなんて題名ですか?
記憶がおぼろげなので・・・。


610 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/09 23:32
>>609
なんでもない

611 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/07/10 01:26
鍵と似たような路線だけど「箱」。開けるとどんな問題でも一度だ
けたちまち解決してくれるという箱を幼い頃もらった男が人生の様
々な苦境の局面でその箱を開けようと思うがその度にとどまる。
そして死期の近づいた彼は箱を開けると・・・。
ある意味星先生の自伝だったりして。


僕のベスト3はあと、「古風な愛」「門のある家」。

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/11 17:23
>>611

アレってつまり
「死が全てを解決する」という鬱病患者のモットーがテーマになってるのか?

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/11 22:01
サンデー毎日で毎回星真一の作品を踏まえてエッセイを書いている
葉月っていう女性作家は娘か何かかい? どうしてあんなに他人の
作品のネタ晴らしを毎回できるのか、不思議だ。

614 :匿名希望さん:02/07/12 21:01
>>612
ずっとそう思ってたけど、最近読み返したら
どうもそれだけじゃないみたい。
『箱』の存在が「平凡な職に就き、平凡な結婚をした」主人公の
特権意識を支えてるし、
また、主人公の『箱』に抱く感情が
若い頃は「輝かしい未来の象徴」で
「あけた後に素晴らしい世界が」あるていう思いがあり、
老いてからは「なつかしい過去の人生の象徴」
で、「あけてしまったあと」は「虚しさに満ちた世界」
しかないて思いになったとある。

死ぬ事が自分にだけ与えられた特権
だとは思わないだろうし、
普通は未来の象徴や過去の人生の象徴にも
ならないだろうし。

わからんなあ。マイベストなのに...。



615 :( ´_ゝ`)フーン:02/07/13 00:25
今日初めて「ふーん現象」をよんだ
やはり( ´_ゝ`)←こればかりが頭の中に・・・

616 :名無しは〜:02/07/15 18:03
age

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/19 18:55
ボンボンと悪魔が見つからん・・・・

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/19 20:17
ベストはともかく、星新一の全ショートショート制覇を目指す場合
「ショートショート1001」を読めばいいの?

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/19 23:33
>618

収録されてないのもあるよ

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/20 00:32
すると制覇を目指すにはあとは何を読めば・・・

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/20 20:36
「ショートショート1001」1〜3に未収録の短編の殆どは出版芸術社
のふしぎ文学館シリーズで出ている「気まぐれスターダスト」
に収録されているよ。


622 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/20 21:09
つまり、「気まぐれスターダスト」+1001で制覇と呼んでもい
い、ってことですか
早速手配します
まあ長編やエッセイ、連作ものが漏れますが全集がないから仕方ないっすね。
みなさまありがとう

623 :通りすがり:02/07/20 22:26
こんなスレあったんすね。
短編の物語は全部好きなので全部に一票。ってのはムリ?

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/20 22:37
>>622
その情熱は見上げたもんだけど、それでも全制覇にならないんだよなこれが。
99.9%ぐらいでしょ。

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/20 22:41
この人って
ころされたんでzしょ

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/20 22:50
>>609
「なんでもない」こわかったよー。
あと壁から手が出てくるやつ。
どっかの空家に入ったら出られなくなって、窓から外を見たら・・ってやつは、
星作品?それともショートショートの広場?

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/20 23:02
全制覇しちゃる!絶対!


628 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/21 03:41
>626
「手」(「夜のかくれんぼ」収録)
「窓の奥」(「ご依頼の件」収録)
では無かろうかと思います。

629 :624:02/07/21 08:02
>>627
じゃあ影ながら応援する。後日報告してね。
絶版のがあるので、古本屋巡りは必至になりそう。

630 :626:02/07/21 13:20
>>628
ありがとうございます。
本のタイトルに聞き覚えがありますからそうだと思います。

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/21 18:13
>>624
>その情熱は見上げたもんだけど、それでも全制覇にならないんだよなこれが。
>99.9%ぐらいでしょ。
1001+αの99.9%ってことは、のこり1篇か2篇てことじゃん(w
で、具体的に、「気まぐれスターダスト」にも「1001」にも入ってない
作品てどれなのよ?

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/21 18:37
624ではないが「気まぐれスターダスト」発売された頃に
「気まぐれ〜」にも収録されなかった作品がSFマガジンに載って
たような気がする。

ところで長編で入手不可能なのは「声の網」以外にもある?

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/21 18:48
みどんさん、に一票。

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/21 18:51
>>632
それは「天国からの道」という短篇だけど、「気まぐれスターダスト」に
入ってるよ。

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/21 19:20
「ショートショート1001」あったら買うが、どこにも置いてないからなあ

636 :名無しは無慈悲:02/07/21 20:04
>>634
そうなんだ、勘違いしてた。ごめん。



637 :627:02/07/21 20:10
がんばりたいがなにをどうすれば0.1%が埋まるやら

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/21 23:02
>>637
0.1%(1篇か2篇?)を埋めることを考えるより先に、まず1001篇を読めよ(w

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/21 23:33
>>637(627)
もし学生さんだったとしたら、夏休みの課題はそれで決まりだね。

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/22 01:14
中期のオチがカッチリした作風のはあんまり好きじゃないなあ。一回読んだら終わりって
感じのが多い。
初期のやや残酷なのとか、後期のぼんやりとした作風が好き。

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/22 13:42
小中学生の皆さん、
夏休み中に星新一短編集を1001読んで感想文を出すというのはどう?
でも「1001読んで疲れた」とかいうのは無しね(w

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/22 13:50
はげしくガイシュツだろうが、やはり「おーい でてこい」

私は去年の9/11日(アメリカ日時でね)にこの声を聞いたと思ったね

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/22 17:19
>>641
>夏休み中に星新一短編集を1001読んで感想文を出すというのはどう?
おーい、短篇集にして35冊分あるんだから、いくら面白くてもそりゃムチャだよ。
他に何にもしなけりゃ読めるかもしれないけど、夏休みにそうもいくまい。

課題のためとか勉強のためではなく、本は自分の楽しみのために読むのが一番。
もちろん、それに最適なのは星新一のショート・ショートなんだけどさ。

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/27 11:33
最期が「銃声」で終わる話(題名忘れた)がカコよかた

「悪魔の椅子」の最後の台詞が新鮮だったのを覚えている

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/27 15:49
マネーエイジとかの何とも言えない世界観が好きだった。
熱中とかも落ちがあれ?って感じだけど落ちに行くまでの過程が
ものすごく面白いので全然気にならない。
マスコットも好き。付けると料理がものすごくうまく出来るのに作った本人は
食べられない。なんでこんな面白い話が書けるんだろう。

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/27 18:15
「マスコット」について思ったことだけど、知り合いの大工さんですごく腕がよくて
あちこち家をたくさん建ててるんだけど、本人は借家に住んでるんだよね。
自分でいい家造ればいいのに、と言うと先立つものがないから、だって。
何だかその話と似てない?

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/28 00:01
>>644
>最期が「銃声」で終わる話(題名忘れた)がカコよかた
其は多分「悪人と善良な市民」ですね。
「悪魔の椅子」の方が分かりません。
何て云うのに入ってるんですか?其。

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/28 00:50
最後の地球人のオチって何ですか?(何度読んでもわかんない)

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/28 02:10
>648
此は大昔の話だったって事で(私はそう思いました)。

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 07:51
ショートショート1001買いました。昔読んだけど内容忘れてて、今読んでも新鮮。

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/02 12:56
>647
たしか、かぼちゃの馬車に載っていたと思います

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/07 11:44
メロンライスにガムライスage

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/11 17:07
ときどき「自信」を、ふっと思い出す。
家に帰ったらもう一人自分がいて云々という話。
あのラストの、あやういような優しいような穏やかな感じが、不思議。

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/15 00:03
保守

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/16 21:08
ちとスレとはずれるけど、星さん絡みということで。

横浜のみなとみらいにある「横浜ワールドポーターズ」にある
HATOBA横丁という所で、星製薬の看板を発見しました。
星さんのお名前の由来にもなった「親切第一」というコピーの下に、
星製薬特約販売店、とか書いてありました。


656 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/17 20:44
こんなスレあったのか・・
また読みたくなってきた。

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/17 22:42
タイトルは失念したけど、ポケットから取り出したUFOに男が乗り込んで飛んでいったのを
目撃した主人公が誰かにそれを話そうとして…、と言う話が莫迦莫迦しくて好きだ。

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 00:13
>657
昨日その話を読んだYO!!
一人で爆笑してた

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/19 05:45
>657
あった、あった。
タイトルなんかは忘れちゃったけど、あの独特なノリのストーリーは克明に
思い出せるよ。パターンとしては古典落語・怪談のノッペラ坊と同じような
構成なんだけど、さらにその一歩先(しかも明後日の方向)に踏み出してて、
読者としては何処に持ってきゃいいのか判らん感情を持て余すことに・・・

って、わけわからん感想だな。(w

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/19 11:56
公式ホームページはないだろう。

・天上所有的星 http://www.f3.dion.ne.jp/~kujyou/
・星新一のにぎやかな部屋 http://kyoto.cool.ne.jp/hayabi/hosi.html
・星新一ひみつ倶楽部 http://village.infoweb.ne.jp/~fwjb0256/
・星の輝き http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/5344/

661 :だごん:02/08/19 12:30
小学校の時読みまくったな〜…懐かしい…
覚えていてるのでは、秘密結社みたいな話で、
合言葉が「メロンライスにガムライス」って言うやつ?
(そんなのなかったけな〜汗)
何故か言葉がおもしろくて、友達同士で使ってた。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/01 21:30
夏休み明けの読書感想文発表の時、どれだけの生徒が星新一作品について書いてくるだろう。

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/06 08:55
>661
「おのぞみの結末」ですね。あれ、すごくおもしろかった。

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/06 18:38
こんなスレがあったんですね、星新一は消防の頃に母親にいきなり「ボッコちゃん」
を進められてからはまった記憶が。
私の好きな作品はやっぱり声の網と、ほら男爵かな。あと、きつねツキとか像ツキ
が出てくる話って結構好きだけど、未出なんですね、誰かタイトルを教えてください。

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/06 22:49
>664 「ツキ計画」。新潮文庫の「ポッコちゃん」収録。
余談だが、本日は生誕76周年。

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/09 21:10
そうです、私がミドンさんなのです

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/10 00:07
「解放の時代」読んで笑った。
内容:筒井康隆、文体:星新一。

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/11 16:38
おもわず「やったー」とさけんで畳の上をころげまわりますよね。

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/11 17:01
>>668
でもあれは星さんしか書けない小説だろう。ある意味究極のエロ小説なのに、
官能からは一番遠い所にあるのだから。

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/12 12:59
農協月に行く

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/12 14:51
>>670
それは筒井じゃ。しかも「農協月『へ』行く」な。

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/12 21:48
たった1分

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/13 19:05
図書室の星新一の文庫すべて読んだと思ったら
図書室の先生が「星新一読んでるの?だったらこれがあったわよ・・・」

持ってきたのは「ショートショート1001」・・・・あるなら最初かr(略

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/14 21:10
ちょいスレ違い気味なんだけどさ、

異星人が地球に行って、部屋に鍵を取りつける習慣を学んできて、
それを自分の星で皆に話したら、
「どうしてそんなことするんだ?」って皆から言われて、
そいつは「部屋に入られて物を盗まれない様にするためだと」
って言って皆が
「・・・・・・・・・あっ!」
って言う感じで、
「この星の文明の発達はこれからめざましいものとなる」
みたいな文が最後に書かれた作品なんだっけ?

ずいぶん長い&解りにくくてスマソ。
でもわかる人にはわかるはず

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/14 22:34
もたらされた文明@ 悪魔のいる天国

676 :674:02/09/15 18:52
>>675
ほんとだ!
ありがd

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/15 23:17
いまから全集で読んでみよーっと。

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/17 23:47
「解放の時代」をやっと読めた・・・感動した!!
ところで、これとは別にクーデターが起こって、とてもえちぃなテレビとかが
流れたりする話ってなんでしたっけ?
星さんの話は楽しいけどすぐ題名を忘れてしまう・・・

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/18 04:32
>>678
>星さんの話は楽しいけどすぐ題名を忘れてしまう・・・
禿同。
その話は「なりそこない王子」所収の『新しい政策』ですな。

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/18 08:00
>>679
それだ!!どうもありがd

さて、ショートショート1001を読み終えたら何を読むかな・・・
筒井康隆でも読むか・・・それとも未収録の本を探すか・・・

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/20 08:07
昔、とある雑誌の、
星氏が選考委員をしてるショートショート募集のコーナーに作品応募したら、
星氏から直々に激しい叱責の手紙がきて鬱入ったことある。
あれは何だったんだろう・・。


682 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/20 15:39
>>681
え、それってすごくないですか。

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/20 15:54
>>681
叱責ってのは凄いな。俺も出したことあるけど、無反応でした。
一体どんな内容のを書いて、どんな内容の叱責だったんですか?
差し支えなければ教えて下さい。

684 :681:02/09/20 17:22
高校生のときに応募したんですけど、
ショートショートで社会性のあるものを書くなとか、
感傷的なものを書くなとかそんな内容の手紙だったと思う。
当時は鴎外とか谷崎にはまってて、
失礼ながら星氏のことはほとんど知らなかったので、
頭にきてびりびりに破いて捨てちゃったんですよね。
あとになって星氏のことを知るようになって、
内容はともかく取っておけばよかったと思いました。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/20 19:52
マイベストってわけじゃないけど

俺に関するうわさ・・・だったけ?
ある日突然TVが自分の行動を報道するとかってあらすじだったかな〜
あ〜記憶のかなたにかすんでます(w

なんか下手すると2chでありえるからね。。。。ブルブル ガタガタ(w

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/20 20:26
>>685
それは筒井康隆だぁ!

687 :異世界:02/09/20 20:28
http://www1.ocn.ne.jp/~humi1700/
デルコンピュータ株式会社 ↑
お求め易い価格とより高いパフォーマンスを両立した/DDR SDRAMメモリを採用しました。また拡張性も重視し、4本のフルレングスPCIスロットを装備。もちろんUSBも最新のUSB2.0対応。外部周辺機器の
接続にも最適。
アメリカンホーム保険会社は、保険財務力について、世界的な格付け会社スタンダード&プアーズ社より最上級のトリプルAに評価されています。
エプソン販売株式会社 セイコーエプソン株式会社〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-1 三井あさひビルディング11階TEL:03(3255)1528
サポート情報↓
コンピュータソフト,ハード.ドライバ
検索窓↓
辞書&キーワード検索 
アイドル&女優・画像 
女性タレント ホームページ
sf、空想科学>辞典
声優オフィシャル サイト
漫画家公式サイト
各種アニメを検索する起動戦士ガンダムの世界


688 :685:02/09/21 12:50
ぐはぁ〜〜〜〜〜〜 だったのね (T_T)



689 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/21 12:58
>>684
めったに「あなたには才能があります」とか言う人じゃないから、
案外そういう手紙をくれると言うことは才能アリという意味だったのでは?
星氏の何かの本で読んだことがありますが、よく星氏の所へアマチュアの短編が
送られてくることがあるそうです。そのどれも現在いるプロ並みの作品ではあるが、
この程度で満足しているのならSF作家になるのはおやめなさい、
と返事を出すと言っていました。
つまり、今のプロ以上の作品を書けなければプロとして通用しない。そうでなければ
SF界も発展しないだろう、というような内容でした。

手紙、ちょっともったいなかったですね。

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/21 13:03
>>681
埋もれた才能の持ち主、ハケーン


691 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/29 04:50
N氏って人がよく出てきた覚えがある。

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/29 08:14
違います”エヌ氏”です。

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/29 11:22
しっかし、星氏のSFは結構昔に書かれたのに
絶妙に現代でもありそうな機械とかが出てくるんだけど
いまだに無い機械ばかりと言うのが凄い

やはりSFは現代が追いつけないものなんだなぁと思いますた

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/29 16:08
星新一は新井素子をすごいかってたな。

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/30 23:42
>>674
遅レスの上揚げ足を取るようなんだが・・・ 
その話大まかにはあってるけど話の胆はその返事の後、「なぜ盗まれないようにしなきゃならないんだ?」
と質問されて「だって盗んだほうが楽ではないか」と返され
「そうだ!なんでそんな簡単なことに気づかなかったんだ!」とみやげ話を聞かされたみんなが色めきたつところではないかと

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/01 12:50
死刑囚の死刑執行を国民全員でテレビ投票するっての星新一さんだっけ?
過半数超えたら死刑確定。
今の日本にぜひ取り入れて欲しい(w

でも、裁判官全員が抗議するだろうから導入は難しいかな?
そういや、裁判の自動判決機を作った男の話も星新一さんだっけ?
有無も言わさず裁判官に有罪にされちゃうってやつ。
今考えたら既得権やIT革命を先取ってたなー。


697 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/01 13:39
死刑囚の死刑執行を国民全員でテレビ投票するというのは、
悪への挑戦(白い服の男)ですね。私もこれはいい方法だと思うけど、
今の風潮では絶対無理でしょうね。死刑執行は執行者にとってつらい仕事だと
聞いたことがありますが、この方法ならそういう目に遭わずに済むとは思いますが。

裁判の自動判決機を作った男の話というのは、
問題の装置(だれかさんの悪夢)ですね。日本ではまずこういう「装置」の導入は
無理でしょう。関連して、近視の治療や花粉症の治療も関連業者のために研究が進まないとか、
電気自動車がなかなか普及しないのもガソリン関連業者、ゴミ問題や地球温暖化防止も
またそれらの関連業者が絡むため、日本ではなかなかスムーズに行かないという話を
聞いたことがあります。ちょっとすれ違いになってしまってゴメンなさい。

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/02 00:44
中学の時国語の先生(日教組ババア)にどんな本が好きか
と聞かれたので、「星新一」と答えたら、授業中にみんなの前で
「こんなくだらない本を読むんですか?」と馬鹿にされた。
納得できなかったので「何でですか?」と質問すると
「あれは文学ではない」という訳の分からない回答だった。

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/02 00:46
>>697
たしか深夜番組で一度だけやりましたよ。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/03 04:53
ナイフを使って空間に穴を空けて、いろんな景色をみるやつ。
読み終わったあと泣きそうになった。


701 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/03 12:01
あれは俺も、なんか心に残ってる。「壁の穴」でしたっけ。

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/03 22:07
ある星に行ったら全く人間と同じ姿形で、
地球式挨拶ってことでキスをしたら大ウケで、
さぁご飯食べようってことになったら、
そこの星人が突然スカートを捲り上げて股でご飯を食べ始めたやつ。

なんでしたっけ。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/04 01:25
ポケットにはいった手紙の指示に従って大物政治家になった男が、過去を回想しながら次の手紙を待つ話。
題名もずばり『手紙』だったかな?世の中って案外こういう風にできているのかも、とまじで思った。
シーザーの言葉を使った部分も妙に感心した。

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/04 07:06
>>702
「親善キッス」
股じゃなくてお尻からはえた触手のようなものでご飯を食べた。と思う。

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/04 21:26
あれって要するに
「ともだちんこ」ってこと?

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/08 18:47
>>704
この話は最後から二行目でおもいっきり持ち上げておいて
最後の行で一気に落としてるね。ダメージが大きい(笑)。

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/17 23:23
age

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/17 23:29
>>705
つまり・・・
「Kiss your Ass」(負けました)ってことだろ?

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/18 00:23
核戦争で人類が滅亡して一つの機械が残される。
何百年かたって、その機械から人類へのレクイエムが流される。

星新一の作品にこんな話あったと思うんだけど
なんて題名でしたっけ?

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/18 20:40
>>709
「ひとつの装置」(by「妖精配給会社」)

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/07 22:40
最近知りました。2年以上も続いてるスレなんですごいですね。
おいらのベストオブ星新一は
「処刑」
です。つーか今まで読んだ小説の中で最強です。
でも、このスレに出てたほかの話も
もう一度読み直したいと思います。

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/09 02:29
「ひとつの装置」も強烈だったなあ。ひどく切ない気持ちになったよ

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/11 02:52
「タロベエの紹介」

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/11 10:39
ワーストは何だろう?

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/11 21:25
スターダストに収録されているやつは(黒い光の再録は除いて)
やっぱり、生前には単行本に入れなかったよなぁ、と思いました。

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/12 17:15
「宇宙の男たち」みたいな
危機に面してもカッコイイ冗談を言いながら死んでいくような
男に憧れてしまう・・・・

久しぶりに読んだので、涙が・・・・

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/12 20:42
国民総背番号制ねニュース見て、
湖に落ちて財布も自分の番号(を刻んだ指輪)も無くして、
番号がないと何もできない社会に戻る事ができなくて…
っていう話を思い出しました。
最後の一文が印象的なこの話のタイトルは失念…

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/13 14:02
ワーストは「未来イソップ」のなかの
ツルとキツネの話ではなかろうか

キツネに馬鹿にされたツルがキツネを突き殺し、家に帰って
入れ歯ならぬ入れクチバシを外してぐっすり眠りましたってやつ

…どこが面白いのか、マジでわからん
てか、入れクチバシってのに意味はあるのか?

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/14 00:49
>>717
「番号をどうぞ」

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/14 03:03
865 名前: 名無しの帝大さん 投稿日: 2002/11/12(火) 23:46
12時過ぎじゃ、もう落ちてたと思う。12時ごろに八階の授業終って、弁当買ってあそこの前通ったけど、もう青シートあったし。その10分後ぐらいにはテープ貼られてたし。落ちたのは、11:00〜12:00の間だと思う。
http://jbbs.shitaraba.com/study/bbs/read.cgi?BBS=382&KEY=1014211987&LAST=100

【社会】脱税で帝京学園元会長を逮捕
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1036572579/
【社会】合格を寄付金で優先・・帝京大
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1037046545/
帝京大学の過去の犯罪特集・1
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/news/1015445145/


721 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/14 21:21
>>718
星氏のSSは奥が深いと言うことをお忘れなく。
でもたまに、深すぎて推理しないとオチがわからないと言うSSが多いことも事実です。

その物語の意味は以下の通りです。

まず原作のイソップでは、キツネに皿に入ったマメを出されたが、クチバシの長いツルでは食べにくい。
その様をみてまずキツネがツルをあざ笑った。
後日、ツルがキツネを呼んでクビの細長い壺に入ったスープをすすめたが、キツネには飲みにくく、
その様をみてツルがキツネをあざ笑った、と言うようなお話しだったと思います。

そして本編ですが、まずそのツルはクチバシがなかったのです。でもそのことは気位の高さゆえ、
誰にも話さず、こっそりと入れクチバシを付けていたのです。
誰にも知られていないはずでしたが、偶然にもキツネが自分を招待して豆のスープをスープ皿に
出してすすめました。キツネのもくろみとしては、クチバシの長いツルでは豆のスープは食べにくいだろう、
その様を見てあざ笑ってやれ、という軽いイタズラのつもりだったのです。
ところがツルはこの時勘違いしてしまったのです。ツルの推測はこうです。
キツネは自分のクチバシが入れクチバシなのをひそかに感づいているのだな。
それでこんな食べにくい食事を出して、自分が入れクチバシを外して食べる様を見て
あざ笑うつもりなのだろう、と考えたのです。
そこでカッとなって殺して食べてしまったというわけです。

長々と書きましたが、一つたとえ話を書いておきます。

密かにカツラを着けている人がいたとします。
ところがある意地悪な人が、その人を温泉に招待して、
「どうぞ髪の毛を洗ってください。私はあなたがどのように髪の毛を洗うのか楽しみです」
と言えば、そりゃそのカツラを着けている人だって激怒することでしょう。

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/15 17:24
>>721
なるほど!それがもし正しい推測なら、長年に渡る漏れの疑問が氷解した上に
星新一最低作と銘打つ漏れの判断が間違いであることも納得できます

が、だとしたらなんで「教訓」でその事に触れなかったのでしょう
「意図せず相手のコンプレックスをつくと、思わぬ逆襲を食らうことになる」
とか書けば、かなり納得できるのですが。

あのときの「教訓」は「いやはや、世の中何が起こったか分かるものではない」と
カナーリ投げやりな教訓だったんですよね

723 :721:02/11/16 14:09
そう解釈してはいますが、正直なところ、ご本人でないとわかりませんね。
他の方はどう解釈されてますでしょうか?

最後の教訓についても、本人は軽いイタズラのつもりが命取りになってしまったことから
「何が起こったかわかるものではない」なのかなと思いますが、
それにしては投げやりな感じだし、もうちょっと書き方もありますよね。

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/17 01:58
看守が死刑囚に優しく接しているので、死刑が執行されたあとも
その死刑囚の魂が一般市民に乗り移って凶悪事件をワザと起こし、
看守に会いにくるって話が少し怖かったなと思ってました。

説明が下手ですみません。

725 :日教組末端(汗):02/11/17 11:02
>>698
>日教組ババア

 えーと、俺も日教組組合員だけど、職場の図書室には星先生の
著書を何度も推薦したし、スレ違いだけど古くなって整理の対象に
なったハミルトンやハインラインの著書は自分の担任級の学級文庫
に救出しましたぜ。職員室隣席のベテラン組合員の先輩とは、毎日
「サンダーバード」や「UFO」の話題で盛り上がってます。
 ま、そのババアは困ったもんですが組合にもいろいろいるということで。

 で、本題だけど俺の推薦は「オアシス」。
 水不足に悩む宇宙船が水惑星を発見したけど・・・ってやつ。
 短いのにオチが効いていてGOOD!

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/22 02:33
耳の形の鍵の話が好き!
っていうかだいたい全部すき!
アシモフの雑学コレクションもおもしろかった!”

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/24 02:13
本当にみんな大好きなんだけど
特に後期の、オチを意識しなくなった(ていうのかな?)作品が好き。
なかでも「ヨーカン」は好きだなあ。
いや、良くわからないんだけど。

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/25 23:09
星氏の作品にはよくバーが出てくるでしょ

漏れは酒が嫌いなんだけど(酒飲む場所も)
なんだか、話を読んでると
「なんか美味そう」とか「なんか上品」って感じになってしまう…不思議だ

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/25 23:43
「おーい、ででこい」
今を去ることン10年前のラジオのNHK第一の「中学生の勉強室」でテキストとして使っていた。
他にも「七人の侍」のシナリオをテキストにしたり、今にして思えば随分変な教育番組だった、余談だけど。

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/27 20:21
「意気投合」とか「待機」みたいな宇宙人との価値観の相違や
「最後の事業」みたいな勘違い物が好き。

あと、「月の光」で不覚にも泣きかけた

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/27 21:23
>>698
そのヒト、国語の先生のくせに星新一の作品が
国語の教科書に掲載されたこと知らないのかねえ?
そのとき、載ってる教科書をつきつけてやれれば
よかったのにねえ。我がことのようにくやしいなあ。

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/27 21:31
>>731
 日教組の人間は国語歴史教科書は文部省による洗脳教育の
道具だと考えてるから、そういう意見では恐れ入らないよ。
あっちの人にとっては、世間が認めるテキストなんて
全部敵なんだから。
俺は高校で、古文は破廉恥極まる女性蔑視作品ばかりだってんで、
すっとばされたことがある。活用や単語だけ習った。
どう? 凄いだろ。


733 :エヌ氏:02/11/29 01:13
やはりセキストラははずせないと思う。
商業誌に載った初めての作品だし。
あのアイデアが40年以上も前のものだとは信じられない。

734 :とてた:02/11/29 01:27
>>733
そうですね。
自分は、初読時にはなんのことをネタにしているのかわかりませんでしたが。

「声の網」が現実になる途中なんですよね、現在は。

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/29 01:43
PCに意識は持ってもらいたくないなぁ……
漏れは薬と暗示を使うまでもなく、ため込んだエロ画像絡みで脅されそうな気がする。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/11 00:49
俺は最後の一行で落とす話が好きだな〜。
手元に単行本がないので正確ではないが、
(神様もそこまでは手がまわらない、恐ろしいことだ。)
(ね、いいでしょう、お父さん。)←「けじめ」だっけ?
(その老人は今も死なずにいる、理由はいろいろ考えられるが・・・)
とかね、本当オチで大笑いさせてもらいました。

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/25 04:33
「デラックスな金庫」 だったかな。
ひねりはないけど好きです。

「鍵」ココ読み返すまで、別の意味に気が付いてなかった。
読んだ時は子供だったからかなぁ・・・


738 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/04 19:49
全部で30篇くらい、でマネーエイジは入れてほしい。
人間がお金を支配しているようで、実はお金が人間の行動を支配していた、みたいな話

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/08 09:24
オチで落とす作品といえば金持ちに金をたかりにきてた男が
「生まれ変わったら金に不自由することのないような身分に〜」
みたいなこと言いながら死んでその後・・・
って話が印象に残ってる(タイトル忘れ)

しかしこのスレ息が長いね

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/10 06:30
やっぱり『最後の地球人』かな。
『月の光』みたいに絶対に孤独に死んでゆくのだろうと思ってたらラストが旧約聖書にリンクしていたなんて(・∀・)オドロキ!!

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/10 10:08
ああ、そんなハッキリオチを書いてしまうなんてw

アレは読んだ時分かった人と数年後にああそうだったのかって思う人が居るでしょうね
聖書の知識なんてカソ系の学校でもなけりゃ中学ぐらいまで知らないだろーし
漏れは高校の時だったんであのラストにはメチャ(・∀・)オドロキ!!つか(・∀・)ナルホド!!
って感じますた

742 :山崎渉:03/01/12 03:56
(^^)

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/12 04:19
小学生の時読んでいて「不在の日」を気に入ってたんだが、
どんな話だったか・・・

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/12 04:48
登場人物が、作者(星新一本人と思われる)が何もしてくれないので、
自分たちだけでストーリーを作ろうとして四苦八苦する話だよね。
もう異色中の異色作だけど、俺も好きだった。
確か「未来いそっぷ」に入ってたんじゃなかったかな。

745 :743:03/01/12 06:50
>>744
あー、そんな感じでした。
「未来いそっぷ」で間違いないハズです。 2・3冊しか持ってなかったんで
覚えてる。 中学の時に捨てちゃったんだよなぁ・・・。 バカだ。
もう一度読みたいです。

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/13 01:53
ミス・チル星age

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/13 04:06
ちょっと教えて下さい。

昔、塾の国語のテキストに載っていたお話で、
金がビタ一文なくても生活できる社会[販促レコードがチョコでできてたり、
宣伝用のTシャツが貰えたり]を描いたショートショートがありました。
すごく面白かった覚えがあるのですが、今読みたくても、題名がわからんです・・・

10年以上前のことなので、話の筋が違ったり、星新一じゃない可能性もありますが・・・
どなたか作品名等知っている方が居られましたら、よろしくお願いしたいでつ。

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/13 06:20
タイトル忘れたけど「妄想銀行」に入ってたはず。
ひょっとすると筒井康隆の「にぎやかな未来」かも知れないけど。

749 :かかし:03/01/13 09:22
俺、小さい頃から「毎国家」楽しみにしてて、昨日はじめて読んだんだけど・・

    ちょっと、幻滅・・だけど、「宿命」にワラタ

    星の作品って当たりはずれあるよなあ・・

750 :747:03/01/13 17:24
>>748
ぬりがとう!
多分、筒井康隆のやつです・・・(恥

何故、星新一だと思い込んでたのかなぁ???

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/13 18:11
「月の光」(ボッコちゃん収録)もいいよね。
新潟の少女監禁事件の時、このSSのが関連(しかも
週刊新潮で)してるのでは?と書かれてどひゃーと
思ったけど、星氏の女性観が如実に出てて印象深いです。

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/14 21:51
おみやげ。。。

753 : :03/01/16 02:39
星なんか読んでるヤシは逝ってよし。
って言いたいとこだがどうもけなせないな、この人。

オレは
「成熟」(3人の強盗が仲間の一人を消そうとする話)と、
「重要な部分」(ダメ社員を言葉巧みに奮起させる話)
がいいね。


754 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/16 03:08
>>753
>星なんか読んでるヤシは逝ってよし。
>って言いたいとこだがどうもけなせないな、この人。

平井和正の短編で、そんな話しがあったな

755 :初心者:03/01/16 20:59
スレ違いなんですけど、
既存の短編集で初めて読むにはどれがいいでつか?

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/16 21:58
>755
まだ読んでないなら「ボッコちゃん」がいいと思う。
新潮社の文庫で出てる。

757 :755:03/01/16 22:17
どうもです。
先ほど買いに行ったら本屋が終わってました。
10時までのはずが・・・。
明日買ってみます。

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/16 22:50
「悪魔のいる天国」も分かりやすい単純な短編が多いので初心者向きかも?

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/17 03:40
久しぶりに長編、夢魔の標的を読みました。
いっきに全部読んじゃったけど
やっぱり星新一だ!!

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/19 15:55
>>759
俺も消防の頃、立ち読みで読破したけどおもしろかった。
けど、立ち読みだったのでほとんど内容を覚えていない罠。
腹話術師の人形がある日突然しゃべり始めて…だっけ?

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/20 04:21
そうそう
俺も一回よんだんだけど
そこまでしか覚えて無くて
新鮮だった!

立ち読みしないで買え!
っていっても短編が多いから
星新一は立ち読みするにはもってこいな罠

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/20 10:09
星新一は立ち読みもいいけど、病院の待合室で読むのにもちょうどいいんだ。
私がよく行く診療所にはそれがあって、順番待ちの時は必ず読んでた。
長編だと最後まで読みきれないかもしれないので、その恐れがなくていい。
だから星新一と聞くと、風邪でけだるい気持ちの時に読む自分を連想してしまう。

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/20 20:38
親善キッス好き。

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/20 20:40
WILD 7 :03/01/19 10:52
立ち上げたHPの紹介という形で来ちゃいましたー
よろしければ皆様御覧になって下さい 
オリバトの感想も掲示板によろしく!!
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/5362/index.html

 

765 :山崎渉:03/01/23 03:40
(^^)

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/25 02:42
「あの男この病気」

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/05 01:56
最近、子ども向けのハードカバーでいろいろ出てるね。

コミカルなのが好き。「おかしな先祖」のシリーズとか「あ祖国よ」とか、
「ほら男爵」とか。


768 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/05 02:23
「処刑」と「生活維持省」は外せないな、個人的に。


769 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/07 11:41
年をとるとまた読後感が変わる作品が多いような
「なんでもない」とか「鍵」とかね

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/12 18:58
そう言えばだが、最近本屋で
星新一の『さもないと』が売ってあるのを見かけた
絵本のような形式でいくつか話がまとめてあったが
やはり、新たに売り出しているということは次代(今の代でもいいが)の子供たちに
星氏のSFというヤツを語り継ごうとする動きなんだろうか?

文が意味不明、スマソ

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/13 04:43
>>770
星新一、20年くらい前から国語教科書に掲載されたりしているし、
中学受験塾の推薦図書にもあげられるくらい、もはや定番作家です。
読書体験のあまりない小学校低学年でも、短くオチのはっきりした作は
読みやすいようです。内容も今の子どもにも古い感じはしないと思う。

子ども向けの選集は各社からいろいろと出ていますが、特に講談社の
青い鳥文庫「おーい でてこーい」はこのスレどおり、高学年〜大人を
納得させるベスト短編集に近いのでは?と思う。
加藤まさし(福島正美の息子)が選者で「おーい でてこーい」「最後の
地球人」「処刑」「ボッコちゃん」「ある夜の物語」「午後の恐竜」「鍵」
など14編が選ばれています。

うちの小三坊主のSF初体験はこれ。少し難しいかと私が読み聞かせしたら、
うなりながら「近未来的だね」「不思議な感じ」などと言ってました。

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/18 16:49
印象に残っている短編は、
 成熟
 おーいでてこい
 もたらされた文明
 なるほど
ガイシュツばかりでスマソ。

あとタイトル忘れたやつだと、
 お金を発明したやつの話
 キャンディーを売るロボットから税金を取る話

ショートショートの広場だと(←スレ違い)
 読むな
 大食い大会の話(タイトル失念)

このスレ見たら、また読みたくなってきた。


773 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/23 22:46
中学の時友達に薦められてよんだなぁ。面白いけど、
二冊、三冊と読んでいくうちに、オチが推測できちゃって
飽きてしまったなぁ。

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/24 07:38
>>771
青い鳥なら、「ひとつの装置」も出てまつ。
うなりながら読み返しまつた。


775 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/25 00:09
「奇病」は最高だ。

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/27 14:04
「時事風俗を書かない」「具体的なお金の額を書かない」
ってのがモットーだから何年経っても新鮮に読めるね
常に近未来的に感じるというか

「一生遊んで暮らせる金」と「一千万」では大違いだし

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/05 02:48
突然だがどうしても思い出せないので聞くけど
男A「何で神様なんかに感謝しなきゃならないんだ」
男B「そんなこと言うなよ、どっか見えないところで救ってくれているんだろうよ」

みたいな感じのオチの話ってなんてタイトルだっけ

778 :ダッシュ献血:03/03/05 05:52
オラもタイトル不明ですが
超高層ビルが一つのコミューンになってる世界で
ある男が「一番上はどうなってるんだろう?」という疑問を抱き
色んな人と出会いながら上を目指し、その行動で思わぬ影響が出てしまう
っていうハナシ。
「群衆心理に押し潰される、一人の弱さ」が怖い。でも素晴らしい話。



779 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/08 17:15
星作品読みました。
講談社の青い鳥文庫の「おーい でてこーい」の14篇を読んだです。
大変面白かったです。フジコフジオの匂いがしました。

はまりました。他にオススメ教えてください。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/09 11:26
>>779
まずは初期自選作品集「ボッコちゃん」を読むといいよ。
青い鳥文庫と重複するのも何篇かあるだろうけど、星先生の多彩なエッセンスが詰まってるし、一番読みやすいんじゃないかな。
他には、「未来いそっぷ」「妄想銀行」「マイ国家」「午後の恐竜」あたりが特にオススメ。
全て新潮社から発行されてるから、是非どうぞ。

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/09 14:42
小学校卒業するいとこに
プレゼントしたいのですが、
さし当たってどの単行本から
読ませるのが良いでしょうか?

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/10 16:30
>>777のは「危機」っていうタイトル。「宇宙のあいさつ」に収録されてる。
>>778のはちとワカラン。スマソ。

>>781
「きまぐれロボット」あたりがいいと思うよ。まさしく入門編って感じだし、分かりやすい。
或いは、「ボッコちゃん」も(・∀・)イイ!

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/10 23:05
>>778
 それは筒井康隆じゃないか?

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/11 00:00
眉村卓「通り過ぎた奴」かな、ともオモタ。

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/12 05:07
主人公の女性がインテリアに凝ってて、最後は部屋のイメージにあわないからと旦那と別れてしまう話、何でしたっけ?タイトル思い出せなくて眠れない・・・



786 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/12 05:31
>>785
だったら、あなたはかなりの眠れない時を過ごす事になります
なぜなら漏れも思い出せないから

(´Д⊂グスン

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/12 12:19
「趣味」(マイ国家)のことかな?

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/12 19:27
スレ違い失礼します。
ここにいる方なら分かると思い、カキコいたします

強盗(侵入者?)と男との会話のような
ショートショートをご存じないでしょうか?
内容は
男がなんとか知恵をしぼって強盗の持っている拳銃を手に入れようとする。
なんとか、拳銃を手にして形成逆転かと思いきや、強盗も知恵をしぼって取り返そうとする
結果、拳銃は男と強盗を行ったり来たりする
・・・・こんな話だったと思います。あと、最後は「・・・銃声」
で終わったように記憶しています。どちらが勝ったかは記憶にありません
ぜひ題名を教えて下さい

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/12 20:38
>>788
「悪人と善良な市民」だっけ。
「宇宙のあいさつ」に入ってたと思う。

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/12 22:43
悪魔だかが出てきて、誰か一人殺してあげるって言われて、悩みに悩んだ末、
「お前死ね」って言って終わるやつ、何だっけ?

791 :山崎渉:03/03/13 15:32
(^^)

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/13 16:06
>>788-789
あれは星氏の作品の中ではちょっと変わってましたね。
最初から最後までセリフのみで進行し、
唯一セリフじゃなかったのが、「銃声。」だけ。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/13 16:09
>>790
「悪魔の椅子」(かぼちゃの馬車)です。

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/13 18:56
やっぱ「処刑」いいですよねー。

あと、イメージが強烈で未だに忘れられないのが、動画が写る壁に
囲まれた生活をしているってやつ。ありとあらゆる壁にいろんな映
像が映し出されていて、それが故障して静止画になってたり、何も
写っていなかったりすると処罰されるってやつ。何てタイトルでし
たっけ?未だにビル街とかを見るたびに思い出します。

えーと、小5で星新一にハマって、その後、眉村卓とか平井和正、
豊田有恒、筒井康隆、小松左京あたりのショートショートもいっぱ
い読んだんだけど、このあたりの話はどこのスレですべき?

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/13 23:13
「午後の恐竜」は何度読んでも泣けてくるねー。
「処刑」と並んで、漏れの中では星作品の最高傑作。

>>794
「住宅事情」じゃないかな。>動画が写る壁に囲まれた生活をしている話
オチがシュールで、結構好き。

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/13 23:19
漏れは星氏の味覚がらみのショートが好き
「味覚」
「安全な味」
「味ラジオ」
どれも強烈に印象に残ってる

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/14 03:14
>>792
銃声

何度見てもカコイイね、この終わり方
「宇宙の男たち」も捨てがたいが

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/14 05:15
商品のパッケージを破り、部屋のベルが反応すると
莫大な懸賞金が手に入る。
主人公はそれにはまり、長い間無駄な消費をする。
中年(老年?)になって頭上のベルの故障を疑い、
新しいベルを買ってきてパッケージを破ると、
と、いうはなし。
星SSの中では、とくに、名作とも思っていないのだが、
何故か3年に1度位、ふと思い出す。


799 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/14 06:14
http://www.pink-angel.jp/betu/index.html
★いらっしゃいませ!!ようこそココへ★

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/14 10:00
>>788-789
その話にちょっと関連した作品ですけど、
ひとにぎりの未来に収録されている「拳銃の感触」も
似たような会話がなされていてこれも面白かったですよ。

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/14 19:06
>>798
 あの世界の中では、野菜ですらも包装された状態で売られているのだ。
 なんか、すごい世界だなと思ったのだけど、まさか、そういう世界に
住むことになるとは思わなかった。

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/16 16:33
そういえば、なんでもかんでも広告が掲載されてて、タダで配られるので
仕事しなくてもあんまり生活に困らない、みたいな話ありましたよね。
オチは忘れましたが、今はまさしくそれに近いですよね。。。ってたまに
思うことあります。

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/16 16:33
             ∩
        ∧_∧   | |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (  ´Д`)//  < 先生!こんなのを発見シマスタ!
      /       /    |
     / /|    /      \  http://saitama.gasuki.com/kaorin/
  __| | .|    |         \
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     \_____________
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/17 12:06
大学のテストで「プライバシークライシスについて述べよ」というような問題が出た。
授業にきちんと出ていなかった俺は、
仕方がないので「声の網」について熱く語ったよ。
結果はまだ分からんが。多分ダメだろうw

ちなみに俺の好きなのは、午後の恐竜
月並みかもしれないけど、あの終末観というかあの雰囲気が好き。
後は歴史物になるけど、城の中の人も良いと思う。

>>790
悪魔の椅子をモチーフにしたフラッシュ最近できたみたいですね。
いろんなトコで紹介されてたみたいですけど一応貼っときます。
ttp://anoyoroshi.hp.infoseek.co.jp/flash/akuma.html

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/17 14:07
>>796
味ラジオ(゚∀゚)イイ!

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/17 14:20
メロンライスとガムライスの話はどの本に載ってますか?
ぜひもう一度、読みたいんです

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/17 15:02
>>806
「おのぞみの結末」(「おのぞみの結末」に収録)

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/17 15:08
>>804
でも実際の話、「おまえ死ね」といわれてハイそうですか、と悪魔が死ぬとも思えないよなあ。

809 :□□□□□最短出会い本気クラブ□□□:03/03/17 15:58
約12000人の女性登録会員
ドスケベコギャル/淫乱人妻/いやらしいOL達と即できる
日本最大の割り切り出会いサイト
□最短出会い本気クラブ□

全国都道府県別に検索可/PC携帯両対応
又 写メール画像や新コンテンツも追加!!!

■男性/女性共に出会い掲示板書き込み参加は無料■
※もちろん無料書き込みだけでも出会える確率は高いです
※是非一度無料書き込みだけでもお試しください

http://senden.kicks-ass.org/code/

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/17 20:50
「早春の土」もいいよね喜劇っぽくて

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/18 03:24
>>808
その辺りを夢想するのも楽しい

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/18 04:02
http://www2s.biglobe.ne.jp/~komuken/

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/19 12:10
あげです

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/25 23:44
ぼっこ

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/25 23:47
でこ

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/26 22:36
やれやれ、メロンライスにガムライス・・・・

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/28 00:02
地球のみなさん!
ほぼ全冊持ってたのに、人にあげたり何やりで全て失った私は、
いったいどうすればいいのでしょうか!
地球のみなさん!
このスレ、まったりといい感じだわ。10数年ぶりに、すんごく読み返したくなりました。
明日、何冊か買って、再読してみようと思います。
地球のみなさん!


818 :ボッキちゃん:03/03/28 12:06
>>817
Amazonで揃えなさい。
メロンライスにガムライス……

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/28 17:14
殿様の日

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/28 17:38
ショートショートじゃないんだけど、
「気まぐれ指数」が好き。
三谷幸喜脚本みたいな味わいを感じまする。
「裸の部屋」とか「成熟」なんかもそうだけど。

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/29 00:51
>>ボッコちゃんによく似た名前の君
すみません、安易にブックオフで数冊買ってしまいました。
いまは「夜のかくれんぼ」をしこしこと読んでおります。
「うすのろ葬礼」のとぼけた味わいは、江戸前落語のおもむきありですね。
サゲがわかっていても(大昔に読んでも覚えているもんですね)楽しい。
あの、言葉のやりとりが粋なんだなあ。


822 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/01 16:10
789 :void ◆2fTEruZJ5. :03/03/31 13:49
以前、ショートショートのメルマガを発行しようと話していた者です。
メルマガ発行の許可がおりましたので、urlを載せさせていただきます。
http://www.emaga.com/info/short2.html
参加してもよいという方は私のメアドに作品を送ってくださいね。
このメルマガの利点は、応募してくださったすべての原稿を載せるということ。
選者のセンスでボツになってしまった作品も発表できること、などにあると思います。
作品が5作品集まるごとに発行していこうと思います。
ゆくゆくはバナー広告での利益を原稿料として差し上げられたらと思います。
アイディアやアドバイスなどいただけたらありがたいです。
よろしくお願い致します。

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/02 20:13
(;´Д`)メロンライスにガムライスハァハァ

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/03 01:22
真鍋氏と和田氏はどっちが好きだった?
漏れは和田氏だが、大半が真鍋氏になりそうなヨカーン

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/03 02:01
最初に読んだのが夢魔の標的だったので、再び読み始めるまで数年のブランクがあった厨房の自分……

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/03 22:56
>>824
漏れはヒサクニヒコ氏かな、なんてね、うそうそ。
(今日、午後の恐竜を読んだんですわ)

おとぼけ路線では和田さん、ブラック路線では真鍋さんだろうか。
いま「殿様の日」を読んでいるけど、正直、山藤さんは油っこすぎるな。
あの人の絵は大好きなんだけれども、星さんとの相性は、あまりよくないように思うな。
そもそも小説に挿絵など不要という気もある。その感情は別にしての意見。


827 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/04 23:44
むしろ、もっといろんな人の挿絵を見てみたい気が。
生頼範義えがくところのボッコちゃんとか。



828 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/04 23:55
ノーマン・ロックウェルの描くエヌ氏とか(w

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/05 19:55
蛭子さんが描く殺し屋とかw

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/07 03:43
無意味に汗ビッショリなんだろうな(w


831 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/08 01:40
青木雄二の描く悪魔との取引シーンとか

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/09 07:32
それだったら福本の方がいいな

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/09 18:11
ざわ・・・

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/09 19:23
いしいひさいちの描くN氏。話の内容と関係なく阪神タイガースのネタを振る

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/09 20:41
星新一全作品を収めた全集ってまだ出てないですか?
そうだとしたらシンプルな装丁で発行希望!
編集できる人が死んでしまう前に残して欲しい。
一通り読み返してみたいな。

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/09 22:38
いま「声の網」を読んでいるんですが、過去に読んだ記憶にない。
昔、星さんの作品は全部読んだつもりだったんだが、こんな大物を、といった心境。
読みながら、どうも連作短編なのかなと思っています。実におもしろい。
このまま知らずに一生を終えるという可能性もあったはずだが、そうならずにすみ、ほっとひと息。
再読するきっかけを与えてくれたこのスレに感謝します。

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/10 00:59
>>835
ショートショート1001が出ているが
品薄かな・・・あったとしてもとてもでかいから持ち歩けん

メロンライスも素敵だが
「ピロロ姫を見殺しにする知識人の会」もお忘れなく

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/10 05:49
考えオチのものとして秀逸だと思ったのが、タイトル忘れたけど、テレビの
プロデューサーか何かをやっている男の家に見知らぬ女性がやってきて、
新人女優の売込みだと勘違いした男は……というやつ。
厨房の頃始めて読んだ時にはわけがわからなくて、高校入ってから
オチに気がついた私は馬鹿でしょうか。

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/10 08:12
>>838
あれ良かった。おれもタイトル思い出せないけど

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/10 11:01
テレビの神様から視聴率が分かる超能力を授けられた男の話があったよね。
あれって何というタイトルだったっけ?

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/10 12:12
>>838
「伴奏者」(おせっかいな神々)
>>840
「テレビの神」(だれかさんの悪夢)

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/10 23:50
作者不在の作中人物の話が好き

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/10 23:58
>>842
「不在の日」か。あれは星新一本人もお気に入りだったらしいよ。

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/11 02:19
星さんは自分でも
「千編も書いていれば、当然、駄作も生まれてくる」
って言ってたけど皆さんはどの話が駄作だと思いますか?

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/11 05:25
書痙に苦しんでた頃の作品かなあ。スランプの時期だったそうだが。

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/11 20:09
亡くなった後でた短編全集かなんかに載ってた
単行本未収録数編はほとんど駄作だった。
全集出したいのは分かるけどこおいうのは作者の意向を
重視して未収録にすりゃ良いのにと思タ。

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/11 20:15
さまざまな迷路に収録されてる「因果」は駄作だとオモタ。
いくらなんでも、ヒネリがなさすぎる……

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/11 20:22
【クレジットカードのショッピング枠を現金化!】

クレジットカードで買い物をすると、商品代金の80〜90%のキャッシュバック!!
10万円の買い物をすれば8〜9万円の現金がお手元に!!

■■朝日カード■■
http://www2.pekori.to/~ryu/asahi/


849 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/12 17:38
「妄想銀行」は表題作のわりに・・・

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/12 23:03
「妄想銀行」は珠玉の名作が多くて、表題作の印象がかすれる罠。
「味ラジオ」「鍵」「古風な愛」この三つは特に(・∀・)イイ!

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/13 22:16
誘拐計画を企んだ中年コンビが結局まっとうに生きようと決意する話
「夕暮れ」だっけ?

あとはRPGみたいな話「ある古風な物語」だっけ?
読んでる途中で、
「ど〜せ、永遠に“奴を倒せば良い”“あいつの持ってるアイテムが必要”とか
 言われまくる話だろ?」
と、思いきや・・・
解決したうえに、想像以上の結末が・・・

星さんは神です

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/15 13:08
星神一、なんちゃって。
最近、自分の職場のある建物が、元・星製薬の跡地に建ったビルだったと知り、
ちょっとおどろいちゃったよ。なんとなく、うれしくもものがなしい気分。


853 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/16 10:42
>852
どけ

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/16 13:02
>>853
気はたしかなんだろうな

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/16 13:40
>>853
ワロタ

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/16 14:54
>>854
一進一退といったところですよ。

857 :名無しは無慈悲な夜の女王 :03/04/16 15:39
>>856
見事

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/16 19:39
スレが立ってから、ちょうど三周年。

859 :山崎渉:03/04/17 11:38
(^^)

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/17 23:53
『門のある家』の無常感は格別だぞ。
…無常感だって。ぷ。


861 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/18 01:41
星は神格化されがちだが、最近は質の良いショートショート増えてるよ
1000編なんざ、どうでも良いし
駄作抜いたら500以下になるだろうし

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/18 01:47
春ですねぇ・・・

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/18 09:58
>>861
星氏がSSを書き始めてそろそろ半世紀。それで未だに星氏と同レベルの
SSしか書けないような作家ばかりではこの業界も進歩がないし、おしまいです。
いうなれば、オリンピックで世界記録がどんどん更新されるようなもので、
星氏を越える作家がたくさん出てきて、我々を退屈させないようにしてもらいたいものです。

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/18 19:00
>>861
 例を挙げたほうが親切。

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/18 22:55
学校の教科書で「繁栄の花」を読んで以来、ファソのになりますた。
ここのところご無沙汰だったのでつが、最近読み返そうと思い、また買い始めますた。

で、題名も何もおもいだせないのでつが、
なんか生きてる箱の話で、モノを食べて箱が成長してくんです。
それを取材に来た記者が入った部屋が、実は成長した箱だったという話。

知っている方がいらっしゃったら、
題名と掲載されてる本を教えてくださいませんか?

スレは「箱」で検索しましたが、無かったようです・・・。

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/19 04:33
>>865
大体は筋を聞けば思い出すが
これは知らない・・・・・

仮に思い出したところで
題名は出てこないんだろうけど

867 :852:03/04/19 19:05
>>853
オニ

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/19 19:23
>>867
逃げる方が鬼なの?追っかける方が鬼なの?

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/20 04:54
鬼ごっこしている人はウイルスを感染させています

870 :山崎渉:03/04/20 05:42
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

871 :865:03/04/20 22:18
>>866
昔、☆さん以外のSSも読んでいたので、
ひょっとしたら勘違いしてるかもしれません。
どうもでした。

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/21 09:22
>>868
あ、うまい・・・

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/21 13:38
短篇集「つねならぬ話」は、本自体が駄作だと思うのは漏れだけか?

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/21 14:17
>>873
好き嫌いの別れる作品でしょうな。
個人的には好きじゃない。やっぱり明快なショートショートが読みたいのであって。


875 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/24 10:09
「つねならぬ話」はつまらん
ハネナシドリの「いい味だね」はワラタがね

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/25 02:37
わたし、結構すきだけど、あれはSFじゃなくなっちゃってるよね。


877 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/26 19:49
 みんな「つねならぬ話」嫌いなのか・・・  俺はかなり好きなんだが。
 初期〜中期のショートショートとは明らかに違う、後期SSにおける民話的語りの到達点だと思うのだ。

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/26 21:03
>つねならぬ
漏れは十代前半の頃はあまり好きじゃなかったんだけど、
大学生ぐらいになってみたら、かなり面白く思えた。
すこし時間が経ってから読み直すと、感想も違ってくるかも。

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/28 17:33
公式ホームページはないだろう。

・天上所有的星 http://www.f3.dion.ne.jp/~kujyou/
・星新一のにぎやかな部屋 http://kyoto.cool.ne.jp/hayabi/hosi.html
・星新一ひみつ倶楽部 http://village.infoweb.ne.jp/~fwjb0256/
・星の輝き http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/5344/

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/03 17:10
>>698
罵倒に「日教組」を使わないで下さい。かつては♪集える同志
50万♪ですから、中には偏屈なババアもいたと思いますが、
糞ババになるのと日教組は関係ありません。


881 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/05 23:57
( ´_ゝ`)フーン

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/06 21:55
ところでミドンさんはどこにいるんですか?

883 :_:03/05/06 21:56
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku07.html
ttp://yamazaki.90.kg/zenkaku/index.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku08.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku10.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku07.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku03.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku05.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku01.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku06.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku04.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku09.html

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/07 01:46
>>882
実は・・・私がそのミドンさんなのですよ




はっ!ミドンさんを探さなきゃ・・・・

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/07 12:04
rrr ここの管理人は星飛馬の生まれ変わりらしい。Σ(´д`*)

http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/07 22:19
「コビト」は是非入れて欲しい。昨今の日本を見ると。

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/08 00:54
あなた、もしかしてブルギさんじゃないですか?

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/08 02:11
アタイこそが 888げとー 

889 :名無しは慈悲深い夜の女王:03/05/08 12:36
「善意の集積」とかいうやつ?
盲目の少女が宇宙人に連れて行かれる話
あれが好き…
なんか救いのないオチが…

あと「抑制心」
吸血鬼のやつ
あれは短いけどおもしろかったー。

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/08 20:48
俺、「一日の仕事」。

昔読んだときはそれほどでもなかったけど
会社員になってから読み返すと
もう身につまされること。


891 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/09 02:59
いいスレ!夜更かしして全部読んじゃった。
確か筒井康隆が、星新一の「博士と強盗」もののシチュエーションを徹底的にシャレのめしたSSを書いてましたよね。
(嗚呼タイトル忘れた)

「そのビチョレンコをセレティポしろ。しないとジョメレケるぞ」
「ジョメレケないでくれ。キャグニいのはいやだから、しかたない、このビチョレンコをセレティポしよう」

てな感じの。
これは、筒井にしか書けない(いろんな意味で)と感心しつつも、大笑いした記憶があります。


892 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/09 03:01
折角だからageとこうっと。

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/09 07:00
「善良な市民同盟」は消防の頃読んで鬱になりますた。
あれを読んだのは今で言うグロ画像踏んだみたいなもん。

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/09 10:44
バブリング創世記かな?

895 :891:03/05/10 02:25
>>894
ありがとうございます。本棚を漁ってみたら『バブリング創世記』が出てきました。
そうそう、「発明後のパターン」ですね。

これが発表された当時の星新一ならびにSF作家・ファンの反応はどんなだったんでしょうか?
筒井康隆が書いたからよかったようなものの、星SSに喧嘩を売っているようなものですもんね。
星新一なら笑って受け流しただろうとは思いますが。
(ひねくれた氏のことだから、大絶賛してたりして)
どなたか教えてください。
筒井スレに尋ねた方がいいのかな?

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/10 02:34
数年前、週間ストーリーランドって番組に
「殺し屋ですのよ」をそのまんま応募して10万
も賞金をもらってたヤシがいたな

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/10 04:46
>>896
それ以外にも多数あった

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/10 14:52
このスレだけで3年持ってるのか・・・すごいな・・・

星氏の作品を読んだあと
「や。」って使ってしまっているのは自分だけだろうか・・・

899 :おっ!!こんなの発見!!:03/05/10 16:19
http://ninkirank.misty.ne.jp/08/enter.cgi?id=00083


900 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/10 19:34
アタイこそが 900げとー    

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/10 19:42
>>898
や。おれと同じ人がいる。

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/13 19:22
初期の世にも奇妙な物語で「もてなし」(ブルギさん)
をやっていたような記憶があるんですが、誰かご存じの人いませんか?

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/13 19:45
田原俊彦さんがブルギさんをやってましたね。

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/13 23:50
そういえば星氏ってクエスチョンマークを使わないよね。
疑問文の最後は必ず「……」で、絶対に「?」にはしない。
何かこだわりでもあったのかね?

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/14 09:33
>>904
それは知らんかった。
翻訳家の故・黒丸尚氏もそうだったね。
(「!」も使わない。語尾を「っ」で代用)


906 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/14 09:49
ただのくせじゃないの

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/14 10:49
陰謀団ミダスがこのスレをあげさせていただきます

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/14 11:02
!なんて下品な表現は星新一の作品世界に合わないよ。おれは!を多用する
作家って大嫌いだ。たとえばミステリーの山口某とか

909 :908:03/05/14 12:25
訂正…

!なんて下品な表現は → !や?なんて下品な表現は

でも、下品ってのは言い過ぎだったかな。多用すると下品になる、という
意味で


910 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/14 18:34
田原のブルギさんをもう一度見たい(´・ω・`)
だれが録画しとる猛者はいないか?


・・・と、こんなことは世にも奇妙ヲタに聞いたほうが早いのかな?

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/14 19:03
そういや世にも奇妙な物語で言葉遣いが悪くなるウィルスネタがあったけど、
たしか★進一の原作だった気がするが、原作の名前分かる?

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/14 19:05
ネチラタ事件だったっけ?

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/14 20:56
>>910>>911も持ってるけど。

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/15 03:28
>>911
森進一?

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/19 21:34
(´・ω・`)ホッシュ

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/21 02:33
だけどこのスレ息が長くていいなぁ。
オレ的に好きな話は、タイトルは忘れたけど
宇宙人に捉えられて、地球人がいかに残虐かを訴えて
宇宙人に地球を滅ぼさせるやつ。
この訴えたヤツは実は……

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/21 23:17
「宇宙の男たち」にイピョウ。

918 :山崎渉:03/05/22 01:36
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/22 23:00
依頼はOKですよ、みなさん?

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/23 02:05
「メロンライスにガムライス、あなたはどっちがお好きですか?」
とか聞くやつ。

人に聞かれたら思わず「もちろんメロンライスですよ」と答えてしまう。
いまだに誰からも聞かれんが...

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/23 07:09
>920
おのぞみの結末。
星新一オフとかに行けばいっぱい聞かれますよ。きっと。

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/24 22:28
マネー・エイジage

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/26 19:51
星さんに未来を予測されているようで怖いね・・・

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/27 21:57
俺も「マネーエイジ」は好きだなあ。
星新一の作品の中でもベスト5に入るくらい。

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/28 00:01
>>924
マネーエイジが、ベスト5とは・・・
あなたはまだ、いいSSに出会ってないだけではないかな?

漏れは180位ぐらいだな、マネーエイジは。

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/28 01:11
>>925
割と上位じゃん(w

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/28 10:04
「応対」が好き

928 :924:03/05/28 16:05
>>925
いちおう星と筒井はほとんど読んでます。
ではあなたの179位は?

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/28 18:06
月の光はイイ。
無機的な描写がたまらなくイイ。

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/28 21:01
ワイロ計算器が欲しいんですが、どこに売ってますか?

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/28 21:34
色ずりでほんとにきれい

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/28 21:51
「これからの出来事」
後期の作品のなかでは好きなほう

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/30 00:04
プーポ印のワインが飲みたいな

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/30 21:44
「午後の恐竜」どこにもないね
評価高いから読んでみたい

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/01 04:29
「ご利益より利益」
この言葉を座右の銘にしようかな・・・

>>933
俺は『調査』のピンク色をしたゼリー状の物質が食べたいなぁ

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/01 15:00
いやいや、「安全な味」に出てくる
いい肥料で作った野菜     ↓
それで育てた家畜の肉
を食ってみたいな

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/01 17:10
「牧場都市」だな…読んでいてすごくお腹空いてくる

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/02 02:07
「処刑」で、銀の玉が出した水に溶かして作る簡易食品。
いっぺん食べて(飲んで)みたいよ。どんな味だろうな。

星さんは!や?は日本語ではないから、幾分かのプライドをもってこの記号を排斥する、
というような趣旨のことをどこかでおっしゃっておられましたな。


939 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/02 02:23
6/19 星新一原作のオムニバスコミックス
『星新一★午後の恐竜』
ttp://www.akitashoten.co.jp/search/images/104606.jpg

このスレの方はこれ買います?私は表紙を描いてる人のファンでもあるので、
楽しみなような不安なような。

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/02 02:57
>>939
情報サンクス。たぶん買う。けど執筆陣でひとりも知った人がいない

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/02 09:44
>939
川口まどか、かずはしともなど、少女ホラー漫画系の作家が見受けられますね。
有田景は個人的に支持してる人なので、買ってみようかな。
情報ありがとう。


942 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/02 20:06
>>939
実はもう予約済みだったりする(笑
表題作がどんな仕上がりになってるのか、非常に気になるところ。
個人的にフェイバリットな作品なもんで……。

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/03 01:24
>939
あー、川口まどか好きなんだよなー。
他の人の作品は読んだことないけど、
名前だけは知ってて気になってる人もいるから買ってみようかな。

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/03 09:33
他にどんな話が入ってるのか気になるね。
いい具合に原作をぶっ壊してくれそうなのは、有田景かな。
川口まどかは素直に漫画化してくれそうな気がする。

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/03 21:18
>>934

amazon.co.jpでは3日になってるよ。
h ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101098115/
used なら100円らしい。


946 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/04 20:09
牧場都市の唐揚げは本当にうまそうに描写されてるな

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/04 23:53
生活維持省に一票
死神にでさえ生と死が等しいものであることに、心が震えた

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/06 20:29
あげ

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 12:03
今ここに初めて来て、ざっとスレを拝見しました。

私は大学生活板でこのスレがある事を知ったのですが、いやー、
なんか皆さんの声が聞けて本当によかったです。
ていうか星作品って小学生時代に何となく読んだ、程度にしか
覚えていなかったのですが、ここのスレを見て、もう一度古書街を
漁ってみよう、と思いたちました。

そんな私が特に、とすすめられたのが「声の綱」でして、彼はこの情報化時代を
見通す先見の明があった、とあちらでは絶賛されていました。

ところで声の綱って文庫だとどんなタイトルの本の中に出ていますか?
ご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?


950 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 12:17
>949
そのまんま「声の網」です。

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 12:20
>949
あ、勘違いしてるかもしれないけど、声の網は長編です。
文庫一冊丸々声の網になってます。

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/08 08:01
ちなみに講談社文庫です。

電子ブック版があるのをいま発見。
ttp://books.bitway.ne.jp/shop/mt-detail_B/trid-main/ccid-0301/cont_id-B0080165001.html


953 :949:03/06/09 21:17
ありがとうございました。

今日神保町の古本屋で探したらありませんでした・・・

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/09 21:22
スーパー源氏で探すとゴロゴロ出てくる

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/10 12:56
いくつか早川でもっていたなあ。
懐かしい。本当に懐かしい。

やはり初期が好きかな。

まだファンがいるかと思うととても嬉しい。

956 :949:03/06/11 06:53
星新一さんの従弟の方とそういえば知り合いでした。忘れてた。
スウェーデン大使館の隣(大使館は彼の敷地内)に住んでる方です。
とてもほのぼのとしてて、好々爺です。笑

なんか思い出しちゃったので、つい書いてしまいました。

>>955
私もなんか嬉しい

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/13 13:56
声の綱、三省堂には置いてなかった・・・

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/13 13:58
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page003.html

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/13 19:40
>>957
絶版だよ。

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/13 21:15
「宇宙のあいさつ」「ぽっこちゃん」「妖精配給会社」ハヤカワでもってた。
また読みたくなるよな。
学生に戻ったみたいな気分になるよな。
帰らぬ青春だな。

そういえば中篇の「在るジャーノンに花束を」は今でもある。

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/13 21:16
「アルジャーノン」だな。苦笑

962 :VOc.:03/06/13 21:33
>>957
綱→網、ですね、老婆心ながら。

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/13 22:29
「うるさい上役」ってガイシュツかな?クローン技術や、脳科学について
鮮やかに書き上げた名作だと思うけどな。

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/14 16:58
ところで、「上役」ってなんて読んでる?

漏れは厨のとき「じょうやく」って勘違いして読んでますた

正しくは「うわやく」らしい・・・(´・ω・`)

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/14 21:09
>>964
ガ━━━━━━━━(゚Д゚;)━━━━━━━━ン!
いまのいままで「じょうやく」だと思ってたよ!すげーカルチャーショック!
「時任三郎」の正しい読み方を知ったとき以上にショック

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/14 21:59
>>964
勉強になりますた・・・
日本語って難しい

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/14 22:59
>>965
と、ときとうさぶろうであってるかな?ドキドキ。

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/15 00:21
>>967
間違い。
とき にんざぶろう が正しい。
古畑任三郎の腹違いの弟(w

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/15 01:16
(゚∀゚)アヒャヒャ

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/16 21:12
ナンバー・クラブは実現しているんですか?

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/18 02:27
>>970
ナンバー・クラブは無いけど、万能生活保険はあるよ
君も入らないかい?

ナンバークラブは楽しそうだが
いちいちやった事など入れていかなきゃいけなそうだから
楽しさを入れても五分五分そうだな・・・

972 :_:03/06/18 02:40
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/18 22:22
朝から大塚アナの脂っこい顔を見て不愉快だ!
なんとかしる!w

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/23 17:37
声の網、やっと見つけました!
定価220円が280円で神保町の東京堂の古本コーナーで。

もう嬉しくって、店員さんに飛びついてしまったバカな自分・・・

でも本当に古くない内容ですよね、びっくり。。。

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/24 20:08
余計なことかもしれませんが。
「コミック 星新一/午後の恐竜」購入しました。
セレクト作品と執筆陣は以下の通りですた。

作品名        漫画家
ボッコちゃん     JUN
金色のピン      川口まどか
天使考        木々
殺し屋ですのよ    かずはしとも
おーい でてこーい  鯖 玉弓
午後の恐竜      白井裕子
現代の人生      有田 景
生活維持省      志村貴子
夜の事件       小田ひで次
箱          小田ひで次

個人的にはこの企画を支持。第2、第3の「コミック 星新一」をきぼん!でつ。


976 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/25 01:36
>>975
>939


977 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/27 01:38
こんなスレッドがあるとは
知らなかった。
初カキコ

個人的に妖精配給会社に載ってる
「ひとつの装置」が好き。
午後の恐竜にしろ人類滅亡の話は最高

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/27 16:43
午後の恐竜かあ。
懐かしいなあ。リアルタイムで読んだよ。
SFマガジンの六十年代後半でもよく読んだよな。
筒井も。

想いは時空を飛んでいく。
星さん、あなた亡くなっても作品は残っていく。

さて「妖精配給会社」でも読むか。
いや「宇宙のあいさつ」もいいな。
宇宙服を着ている星さん。
あなたの感性に多少影響を受けた者として、憎みもしまた愛するのですが。

安らかにお眠りください。。

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/28 00:28
「午後の恐竜」を長編AAにしたやつ、見てみたいねえ。
あれはAAにしにくいと思う。出来たら神!

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/30 18:43
あげます

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/04 10:55
いまAAになってるのってどれくらいあるんだろう。

225 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)